2007年12月06日

ちょび番犬にならず 〜3歳までのちょび〜

ちょびは庭の元ガレージだった屋根付き部分を柵で囲い、その中の犬小屋で生活を始めました。

毎朝、毎夕、新聞配達の犬大好きおじちゃんに可愛がられ、誰かが来ると構ってもらえる!と
学びましたたらーっ(汗) 元々、非常に人懐っこい性格のビーグルですが、
初対面の人にも尻尾を振るのは犬としてどうなんだ?!と思っておりました。
この頃、ちょびの柵の前に日参する猫がおりまして、またその猫が実に優雅に
尻尾を右に左に振ってみたりなどして、散々ちょびをからかっておりました。
さすがのちょびも吠えておりましたが、気にも留めず
“来られないのは先刻承知よ!”な勢いのなかなかいい性格の猫で・・・。

そんなある日、執事母は何を思ったか、その猫が来たのを見てちょびを解放しやがりましたダッシュ(走り出すさま)
さすがの猫もびびったのでしょう。一目散に逃げ出し、そしてそれを追って
ちょびも全速力で逃げ出し・・・。
執事母の『ちょびぃ〜っ!!!帰ってらっしゃいっ!!!』の怒声に執事弟と執事は
あせって家を飛び出しました。執事はしっかりおやつを手にして。相当離れた所で、
執事のおやつに気をとられた一瞬を狙い、見事執事弟が体ごとタックルで捕獲成功。
全員(ちょびもね)汗だくでございました。
執事母の言い分は『毎日コケにされて、あまりにもかわいそうだったからおもわず・・・ね。
だってまさか追いかけるとは思わなかったんだもの』ってお母様、
ちょびは一応ウサギ狩り犬の血を引く猟犬でごさいますが・・・たらーっ(汗)

それを聞いた当時バリバリ反抗期だった執事弟は『今度やったらコロす!』と一喝しておりました。

ー仔犬の時のお風呂事件といい、この解放事件といい、執事母は悪気はないのですが、
なかなかぶっ飛んだ事をなさる方でして、老犬を置いて行くにはちと不安だった執事は
とうとう連れて来ちゃったワケですGood

この頃、ちょびは最初の病気をしました。
朝、ご飯をやったが食べないがく〜(落胆した顔)。初めての事に焦って抱こうとしたら
ぎゃんっ!と聞いた事がない大声の悲鳴を上げました。
ヤバイ、なんだかわからんがとにかく重症だ!と即、病院へ。
 診断結果は『椎間板ヘルニア』 レントゲンでココですって言われた程、進んでました。
ジャンプさせてるでしょう?と問われ、ひらめき 心当たりがバッチリ。

ちょびさん、柵から出ようとピョンピョン日々たゆまぬ努力を続け、
成長とともに見事成功exclamation×2
しか〜し途端、もっと高い柵に入れられ、新たな目標を見つけたちょびは
俄然やる気!で、今度ばかりはどう頑張っても絶対無理な高さを飛び越えるべく
(こっちもそうそう甘くはない!)更なる努力を、日々続けていました。
『バカだねぇ〜』『いつ、己の限界に気付くんだろうねぇ?』
『いや、もしかしたらいつか越えたりするんじゃね?!』などと
呑気に眺めていた執事家一同たらーっ(汗)
即刻、蓋をするよう怒られましたあせあせ(飛び散る汗)

事ほど左様に何も知らずに、ちょびを飼っていたお外時代。
しかもほぼ放置だったので、ご飯をどうやってあげてたかとか
細かい事は全く記憶にない。
執事がちょびを構ってなかったっていうのもあるケド。
ただ、当時運転免許を取ったばかりだった執事が病院運搬係で、
その度に車にチチられて、ブチ切れした記憶だけは残ってますダッシュ(走り出すさま)

ちょびは放置されつつも、元気に3歳までお外で暮らしていました。
ひらめきあっ、でも夜は玄関のケージにいれてたのかも?!
ヘルニア発見した時、玄関のケージから出そうとして鳴かれた記憶が
甦ってきたぞあせあせ(飛び散る汗)

なにしろ15年も前なんで・・・たらーっ(汗)

頑張って遠い記憶を掘り返し、次のちょび引っ越すの巻を・・・。
10年位前の事からはなんとかなると思います、たぶん。
事件続発だったし。

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ まだ室内犬までの道は遠いです・・・。
遠い記憶を掘り返す作業にちょっと脳が疲れてきた執事顔(汗)
ニックネーム 執事 at 00:23| Comment(13) | TrackBack(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お、佳境に入ってきましたね。

「なかなかぶっとんだ事をなさる・・・」母親の遺伝子を受け継ぐ執事さんも、かなりなものじゃあないかと、このブログの記事を読みながら想像しております。

15年前の記憶なんてちょろいもんですよ。ぼくがまとめた子供の頃に飼ってた犬の話なんて50年前なんですから。
でも記憶をたどりながら書いていくと、突然フラッシュバックしてくることがあって、自分でもびっくりします。そのときの自分の感情までもが鮮やかに甦るんです。シャブ中のフラッシュバックってこんな感じなのかなあと思ったりして…。
それもこれも、犬と暮らすことが届けてくれたプレゼント。犬は人を変えるのです。(=犬と暮らして変わらないのは人でない証明なのです)
Posted by IKEGAMI at 2007年12月06日 10:03
ここら辺りのちょびちゃんは、はるに近い年齢なのでフムフム読みますよ。
ちょびちゃんは元々外ワンコだったんですね。執事母どのも色々逸話をお持ちのようで次も楽しみですが、コロサレそうあせあせ(飛び散る汗)だったなんて知りませんでした(笑)
離して正解だったかも知れませんね(爆)
執事さん、よく『ちょびはずっと放っておいた』と言われますが、家族で飼われてたんですから仕方ありませんよ。大体お世話するのはお母さんと決まってますから。家のお姉ちゃんなんてそんなもんじゃないのですか?ましてや働き出したら外の世界も大事になるに決まってます。まあ、執事家は執事母がお母さんだったので、色々問題があったのでしょうが爆弾(失礼!)
ウチは、私しか世話をする人がいないのが分っていて飼った訳ですから、世話をしているわけで、辛いと思うより楽しまなければやってられませんからね、あんなブログにもなる訳です。幸い外働きも辞めた時期だったので丁度良かったのですよ顔(笑)
執事さん今はもう過去の分、取り返してるんじゃありません?それを確かめるためにも次のお話待ってますよ^^
Posted by カカオ at 2007年12月06日 10:05
*IKEGAMIさま>
執事も執事母も非常に偏った性格なのは間違いないのですが、その方向性が非常に異質なので、同じ屋根の下にいると化学反応おこしてしまうというたらーっ(汗)“やか”のコト書いて正におっしゃる通りで、非常に鮮やかに感情を思い出しました。それと同時に“なんで、今アタシは執事やってんだ???”と微妙な混乱をも覚えました。よくよく考えれば、その思いが今に繋がるのだと納得しましたが・・・。私は変わるのに時間がかかり過ぎました。その悔いはやはりあります。その辺り、また書きたいと思っています。人になれたのかどうかをふらふら

*カカオさま>
ぶっとんでますよぉ。マジで。兄弟は大人なので、“かぁちゃんはああいう人なのだ”と早々に見切りをつけてましたが、執事は長女というのもあり、ぶつかりまくりでしたたらーっ(汗)とはいえ、無関心な父を除いても人手は一応出入りはあったものの常に3人はいたので、なんとなく誰かがやるだろうだったんですよね。しかも執事の犬じゃないもん!ってスタンスだったので顔(汗)そういうことじゃぁないんだよと今は思いますがもうやだ〜(悲しい顔)取り戻せているのかは??ですが、取り戻そうと思えたのは確かです。
Posted by chobimama at 2007年12月06日 10:28
執事に従事されたのは最近なんですね!
chobiくん、室内ワン→外飼いの逆コースでなくて良かったね。
と、なるとある時からchobiくんに急速に関心が行った訳ですね?そして執事に。いったい何があったんですか?ちょびどこに引っ越すの??続編待つ手(パー)
Posted by もじ子 at 2007年12月06日 12:31
猫にからかわれていたちょびちゃんに、猫をギャフンと言わせてやりたかったお母様の気持ちも良くわかりますよ^^
リード着けてから放った方がよかったのかもしれませんね^m^
無事でよかったですね(*^_^*)

ジャンプ・・・るくおもあまりジャンプさせないようにしようとは思ってますが、飛ぶんですよねぇ(@_@;)

私も昔のるくおの様子は結構忘れてますねぇ
続編楽しみにしてますので、記憶の糸をじわじわたどってくださいね(^_-)-☆

Posted by ポチ子 at 2007年12月06日 13:38
続きを早く〜グッド(上向き矢印)ですね。
私もこれを読むと実家犬とのかかわり思い出します。
これがたぶんそのころの飼い方だったのではないでしょうか?
ところで薪ストーブ、お母さんいまからでも
再挑戦できないかなあ?
もったいないです。Good
Posted by きな子ママ at 2007年12月06日 15:22
実家ビーのちいちゃんのところにも、
斜め向かいのおうちの猫が、しょっちゅうからかいに来てました
ペルシャっぽくて、それはそれは優雅な感じで
いくら吠えられても『…なんだかあのコ、うるさいわねぇ〜…』
くらいの態度に、我が家では勝手に『おちょくりん』と命名しておりました顔(イヒヒ)

イモ大好きなちいちゃんの脱走時の捕獲には、ふかし芋が最適でした〜わーい(嬉しい顔)
気付かれないように、寝ている間にふかし、深鉢に入れてラップもきっちり、
そして、『フツーにしまうように』食器棚に保管、という偽装工作をしても、
恐ろしく鼻の利く彼にはバレバレでしたあせあせ(飛び散る汗)
Posted by バニ母 at 2007年12月06日 18:10
*もじ子さま>
“やか”のこともあり、“ちょび”は兄弟の犬で私の犬ではないというスタンスだったのです。しかーし、兄弟は海外やらお子がお出来になったりやらでさっさといなくなり、いつの間にか残った私と執事母が面倒を見るようになりたらーっ(汗)病院係が私だったので、今の先生と出会ってからは、結局いつのまにかアタシの犬となりました。執事母もいつの間にか“どうする?”と執事に判断を仰ぐようになり、飼育責任者に就任した次第です顔(汗)今や執事母は『お姉ちゃんがいなかったらアンタは生きていかれないんだからいいコにしてるのよ!!』とたまにちょびに説教しに来る始末ですあせあせ(飛び散る汗)どこでどうなったのかは次回。

*ポチ子さま>
よかったわ、記憶が薄れてる仲間がいて顔(笑)ほっ。なにせ、塀がなかった庭で解放するって何を考えとるのか、執事には未だ持って執事母の頭ん中は???です。
家の目の前の車道を思いっきり横切って(嫌ぁな汗が流れました顔(汗))猛ダッシュでいなくなったちょびを同じく猛ダッシュで追いかけた弟あせあせ(飛び散る汗)執事は全く追いつけませんでした。おやつを掴む分で出遅れたし顔(ペロッ)猫を見失い、弟と緊張状態で向き合っていたちょびを見つけた時に弟が『いいか、姉ちゃん、大声出すなよ。そっと普通を装って、何気なくおやつを出せよ。』と顔(イヒヒ)冷静な弟で助かりました顔(ペロッ)るくお君も脱走歴ありだもんね。あのドキドキはもう勘弁だよねもうやだ〜(悲しい顔)

*きな子ママさま>
そうそう薪ストーブ、っていうか、実はストーブじゃなくて暖炉なんですたらーっ(汗)家に煙突付いてるの顔(汗)サンタさんカモーンるんるんなの顔(イヒヒ)既に荷物で塞がれてます、暖炉あせあせ(飛び散る汗)あーぁ、執事母って・・・。一番お金かかったぶっ飛びは暖炉だな、確実顔(汗)とんでもない人だ。

*バニ母さま>
『おちょくりん』ウマイ!!!
そうなのよね、ホントにムカッ!っとくる気持ちは分るんだ。分るんだけど、囲われてない庭にノーリードで放すってのは分らんのぅ・・・顔(汗)思い立ったら即、実行の人なんだよねふらふら見つかったから良かったけど、もし何かあったら、執事家もう大変な事になったと思うもん。お前だけは許さん!!ってパンチ弟、マジでキレてたしあせあせ(飛び散る汗)
ビーは宝探し大得意だもの顔(イヒヒ)こっちが忘れてても、ビーは知っているってのも多いし。ちょびもつい最近まで、密封容器に入れてあるフードの入ったキャビネットをカリカリ掘ってた犬(笑)赤ちゃんガードつけて開かない様にしてたもん顔(イヒヒ)敵いません、ビーには顔(ペロッ)恐るべし犬(笑)
Posted by chobimama at 2007年12月06日 19:26
ちょびちゃん、日々ジャンプ力を鍛えて鍛えて…
とうとう腰にきちゃったのね。
前回の障子破りといい、やる気のちょびちゃんらしいエピソードだなぁ。

木の苗を毎日ジャンプして、いつしか大木を飛び越えられるようになるっている、忍者マンガか何かのシーンを思い出してしまった^^;
Posted by かこまる at 2007年12月06日 20:12
はじめてコメントさせていただきます。
ワンオンワンの木村と申します。

いつもブログ楽しく拝見させていただいております。

弊社では、愛犬家の、愛犬家による、愛犬家のためのWEBサイト「woofwoof」
http://www.woofwoof.jp/では、愛犬家の皆様のブログをご紹介するサービスを
行っております。

ご登録いただいたブログには、月間150万ページビューを誇るwoofwoofからリン
クが貼られ、より多くの方にブログをご覧いただけるようになります。
各地域やカテゴリーごとにも記事の投稿ができますので、
愛犬家同士の情報交換にも役立つのでは、と考えております。
是非この機会に、オフィシャルブロガーとしてご登録いただき、人と犬とがもっ
と豊かに楽しく過ごせる環境づくりに力を貸していただけないでしょうか?

現在、ブロガーさんの登録キャンペーンをおこなっており、
woofwoofのバナーをブログに貼っていただきますと、
クオカード500円分のプレゼントも行っております。

以下のホームページに情報が出ていますので、ご登録をお願いします。
http://www.woofwoof.jp/blog_portal/



///////////////////////////////////////////////
〒107-0061 港区北青山3-15-16
株式会社ワンオンワン
TEL.03-5879-6033/FAX.03-6418-6101
http://www.1onwan.jp/
e-mail:kimura@1onwan.jp

愛犬家の、愛犬家による、愛犬家のためのWEBサイト
http://www.woofwoof.jp/
///////////////////////////////////////////////
Posted by ワンオンワン木村 at 2007年12月07日 11:26
*かこまるさま>
でしょぅ顔(笑)昔っから果てしない犬だったの、ちょび顔(イヒヒ)それに付き合っているウチにこっちもね←そうか?!
しかも結構な確率でちょびはやるんだわ顔(イヒヒ)努力して、成功のパターン。
すげぇ!!天晴れ!!って見守って来ちゃったし、執事一家も顔(汗)
もうこれは執事の犬の特徴ということで、このまま行って戴きます。はい顔(ペロッ)
さくらちゃんみたいな繊細なコを執事が飼ったら、きっと絶望して家出するんじゃないかと思うわ顔(汗)愛想をつかされる気がするあせあせ(飛び散る汗)

*ワンオンワン木村さま>
そちらのサイトで紹介なさっているベジタブルサポート、実は最近知って、導入を考えています。まだあまり知名度のないこの商品をお扱いということで、ソチラのサイトも拝見してました。検討させて戴きます。
Posted by chobimama at 2007年12月07日 12:45
サスケのダイエットにコメント有難うございます^^
早速お邪魔しました
専門的でもあるブログなんですね
みんな相談も多いんですねえ
すごいです
わああまたアドバイスもらいに来ます
よろしくお願いします^^
Posted by サスケ母 at 2007年12月08日 22:04
*サスケ母さま>
実はちょびはカボチャで太りました。下痢の回復食でおかゆを半月程あげていたのですが、野菜を入れろと獣医に言われ、調度冬だったので、日持ちのするカボチャを日々投入してたら、バッチリ顔(汗)先生に怒られましたがく〜(落胆した顔)野菜とは炭水化物ではない!と。昨冬には執事のおやつの焼き芋を一口だけって1日数十gずつ上げてたら、やっぱり太りましたもうやだ〜(悲しい顔)炭水化物は結構要注意だと思い知りましたたらーっ(汗)昨冬はしっかりカロリー計算したご飯だったので、太った原因は毎日の焼き芋以外に考えられず、こんなに直ぐ結果が出るんかい目ととっても執事自身、驚いたので。お通じにはとっても効果のある繊維質を豊富に含むナイスな食品ですけどね♪美味しいし顔(イヒヒ)サスケ君、元気いっぱいですし、あっさり成功しそうな気がするんですけどね。運動量多い子は早いみたいですよ、痩せるの。頑張ってね、サスケ君♪
Posted by chobimama at 2007年12月08日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/974397
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック