2010年11月18日

犬んぽなしの冬

ちょびを送った後、なんやかんやとわんこを次々に拉致していた執事。
春にちびずを送り出して半年強。

20年ぶりのわんこなしの冬。

“犬んぽ”ないと、さぶぃバッド(下向き矢印)

身に凍みてさぶぃ顔(泣)




物理的には、“犬んぽ”がいないからさぶぃんじゃなく、
ただ単に暖房ケチってるからさぶぃんだけど・・・・ね顔(汗)

つか、この家に越してきて以降、ずーっとスパシニちょびがいたし、ちょびを送ってからも
元気ハツラツ系わんこは皆無だった執事家ゆえ、冬でも室温は24度。

チームマイナス5%もけっけっけっと早々に脱退し、
地球に喧嘩売っての電気消費しまくり。



なにせ、大事な執事犬の為ゆえ、毎月のおっそろしい額の電気代も致し方なしだった。
(家族4人の1軒家の電気代より高いと知った時にはクラっとしたケドたらーっ(汗)



そんなさぶぃ執事家だけど、コヤツは元気にすくすくとご成長。


育った.jpg




過去の執事犬の仏壇(もどき)写真に常に写り込んでるモンステラ。
仏壇(もどき)とはミスマッチなトロピカル〜でハワイアン〜なコヤツ。
ご成長あそばされ、かなーり場所取り始めたコヤツ。


かさばっている.jpg



(っつかそろそろ鉢を大きくしてやるべき?あせあせ(飛び散る汗)



ちょびを送ってからというもの、執事は熱狂的花屋通いにどハマった。
お花の仕事をしていたこともあり、かなーりお花の好みがウルサイ執事。
なんとしても、常に、自分が納得する花をちょびに供える!ってことに固執して、
気にいった花を探し求めて、花屋に日参、見つかるまでハシゴするっていう日々が
かなりの間続いた。

花市場に出入りできるゆえ、束買いするのも日常茶飯事。

いったいどんだけ花に諭吉つぎ込んだかと考えると微妙に汗が出るふらふら

常にお線香の香りがしていないと耐えられなかったし、
これぞっ!っていう花が供えられていないとどうしてもどうしても嫌だったのだ。
執事にとって“悼み”の香りである百合の花の香りがしていないと、ちょびがいないことを
忘れてしまうから、(かなりオカシイ逆説的強迫観念。)常に百合の花を欠かさず、
その香りを嗅ぐことで“ちょびはもういない”ってことを自分に確認していたんだ。



いない事実を忘れない為の百合と
ちょびへ手向けるこれぞっ!つう花を
常に常に絶やさずにはいられなかったのだ。




それこそが、
“果てしなくしつこい”執事が
“ちょびの執事”っていう役割を失っちゃった後に
その代わりとしてすがらずにはいられなかった
なんとしてもせねば!と思える、
どうしてもしたいっていう“新たな役割”だったのだ。




そんな毎日を過ごす中で、ある日、そんな日々が苦しくなった自分に気付いたんだ。


なにかに強迫されるがごとく、“しなきゃ”って思う自分が苦しくなったんだ。
でも、してないと、居ても立っても居られなかったのも事実で。


でもね、“しなきゃ”って想うことを止めようって思ったんだ。
そうしたい!と想う時にすればいいことなんだって自分に言い聞かせて。



そう決意した時に初めて、
ちょびがいないってことを、
いないけど、いつもいるんだってことを、
初めてちょっとだけど、受け入れるというか認めるというか
そういう第1歩に辿りついたんだと思う。

で、お花を強迫的に買うことを止める代わりに、育つ鉢植えを買おうって思ったんだ。
で、どーせなら、なんつーか、からっとご陽気なモン買おうと
コレまた極端なことを考え、手に入れて来たのがこのモンステラだった訳だ。

まぁ、買う時にちらっと、“これ枯れたら枯らしたら、かなりイタイぞ”と
思わない訳じゃーなかったケド、
花買いに命懸けてる今よりは“前向き”というか“建設的”じゃないかい?と
自分を励まして、買ってみた訳だ。


その後1年以上、
預かりっこがヤバい状態に陥った際などはあっさりその存在は捨て置かれ、
しなっとなったり、くたっとなったりな、
“!!!!!!!!”な事態にも何度か陥りつつも、
なんとか枯らすことなく、すくすくとご成長あそばされ、背丈は2倍以上に。



そして、いつのまにか、気付くと、自然に、したい時にちょびやるるやアルトと向き合えるようになっていた。
“しなきゃっ!!”じゃなく。


むしろ何気ない日常の中で、ふと彼らのことが、ホントに近くに感じられたり、
“しなきゃ”って思ってた時以上にいないことが静かに、でもより辛く思えたりするこの頃。



いないことが当たり前になって、日常になって、
なったけど、
なんだけど、
とてつもなく寂しかったり、悲しかったり、悔しかったりで
どうしようもなかったりもしたりするこの頃。


寂しいから、悲しいから、悔しいから
またわんこと暮らしたいと願うわけじゃなく。

寂しいから、悲しいから、悔しいから、
もうわんこと暮らしたくないと思う訳じゃなく。


思うことは、“ちょびの執事”を精一杯やったってこと。
自分が出来る精一杯、あらん限り、“ちょびの執事”でいた自分がいたってこと。

なにより、そう、自分自身より、大事なモンがあるってのは張り合いあったやねー。
それを幸せと言わず、なんというか!ってくらいの。



たかがわんこ1匹飼うってだけのことなのにねあせあせ(飛び散る汗)


あの幸せをもう1度って切望しながらも、
あの幸せは自分より大事って言いきれたちょびゆえだったとも思える
ちょびと過ごした時間。


あの日々が大事な大事な大きな大きな宝だからこその行ったり来たり。



“犬んぽ”なしの寒さは致し方ないにしても、おこたでも出して、
もうちょいぬくぬくしないといかんな、自分。


inubisline.gif

医療チームの贈り物.jpg


モンステラの後ろに鎮座しているこの似顔絵。
執事と共にちょびの犬生後半の10年を最後の最後の時まで支えてくれたちょびの主治医から
ちょび18才のお誕生日に戴いたもの。
昨今では、亡くなった時にはお花を送って下さる病院も少なくないケド、
ちょびの主治医は執事が知る限り、そういったことを一切なさらない方ゆえ、(実際、ちょびの時もなかった顔(ペロッ)。で、執事的にはそのある意味の潔さはそれはそれで有っ!だ。)
戴いた時はあまりに予想外で、もぅそりゃー仰天し、でも、ホントにホントに嬉しかった。
主治医なりに、ほぼ開院以来の10年、病院最古参患畜として自分が支えた自負と、
最長老わんこになれた喜びを形にして下さったことは、飼い主として涙が出た、共に支えて下さった同士からの贈り物。
年中無休の激務の合間をぬって、わざわざ手配してくれたってのもかなり感激だったし
しかもだ、ちょびの誕生日直前に拉致ったるるを後から追加してくれたその配慮も
感激ひとしおで。(そういう訳でるるがグレー1色となってしまった訳だ顔(イヒヒ)
ちょびの顔が微妙に間延びしてたり、執事が絶対に着ないどピンク着てたりだが顔(イヒヒ)
残された時間を刻んでいるという確かな手応えとその近い未来への底なしの慄きを上回る、
ただただ、ありがたく、どうしようもなく嬉しい、安堵と誇らしさに感極まったあの時をこれを見る度に今も鮮やかに思い出すんだ、執事。
ニックネーム 執事 at 11:14| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おんなじだぁ〜。
モモが逝ってから毎日花屋通い。
一年も経たずにネムも逝ってしまって、花屋通いに拍車がかかり、ユリ系のお花の香りがしないと落ち着かなくて・・。何度もカサブランカの大人買い。(笑) 諭吉さんをどんだけつぎ込んだか・・。(笑)
ユリ系の花の香りがしないと妙に落ち着かなくて・・。 でも最近鉢にするか?って・・園芸屋さんを巡ってるんだけど、やっぱりユリ系だよなぁ〜って、花屋へ逆戻り。
二匹を看取った事に後悔は無いが、二匹の存在は大きく、居なくなった寂しさは今も時折襲い掛かってくる。
ワンコの居ない冬はほんとに寒くて・・ 風邪はぜんぜん治らないし・・。
そんな日々を暮らしながら、毎日のように持ち込まれる放棄ワンコをネットで見ると、もと飼い主をぶん殴ってやりたい衝動に襲われる。 広島市のお隣の呉市にも二歳の黒ラブが持ち込まれてる。理由は分からないが、ワンコと暮らすって事は、他の何にも変えられない喜びと安らぎ、生きる事を教えてもらい逝くと言う事を見せてくれる。 一心同体となり信頼し、信頼される関係。人間同士では味わえない絆。多くのものをいっぱいいっぱい残してくれるのに・・・。って・・ね。

ネムの掛かり付け医にネムが逝った事を電話で報告した時、主治医の最初の言葉が、『苦しみませんでしたか?』でした。苦しむのではないか?それを心配して下さっていた主治医の言葉が本当に嬉しかった。『眠るように静かに旅立ちました』と言うと、主治医も安堵された。
モモやネムの代わりでは無く、何時の日にか、またワンコと暮らしたい!その思いは今も変わらず・・・。です。
Posted by ひなえ ももこ at 2010年11月22日 08:56
かわいいももこさまかわいい

百合の香り。
人を送った経験を何度かすると、“悼みの香り”の
記憶とでもいうのでしょうか、刷り込まれますよね・・・・。

ももこさんも一緒なんだなとしみじみ。


いることが当たり前で、日に何度も何度も、あぁいないんだ・・・と
思う、その積み重ねが堪えて、
常に百合の香りさせていることで、“いない”ことを
忘れないようにするしかなかったんですよね、あの頃は。

だって、“ちょびの執事”やるためだけにワタシ、
生きてましたもの(苦笑)


その後、預かりっこ達と暮らしましたが、やっぱり
私は徹底的に自分がそのコ抱えて、“執事”として、
暮らすことが理想なんだなって思っています。

このコだけはアタシが守る!って言い切れるコと暮らしたいと。

勿論ね、たとえ、期間限定であっても、その時その時、
精一杯、アタシが守る!とやってきたつもりなんですけど、
期間限定ゆえに守れたという部分もあったなとも
思え・・・。

この半年、わんこなしで暮らしてみて、寂しいし、
張り合いは無いんですが、でも、楽なのも事実なんです、執事。
わんこいなけりゃ、好き勝手に気ままに生きてられますもの顔(イヒヒ)
かけ足で帰宅する必要もなきゃ、早起きだっていらないし。
今となっては徹夜でちょびに付き合ってた頃とか
元気いっぱいなぴくを真夏に十分運動させるべく、
日の出前から1時間以上走ってた頃なんかを思うと、
“アタシって偉い!”としみじみ顔(ペロッ)

寝られなかろーが、忙しかろうが、それでも!!と
思えないと“わんこの執事再び”は無理ですねぇ・・・。
そもそも、ちょびで最後と決めてたから、ちょびの執事を
全力投球できた執事なので顔(笑)

おまけで預かりっこに全力投球できる余力はあったものの、
“わんこの執事再び”にはちょっと気力が不足気味かもしれません・・・・。

とはいえ、しつこく、野望は捨てませんけれどGood

お互いに、いつか躊躇なく拉致れるコと出会える日が
訪れるのを信じて待ちますかね顔(笑)

わんこいない分、出来ることがあるのも事実ですものね。
先日のCACIのティーパーティーのお手伝いなんて
執事わんこいたら、無理ぃ〜ですもん顔(イヒヒ)
って、CACIのボラさんに言ったら、
“では、執事には永久にわんこ譲渡なし決定!”と
笑われちゃいました。
ホントにね、ボラさん達は自分のわんこも飼いつつですもの、
すげーな@@と執事思います。
キャパの狭い執事は執事犬いたら、もうあっぷあっぷなんで顔(汗)

疲れて帰宅したら、ばたんキューができちゃう今、
わんこいたら、この生活は無理だよなぁ〜と
思う訳です・・・・。
Posted by 執事 at 2010年11月24日 01:08
執事さん、更新されてたんですね!

ちょびちゃんが亡くなって一年半ですか・・・


私は今、老犬闘病生活真っ最中でして
仕事と介護の両立はもう無理〜
ということでついに仕事を無期限で休業して
引きこもり生活2ヶ月目です。

一人と一匹の引きこもり生活を勇気づけてくれるのは
今の自分と同じような境遇のブログ!

まさに執事さんのブログに大大大ヒットしたわけです☆

時期的には少し遅かったですが・・・

私も犬にのめり込んでしまう性格で
自分の時間も体力も収入もすべて犬のために
使い果たした15年・・・

おかげで人間の付き合い悪く彼氏なし、友達少なしのアラフォーです!

この子を失うのがとても怖くて不安で不安で
犬がいることで今までやりたくてもできなかったことを
紙に書き出し、自分の気持ちの逃げ場を作るものの
ここまでくると心不全の壮絶な最後の不安は
そんなものでは打ち消されることはないようです。

というか、あれもしたいこれもしたいと思っていたことが
紙に書き出してみると意外と大したことではなかったということもありますが・・・


老犬介護は飼い主がすべてやらなければならず
正直しんどいけど、今テリーと24時間一緒にいられるこの時間がいとおしく
すでに宝物となってしまっているようです。


ちょびちゃんを失ったときの執事さんのあの喪失感、

お悔やみの言葉も受け付けられないほど
辛く重苦しいお気持ち
痛いほどわかります。

きっと私もそうだと思うから。

というか自分がどうなっちゃうか想像がつかない。
一人でそのときを迎えるのが怖くて怖くて
しょうがない。


その後のテリーのいない生活、絶えられるのかな(涙)


私ももう犬を飼うことはないと思います。

不幸なわんちゃんたちを飼ってあげたいという気持ちはありましたが
お留番させて自分だけ楽しむということが性格上できなくて
自分の人生をないがしろにしてしまうところがあるみたいなので。

飼えない分、これ以上不幸なわんちゃんたちが
溢れないよう蛇口を閉めていきたいですが
来年改正される動物愛護法
ここにきて環境省がへんな動きを見せてるそうですね。

命よりも経済効果優先の世の中ってどうなんだろう・・・

経済はすべて人間のエゴの上で成り立ってる
ものかもしれないけど

利権に絡むハイエナ達が動物達の命をお金にかえようとうごめくことは
決して許されることではないです!

ペット産業を衰退させるにはペットショップでペットを飼わない事ですね。

ペット産業の裏側をもっと多くの人に知ってってもらいたいです。

いきなりの長文失礼致しました。

Posted by テリー命 at 2010年11月25日 01:14
かわいいテリー命さまかわいい

まさに渦中にいらっしゃるんですね。
今思い返せば、よくもまぁ、あんなこと出来たなぁワタシ@@って
思います顔(ペロッ)

で、まだまだやる気だったゆえ、持て余しちゃったそのやる気で
預かりっこを次々拉致してしまった1年でした。

ちょびと比べりゃ、なんてこたーねーって顔(汗)


ですが、やっぱり、執事もしっぽいると、もぅ自分のことは
みーんな後回ししちゃう性分ゆえ、しばらくは
自分の生活立て直そうと思いなおした訳でして顔(イヒヒ)

確かに、全力投球しちゃえばしちゃうほど、
なかなかしっぽなしに復帰は難しいですが、
やはり人がちゃんと自立してないと、しっぽも守りきれないと思うからこそ、やらなきゃなと思っています。
思いつつ、執事もまだまだちーともなんですケドたらーっ(汗)

せっかくちょびとの暮らしで学んだのだからこそ、
次こそはうまくバランスとりつつしっぽと暮らせるように
なれなきゃよねって。

テリー命様が仰る通り、こぼれる水をせっせと救おうとしても
救えるのはほんの極一部。
あまりに追いつかず、座り込んでしまいたくなる現実があります。
私自身、関われば関わる程、納得いかないものが・・・。
蛇口閉めることなしにはこの現実は変わらないのは事実でしょう。

上から一気に蛇口を閉めることはかなり難しいですが、
しっぽと関わる私達が蛇口を少しずつでも閉めてゆくことは
出来るハズと。
その為にも、事実を多くの人達に知ってもらうことは
大事だなと思っています。
だからこそ、執事なりに出来ることを続けてゆこうと思っています。

どうぞ、テリー命様とテリーちゃん(君?)の日々が
穏やかでありますように。
Posted by 執事 at 2010年11月27日 21:18
執事さん、お返事ありがとうございます。

執事さんの体力、気力共に敬服いたします。
ブログも表現力豊かで大変な毎日なのに痛快で
非常に読み応えありました。


確かに現場の愛犬家たちは里親探しに奔走しているというのに
繁殖規制なくしてはお手上げですよね。

ペットを飼うときは飼い主との面接が義務付けられること
登録制、ペット税などの導入なんかは非常によいかもですね。

そうすれば簡単に買えなくなり、ブリーダー、ペットショップの数は激減するはず。

ほんとにペットを大切にしてくれる飼い主のみ飼う事が
許される社会になってほしいです。




Posted by テリー命 at 2010年11月28日 16:24
初めてコメントしますmoka−mamaといいます。

久々に何気なく開いて更新していてビックリしました。
そして「犬んぽなしの冬」を読んで再びビックリ。私も同じでした。

先代ビーグルのマリリンを亡くした後、常に綺麗な花を供え、お線香を焚いてました。
私の場合、百合ではなくて(百合の時もあったけど)色とイメージでした。
マリリンに似合う優しい色合いとイメージの花を求めて花売り場の前を行ったり来たりウロウロして…。

初めてこのブログを知った時、すでにマリリンが逝った後でした。
沢山の病気を乗越えてくれたのに、最後はあっけなく逝ってしまいました。
その時の治療方法も対応も何もかもが間違いで、悲しみよりも怒りや後悔が大きく暫らく立ち直れないでいました。

こんな想いをする人がいないようにとブログに書こうと思ったのですが、あまりにも辛すぎて途中で断念してしまいました。
そんな時、このブログに出会いました。
今から4年前です。

もう、目から鱗のことがいっぱいあって、早くにこのブログを知っていればマリリンを救うことが出来たのかな?などと思いながら、ちょびちゃんとマリリンを重ねて合わせて読ませていただきました。
ありがとうございました。
読んでいるうちにいろいろな意味で救われました。

今では三毛を拉致って一緒に暮らしています。
もちろん里親募集で見つけた子と。

不幸な犬や猫がいなくなることを目指して、少しずつでも前進していると信じたいです。

長文失礼致しました。
Posted by moka-mama at 2011年03月04日 14:42
かわいいmoka-mama様かわいい

はじめまして。

自分のあらん限り、精一杯、小さき命と向き合った方達が、しっぽを失った後に想うこと、
みんなどこかで同じなのかなーって思います。

価値観は人それぞれなんですが、その傷みや辛さは皆一緒。

執事の周りにも、いわゆるペットロスから立ち直れない方もいらっしゃいます。
そういう中で、執事なりの今に至るまでのこと、
すこしだけ、更新しています。

そこから、どう抜け出すのかってこと、執事もあがいてあがいて、今があるので。
そんな執事のつぶやきがもしも少しでもmoka-mama様のお気持ちと共鳴して下さったなら、本当に嬉しいです。

三毛犬オーナーでらっしゃるのですね!!
いいなぁ〜〜〜顔(メロメロ)
ベルベットなお耳、触り放題いいなぁ〜@@

その命、その生、最後まで隣に人がいてもらえるしっぽはほんとにほんとに1握りだということを、思い知った執事です。
そして、どうあれ、見送れたことは本当に幸せなことだったとしみじみ思えた執事です。

そう思うからこそ、今でも隣に人がいないしっぽ達に想いを寄せ続けられるのかなと思います。

ちょびはですね、夢にすら出てこないんです顔(汗)
私は薄情なのか?!と、うぅーと頭抱えた事もあるんですが、
平安の頃の考え方だと、逝った命が残してきた人を想う時に夢に出てくるっていう考え方もあるし、
『きっと、ちょびはちーとも私の事はしんぱいしてないってことね手(チョキ)』と解釈することにしました顔(イヒヒ)
執事は執事で勝手になんとかしろやーっ犬(笑)ってのがちょびでしたから顔(笑)
奴らしいなと納得できるんです。

きっとね、ちょびはちょびでお空で過ごしているのでしょう。
独立独歩、Let's go 俺!!なちょびですから。

まったくもぉっ!!って苦笑いしかないです。
虹の橋で逢えたなら、真面目に執事は奴に説教してやろうと心に決めています。
逝かれちゃったその日に、だろうなぁ〜と思って、
このブログにも書いたのですが、あの時はちょっと強がりも入ってましたケド、
今は心の底から、間違いなし!と確信に変わりました顔(ペロッ)

どうぞ、moka-mama様、隣の三毛ちゃんと目一杯たくさんの笑顔な時間を満喫して下さいましねるんるん

ちなみに、執事は現在、こちらでぼちぼちと生息していますです。
http://beaglepiku.a-thera.jp/
Posted by 執事 at 2011年03月04日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2458292
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック