2009年04月16日

くやしさと切なさと

こーんなことして
待っていた。。。

さくらなドア.jpg


こーんなもん
口に放り込みながら

ぽいっとな.jpg


こーんなふうに
なだめすかして

小休止のひととき.jpg

毎日、毎日、毎日、花が咲くのを待っていた。。。



最後の朝一、ご飯抜き血抜きの帰り道
やっとやっと咲いたぜ!!と
思わず、車内から撮った。

フロントガラス.jpg

あまりにうららかな日差しで、
でも2匹とも早くご飯食べさせてあげなきゃで、
駐車場で車から降ろしたところで、
あわただしく撮った。
何故か珍しくカメラ持参で病院に行ったんだ。

糟事犬春の日差しの下.jpg


来週、あの花の下で思う存分、撮影会しちゃうもんね♪って思いながら。


なのに、なのに・・・




寂しい花見.jpg




まだもう少し先があると思ってた。
まだもう少し先があると信じてた。
まだもう少し先があることを願ってた。

もう少し、もう少しだけと願ってた。
もう少しをちびちびと積み重ねて、
まだまだ行けたりするんじゃね?なんて
虫のいいことまで思ってた。


だから、こんな準備もしつこくしていた。
車いすと同時進行で
ジャストサイズで持ち手ふたつ付きのハニカムアシストバンドを
オーダー手配済みだった。
もし車いすが玉砕だったとしても、アシストバンド使ってでも、
なんとしても思う存分、満足いくまで歩かせてやる!と思ってた。

オーダーサイズ.JPG


大丈夫、執事がついてる。
ただ、それだけを言い続けてた。


きーっ!!!っつうことの連続な日々だったけど、
今思えば、
いてくれたこと
それだけで、
それだけが、
しあわせだったんだ。



『い・ま・る』の本当の意味を知った。

散々、そう言い聞かせてたけど、
ここまで、『い・ま・る』だったとは
あの時はやっぱり分かっていなかった執事だった。



今は、いないってことが、
してやれることがないってことが
やっぱり、なによりくやしくて、切ない。


pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へたくさんのコメント、ありがたく読ませて戴いています。
おかえしが書けずに御免なさい。
ちょびが見守っていてくれると多くの方が書いて下さってますが、執事ねぇ、思うんですわ顔(汗)
いいや、奴はそんなに甘くねぇと顔(イヒヒ)
なにせね、『Let's go 俺っ!!』っつう犬でしたし、
『やったぜ!フリーグッド(上向き矢印)ふりぃ〜〜〜っグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)』って
どっかをふんふんしつつ、ほっつき歩いとるだろうと執事は確信しとります顔(イヒヒ)
そういう奴でしたから、ちょびたらーっ(汗)
まぁ、そういう奴が好きだったから、いいんです、はい。
虹の橋でも、きっと執事は大声張り上げて、奴を探しまわらないと、逢えないんじゃないかと
今から覚悟しとります顔(イヒヒ)イチゴ持参で行くべきか??
やっと逢えても、『あら?来たん???』って程度だろうとあせあせ(飛び散る汗)
やっぱ、説教だな!うん。
ニックネーム 執事 at 14:02| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

心に刺さったとげ

ちょびが旅立つ2日前に恒例の20項目外注血液検査をしていた執事。
そう、お馴染みの“朝一、ご飯抜きの血抜き”っす。

その結果を見ることなく、逝ったちょびでした。

最後、ちょびは腎臓が全く機能せず、おしっこが作れない状態に陥りました。
これが致命傷でした。
その原因となったのは、40分にも及ぶ、脳痙攣の発作でした。
痙攣止めを最大量使用しても、まったく歯が立たなかった大発作の結果でした。
心臓と腎臓にもう手の施しようがないダメージを与えました。


失った後、もしかしたら、腎臓が弱っていたことに、
執事が気付いてやれてなかったのではないか?という想いをずっと拭えずにいた執事でした。
数日前から、1日のちっこの回数が日に12・3回から10回ほどに減っていたから
血液検査をしたのですが、時間のかかる外注ではなく、即結果のわかる院内検査に
すべきだったのではないか?と、そうすれば、その場で処置ができたかもしれないと。


先日、樸(あらき)を連れての初通院の際に、このとげと向き合うべく、
検査結果を戴きたいと申し出ました。
とげが刺さったままより、事実と向き合おうと思ったから。
“地雷は自ら踏むものなり”が、執事の信念だから(苦笑)



結果は肝臓値はすべて悪化していましたが、その数値で即、命を落とすというレベルではなく、
BUNもここ数か月変わらずの数値。
立派に命に関わるレベルの異常値ですが、その数値でちょびはすでに半年近く
頑張っていました。嘔吐もなく、食欲も廃絶してもおかしくはないレベルなのに、
それでも、食べてくれてたちょびでした。執事が出来る最大限のサポートとして
補液と活性炭を続けていました。せめて活性炭の使用による下痢や便秘がないように
活性炭の種類もその時の体調に合わせつつ、最大限のQOLの維持を目指して。
Creに至ってはギチで正常値だった前回より好転し、しっかり正常値でした。
生化学も異常なし、電解質も異常なし。
生化学と電解質はずっと単項目の単発の些細な上下は発作後などにはありましたが、
日常的には正常値を最後までずーっと維持し続けていたちょびです。


いつものちょび正常値という結果でした。
もしも、この結果があの日の前に手元に来ていたとしても、何かを変えることなく、
そのまま見守ったと言い切れる、そんな結果でした。



・・・・・とげが一つ、抜けた。




でも、新たに刺さったとげもありました。

ちょびが旅立ったことをお伝えする中で、その言葉はちょっとキツイです・・・という
数々の言葉も受け取りました。

“笑っていられるなんて、凄いわね”
“私なんて、もう泣いてばかりだったのに”
“こんだけ元気なら心配ないわね”
“大往生だから、悔いないわよね”
“ここまで生きれば、おめでたい”
“もう次のコ、飼えるなんて、尊敬するわ”
“我が子が逝っても、保護活動してるなんて凄いわね”


・・・・・。


笑わずに泣いていたらいいんでしょうか?

泣いて籠っていることで、何かがかわるんでしょうか?
しかも執事は1人暮らしです。
籠ろうと思えば、果てしなーく引き籠れる環境です。

ちょびの後でも追えばいいんでしょうか?
追ってやりたいと思えるほど、奴は執事の相棒でしたよ。

大往生だって、悔いは数限りなくあるんです。
どうしようもなく、どうにもならない想いはとめどなく溢れているんです。

何年生きようと、旅立った命にいっくらなんでもおめでとうはないでしょう・・・。
それはあまりにあまりだよ。

ちょびの代わりに飼った訳じゃございません。ケアが必要な命なのに、
そのケアが出来る人が傍らにいない樸(あらき)なんです。
人どころか、安住の場所すら持ってはいない樸(あらき)なんです。

緊急の避難場所としてせめてとお預かりしただけです。
別に保護活動なんてしちゃいません。
どうしようもなく、なんとかしたくなっちゃっただけです。
保護活動と名乗るならば、預かりでなく、真の家族が見つけるところまで
責任持たねばならないのですから。
見つかった家族が最後まで樸(あらき)と向き合って下さることを
見守らねばならないのですから。
そこまでの責任負って関わらなくては成り立たないのが保護活動だと執事は考えています。

ちょびがいたとしても、きっと、預かりは申し出たと思います。
普通に飼うというレベルでは対応できないと最初っからかなり手厚い医療措置が
必要かも?と懸念されていたコ達でしたから。
ちょびがいても、その中から、最も手が必要なコをお預かりするつもりでいた執事です。
最も治療に手がかかるコをたとえ数日だったとしてもお預かりするつもりでいた執事です。
そもそも最初から、ずっとこのコ達のことは見守っていましたし。
もし、自分が役立てることがあるならとお伝えしていましたし。




数々の言葉のとげは刺さったままです。




流すしかない。


立派なアラフォー、そう思っています。
わかっています。



でも、それでも、崩れ落ちそうになるとげが刺さります。

だから、籠っているほうがいいのかしら?
籠って泣いていれば、声のかけようもないものね(苦笑)
涙は最大の拒絶で、自己防衛だったりするし。



それでも、やっぱり、執事は嫌だわ。
籠って泣いている自分ではありたくない。


とげがぐっさぐっさと刺さっても、それでも・・・と思う。

だって、刺さったとげから流れる血を拭ってくれる、
暖かな、優しい、言葉達もたくさん、たくさん戴いたから。




樸(あらき)のお迎えに行った際に、ずっと行ってみたいなって思っていたお店に。

思わず買い求めてきました。

    sakurasaku グラス.jpg

       sakurasaku glass.jpg

ちょびにね。
ちょびは執事の中で、このさきずっと、もうどうやっても、この花と切っても切れないから。


これからさくらが咲く北の国。
樸(あらき)はその北の国からやって来たコ。


まだきっとつぼみが固いであろう北の国のさくら。


あなたからのさくらの便りを待っています。
さくらとともに訪れてほしいと願いながら。



そして、図らずも、同じ種で、同じ名前の命が残されている北の国を
思いながら、
樸(あらき)と精一杯、向き合ってゆこうと思います。


ttp://kitanokuniwan.blog10.fc2.com/

ttp://blog-imgs-30.fc2.com/k/i/t/kitanokuniwan/kitanokuniwanko1.htm





強くありたい。
たとえ、どれほど、心が痛んでも、
そうありたい。
そうあらんことはとても厳しいことだけれども。

モノ言わぬ
先など考えずあらん限りの力で生き倒そうとする命と
向き合う限り、人として強くあらねばならぬと思う。



優しくありたい。
たとえ、どれほど、心がすさんでも、
そうありたい。
そうあらんことはとても難しいことだけれども。

モノ言えずとも
ただそこにいるだけで救いとなる命と
向き合う限り、人として優しくあらねばならぬと思う。


そう、ありたいと思う。

人として強く優しくいられぬならば、
ましてやモノ言わぬ、モノ言えぬ命にそうあることなど
出来はしないのだから。

せめて、そうあらんと思うことだけは
放棄せずにいたいと思う。

pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ思えば、ちょびは強いコで、優しいコだった。
突き抜けたKYだったケド顔(イヒヒ)
はてしなく我が道を行くコだったケド顔(汗)
そんなちょびが大好きだった。
犬ながら、なかなか見上げたもんじゃいって思ってた。
今も変わらず、そう思っている。これからもずっとそう思うだろう。

ご存じでない方いらしたら、ぜひ見てみて下さい。コチラ
ちょびと執事の歴史そのものって思ったよ顔(イヒヒ)
やるじゃんっ、東京都。あたしはやったぜ!東京都顔(イヒヒ)
↑って東京都に言ってどうする顔(笑)
ニックネーム 執事 at 04:55| Comment(21) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

今日の樸(あらき)

ご飯は執事家に来て以来、ずーっと完食るんるんるんるん
ドライだけでは嫌だそうで顔(イヒヒ)
なにかちょっとでいいから、イロを足して欲しいらしい樸(あらき)。
マッシュサツマイモはお気に召したご様子るんるん
玄米フレーク(よく売っているケロッグのものではなく、
添加物なしのムソーの有機玄米フレークプレーンを執事家ではわんこ用に常備。
形もコメ粒そのものの小さいものです)もかなりお口にあうようで顔(イヒヒ)
お薬まぎれてても全く気付かず、ぺろりです。
お粥嫌いなコもこれは好きだったりするので、炭水化物増やさなきゃならない時に
執事は便利してます。自然食品屋で扱ってます。食塩・砂糖の添加もなしなので、
疾患持ちわんこにも安心。


しかーし、相変わらず、出る方が明らかに
腐っとる・・・・顔(汗)

ちょびはなにしろほぼ完璧なブツを製造し続けたわんこだったので、
執事はブツの異常にはかなり神経質だし、敏感かと。
ちょびのブツと違うという単純な基準ではありますが、かなり使えるんだな、この基準顔(イヒヒ)


だって、るる・じゅりあとお預かりを始めて以来、“こんなん初めて見た@@”っつう
“ブツとの遭遇”連発なのであせあせ(飛び散る汗)

まぁ、潰瘍性大腸炎のじゅりあさんのお陰で、一気にかなーりいろんなバージョンの
ブツを経験させてもらいましたが、
にしても樸(あらき)の執事家、初回のブツはあり得なく強烈なかほりで、
執事に即効病院!!の決意を固めさせました。
パッと見は固まってるし、いい感じに見えるのだけど、色もなんというかテクスチャーも顔(汗)
これって吸収された後の排泄物ではないわなたらーっ(汗)っつうシロモノでふらふら
なにか体内で腐敗しとらんかい??と思わざるを得ないブツで顔(汗)


そのまま回収し、病院に持参。
受け取って、ビニールごしのブツを見た助手さんは「悪くないですよぉ」とがく〜(落胆した顔)
でも、あり得ないかほりっすよ顔(汗)と訴えてみたところ、
主治医が一目見て、速効、アンモニア値のチェックと相成り、
その結果、案の定の高値もうやだ〜(悲しい顔)
やっぱりだよバッド(下向き矢印)見た目に騙されなくてよかったよ。
だって、あんなかほり、尋常じゃないもんもうやだ〜(悲しい顔)
るるも末期にはかなり匂いの強いブツ製造してたし、じゅりあも酷い時も
あるケド、でももうレベル違いますから@@って感じでたらーっ(汗)



治療の成果か、本日2回目のブツの後半、半分はこれぞ正しいブツがお目見えGood

よっしゃっ!!!!



注腸は徐々に数値を下げるので、まだ数日は毎日の治療が必要ですが、
今日はお散歩でギャロップかまして、走ってましたし、
甘えるしぐさも出てきましたし、
執事のご飯をそいつをちょっとよこせ!と要求できるようにもなってきましたし顔(イヒヒ)

回復傾向かなってグッド(上向き矢印)

明日か明後日に、血液検査でどこまで落ちたか再度数値チェックしてみます。


トイレは基本、お外です。
ちゃんとおトイレ行くぅ!!と教えてくれます。
サークル内ではよっぽど切羽詰まらない限り、なさいません顔(汗)
昨日は注腸後、しばらく出しては欲しくないという事情が治療上あったので、
樸(あらき)の訴えを鬼執事は却下して、そのままサークルで我慢してもらったところ、
結局ちっこはなさいましたが、したいはずのブツはとうとうなさらなかったしあせあせ(飛び散る汗)

サークルの外におトイレ作っても、ベランダにおトイレ作っても
現時点では樸(あらき)的には“ここはお外ではないです”とのことふらふら

むむぅ。。。。
執事家、4F。
マンション内はケージ使用規則ありあせあせ(飛び散る汗)

えっちら、おっちら、ケージ下げて、お外との往復中ふらふら


やっと最初の緊張は解けた様子。

見上げる.jpg

あくび.jpg

ぺろ.jpg

寝起き.jpg






いやー、室内トイレNGのコは初めてっす、執事。
っつか、執事の犬基準はすべてちょびなので、非常に極端に偏ってるんだけどねバッド(下向き矢印)
ちょびはどこでもしたい時にしたいところで、頓着せずにしまーすってコだったから顔(イヒヒ)
しちゃいけないって概念0だったしバッド(下向き矢印)
俺はしたいんだから、して何が悪いんじゃいって顔(笑)
トイレっていう概念、叩きこむのに、どんだけ時間かかったか・・・。
 
ホント、わんこってそれぞれだねぇ@@


ご飯は一気に栄養豊富な内容は体が追い付きませんので、すこし軽めのもので
消化のよい、良質なものという基準で行こうかなと思っています。

腸がきてますから、免疫も当然低下中ですので、皮膚に来ないように要注意・要観察で
参ります。

緊急事態ゆえ、ミヤリサン・エビオス・各種乳酸菌とプロバイオティクス総動員してますが、
徐々になにが一番樸(あらき)に向いているのか見極めて。
まだ若いし、腸は一時的なものと思われますし、消化酵素なんかも樸(あらき)は使えそうグッド(上向き矢印)

じゅりあさんは消化酵素は合わず、ミヤリサンもいまいち反応悪くて、
各種乳酸菌のみに反応いいし、そのコそのコでここいらも違うんだよねぇ@@


ちょびだけだったら、わからなかった経験を預かりっこ達のお陰でさせてもらってます。

っつか、考えたら、樸(あらき)で3代目@@
いやー、まさかちょびでもう犬はこりごりですと思ってた自分がねぇ・・・。


とはいえ、仕事再開までの期間限定預かり業。
しかも執事は治療預かり限定ですし。

元気なコの預かりなんて、そのうえ多頭なんて@@
キレまくるの目に見えてるしたらーっ(汗)
きっとこっちがノイローゼになるわい顔(汗)
ちょびがやんちゃだったころは若かったし、家族もいたしね。

このライフスタイルのままだったなら、ちょびが最後の執事犬でしょう。。。


だからこそ、せめてせめて、
じゅりあも樸(あらき)も、ちゃんと体調を整えて、執事家から送り出さねば!

なぜだか、かなり元気な2匹に翻弄される日々をもう少し楽しみます。

pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ元気の基準もちょびなんじゃね?って。
その通り!!そりゃ、どんなわんこでもみんな元気に思えるわな@@
ニックネーム 執事 at 05:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 樸(あらき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

お預かりします

ご心配戴いている方も多いかと思いますので、
とりいそぎ、ご報告いたします。

北海道北広島での(旧称)緊急プロジェクトから
花吹雪舞うお江戸に
わんこさん達が御到着いたしました。

るる・じゅりあのお里、市川コンパニオンアニマルのボン様達の元に。


そのうちのシーズー♂を執事家にてお預かりさせて戴いております。


腎臓が悪いのではというお話もありましたが、
健康チェックをいたしましたところ、腎臓はBUN・Creともに
しっかり正常値、問題なしという診断を戴きました。


しかし、残念ながら、元気はつらつとは参りませんでした・・・。


*左耳外耳炎→しばらく定期通院にて要治療。

*何らかの感染症→白血球数が高めです。
         少し鼻水出てますし、歯の状態も良くありません。
         リンパ腺も些少ながら腫れが認められています。
         抗生剤投与&要観察。

最も問題なのが現在アンモニア中毒であること。
かなりの高値をたたき出しており、早急にアンモニア値を下げるべく
輸液・注腸の治療を行っています。
経過を見つつですが、数日は予断を許さない状況です。
脳症を起こしていなかったのが信じられないくらいの激しい高値です。

本来でしたら、即時、入院ですが、
執事家での態度と病院での態度にかなり差があり、
入院でのストレスとのメリット・デメリットを考え、
また、執事が付きっきりができます環境、24時間搬送可能な診療体制も
整っておりますので、入院ではなく在宅で、通院あるいは往診でケアして参ります。
幸いなことに、入院と変わらないレベルの治療が在宅で可能な環境にありますので、
どうぞ、ご安心ください。



ご飯はしっかり食べておりますし、

顔入ってますが(.jpg

顔全部、思いっきりハマってますがたらーっ(汗)

なかなかうまいっす.jpg

なぜか、ひと口食べるたびに執事の顔見てますが顔(笑)
そして、執事家お馴染み、ご飯じゃない粒々も既にしっかり盛られてますが顔(イヒヒ)
けっして、あっかんべーしてご飯まずいと言っている訳ではございません顔(ペロッ)


お外もおトイレがてら、出ています。

桜の中を.jpg


かなりの消化不良に陥っていますので、しばらくは食餌療法も含め、
慎重にケアをしてゆくつもりです。
すこし繊維質をとの指示でまずはマッシュポテトを差し上げてみましたが
お尻振ってがっついておりました顔(イヒヒ)

さすが道産子。

明日は南の味覚、さつまいもを差し上げてみますです顔(笑)
さてさてお口にあうかしら?!

少々、かったるい様子は見受けられますが、(そりゃ、当然じゃ@@)
あのアンモニア数値からは考えられない元気さ。

このコの生命力を感じます。
なかなかやる気なわんこなんじゃないかと。

なかなか野太い声でしっかり、自己主張も出来るコです。

あぁ・・・・たらーっ(汗)
もしかして、もしかすると、(いや、確実にたらーっ(汗))また来ちゃったんじゃね?
なにかが、どこかが、突き抜けてるわんこあせあせ(飛び散る汗)

類は友、呼んじゃったんじゃね?顔(汗)
2度あることは3度あるっていうしたらーっ(汗)たらーっ(汗)



ちょびブログを見て下さっている方はご存じのシーズーるる。
昨年末に執事の腕から旅立ったちびシーズー。。。


執事的にはあまり見かけないグレーのカラーの多いコでした。
なんとこのコもグレーカラーるんるんるんるん

でかいケドたらーっ(汗)
(るるは3kgちょっとのちびシーズーだったので執事基準では
かなり巨大に思えますが、世間様から見たら一般的なシーズーサイズだと思う。
執事的にはるるの3倍くらいに思えるケドあせあせ(飛び散る汗)

体重ほぼ5kgジャスト。
もう少しお肉必要です。
筋肉があまり付いていないため、背骨がごつごつと当たって
抱き心地悪しあせあせ(飛び散る汗)
筋肉少ないから、代謝も悪しあせあせ(飛び散る汗)

早く体調を整えて、しっかり喰って、しっかり動いて
健康な体を作っていかなきゃね。

年齢はどう多く見積もっても、せいぜい8歳とのこと。
たぶんそれ以下ではないかと。
まだまだ筋肉つきますもの。→相変わらず犬筋肉オタクの執事。




そうそう、勝手に執事、樸(あらき)と呼んでおりまする。
執事家にご滞在中はこやつは樸(あらき)ということで。


しばし執事家で、大事に、お預かりいたします。





かよかあさま、
現地でお世話して下さったボランティアの皆様、
そしてネットを通じてご心配戴いております皆様、

どういうきっかけであれ、
どういう経過であれ、
どういういきさつであれ、

ケアが必要な1匹のわんこ、樸(あらき)を
ケアが出来る手がほんの数日前に空いた執事、
大事にしばしお預かりさせて戴きます。

執事はお預かりとして、樸(あらき)の近況報告をこれからも
ご報告させて戴くつもりです。

どうぞ、樸(あらき)が真の家族のもとにたどり着くまで、
皆様、見守って戴けたらと思います。


そして願わくば、まだ北の国に残っている命達の行く末が
愛しみ、愛しまれる関係を、
種を超えて、
互いに築いてゆける人の隣でありますように・・・。


pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ執事が今できること、して参ります。
あたしもやるぜなビーグルちょびの執事として。
ちょびに呆れてもらえるくらいにね顔(イヒヒ)
ニックネーム 執事 at 04:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 樸(あらき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

執事家での樸(あらき)

2009年4月〜6月に執事家ご滞在の樸(あらき)の軌跡です。

樸(あらき)は北の国での大規模なブリーダー崩壊現場から
来たコでした。
状態がよくなく、病院に収容されていたコ達を諸事情から
関東に輸送することとなり、
執事は空港にお迎えに行く、搬送をお引き受けしました。
崩壊についてはずっと見守っていましたが、
ちょびが逝って、数日というタイミングであったので、最も手がかかりそうであった
緊急で医療措置が必要と思われた樸(あらき)をおもわず拉致りました。



執事が名付けた『樸(あらき)』という名前。

これはいつかもしもまた相棒わんこを飼うことがあったなら、
名づけようと温めていた名前でした。
(メスを飼う気はさらさらなかった執事)

樸とは「老子」の中で説かれている言葉。
原木を表します。
その意として「あるがままに」と示される言葉。
タオイズム(道教)の説明でもよくもちいられます。
今では一般的に「素朴」と書きますが、本来は「素撲」と記されていた文字です。


自宅を『抱撲舎』と名付けた住井すえさんが以下のように記しておられます。
執事的理解ととても近かったので、抜粋ですが、以下に・・・・。


『“抱樸”の原典は「老子」の第19章で、老子哲学の根幹とも言うべきでしょうか。それだけに“抱樸”の二字を説明するだけでは、到底、その意をつくすことは不可能のように思われますが、しかし、どのように微に入り、細に亘って説明したところで、その真に迫ることが出来ないだろうと案じられるのが「老子」です。それで、いっそ、俗は俗なりに説明させていただいてもいいのではないか、それしかないのではないか‥‥と、無知のあつかましさをそのままに述べます次第。あしからず。

老子(第19章)
聖を絶ち知を棄つれば、民の利百倍す。
仁を絶ち義を棄つれば、民孝慈に復る。
巧を絶ち利を棄つれば、盗賊あることなし。
此の三者は以て文にして未だ足らずとなす。
故に属する所あらしめ、素を見し樸を抱き、私を少うし欲を寡らす。


 抱樸とは「素を見し樸を抱き」なのです。樸は“アラキ”です。アラキとは原木のこと、つまり山から伐り出されたままの原木です。
 ごろんところがされている原木は、一見、不恰好で、何の取柄もなさそうです。しかし原木――樸は手の施しようで、人間のすみか――家ともなれば、家具ともなります。或いは又精緻な工芸品ともなれば、より高度な芸術品ともなります。つまり樸(原木)は、多種多様の可能性を備えているわけです。
 人間もそのように、見かけは何のへんてつもないが、内に多種多様の可能性を備えている存在こそ価値があるのではないか?

 しかし、考えてみますと、素朴な心を抱きつづけることほど、人間にとって至難なわざはないようです。“より、豊かに”“より華やかに”それが人生の目標のように思われている世の中では、素朴はまるで貧しさそのもののように錯覚されがちですから。
 全く、苦労の多い世界になりました。老子が指摘してくれているように、聖知――仁義、巧利というような“文”(カザリ)をすてない限り、人間は“樸”を抱くことは出来ますまい。
 でも、もしかしたら昨今の世界の騒乱は、人間を“樸”に立ち遷らせるための、宇宙法則的な“運動”かもしれない‥‥などと、のんきな想いをひろげたりもしています。』                                        
       1990.4.15 住井すゑ  「続 地球の一角から」あとがきより抜粋






ちょびを飼った直後にこの言葉を知り、もうちょっとまともな名前を
付けるんだった(汗)と思い、
いつか・・・・と目論んでいた名前です。

ちょびを送って、数日だった執事の元に来たわんこに
執着をモロ乗っけて、名付けてしまった名前です。
このわんこを抱えながら、この先自分はこうありたいと願って名付けた名前です。


「アキラ」と勘違いされる&変換出来ず、“樸”という字が出てこない!!と
厄介がられる名前ですが、
かなーり執事的執着を乗っけてる名前でございます顔(汗)

 







4月11日(樸カテゴリー『お預かりします』
4月12日(樸カテゴリー『今日の樸(あらき)』
4月13日
5月9日
5月25日
7月2日



ニックネーム 執事 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 樸(あらき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

風に舞う薄紅色のかけらの中で





澄み渡った青空の下、強い風に運ばれてゆく、数限りない桜の花びら達。


さくら散る.jpg




散りゆく花の下、
“あぁ、逝ったのだな”と知った執事です。


咲き誇り、散る花に
散るなと願うことは

生き倒し、逝く命に
逝くなと願うことと同じに


誰にも、抗う術はないのだと。


たとえ、果てしなくしつこい執事をもってしても
どうしようもなく、どうしようもないのだと。


そして、どうしようもなく、どうしようもない
悲しみも
喪失感も
悔しさも
また、どうしようもなく、どうしようもないものなのだと。


たとえ、いくら生き倒した命でも
たとえ、『大往生』と言われるスパシニでも
この想いは
なんら変りない。

内容ではなく、
長さではなく、
愛しい傍らの命を送ることには
なんら変りない。

刻んだ時間が、積み重ねた時間が長い分だけ
断たれた、失ったものは大きい。
そう、思う。

でも、
刻んだ時間が、積み重ねた時間が短かかったならば、
それはそれで
まだまだ続くはずだった先を
断たれた、失ったことは大きいのだ。
先代犬やかを18年前にほんの数日で失った執事は
そう、思う。



でも、時間がいつか癒してくれることを執事は知っているから。
立派なアラフォー、それなりの修羅場は潜ってますから顔(イヒヒ)
でね、修羅場潜っている渦中、執事の傍らにはちょびがいてくれたんだ。

ちょび、心配いらん。(っつかしてねーだろうな、奴は顔(イヒヒ)

経験知、積んでるし。
散々、あなた相手にだーだー泣きーの、
ぐちぐち愚痴りーの
付きあってもらってね顔(イヒヒ)
まぁ、ちょびが具体的に何かをしてくれた訳じゃないケド顔(汗)
でもモノ言わず、いてくれたことでいっぱいいっぱい
救われた執事だったよ。
ありがとね、ちょび。(っつか、遅せーよっ!!って言ってるな、奴顔(イヒヒ)



だから、多くのモノ・コト・ヒトを
残してくれた・教えてくれた・繋いでくれた
ちょびへの執事なりの精一杯のはなむけに
あなたと同じモノ言わぬ命を
執事がその時、その時出来る精一杯で
あなたと同じように
これからも愛しんで、慈しんで、ゆこうと思います。



1年前に出会った大事な仲間と、
1年前のあの場所で
散る桜を眺めながら、
そう思った執事です。



姿は無くなっても、
ちょびがいた事実は
ちょびと過ごした時間は
ちょびへの思いは
何一つ
執事の中で変わってはいないのだから。


今しかできないことがある。

それはすべての生きとし生けるものに並べて等しいのだけれど、
でも、そのことをなかなか実感することって
難しかったりする日常。


だけれど、重ねれば重ねるだけ、
目に見える形で
はっきりと
最後の最後に近付いていっていることが分かる命と
寄り添い倒した今、
少なくとも
執事は、
今しかできないことを
今しようと
今思っている。

まーたほとぼりさめたら、ぐーたらに戻るんだろうケレド顔(イヒヒ)


今、そう思えたのは、
あなたが生き倒してくれたから。

今、そう思えたのは
執事がうっすらとだったけれど、
そのことを自覚しながら
がむしゃらに抗い続けたから。





どうぞ、どうか、
それぞれのやり方で
それぞれのできることを
今。

断たれた後で、
失った後で
嘆いても
悔いても
それはもうどうしようもなく、どうしようもないのだから。

暖かい命が傍らにある今。




たくさんの方が、
それぞれの言葉で
ちょびを送って下さいました。

ありがとうございました。


ちょびに代わって、心から、心から
御礼申し上げます。


しあわせな奴です。

執事が逝っても、こんなふうに送ってもらえる自信、
執事にはねーぞいっ顔(ペロッ)

たかがわんこなのに、ありがたいことです。
たかがわんこだから、ありがたいことです。

だだ泣きさせて戴きました。
何度も何度も繰り返し、繰り返し、読ませて戴きました。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。




ちょびが使っていたもの達の行き先を考えている執事です。

その中で、試さずに買うのはかなーり勇気いるんですが・・・たらーっ(汗)っつうモノ達を
もしサイズなど諸事情が合致するなら
お貸しして、お試しするということ、可能です。

もしできるなら、次に何かを繋げたいと願っている執事です。

個人的にどなたかに送ることも考えましたが、
出来ることならば、広く、長く繋げたいと願っています。
それゆえの差し上げる形ではなく、お貸しする形でまずは始めたいと思います。
もし実際にご要望があって、動きだすならば、徐々に形を作っていけたらと思っています。


コメントでのやり取りはなくとも、見守って下さっていた方々が
いらっしゃることは存じている執事です。

傍らに目に見える形で時を刻んでいるわんこがいらっしゃる方も多いハズ。

これ、試してみたい!とか情報が欲しい!などがあるならば、
どうぞお声をかけて下さい。

今まではあまりの執事のテンパリ具合にご遠慮下さっていた方もいるのかも?って
今更気づいた執事ですあせあせ(飛び散る汗)

自他共に認める“老犬オタク”な執事、
お役に立つかはわかりませんが、使えそうなら顔(笑)

コメント欄のメールアドレスにメールアドレスをご記入いただければ
執事にだけ、メールアドレスがわかります。


↑の方法でお声をかけて下されば、執事からご連絡をさせて戴きます。
即日、即答は難しいかもしれませんが、ご了承くださいね。

また、執事はあくまで執事が知る限りの情報をお知らせするのみです。
そこから先、執事の情報をどう生かすかは皆様次第。
執事が関知するところではありません。←おっ久々の黒執事顔(イヒヒ)
執事が抑え抱えすべきちょびは、
執事、精一杯、抑え抱えして、送りましたんで顔(イヒヒ)

そこのところもご承知下さいまし。


pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ姿はないけれど、ちょびも一緒にひきつれて
がんがん動きますよ!
お籠り中にいつか!と夢見た数々をやり倒しちゃる。
『俺もやるぜ!』とやり倒したビーグルちょびの執事ですから。

“『あたしもやるぜ!』なちょびの執事”にブログ名替えるべきか?!
ニックネーム 執事 at 05:20| Comment(21) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

3たびの桜 〜さまざま桜〜

さまざまなこと思いだす桜かな    松尾芭蕉



ありがとう、ありがとう、ありがとう。

大声で叫ぶよ、執事。

ありがとう!ありがとう!ありがとう!




あなたがあの日から1年、共にいてくれたことは
執事の
なによりの
なによりのしあわせでした。

うんPまみれに泣けても、
ちっこびちょびちょにへたり込んでも、
歩き倒しのお付き合いの徹夜の目に朝日が滲みようとも、
ご飯、おもいっきり吐き飛ばされ顔面に浴びようとも、
お薬飲ます手のひらにがっつり噛みつかれて穴開いても、

それでもあなたが大事だった。
あなたは私の相棒で、同居犬だから。

だから、キレたこと、水に流してね(笑)
執事も↑の行い、水に流したから(爆)



お花見用に用意した1人と1匹お揃いのTシャツ。
この日を楽しみに楽しみに、あなたのベッドの上に大小並べて吊るしておいた。

3色のお花見団子も手配してあった。




でも、でも、
一緒にあの木の下を1年ぶりに歩こうと
ずっとずっとずっと心待ちにしていた今日、
図らずも、あなたの亡骸を荼毘に付すことになった。


さすが、執事犬。
やらかしてくれちゃったよ、最後の最後まで。。。




今はあまりに冗談のようなこの旅立ちに、うまく言葉が出てきません。


執事の腕の中で、執事の決定によって、旅立ったちょびです。




大変失礼ながら、今は皆さまからのお悔やみを受け取る勇気がございません。
一切のお悔やみをご遠慮させて戴きます失礼をお許し下さい。

重ねて、お供物もご遠慮させて戴きとうございます。
静かに1人と1匹でしばらく時を過ごさせて戴けませんでしょうか。


なにとぞ、執事のわがまま、お聞きとどけ戴きたく、重ねてお願い申し上げます。



ちょび、執事、精一杯やりましたですよ。
でも、もっともっとしてやりたかったですよ。
もっともっとしてやれたですよ。

そいつがなにより悔しくて、悲しくて、辛いです。

やりやがったよね、ホント・・・・。
さすがだよ。
とほほだよ。

最後まで『俺もやるぜ!』なちょびでした。
もう戻る術のない最後の最後の下り坂を
全身全霊で、
力いっぱい、
壮絶に
最後まで生きたちょびでした。

そのやる気ゆえ、自然に穏やかに旅立つことを許されなかったちょびでした。


シビアなシビアな選択を最後の最後に執事に突きつけやがった、ちょび。
それは口の利けぬちょびが文字通り、自らの命を執事に委ねたことに他なりませんでした。

委ねられた命に精一杯想いをはせれば、
苦しさに歪む、でも暖かいあなたに触れていられる最後の数時間を、
穏やかに送ることと引き換えに手放さざるを得なかった執事です。

自らの決定で、執事はあなたの命を、手放した。
この手で愛しんで、愛しんで、愛しんだ命を。
愛しくて、愛しくて、愛しい命だから。




『願わくば花のしたにて春死なん』


まさに地で逝きやがった・・・。



『願わくば花のしたにて春生きん』

そうあって欲しかった。
そうあって欲しかった。
そうあって欲しかった。

でも、叶わなかった。


2009年4月5日 午後6時4分 ちょび 18歳8か月と2日。

執事残して、逝っちまいやがった。
仕方ないやね、うん。
執事、よーく分かってる。
あなたの執事だから。
だから、心配いらない。
あなたの執事だから。

いっといで。
で、待っといで。


あなたの執事でいられて、本当にしあわせだったよ、アタシ。

ありがとう、ちょび。
執事犬でいてくれて。

ありがとう。ありがとう。ありがとう。




あの木の下で 3たびの桜.JPG

pawライン.gif
歩行器で歩き倒す姿を動画に撮る暇もなくさっさと逝っちまいました。
こちらに銀父さまが撮影して下さっていた歩行器で大喜びで歩くちょびの姿が。
本当に、本当に嬉しそうだったちょびです。もう思い残すことなしだったことでしょう。

よかったね、ちょび。

ただひたすらにありがたかった執事です。

もうね、笑うっきゃないんだけど、
でもね、泣けてくるよ、執事。。。  

あんたってば、もぉーっ!!!!!!!!!!!!!

虹の橋があるのなら、
そしてそこでまた逢える日が訪れるなら、

『とりあえず、ソコ、正座っ!!!』

説教するから、執事むかっ(怒り)
覚悟して待ってなさい、ちょび。
ニックネーム 執事 at 23:59| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする