2007年07月24日

室内ハウス “ちょびを囲え!!”

ブログ用ハウス 002.jpg

これがちょびの室内ハウス、いわば犬小屋です。

どっかで見たことあるって方も多いかと。
観葉植物の越冬用のミニビニールハウス?!です。
プラスティックの3段のひな壇になっている観葉植物棚あるのを
ご存知でしょうか。それをすっぽり覆えるものです。
秋口になるとホームセンターの園芸売り場に登場します。
執事はセールで¥1680で購入しました。

12歳からちょびは暑い時期には獣医さんのアドバイスで
除湿冷房がある小部屋に入れていました。
当然ながら閉切りです。始めの頃はおとなしく入っていたのですが、ここ2年ほどは
閉じ込められるのが嫌らしく、断固入らなくなってしまいました。
本当に先日の低反発マットレスといい、ちょびの頑固一徹!は執事泣かせたらーっ(汗)
執事も“思い込んだら〜っ試練の道を〜るんるん”(って若い方はご存じない?
お父さんがちゃぶ台ひっくり返すのよ顔(イヒヒ))なタイプなので、負けじと
食卓に敷く透明ビニールシート(食堂とかに敷いてあるやつです)の最も薄いものを
買って来て、冷蔵庫の内部につける省エネカーテンの要領で開けたドアの上に
2枚を一部重なるように下げて、“ドアは開けっ放しだけど、省エネ”
しかも透明だから見える即席ビニールカーテンを作成。
これでひと夏をしのぎました。が昨夏、それすらも断固拒否。
家族のいる茶の間の見える暑い場所に張り付くようになってしまいました。
そこで組み合わせたすのこのやぐらを透明ゴミ袋を張り合わせたシートで覆い、
即席室内テントを作成しその中に除湿冷風扇の風を送るようにしました。
(除湿冷風扇風機本体ごと中に入れてしまうと、排気が暖かい為、温室になりますので
排気口はかならず外に出すようにしないと駄目です。)
しかし除湿した排水をためるタンクが数時間で満タンになって停止してしまう為、
長時間留守番や夜間など、ちょびが煮えてしまうがく〜(落胆した顔)危険が。
執事はタンクを外して、排水管を外側に出し、タライで排水を
受けるようにしました。
排水管が固定されてる場合はホースを付ければ、
タライ(じゃなくてもいいんですが、排水管より低いものでないと流れない)に
排水可能ではないでしょうか?
また執事はゴミ袋をせっせと張り合わせましたが、その後ホームセンターの
農具売り場で本物のビニールハウス用のビニールシートが安価で
販売されている事を知りました。ちぇっ、無駄な苦労しちゃったわふらふら

寒くなったら、除湿冷風扇のかわりにホットカーペットと加湿器を入れて
そのまま室内テント暮らしをしていたちょび。
そんな時にこのミニビニールハウスを発見した執事。
人様に見せられたもんじゃなかった室内テントより断然見た目が
いいじゃん!と飛びつきました。
使ってみると、ちょびの背の高さだと不必要な高さであることに気付き、
暖房効率を上げるべく、100均でやわらかいアルミポール4本と
金ノコを調達し、短くカット。元々の半分ほどの高さに改良しました。

引っ越した現在、エアコンの除湿をかけているので、
夏場はこの室内ハウスは不要なのですが、
しまってしまうと、寒くなった時に断固拒否されかねないのであせあせ(飛び散る汗)
ちょびの性格を学んだ執事はそのまま室内ハウスということで設置続行。 
ちなみに入口はファスナーで開け閉め可能。
上部に温・湿度計を下げてチェックしています。
意外に室内温度は犬の高さと人の高さでは違うので犬の高さの温度の
チェックが必要かと思いここに取り付け。

ちょびは4歳までお外で、それ以降は庭と出入り自由なサンルーム
(というか物干し場)で過ごし、2年前から室内犬と環境を変えて暮らして来ました。
実家リビングは茶の間の床生活で、しかも掘りごたつだったため、危険が多く
ちょびを入れてあげられませんでした。
園芸用ラティス30cm幅をL字に100均の万力で固定し、重しを置き、
進入を防いでいました。それでも力ずくで進入して掘りごたつに落ちたことも。
帰宅したらちょびがおらず、どこを探しても見つからず、最後にまさか?!と
コタツ布団をめくったら真っ暗な中にちょびがいたんです。
電源入ってなくてよかったよぉ顔(泣)
この事件は“ちょびのイリュージョン”として執事家では語り継がれていますたらーっ(汗)
進入防止ラティスは市販のペットガードより安くすむので、これは引越し後も愛用。

このように執事は不屈の精神と最小限の野口英世で顔(イヒヒ)
ちょびの心変わりに対抗して参りました手(チョキ)
ペット専用なもの買ってたら諭吉がいくらあっても足りないから・・・。
でも1番いいのは仔犬の時からちゃんと一緒に暮らしていけるように
しつけをすることなんでしょうね、きっと。
ちょびはお外犬として飼ったはずが、シニア期を迎え突然室内犬にせざるを得なかったから
お互いなんとか折り合いをつけるしかありませんでした。
犬にエアコン必要だなんてこれっぽっちも思わなかったし、
寒さ対策で洋服着せるのもマジ?!って驚きだったし。
ちょびもきっと同じだったはず。執事が無知だった為に、いらぬ苦労をさせました。

ドン引きされそうな、執事とちょびの交戦、みなさんの感想はいかに???

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 今日もありがとうございます。お疲れ様でした。最後のもうひと頑張りでぽちっとお願いできますでしょうか、ぜひ。




ニックネーム 執事 at 00:01| Comment(10) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
有難うございます〜ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
やはりこうして目にするのと想像するのとでは大きな食い違いが生じるものですねA ̄∀ ̄;一人ワケ分からん方向へと爆走するところでした顔(汗)拝見出来て良かったーあせあせ(飛び散る汗)

犬にエアコンは私も実際想定外でした。と言うよりも、エアコンが必要になる年齢まで一緒に居ることになるとは当初思いもしなかったのが正直なところなんですが、でも自然で育てたからこそ環境に対応できる丈夫な体を持った成犬期〜シニア期を過ごす事が出来るのもまた事実かなと。
もし寒暖の差から身を守るためにとシーズン毎にエアコンや洋服を取り入れていたとしたら・・たぶん22歳のミカは今ここに存在しなかったように思います。
アレルギーなど人並みの疾患が続発してきた現代では返ってそれがないと困る子が居るのも確かな事実ですが、ちょびちゃんが大きな病を抱えていても16歳の今をママと生きる事が出来るのも、薬のお陰こそあれどそこはやはり小さい頃を四季のあるこの国の自然の中でママに育てられた期間があったからで、その間に培われた生命力や抵抗力、免疫力がとても関与してるんだろうなと思いながらいつも拝見させて頂いてた次第です(^ー^)
昔のワンコはみんな元気なもんでしたが、そういった部分ってかなり自然ある暮らしと直結してるように思えてなりません。
・・・・ってコメ長ーっっむかっ(怒り)むかっ(怒り)
ダラダラとすみませんでしたバッド(下向き矢印)
Posted by あやぽん at 2007年07月24日 00:51
犬にエアコン。はい、はーい!私も想定外でした。顔(汗) ていうか、寝たきりもおもいっきし想定外あせあせ(飛び散る汗)
室内犬が多い今は、エアコンや暖房なしで生きられるワンちゃんのほうが少ないのかもしれない…と思ってしまいます。

それにしてもちょびちゃんハウス!創意工夫して、よくぞここまで仕上げましたね。拍手喝采ですよ〜ClapClapClap
はじめて飼ったちょびちゃんのために、こうやって色んな工夫をして、いっぱいの愛情をかけてきたんですね。chobimamaさんの”受け止め拒否”の真意がようやく理解できた気がします。でもそんなchobimamaさんだからこそ、どんな時もちょびちゃんと向き合っていける、私はそう確信しましたよん(^-^)V

ちょびちゃん、執事ママのためだけじゃなく、自分のためにも冬の入室拒否はしないであげてね(^^;)
もし、寝たきり前のほくとにこれを使ったら……ビニール全部食いちぎっちゃいます(笑)

あ、忘れるところだった。マットの件はうちのコメントにレス入れておきました(^-^)
Posted by とうこ at 2007年07月24日 04:13
*あやぽんさま>
 あははっ。実家での初代室内テントは実物見ても十分に訳わかんない代物でした(爆)あやぽんさまが執事のつたない説明でどんなんをご想像したのかしらん?ってかミカちゃんの役に立ちそうもない気がする。ゴメンなさいね。

確かに、基本、放置のサバイバルお外時代があったからこそ、今のちょびのタフさが培われたとあやぽんさんと同感の執事。でも、無知で歯磨きなどの健康管理放棄してしまった事は大きな後悔ですが・・・。小さい頃からの習慣がないと後からじゃ出来ないことが多いですもの。健康管理は義務だけど過保護はイカンってことかな。って今や自他ともに認める過保護ママが言うな〜顔(え〜ん)

*とうこさま>
 ほんとですよねぇ。外わんはべこべこアルマイトの鍋で犬マンマと信じていた執事は(古いよ)ドッグフードや食器を与えているだけで、贅沢ちょびめ!と思っていましたたらーっ(汗)
座敷犬(これも古い?)もまだほとんどいなかったし、ちょびと同じ“犬”カテゴリーとは考えてませんでしたあせあせ(飛び散る汗)

工夫→節約、熱意→対抗心が真実です顔(汗) いい方に誤解していらっしゃるかとあせあせ(飛び散る汗)

マットの件、本当にありがたいご提案をありがとうございます。ちょびよりもっと必要な方がいるハズと思うと、いいのかしらと戸惑いもあるのですが、数日試させて戴いてOKならば、お返しするという事でお願いできますでしょうか。ほくと君の大事な形見、ちょびにほくと君の残り香嗅がせて、パワーをもらえたら何よりです。なにしろ頑固犬なので、買って拒否だと執事がまた凹むのを思いやって下さってのお申し出と本当に涙。ちょびのみならず、執事の事まで理解して戴いて・・・。
とうこさんになんのお返しもできない執事で情けないのですが、ちょびの執事を卒業した時に、今のとうこさんの様にどなたかにちょっとでもなにかをお返しできるような老犬飼い主の輪に連なれたらと思います。
詳細をご相談させていただきたく、お手数ですがmail to頂戴できますでしょうか?アドレスさえ分かれば、こちらからご連絡させて戴きますので。厚かましいお願い、何卒よろしくお願いいたします。

執事、先日のミカちゃんコメでとうこさんとの共通点知りました。執事も灰作成に勤しんでます。窓開けられないので強力空気清浄機顔(汗)


Posted by chobimama at 2007年07月24日 13:05
おお!ナイスアイデアq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
ごみ〜ん、オイラ、布団が入ってるやつかと思っちまったでよ(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

貧乏人とセレブの違いじゃねぇ(≧3≦) =3
Posted by かかもっちー at 2007年07月24日 13:29
はじめまして顔(笑)
11歳の13インチビーグル「大吉」と暮らしています「なな」と申します。ブログ村に登録して、ビーグルランキングを見て、お邪魔しました。
ちょびちゃん、とってもかわいぃ〜ですねるんるんうちはずーっと外犬です。だいは、先週の日曜日に異変があり検査した結果、去勢をしていないせいで前立腺の病気になってしまい、31日に去勢手術する事になりました。現在は玄関にケージを置いて、その中に入れての生活です。外に出しっぱなしだった為に、家の中に放すとそこら中にマーキングの恐れがあり、放す勇気がありません。
ちょびちゃんは、外右家の中での生活に変わってからどうでしたか?家の中で暮らす・・・というのが全くの「想定外」なもんで・・・お時間がある時にまたお話聞けたらなぁ揺れるハートって思い、コメントさせて頂きました。
このハウスもとっても参考になりますexclamation×2ママさんの愛情がヒシヒシと伝わってきますよ揺れるハートちょびちゃんはとっても幸せですねっ顔(メロメロ)
ではでは、また遊びにきま〜すHello
長々とヘタクソな文章でごめんなさいm(uu)m
Posted by なな at 2007年07月24日 13:44
*かかもっちーさま>
 ぎゃははっ!確かに入っとるわぁ、こんなんに。
小さく見えるが幅1Mあんのよ。相当邪魔よ、6畳にコレ。トイレもデカイしねたらーっ(汗)
梅殿のご機嫌はいかに?ってアンナ王女、ママ経験ありなのかしら?隠し子したりしてぇ。ギャルのいけない・・・ムフッ。

*ななさま>
 大吉くん、早速見に行ってきました!
う〜ん、ここにもいたか!やる気犬。
お気持ちは痛いほど分かります。執事はななさんより6年長く戦ってますんでたらーっ(汗)
 でも、小さなお子さんにはとってもよい犬だと思います。執事の姪4歳と甥2歳も
ちょびが大好き。甥はずっとちょびの胴体にしがみ付いてるしあせあせ(飛び散る汗)
えっと室内生活については大吉くんページにメールさせて戴きますね。
手術、とっても心配だと思いますが、麻酔はいきなり掛けるのではなく、段階的にしますし、去勢自体は短時間だから、きっと大丈夫、だって野生児ですもの!!


Posted by chobimama at 2007年07月24日 15:57
こんばんは三日月
早速、お返事そしてメッセージをくださってありがとうございますexclamation×2
そうですよね・・・そんな簡単にビーグルに分からそうと一瞬でも考えた自分が浅はかでした・・・あせあせ(飛び散る汗)
まだ、何も始まっていないのに、気持ちが先にいってしまってました。
とっても参考になるメッセージをわざわざありがとうございました顔(笑)(返信で届くか分からなかったので再度こちらにもお邪魔しました。)
おまけに、だいのブログもさかのぼって読んで頂いたみたいで・・・うれしいです揺れるハート
「底抜けのやる気」には笑いました〜その通りですよーバッド(下向き矢印)悪い事して怒っててもあのアイラインばっちりな目で見上げられるとププッてねっ顔(笑)
確かに歳とって落ち着いた所もあるんだけど、残念な事に今回の入院で更に甘えが酷くなった感じがします…トホホ…色々考えなきゃダメな課題山盛りですが、気長に構えて楽しくやっていこうと思います。また、相談にのってもらえたらうれしいですexclamationありがとうございましたm(_ _)m
Posted by なな at 2007年07月24日 22:27
*ななさま>
 いきなり長々とごめんなさいね。キツイことばかり書いてしまって、ちょっと心配です。
でも“底抜けのやる気”があるからこそビーにとっては、
新しい環境は新しい発見!となり、“いぇ〜いっ!”と
いたずらしまくるんじゃないかとあせあせ(飛び散る汗)
被害者のこっちはたまらんですがたらーっ(汗)
甘えは年取るごとに進みましたねぇ、ちょびは。
今や、痴呆の1症状とまでいわれる分離不安バッチリですから。
たぶんだいちゃんが室内暮らしでこれからやるであろうことは
ちょびが既にやらかしてる事な可能性が高いので顔(汗)
(で、執事はムキになって交戦した可能性が高い)
またなにかあればこんな駄目執事でよろしければどんどん
遠慮なく言ってくださいましね。待ってます!
Posted by chobimama at 2007年07月24日 23:26
今朝、病院に行ってきました。
内科的には問題もなく、発作の前後の状態から脳の病気によるてんかん発作のようです。
このところのミッキーの状態を考えて、積極的な治療はせず、経過観察することにしました。
昨日のミッキーは、裸のお尻も耳も、今朝よりあきらかに熱かったので、引き金になってしまったのかも。
注意しすぎるくらいでないと・・・・ですね。

コメントいただく前から、ちょびちゃんのブログ拝見してました。
どの飼い主さんも、愛犬が少しでも快適に過ごせるよう工夫されていて、勉強不足を思い知ります。
ワンコの状態も日々変わるし、ホント試行錯誤ですよね。

いろいろとありがとうございました。
また覗かせていただきますね^^
Posted by KI-KO at 2007年07月25日 12:09
*KI-KOさま>
 てんかん発作でしたか・・・。でも、てんかん持ちながら、
共生して穏やかに暮らしている高齢犬はたくさんいますよ!
高齢になればなる程、積極的治療は受けにくくなるし
(まず麻酔が難しいし、沈静かけると床ずれの危険だし、環境変化の痴呆も心配などなど)
そのリスクより、一緒に過ごせる時間の方が大事になったりしますよね☆
だからこその予防しかないんですよね。
なんか一人で心配してさんざん騒がせてしまって、ゴメンなさいね。
なにしろ失敗経験者なので、で熱中症なら高齢犬でも早期処置で治療が可能なので
焦りまくってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
お許しください。

これに懲りずに、また覗いて戴けたらウレシイです。
執事もミッキーちゃんのお顔見に行かせて
戴きます☆
Posted by chobimama at 2007年07月25日 14:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/958975
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック