2007年07月29日

やる気なちょび(いつもね)ビビリの執事(ほんとはね)

このブログを始めて約半月。
お陰さまで、いろんな方たちに見ていただき、
たくさんのコメントを頂戴した。
そして、その中のお一人であるとうこさんとは
実際にお会いすることまでできた執事。

ありがたいなぁ・・・と心底思う。

1人と1匹暮らし、しかも動きの鈍い、反応悪しな老犬。
多くの犬ブロガーさんのわんちゃん達みたいに日々のネタになるような事は
何一つない、繰り返しの毎日顔(汗)
べったり張り付くちょびをホントに愛おしく思う一方、
変化は衰えしかないちょびとの生活はやはり執事の心に
閉塞感を生じさせた。

そんな中で始めたこのブログ。
面倒くさがりの執事だが、思いのほか楽しく続けることが出来た。
いつもと変わらぬちょびの仕草もカメラを通すことで新鮮だったり、
『いつものアレ、やってくれよぉ!』と何故かカメラを構えると
やってはくれないちょびを追い回したり。
これもあれもと書きたいことリストはどんどん膨らみ、おもわず
先にカテゴリーだけ作っちゃったりして顔(イヒヒ)
記事0表示のカテゴリーにお気づきの方、いらっしゃるかもしれません。
いずれ書こうと思ってますので、その時はよろしく手(チョキ)

コメントを通じ、何人かの方とやり取りをさせて戴き、記事では
伝え切れなかった
執事なりの意見を伝えさせていただいたりもした。

老犬の老化は仕方ない。飼い主が出来るだけのことをして、ある意味
こんなもんだとかしょうがないとおおらかに、ちょっとでもそんな老犬との
楽しかったり、幸せだったりする時間を飼い主も味わおうよるんるんと。

これは本当に執事の本心だ。

でもいやがらせチッチにブチキレたり、立てないちょびに涙したり、
どこまでもいつまでも果てしなく付いて回るちょびにいい加減にしてくれと
疲れ果てたり、深夜歩き回るちょびに寝かせてくれぃと頼み込だり・・・もまた現実だ。
寝たきりな訳でもなく、まだ歩ける、見る限り元気なちょびだが(だから?)、
実際一緒にいる執事の生活は少なからず、ちょびに振り回されている。
外出中はずっと徘徊しているらしく、帰宅すると呼吸は荒く、
へたするとチアノーゼが出てるし、足なんかヘロヘロ。
しかも緊張や不安からか留守番中は水を飲まないことも分かった。

この状態、非常に心臓発作を起こす危険性が高い。
発作が起こった時には直ぐにニトロを与え、酸素吸入させながら、
即刻病院に行かねば、ちょびの心臓の状態ではほぼ命は助からない。
しかも執事家から病院までは30分。ギリギリの時間なのだ。
だから先生からは発作が起こったら即電話するように指示を受けている。
ちょびを運ぶ30分の間に、準備万端整えて待機するからと。
“お風呂とトイレ以外の時間なら繋がるから”と笑って先生は緊急連絡先を教えて下さった。
通常、先生は時間外は留守電対応の折り返し連絡しか受けていらっしゃらない。
その御厚意は心底ありがたかった。しかし、それだけ時間との勝負なのだと認識させられた。

そんな状況が分かっていても、ずっとちょびに付いててやるわけにはいかない現実。
ある程度自宅で仕事ができる自営業とはいえ、どうしたって外に出なければいけない時もある。
長時間の外出を要する仕事は諦めるか、先生に預かってもらってやりくりするしかない。
預かりは時間の制限から、朝イチや夕方の仕事は送迎が間に合わない。
必然的に昼前から午後半ばの限られた時間での外出となる。
それでも時間が足りない時には、可能であれば先方に無理を言い、
出来るだけ執事の移動時間が短い場所での打ち合わせをお願いしたり。

日常生活の買い物などは、24時間営業スーパーで、
深夜ちょびが熟睡してから済ませている。

そうやってやりくりして、2時間程度の外出はちょびを置いて行くのだ。
なにもありませんようにと祈るような気持ちで、でも帰った時に最悪の事態もありうると
ちゃんとお別れをしてから出掛けるのだ。
自分の身支度の時間が足りずとも、これだけはちゃんとする。執事が後悔したくないから。
でその執事の行動がおもいっきりちょびの『分離不安』を増長させる原因になっている。
最悪である。。。

分かっちゃいるけどやめられないっるんるん てやつだ。

ただ幸いなことに、ちょびの病気の治療に関しては、今の執事に迷いはない。

*麻酔が必要な治療はたとえなにがあろうともしないこと
*ちょびの負担が大きい処置は基本的にしないこと
*ちょびのQOL(クオリティーオブライフ・生活の質)を最優先させること
*安楽死という選択は執事にはないこと   
等の方針は8歳以降の9年間の先生と執事とちょびとの関係の中で
徐々に確固たるものになったから。
 
よく聞くQOL。実は執事は学生時代にこのQOLについて学んでいた。
人の医療現場でのQOLを考える『生命倫理』という分野。
QOLは人それぞれであり、『自己決定権』を持って選択・行使すべきである
という考え方の学問。
そんな基礎もあったので、ちょびの治療方針にぶれや迷いはほとんどなくこれまでやって来た。

だが治療に関しては迷いはなくとも、やっぱり老犬との生活は不安や迷いだらけだ。
ちょびはしゃべれない分『自己決定権』は多分に執事の意思に拠るものとなる。
(もちろん、先日の低反発マット拒否のような行動による自己決定権は
バッチリ行使してるちょびだけど顔(汗)
だからちょびのQOLはちょび自身の選択というより、
執事が“ちょびの犬生こうあって欲しい!”というエゴだ。
それがわかってるからこそ、不安で、迷うのだ。
執事の選択をちょびがどう思うかは永遠に分からないから。

答えは見つからない。きっとずっと見つからない気がする。
8歳までのちょびに対する後悔はこれまでもこれからもずっと消えない、と思う。
でも、そんな中で少なくとも、ちょびと別れるその時に
“執事、精一杯やりました”と言い切りたい。




ただそれだけだ。



桜.jpg

今年の春に桜咲く近くの公園でいちごを召し上がるちょびと給仕する執事。
幸せな時間の思い出の一コマ。
ちなみにいちごはちょびが自分で背中のリュックに入れて
背負って行ったんですわーい(嬉しい顔)


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 今日はお願いする元気も出ない執事です。
でもバナーは貼っておいたりする顔(ペロッ)
ニックネーム 執事 at 09:42| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょびちゃんが老犬5年生ならママも介護5年生(^ー^)
ちょびちゃんが老犬6年生ならママも介護6年生。
ママが始めてならちょびちゃんも始めて。
うちも約十年ちょいの介護生活になりますが、やっぱりミカわんが老犬12年目なら私は介護12年生。
その年その時でミカの事情も大分変わって来た分、立ち止まって悩む事も呆れるほど沢山(^m^*) でもそれぞれで抱えてる問題は違えど老いを支えるという基本はみんな同じ^^完璧じゃないからこそ自分らしくて一番味のある介護が出来るんだと思いますよ。
介護12年目であると同時に、子育て12年生でもあるんですが(爆)決して立派な母ではない分あやちんにぶちぶち言われる事も実は凄い沢山ww でもやっぱり私はどんなに頑張っても私流での育児しか出来ないから、きっとこれから先も自分らしい子育てのままのほほんと人一人を育てあげて行くんだと思う。
途中実父が末期癌で倒れた事があった時は子育てと父の介護とミカの介護との板ばさみだったけれども、でもあの時を超える事が出来て今があるのもやっぱり、全てはオーダーメイドだったからなんだと今思います。
吠えたい時はどうぞ肩を叩いていつでもあたしを呼んでね(*≧m≦chobimamaさん♪
非力ながらもなにかお役に立てるのであれば大喜びで向き合うですよんGood
Posted by あやぽん at 2007年07月29日 16:04
*あやぽんさま>
もうやだ〜(悲しい顔)。心強い応援・励まし、感謝です。老犬とはいえ、これまでのちょびの老化は
穏やかなもので、執事が出来るサポートで上向きorキープをして来ていただけに、今回の
一気にぐずぐずっと崩壊な感じはまさに晴天の霹靂でした。
また、ちょびのメンタルがここまで弱っているとは全く思いがけなかったので、
これもショックだったし。執事の鼻息荒い挑戦に常に受けて立ってきたちょびがまさか
ただただ鳴くとは・・・。初老期が終わったのかも知れません。
ご心配おかけしてすみません。↑は執事なりの決意の確認(ってまた鼻息荒いあせあせ(飛び散る汗))です。
正直、いままで面倒は見てきたけど、抱きしめることはなく暮らしてきたので、
(意識的に猫可愛がりになりそうで避けていた)これからは自重することなく目いっぱい
可愛がっちゃおうと思ってます。リハビリは棚上げですが、レーザー治療を受けると楽に
なるのは確からしく、本人も段々慣れて来たので、
対処療法ですがこちらを継続して行くつもりです。
今日も雷雨上りでちょっと風が涼しくなったので、
治療の帰りに介護ハーネス付きで散歩しました。
なんだか本末転倒な話なんですが、これでいいと思ってます。ちょびに『よかったね』と
言える事を増やして行きます。それが私なりの介護になるように。
Posted by chobimama at 2007年07月29日 18:39
chobimamaさん、私も微力ながらいつでもお手伝いさせてもらいます。手(チョキ) 気兼ねなくSOSしてくださいね(^-^)

全てがはじめての連続。あやぽんさんも仰ってるけど、色んなことに悩み、立ち止まりながら自分流を作り上げていくしかないと思います。きっと。ていうか、あやぽんさんやchobimamaさんのほうが介護歴は大先輩。私が言うまでもないですねあせあせ(飛び散る汗) 私などひよこにもなれず終わっちゃいましたから〜(^^;
Posted by とうこ at 2007年07月29日 22:02
chobimamaさん、初めまして♪
こんばんは!

いつもは、バナーをポチっとするだけの読み逃げ犯なのですが・・・。

ちょびちゃんとchobimamaさんのこちらのブログ、いつも楽しみ?!に勉強させて頂いています。
介護予備軍の私としては、希望の光です。
これからも勝手に応援&勉強させてくださいね。
よろしくお願い致します。
Posted by みらい at 2007年07月29日 23:35
chobimamaさん、こんばんは。
ちょびちゃんに対する愛情がヒシヒシと伝わってきました。アタシは、まだ介護未経験で何のアドバイスも助言も出来なくって・・・あせあせ(飛び散る汗)ごめんなさいふらふら
うまく言えませんが、ちょびちゃんの「やる気」それに応えてるママさんの頑張りには頭が下がります。
だいにも、近い将来必ずやってくる老化。
アタシもママさんの様に出来るのか自信ないです。でも、ある日突然やってくるかもしれない・・・ママさんのブログにお邪魔したのは、とっても勉強になるexclamation×2って事と、どれ読んでもスゴイなぁーって共感できたから、そして17歳を迎える13インチビーちゃんが実在してる事が、とってもうれしかったんです犬(泣)
だいも5年後こんな感じの顔色してんのかな〜ってね顔(笑)
それに、先週のアタシにとって救いの神って言ってもいいくらいだったんですよexclamation×2色々なお話、ありがとうございましたm(_ _)m

だいは、すっかり体力も回復して前以上に「やる気犬」発揮してますダッシュ(走り出すさま)いよいよあさって手術ですが、どうなるか乞うご期待Clapって感じです。だいも頑張ります、ちょび兄さん頑張ってるもんねexclamationアタシが言うのも変ですが、マイペースでいきましょうねGood

P.S:もし、宜しければリンクさせてもらいたいのですが・・・如何なもんでしょうかexclamation&question
Posted by なな at 2007年07月29日 23:38
*とうこさま>
またまた顔(泣)。 何をおっしゃいますかぁ?!ひよこなんてとんでもないですあせあせ(飛び散る汗) 
そうかぁ、ほくと君は一気にでしたものね・・・。
そう考えるとこの1年程の時間はちょびと執事にとって貴重だった気がします。
ちょびが『あのぅ、老いて来たんですが!』って執事に教えてくれてた気が。
それに気付きつつも『これでどうよっ!?』って今までの感覚でちょびに喧嘩売ってた執事。
これからは『どうかね?』って聞きつつゆるゆる行かないと、ですね。
本当に心強いです。たとえ、最終的に寝たきりになっても、
経験と知恵のあるとうこさんがいるんだものexclamation×2 これからもよろしくです犬(足) 
Posted by chobimama at 2007年07月29日 23:43
*みらいさま>
 ぽちっとして下さるだけでも十分嬉しいのですが、こうしてコメ残してくださる事で
タローくんにも会えてもっと嬉しい黒ハート でも、みらいさんの方が執事なぞより
ずっと詳しくいろいろ調べてらっしゃるから、冷や汗でまくりがく〜(落胆した顔)
なにかないかととことん調べる様が執事と同じタイプとお見受けしました!同士発見、
ウレシイです顔(笑) でも希望の光なんかにしちゃうとヤバイっすよ、マジで。
犬もそれぞれ、飼い主もそれぞれ、でもなんかのヒントになったらって位。
こちらこそ、これからも覗いていただけたら嬉しいです犬(笑)

*ななさま>
 大ちゃん、ケージ生活だいぶご不満なようで・・・犬(怒)
ななさん、とんでもないですよ!執事はちょびより年下の大ちゃんを見せていただいて、
ちょびの昔とダブらせて、思い出にしばし浸るのがなによりのビタミン剤手(チョキ)
一緒に重ねた年月の積み重ねの延長ってだけで、介護はいつの間にか始まるから、
なんとかなります、絶対。って執事のここ数日の様子では説得力ゼロだけどあせあせ(飛び散る汗) 大ちゃんの数年後をちょびに重ねて戴けた事、執事何よりですexclamation×2 
そう、そうやってちょっとでも想像することで早めにいろんな事できるんじゃないかって
自分の反省と後悔を公開しようと始めたこのブログだから。
いまでは反対に皆さんに支えられっぱなしですがたらーっ(汗)大ちゃん、まだまだやる気!
のようですが、やはりビーでもストレスは免疫低下に直結するのを昨日実感した執事なので
(今日は目やにでまくりたらーっ(汗))無理にケージ入れとくより観察しながら、外の時間を
増やすほうがいいかもね。ビーの場合は特に『お犬様の言う通り』がよいのかも。
でもそれ実行するにはママはその対処でヘロヘロなんだけどさ。
明日あたり新たなちょびの『やる気』に振り回される執事の模様をUP予定。 
手術、無事済むことを願ってます!がんばれ、大ちゃん、ななさんexclamation×2
Posted by chobimama at 2007年07月30日 02:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/970995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック