2008年12月31日

執事家での半年

1人と1匹生活、再開。

たった半年弱とはいえ、執事は既に執事犬2匹体制に体が馴染んじゃってて
なにかやる度に“あっ、いないんだ”と再確認してしまう。
かなりちびなるるだったけど、その不在はかなり大きい。
なにしろ18歳同士での同居生活だったので、いわゆる多頭生活ではなく
1人と1匹×2 スタイルでの同居生活だったゆえ、余計にね。。。


ちょびが穴を埋めるかのように、俄然張り切って、通常より2倍以上
暴れまわっておりますたらーっ(汗)
ちょびなりになにかわかるのか?!
気持は嬉しいよぉー、ちょびぃ顔(汗)





執事家でのるるの記録がちょびにまぎれてしまっていることに気づいたのですが
アセラはカテゴリーを複数設定不可能なので、るるだけの記事は「るる」カテゴリーに
ちょび&るるの記録はここに記載しておきます。

7月22日 
7月29日
8月3日(るるカテゴリー『一緒にね。』)
8月30日
9月18日
9月27日(るるカテゴリー『るるさんのこと』)
9月27日
10月16日
10月28日
11月6日
11月11日(るるカテゴリー『チューブわんこになったるるさん』
11月13日
11月17日(るるカテゴリー『偉いぞ!るるさん』
12月17日
12月19日
12月21日(るるカテゴリー『チューブわんこのために』)
12月23日
12月29日(るるカテゴリー『果たせた約束、叶わなかった願い』


執事家でのるるの軌跡です。


るるのお骨はいつもるるがいた定位置に。

執事は自然葬で土に還る予定なので、るるもその時一緒に土に還すつもりです。

1匹欠けた執事家ですが、喰って寝て、時間はちゃんと流れております。
執事の手を必要としてくれるちょびがいることに救われています。

まだまだ!と思っていた執事は相変わらずしつこくるるのご飯やらお洋服やら
用意しちゃってたので、使う主のいなくなったモノ達を少しずつ整理して
活かして戴ける所へ届けたいと思っています。



どうぞ、皆様、よいお年を。
執事も気合を入れなおして、新たな年を迎えたいと思っています。
ニックネーム 執事 at 01:20| Comment(9) | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

果たせた約束、叶わなかった願い

るる、旅立ちました。

クリスマス前にほぼまる2日、呼吸困難を起こし虚脱。
もう数日と告げられていましたが、
2日目の明け方にむくっと起き上がって、おもむろにジャーキーを
咥えたつわものるる。


昨夜日付が変わった頃から、また呼吸困難に陥り虚脱。
今回も乗り切って欲しいと願い、
きっと乗り切ると信じていましたが、
叶いませんでした。


凄いコでした。

執事の手を振り切るかのように、すくっと立ち上がり、数歩歩いて
そのまま旅立って行きました。

“あたちは逝きます”って執事に宣言するかのように、
執事の手の中から、膝の上から、自らの脚でしっかと地に立って
逝きました。

小さな体に不釣り合いな、あふれるガッツの持ち主でした。




5月30日にコンパニオンアニマルクラブ市川代表の金子ボンさまの手によって
千葉県愛護センターから救われたるる。


救い出された日のるる

センターから救われた23匹目だったるる


7月6日から執事家に仲間入り。
半年弱の執事犬でした。



できることならば、ちょび以上に、あなたには生きてほしかった。
なんとしても苦痛を1つでも少しでも減らしたかった。
のほほぉんと生きてほしかった。
たとえ、限られた時間でも。

そもそも限られていた時間だったから。

そもそも限られていた時間だったけど。



その願いはあなたが執事犬になった時からずっとずっと変わらず持ち続けてきたけれど、
最後まで傍らで見守るという、たったそれだけしか果たせなかった。



るる、ありがとう。

あなたの不屈のガッツ、執事、むっちゃ愛してる。
そんなあなたは執事自慢の執事犬。


るるいいお顔.jpg



最後まで生き抜いたあなたを見せてもらった。

壮絶で、荘厳で、驚愕で、まっすぐで、単純で、お茶目で、必死で、
そんなあなたの姿、見せてもらった。

いってらっしゃい、るる。
あまりにも多くのものを負い過ぎた体からやっと自由になれるのだから。

そしてもし執事家の居心地そんなに悪くなかったよって思うなら、
そして虹の橋ってのがあるんなら、
執事が迎えに行くまで、やかと一緒に待ってなさい、るる。


執事、かならず迎えに行くから。
約束する。


だから、のほほぉん待ってなさい。






これまでるるを見守り、エールを送り続けて下さった皆様、
本当にありがとうございました。

皆様が寄せて下さった祈りでここまで過ごせたと執事、心から思っております。

小さき命は皆から愛されていてほしいという執事の願い、
皆様に叶えて戴きました。
ありがとうございます。


非常に失礼で、そして我儘なのですが、るるに形あるものをお送り下さることは
謹んでご辞退させて戴きます。

そのお気持ち、既に十分頂戴しているるると執事です。




蛆虫と膿だらけの包帯だけを身につけて即日処分されるはずだったるるが
ボン様のお陰でその生を繋ぎ、縁あって執事犬に。
暖かい寝床とお洋服を身につけて、お腹もちゃんといっぱいで
お花に囲まれて、旅立たせてやれました。

るるは執事犬として送ってやれました。


ですから、もしできますならば、るると同様に、あるいはるる以上に
助けを必要としている命に、形あるものは繋げて戴けたらと思います。

執事の失礼を、我儘をどうぞお許し下さい。





最後に、
コンパニオンアニマルクラブ市川代表金子様に心から感謝を。

るるはボン様が救って下さった命です。
執事は縁を頂戴したに過ぎません。


執事はるると過ごせた時間、とても幸せでした。
たくさんの笑顔と喜びをるるから貰いました。

るると過ごせた時間はこれまでも、これからも
執事にとって大事なものです。

ボン様のお陰です。
託して下さったからこそ戴いた時間で、幸せで、笑顔で、喜びです。
執事犬るるはボン様があの日、あの時、思わず抱き上げて下さらなかったら
執事が送ってやることは叶わなかった命ですから。

るると執事から、言い尽くせぬありがとうをボン様に。
ニックネーム 執事 at 18:43| Comment(19) | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

チューブわんこのために

るるの場合

体重3.3kg カテーテルサイズ 6Fr リンク最下部に実物写真あり。
1日摂取目標カロリー200kcal
1日必要水分100cc程度。

<ロイヤルカナン 高栄養・免疫サポート>
パウダー状 
1袋50g入り 10袋1箱
1袋 237kcal ¥360〜¥500(楽天)
チューブダイエットに比べて水分が必要。
溶解液はドロドロ感高いので、詰まりやすい。
粉1:水分4は必要。推奨は粉1:水分5。吸水性低い。
50度以下のお湯で溶解。(指定温度以上のお湯は酵素を破壊しますので厳禁です)

<森乳サンワールド チューブダイエット>
パウダー状
1袋20g入り 20袋1箱

種類が各種あり。
カケシア(高カロリー)1袋 130kcal ¥400(楽天平均)
ライト   1袋 102kcal  ¥270(楽天平均)   
キドナ(腎疾患用)1袋 113kcal ¥400(楽天平均)
ヘバケア(肝疾患用)1袋 104kcal ¥400(楽天)→2008.12発売開始


るるの場合、カケシアは必ず下痢。高脂肪が原因の模様。
キドナは20回に1回ほど体調悪い時は下痢。
ライトは次回購入候補。ヘパケアは未使用。

粉1:水分3可能。非常に溶けやすく、また吸水性が高いのでカサも減る。 
溶解液のサラサラ感が高い。40度以下のお湯で溶解。


キドナ・ヘパケアはそれぞれ腎疾患・肝疾患用ですが、老犬のターミナル期での
使用の場合には↑の高栄養・免疫サポートと併用して使用するには
栄養成分的にはちょうど良い制限加減なので、利用価値はあると思います。

<共立製薬 クリニケア>
液体。そのまま給餌可能。匂いがいい(たぶん犬的にはいい匂いだと思う)。
↑の2種は匂いはあまり感じないけど。べたべた感あり。開封後1週間使用可能。
栄養バランス的には老犬に最も優しいと思われる。カロリー単価で考えると
ずば抜けて高いケド顔(汗)
1缶 237kcal 237ml入り 1缶¥930(楽天)


使用感としてはチューブダイエットが溶解や注入のしやすさで執事的には好みです。

それぞれ、栄養成分は異なるので、るるは上記のものをローテーション&MIXしつつです。
カテーテルのサイズ次第ではロイヤルカナンの退院サポートを薄めて給餌可能という
情報もありますが、6Frでは無理でした。a/dは全く無理。
6Frでは微妙にとろみがあるかな?程度の液体しか無理です。


るるの場合、体重が少ないため、チューブからだけで200kcal摂取となると
水分過多になります。
栄養分だけでなく、チューブを洗い流す(フラッシュ)ための水分が1回10ccは必要で、
1日4回給餌で40cc給餌するためです。
肺水腫を起こすので、水分過多の日には利尿剤を使用しつつです。
そのため、できるだけ少ない水分で高いカロリーを稼ぐ必要があります。
しかし、脂肪由来の高カロリー製品は消化器が脂肪負けして下痢をするため
そのバランスをとるのがなかなか難しいです。
老犬の場合、高脂肪はかなりの確率で下痢を引き起こしますので、注意が必要です。
そもそも高カロリー食は基本は何らかの理由(術後など)で食べられないという
短期の緊急事態用。
長期、、ましてや老犬のターミナル使用目的ではないということを知っておく必要が
あると思います。そもそもシニア用ではないのだよたらーっ(汗)
長期使用の場合には腎臓・肝臓の定期チェックは必要かと思います。

るるは現在、口から自力でお肉とジャーキーを30〜70kcal摂取できる日もありますが、
口から摂取すると喉が渇くので、その分自力で水を飲んでしまうので
やはり水分過多になってます。


上記以外にヤギミルクやレバスパン、カロリーアップなど栄養補助食品もありますが、
ビタミン・ミネラルの摂取、月単位の維持可能な栄養バランスを考えると、
メインでの使用は難しいです。
偏った栄養バランスですと、やはり内臓負担が大きく、どこかしらにダメージがでます。
そもそも高カロリーな時点で内臓には負担がかかっていますので、かなり注意が
必要かと思います。
仔犬用ミルクも長期間1日摂取カロリー全量賄うには老犬にはちょっと難しいかも。


カテーテルを挿入する場合、口腔腫瘍などが原因で物理的に経口摂取不可能な場合か
食欲低下あるいは廃絶による経口摂取不可能な場合があるかと思います。
普通の食欲低下・廃絶の場合には第一選択はシリンジによる強制給餌ですので、
それが不可能なコの選択肢でのカテーテルの挿入かと。
その場合、ある程度の長期間(チューブの使用期限は1クール2週間)となるでしょうから
栄養補助食品メインでの維持はさらに厳しいと思います。

また、いずれ鼻カテーテルが必要になるという予測が立つ場合には
体重低下を起こす前に鼻カテーテルに移行できると時間を稼ぎやすいと個人的には思います。
体重低下を引き起こすほど、経口摂取が減ってしまってからですと、
胃が小さくなっていますし、消化機能も低下してしまいます。
その前に移行する方が有効に使えるかと思います。
術後などの緊急手段としての使用が多い鼻カテーテルですが、ターミナルでの
使用は管理さえできるならば、かなり使えると個人的には感じています。
食べなくなってしまった際に、あまり時間をおかずに、使用することで
体力維持を図れる手段だと思います。
犬に、負担を少なく、食べる(消化器を使う)サポートをしてやられる手段だと
思います。

鼻にチューブという異物が入りますので、多かれ少なかれ炎症は
起こる可能性はありますが、るるは消炎剤の点眼薬の点鼻使用で
乗り切っています。
使用中より、交換後の抜管数日は鼻水がでる状態です。


問題点としては、体重の重いコの場合、かなりの費用負担になること。
挿入自体は2週間に1回、費用は数千円かと思います。
シリンジによる強制給餌と併用するなどして、負担を減らすしかないかも。
でもまぁ、全量カテーテル給餌でも、シリンジ強制給餌でa/d、退院サポートなどで
全量賄うのと同じくらいかな。
1kcal¥2って感じでしょうか。体重の0.75乗(3乗して√を2回)×70が
一応安静時必要摂取カロリーの計算式です。自動計算のリンク

シリンジですが、高カロリー液体ですと、数日で滑りが悪くなってしまいます。
るるは20mlシリンジを2本(餌用)10mlシリンジを1本(フラッシュ水用)使用中。
水用は1か月使えるのに!!!
病院で分けていただく以外に楽天などでも入手可能ですが、
オークションで格安で常時出ていますので、かなりお勧めです。
楽天などの半値くらいで買えちゃうので。送料安いし。


実際、ターミナルでの鼻カテーテルの使用例は犬ではほとんど見当たりませんでしたが、
シリンジ強制給餌で思うように摂取してくれない場合にはかなり使える手段だと思います。
犬の場合、シリンジ強制給餌がほとんどの場合、使えるからかな?
口腔腫瘍の最終段階などでは使用価値ありそうなんだけどな。
ちょびも口腔腫瘍持ちわんこなので、明日は我が身状態ふらふら
執事犬はそろってチューブわんこな運命なのか?!
幸い、ちょびはなにしろ食欲だけは並はずれているので、なんとかこのまま
自力摂取でいけたらと願っていますが・・・。

るるは拘束や保定がなにしろ嫌いで、激しく嫌いで、命がけで嫌いというコです。
執事犬になる以前に何があったのかわかりませんが、その嫌がり様は治療でも
トリムでもプロにとってもかなりの曲者もうやだ〜(悲しい顔)
しかもちびシーズーなのに、ツワモノビーグル並の抵抗を繰り広げます。
かなり熟練の保定術をもった人でないと1人では保定不可能たらーっ(汗)
下手な保定では骨折や脱臼しかねない勢いです。
保定できても、チアノーゼ起こして立ち上がれなくなるまで抵抗し続けます。
かなりレアケースのツワモノわんこです。
やっと執事の手からものを食べてくれるようになったよっていう段階なので
強制給餌は不可能ゆえの鼻カテーテルでした。


犬では使用例の少ない鼻カテーテル。
るるのケースが参考になればと思い、メモに残します。

後に続くどなたかの役にいくらかでも立ってくれることを願いつつ。 

基本的にカテーテル用の餌?は箱売り。もし、他の物を試してみたいという方
いらっしゃれば、コメント欄にメールアドレス(表示はされませんのでご安心を)を
記入してお知らせ下さい。執事の手持ちがあるものはご協力可能です。
またたいていの動物病院では割高かもしれませんが、1袋から分けていただけると思います。
数種類扱っている病院もあるはずです。
数少ないチューブわんこの輪を広げられたらと願う執事です。

るるは今、チューブで命を繋いでいます。
とはいえ、ちっとも寝たきりじゃなく、通院の際などは、強気で闊歩するるる手(チョキ)
でも腫瘍は体表面積の50%に迫る勢いですし、自壊面積もどんどん広がっています。
それでも、チューブのお陰でぬくぬくとテントハウスでぐぉ〜って寝ています。


末期も末期の腫瘍わんこでもできることはある。


執事はそう信じています。

だってチューブわんこになってるるは今日現在で7週目。
チューブなしで日々下り続ける末期わんこを衰弱させずにここまでは維持することは
絶対無理だったと思いますから。
食欲廃絶したケースではそれこそ数日しか持たないことすら珍しくはないし。




昨日からるるは呼吸困難を起こして、努力呼吸に陥っています。
↑の理由から、あえて原因を特定するための検査は一切していないるるですが、
この半年の推移から肺への転移もほぼ確実でしょうし、(リンパに沿って全身に
転移を続けてきましたので。)腫瘍によるDICを起こすことも想定内。
ここ一か月ほど毛細血管の出血傾向も顕著に表れています。
原因特定してもできる治療は今と変わらないから。

直す術はありませんが、負担を少なくする術はすべて尽くして、るるを見守りたいと
思っています。
生きるということにひたすらに前向きな命はなかなか簡単に逝くことを
許されないのだなぁと今、改めて思っています。
最後まで辛いであろうに、生き抜こうとするのだなぁと。

疾患持ちの命が生き倒すということの壮絶さを目の当たりにしています。

誰もが願うであろう長生きのその最後の道のりの厳しさを突きつけられています。


るるはちょびのお下がりのミニ酸素ビニールハウスで過ごしています。
酸素ハウスでなら、呼吸もかなり落ち着いて過ごせています。
早朝にはジャーキーを1本、おもむろに自力で食べましたし。
癖でそのまま盛っておいたら、食べましたですよ@@
お水も自力で飲んでますし@@


どうか、できるだけ、るるの苦痛少なく、過ごせますように。

るる、あなたがそうしたいと思うなら、生き倒しなさい。
執事は最後まで傍らであなたを見守るから。

うろたえず、目をそらさず、あなたの生をささえてやりたいと強く強く思っているから。
あなたの飼い主としての務めを最後まで放棄はしないから。

それだけは約束する。
ニックネーム 執事 at 11:39 | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

偉いぞ!るるさん

昨日は口からなにも食べなかったるる。チューブわんこの本領発揮?!

今日は朝から病院へ。
病院は急患入って、大混雑中。
待ち時間中、散々スタスタちょろちょろ散歩して、大暴れして傷の洗浄。
ついでに尻尾やお尻の毛も刈ってもらって。


帰宅した途端、なんか喰うぅ〜〜〜!!!と猛アピール。


モヒカンるる.jpg

どーも。モヒカンるるっすグッド(上向き矢印)
チューブわんこですが、食べますですよるんるん



しっかりガッツリ喰いましたよぉ顔(イヒヒ)

ジャーキーぶん回して、10本完食@@ 見事80kcal摂取Good

ジャーキーぶんぶん.jpg

夕ご飯もひき肉25gGoodGood



うしろに写っているマットの上のジャーキーは非常食。
いつその気になるか分からないるるなので、常に寝床にジャーキーを
盛ってます顔(イヒヒ)
ご飯台に置いておいても、なかなか食べちゃくれないけど、目の前にあると
つい食べちゃったりするんだなぁ、コレが顔(ペロッ)
お地蔵さんじゃないんだからって?!顔(笑)うーんブラックだ。。。

おニューのトレーナーワンピ黒ハート
尻尾を毛刈りしたら、パピービーグルの如き、執事偏愛の“ねずみ尻尾”が出現るんるん
うーん、可愛いのぉ。先っぽがちろっと曲がってるのがまたいいのぉ〜〜。

今度はお顔も毛刈りしてもらう予定。
腫瘍ありわんこはサロンでのトリミング、断られちゃうので、
先生に診察ついでにちょぴちょぴと刈って貰ってます。
あんよは執事が地道に熟睡狙って、鋏と漉き鋏でちょきちょきと虎刈り中。

逆ライオンだーね顔(イヒヒ)
体はもこもこで、お顔だけって顔(ペロッ)



さっ!この調子で夜食もいってみよぉーっ!!


pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ足の腫瘍はとうとう母乳パッドでも覆えない大きさにもうやだ〜(悲しい顔)
ポリマー入っていないカットできるフラット紙おむつ、サルバ(白十字)LLDを
ゲットして参りましたですよGood
医療費控除対象品と書いてあるケド、犬に使っても控除対象なのか?!
ニックネーム 執事 at 22:10| Comment(8) | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

チューブわんこになったるるさん

ここ1ヶ月、食欲増進のステロイドを使いつつ、お肉と
ジャーキー(カンガルー&シリアルとるる的大好物のエクセルジャーキー)
だけをちびちび食していたるるさん。
(ジャーキーも各種いろいろ試したけど、この2種以外は拒否。
前に書いたけど、ドライもウェットもフード類は全て拒否。)

とうとう、それすら受け付けなくなりました。


ここ10日のちびちびっていうのは半分に割って、更にカットしたジャーキー1かけとか
極刻みの3mm角お肉を数切れとかいうレベルで、執事は暇さえあれば
手のひらにそやつらを乗っけてせっせせっせと召し上がってもらい、
どうしても足りない分はニュートリカルをシリンジ強制給餌で
日々、なんとか必死に安静必要摂取カロリーの150kcalを稼いでいました。
3kcal摂取、5kcal摂取といった具合にちびちびと。

るるは大きな腫瘍の自壊創があるため(体表面積の5%はあるかな)常に感染症状態。
命に関わるレベルに悪化はさせないようにしているとはいえ、敗血症ぎみなのは事実。
低血糖もあって、それゆえ、気持ち悪くて食べられない模様。
空腹感はちゃんとあるので、『腹減ったぁー!なんか喰うぅ〜!!』と
ぎゃおんぎゃおん!お鳴きになるんだけど、いざとなると受け付けない状態でした。

一回の摂取量があまりにも少ない為、血糖値も常に低いままなのも食欲でない一因かと。

我が家に来た7月には2.95kgで骨が出ているガリでしたが、
毎月100gずつ順調に増やした結果、現在は3.35kg。
まぁ1日150kcal摂取していればとりあえず維持は可能な状態です。

とはいえ、昨夕からどうやっても、何を出そうとお水以外なにも口にしないるるさん。
執事的にはありえないのですが、アイスクリームまで差し上げてみました。
せめて脂肪稼いでおくれとラクトアイスではなくレディーボーデン顔(イヒヒ)
糖質はもう仕方ない、すげー、マジで、嫌だけど顔(泣)
悲壮な覚悟の執事を尻目にるるさん食べないしもうやだ〜(悲しい顔)
(腫瘍の場合、糖質はほぼ全て腫瘍の栄養になりますです。次はたんぱく質。
半分程度が腫瘍の栄養になります。折角体力使って消化吸収しても身にはつかず
敵に塩を送ってしまうという不条理。。。
糖質は徹底的に制限して、たんぱく質はバランスのよい良質なものを適量、
脂肪を内臓やられない程度に多めにすることでカロリーを稼ぐのが鉄則とされています。)
まぁね、るるさん甘いもの嫌いだから想定内。
果物も嫌いなので果物匂いのゼリー飲料も当然玉砕。
その上粉物も嫌いなので菓子パンやらビスケットやらも玉砕。
どろどろしたものも嫌いなので離乳食の各種ペーストも玉砕。
茹で卵・目玉焼き・玉子焼き・スクランブル全て玉砕。
白身魚・赤身魚、ともに玉砕。
肉も生・茹で・焼・蒸し・チンと調理法を代え、鶏・豚・馬・鹿・カンガルーと
やったけどことごとく全て見事に玉砕顔(泣)
我ながら寝ないで次々ちまちま加工?!している自分に呆れましたですよあせあせ(飛び散る汗)
どんだけしつこいんだろう?!アタシって顔(汗)

ちょびは匂いにつられて、やたら張り切って歩き回ってるし顔(汗)

君はフード以外禁止ですから犬(泣)活性炭盛ったのにBUN下がりませんから!!うきーっ。
もったいないけど、絶対あげませんパンチ←鬼執事
(あっ、でも便秘対策でPOCHIのブラウンシリアルライトというたんぱく質が超低い
雑穀&野菜ペーストを大匙1杯ずつトッピングしてます。すごーくいい匂いなので
このところのご飯にちょびは非常にテンション高い犬(笑)


るるも匂いにはちゃんとつられるんだけど、食べられない。

なにせ体も小さいですし、衰弱も早い。低血糖状態が長く続くとショックも心配。
寝方が変わって、うずくまる姿勢になってしまった今日の昼。
もう限界だなと決意を決めて、病院へ。

実は少し前から主治医から経管栄養の提案を戴いていました。
鼻カテーテルや食道カテーテル、胃ろうと方法は各種あると。
この調子では腫瘍による衰弱の前に飢えで衰弱、要は餓死っていう最後が
ありえるよと。

ここ10日ほど、管をつけるということをずーとずーっと悩んで迷っていた執事でした。

鼻カテーテルは麻酔なしで挿入可能。口からの摂取も同時に可能。
ただし、液体しか給餌不可能。
管の継続使用は1週間が限度。鼻腔が炎症起こした場合には即時中止。

食道カテーテルと胃ろうは麻酔が必要。とはいえ内視鏡で挿入可能なので
時間自体はせいぜい10分。
食道カテーテルは感染症および抜管のリスクが胃ろうより高く、
口からの並行摂取は不可。

胃ろうは口からの並行摂取も可能。管が太めなので緩めのペーストも給餌可能。


まだなんとか食べられているし、と思いつつも、
これ以上の衰弱来たら物理的に麻酔が出来なくなることも分かってはいたので
『どうするかじっくり考えて結論だして。いつでもできるように準備はしておくから』
という主治医の言葉に『次回までに・・・』と言葉を濁してた執事。

麻酔のリスクは前回のちょびの口腔内腫瘍切除で身をもって怖さを知っている。
ちょびは斜頚程度の後遺症で済んだし、斜頚も大分よくなってきているけれど、
るるが果たして耐えられるのかは疑問。
ちょび同様20項目精密血液検査をしているるるで、低血糖以外は異常値なしという
ちょびよりすげーじゃん!!なるるとはいえ、基礎体力ってところでは
執事には全くの未知数。
ここまで腫瘍抱えて頑張っているんだからいける!って信じてきたけど、
でもここ1ヶ月の急激な衰弱はやっぱり既に無理が重なっているのか?!とも思えるし。


とりあえず、本日は鼻カテーテルを挿入。予想よりは暴れずに意外にすんなり。
挿入後、即、病院でやり方を教わりながら、
高栄養のパウダー栄養を溶かした液体を給餌。

吐き戻しないか様子をしばらくみていると、
すたすたトコトコ病院中を闊歩なさるるるさん顔(汗)
変わり身早すぎあせあせ(飛び散る汗)

帰宅後、なんか喰うぅ〜〜!!!と訴えるので、豚ひき肉炒めを差し上げると
結構な量を完食目
もっと喰うぅ〜〜〜!!!としつこく訴えるも、却下犬(泣)

吐かれると、抜管しなきゃいけなくなっちゃうからね顔(汗)程ほどにあせあせ(飛び散る汗)


数日、様子を見ますが、このまま鼻カテーテルを交換しつついくのか、
どこかで胃ろうの手術をするのかの選択をせねばなりません。
既に異物感からか、派手なくしゃみをしているから、時間の問題かも。
してる限り、エリカラわんこだしもうやだ〜(悲しい顔)

胃ろうならば、お洋服の背中にポケットつければ、そこのチューブはしまって置けるし、
そもそもお腹の乳腺腫瘍の保護で常時ヘアターバンを腹巻してるるるなので
ガーゼ装着の違和感もほとんどないはず。エリカラわんこな必要ないし。


なにより久々に気持ちいい食いっぷり見せてくれたるるの姿は
非常に嬉しいものがありました。

麻酔さえクリアできれば、胃ろうの予後はかなりいい例が多数あるし、
るる同様腫瘍を抱えるコ達でも栄養やサプリを胃ろうからしっかり摂取することで
かなりの延命はかれているしね。
そりゃ、高齢では
猫さんでの月単位の例しか見つけられなかったけれど、
でも今のるるにとって時間の長さより、
いかに腹膨らますかって事の方が執事には大事。
あぁ、お腹いっぱいなりぃ〜〜〜って1回でも多くってことが一番大事。

なんだかね、ちょびといい、るるといい、かなりハイリスクな賭けにでてまで
喰わせることに頑なに固執してる執事顔(汗)

執事的究極QOL維持願望は喰わせることなんだな、要はふらふら

賛否両論あると思います。ここまでやる?!って思う方も多いだろうなって思います。

執事としては執事犬を餓死はさせたくないんです。
どうしてもどうしても、それだけは嫌なんです。
ましてや食べたい!と訴えているるるを餓死させるのは、絶対に嫌なんです。

訴えずに、じぃーっと弱ってゆくならば、そのまま静かに看取ろうという想いも
決してない訳じゃない。
強制給餌が出来るコなら徹底的にやる気概も持っているつもり。

でもね、るるの嫌がり方は尋常ではないんです。
バスタオルで体を包んで、顔をハンドタオルで逆さほっかむりにして、
抱きかかえて、
全力で押さえつけないと出来ないんです。それだって20ccが限度。

必死で全身で暴れ続けるんです。
そのうえ、一回やったら半日は執事が近づくと逃げます。

それを日に何度もは執事、出来ないんです。
そこまで嫌がること、出来ないんです。これ、もう虐待だよなって思えるレベルなんだもの。

でも、食べたいって訴えるるるさん目の前に、仕方ないって割り切ることも
出来ないんです。
嫌なんです、どうしても。諦められない。
だからこそ、片っ端から食べるもの探してきたし、出来ることは思いつく限り
全部やってきたつもり、執事なりに。。。


経過次第ですが、踏み切るかと思います。
事前の血液検査の結果次第ですが、いけるなら賭けようと思います。

見ちゃったから。
食べられること、知っちゃったから。
執事の執事犬に対するエゴだと思うけど、執事的執事犬のコレが看取り方なんだ。

pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ人間の場合、鼻カテーテルはテープで顔に固定しますが、
毛の生えてる犬はどうすんじゃい?!と疑問でした。
なんと医療用のアロンアルファで毛にくっつけて固定しましたですがく〜(落胆した顔)
るるさん、頭の上、モヒカン状態です顔(笑)なかなか似合ってますグッド(上向き矢印)
でも、交換の際にはハゲになるですふらふら
あとね、それなりに嫌がる目やに拭きをどうしようかと・・・顔(汗)
暴れられるとチューブ出てきちゃうぞいあせあせ(飛び散る汗)数センチなら押し込め!って言われたけどたらーっ(汗)
ニックネーム 執事 at 04:46| Comment(8) | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

るるさんのこと

るるはそもそも右後ろ足の内側全部が開放創でしかも感染あり、
有り得ないことにはその傷から蛆虫がぼろぼろ落ち、全身の毛はフェルトなマッド状態、
そして老化によるドライアイの目やにで目も塞がってしまっているという状態で
5月30日に千葉愛護センターから引き出されました。

飼い主による持ち込みでしたので、収容情報に載ることもなく、そのまま
ドリームボックスという名のガス箱送りの運命のコでした。

小型愛玩犬の大半は保護団体さんが引き出す中で、るるはあまりの傷の酷さと
あまりの乳腺腫瘍の大きさ、そして18才という年齢から引き出しても
残りの時間が少ないこと、看取りになってしまい、里親募集という形は無理という
判断だったのでしょうか、そのままセンターに残っていました。

捕獲隊のメンバーだったボン様が見るに見かねて、せめて暖かいベッドで
看取ってやりたいと引き出されました。
ボン様の書いたものを読んで、執事はがつんとなりました。

18年後の約束

なにしろ隣には18才を目前にしたちょびがいましたから。

執事は18年前になーんも考えずにちょびと暮らし始めましたし、ちょびはそもそも
兄弟が飼った犬でしたし、飼い主である執事一家の無知でいろいろ辛い目に
逢わせて来ましたし。

そんな過去があって、今、執事業をしている執事としては、胸張って
『アタシは約束は果たしてきました』とは言えなかった。
果たそうと執事やっている今だけど、18年前の私は約束せずにちょびを飼ったから。

そんな悔いの中で執事業をしている執事はせめてとるるさんの傷の治療の
お手伝いをさせて欲しいと申し出ました。
実際に6月末に初めて診たるるさんの傷はいくら知識は一般以上にはある執事でも
私の手には負えないと即座に判断せざるを得ない状態でした。
でも、まだやり様はあるという自信がありました。
治療次第では傷をふさげるはずだという。。。
セカンドオピニオンとしてちょびの主治医に一度相談したいと考えて、るるさんを
お預かりさせて頂きました。

その後、なんとか上皮化を!と3日おきに通院しつつ、自宅でも洗浄を続けて
いましたが、なにしろ暴れるし、出血も酷く、自宅での処置は断念し、
通院での処置を続けました。

ガーゼが外れてしまった際などは仕方なく、それこそ血まみれになりながら、
手も足も使って、暴れるるる相手に頑張ってました。

徐々に傷は小さくなり、感染して膿んでいた部分がなくなったのに、最後の最後に
お出ましになったのは、腫瘍そのものでした。

るる傷.jpg

そもそもの傷の発端が腫瘍の自壊(皮膚の表面が破れること)だったのです。
あまりに周りが酷かったので、腫瘍が見えずにしばらくは分からなかったんです。



自壊した腫瘍はもう上皮化(傷が塞がること)することはありません。
折角苦労して上皮化させた周囲にも腫瘍が表面化してきました。
腫瘍自体も大きくなって壊死が始まっています。


ruru傷.jpg

腫瘍の新生血管も出来ているので、出血も増えています。
当然痛みもかなりのものであんなにがっついてた食欲も落ちました。
浸出液も増加し、すさまじい匂いを発するようになりました。

匂いを防ぐには毎日洗浄するしかなく、とはいえ苦痛を伴う洗浄を毎日するのは
あまりに忍びなく、毎日どころか3日おきの洗浄すらどうなのか?と考え始めました。
そして、洗浄して正常でない組織を腐らせるイソジンによる治療は執事としては
痛みを考えるとこれ以上は継続できないと判断しました。

たとえ、腫瘍は大きくなろうとも、痛みなく、また命に関わる感染症を起こさない
レベルでの維持を今後はしてゆこうと思いました。

大分執事に慣れてきたので、自宅での執事による処置も以前のように
血まみれにならずともできるかも?と思えましたし。


そこで、前々から知っていた湿潤治療を取り入れられないか、
専門医に連れて行きました。

ちょびの主治医もこの湿潤治療はご存知で、一部、取り入れていらっしゃいますが、
まだマイナーな治療法で、ある意味かなり極端なため、(なにせ消毒しないのであせあせ(飛び散る汗)
そこまでは・・・というスタンスでした。

専門医にはQOLを最優先になにができるかという相談をしました。
専門医の口からは『究極は断脚』と。

そんなの分かってる!

ちょびの主治医も最初っから『もう少し若ければ断脚出来たんだけどなぁ』ってずっと
言ってたし、執事だって腫瘍の自壊と分かった時に最初にそう思った。
どんなにそうしてやりたいと思ったかしれない。。。

でも既に左後ろ足も腱を痛めているのが明らかで、前足も関節が開いて固まっている
で、お腹に大きな乳腺腫瘍があるるる。
車椅子には乗れないんだよっ!!

しかもるるはご飯と排泄以外は放っておいたら1日23時間は寝ているコ。
たとえ、車椅子に乗れたって意味がないんだよ。

痛みという視点でしか考えていないQOLの維持の提案に執事はなんだか頭が
くらくらしました。
おもわず、けんか腰で『車椅子可能だと思いますか?』と聞いてしまったほど。

『無理だよね』と。だったら言うな!!!!

久々のちょびの主治医以外の獣医師に切れそうになった執事でしたが、
なんとか頭を冷やして、他の方法の提案という形で話し合いを続けました。
話してみると、話が通じる先生であることも分かり(最初に切れなくて
よかった顔(汗))自宅処置での維持法を教えて戴くことが出来ました。

毎日の交換で匂いは解消しましたし、洗浄を止めたので、るるも痛がることが
なくなり、大人しく交換させてくれるようになりました。

当然、腫瘍は大きくなっていますし、他の部分にもどんどん広がっていますが、
しばらくこの方法でやってみようと思います。

るるは現在、穴あきビニール(生ごみなどに使う奴)&生理用ナプキン
(これは銘柄指定有り。使えるのはロ×エです。)を使用しています。
傷の保護剤としては白色ワセリン(薬局で購入可能です)を基本に。
生理用ナプキン以外にも傷の大きさによって母乳パッドや紙おむつなんかも
使えます。また浸出液が少ない場合には穴あきビニールではなくラップを使ったりも。
『湿潤治療』で検索をかけると情報が出てきます。
この治療法、人間でも形成外科の欠損症例ややけどの治療などではかなり
メジャーになってますし、床ずれ治療にも取り入れら始められています。
CMでおなじみのジョンソン&ジョンソンの『キズパワーパッド』はこの治療法の
ひとつです。
実は執事はイギリス滞在中にお腹にかなり大きな低温やけどを負ってしまい
(使い捨てカイロをお腹に入れたまま、寝てしまった顔(泣)
この治療を10年以上前に自分自身で体験していて、良さを知っていました。
なにより痛みがないことがもっとも大きな特徴といえます。また治りが早いことも。

ですから、ちょびがもし床ずれになった時の為に専門医の情報を調査済みでした。
それが、ちょびではなく、るるの役にたったるんるん

感染症の維持の為に(既に壊死が起こっていますので)抗生物質を投与しつつ
ですが、食欲もムラはあるものの、1日トータルで見れば完全に戻って来ました。
なにより『それ、よこせっ!!』という食べる気が出てきたのは嬉しい限り。


でも、るるはそもそも余命は短いと引き出されたコ。
既に4ヶ月近くになります。

まばたきも出来ないるるは毎日毎日べったべたな目やにを量産しており、
1日2回は眼洗浄(小さなシリンジで精製水で洗い流します)をして、人口涙液の
眼軟膏で保護が必要です。液体の目薬じゃ追いつかないのです。

眉間の腫瘍も知覚が出てきていて、顔面を床にぐりぐりしちゃうし、
耳の腫瘍も自壊していて、これも後ろ足でがっしがっし掻いちゃうし、
エリカラは外せない状態。


るるを見た人は撫でることを躊躇することも多い。
視力低下によるものだけではないハンドシャイもあるしね。


腫瘍細胞がある程度の数に達すると、そこからは衰弱がくるもの事実。
その限界がいつ来るのかは分かりません。そう遠くはないことはちょびの
主治医も専門医も散々口にしています。

でも、執事は飼い主だから、傍にいるものとして、いやいや、まだまだと
信じていこうと思っています。

事実は受け止めて、でも、日常は変わりなく。

だってるるは今日も『腹減った!今すぐ、なんかよこせっ!!!』と
叫んでますから、4時間おきに顔(汗)
(るる語的にはぎゃおんっ!の連発顔(イヒヒ)


こんな状態で生きていること、るるはどうなの?と思うけど、
甘えることもない、感情表現が下手なるるだから余計に辛いのだけど、
でも食べることは生きることだもんね。

るる的には当初から比べたら、とっても執事に慣れてくれたのも分かるし。
るるがどうしたいのか?ってこと、3ヶ月の付き合いの執事には判断できなくって
どうしたらいいのかと途方にくれたこともある。
ちょびとは18年があるから、執事が勝手にそう思っているだけだけど、
でも少なくとも、誰よりちょびのことは知っているという自負があるのに。。。

でもね、一番るるのこと知ってたはずの飼い主はるるを放棄した。
その時点でるるのこと知っている人はいなくなってしまったんだよね。
だとしたら、今、一番、るるのこと知っているのはアタシだもんね。

たった3ヶ月。でも執事が今は一番、るるのこと知ってる。
だから、執事なりにるるの飼い主やっていこうと思います。

最後までついているから。
それだけは、るる、約束する。



inubisline.gif

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
ニックネーム 執事 at 05:26 | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

一緒にね。

るるはどんな18才のお誕生日だったのか・・・。

一緒にこれからはお祝いしようね。
一部でご好評戴いたるるしゃんのがっつき顔(笑)

ちょびのBDケーキのおすそ分け、いってみましょうっ!
果物や甘いものが嫌いなるるしゃんゆえ、さてさて・・・。





るるちゃん・・・・たらーっ(汗)
どうなのよ?!それ・・・・。
執事、あわてて撮影忘れてるし。
予想以上でございました顔(汗)


実は執事、女の子のお洋服、超買いたかったんだよね顔(イヒヒ)
あのスカートって奴、犬にスカート?!ふらふらとか言いながら、実はちょっと
羨ましかったんだよね。
さすがにちょびに着せる訳いかないしさ顔(イヒヒ)


で、買っちゃいましたるんるん
るるにもプレゼントだよ。
ちょびばっかりじゃズルイもんね犬(怒)
オークションで¥360顔(イヒヒ)
ちょびのダイソー¥210より高級な新品のMIK× HOUSEだぞいっGood
マリンのセーラーワンピ黒ハート


るるワンピ後姿.jpg

おリボンリボンも付いてますのよハートたち(複数ハート)

るるおリボン.jpg

モロ執事好みるんるん
いいじゃな〜いグッド(上向き矢印)るるしゃんるんるん

うーん、女の子って可愛いのぉ〜〜〜顔(メロメロ)


お腹にこぶし大の腫瘍を抱えているので、丈の長いデザインのジャストサイズの
お洋服は着れないるる。

でも、体中に腫瘍があるから、お洋服着ることは自壊防止に不可欠。
しかーもチビでガリだから、27度以下だと鼻水にくしゃみたらーっ(汗)
風邪引き防止にも必要なんだよねぇ、お洋服。

執事、これからもるるしゃんが着られるお洋服探すからさGood
ぶかぶかじゃなくて、ぴちぴちじゃなくて、肩が楽で、脚も楽で、お腹も入る奴。
で、可愛いやつねグッド(上向き矢印)
なにせるるしゃん、目力ありありなので、どう見ても男の子っぽい顔(汗)


るるなんなのさ.jpg

るるしゃん的にはどうでもいいらしいケド顔(汗)




だいぶ、執事の手に慣れてくれた気がするぞいグッド(上向き矢印)

あっ枠もピンクにしてみました顔(笑)女の子だからかわいい

るるしゃん、ちょびと一緒で肩関節が開いてしまっています。
しかも固まってしまっていますもうやだ〜(悲しい顔)
後ろ足も長い間傷を抱えていたのが明らかで、傷のある右足の筋肉は
相当落ちてしまっています。

硬い床生活が長かったんだったんだと思う。




もう、大丈夫だから。
これからはまったりお過ごし下され。


執事家を老犬グループホームと評された方が顔(イヒヒ)
言いえて妙Good

同い年だもの、肩寄せ合って暮らして参りましょう顔(ペロッ)


inubisline.gif

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 病院で爆笑かったお洋服もゲット手(チョキ)
今度、ご披露しなくっちゃね顔(イヒヒ)
ニックネーム 執事 at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする