2007年08月03日

「覚悟して下さい」だったちょび@ 熱射病対策

撮影拒否.jpg
ちょっと“やる気”が出てきて、しっかり撮影拒否なさるちょび

昨日の続き。

そう、熱射病です。

本当に幸いなことにちょびは命は取り留めました。
覚悟していた脳の後遺症もその後顕著に現れる事無くここまで来ました。
でも、今でも先生が危なかったねぇとおっしゃる位、ヤバかった(ようです)
原因は毎朝、ご飯の時に入れ替えるハズのちょびの飲み水を、
まだ入っているからいいかと量が減っていたにもかかわらず放置したこと。
さらに、それを飲みきってしまっていたのに気付かなかったこと。
そして、まだいいかと、クーラーのある隣の物干し(夏ハウス)
に移動させてなかったこと。
なにより、日差しがあったのに、執事が姪にかまけてちょびをほったらかしにしたこと。

用心をしていれば、簡単に防げたことなんです。
暑い日は注意が必要ということは重々知っていました。
でも、まさか4月の爽やかな陽気でなるとは思ってもみませんでした。
炎天下の中散歩させたり、放置しとかなきゃ、ならんだろうと勝手に理解していたんです。
後々、いろんな情報を読むと低気温でも室内でも起こす危険があると
ちゃんと書いてありました。
その部分をいつのまにかすっぽかして、知ってるつもりでいた執事がまねいた結果です。

熱中症・熱射病は簡単に起こします。でも、飼い主の簡単な処置で防げます。
問題なのはその簡単な処置をつい油断したり、面倒がったり、過信したりして
怠る飼い主です。自分がやっておいて偉そうに聞こえると思いますが、
これは執事の自戒です。

しつこいけれど、しつこくあえて書きます。
普段からも暑さで“はぁはぁ”いっている時には、ケーキなどを買うと
付いてくる小さな保冷剤を数個、バンタナで包み首の頭側(のど元ではなく)に
巻いてあげる。
25度以上の屋外では市販の冷え冷えマフラーなどでは冷却機能が足りません。
お散歩帰宅直後など急いで冷やしたい場合は、太ももの内側、
内股の部分に保冷剤を当てる。この部分に太い血管があるので、効果的です。
人間と同じでわきの下を冷やすのも○。脊椎を痛めている場合は首を冷やすと悪化するので、
首は避けて、わきの下や内股を。濡らしたタオルで体ごと包むのもよし。
冷たい水、あるいはポカリを10倍ほどに薄めたもの飲ませる。
脱水症状の場合、電解質が非常に狂っていますので、
原液のまま与えるのは止めたほうがいいと思います。
人間の乳幼児の発熱の際にもポカリは推奨されていますが、かならず薄めて
あたえるようにというのが常識のようですので、わんこの場合も当然でしょう。
氷を口に入れてあげるのもよい。だたし意識のない場合は窒息の可能性があるので、
強制給水は危険かと思います。
心臓が悪い子は一気に水分を大量を飲ませると発作を誘発する可能性も
あります。

そして、それでも呼吸が落ち着かない、体温が下がらない、意識がないなどの
緊急時は即、病院に連絡を取り、指示を仰いで、1秒でも早く病院へ!
病院に運ぶ間も冷やし続けるようにすると、予後が違うと思います。

執事もあの時、もしちょびが走り回るショック状態に
ならなかったら、様子を見てしまい、手遅れになっただろうと思います。
腎不全まで行ってしまうと、腎機能の回復は望めません。
いつも“はぁはぁ”してるしとか、暑いから当たり前とか、確かにその通りなんですが、
本当に紙一重の所で熱中症や熱射病は起こります。
その紙一重を予防できるのは飼い主だけです。
そして、その紙一重を判断できるのは血液検査だけです。


現在、執事家の冷凍庫は保冷剤が常に入っています。小さいものは6個大きいものは4個。
ちょびは首に2個巻いているので、通院などの外出時はアルミの保冷バッグに
替えの小さいものと内股冷やし用の大きいものを2個、そして薄めたDAKARA
(ちょびは心臓悪いからNa禁忌だからね。味&匂いがあるといっぱい飲んでくれるので)
の入った300mlペットボトルを詰めて持ち歩いています。

二度とあんな思いはしたくない、させたくない執事は今は必死です。
出来ることならばこんな経験はしないで欲しい。

もしも、こんな事とっくに知ってますな方はごめんなさい。
でもね、現実にたくさんいるんです。真昼間の炎天下の中
引っ張られてるわんこ達がね・・・。
みなさんの周りにもいるでしょう?だからこそどうか皆さんのわんちゃんは
執事の失敗を教訓にして、皆さんが守って、ね。
そして出来たらはぁはぁいってる他のわんこのママさん達にも
知識を広めて下さい。

「世界に広げよう!保冷剤の輪!!」(古っ)

追記:保冷剤の中身を食べてしまい、中毒を起こした例があるそうです。目の届く範囲での使用でないと危険ですね。情報を得たブログはコチラ下
http://blog.livedoor.jp/ladymam/archives/51022961.html?1188207226
非常に役に立つグッズですが、注意は必要という事ですね。(8/27追記)

今日は執事母が記憶しているちょびの誕生日。
(ちなみに執事の記憶では明日なんだけどね。血統書なんてとっくにどこかに
失くしちゃったので永遠に謎。他の家族に聞いたらもっと他の誕生日が出てくるかも?!)
何回かあった「覚悟して下さい」を幸いにも乗り越えて
ちょびは17歳になりました。
乗り越えられたのは、ひとえにちょび自身の“やる気”であったと執事は確信しています。
今、ここにいてくれることを手放しで感謝します。
ありがとう。
そしてお誕生日(あるいはお誕生日イブ?!)おめでとう、ちょび。

どうかすこしでも長く、この時間が続きますように。。。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 保冷剤巻きます同盟に参加して下さる方、ぜひぽちっとお願いいたしますぅ。

この記事は使用しているアセラブログのサーバーメンテナンスの際に消去された為むかっ(怒り) 
バックアップを再度UPしたものです。
その際に一部訂正を致しました。また戴いたコメントも再度バックアップを再投稿いたしましたので、投稿時間は実際の投稿時間ではなく、再投稿の時間となっています。
よりによってこの日を消さんでも良かろうよ、アセラのサーバーパンチ

ニックネーム 執事 at 10:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おめでとーちょびちゃんっ:;。+゚+。(*≧▽≦*)。+.。゚:;。+
おめでとう御座います♪chobimamaさんぴかぴか(新しい)感慨深いですね〜
ちょびちゃん自身のやる気・・ですか^^うーんそうおっしゃるchobimamaさんの気持ち、とっても良く分かります。うちもミカ自身の気が途絶えてしまっていたらここまでこられなかっただろうし・・。やはり素晴らしいですよね動物達の生きようと頑張るパワーって。
ちょびちゃん^^ミカわんと一緒に自分らしい犬生をこれからもゆっくり味わっていこうね(*≧m≦♪

↓レスコメですが、ウサギも暑さは苦手です〜^^犬と違い口でハァハァやらない上に全身に毛がビッチリ密集してるので汗も出ません。2本の耳からの放熱のみで全身の体温を調整です^^
Posted by あやぽん at 2007年08月06日 20:40
お誕生日♪おめでとうございます!☆☆

♪17歳!♪ひゅーひゅー♪♪
執事さんもおめでとうです!!

はちもチビの頃、木陰に置いた車内で「熱射病」にさせた経験が...(5月窓開けてた5分弱..)

本当に、「お口のきけないもの」に対する「自分のありかた」を身にしみて考えた事件でした...。

はちも17年目の夏はシビアでした..。
それこそ「覚悟して...」風でした。
でも?「牛のたたき」「スペアーリブ(骨ナシ)」?で越夏したので「むー」を迎えたのです☆☆

ビーグル界の最長老目指し!頑張れちょび君!!


Posted by はちまま at 2007年08月06日 20:42
きのう、お友だちの犬が虹の橋をわたりました。
12歳でした。
夜、何人かで彼女の家に、会いに行きました。
お友だちと彼女のつながり、絆をいっぱい感じるエピソードを伺え、
今にも起きだしてきそうな
おだやかな彼女の姿に、いろんな思いをはせました。

そんな日の次の日に、
chobimama執事さまから、
我が家にコメントがありました。

偶然とは思えない気がしました。

こんな風にシニアになった愛犬と
真摯に向き合ってるひと(執事さま)がいるんですよということを、
わたしのブログをのぞいてる100人くらいの人たちに知ってほしいと、
心から思いました。

リンクをさせていただいていいでしょうか?

きのう、大切な家族を見送ったお友だちも、
シニアになった彼女の家のメンバーの体調を
よく考えて行動するコです。

わたしは自分の犬にとって、どんななのか、
ちゃんと意識して過ごして生きたいです。

chobimamaさんのブログにあった言葉「過信禁物」。
これが、八月のわが犬に対する月間目標。
Posted by ゆた。 at 2007年08月06日 20:44
*あやぽんさま>
 いつも同時にお互いカキコしてる顔(イヒヒ)ありがとうございますかわいい
おっきい冷風扇が威力を発揮してミカわんを冷やしてくれることを願ってます!
うまくいくといいなぁ。

執事的には誕生日は明日なので(でも自信がない・・・)これから誕生日ケーキ
ならぬフルーツゼリーを仕込みます手(チョキ)
さすがに病み上がりに初ケーキを与える勇気は執事にはございませんたらーっ(汗)
ので食べ慣れてるフルーツでガマンのちょびです。
悔しかったら、もう1年頑張れってんだいっ!!顔(ペロッ)

*みらいさま>
 またまた、ありがとうございまするんるん意外とあるんですよ顔(イヒヒ) 
ちょびサイズまでは。ネットでも小さい子のは福袋とかで激安の時ありますが、
大きいサイズはどうかなぁ?子供服のフリースの袖切って着せてらっしゃるのを
見たことあるけれど(笑い)ただね、ジッパーとかは傷作る可能性あるしね。
昨冬はちょびは着せっぱなしでしたよ。もっこもこ。
外出時にはフリースの上からさらにコート着て先日UPしたネックウォーマーして、
でフリースブランケットに包んでましたふらふら 
室温とのギャップが増えるからもぅこれでもかっ!って位に。
シニアわんには必要な対策だと今は思ってるケド。
実は昔は洋服大反対派でしたあせあせ(飛び散る汗)

*はちままさま>
 ここにもいたよ、熱射病・・・。
いかんよね、私達。助かったからよかったけれど、
実際助からない子がたくさんいる訳だから。
むー殿は絶対、大丈夫でしょう。
実は昨日ちょびより3ヶ月年上なビーグル、オースティン君と
2ヶ月年下なビーグル龍之介君を発見!!いたんです17歳仲間が。うれしいです揺れるハート
しかもみんなまだ自立してらっしゃるGood 明るい知らせでするんるん

*ゆた。さま
 茶々ちゃんコメに伺わせて戴きました。
執事はちょびがシニアになるまで向き合って来なかった駄目飼い主です。
だからその分を今取り返したくて自分が必死なんです。ちょびはいい迷惑かと思います。
鼻息荒いから・・・。こんな執事を反面教師にして戴けるならば・・・です。
茶々ちゃんがちょびの歳になるまでまだまだ時間があるゆた。さんが
実は羨ましかったりする執事です顔(ペロッ)
ゆた。さんはきっとこれから何度も茶々ちゃんと迎えることでしょうね。

初めて意識したちょびの誕生日。
それだけに執事には貴重な日・・・。
Posted by chobimama at 2007年08月06日 20:45
ちょびちゃん、chobimamaさん
17歳おめでとう!!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
ほんと、すごいよね。よくぞ頑張ってくれてありがとう!ですね。
これからもゆっくり前を歩いていってくださいね。
ちょびちゃんとmamaさんのあとをゆっくりしっかり付いて行きますので!
mamaさんはいつも頑張りすぎだから、ちょびちゃんのパワーをもらいながら、
ゆっくり一緒に老犬生活を楽しんでいこうね^^
Posted by みどりん at 2007年08月06日 20:46
この記事を見て
深く考えてしまいました。
うちのチョビは日向ぼっこ好きなので
いつもの日光浴か♪
なんてのん気に思ってたら
熱中症で手遅れ・・・
なんて事が起こるかもと思うと
怖くなりました。
過信は禁物ですね。
Posted by ま〜や at 2007年08月06日 20:47
*みどりんさま>
 ありがとうですわーい(嬉しい顔)
今日、りょうすけ君の所でみた飼い主IQテストをやってみたら、
献身度としつけはバッチリなんだけど、おもいやりと素質に欠けてました顔(汗) 
犬のIQもあってちょびは家庭生活の適応性に欠けてます犬(泣) 
どういうコンビじゃ?!
執事は張り切って、執事が誕生日と思っている明日にお祝いしようと、
フルーツゼリーを仕込みました。疲れたあせあせ(飛び散る汗)
近々、ご覧に入れますです手(チョキ)頑張ったのよ、執事。 
これで型から出すの失敗したら、執事、絶望だわ。。。
Posted by chobimama at 2007年08月06日 20:48
*ま〜やさま>
 そうなんです。ちょびも散々、真夏に日向で寝ていたビーグルあせあせ(飛び散る汗)
それが仇になったんです。特にビーは日向大好きなので、
水分補給をちゃんとして、観察を怠らなければ、日向ぼっこを楽しめます。
ビーのやる気を止める手立てはないし(苦笑)過保護にする必要もない。
でも注意はしましょうねってことで。
ま〜やさんは水筒・保冷剤持参で、
でチョビちゃんは安心して道端にぽてっと行き倒れる犬(笑)
これからも楽しいおでかけ写真を心待ちにしてます顔(笑)
Posted by chobimama at 2007年08月06日 20:49
まずは17歳のお誕生日おめでとうございます!
りょうすけの分まで長生きしてください。

で、熱中症のお話。
これに関しては未だに私のトラウマになっておりますが、りょうすけの死期を早めたのは6月末の熱中症のせいでは・・・と悔やまれてなりません。去年の夏は外気温40度超えでも濡れタオル1枚背中に乗せただけで耐えられたのです。
ところが今年は室内(土間)で休んでいたにもかかわらず熱中症になりました。応急処置の遅れも原因だったと思います。
たった1年でこうも体力が落ちるとは思わず、ホントに甘く見てました。
確かに去年は寝たきりとは程遠いジャンプのできる老犬でしたから同じレベルで見る方がおかしいのですけど。
特に老犬は去年大丈夫だったことが今年は通用しなくなります。
ちょびちゃんもくれぐれも気をつけて夏を越してくださいね。
Posted by りょうすけの姉 at 2007年08月06日 20:50
*りょうすけのお姉さま>
 経験者だからこそのお言葉、肝に銘じます。 本当に、そうですね。
ここから先は“これまで”が通用しない未知の展開になるなと思います。
今回の脚悪化→ストレス→嘔吐が現在、水を飲まない→咳に発展してます。
わらしべ長者状態でひとつ崩れると次々派生していきます。
それだけ、体調管理が重要ですね。崩させないことに尽きるかもしれません。。。
今までなら、ケロっと直ってましたから。  なんとか夏を乗り切りたい!!
これが今の執事の願いです。
いつ何があってもおかしくない心臓ですが、なにかないことを願います。
Posted by chobimama at 2007年08月06日 20:51
保冷剤、冷凍庫にいっぱい入ってるよ!
炎天下のお散歩はさせてないけど
たまに帰りが真昼間に差し掛かるから
持ち歩こうっと。
ランとか行くとどーしてもねぇ(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

ちょび殿お誕生日
オメデト(〃・ω・)o∠※パーン!!"。・:*:・゚☆
祝福のバラを(  ̄ー ̄)ノシュッ-------ッ@>->--
Posted by かかもっちー at 2007年08月06日 20:52
*かかもっちーさま>
 そうよ、ランに行くときゃ、忘れずにっすよ。
一緒に水筒入れとけば、冷え冷えだしさ。
犬が使わなきゃ、人が使えるし(笑)

人間も危ないからねぇ。犬を冷やして自分冷やさずは
洒落にならんですよ。はい。

シングルコートなチビわんちゃんなら薄手のタオルで包んで
当ててあげたほうがよいかもね。
ちょびもじーさまなので普段はタオルで
包んで当ててます黒ハート
Posted by chobimama at 2007年08月06日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/997348
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック