2008年03月12日

春の1日

すきま.jpg

なぜか隙間でくつろぐちょびさん顔(汗)
犬(笑) えへへっ
鼻舐めてる場合かよ!入れよ!酸素ハウスに!!

なにか?.jpg

じゃ、散歩行くかい?
犬(笑) 散歩っ?????行くっ!!!!!

ィはためかせ.jpg

では張り切って参りましょう!

冬の名残.jpg

冬の名残の山茶花
コートはもういらないかな?

情報収集.jpg

匂いますぜ!!!

しだれ梅.jpg

見事なしだれ梅とパチリッ

見つかりました.jpg

もう一回勝手に散歩を企てるものの、
『見つかっちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)』 退散、退散犬(足)
痩せたお陰で『隙間抜け』が得意技にGood

熟睡.jpg

今日もいい1日でした。ZZZ・・・・・。

だから、入れよ!酸素ハウスに・・・あせあせ(飛び散る汗)

inubisline.gif

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ寝起きには痺れてペタッちゃうけど、でもちょび的には絶好調!
のほほぉん参りましょう。せっかくの春ですもん。存分にご堪能あれるんるん
ニックネーム 執事 at 17:05| Comment(17) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

くじける執事

ちょびさん、現在目の傷の治療中。
先日書いた通り、なにせ顔を擦り付けて歩くので傷だらけな眼球。
普段は眼軟膏を塗って対処。

しかし、先日、バーニーちゃんとむーちゃんとの3世代デートの最中に
どうやらカートのファスナーで大きな傷を作ったようで、みるみる目が腫れたもうやだ〜(悲しい顔)
執事、デートを切り上げ病院直行顔(汗)見えている左目の中央に傷がはっきり見えたし、
もうヤバヤバじゃ〜〜!!と。
実はあまり見えていない右目も傷が原因で白濁してしまっているちょびの目。
見えている左目も同じ事になったらと気が気ではなかったんです。
幸い傷は浅いとのこと。
でも眼軟膏は細胞の回復を妨げるから目薬を注してとの指示。
しかも保湿剤と抗生剤の2つともねと。

絶望的です顔(泣)

ちょびは目薬大っ嫌いなんです犬(怒)死ぬほど嫌いなんです犬(泣)
熟睡狙って注しても2回に1回は阻止される位。
1回成功しても、次のチャレンジは数時間後まで無理。なにせ警戒激しいしあせあせ(飛び散る汗)
日に日にその警戒は高まるし。若い頃は家族4人総出で全力で頑張っても無理だった程たらーっ(汗)
高い場所に乗せれば固まるのでは?と食卓に乗せてみたり、片目を塞いでおけば
見えないからいいのではと塞いでみたり、アトマイザーに詰め替えて抜き打ちで
シュッシュッ!!と襲ってみたり、アノ手コノ手で対抗してまいりました。
でもまともに注せるのは数回に1回がせいぜいであせあせ(飛び散る汗)

サスガに今回は見えなくなったらという不安が大きく、無理やりでも致し方なしの覚悟で
執事は臨みました。数日はなんとかまぁ1日7・8回のチャレンジで3回ほどの成功。
しかーし、ちょびの警戒度が上がり、ソレに伴い執事の無理やり度も上がり、
とうとうちょびさん、めったに鳴かないのにぎゃんっ!!とお鳴きになりました顔(汗)
散歩中の進め!催促以外鳴かないちょびが鳴くっつうのは相当相当嫌なんだなぁって。

サスガの執事もこれ以上の無理やりはもう出来ないかなと。
目が見えなくなるのは困るし、絶対避けたいんだけど、でも鳴いて嫌がるちょびを
1日なんども押さえつけてってのももう無理かなぁって。

幸い、傷も大分よくなっているとの診断ですし、執事無理やりは止めにします。
出来るときに出来るだけってスタンスで。
命に関わる治療であれば、鳴こうが喚こうが執事はします。
でも、既に老化による白内障も進んでいるし、視力の低下は傷が原因でなくとも
進んでゆくし・・・。数時間おきに執事と真剣勝負ってのは精神的にもキツイだろうし。
なにより、執事がキツイっす顔(泣)

あぁ、こんなことなら触り倒しておくんだったと真面目に後悔だらけ・・・。

目と口を触られるのは絶対に嫌っ!!なちょび。

どっちもシニアには多発する疾患部位。特に目。白内障は治療方法はないけど
進行を遅らせる目薬はあります。老化現象ですから多かれ少なかれシニアになれば
出てくる疾患。進行遅らせる目薬はずっと注さねばいけない訳で・・・。
ちなみにちょびはろくに注せませんでしたがたらーっ(汗)
目が見えないっていうのはやっぱり日常生活の支障は大きいです。

性格なのかそれともしつけの失敗なのか・・・。
今更ながら過去を悔やみつつ、くじける執事でございます。

“自然治癒力に期待!”と呟いた執事に“このお年でそれは・・・たらーっ(汗)”と
突っ込む先生。とほほ。分ってます、はいバッド(下向き矢印)
でも調子いい時は目やにも出ないし、メンタルも大きいと信じている執事ですので、
せいぜいイチゴを差し上げてお散歩行って、せめてちょびの日常の快適度を
出来る限り上げていこうかと思っております。

目アップ.jpg

右目の中央の白濁は傷が原因のもの。白目の充血は乾燥によるもの。
白内障の白濁は写ってませんが黒目全体に油膜のように広がってます。
アップにしたら顔が鳥っぽいあせあせ(飛び散る汗)コヤツ、ほんとにビーグル?!

ちなみに目に入らなかった保湿剤(ヒアレイン)は最近新陳代謝が悪くがさがさに
ささくれ立ってしまったお鼻のてっぺんに塗り塗りして有効活用顔(イヒヒ)
お鼻のがさがさを相談したら先生が使えます!と教えてくれましたるんるん
ぺろっと舐めても舌の動きも老化したのかてっぺんには届かないのよねぇ顔(汗)とほほ。
inubisline.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 白血球とかキラー細胞とかマクロファージとかなんでもいいんで、
 頼むっ!!頑張ってくれっ!!  ←相当ヤケクソぎみな執事バッド(下向き矢印)
ニックネーム 執事 at 04:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

執事の大いなる勘違い (自宅 酸素吸入)

ちょびを見ていて、つくづく『コヤツはガサツだなぁ』と
常々思っていた執事。

なにせ脈拍180でご飯を完食しやがるし、立てなくっても
『なんだか立てんよ?!』とキョトンとしてやがるし。

先日、病院で『コヤツがガサツな犬で助かってます』と漏らした執事に
先生が『それ違うと思う・・・たらーっ(汗)』と
なんですと????

『相当神経質なコだと思うよ』と。

はいっ?????

初耳です顔(汗)

先生が例をあげて下さいました。

12月の初め頃、ちょびはなぜか右足でやたらと口元を掻いていたんです。
3本足で立てるほど足がシッカリしていないので、掻いてはひっくり返りながらも
しつこくはてしなく掻いていました。
病院で唇を上げて見ると歯茎が赤くなって血が滲んでる状態。
口内炎だわということでお薬を戴いて熟睡を狙っては塗っていました。
しかーし、それでもなお掻いていたちょび。
またまた病院へ。口内炎はほぼ直っているとのこと。なんだろうねぇと。
様子を見ていたのですが、暇になると(?)相変わらず掻いている。
ある日、唇にこびりついている干からびた野菜ペーストを発見。
擦り落としてみると『えっ??』。
新しい皮膚が見えちゃったたらーっ(汗)
干からびた野菜ペーストではなくカサブタだったんです顔(汗)
どうやら唇にデキモノが出来ていたらしい。
それが気になってガッシガッシ掻いた結果、口内炎になった模様。
口内炎起こすまで掻き続けるってどうなのよバッド(下向き矢印)
特にちょびさんは目と口は超敏感だからなぁって先生談。
掻いて痛くなっても、なお気になったんだろうねぇと。
確かに、目と口以外は何されてものほほぉんとしてるのに
目と口は絶対に触らせませんからっ!!なちょび。

先生曰く、やる気と食欲は尋常でないけど、決してガサツなコではないという。

知りませんでした、執事顔(汗)
確かに無理やりっていうのは何一つ通用しないちょびを、頑固だなぁとは思っていたけど
神経質とは一度も思ってもみなかったし。
そう考えると、外出目論むと発作起こすし、結構しっかり観察してるしね。
そういう所は相当敏感だわな。
来客があると、トイレも寝んねもなかなかしないし。外面よしとおもっていたが、
これも神経質ってことなのかも?!

むむぅ。。。
17年飼ってて初めて知ったちょびの性格顔(汗)

本日のおまけ。自宅酸素吸入の検索でいらした方にちょびの使用例をご紹介。

        酸素ハウス.jpg
以前ご紹介したものより小型な室内ビニールハウスを導入して、酸素ハウスにしています。
(容積が小さい方が酸素濃度が上がるので)

このビニールハウスは秋〜冬には大抵のホームセンターで販売されてます。
ネットでは“ガーデンハウス”“フラワーハウス”“グリーンハウス”“グリーンキーパー”などの名称で販売されています。
楽天などで“簡易 温室”と検索すると各種ヒットします。


ハウス内で転ぶ場合があるので脇をクッションやお風呂マットでカバー。
入口は出入りがしやすいようにビニール袋2枚を少し重ねて暖簾方式。
この70cm四方のサイズで酸素濃度は40%弱まで上がります。
ちなみに空気中の酸素濃度は約21%。最近やっと酸素ハウスに入ると体が楽だということを
学び始めて、自分から入ってくれるようになりました。苦節3ヶ月顔(泣)
機械に付属の酸素ケース(人間の保育器みたいな奴)は出入り自由ではなく、
透明で固い素材な為、ちょびはガンガンぶつかりまくり。中型でもクルクル回らないと
伏せができないちょびには狭すぎましたバッド(下向き矢印)その上、滑るしあせあせ(飛び散る汗)
ちょびにはどう頑張っても使えないシロモノ。かくしてちょびはこの方法に落ち着きました。
そもそも室内ビニールハウスは既に数年前から使用していて慣れていましたし。


先日、朝日新聞の記事にもなりましたが、人間の自宅酸素吸入機による火災が
発生しているそうです。機械やチューブのまわりで喫煙やストーブを置いたことが原因。
チューブ内は100%酸素ですから当然燃えやすいのです。ペット用酸素吸入の場合も
機械の構造はほぼ同じものを使用していますので条件は同じです。
さらにペット用に酸素ボンベを使用している方もいらっしゃるかと思うのでその場合はさらに
注意が必要かと思います。執事は昨年まで利用していた電気ストーブは封印して
今年はホットカーペットとエアコンのみ使用中。くれぐれもご注意を!!
ちなみにハウスに入らないあるいは入れない大型犬の場合の参考に。

こんな方法もありますです。なかなか入ってくれなかったちょびと執事の
おなじみのしつこくはてしない戦いの過程です。
心臓病の末期で安静時にもチアノーゼが出てくるようになったら、酸素ハウスは効果大です。
この時期には発作も出てくると思うので、その際にも酸素吸入機があれば
すばやい回復が見込めます。寝たきりでなくとも、工夫次第で酸素吸入は導入できます。
最終末期の見取り状態での自宅酸素吸入器の導入が多いようですが、
早めの導入で入院せずに最後まで自宅で楽に過ごさせてやれることもあると執事は思います。

初期の心肥大と診断されてから4年。ちょびはどんどん増えるお薬を毎日欠かさずに飲んで、
昨年は3回大きな発作で病院に担ぎ込みつつ、小さな発作は日常茶飯事で頑張ってます。
何気ないことですが、温度管理と食事管理(水分量も含めて)で進行を遅らせることはできると
執事は信じています。最終期と言われてからも既にちょびは1年近く頑張っているんですから。
諦めずに頑張ろう!心臓病仲間のわんちゃんとオーナーさん!!

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へちょびは朝イチのちっちをホットカーペットにするのが新ブームもうやだ〜(悲しい顔)
(しかもちゃんとトイレをクルクルした後に!!)かくしてホットカーペットは撤収と相成りました顔(汗)
ニックネーム 執事 at 13:13| Comment(11) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月28日

“ちょびの開き”頻発中

このところの寒さで、室内軟禁中のちょび。
脚の調子は悪化の一途。あまりの寒さでレーザー通院も見合わせ中。

気になる所があっても、早々いつものようにすっ飛んで行くのを躊躇う寒さ。
先日も耳の裏が1cmほど赤くかぶれた様になっているのに気付いてはいたものの
なかなか外に出す勇気が出ずにお湯で洗いつつ、数日様子見をしていました。
とうとう薬が切れるのでいくらか暖かな日を狙ってえいやっと病院へ。
見ていただくと大したことはないとの診断。久々にアトピーでたかな?と。
『余りに寒さに外に出す勇気が出なくて来れませんでした』と話す執事に
先生は『耳じゃ逝かないけど心臓は逝くからねぇ』と顔(汗)
その通りでございます。先生、さらっと笑顔でシビアな事を仰いますあせあせ(飛び散る汗)

脚の悪化も致し方ないねぇと。外散歩はやはり15度は欲しいとのコト。
確かに10度ちょっとの廊下でも、ケフケフ咳出ちゃうもんなぁ。

当然することのないちょびは寝てばかりたらーっ(汗)
痺れもあって、“ちょびの開き”(ペタッと四肢が開いておなかが付いちゃう)が頻発顔(汗)
呆けるぅと前回嘆いた執事ですが、呆ける前に“開くぅ”にバッド(下向き矢印)

とうとうトイレシートでも滑るようになってまいりました。
ちっちやうんの最中にも“ちょびの開き”にあせあせ(飛び散る汗)
うんは前に開くので被害はないのですが、ちっちは悲劇です顔(泣)
ちっちはもろ出来立ての水溜りにハマリマスのでもうやだ〜(悲しい顔)

熟睡中に横向き寝で伸びをしてバッド(下向き矢印)勢い余って仰向けになってしまって
起き上がれないとかもたらーっ(汗)お前は亀か?!あせあせ(飛び散る汗)

ちょび専属レスキュー隊員、執事日夜大活躍中です。

トイレの失敗も連続。昨年の痴呆の際には、全くトイレの場所を無視してそこいら中に
歩きながらなさってましたがたらーっ(汗)、今回はちゃんとトイレには行くんです。
そしてトイレの中をクルクル回るのですが、どうやらちょび的にいいポジションを取れない
らしく、かならずクルクルした後にトイレから出てきてシートのギリギリ外れた所でなさいますもうやだ〜(悲しい顔)
四肢が全部トイレシートに乗っている状態では怖い模様。
なので、前脚はしっかりトイレシートから出した状態でなさるのです顔(汗)

実はトイレシートが滑ることに気付き、即、滑りにくいと聞いた(かこまるさん情報感謝!!)
洗える布製の スーパートイレシーツを注文していたのですが、
あいにく欠品中で届くのに時間がかかっておりました。
その間のトイレの際に“開き”を経験したちょびは、ヤバイとしっかり学んじゃったらしいたらーっ(汗)

また脚の悪化で以前より更に回転が大回りしかできない今、角では方向転換が利かないと
分っているちょびは角を徹底的に避けるので四角いトイレは相当嫌らしい犬(泣)

トイレ拡大.jpg

とりあえず、角を失くした形にトイレを再構築してみましたが、(100均のガーデンラティスを
マジックテープで繋いでいるので変形は自由自在なのです)
それでもやはりトイレの中は嫌らしいもうやだ〜(悲しい顔)
かくして、トイレはドンドン拡大中。どこまで広がるのか???
とはいえ、相変わらずまずは今までのトイレ部分をクルクルしているちょびなので、
ひとまず本来のトイレはそのままで、周りを拡げる方向で。
そのうちまたもとのトイレを利用するようになるかも?!という淡い期待を寄せつつ。
写真でトイレシートの下に敷いてあるカーキ色のものがスーパートイレシーツのL。
トイレシートはちなみにワイドサイズあせあせ(飛び散る汗)8枚使用中顔(汗)
そして手前に写っている機械が酸素吸入器です。デカイです。相当邪魔ですふらふら

なんとかこれ以上の拡大は免れたい執事顔(汗)
なにせココは執事も間借りするDKスペース。
このままトイレ拡大されると執事は微妙に困りますバッド(下向き矢印)
トイレに間借りすることになるぅ顔(泣)

なにせ利用剤常時服薬のちょびは1日10回以上のちっち。しかも飲水量も1日700cc前後。
普通のコより量も回数も多いのです顔(汗)

やっと届いたスーパートイレシーツの給水具合と滑り具合にも寄りますが、
最悪、使い捨てのトイレシーツの上に、100均のラグなどの下に敷く
ゴムのメッシュの滑り止めを重ねてしまおうかと考え中。
ちっちの度に洗えばいいし。100均なら10枚買っても¥1000だし顔(イヒヒ)
下手にスーパートイレシーツを何枚も買うより今までも使い捨てのトイレシーツを
使っているので、執事的には楽かも。ベランダに水入れたバケツ置いてぶっこんでおいて、
まとめて夜すすいで干しておけば、ゴムだし、朝には乾くだろうし。
ベランダが狭い執事家で何枚も洗えるシーツを干すのは不可能だよバッド(下向き矢印)
執事の洗濯物が干せんよぉ顔(汗)

ちょびのご意見を聞きながら、試行錯誤していくしかございません。
とりあえず、おむつという方向性はちょびがトイレを認識していて、行く意思のある今の所は
執事の選択肢としてはありません。
ちょびがトイレでしようという意思のある限り、
それが出来る様に執事はなんとか環境を作ってやるのみです。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 執事は、添い寝でちょびを寝かしつける(自分で居心地よい
態勢での伏せができないらしい)はずがちょびより先に自分が寝こんでますあせあせ(飛び散る汗)
ちょびのベッドを占領する執事に腹を立てたちょびにおなかタックルされても
寝ている執事って顔(汗)
ニックネーム 執事 at 02:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月15日

執事的ちょびのQOLの向上とは

『体に負担をかけない』とか『体に優しい自然の』とか
老犬(だけじゃなく)を飼っているとついつい目に付く言葉の数々。
皆さん同じかと思います。

そんな中でも執事は一応、最終学歴での専門分野が生命倫理で、人間の基礎医療の勉強を
一通り受けていました。また生命倫理の中でも終末期医療は大きな割合を占めている為、
特にその分野の知識は持っていました。そして周りに未だ現役の医療関係者がいる、
その上、専門的な質問にも(たとえそれがちょびの罹患した病気でなくとも)
答えてもらえる獣医がいるという非常に恵まれた状況があります。
また専門書や論文などの入手方法や調べ方の知識と技術も一応持ってはいました。

ですから、一般平均よりはあくまで人間がベースですが、
医療の知識は持っているかとは思います。

目の前で老化の進む犬を見て、なにか出来ないかと必死で試行錯誤している飼い主さんは
執事同様、とても多いはずです。
そんな時、やっぱりオイシイ言葉についコロっと行きたくなるのは執事も一緒。
もう山ほど、ほかのブログで拝見したものや自分で検索したものなどを検討しました。
勿論、最初からこれはオカシイだろうよ!と思わず突っ込んでしまいたくなる様な
有りえないシロモノも多々ありましたが顔(汗)(成分が限りなく薄い奴とかね)

証明(エビデンス)と症例(ケース)は全く別物です。健康食品やサプリなどは特に
ごく一部の少数の症例(しかもその商品の効果かどうかすら疑わしい)をまるで証明のように
宣伝しているものが多く、中には薬事法に確実に違反だろう、コレったらーっ(汗)ていうのも多いのです。
実際に警告を受けた例もあるようです。(何を隠そうちょびが食べてるフードメーカーじゃ顔(汗)
もちろん症例が1例でもあるなら、という選択もありでしょう。
しかし執事的には症例だとしてもその症例数が専門家による判断で、
(飼い主の主観ではなく)最低3桁はないと踏み切れません。
ですから他のコが効いたという記事をたとえ複数拝見しても、商品の詳細をメーカーに
問い合わせというのがいつものパターンです。データを送りますと言いつつ、
“飼い主様感想”といういくらでも誰かが書けちゃうものを大量に送りつけ、なおかつ成分表は
ありませんっていう商品もありましたんで顔(汗)なんのデータじゃいっ!!黒執事は怒るよパンチ

そんな執事基準をクリアした中でも、さらに最も問題となったのが、塩分でした。
ちょびは心臓病の末期ですので、電解質が狂うと即発作につながります。
また利尿剤を常時服薬している為、水分管理をしていても、ちょっと体調を崩すと
即脱水を起こします。脱水時には当然電解質も大きく狂います。
経口での塩分の摂取は命取りです。もちろん塩分も生命の維持に欠かせないのですが、
あえてナトリウムを与えるのは過剰となるのです。

例をとってみますと、最もメジャーであろう、消化関係。
消化によい、自然の成分100%、副作用はなし、そんな言葉が並ぶ『健康食品』でも
成分表を取り寄せて見ると、(なかには成分分析をしていないというシロモノも多い!!)
ナトリウム量でOUTというパターンは数知れず。
一番手軽で、身近なプロバイオティクス(生きた菌を腸に届けるってやつね)としては
トクホのヨーグルトがあるかと思います。塩分はOKなのですが、ヨーグルト、
なかなかリンが多いのです。リンは腎臓に負担をかけます。
ちょびは今、腎不全までは行っていませんが、やはり腎臓機能を測る数値は
しっかり異常値です。消化を助ける為に腎臓に負担をかけるという選択は出来ません。
元気なコなら気にする必要なしの些細な事なのに、17歳の心臓病末期で
全体的にも機能低下しまくりなちょびには影響しちゃうたらーっ(汗)

こんな具合にこっちがよければあっちが駄目というパターンがほぼ100%なのです。
じゃあどうすればいいのよ!!ってことです。

そこで、執事が使っているのは酪酸菌(生きて腸に届く)であるミヤリサン。
もう執事の祖母の時代から愛用されている御馴染みのものです。
乳糖が含まれるので、乳糖アレルギーのコ(牛乳で下痢するコ)は無理な場合も有りえます。

消化酵素もいろいろなものがありますよね。植物性の発酵酵素エキスなどは
人間用・ペット用など様々な種類のものが出ています。

これも、原材料やデータを見ると、執事的には微妙です。海草や食塩そのものが
原料の場合もありますし、体に良いに思える野菜でも塩分が多いものは多々あります。
成分問い合わせをした中でも、“ナトリウムは50mg程なので安全です!”と言い切った
メーカーもありましたが、フードにも当然含まれていますので、
サプリで50mgはなかなか厳しい数値です。
またサプリも1種類だけならば、まぁいけますが、既にちょびは
ヌクレオエンジェルとアースリスージゴールドを与えていて、さらにスゴイダイズも
与えているので、これ以上のナトリウムを含むサプリは無理な状態。
老化による心肥大は多かれ少なかれ起こりますし、腎臓・肝臓のリスクも高い高齢犬に
多種のサプリはちょっと注意が必要かと思います。
また得てして人間用サプリの方がナトリウム含有量は多いので、
人間用のサプリを安易に多種というのは更に注意が必要でしょう。
そんな理由から塩分制限の必要のないコなら効果は期待できますが、
ちょびに選択するのは執事的にはためらわれます。
人間と犬では消化機能に関しては大きく異なるという事も知っておかねばならない
大事な基礎要素ですし。
人間に良いもの=犬にも良いは成り立たない場合もあるのです。

ですから、野菜に関しては消化を補う酵素ではなく、酵素を補わずとも消化できる
ベジタブルサポートドクタープラスを導入して、腸自体をサポートする為にはミヤリサンという
選択なのです。

良かれと思って与えたもの(食材・サプリ・薬品など)が、他の疾患を招くコト、
全身の機能低下をおこしつつある老衰期にある生き物では多々ある事例です。
そんな中で、なにを優先してゆくのかというシビアな選択眼を持つ、
また常に選択眼を向上させる知識・情報を得る努力を続けるしかないというのが
今の執事の状況です。

ではそこまでして選択したから、寿命が延びるか?といえば、『NO』かと思います。
これはもう、そのコのもつ生命力次第かと。ちょびなぞは既に17年という
一般的なビーグルの平均寿命を大きく上回ってますし、執事のにわか勉強位で
寿命が延びるなら、獣医はいらんよって顔(イヒヒ) こんなもんです、はい。
長生きさせる為ではなく、ちょびのQOLの向上という視点でしか執事は考えていません。
QOLが向上させることによってちょびの生命力をサポートできたらとしか思っていません。

良かれと思ったモノ、コトでQOLを下げることだけはしたくないというビビリからの
発想でしかありません。
生きようとしているちょびの邪魔だけはしたくないというのが執事の素直な想い。

なにもせず、そのままという選択も勿論あると思います。
しかし執事は、何かしたいという思いが強すぎて、なにもしないという選択は出来ませんでした。
自分が出来る限りのコトをはてしなくという選択以外、執事には出来ませんでした。
あまりにやる気なちょびに執事も何かせにゃと思わず思ってしまう訳で顔(汗)

そんな執事を見て、亡くしたコを持つ多くの方が、『早く知っていれば出来たのに・・・』と
ため息をつかれるのを幾度となく拝見していて、ならば、その情報を
あくまで『執事とちょび』式でしかないけれど、発信しようと始めたのがこのブログ。

そのコの疾患、体力、嗜好性、みんなそれぞれ“百犬百色”かと思います。
そんな中で、自分の犬にあった方法を探しあてるのは本当に本当に至難の業です。
執事自身も執事的選択が果たしてちょびにとってのベストなのか?と問われれば、
無言になりますもの。。。なにがベストかは分りません。でもバッドなものだけは
せめて避けたい、ただこれだけなのです。
そしてベストと思ったモノ・コトが自分の知識不足で実はバッドだったという事態だけは
避けねば!という思いだけなのです。

世の中にはよさげなモノやらコトやらが溢れかえっている今。
その中からの選択は本当に難しいです。


そんなちょびの今日この頃は正に『喰っちゃ寝』。
そして合間にちょっと徘徊なちょびでございます。
たまの気晴らしはカフェにおでかけ。

なんとか参加しようとギリギリで頑張っているちょび
限界なちょびカート編.jpg

でも頑張りが限界になったちょび
カート寝んねカフェ編お目目.jpg

既にどうでもよくなったちょび
カートねんねカフェ編.jpg
************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ折角の3連休でしたが、あまりの寒さに室内軟禁なちょび。
頼むからもう少し暖かくなっとくれぇ!!ちょびが呆けるぅ顔(汗)
ニックネーム 執事 at 02:48| Comment(16) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

高齢犬と痴呆犬

高齢犬=痴呆犬、あるいは高齢犬=歩けないという常識?!が
世の中にははびこっているらしく。。。

ちょびをカートに乗せていると結構な確率で『歩けないのね顔(泣)』と切ない顔を
なさりつつ、声をかけて下さる方が多い。
スミマセン顔(汗)バッチリ歩けます、コヤツ犬(笑)
そりゃ、立てない日もあるし、トボトボだけど、外では100%お歩きになりますし。
とめどなく、はてしなく、あてどなく歩き続けますし顔(汗)←生ちょびを知ってる人は
ご存知ですよね顔(イヒヒ)むしろ歩かせ過ぎない為にカートに乗っけてる訳で顔(汗)
『まだ歩けるのですが、実は心臓が悪いので・・・』と言葉を濁して退散する執事。

『いくつなの?』ともよく聞かれます。『17歳です』と答えると結構な確率で引かれますたらーっ(汗)
長生きって引かれることなんでしょうかね?!
『じゃぁボケちゃってるの?』と続くことも多い。
そりゃ1度はボケましたしね、今でも相当すっとぼけてはいますけどね、
嫌がらせをしっかりできるほど、老獪ですし。
『まだ呆けてはいないようです』とまたまた言葉を濁して退散する執事。

歩けて呆けてない高齢犬もおりますのですよ、世間の皆様!!
って犬ブログで叫んでも、意味がないよねたらーっ(汗)

痴呆犬判定基準 コレ、高齢犬オーナーなら思わずやったことある方
多いのではないでしょうか?

現在のちょびは18点。ちなみに1年前のちょびは49点だった。
このチェック、1年前のちょびの場合、鳴き声と感情表出が高得点?をたたき出した原因。
夜鳴きして、執事の存在すらシカトしてたもんなぁ。
どっか他の次元に行っちゃってた、あの頃のちょびは。目が据わってたし。

感情というメンタルに関しては飼い主次第である程度、フォローは効くのではないかな?と
個人的には思う執事。
勿論、痴呆が特に出易いとされている日本犬(特に柴系)に関しては
脳自体の機能老化で致し方ない例がたくさんあるけれど、洋犬の場合はやはり
何らかの原因があったりするのではないかな?と思う。
ちょびの場合はモロ『引越し』。
実際にこの判定基準を作ったセンターの少し前のデータでも情動ストレスが
痴呆や寿命に影響するのではないかという仮説が出ていたし。

実験機関などのビーグルは人や仲間と隔絶されているのに、痴呆がないらしい。
そもそも、刺激がないから?!情動ストレスがないってこと?!
ずっと刺激が無いのはそれはそれで、安定ってことなのかな?
痴呆犬は家庭犬に限られた症状とまで書いてるし。

とはいえ、人と暮らして刺激を受けていたコが加齢によって、
刺激が少なくなるとか環境が変わるといった急激な変化が痴呆や疾患を引き起こす
大きな要因であるのは確かなんだなぁとちょびを見ていて実感する。

散歩行けない日はぼやけてるもん、ちょびもたらーっ(汗)もぅ顕著に違う。
なんか『どうでもいいもんっ』てカンジになっちゃうの。
感情が消失するって言うのかな。
そして100発100中、執事がバタバタしてると調子崩すし。
お出かけしようと先生お預け準備を着々と進めて(なにせお引越し状態なので)2度も
出かける直前に発作起こされて、お預けが入院になったちょびだしねもうやだ〜(悲しい顔)
年末のお預けの際は、準備はしっかりちょびが熟睡中にして、しかも荷物もさっさと車に
積んじゃってちょびの目に触れないようにして、普段使っているものも
そのまま、出かける直前にえいやっ!とデッカイ袋に突っ込んで、気付く間を与えずに
連れてった執事。黒いのぉ顔(イヒヒ)

刺激を与える方法として、痴呆の顕著な特徴の食欲で刺激するのは
逆効果かなと個人的には思うので、
(食べ物で釣ると、果てしなく執着するから。これは1年前に嫌って程、味わった)
今は極力食欲は刺激しないようにしてる。具体的にはおやつを習慣づけないように
そしてご飯の時間と量を一定にってカンジ。
もともとちょびにはおやつという習慣がなかったし、人間の食べ物は一切与えないという
基本姿勢だったので、今でもなんとかなってる気はする。
ねだっても貰えないと分っているからね、ちょびは。思い知ってるから、17年間。
またちょびの視線と同じ高さでは人間がモノを食べない生活をずっとしてきたってのも
大きいかも。もちろん若い頃にはご他聞に漏れず、テーブルから叩き落したり、
引きずり落としてパンやらお菓子やら生野菜やら結構ガッツリお召し上がりになる
悪行もそれなりにしてたけど顔(汗)
沖縄土産の黒糖ピーナッツ200g1袋丸ごと食って吐いたしなぁ顔(汗)
ミニチョコクロワッサン6個はしっかり消化してたけど顔(イヒヒ)
生キャベツ半分も問題なしだったね。生ネギは病院で即、発泡剤飲ませて
無理やり強制リバースもうやだ〜(悲しい顔)いろいろ喰ったね、ちょびバッド(下向き矢印)
でもいわゆる味の付いた人間の料理は一度も口にしたことのないちょび。

ビーグルは基本的には喰い気が売り?な犬だし、今後シニア世代のビーグルで
一番問題になるのは食欲なんじゃないかな?って個人的には思う。
あとはやっぱり吠えること。普段ほぼ吠えないちょびですら1年前はこれでもか!って
吠えてたからね・・・。
まだまだ高齢には程遠い年齢のオーナーさんも↑の判定基準を一度見て、
なにがおかしくなるのかってことは知っておくといいんじゃないかな。

ちょびはおもちゃで遊んでやるなんてこともあまりなくお外に放っておいた犬だったので
12歳位から全くおもちゃに興味を示さなくなっちゃったのです。
もともとそれ以前も、そんなに興味はないってコだったし。
これは大きな失敗だったなぁとしみじみ思う。
タダでさえ刺激を与えなきゃいけないのに、心臓病&脚の老化で
散歩も満足に出来ない上、喰い気もそうそう使えないとなると、
何したらいいの?と結構手詰まりだったりしてる執事なので顔(汗)
だからこその苦肉の策の『お出かけキャンペーン』だったりします。
幸いちょびは人が好きなわんなので。
(とはいえ愛想は全く無いたらーっ(汗)奴は好きな人しか眼中にないので顔(汗)
これも車に慣らして、カートに慣らしてって準備期間が結構かかってやっと実現したし。

みんな、わんには元気で長生きして欲しいって願いは同じだと思うんだ。
そこで、願うだけじゃなくってどうしたら元気で長生きしてくれるのか?ってこと
シュミレーションしてみて欲しいと思う。今はいっぱい高齢犬の情報もあるし、
それを生かしてほしいなぁって思うんだ。うちのコだったらどうかしら?って
数年後、十数年後をちょっとだけ想像してみて欲しい。
きっと、将来その想像が役に立つと思うんです。
いざ、その時が来てから何とかしようと思うと、執事のような目に遭いかねないしたらーっ(汗)
幸いにもちょびは復活したから、余計そう思います。
ちなみにちょびは15歳から痴呆予防効果があるとされているヒルズの処方食b/dを
毎日欠かさず食べてます。痴呆に効果があるとされているものはフードもサプリも
みな継続しないと効果はないというのが高齢犬を多く見ている獣医複数の
経験的所見として発表されています。まぁ痴呆に限らず、何でも即、反応することは
少なくなってくるのが老犬ですがね。薬飲んだら復活!っていうパターンは
通用しないし、大抵顔(汗)効いてるんだか?!効いてないんだか?!の繰り返し。
顕著な効果が見られなくとも続けること、効果がでるのも最低30日はかかるという
データも出ています。また一度効果が出ても、又減退してしまうことも多いようです。
特効薬はないってことですね。まぁ当然といえば当然なのかな。。。
だからこそ、痴呆を引き起こす原因を出来る限り作らない、原因になりかねない
要素は早めに排除する
(例えば、散歩に行けない状況を作らない→脚を弱らせないようにする→早めに環境を整える。 
具体的にはフローリング対策や段差のない環境に脚が弱る前にするとかね)
ことこそが飼い主が早くから出来る実は有効な対策なんじゃないかな?と思います。

『ピンピンコロリ』。よく行く末、こうありたいって聞きますよね。
世の中には『ぽっくり祈願』ってのもある位だし顔(汗)
↑ちなみに執事祖母(ぶっ飛んでる母方系ね顔(イヒヒ))は散々お参りツアーに参加して
やたら回ってたたらーっ(汗)
そしてご利益があったのか?!バッチリ突然死だったあせあせ(飛び散る汗)
あまりに見事でみんな笑うしかないね。。。って涙した。

ちょびと行っとくか?初詣に顔(イヒヒ)

                   痩せました.jpg
                ちょっと痩せましたなちょび
昔着ていたピタT着せて、ちょっとイケてるんじゃない?とその気の執事顔(イヒヒ)
ちなみに只今、8.85kgで350g減。フード10粒(10kcal減)減らしただけで、
20日間で落ちました顔(汗)肋骨下の弛みがなくなりましたです。
しかーし先生からちょっとペース早過ぎぃ!!のお言葉を頂戴したので
今後は7粒減で1ヶ月かけて更に200〜250g落とす予定。
肋骨周りが相当落ちて軽量化されるはず。
軽くなって、立ち上がりの成功率は飛躍的にUPしておりますぅ顔(笑)
体脂肪率も急低下か?!顔(イヒヒ)絶好調なちょびでございますGood
***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ既にちょびは『ピンピン』ではないことに気付いたので、
(見た目は『ピンピン』なんだがね顔(汗))半端なご利益で『コロリ』だけ
付いてくるのは嫌ぁ!!なので辞めときますあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム 執事 at 20:09| Comment(12) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

この頃のちょび

体調低下に伴い、通院が相当頻繁なちょび。
先日などは3日連チャンで朝御飯抜きの朝イチ血液検査という
憂き目にも遭っております犬(泣)
これはまず初日に前に書いたお得な血液検査キャンペーンがそろそろ終了なので、
宣言どおり、再度やっておこうと血を抜かせて戴きました。定期健診くらいの感覚で。
前回の結果で肝臓がとても気になっていた執事はアンモニア値も!とまた先生に
しつこく直訴するも結果を見てからで大丈夫というお言葉にしぶしぶ断念。
あまりにしつこかった執事を可哀相に思って下さったのか?!、先生は外注に出した後、
余った血液で検査をしてくれたそうで夕方電話が。
時間を置いて検査した結果なので、不確定ではあるが、異常値だという知らせ顔(汗)
要再検査!!という事で、ビビリの執事は即翌日、また血を抜くことに。
病院でその場で、検査してもらって、無事正常値。よかったよぉ顔(泣)
いえぃ手(チョキ)いえぃ手(チョキ)いえぃ手(チョキ)とルンルンるんるん帰宅。
すると夕方また先生から電話。
既にてんこ盛りに嫌な予感顔(泣)っつうかよっぽどのコトでない限り、電話かかってこないしたらーっ(汗)
9年通ってても1回しかかかって来た事はないもんな。
初日の20項目の検査結果の速報が入ったとのこと。FAXして下さいました。
見ると、過去最悪な20項目中12項目で異常値をたたき出しやがったちょびもうやだ〜(悲しい顔)
その中には毎度恒例の異常値のみならず、新顔のしかも
正常値からなかなか大きく外れた奴がいくつかあせあせ(飛び散る汗)
FAX片手に先生からお話を聞くと、問題は新顔&正常値の2倍近いリパーゼ。
他はまぁ、とりあえず置いておこうという事で顔(汗)
なにせ、17歳。いろいろガタは来てますんで、“異常値だが正常値”という
『17歳ちょび基準』が既に大分前から成立しているのです。
治療できるものと治療の方法がないものも勿論ありますから、その辺りはあくまで
『ちょび基準』に則っております。
すい臓やられたのは確実とのお話。更なるすい臓の精密検査を早急にとの指示で、
既にバクバクな執事は覚悟を決めて3日連続の血抜きと相成ったちょび。
ホントにごめんよぉもうやだ〜(悲しい顔)すい臓と聞き、糖尿病の併発を恐れた執事は
血糖値も検査して下さい!!と直訴。今回はいつもはビビリな執事に苦笑いの先生も
勿論しましょう!ということで、チェックして頂いた所、問題なし。
ちょっと、よかったなりグッド(上向き矢印)

外注の血液検査機関のいくつかはなんと早々に年末休みにしちゃう所もあるそうで、
何度も血を抜くのもいい加減ちょびに申し訳ないし、
2段階の検査を一気に出して戴きました。
ちょびの10日は1ヶ月以上。年末年始の休み前に出来る事をしておかないと、
身動き取れなくなりますしね。異状なしなら万々歳ですので、
念には念をいれ、調べられる項目は全て一気にお願いしました。
費用はお得キャンペーンの2回分でしたが、まぁ、お得キャンペーンで浮いた分を
再投資という事でたらーっ(汗)結果、膵臓の外分泌不全(膵炎)の初期とのこと。
膵臓酵素を補って、これ以上の進行を食い止めるという方針で。食事制限として新たに
出来るだけ脂肪を減らす指示が出ました。もちろん生肉は中止。茹でれば、その分
たんぱく質は吸収しにくくなるものの、脂肪は落とせるので。

そんな中でもボチボチと『お出かけキャンペーン』は秘かに続行中。
先生にも許可を貰い、お出かけの前日には診察もしてもらいながらですが、
ビーグル仲間と次々ご対面を果たしております。

まずは同い年とはいえ、ちょっとちょびより先輩、そしてちょっとちょびより
大きい顔(イヒヒ) オーちゃん(オースティン君)

長距離お出かけが難しくなって来たちょびと執事を激励に山ほどお土産を持って
訪ねて下さいました。

どちらも超マイペースな“みるくてぃ”(“白髪”ではない顔(イヒヒ))な2匹なので、
執事的にも安心。
並んでご飯を食べました。

オーちゃん一緒にご飯.jpg
                        Photo by りのさま

ちょびは食べるのがトロイ、そしてオーちゃんは帰りがあるので
ちょぴっとご飯だったので早々に食べ終わってしまって、
お隣のちょびのご飯にロックオンなオーちゃん顔(笑)
そしてそんなのお構いなしのマイペースで黙々と召し上がるちょび犬(笑)

狙われるちょび.jpg
                        Photo by りのさま

でも、お育ちのいいオーちゃんはじっと我慢のいいコでした。さすが!


続いて、既にご覧になった方もいらっしゃるかもですが、ニッポンビーグル党の閣議に参加。
ちなみに当日はイチゴ党首と厚生労働大臣むーちゃんと文部科学大臣のちょびの
3者閣僚会談顔(イヒヒ)党首オーナー秋カボチャさまから党員の証のお手製のスヌーピーバンタナ
を授与戴きました。両手に花のちょびでございます。

ニッポンビーグル党閣議.jpg
                        Photo by 秋カボチャさま

そしてそして、超年の差カップル?いや爺ちゃんと孫?!なご対面を。
バーニーちゃんです。
遥々、東京を高速使って縦断して会いに来て下さいました。

バーニーちゃん.jpg
                       
バーニーちゃんのお洋服にお気づきの方、そうです!ちょびと(はるちゃんとも)
色違いのパウ柄トレーナーを執事進呈。所詮ダイソーですが顔(汗)
バーニーちゃん、お洋服は拒否の記事をご覧になった方もいらっしゃるかもですが、
ガッツリ黒執事が自ら着せちゃいました顔(イヒヒ)あまりの迫力に圧倒されたのか
バーニーちゃん、無抵抗、その後も執事の目を恐れてか、
お脱ぎになり(なれ?)ませんでした顔(笑)
帰宅した途端、ちゃっちゃとお脱ぎになったそうですので、やはり執事が怖かったようですたらーっ(汗)

バーニーちゃんはちょびとほぼ同じ大きさ。ちょびの方が骨太ですがあせあせ(飛び散る汗)
ネックウォーマーにコートの着膨れちょびなので解かりづらいかな?
にしてもこの2匹の年の差、なんと16歳8ヶ月!!
バニ母さまのご実家での先代犬ビーグルのちぃちゃんはちょびと同い年生まれだったそう。
そんなこともあってお互いに飼い主はなんとも感慨深いものがありました。
ちょびが歩んできた歳月を思い出しつつ、バーニーちゃんのこれからの成長が
心から楽しみで仕方ない執事。膝に乗っけたり、服従させてみたり、
いじり倒してしまったので、バーニーちゃんは『二度と行かない!!犬(怒)』と
決意したかも?!
執事の所に置いていかれちゃ困るとばかりにバニ母さんを追いかけてましたたらーっ(汗)

バーニーちゃん ィ打ち.jpg

ちょびはなにやらバーニーちゃんに耳打ちしてました。
執事の愚痴でもコボシとるんかいなふらふらあるいは『亀の甲より年の功』な悪知恵でも
吹き込んでるのか?!やめてぇ〜顔(汗)無垢なバーニーちゃんを染めるでないよ。


こんな風に17歳という年になってから、ネットを通じてお会いできた幸運に感謝。
そして、既に長距離お出かけは出来ないちょびにわざわざ会いに来て下さった
皆さんに心からありがとうを。
変化のないちょびと執事の生活の中で本当に貴重な時間を戴きました。
本当にありがとう!!!


日々の生活は傍目にはなんら変わりなく、のほほぉんとお過ごしなちょびですが、
一緒にいる執事にはさりげない変化が多々、目につくこの頃。
血液検査の結果でもそれが裏づけられたようです。

でもでも、ちょびはまだまだ『お外に行くぅっ!!!犬(怒)』とダダをこねますし顔(汗)
行ったら行ったで、はてしなくあてどなくとめどなくお歩きになりますしふらふら
ご飯も消化不良を起こしながらも、下痢もせず、ガッツリお召し上がりになりますし、
気圧変化で脳がおかしい夜のちょびセコムは益々盛んで、先日なぞは
4時間で室内200周という記録もお作りになってますしあせあせ(飛び散る汗)
ちょびなりに元気(なのか?!)です顔(イヒヒ)

yukiline縮小.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へさて、ちょびさん、もうすこし頑張ると、餅が喰えますぜ!
くれぐれも詰まらせんようにご用心、ご用心だがね顔(汗)
執事、掃除機持って待機か?!顔(イヒヒ)↑さすがに餅は危険じゃね?!
ニックネーム 執事 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

『どけち』執事のお得情報

この季節、1年で最も華やかになる街。
そしてそして、ちょっとウキウキで財布の紐が緩んでしまったりする季節。
『自分にご褒美』っていういい訳が結構まかり通る季節顔(笑)

しかーし、今年の執事は違うパンチ
今年はコートもブーツも新調せず、その分、ちょびにイチゴを
喰わせにゃならんのだ!!

ってイチゴってそんなに高いのか?って。
クリスマス前のイチゴはそりゃぁ高いのです顔(泣)
1パック¥500はするんだから、安くてもあせあせ(飛び散る汗)

ちょび、膵炎(すい臓の外分泌機能不全)を起こしました。
同時に腸炎(消化不良)も起こしてます。
脂肪は敵です。
そして相変わらず、塩分も敵です。

そうなると、食べられるものが極端に減ります。
減った中でちょびがとっても好きなモノは何かといえばイチゴなのです。

手軽な所でリンゴで済ませてきた執事ですが、リンゴも嫌いではないケド
イチゴには敵わんのですわあせあせ(飛び散る汗)
リンゴは『くれるなら戴きますケド』な感じですが、イチゴは飛びますから。
ご飯催促もなかなか見ることの出来ない昨今の低空飛行のちょびにせめてものご褒美です。


そんな『どけち』執事から皆様にお得情報を。

少し前に書いたヤギミルクですが、年内送料無料でしかも安く買える所を見つけました。
国産の200gで¥1800。『老犬おやつ屋』named by 執事より安い!!
誤解があるといけないので、お断りしておきますが、『老犬おやつ屋』はワンコケーキ屋さん。
老犬おやつの品揃えのいいワンコケーキ屋さんなのです。勝手に執事が名づけてますあせあせ(飛び散る汗)


そして今、ちょびが食べている黄色い袋のドライフード
(何度も書いてるがトップブリーダー推奨っつうCMのではない)が安いのがコチラ
それなりにあるので、(結構意外な有名どころも。あまり値引きしてない
吉岡油糧もビビたるものとはいえ秘かに安い。)
覗いてみると『おっ!』というものもあるかも?
執事は中国産ゆえに挫折したワカサギ(淡水魚の方が海水魚より塩分が少ないのだ)
などの天然おやつシリーズなども出てますよ!
あまりの安さに並行輸入か?と思いましたが、パッケージが正規品だし、
賞味期限近いのか?とも思い、直接問い合わせしたところ、正規品で期限は6ヶ月後とのこと。
まだ届いていませんが、専門店購入のものとじっくり比べてみますです顔(イヒヒ)

執事はあまりのブレ写真が実は自分の腕のせいではなくカメラのせいなのではないか?
という自分勝手な結論を導き出し顔(イヒヒ)カメラが欲しい熱に浮かせれて、
検索中にコチラを発見!カメラは忘れて、餌をポチってしまいました顔(汗)

そして、これらのご紹介、決してアフィリシエイトではございません。
執事の内職ではございませんことをお断りしておきます顔(ペロッ)

さてさて、皆様の自分にご褒美はなんでしょうか?
あっ、他人からご褒美な方、執事ヨダレでますんで、くれぐれもコメで自慢とかはご勘弁を顔(イヒヒ)

クリスマスまであと1週間。楽しんで下さいましねるんるん

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ執事はバタークリームケーキとカメラと(思い出した顔(笑)
ちょび洗濯機が置ける場所と出来たらco×chの新作限定バッグが欲しいです顔(イヒヒ)
サンタさん、執事、いい子で待ってます顔(メロメロ)←欲張りすぎだっちゅうの!!
ニックネーム 執事 at 22:09| Comment(14) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

のび太なイボ付ちょび

いっつもおんなじ(様な)格好している人を執事の周りでは
“のび太”と呼びます。
そう、ドラえもんの“のび太”。何年経っても同じ服着てるでしょ顔(イヒヒ)

実は、ちょびも“のび太”だったりします。
何故なら、執事の好みが狭いから顔(汗)

もうおなじみの執事の信念、『ちょびは赤!!』の法則。

そして、出来れば無地のシンプルなものが好みの執事なので、似たようなモンばかりに。
予算も3桁までしか、よっぽどのコトがない限り、出しませんし顔(イヒヒ)
(例外はコート位。それすらセールで購入。
でももう3年着てるから年換算では限りなく3桁に近い)

そんな訳で、気に入ったものがあると、執事は2枚同じものを
買ってしまいます顔(笑)
そして益々ちょびは“のび太”になるわけです。

証拠写真↓

お洋服.jpg

同じような服がしかも2枚ずつ顔(イヒヒ) 右上と中央上はダイソーにて¥315也!
左上と左下のはBIRDIEの社販セールでたしか¥500だった。
コートもコチラのセールで購入しました。

ダイソーのパウ柄トレーナーははるちゃんと色違いだしGood
ちょっとハイネックのボックスシルエットで可愛いのです、コレ。
夏場のアトピーの掻きむしり防止にも綿100%Tシャツをフル活用させて
頂きましたし、冬場の部屋着には無地フリースも5枚ローテで愛用中です。
もぅ、間違いなく、ばっちりダイソーヘビーユーザーのちょびと執事。
なかなか品揃えのいい店がないのが玉に瑕ですが顔(ペロッ)
執事近所には大型ダイソー7軒あれど、ちょびのサイズLを扱っているのは1軒のみ。
見つけたら即買いです。

ちょびのお洋服暦は約5年。最初に買った服も未だに着てます。
部屋着として。最初は真冬しか着なかったし、ほんの数枚を着まわして
いたのですが、5年の間に溜まって、今や結構な数をお持ちのちょび。
でもみんな結構大きめです。だからドーナツが出来ないの。
動きが抑制されちゃう洋服はタダでさえ動きが鈍い、そして関節も堅い高齢犬には
脱ぎ着も含め、体温調節には不可欠とはいえ、結構な負担なのです。
写真では写っていない部屋着はもっとぶかぶかなのばっかり。古いものの方が、
調度良く伸びてくたびれてて、向いてたりします。人間のスウェットみたいなもん?
↑写真は一応、ジャストサイズのお出かけ着顔(イヒヒ)
だから脱ぎ着は膝に伏せをさせないと、出来ません。脚が固まっちゃってるからねバッド(下向き矢印)

高いもの買っていたら、執事が食い詰めちゃうので、洋服はお安いもの限定。
あれ?住環境もお安いもの限定だし、うーんたらーっ(汗)
なにせ、ちょびはもう4年心臓病持ちわんこなのでね顔(汗)
そっちに結構冷や汗な金額かかるのでバッド(下向き矢印)他はもう『どケチ』です。

とか言いつつ、先生から『熱中しなければ』という但し書き付で
お許しが出た、ファーミネーターをオークションで安く見つけて
おもわず買っちゃった執事。
毛だらけなちょびに執事の欲求不満がもぅ限界だったので。。。
この出費は執事の精神衛生費ってことで顔(イヒヒ)
用心して傷作らないように、そぉっと使います。

皮膚に傷やデキモノができると、それがイボ(ユウゼイ)になってしまう高齢犬。
ちょびも例外ではありません。ゆえのスリッカー禁止令なのです。


イボ脚.jpgPHOTO by Shigeru Yuyama
右足の爪の上や左足の二の腕や

イボ腹.jpg
お腹や

イボ顔.jpg
                      PHOTO by Shigeru Yuyama
顔にも。。。

写真には写らない小さいものはもっといっぱい。。。

左足はどんどん大きくなって来て、最近立ち上がりが上手く出来ないちょびなので
床ずれのきっかけに為りかねないため、先日注射による局所麻酔でレーザーで
焼き取りました。立体的なら、麻酔なしで輪ゴムで根元を縛って数日かけて
壊死させる方法も使えますが、根元が太く平たい形だったので、今回はレーザーで。

実は新しいイボを見つける度に、『腫瘍か?!』とちょびを抱えて、
病院に飛んでいく執事。素人には見分けがつかないので、毎回バクバクです。

にきびが出来た→直った→イボになったというような分り易いパターンの時もあるのですが、
大抵はある日撫でてて、いきなり突起に気付くパターンが多いのです。
形もひろ〜んって長いのやら、扁平なのやら、様々ですし、色もピンクやら黒やら透明やら
ミックスやらとこれまた様々です。大きさもどんどん大きくなるのもあれば、
そのまま小さいままってのもある。イボの中に液体が入っていてぷにぷにしてるのもたらーっ(汗)
今、小さいものも含めるとちょびの全身には、20個以上のイボ(ユウゼイ)があります。
すなわち、20回以上、執事は病院にすっ飛んで行ったという訳。
老人性のイボ(ユウゼイ)は勿論、頻発する典型的な加齢症状だけど、中には
悪性腫瘍の場合もあることを忘れずに、今後も発見したら飛んでいくつもりです。

先生には毎回、執事の焦りぶりを苦笑されるけど、いいんです顔(ペロッ)
執事は、笑われても、早期発見できる方がいいって開き直ってます手(チョキ)
ビビリなんだもん、しょうがない。。。この性格はバッド(下向き矢印)

ちょびは人様にはお見せできないノビノビな部屋着で、酸素吸いつつ、
レーザーしつつ、ぬくぬくしている今日この頃です。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ今日、久々に執事はケンタをテイクアウト。
ちょびは久々に素晴らしくシャキッ!!として狙ってました顔(イヒヒ)
ひとかけらもやらんケドね、黒執事は犬(泣)君は極刻みリンゴでも食っていたまえ!
ゴミ箱まで狙うちょびに大爆笑した執事。呆けたらケンタだなGood
ニックネーム 執事 at 00:22| Comment(18) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

ちょびと暮らすという事 〜執事的老犬との生活〜

執事はちょびとの種の違いは超えられません。

例をあげますと、“犬”という種は毛が生えていらっしゃるので、
執事の“人間”種のベッドには入って欲しくありません。
特にお風呂気持ちよくって逝っちゃう可能性有りでお風呂禁止令発令中で昨年末以降は
蒸しタオルのみのちょびにはましてや入っては戴きたくない執事あせあせ(飛び散る汗)
また衛生観念も“人間”種とは異なる“犬”種。なにせ、自分の排泄物を
自己リサイクルしかねないちょびと同じ食器やらましてや口移しなんて滅相もございません。
一緒にお風呂も勘弁だなぁ。

世の多くの愛犬家を敵に回す告白しちゃったか?!執事。

やっと最近“犬”種のベッドに寝てもいいかな?と思い始めて、結構便利にお昼寝などに
お借りしたりはしておりますが顔(イヒヒ)やっぱりそこまでかも。

出来る事なら、お互いの差を尊重?!して暮らしたい執事。
凄まじく血みどろなカンガルー生肉も、執事的にはおぞましいながら頑張って
洗ったり、茹でたりしちゃいたい欲求を堪えに堪えて、ちょびに与えてる。その程度だけど顔(汗)
(実はリードで包んで自然解凍して、ちょっと血は吸っちゃってるケド)

執事が最も感じた大きな種の違いはコミュニケーション。
だって“犬”種は言葉というコミュニケーション手段を持っていない。
特に言葉に頼って生きている執事はそこがとっても大変だった。
それまで、お互いそれぞれ気ままに暮らしていたし、家族もいたし、
引越しして急に距離が近くなった当初はちょびの気持ちが全く分らなくて、とっても悩んだ。
我ながら17年も飼ってて、情けないんだけどねたらーっ(汗)でも常にちょびが視界に入る生活
なんて初めてだったし、“人”種の相手は執事一人だから、
不安なちょびはやたらと付きまとうしあせあせ(飛び散る汗)
“どうして欲しいの?”とちょびを相手にいっつも途方に暮れてた執事。
ただただ切なくて不憫だった。
スキンシップも苦手だったちょびだったから、(今でも得意ではないが)
やれることがないじゃんって散々思った。

でも少しずつ少しずつ、注意深くちょびを観察していくうちに、段々分ることも
増えたし、触る時間も増えて、今では膝上でマッサージとか短時間なら出来るように。
脱力して、でれーんとしてるちょびの姿が非常に嬉しい執事。
昔の緊張感でピリピリしてたちょびからは想像できないもの。
違いはあるけど、理解は相当可能と今は思っている。でも自分に都合のいい解釈して
ちょびに迷惑かけたりしないようにと自戒はしているつもり。

ことほど左様に、執事にとってちょびはやっぱり同居犬であって、我がコにはならない。

そんなちょびと執事の同居生活ですが、ご飯の時間を含め、生活リズムは
できるだけ一定にするように心がけてます。痴呆防止の為に。
朝も必ず朝日を浴びて、夜は定時に暗くする。
定時のご飯は習慣になるから駄目という説もあるのは承知ですが、今更ねぇたらーっ(汗)
24時間くれって言い出すのも時間の問題だろうし顔(イヒヒ)
とはいえ、深夜徘徊張り切った翌朝などはぐっすり寝こけてるので、そこいらは臨機応変。
薬だけ定時に寝てるちょびを揺すって与えたりもします。
執事もちょびのペースで暮らしてますので、そんな日はさっさと2度寝だし。
なにせ室内は変化が無く、同じスペースに24時間いるちょびなので、
お外に出ることは唯一の変化。
とはいえ、お散歩は完全に天気とちょびの具合次第。無しだったり、1日に数回だったり。
だから雨でも気温が許せば、近くの大型電気屋の屋根付き駐車場に遠征したりもする。
これは高架下で雨の日は散歩してるっていう方を見かけて、戴いた知恵。
この駐車場は周りが植え込みで土だから散歩には最適。秘かに利用中顔(イヒヒ)
レインコート着せてもやっぱり脚や顔は濡れてしまうし、心臓考えたら、
濡らす訳にはいかないし。ガードマンさんがいない平日を狙ってのゲリラ散歩あせあせ(飛び散る汗)
ゲリラですから、せめてマナーはちゃんと守らねばで、うんうんバッグと
ちっち対策の無害な消臭剤スプレー持参で、「立つ犬跡を濁さず」を実践。
夜間は放っておいたら、全く動かないちょびなので、リハビリ兼ねての体位交換や
水分補給、ちっちの誘導・脈拍の計測などを2回は行います。昼間は寝ていても自分で
それなりに動いてくれるので、介助は足の調子が悪くて立てない時くらい。
足の具合さえよければ、勝手にちょびセコムしてますし、トイレもOK。
こういう時にさっさと外出。
ただ水はどうしても自分ではなかなか飲んでくれません。
なのでご飯にかけたり、ちょこちょこSPドリンクを給水しないと必要最低量を
クリアできないのが現実です。お留守番中もあいかわらず一切飲まないバッド(下向き矢印)
だから必然的に長時間お留守番は無理。ちょびの体調でなおかつ利尿剤服薬してて
長時間水飲まなかったら、即、脱水起こすから。脱水は心臓発作に直結する。
床ずれも体重的には出来ない可能性もある(体重の軽いコは出来ないという説がある)
のだけど、少なくとも執事はビーグルとダックスで床ずれできた例を見かけたので
作らない気で防止策をとってます。体位交換の時間も6時間おきから2時間おきまで
様々な説があるのですが、執事的にはちょびの関節が痺れて立てなくなる3時間を
目安にしています。

こういったことを把握する為に夏以降、執事は人生初の日誌をつけています。

日誌.jpg

水分量、排泄時間・回数、その他ちょびの観察日誌です。ある程度連続期間の比較データとして
利用したい為、半月で1枚に。余白には次回の通院の際に先生に相談すべき
気になった点などを思いついた時にメモしておき、通院時にチェックしつつしっかり確認。

これを付け始めて、把握が格段にしやすくなりました。病院にも持参。
先生もチェックして下さり、治療の資料にもなってます。

この雛形は自分で作って印刷したもの。きっかけはあやぽんさん
ミカわんの日誌の写真を拝見したこと。現在お休み中のあやぽんさんですが、
執事は本当にたくさんの具体的なケアの仕方をあやぽんさんから教えて頂きました。
この日誌のお陰でどれだけ、助かったことか。。。本当にありがたい経験豊かな先輩です。


記憶や感覚というのは日常であれば、あるほどあいまいです。
フードの量も測ってみると、大抵自分が思っているより多くて冷や汗かくし。
“犬”種の肥満の原因の最たるものは“人間”種の感覚のあいまいさかも?!
記憶だってそう。何気なく流してしまわずに、記録して把握していくことで
気付けることは多いとしみじみ実感している執事です。
面倒くさいって先送りにしちゃった自分を反省バッド(下向き矢印)
もっと早くに始めていれば、もっといろんなことを気付けたかもしれないと
今更ながら思うのです。

なかなかこえられない種の壁。←執事だけだろうなたらーっ(汗)
こんなことから老犬に近づけたりするかもですGood

**************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へコタツ導入でやっと“人間”種も電気の恩恵に与れた執事家Good
確実にちょびの方がいい環境で生活してると思う執事。
執事も“執事”が欲しいですぅたらーっ(汗)



ニックネーム 執事 at 11:37| Comment(13) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

やったぜ!!執事  〜執事的妄想の終着〜

先日、お付き合いいただいた執事的妄想あせあせ(飛び散る汗)

なんと1人用のしゃぶしゃぶ鍋を探して下さった方までいらしてもうやだ〜(悲しい顔)
もう、執事、ホントに感動してます。
花音さま、ありがとうね!!そのお気持ち、とっても嬉しかったデス。

そしてコメントで予測済みでいらしたカカオさま、さすが!!鋭いです顔(笑)
執事を解かっていらっしゃる顔(イヒヒ)
もちろん、行き詰ったままでいる執事ではございませんGood
それではちょびの執事は務まりませんです。
ブログのネタにもなりませんです。
ここはなんとかせねばです。
『“執事”のプライドと名にかけて!』←そんな、大げさなことなのか?!たらーっ(汗) 

「無くてもいいけどあったらいいな」なモノだったんじゃないのか?!あせあせ(飛び散る汗)


なにはともあれ、ご報告を。

          




          じゃんっ!!!


ランチョン ちょび.jpg


こうなりましたです。
おかげさまで、見事、こぼれませんです!

100均のランチョンマット(エリザベスカラーみたいな素材の奴)を
買ってきて、食器のサイズにまぁるく切り取って、かぽっ!とはめて
みました。
最初は平行に平らになるように、ランチョンマットを切ってしまったのですが、
そのままの大きさでスロープ状にするほうが、むしろよいことが実験の結果、
判明したのでやり直し分1枚追加購入して、合計¥210。
はい、無事、執事的予算内に納まりました。いえいっGood
いまさら、新しい食器というチャレンジをすることはリスク高いとやっと気付いた執事あせあせ(飛び散る汗)
今の慣れてるものを工夫する方向でこうなりましたです。

ちなみにイマイチだった試作品はコチラ

ランチョン試作.jpg



17年という長きに渡り、完璧な高性能を1回たりとも欠かすことなく
発揮してきた「ちょび食洗機」の性能もだいぶ落ちて参りましたたらーっ(汗)
老朽化は否めません。まぁかえってソコに、愛着が出てくるのですがね顔(メロメロ)




いやぁ、これでもう、ちょびに睨まれずに済みます、執事顔(泣)
よかったです。嬉しいデス。
先日から1日3食になったちょびなので、睨まれる回数も当然、1日3回になっていたのであせあせ(飛び散る汗)

バンザイな執事でございます。幸せでございますClap

いえぃGoodいえぃGoodいえぃGood

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ小さな幸せで大きな笑顔な執事家でございます。
単純だなぁ、ここん家顔(イヒヒ)


ニックネーム 執事 at 00:20| Comment(17) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

またたくらむ執事

この所の執事のたくらみ。。。


まだ、なにかあんの?!と“どんびき”されそうだけどあせあせ(飛び散る汗)
コレ、執事の趣味なので顔(イヒヒ)

まぁ、無くてもいいんだが、あったらいいかもぉっグッド(上向き矢印)てモノってありません?
なんとなく妄想してるっていう。。。
今の執事のブームは

    


ちょびがこぼさずに楽に食べられる食器
    
 

執事的理想→ドーナツ型になってて、深さがそれなりにあるもの。予算は¥1000以内 
    
  執事的妄想候補↓  

        エンゼル型.jpg
@ケーキやゼリー用のエンゼル型。真ん中に穴開いてるのがネックだぜたらーっ(汗)
どうやって穴塞ぐよ?!素材もステンがいいんだがなぁ。。。
テフロン加工はいらんよ。滑るもん、余計。
          パピーパン.jpg
Aパピーパン。仔犬やら多頭飼い用にいっぺんに何匹かで
食べられるという形的には穴も開いてないし、いい感じなモノ。
ただしSサイズでも直径30cmあせあせ(飛び散る汗)
どう考えても、でか過ぎだろうたらーっ(汗) そもそもちょび1匹だし。
深さも足りないよね、どろどろなちょびご飯用には。。。
予算も大幅オーバー。
       
        スパニエル食器.jpg         

Bスパニエル用の食器。以前に書いた“くん”ちゃんが使ってた。
耳長わんこ用に耳が汚れないように工夫がされてる。
高さがあって、直径が小さく、その分深さがある。
視力が衰えて、跳ね返りやら狭い所が怖いちょびは
鼻を突っ込むという動作が今、とっても苦手。
無理だろうね、この小ささと深さはたらーっ(汗)
そして勿論、予算オーバー。

 

執事的結果→行き詰まり中たらーっ(汗)たらーっ(汗)


スプーンで喰わせりゃ、一気に解決なのは重々承知。
でもさ、“出来る事は自分で”が同居のルールの執事家。
ちょびもご飯中に執事に張り付かれるのは勘弁っていう犬だしね。
そして、出来れば、ちょびが自力で完食出来るのがいいんだな、執事的には。

ペタリ防止ワイヤー棚でペタリは防止出来たけど、
“喰いてぇっ!!”ってこぼしたご飯を見張り続けるちょびなんでね顔(汗)
執事が掃除するとすごーく恨めしい顔してるんだもんふらふら
“それは俺のだっ!!!”って犬(怒)



毎日2回、恨めしい顔で睨まれてる執事。。。

なにかないかのぉ。。。





あっ!!!!





    しゃぶしゃぶ鍋!!!!!理想的じゃん!! 
しゃぶしゃぶ鍋.jpg

          だからこれもでかいってたらーっ(汗)



って、そもそも執事的理想のドーナツ型ってどうなんだ???
冷静に考えると、むしろ食べづらいんじゃ。。。


       

現実的結果→執事的妄想の暴走




エリザベスカラーの素材(分るかな?)のランチョンマットに穴開けて食器を
カポってはめれば済むんだよ。多分。
でも、ちょっと妄想を楽しみたかったんだな。

あほだ、執事。。。。顔(汗)
*************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へどんどん続きよ〜たくらみはぁるんるん
野を越え、山越えぇ、谷越えてぇ〜るんるん果て無く、しつこくぅ、どーこまでもーるんるん 懲りてないたらーっ(汗)
ニックネーム 執事 at 02:20| Comment(17) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

ちょび的住環境 〜2007 Winter version〜

このブログを始めたばかりの7月19日の記事でも書いたし、
その後もぽちぽち書いているちょびの住環境整備。

実は写真の背景に変遷が写っていたりもします。

以前の記事からのこの4ヶ月で変わったことをご紹介。また、以前の記事では
夏バージョンだったので、併せて冬バージョンもね。


冬改造 ドア.jpg

まず、7月の時点で既に“微妙に邪魔”だった壁は4ヶ月の間に“確実に相当邪魔”な壁に顔(汗)
このエリアの整備が最も課題でした。冷暖房効率には有効なドアなのですが、
内開きな為に、開閉部の床にはコルクを敷きつめられないのですバッド(下向き矢印)
たった数十センチなのですが、確実にピンポイントでここでペタってしまうちょび犬(泣)
滑らないというお高いペット用ワックスを塗ってみたけど×。
入れなきゃいいと柵を作ったり(過去写真をよく見ると写ってます)コンテナケースを置いてみたり
(これも写ってる。秘かに)試行錯誤を繰り返しましたが、やっぱり駄目。
お外に通じる玄関へと続く廊下との仕切りなので、なんとしてもちょび的には行きたい訳で
柵は踏み倒したらーっ(汗)、コンテナはぶっ倒してたらーっ(汗)たらーっ(汗)強引に乗り越えて廊下へ行きなさるちょびもうやだ〜(悲しい顔)
防ぐ方向ではどうにもならないと発想転換をして、行ってもいいように改良しました。
コルクのマットを移動可能な大きさにしてドアの開け閉めの際にはいちいち敷き直すことに。
執事の手間は増えますが、ちょびが滑るよりはいい。
またぶつかる壁には誘導を兼ねて、執事お得意の100均の
メッシュのワイヤーフレームのランドリーバッグを拡げずに半分のまま、設置。
これならぶつかっても痛くないし、怪我もしない。高さもバッチリだったしGood
ちょびの場合は強固なものでなくとも、塞いであれば、避ける能力はまだあるので。
とはいえ、たまーに“やる気”になると、突き進む可能性もまだあるちょびなので、
突き進んだ時に怪我をしない方法を常に考えての改良です。
ドアを閉めた際に、コルクを敷いても微妙に残るフローリングにはこれまた進入禁止で
麦わらのゴミ箱を逆さにして設置。これ、最初はプラスティックのパイロン
(三角の工事現場にある奴)を置いてやろうかと思ったのですが、
パニック発作の際に、一緒にひっくり返ったらヤバイと思い、断念顔(イヒヒ)
いろいろ考えた結果、麦わらゴミ箱の採用となりました。いくら老犬仕様とはいえ
室内パイロンは来訪者もひくだろうしあせあせ(飛び散る汗)これまた100均にて調達。


冬改造 食卓.jpg

もう一箇所のペタリポイントがちょび食卓。上手に食べられないちょびは毎回確実にこぼーす。
そして、毎回確実にこぼしたものを喰おうとして潜ってはペターる顔(汗)
学んどくれよ!!とは思うが、何故か学ばないちょび。支えてやると“邪魔すんな!”犬(怒)
あるいは“盗る気かよ?!”(お前の餌を盗るほど、執事は飢えてはいないのだがあせあせ(飛び散る汗)
という態度だけは1人前に自立したちょびなので、これも進入禁止に。
100均のキッチン用のワイヤー棚を横向きに設置。
下手に被うと掃除も面倒だし、コレならこぼしたものは即回収可能だからねるんるん
よく100均の植木鉢スタンド使っている方を拝見しますが、ちょびなら確実に
スタンドごとひっくり返すわ。こぼしたもの、拾おうとしてたらーっ(汗)
今の台だって潜っては持ち上げて傾けて水浴びてたもんあせあせ(飛び散る汗)

こんなカンジで執事の改良は安く、手軽に、手抜きしてがモットー顔(イヒヒ)


冬改造 ベッド.jpg

室内ハウスの冬バージョンはこんなカンジ。


ホットカーペットの下には先日購入した低反発マットを敷いてます。
執事母、無事にカバーを作ってくれたよ手(チョキ)
ホットカーペットは人間用の温度調節が相当細かく出来るものを最低温度で使用中。
ペット用は大きさが小さい事、ちょびは肌触り重視わんこなので気に入らない事もあり、
また実家のALLフローリングは実はALL床暖房だったので
(だからコルク敷き詰めが出来なくて引越しした)温度的には変わらないので
執事家では人間用を使用中。ヤケドの可能性があるから、わんこには人間用は駄目という説も
重々承知ですが、ちょびの場合は経験から執事の独断で使用しちゃってます。
過去にはお高いペット用の更にお高いLサイズのものなども試して玉砕した大泣き執事なのでもうやだ〜(悲しい顔)人間用の数倍払ったのにようっ!!!
また、廃棄予定だった春夏ベッドはちょびの熱烈な要望により、継続使用決定。
秋冬似合わないプリティベッドもそれなりに使用中。そして、低反発マットを重ねて
改良したタンカーカドラーも勿論使用中。どんだけあるんじゃいっ!!
でもね、お気に入りの場所が1箇所だと、そこから動かなくなっちゃうんです、ちょび。
だから何箇所もあれば、その時の気分で、動いてくれる。これ、重要。
動くついでにちっちやら水のみやらもしてくれるし、床ずれ予防にも不可欠なのです。
また、どこにいるかで体調やら気分やらも執事、分るんですよるんるん
元気でやる気な時はタンカーカドラーで執事を見張ってるし顔(汗)
構うな!!って時は春夏ベッドに籠る。ゆったり熟睡したい時には秋冬ベッドででろーんと
とちゃんとちょびなりに使い分けてます。執事的には非常に邪魔臭いけど
良しとしてます。掃除が面倒なのが、玉に瑕。掃除機かけようとするとこうなる。

積み上げる.jpg

どきゃしないしパンチそのまま強引に寝てる顔(汗)

椅子の足にも絡まり始めたので、次はここの対策。現在、実験中。↓の写真に写ってる。
ドアの開閉部のコルクマットも微妙に残る隙間の数センチで滑ることも出てきたし、
これもピッタリサイズにカットしないと駄目そうかなぁ。。。

まぁね、執事家30分以内にはホムセンが8軒、大型ダイソーが7軒ある非常に恵まれた環境
なので、いくらでも試行錯誤は可能なのよんGood実験&試行錯誤は大好き執事だし手(チョキ)

もう上手くいった時の喜びったら、いえぃGoodいえぃGoodいえぃGoodだしね顔(イヒヒ)
勝ったな、執事!!ってカンジ?ちょびごときにやられてたまるものですかexclamation
常に執事はめげません。果てしなく、しつこくちょびのQOL向上に邁進する所存。

でもね、いっつもちょびは次々と執事の先を行くのですよダッシュ(走り出すさま)
たまには執事に譲ってはくれんかね?ちょび。

最後に、カカオさんのリクエストにお答えして、“執事サークル”を。

キ事サークル.jpg

ちょびが優先な執事家では執事がサークルに入ってます。リビングの続きをラティスで囲って、
そこを執事の居間&寝室として使用。襖で仕切れるので、普段の写真の背景は襖が写ってる。
見慣れた執事家を執事サークルから見るとこんなカンジ。脚立に乗って撮ったよ顔(汗)
普段は襖は開けてます。夜間は執事の枕はちょびのベッドとラティス1枚隔てただけなので
呼吸も聞こえますし、ドタっとひっくり返っても、即、救出可能。
執事サークル冬バージョンとしてコタツを導入したので、ここでパソコンもしてます。
8歳までフリーダムお外飼いで16歳まで1軒家フリーダムわんこだったちょびなので、今更
ちょびを日常的に囲うのは無理。ならば執事が囲われればいいという執事なりの知恵。
ヒントは旭山動物園。動物が人間観察する施設にしたら動物のストレスが減ったとか。
おいおい、ホントにコレって知恵なのか???執事顔(汗)
カカオさん、こういうことになっとりますです、はい。
ポチ子さん、これならコタツ布団が白くてもOKですGood執事家は元から茶色だけどね顔(ペロッ)
囲われてみる?!顔(イヒヒ)

***************************************にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へご心配戴いた捻挫ですが、本犬的には全くめげておりません。
ペタる確率は飛躍的にUPで“要介護”突入か?!ですが、
ちょび専属レスキュー隊員・執事が待機しておりますので、大丈夫Good応援感謝!!犬(笑)
ニックネーム 執事 at 15:53| Comment(16) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

いろいろあるよね、この頃は・・・

お犬界でもこのところ、話題ですよね。ホリスティックやらロハスやら。。。

ナチュラルな生活っていうんですか?!

執事は、幼稚園の頃にポプリを作ろうと、犬ふぐり
(春に咲くちいさな青い雑草の花。当然匂いはない。)をちまちまと大量に摘んで、
乾燥させてみたりしていたチビでしたので顔(汗)、その後も、
アロマやらリフレクソロジーやら気功やら重曹生活やら電解水やらと
相当早い時期から次々手を出してきました。。。
執事母も「地球に優しい」にめっぽう弱い人だしたらーっ(汗)

でも熱しやすく飽き易い執事。なかなか続かず、いつも一時のブーム。
その中ではお掃除に関しては、ちょびを室内飼いして以降はできるだけ洗剤は
使わない掃除を心がけてきました。仔犬の頃、ちょびのケージが臭うので、
消臭剤をかけまくったら、ちょびが真っ赤になったことがあり(当たり前だあせあせ(飛び散る汗)
気をつけるようになったのです。

数年前に仕事で知り合ったアメリカ人の義弟がカリフォルニアで
ホリスティック獣医をしていると聞き、それって何??といろいろ教えてもらいました。
それ以降、犬のホリスティックに興味を持ち始めました。

気付けば、友人の紹介で始めたサプリを販売している先生はホリスティック医療では
有名だったし、ちょびの主治医もソチラで勤めていたこともあるという環境が
あったちょびと執事。主治医はご自身の病院では日常的には取り入れてはいませんが、
その効果を否定なさらず、必要なコには情報として与えて下さる知識をお持ちでした。

そんな中でちょびに取り入れてきたものはまずはマッサージ。
これは足が弱ってきたこの4年ほどずっと続けています。
関節のこわばりが出てきた夏以降はリハビリも追加しています。
マッサージはあくまで血行をよくしてリラックスが目的ですが、リハビリは
固まった関節を限界まで力ずくで伸ばすので、ちょびはあまり愉快ではない様子。
どちらも先生に指導してもらって実施しています。
ちょびは寝ているときくらいしか体の力を抜いてはくれないので、必然的に
熟睡している時を狙って行います。さらに鍼治療も追加する予定。

もう1つはレメディ。手っ取り早く、レスキューのクリームと液体を使っていますが、
ちょび用にホリーやロックウォーターを薦められ、追加を考えています。
クリームは耳裏に塗ったり、マッサージに使ったり、
液体はトリートメントボトルを作って、飲み水に入れたり、ドライブ中などにはスプレーしたりも。
トリートメントボトルをスプレー式の瓶で作っておくと便利。

どちらも、目に見えての劇的な変化は正直ないです。
でも、継続は力なりなのかなぁと思う執事は続けていきます。

心臓のお薬も最終薬(これ以上強い薬はない)ですし、発作時も、今までのように
頻脈発作であれば、処置の仕様もまだあるとはいえ、徐脈も出始めているちょび。
いざという時に、何とかできるのはもう薬ではなく、ちょびの体力なのだと痛感しています。
ですから、薬はあくまで、機能を維持する為のサポートとしての役割と考えています。
その考え方から、発作の予防目的のステロイドの長期投与は見送りました。
予防の為に、高確率で起こる副作用を受け入れるのは納得いかなかったので。
今現在、副作用のある薬は基本的にちょびには服用させていません。
人間の情報を含め、情報を集めて、その結果からもっともちょびに負担が
少ないであろうと推測される薬を服薬しています。
ひとくちに心臓の薬といっても、種類は様々。
同じ効用でも数種の薬が存在しています。
ですから、その中で、さらに選択が必要だと執事は思っています。
その選択も主治医任せにせず、執事なりに情報を集め、先生と相談しつつ、
選択しています。先生も何故この薬を選択したかをキチンと執事に説明して下さいますし、
執事が調べた他の薬などとの差もキチンと教えて下さいます。こうやって執事の
知識は増えていくわけです。

よく、薬が合わないから止めたという話を聞きますが、執事的にはちょっと待った!と思います。
その薬が合わなかったのか、量があわなかったのか、その検証もせずに
止めてしまうのは治療のチャンスをみすみす逃しているように執事には思えます。
もちろん、不必要な薬を飲むことは無用ですが、必要な治療の場合、
たった1回の合わなかったという飼い主の判断で、治療のチャンスを奪ってしまうことは
尚早ではないかと・・・。本当に薬が合わなかったのかどうかすら分らないケースも
多々あると執事は感じますし。
ご飯や環境、体調といったトータルをキチンと把握して判断しないと、
実は他の原因だったという可能性もあるのではないかと思います。

執事も体調の悪い時にヘアカラーするとかぶれますが、
元気な時には全く平気だったりしますし、生き物の体というのは不思議だらけですから。

少なくともちょびは今、服薬している薬で副作用と思われるものはありませんし、
この服薬なしでは心臓は維持できません。残るはもう体力を落とさない、
できれば更に体力をつけることしかありません。

と言っても筋トレさせる訳にはいかないので、残るはご飯の内容の見直しと、
上記のマッサージやリハビリ、レメディなどのメンタルを含むサポートになるわけです。

マッサージやリハビリは人間で既に確立されている分野ですし、レメディも
イギリス滞在中にごく身近にあった執事にはごく自然に取り入れられました。
しかし、お水系(いろいろでてますよね・・・)やらエセ科学と批判の多い波動系
やら拝み系(これもいろいろあるようですね)などは手を出すつもりは
これっぽっちもない執事。
「効きそうな物はなんでも」という気持ちはあるけれど、でも自分が信じていない
信じられないものをちょびに与える気は毛頭ございません。
また安易に飛びつくことも、避けるようにしています。かならず、先生に相談の上
取り入れています。なにしろちょびの主治医は先生ですから、お任せした以上
先生の治療の邪魔になるような事は、いくら良いと聞いても、執事の独断で
勝手に取り入れることは出来ません。ただ、これはちょびの主治医が
ホリスティックの効用を認めているスタンスの先生だから可能なことであり、
すべての獣医でこの方法が取れるか?といったら、むしろちょびのケースは
非常に稀な例と言わざるを得ないかと思います。
せっかく恵まれた環境にいるちょびと執事。これまで以上に出来る事は精一杯して、
ちょびがちょびらしく最後まですごしてくれるように、サポートしてゆくつもりです。


      リハビリ.jpg
                          PHOTO by Sgigeru Yuyama
        リハビリするちょびと執事


***********************************にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 台風一過の暖かだった本日。それっ今だ!!とばかりに、お外に繰り出した1人と1匹。日が暮れるまで、徘徊して参りました。ちょびのお陰で少しスリムになった執事。
犬(笑)の恩返しか?!


ニックネーム 執事 at 21:58| Comment(13) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

さすらう執事(いつもだけど・・・)

相変わらずビビリの執事はさまよって、さすらっております。

前にも書いた「バラエティーのあるご飯を老犬に!!」キャンペーンをしつこく開催中なので顔(汗)

ドライフードは今までメインはいわゆるプレミアムフードと分類される市販のフード
(ホムセンで買える範囲でね)の中で少しお高いジャンルのシニア用を与えていました。

しかーし、ここに来て財布の紐が緩み始めておりたらーっ(汗)
スーパープレミアムというホムセンには売っていない専門店扱いの更に値が張る
フードの物色を始めてしまった執事。
きっかけは近所に楽天にも出店しているフード専門店の実店舗があることを知ってしまったからふらふら
ちょびが出入りできる場所は田舎にはそうそうないので、ついついちょびと執事は
雨の日など気晴らしがてら、ちょっとしたものを買いに通っているうちに、
どんどん目に付いちゃった・・・。
またいつの間にか顔を覚えられて(そりゃそーだ)サンプルなども
戴いちゃったりして、その気になってきた。
とはいえ、この価格を出すならトコトン調べましょう!!という事で
いろいろ調べて、先日書いたのはイノーバとワイソンでしたが、
アズミラもよさげだしとか、ニュートラゴールドもお手頃かしらんとか
オーガニックやらホリスティックはどうなんだい?とか。。。
一応の執事基準目安は脂肪分できれば10%以上、タンパク質20%以上、
カロリー300kal以上でチキンがメインってカンジ。
ビーフ入りは最初から却下で、出来ればラム&ライスは避けたい。
ライスは手作りの際に使える素材だし、今はあまり炭水化物の量を増やしたくないから。
ラムは低カロリーな分、ライスでカロリー稼いでるのでね。牛アレルギーのコは
ラムも結構高確率でアレルギーの場合が多いらしいし。
この基準はお肉を足すことを前提にしてます。

なんでも食べるちょびなので、食いつきチェックは不要なのですが手(チョキ)
下痢・嘔吐・皮膚状態のチェックは絶対に必要なので、これも前に書いた
ウォルサムの処方食(セレクトプロテインライト)がしっかり落ち着いたのを見計らい、
サンプル3袋送料込み¥210という好条件を利用して、まずはイノーバにチャレンジ。
ここはほかにもプレミアムフードのサンプルが揃っていておススメ。
問題なし&ちょうど他でセールしてるのを発見したので、採用決定。
粒の大きさは過去最大!ただし平べったいお皿状でパキっと簡単に割れるので、
最初は砕いてあげてみましたが、そのままでもOKなので、今後は手抜きします。

これはタンパク質が執事基準より少し低め。でも実は執事は更なる
バリエーションとして生肉の導入を考えているので、調度いいかな?と。
今後、消化機能が低下した時にどうやったら最も負担なくタンパク質を
摂取させられるか?と調べていった所、やはり生だろうという結論に。
先生にも相談して馬あるいはカンガルーがちょびには良いのでは?というアドバイス。
やはり下痢・嘔吐などはあり得るので、最初は数g(小さじ1)位から様子を見るよう
にとの指示。ネットお取り寄せは冷凍なこともあり送料が結構かかるので、
お試しに少量買うのは嫌!な執事は、地元で人間用の生馬刺しを購入してみました。
お高いのにはビックリでしたが目 ちょびの反応はすさまじかったです犬(笑) 
過去最高のやる気爆発なちょびとなりました。“待て!”のコマンド、完全無視。

生肉.jpg

またしてもブレブレですけどねたらーっ(汗)もぅコレ、ある意味うちの“名物”ってことで顔(イヒヒ)

やっぱり美味しいみたいグッド(上向き矢印) あまりの違いにちょっと執事はひいたもんあせあせ(飛び散る汗)
普段も食べ物には常にやる気なちょびだけど、別犬状態。弾けまくりでした。
でもいわゆる生食メイン(ローフード)までは実施するつもりは今の所ありません。
執事的にはあくまでドライにプラスするスタンスです。
将来、もし流動食や量が食べられない事態になったら、メインにして完全手作りに
したいと思っているので、あくまでその準備というか移行です。

このまま少しずつ与えて大丈夫そうなら、茹でささみから生肉に切り替えます。
生肉も馬だけでなくカンガルーやターキー(七面鳥)も試すつもりです。
ちなみにターキーはイギリスで普通に売っています。ハムなどにもよく使われているし。
アメリカの感謝祭のローストも有名ですよねるんるん執事の大好物黒ハートなので全く抵抗はありません。
カンガルーもオーストラリアでは普通に(結構安い肉として)食べてるし。
自分が食べたことあるものはハードル低いかも。
むしろ鶏(家族の知人が鶏わさでウィルス脳炎で全身不随になった。
数万人に1人の確率らしいけど、やっぱり嫌)
牛(執事はイギリス滞在が長いのでBSE高リスクで献血拒否されてます顔(汗)
羊(執事は大好きだけどアトピーがね)の方が抵抗がある変わり者です。

おやつもちょっとずつ物色しています。お出かけが出来るようになったので
口寂しい様子が見える時用にちょっとだけ買ってあげようかなって顔(汗)
言い訳がましく、甘々な執事。当然ながら極刻み(ミリ単位!Good)ですが。

あやぽんさんも紹介していらっしゃいましたが、
多メーカーの老犬用おやつを一度に買えるコチラは便利です。
ここまで揃っている所はなかなかないかと。
このお店のオリジナルではないので、他のお店でもちょろちょろ売ってますので、
ここでバリエーションを把握して、楽天などで検索してフードのついでにとかも
いいのでは?「歯のないコにおススメ」の記載もあって執事には便利。
さすがに執事もおやつのみ¥5000もまとめ買いして送料無料を狙うのは無理なので、
こちらで知った商品をフードなどと一緒に他の店で注文したり、近所の専門店で
お取り寄せしてもらったりしています。なにしろ送料払いたくない執事顔(汗)なので。

急に冷え込んだここ数日。ちょびはちょっと咳が出てしまい、早々に
ヒーターと加湿器が活躍している執事家。
馬刺し喰って、体力付けてくれ!ちょび。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ次回はさすらう過程で見つけた(どうでも)いいモンを紹介予定なり!!

ニックネーム 執事 at 21:34| Comment(29) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

吊るされるちょび その2

今日は、いかにちょびが普段吊るされているかをご紹介。

まずは散歩。
以前にご紹介した生犬バッグはモチロンなのですが、
愛情胴輪(初代バージョン)でも吊るされてます。

            愛情胴輪 つるし.jpg
                     PHOTO by Shigeru Yuyama

お分かりになりますでしょうか?
リードは常に、基本垂直顔(汗)
ちょびは地上数mm浮いてる?!



そしてドライブ中も

      車内つるし.jpg
     PHOTO by Shigeru Yuyama


ドライブ中は最初は立ったまま、お外を眺めているちょびなので
この間は吊るします。道交法違反の片手運転の執事。
10分もすれば、いくら吊るされてはいても体力限界につき、お座りします。
とはいえお座りは背中が痛いちょびはすぐに伏せ。そして熟睡。
ルームミラーに下がってる鈴の固まりはちょびを後部座席に積んでた頃、
執事が声をかけても聞こえないちょびはパニックになることがありました。
それを防ぐ為、聞こえる音である鈴を鳴らしていた名残。
今でも必死に執事の居所を探している時には鈴を鳴らすと聞こえるようなので
家にも備えてあります。助手席搭載にしてからは、パニックはなくなりました。
以前はもっと大きな折り畳みソフトケージに入れていたので、助手席搭載がスペース的に
不可能だったのですが、発作以来カートのバスケットで寝んねが出来るようになったので、
カートのバスケットを外しての助手席搭載に変更。


そして待望のお散歩バッグ(だっこバッグ改良バージョン)が完成!!

だっこバッグ(生犬バッグ)を見本に後足が食い込まないようにもう一個新たに作ってみた!

散歩バッグnew.jpg

だっこバッグがあまりに赤かったので、今回は紺にしてみました。
執事母、GOOD JOBGood
でもやっぱり、後足はぐずっちゃう顔(泣)
執事の夢は今回も叶いませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
こうなったら、後ろ足部分は取ってしまって、胴輪+前脚補助に更なる改良をします。
っつかするのは執事母だけど顔(ペロッ)
とりあえず足の負担が軽い土の上での散歩をメインにして
情報収集目的のみ(土の公園は情報が少なく刺激がないのだ)ちょこっと
アスファルトを散歩するようにしてます。
既にウールのコート着用のちょびだったりしますあせあせ(飛び散る汗)だって咳が出始めたんですもんパンチ


最後は

         ガチャピンとムック.jpg
                       PHOTO by Shigeru Yuyama

なぜか吊るされるガチャピンとムック顔(イヒヒ)
動くものや影があると気配が感じられて、犬が寂しくないと聞き、モビールを
買ってきた執事。でも無反応なちょび。小さすぎたかとしつこくビーチボールを
吊るしてみた。
ちょびは全く反応してないたらーっ(汗) 大きさの問題ではないらしい。むぅ。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 昨日から左後足の調子が非常に悪いちょび犬(泣) 
明日は久々のレーザーか?!執事は冬に向けて鍼治療も検討中。しつこいですからGood


ニックネーム 執事 at 17:27| Comment(15) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

老いらくの恋詳細 〜ちょび、破れたり〜

執事のあまりにしょぼい写真にレンママさまが同情して下さり顔(汗)
レンママさま撮影のバッチリな写真をたくさん送って下さいました手(チョキ)
最初から最後まで、ホントにお世話かけっぱなしでスミマセン顔(泣)


コメントに“次回を楽しみにしてます”と書いて下さった皆様、執事撮影の写真は
前回で使い尽くしたのでございますよ顔(汗)ははは・・・あせあせ(飛び散る汗)
レンママさまのお陰で実現したしました、この“次回”。

めったにないチャンスですので、執事頑張って文字入れして、黒ハート老いらくの恋黒ハートの模様を
リアルにお伝えさせて戴きます。

よろしく!文字入れ.JPG


いけてますよね?白文字.JPG


そこをなんとか白文字.JPG


困ります文字入れA.JPG


ゴメンナサイ文字入れ.JPG


ふられたよ白文字.JPG




黒ハート老いらくの恋黒ハートは玉砕しましたがバッド(下向き矢印)
執事もちょびもバッチリカメラ目線の満面の笑顔手(チョキ)
めげない能天気な1人と1匹にポッポ君・チッチ君がいい加減呆れてるあせあせ(飛び散る汗)

burogucafesmileモザイク.jpg



そしてやっぱり場数の違うモデルぶりのトリオ!!!

トリオの秋.JPG
レンちゃん・ポッポ君・チッチ君



ちょびはといえば・・・

オジジの現タ.JPG

これが現実です。
カートでまったり。アトピーで鼻下、ハゲてるし犬(泣)



今回の写真は全てレンママさまが撮影して下さったものです。
執事ではありませんので、くれぐれもお間違いなきよう。
って見りゃわかるわいっ!!ダッシュ(走り出すさま)の罵声が聞こえるぅあせあせ(飛び散る汗)

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 文字入れに半日かかった執事の努力にご褒美のぽちっを。
納得いかんぜ!!って方はレンママさまのページのぽちっをよろしく顔(ペロッ)
ニックネーム 執事 at 15:54| Comment(18) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

勝手にコラボ企画 〜チョビママのビーな本日〜

本日は苦節17年(?!)やっとようやく念願叶って、ちょびコンクリートジャングルへ!
無謀な1人と1匹に声援を送るかのように晴れ渡った都会の空には飛行船が目

もぅ、執事寝られませんでした、昨夜顔(笑) わくわくのドキドキでぴかぴか(新しい)

題名でもうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、
今回はちょび、オントシ17歳にしてのカフェデビューなので、
大先輩のレンママさまの胸を借りての初参戦exclamation

ただ単に執事がトリオに会いたかっただけって話もあせあせ(飛び散る汗)

一応今回の趣旨はトリオの製造者顔(イヒヒ)、13歳の通称レンちゃん(ローレンちゃん)とちょびの
黒ハート“老いらくの恋”黒ハート(やっぱピンクっしょ!!)が執事の狙い顔(イヒヒ)

黒いね、執事顔(イヒヒ) 17歳のよぼよぼオジジをバリバリ現役レンちゃんになんてたらーっ(汗)
やり手婆ぁの如き、強引さふらふら

ちょび母としてはやはり、なんとか無理やりにでも気に入って戴きたく、
クッキーなぞを貢いでみたり顔(イヒヒ)

なかなかやる気なちょびなので、カートから降ろしてレンママさまのアドバイスで
リードもフリーにしてみたら・・・

入り乱れる.jpg

ブレブレですが、執事の腕ではこれが精一杯。入り乱れてるのは判って戴けるかと顔(汗)
ちょび・チッチ君・レンちゃん・ポッポ君。
一丁前にちょびも動いとるんです、はい。
レンちゃんはちょびよりずっとスマートな女の子でした。
サイズはちょびが一番ちっこいケド、幅はポッポ君にも負けない勢いのたるたるちょびあせあせ(飛び散る汗)


そして♂トリオ

♂トリオ.jpg

ポッポ君・ちょび・チッチ君
それぞれの飼い主に注目してるところが笑える。


そんでもって

カルテット.jpg

         カルテット!!

レンちゃん・ポッポ君・ちょび・チッチ君
場数の差か、ちょびまでレンママさまに注目してますたらーっ(汗)

季節感を出そうと執事、カボチャを持参してみました顔(笑)
レンママさまに笑い倒されましたあせあせ(飛び散る汗)
んでもって小さすぎました顔(汗)
しかも3個持参したのになぜか2個しか写ってませんたらーっ(汗)
いいんですぅ、秋なんですぅ顔(チラッ)

フリーにしたらトボトボちょびセコムで、徘徊。とはいえ、トリオに興味しんしん。

しつこい・ちいこい・しろい・訳わからん生き物に
お付き合いしてくれたトリオに心から感謝犬(笑)ありがとうねるんるん

生意気にもトリオの後を追いかけるちょびの姿にちょっと滲むものがあった執事もうやだ〜(悲しい顔)
間に合ってよかった・・・。

床には寝られないちょび故に、カートに乗ったままのカフェだろうと覚悟していたのですが、
噂どおりの優しい笑顔のママさんのご好意でフリーにさせて戴いて本当に感謝です。
執事が一番心配だった粗相ですが、やはりしてしまいましたバッド(下向き矢印)
高吸収ペットシーツや消臭剤、キッチンタオルにごみ袋など、もしもの為に持参していて
本当に助かりました顔(汗)ふぅ〜。
とはいえ執事がもっと気をつけて早くに外に出してやればよかったんですたらーっ(汗)
そろそろ出そうかなぁなんて席を立った途端、シー犬(笑)でしたのでがく〜(落胆した顔)
“大丈夫ですよ!”と仰って戴いたとはいえ、今後気をつけねばと猛反省もうやだ〜(悲しい顔)
ど初心者ゆえのマナー違反、本当にゴメンナサイ犬(泣)
あまりにレンママさまとトリオちゃんとの時間が楽しくて、執事が夢中になってしまった
せいですたらーっ(汗)やっぱり駄目飼い主顔(泣)

ちょびは前にも書きましたが、普段、お外では水を飲みません。
なので今回もDAKARAを薄めたちょび水筒を持参していたのですが、
なんとトリオちゃん用の床に置いてあるただのお水をがっつり飲んでやがりましたダッシュ(走り出すさま)
どういうこと?!しかも3つ器があったのですが、次々と3つ全部味見犬(笑)
一気に飲まれると、発作起こすぅ!!と執事は冷や汗かきましたが、おかまいなしで
目を離すとお飲みになっとりました。まぁね、カフェだもんね。ちょびも味わいたいやね。
“都会の水”を。
羨ましかったのかな、トリオちゃんが顔(ペロッ)真似したかったのかもねるんるん

最初だし、無理せず1時間ほどでなぁんてレンママさまには事前に言ってた執事ですが
ちゃっかりしっかり3時間楽しませて戴きました手(チョキ)
でもホントにあっと言う間の夢の様な時間でした。

帰り道は爆睡のちょび眠い(睡眠) そら今だ!とばかりに寄り道買い物しながら無事帰宅。
今もまだぐっすりオヤスミです。さすがに疲れたとは思いますが、でもでも楽しかったのは
間違いないexclamation×2しっぽ振りっぱなしでしたから顔(ペロッ)

1人と1匹は都会の水を味わってしまいました。味シメテマス。
さぁて、次はどこに出没しましょう??既に頭がピンクでかわいい咲いてる執事は
着々と計画中手(チョキ) 楽しみな秋です犬(足)

レンママさま、トリオちゃん、本当にありがとうございました。
なんにも知らない執事とちょびを暖かく迎えてくださった事、本当に感謝です。
陽射しが強い真昼間に、しかも数日前に来たばかりなのに、遥々わざわざロング散歩で
いらして下さった事、本当に嬉しかったです顔(メロメロ)
トリオちゃん、これに懲りずにまたしつこい・ちいこい・しろい・訳わかんない
ちょびと執事をよろしくお願いします犬(笑)

まともな写真を見たいぜ!!!って方はレンママさまのブログでご覧頂ければとたらーっ(汗)
お店の情報もレンママさまのブログでご覧頂ければとたらーっ(汗)たらーっ(汗)

コラボとか言いつつ、実はただ単「他力本願」な執事でございます顔(汗)

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ いやぁ、むっちゃ楽しかったっすグッド(上向き矢印)
クイズの答え合わせモノホンでしたもんねるんるんるんるんトリオマニアに軽ーく喧嘩売る執事。
図らずもレンママさまと執事は柄違いのビーグルTシャツ着てて大笑い顔(イヒヒ)
ニックネーム 執事 at 20:55| Comment(18) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

タダでは起きない執事

少し前の落ちついていた時期に、先生の所へ行った時のコト。

実はドライフードをMIXしてのローテーションをしたいと試し始めたんですが・・・と相談。

MIXし始めて4日、うんちが微妙に柔らか目になった事を話すと速攻「却下!!」のお言葉顔(泣)

やはり、この5年ほど完璧に近いうんちを日々、製造しているちょびが柔らか目なブツに
変わったのは相当戴けないことらしく。。。

今回のフードは自然食として結構、評判も高かったので、期待度高しだったのですが、
あえなく玉砕顔(汗)  相当おいしそうに食べてたんだけどなぁ。。。

先生は今のフードで問題なしでしょうと。
落ち着いている現在、何故フードを変える必要があるのか納得いかない様子。

それはね、執事が勝手にキャンペーンを行っているからです!!

“バリエーションのあるご飯を老犬に!!”キャンペーン実施中な執事はしつこく
食い下がってみた。で、渋り顔ながらもこれならいけると思うよ・・・ということで
戴いた試供品は「皮膚疾患用食事療法食」。療法食とはいえ、
お味はなかなかよいらしい。ありがたく頂戴してあげてみました。
喜んで食べました。←でもコレは何やっても同じたらーっ(汗)
だから、先生も必要ないって言うんだよね。。。

2日試して、ブツは完璧です手(チョキ) 採用決定!!
そう考えるとやっぱり前回のフードはちょびとの相性が悪かったのねあせあせ(飛び散る汗)

そしてご飯回数を増やそうかどうしようか考えていたのですが、毎日昼食を
規則正しい時間に与えるのは無理なので、敬老の日の貢物の網目ゴムラグビーボールに
ドライフードを詰めたモノを昼間のアクティビティーとして採用することにしました。

網目ボール.jpg
写真はMサイズが写ってますが、シニアフードには穴が大きすぎることが判明したので
Sサイズに交換しましたです。ちょびはもう噛み付かないのでだただた鼻で転がすのみです。
足も痛いから抑えられないしね。Sサイズだと30cm転がせば1粒出てくる感じ。
ゆるーいアクティビティーです顔(汗)

朝ご飯と夜ご飯のドライを1/4づつ減らした分をボールに投入し、自力で転がして出してもらいます。
働かざるもの喰うべからずの厳しい世間を味わっていただこうかと。

結構、この自力食事はスリリングなので、(詰まったり、転んだりがね)
かならず監視が必要ですが、ちょびは相当夢中です。ふんふん頑張ってます。

食の内容で変化をあまり与えられないのなら、給餌方法で変化をつける。
タダでは起きない黒執事でございます。

とはいえまたまた調子を崩してぐーるぐる不必要な運動(通称「ちょびセコム」)
を何時間もしているちょびにボールアクティビティーはちょっと過負荷なので、
現在は中止中。

少し前の記事でおやつの回数が増えていると書いた執事。誤解があるといけないので
お説明。増えたおやつの中身はドライフードです。
1日分を計測して用意してあるので、そこからへつって与えてます。
野菜や果物の刻みも今迄通り、与えていますが、回数は増えたとはいえ、
1日の摂取量の合計は変えていません。トッピングを始めて以来、市販のおやつは
ストップしてます。これは塩分量の調整の為です。
市販のクッキーやボーロなどは犬用とはいえ、やはり塩分を含んでいますので。
またちょっと油断すると、直ぐ50kcalは食べちゃうし。1日の必要摂取カロリーの
約10%相当(ちょびは1日約530kcal)をおやつでまかなうのは執事的には???なので。

なんでも食べるちょびゆえに、制限ばかりで不憫と一度は思った執事ですが、
だからこそ、ちゃんと管理を徹底しようと思い直しています。

折角、コレまでも駄目飼い主ながら、(盗まれたのを除いてはたらーっ(汗))一切の人間の味付き食品を
与えたことはないちょびなので、調味料の味は知らんでよろしい!!を持続します。


ご飯はしっかり跳んで回って催促するものの、おやつは執事が運んでくれるものと
信じきって、その場から一歩も動こうとしないちょび顔(汗)
その甘えは「俺もやるぜっ!」を名乗るにふさわしくない行いではないのだろうか・・・。
それとも老犬ゆえの知恵なのだろうか・・・。
貰えるカロリーを考えて、あまりの少なさに体力温存してるのかしら???

予想以上にいろんなことが分かっているし、敏感に察知する老犬なので、
あり得るかもね顔(汗)

まだまだしつこくフード探しを続けてる執事。
次なるターゲットは缶詰のあるイノーバ、そしてずっと気になってたワイソン。
生肉ミンチも気になるし、もう果てしない執事です。
だって、ウォルサム値上げしやがったんだもんパンチ
ニュートロはウンチ増えるしさ。何がいいのか、正直わからなくなって来てますたらーっ(汗)

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ今週末こそお出かけできるか?気温高いしなぁ顔(チラッ)
昨夜は日中「ちょびセコム」張り切りすぎて立ち上がれなくなってるし犬(泣)
どうなる1人と1匹?!

ニックネーム 執事 at 16:30| Comment(13) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

めげない執事

夏にそれまで1年以上ご愛用だった低反発マットレスを突如拒否ったちょび顔(泣)

とうこさまからほくと君の遺品のエアブレスマットを頂戴してこの夏は涼し〜く
過ごさせて戴きました。改めて感謝です。

ですが、このエアブレスマット、やはり柔らかさの点では低反発に負けるようで、
直で長時間寝ていると、起き上がるのが相当困難(痺れてしまう模様)

なんとか低反発も併用しようと、あやぽんさんご紹介のタンカーカドラー(オレンジ)を
購入するも、このカドラーの低反発は薄すぎて、居心地が悪いらしく拒否。
なので、元々使っていたけどサイズが微妙に小さくてはみ出していた低反発カドラー(茶)を
重ねて無事落ち着いていました。(9/28 2枚目写真参考)

ですが、この低反発カドラーは最近、ちょびのお出かけカートに搭載しているので、
2枚持っているとはいえ、一度洗うと低反発はなかなか乾かない為、ちょっと不自由でした。
なので、できればタンカーカドラー単体で使用できたらいいなぁと。

そんな時に、またまたあやぽんさんから貴重な情報がexclamation
いつもありがとうございます。執事、足向けて寝られません顔(汗)

低反発マットを素材売りしてくれる会社があるとの情報。早速問い合わせ。


<2010.11 追記>
お問い合わせを戴き、久々にこの記事を見直した所、
あやぽんさんのブログが削除になっていることを知りました。
みかわんとあやぽんさんには本当に本当にお世話になり、またたくさんのたくさんの
エールを戴いた執事でした・・・・。
考えれば、出会いからもう3年以上も経っていた事実に、改めて、時の流れの早さを想います。
あやぽんさんのみかわんの記録“シニアライフをともに”は老犬介護をする人達にとって、
バイブルと言える貴重な詳細な記録でした。
このブログがもう見られないことは老犬介護経験者として
本当に本当に残念でなりません。

みかわんはあやぽんさんに見守られながら2008年3月に旅立ちました。

ちょびとの穏やかな時間を過ごすきっかけを与えてくれた、
そして、多くの情報を経験者ゆえの細やかさで、自らもみかわんを抱える忙しさの中、
みかわんを想う気持ちと同様にちょびを想って下さり、
執事に惜しみなく親身に与えて下さったあやぽんさん。
多くの先輩達に助けられてきた執事業でしたが、
やはり、今なお執事にとって、最も信頼を寄せ、最も尊敬する人はあやぽんさんです。
介護というお世話のノウハウではない、“犬と寄り添い倒す”ことを身を持って
見せて下さったこと、
執事、一生忘れません。



あやぽんさんのブログの削除で、低反発マットの販売元情報が見られなくなってしまったので、
改めてこちらに情報を残します。

HPには詳しい情報が載っていませんので、直接メールや電話にて販売元にお問い合わせください。


http://homepage.mac.com/aranobi/t_hanpatsu.html

執事が購入したものは市販の低反発モノと比べ、かなり柔らかいものでした。
固めのものをご希望の場合にはご相談が必要かと思います。
ご心配な場合には、送料を負担して、サンプルを取り寄せるなどのご相談をした方が
良いかもしれません。
2007年9月時点で1m*2mサイズで厚さ1cmのものが@2400でした。
(1cm厚さが増すごとに@2400加算です。別途送料¥1000前後。)
この頃は身近に人用・犬用ともども手頃な価格の低反発素材のマットが増えていますので、
わざわざ素材で取り寄せる必要は少ないかとも思いますが、執事の下の使い方のような
オリジナルをどうしても!という稀有な方用に一応情報を残しておきます。


床ずれ予防マットの情報以外でも、老犬介護に関して具体的な情報が欲しい方は
どうぞ、ご遠慮なく、どの記事でも結構ですので、コメント欄にメアドを記入して
戴ければ(メアドは執事にしか分かりません。)折り返しご連絡いたします。
執事の経験が少しでもお役にたつようならば、どうぞ、お声をかけて下さい。




厚さは1cm・2cm・4cm・5cm。サイズは最大1m*2mでカットも可とのこと。
5cmで拒否られている執事は現在使用中の低反発カドラーが2cm、
拒否中のタンカーカドラーが1cmなので、非常に迷いました。
で、1cm厚を最大サイズで3枚買って重ねながら調節する事にしました。
送料が何枚でも大して変わらないので先を見越して、まとめ買い。
なにせ、洋裁暦40年の執事母がいますので、各種細工可能なので
この際エイヤッ!!と買っちゃいました顔(イヒヒ)

エアブレスを使っている室内ハウス内はこれから寒くなったらホットカーペットを敷きます。
その時に下に敷く低反発マットのサイズが小さいと段差が出来てまた拒否るのは
確実と思われるので、ホットカーペットと同じサイズで重ねて敷こうと考えての
大量購入となりました。それでも以前使ってたニトリの人間用マットレスよりは
送料込みでも安くあがったし手(チョキ)カバー縫う手間はかかりますが、
手間をかけるのは執事母だし顔(イヒヒ)

どどーんと到着。早速、執事、工作開始。
同時にちょびも妨害開始犬(笑)「やる気なちょび」ですから顔(汗)

工作ラ魔.jpg

めげずに執事は工作続行。2枚重ねてみました。角はカット。

タンカーカドラー工作.jpg

結果

タンカーカドラーねんね.jpg

呆けた顔して、寝てやがるダッシュ(走り出すさま)
微妙に腹立つけど、まぁこの寝顔の為の努力だからね。よかったよ。

そして残った低反発マット。
低反発残り.jpg

室内ハウスをホットカーペット仕様にするまでに、カバーを作ってもらうべく、実家にお届け。

先日ご紹介したメルヘンでプリティーなベッドも無事、室内ハウスに入ったし、
これで秋冬対策は一段落のハズ。

とはいえ、この所、意識レベルの差が日によって激しく違う日々。
レベルが落ちると、普段大丈夫な事やモノが駄目になる。
たとえばトイレの柵。1枚だけ背の高いものを使っていたら、それが
怖いらしく、避けてチッチしようとして失敗続き。
低いものに変えたら失敗しないし。
嫌がらせと思ったちっちの失敗は実は恐怖心だったようです。
こんな日々の変化が著しいこの頃。
寒くなると、益々血管収縮で脳はやられ易くなるのでしょうから
(人間の脳梗塞も冬場の方が多いですものね)要注意ですね。

雨続きだし、湿度も高いし、ドライかけて、電気ストーブ併用というまたもや
地球に喧嘩売る暴挙な今日の執事家。

低反発の購入先情報はあやぽんさんのページにUPされてまするんるん
以前に執事がご紹介したニトリの人間用三つ折マットレス5cm厚より相当柔らか目です。
どうやら今のちょびは3cmがお気に入りのようです。

*************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 今週末こそお出かけだぁーっ!!
雨降んじゃねーぞーっ!!!パンチと天にも喧嘩を売る執事。
ニックネーム 執事 at 12:35| Comment(17) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする