2007年07月25日

ちょびの薬

薬縮小.jpg

これは全部ちょびの薬たらーっ(汗)

酸素缶(老犬の当たり前Aコメント参照)の左側が毎日飲む分。
で右側が過去に飲んだ薬。
胃薬・吐き気止め・くしゃみ止め・腎臓の薬・抗生剤・下痢止め・鎮痛剤に消炎剤、
目薬だって3種類・・・。ふぅ。
そんなに病気がちじゃないんですけどね、ちょび。
でもなんやかやと、改めて並べてみるとよくもまぁあるもんだ。


よく“症状治まったらやめていいですよ”と言われたお薬、
余ってませんか?
(先生の指示なしに自己判断でやめるのは危険です。
知ってるわんちゃんはそれで目を失明してしまいました。)
そういったお薬、執事、日付を書いて、保管しておきます。
で、具合が悪くなって病院にいく時に持参します。(右側の籠に
1まとめにしておき、ぶら下げて行く)
そうすると残っている薬で使えるものがあれば、使えます。
で薬代減ります顔(イヒヒ) エコだしね。
古くなってるものはその時先生に見てもらい処分。

でも1番の利点は急に具合悪くなった時。
執事はまず獣医さんに電話します。いきなり連れていくことは
ほぼ皆無。でお伺いをたてます。
結構な割合で、緊急性はないから様子をみましょうという
返事が返ってきます。
これは執事が超ビビリだからってこともあるかも・・・あせあせ(飛び散る汗)
そんな時に、先生は執事の手持ちの薬を見ているので
“○○の薬あればあげて見てください”とアドバイスを下さいます。
1日様子をみていると大抵は治まります。
これでまた節約顔(イヒヒ)

でもこれはちょびだから通用する部分があると思います。
ちょびは月に3〜4回通院しています。
通常の心臓薬は10日に1度。で、薬貰うだけって時でも
天気がいい限りはちょびも連れて行きます。
で先生や看護士さんに撫でて貰っておやつを貰ってご機嫌犬(笑)
ちょびは遊びに行く感覚だと思います。
また先生とはちょびが8歳の時からもう9年のお付き合いです。
 ちょびの健康状態に関して先生はカルテを見ずとも覚えていて下さる
位、頻繁に会っています。
だからこそ、出来ることかもしれません。

病院通いはわんこにとっても飼い主にとっても結構大変です。
混んでることも多いですし顔(泣)
ちょびも待ち時間が長いとぐったりしてしまうので、空いている時間を
狙って行きます。
混んでいそうな時は事前に電話して確認もします。
朝イチで電話して薬の準備を依頼しておいて午後取りに行ったりも。
すごーく面倒に思えますよね?
でも、執事的にはこの方が結局は楽なんです。病院までは車で30分。
面倒なんです、執事。
ちょびが疲れれば、調子崩すし、かといって通院しないっていう
選択肢は老犬のちょびにはナイもうやだ〜(悲しい顔)
だったら、ちょびの“本日のお出かけ”イベントとしてせいぜい
楽しんでいただきましょうってことで。
頻繁に行くことで、いろんな飼い主さんと会えますし、
先生や看護士さんとのコミュニケーションは密になるし、
預ける際も安心できる。
正直、獣医さんや看護士さんだって同じお客といえども、
常連?!さんと1年1度の患者さんでは違うと思うし。
ちょびの慣れも違ってくる。今や、先生好きっ好きっ!!の
ちょびだって、最初は震えてましたから。

もちろん、ちゃんと向き合ってくださる先生を探すことが最も大事ですけどね。

ちょびも8歳までは年に数回しか獣医さんなんて行きませんでした。
アレルギーで治療拒否されて
(注射によるアナフィラキシーショックを起こしたから)
ワクチンすら打ってもらえなかったしもうやだ〜(悲しい顔)
せいぜいフィラリアの薬貰いに行く位で。
そんな8歳の時、仕事でどうしても預けなければならなくて、
でもワクチンしてない、しかも8歳のシニア犬を預かってくれる所はどこにもなくて、
執事はタウンページ片手に片っ端から電話しまくりました。
思えば、あの時に初めて8歳のちょびがシニア犬なんだと
認識した気がします。
『慣れない環境はシニア犬にはリスク高いですから』という
同じ返事を何回聞いたことか・・・。
で今の先生と出会い、アレルギーの原因も分かり、
ワクチンも出来るようになったし、麻酔も可能になり出血しつづけて
いた歯槽膿漏の手術も出来ました。
歯をほとんど抜かなければならない程悪化させてしまったけれど、
もしあのままだったらここまで生きられなかったはず。
 
そんな経験があるからこそ、やっぱり獣医さん選びは大事!と
執事はしみじみ思います。今はほんとに安心わーい(嬉しい顔)
よく言われる老犬のQOL(クオリティーオブライフ)。
先生との出会いでちょびのそれは確実に上がりました。

ちょびも執事もM先生大好きですハートたち(複数ハート)


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
ランキング1桁が一瞬の幻だった執事に愛の手を
 
それを励みに張り切って書きますから、すんごく長いのを顔(笑)




ニックネーム 執事 at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
激しく同意ぴかぴか(新しい)
chobimamaさんのおっしゃる通り、良い獣医師選びはそのまま愛犬の長生きに直結しますね(^ー^)もちろんそこには食事管理なり日常のケアなりココロのケアなり・・パパママの信頼出来る優しさと両手が複雑に入り組みますが、沢山目を向け必要な時にはササっと適切な処置を取ることが出来る。やはりこれですね^^
しかしちょびちゃんエライ〜顔(泣)
これだけの数をちゃんと整理できてるchobimamaさんも凄い!
Posted by あやぽん at 2007年07月25日 14:54
*あやぽんさま>
 執事はあやぽんさんのページを拝見してて、
介護者としての冷静な目と母親の限りなく深い愛情を
持ってらっしゃる方と思っております。
chobimamaを名乗っていても、私はやはりちょびに
あやぽんさんのような“母親”の愛情は与えることが
なかなかできず、“世話焼き執事”になっちゃうあせあせ(飛び散る汗)
あるいは“節約・工作大好き執事顔(イヒヒ)

だから、信頼できる冷静な目を持ったプロが必要不可欠なんです。
執事、整理はしてませんあせあせ(飛び散る汗)籠に突っ込むのみ。
先生が必ず種類ごとにこのビニールチャック袋に入れて
“○○薬1日○回”と書いて渡して下さるんですClap
そうでなかったら、貯めとかないっつか貯めとけない。
ここまでして下さるからこそできる保存です。
一人とウサ’s&ミカわん&グッピー初日は如何に??
きっとミカわん、普段以上に愛されちゃってるんだろうなるんるん
Posted by chobimama at 2007年07月25日 20:07
一瞬、テーブルの上の薬
全部毎日飲んでるのかとビックリしました。
ちゃんと子袋に分けて管理されてるんですね〜
大雑把な私・・見習わねば!!と反省しました。
ちょびちゃんも、病院好きなんですね。
うちも、病院へ行くのは好きです。
注射されたり、結構痛いことされたりしてるのに喜んで行く〜ハートたち(複数ハート)って( ´艸`)
あまりにも、はしゃぎすぎるので
恥ずかしいぐらいです顔(え〜ん)
Posted by ま〜や at 2007年07月25日 22:31
毎日、飲む薬だけでも結構な量ですね!
ちょびちゃん、嫌がらずに飲むのねぇ、偉いなー
ルナは昔は騙せて飲ませられたけど
今はダメですね。 チーズで包んでても
薬だけは残しちゃう!


ルナのブログ、仮運用ですけど再開できるようになりました。
4月からのデーターが飛んでますが(涙)また気を取り直して頑張っていきますので、これからもよろしくお願いします。
Posted by みどりん at 2007年07月25日 23:10
*ま〜やさま>
飲ませてませんあせあせ(飛び散る汗)でもちょび的には飲んでもいいぜっ!な勢いたらーっ(汗)
お薬は食パンで包みあげるので(これがデザート)もう数年毎食後の
習慣なちょびは薬小袋=デザートと勘違いしております顔(汗)
病院の受付で抱っこしつつ確認なぞしてますと、ぱくっ!と
袋ごと喰いつきますふらふら
チョビ君といい、ちょびといい、どうしてビーグルって
こうお気楽なんでしょう??
たまには“うちの子、神経質でね・・・”なんてセリフを
シリアスに口にしてみたくありません?
だっていっつも赤っ恥なんだもんっダッシュ(走り出すさま)
Posted by chobimama at 2007年07月25日 23:19
*みどりんさま>
やっぱり食い意地の差でしょうかたらーっ(汗)ほら、また赤っ恥だよあせあせ(飛び散る汗)

食パンを薄く包み出来るだけ小さなボールにするのがコツexclamation
(もぅこうなったら、開き直って恥自慢するっダッシュ(走り出すさま)
大きくなるとクチャクチャして、さすがのちょびも不味いと気付き
必死で出そうとするからさ犬(怒)。ぱくっ!で即ゴクッ!のサイズが重要グッド(上向き矢印)
そうそう、焦らしも大事よGoodすごくおいしそうだと思わせる演技力も試されるわねっ
ておぃおぃっ!虚しい執事の虚勢だわもうやだ〜(悲しい顔)

完全復旧とは行かずとも、ルナたんの様子がこれでまた見られるのは
ウレシイってみんな思ってるハズ。
早くショックから立ち直って、さらにパワーアップしちゃって下さい手(チョキ)
Posted by chobimama at 2007年07月26日 00:49
アンナはねぇ、繁殖犬だったらしいの(-公- ;)ウーン
収容所からのレスキュー犬なんじゃ。

今年の1月に救い出されたのよ〜
Posted by かかもっちー at 2007年07月27日 16:49
そうだったのか・・・。
目いっぱい、いい思いしてもらわにゃいかんの。
コレまでチャラにするくらいね。

いやぁ、気になって保護した団体さんのアンナちゃん記録は見たんだけどね。
ってもろ家族写真載ってたけど顔(ペロッ)

最近、実はレスキュー犬、気になってる執事。
ペットショップもちょっと近づけない、いろいろ考えちゃって。
今日はホームセンターでペットシーツ買ってたら、脇の生体売り場で
ダックスとビーグル悩んでる家族連れに、どちらも明るい性格の飼い易い犬ですよ!と
しゃべってる店員さんがたらーっ(汗)
そっそうですか???
少なくとも17歳のビーは飼い易くはないっすよって突っ込みたくなったぜぃ。
どうなったかって?
ダックスはみんな飼ってるからって父ちゃんの意見でビー抱いてたよ・・・。
幸せになってくれ、ビー。マジで。
Posted by chobimama at 2007年07月27日 17:40
バトラーもね、繁殖犬になるってーから
手を出したコなのさ(● ̄▽ ̄●;)ゞぽりぽり

ミニピンあるまじき、穏やかで平和主義で
そりゃこのコもコドモならどんだけでも
欲しいって思ったけど
去勢させたY(>_<、)Y

バトラーは、オイラのバブでいい。
アンナは、オイラの我儘娘でいい。
ちーたんは、お転婆に育てる(≧3≦) =3

ペットショップなくなればいいって思ってるよ。
自然交配のちゃんとしたブリーダーさんに
会って、そんで待ってパピーは受け入れて欲しい。

最初に犬を飼うときは
犬生経験知ってる老犬を飼って
教えてもらうといい。

パピーを迎える心積もりをさ、
犬ってどんなに家族になるかってコトをさ。

Posted by かかもっちー at 2007年07月28日 20:39
*かかもっちーさま>
かわいいからってだけで、犬飼うのはやめとけとは言いたいね。

あと、犬飼うのは金が掛かるってのも言いたい。
↑のビーを抱いて帰った家族の父ちゃん、“月、いくらかかるの?”
って聞いてたんだよね。携帯じゃないんだからさっ!!!
しかも店員が数千円です!って。数千円ってあんた・・・。
湯水のように金掛けろって言ってるんじゃない。
少なくとも全国レベルで標準治療とされている医療を
受けさせるだけの財力ない人は飼うべきじゃないとは思う。
フィラリア薬を高いからと拒否する人見てると、
あなたがランチ一回抜いても絶対死なんけど、
フィラリア薬1回抜いたら死ぬ可能性あるんですケドと
拳を堅く握り締める。
自分が正しいとは思ってない。自分だって無知故の後悔、山ほどある。
でもさ、生き物に対する最低限の礼儀は果たして来たつもり。
それが果たせない人は手を出すべきではないと思う。
飼わなくたっていいんだからさ、別に。
Posted by chobimama at 2007年07月29日 00:44
オイラは愛犬家じゃないけど
けど、家族は大事♪

縁あってきた命に
人間も犬もないんよね〜。

ウチはチームだから
ウチにいる奴らはみんな大事♪
オイラが命張って守るべきものなんじゃ( ̄∀ ̄*)イヒッ

そんなクロガネの城には
いっぱいのサポーターがいてくれるぜq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
Posted by かかもっちー at 2007年07月29日 19:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/950886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック