2007年07月17日

老犬の『当たり前』@ 〜“食べていいもの”心臓肥大のちょび〜

縮小トマト.JPG

最近の定番おやつ『冷やしミニトマト』に釘づけ揺れるハートなちょび。

歯がほとんどない&飲み込む力も弱っている為、
ミニを更に4つ切りたらーっ(汗)
昔の私ならまちがいなく『過保護っ!!』と思う光景あせあせ(飛び散る汗)
でもこれが老犬です・・・。
出来るだろうと当たり前に思える事が出来ないのです。

『ご飯をあげる』のは当たり前ですよね。(あげなきゃ虐待だよ顔(汗)
老犬に『ご飯をあげる』には“食べていいもの”を“食べられる”ようにあげる必要があります。
さらには“食べてくれるもの”を必死で模索している
飼い主さんも多いかと。

ちょびの場合、脳内は食欲ではち切れんばかりなので(笑)
“食べてくれるもの”を探す苦労はこれまで皆無ですが、
“食べていいもの”→“食べてはいけないもの”は存在します。

まずビーフ。アレルギーがあり、食べると全身真っ赤になり
痒みで血が出るまで掻き続けます。
市販のドッグフードの多くはなんらかの“牛”成分が含まれていることが多いので要注意です。
『チキン』味なのにビーフエキス入りだったりとかダッシュ(走り出すさま)
多くのわんこのよだれを誘うジャーキーももちろん厳禁。
お散歩中のお友達ママからのおすそ分けも涙目になりながら
ガマンです。(そんな時用にフリーズドライ豆腐を持参)
あとはNa(ナトリウム)が含まれるもの
老化による心臓肥大を抱えているので、Naを摂取すると
肺水腫を起こす可能性が高まります。
日常的なミネラルウォーターや牛乳の摂取は駄目です。

 この心臓病。抱えてる高齢犬は多いのではないでしょうか?
私がすごーく役に立ったのはりんのすけさんのブログ。http://angel.ap.teacup.com/petite_suzuko/293.html
数日に渡って詳しく書かれています。
獣医さんから心臓病とは聞いていたけど、
まさにちょびそのもの、『その通り!』でよくわかりました。
ちょびは8歳から定期的に獣医さんに通っていたので初期に見つかり
今は第3期終盤?第4期に足突っ込んでる状態。
発作も経験済みですし、一時的にチアノーゼを起こします。起きがけにはえづくし。
もう、4年毎日服薬を続けています。
その間、お薬は徐々に強いものになり、さらに種類・量も増えて、
今飲んでいる薬が最終薬(これ以上強い薬はない)。
服薬していても症状は進み、薬が追いつかなくなって来ています。
発作の兆候があったらニトロの貼り薬で対応しています。
老化現象ですから歳とともに悪化していくのは当然ですね。

だからこそ、出来るだけ悪化のスピードを遅くできるように、
そして悪化しても乗り切る体力・気力をつける為の執事の工夫が必要。

長くなっちゃったので“食べられる”工夫は次回に続くHello

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ また長ぇよっ!と思った方はぽちっと(汗)




ニックネーム 執事 at 03:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
始めまして!我が家には、11才の男の子、5才と2才の女の子とにぎやかな、ビーグル一家です。若い女の子達はともかくとして、
11才の男の子、元気なのですが、やはり、
体力も、全然、違うし、17才のちょびを
みて、家の子も、元気で、長生きをしてほしいので、これから、色々と教えて欲しいと思い、お邪魔しました。老齢犬の本を見たりしていますが、やはり、直接、お話をした方がいいので、宜しくです。わーい(嬉しい顔)
Posted by ランまま at 2007年07月17日 09:09
うわーーー(*≧▽≦)はじめましてっ!ちょびちゃん。
ママにはいつも大変お世話になってます♪
こんなに可愛い子だったんですね〜黒ハート黒ハート黒ハートchobimamaさん!
どんな子だろうどんな子だろうっていつも想像してました。
もうすぐ17歳だなんて思えないほどツヤツヤですね。
第四期に足を突っ込んでる状態にしてこの瞳の力強さと4本の足でしっかりと体を支え立つ気力。本当にママが大切に愛しみサポートしてこられたのがとってもよく分かります><、
ちょびちゃんもいっぱいいっぱい頑張ってるんだよね。
大変な事も沢山沢山あるかとは思いますが私もミカわんも応援してます!!
Posted by あやぽん at 2007年07月17日 19:48
食べていい物を探すのは大変ですね。
ビーフのアレルギーがあるなんて!
ワンコの大好物だけに辛いですね。
ナトリウムも市販のものには結構入っていますもんね。
でもホントちょびちゃん、目力もあるし足腰もしっかりしてる。
ちょびままさんが愛情たっぷりにお世話してるのがよくわかります。

『過保護』になるのはわかります(笑)
でも仕方がないですよね。
今までできていたことができなくなってきてるんですから。

Posted by みどりん at 2007年07月17日 23:47
*ランままさま>
 お越し頂いて嬉しいです黒ハート
通り一編の本などの情報は時として“知っている”ってだけになりますよね。
『気をつけてケアしましょう!』って書いてあっても
『で、どこをどう気をつけてどうケアすんだよっむかっ(怒り)そこを教えてくれよ!』
と突っ込む事もしばしば。
だから、ちょびより若い、まだ元気なわんこのママやパパに身近に
感じてもらえたらいいなって思ってます。失敗・手抜き満載の駄目執事ですが、よかったらこれからも覗いて下さいませ犬(笑)

*あやぽんさま>
 ランキング1位なあやぽんさんにコメント貰っちゃいました手(チョキ)きゃーっ!
お褒めに与り、またまた嬉しいchobimamaとちょび。
小さい頃から果てしないやる気と食い気で自他ともに認める
絶望的な『バカ犬』で警察犬訓練学校に3ヶ月預けた程なんですたらーっ(汗) 
でも唯一見目だけは可愛いもんっと自分を慰めておりました。
(友人に散々愚痴っていたら、初めて我が家に来た時に、ちょびを見るなり
“あっ!バカ犬だ”と口走ったふらふらそんな失礼な友人も
“でもぱっと見はかわいい”と言ってくれてます。←親ばかです)
無知から歯磨きを知らず、8歳の時に犬歯3本と前歯以外
全て抜かねばならなかったので、マズルがビーグルとしては
あり得ない細さになってしまいました。器量は落ちたけど、
お陰で元気になりました。これからもぜひいろいろ勉強させて下さい。
今日も早速つぼ情報教えていただいたしるんるんよろしくお願いいたします。

*みどりんさま>
 幸い、ちょびはなんでも大好物!なので助かります。
もちろんお肉も大好きなのですが野菜も大好きなんで。
生キャベツまるごとかじった程あせあせ(飛び散る汗)
 目力は食べ物の前でのみ発揮されるってカンジですし、
昨夜から後足の調子が悪化してばったり横倒れたので、
今日はレーザー治療を受けてきました。つらいだろうに、
“俺はやるぜっ!”なちょびはずっと踏ん張って立っていたがるので、
カートにいれたまま無理やり足を押さえて伏せをさせての30分でした。
無理やり押さえての治療をするかしないかの選択は難しいです。
ちょびの場合は獣医さんが大好きで、いわゆる“治療トラウマ”は
ないと言い切れるのですが(相当痛いことも嫌な事も
されている先生に尻尾ぶんぶんっ振って、他の子診察中でも突進していくので顔(汗)
“無理やりストレス”は確実にあると思うので、調子が目に見えて
悪いと執事が判断した時だけレーザーは受けてます。
獣医さんももう9年のかかりつけなので、“ちょびにとってのベスト”を
考えてくださるし、なんでも相談できて頼もしい。
同世代の女医先生だし。 
Posted by chobimama at 2007年07月18日 01:37
わーん!出遅れた〜!ふらふら
chibimamaさん、ブログ開設おめでとうございまするんるん やん、一言言ってくださいましな。←リンクに気づけ私。メイドのくせに気がきかなくてスミマセン。たらーっ(汗)

わーいちょびちゃんだ〜黒ハート はじめまして(^▽^)/ 
お顔拝見できて嬉しいです。
心臓が悪いなんて思えないぐらい、ものすごくしっかりしたお顔してますね。かしこそう揺れるハート でも後ろ足の状態が心配。少しでも早く良くなるといいですね。
がんばれ、ちょびちゃん!ほくとの分もいっぱい歩いてね(^-^)
Posted by とうこ at 2007年07月18日 04:24
あ!肝心なことを書くの忘れてました。あせあせ(飛び散る汗)
ばびゅーん、とちょびちゃんの元に飛んでこられるように、ブログにリンクさせてもらっていいですか?
Posted by とうこ at 2007年07月18日 04:26
はじめまして。
りんのすけです。
当方のブログを紹介していただきありがとうございます。
ちょびちゃん長生きですね。
うらやましいです。
これからあれこれ体調の変化が出てくると思いますが、観察命!です。
ちょっとしたことでもメモしていると後々助かることもあります。
それからご存じだと思いますが
高齢になると痴呆も出てきます。
ある日突然ではなく、後になって思い起こせば。。。って感じでちょこ、ちょこっと顔を出してきます。
痴呆が出るのは辛いですが、長生きしてくれてこそ味わえることでもあります。
私のブログが少しでもお役に立てれば幸いです。
これからもよろしくお願いします。
ちょくちょく、ちょびちゃんの顔を見に来ますね☆

Posted by りんのすけ at 2007年07月18日 22:27
*とうこさま>
 コメント、ありがとうございます。
この数時間後にほくと君が虹の橋に旅立つとは本当に突然で、
言葉を失いました。
とうこさんのページを毎日拝見して、
暖かいコメントいただいてる内に私も!って思えたので、
このブログの生みの親はとうこさんとほくと君です。
感謝です、心からありがとう。ご冥福をお祈りしてます。
 落ち着いて、時間があるようなら、リンク、喜んでです。

*この欄をご覧いただいている皆様
 上のコメントを頂いたとうこさんの愛犬、
ほくと君が本当に突然でしたが虹の橋に旅立ちました。
詳しくはhttp://maruhoku.a-thera.jp/ まで。
とても穏やかなほくと君ととうこさんの最後の日々が
綴られています。
とうこさんはメイドでchobimamaは執事という奇妙な縁もあり、
chobimamaはとても身近に感じさせていただいてました。
心からほくと君のご冥福をお祈りします。ありがとう、ほくと君。

*りんのすけさま>
 痴呆、少しずつ出てます。昼夜逆転とか回転運動、
分離不安など。体調を崩すと症状がでるって感じで、
まさにちょこちょこと。『観察命!』これにつきますね。
最初の発作は全く無症状、食欲もバッチリ・
とことこ歩いていたのですが、呼吸が微妙に変で病院に。
先生も“発作なら動かなくなるし、食欲も落ちるけど・・・”と
半信半疑で心電図とったら見事グズグズな波形で。
ちょびは本当に症状が出ない子なので、執事のカンと定期通院が命です。
症状出て気づいたんじゃ遅いと肝に銘じてます。
これからもいろいろ教えて下さい。
よろしくおねがいします。
Posted by chobimama at 2007年07月19日 00:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/943637
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック