2009年03月19日

(いまさら)思い知らされてる執事

大分前にちょびはかなり神経質だと主治医に言われて、マジですか?!と
かなーりびっくりしたと書いた執事。

普段の生活の中ではあまり神経質って思ったことなくて、ひじょーに
ずぶとい犬やのぉ@@とずーっと思いつつ暮らしてきたからね。


しかーし、ここに来て、
やはーり、主治医は正しかったこと判明顔(汗)


麻痺が口と舌と喉すべてに来ているちょび。
そもそもの顔面麻痺も。

舌はちょうど中間の真ん中部分が麻痺している。
よって先っちょと喉の直前の根元部分は動くんだなぁ@@
この残った機能を最大限に使って、はき出すんだなぁ@@

飲み込む方にその機能を発揮してほしいたらーっ(汗)


そして、これも前に書いたけど、歯周炎の悪化で手術してほとんどの歯を抜歯してるちょび。
しかも骨まで浸潤してた部分があって、実は口と鼻が繋がってしまっている部分あり。
歯茎の根元(頬側)に1cm弱の穴(見た目は切れ込み)が開いてるもうやだ〜(悲しい顔)

どうしたものか、カテーテルチップシリンジの圧で水分を強制給餌すると
飲み込み力が追い付かず、口に溜まったものがこの穴から鼻に逆流を起こすようになったちょび。

先日は『ちゃり〜んっ♪ 鼻からイチゴヨーグルトぉ〜〜〜♪』な事態にあせあせ(飛び散る汗)
ピンクの鼻水・・・ふらふら

カロリーエースもさらさら過ぎて、ほぼ100%、『ちゃり〜んっ♪』な事態を招いている顔(泣)
当然、鼻に異物が入るので、まぁ、おっそろしく盛大に顔ぶるんぶるんさせて
くしゃみしちゃう犬(泣)
ダメージ大きく、一気に喰う気を失くすちょびバッド(下向き矢印)

自分の強制給餌能力の低さにこれまたかなり凹む執事。


そんな光景がこのところ続いている。


口の大きなカテーテルチップシリンジではなく、口の細い普通のシリンジを
使ったり、さらさらな液体はとろみ剤(介護用や離乳食用)ですこし粘度をつけたりと
試行錯誤中。
このとろみもかなーり好みが細かくてあせあせ(飛び散る汗)

なにせ、ゼリー類も全部茶こしで裏ごししないと飲みませんたらーっ(汗)
裏ごし器だと緩すぎで、飲みませんたらーっ(汗)たらーっ(汗)

茶こしっす、茶こし限定バッド(下向き矢印) 

舌ざわりに非常にこだわっているらしいちょび犬(怒)


味やにおいもかなり敏感。

他の種類のフードを混ぜたスプーンを使いまわすと、拒否ったりも顔(汗)
運悪く、その日お気に入りでないフードのスプーンを、お気に入りのフードに使おうもんなら
すべーて見事に拒否なさる羽目に顔(泣)

なので、差し上げる順番も考えつつ、好きなもので量を食べられる可能性の高いものから
順に差し上げないと、摂取0な事態を招きますバッド(下向き矢印)

途中、給餌のリズムが途切れたり、顔に水分がかかったなどのアクシデントがあると
かなり高確率で勝手にご飯終了しやがる勢いダッシュ(走り出すさま)

しかーし、今、最高にちょびのお気に入りなヤギミルクはとろみなくても
飲み干します顔(イヒヒ)
味、分かってやがるのよダッシュ(走り出すさま)



いつからちょびはこんなに神経質だったのか?????




きっとずーっとそうだったんだろうけど、『やる気』やら『負けん気』やらで
カバーしてきた18年だったんだろうね。。。

ここにきて、カバー力が落ちて、さらにもともとの神経質に磨きかかったんだろうね。。。


ここ2日、うんがゆるゆるで、ちょっと凹む執事。
なにせ、原因があまりに多種ありすぎで限定難しい@@

とりあえず、脂肪に気をつけて、炭水化物を多めにが鉄則とはいえ、
もしかすると、現在の炭水化物源であるゼリー飲料がモロ、原因な可能性も
なきにしもあらずたらーっ(汗)たらーっ(汗)

成分だけじゃない要因ってあるもんなぁ@@


膵炎悪化の可能性もあるねぇ顔(汗)

明日はまーた朝いち、病院決定っすな、ちょびさんたらーっ(汗)
手持ちの下痢止めも飲みきっちゃったし、血抜きにGO車(セダン)

どうでもいいから、早く寝なさいバッド(下向き矢印)

歩き倒すちょびたらーっ(汗)




ひっくり返るちょびたらーっ(汗)たらーっ(汗)




それでも諦めないちょびたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)↓(この動画は3度目の痙攣発作後ゆえ、
左後ろ脚が硬直しています)




とんでもねぇーな@@
この横倒れ背泳ぎもどき、腰骨、擦過傷からの床ずれの危険大もうやだ〜(悲しい顔)
レインコートのズボンだけ履かせようと画策中顔(汗)
歩き方はここ半月でかなーり怪しく進化中ふらふら


血抜きに備えてくれたまへよ・・・。
なにせ、熟睡こいてると、血が抜けないのよ、最近もうやだ〜(悲しい顔)

執事は朝マック片手に病院行こうっと顔(イヒヒ)
好きなんだよねぇ〜〜エッグマックマフィン顔(笑)

小さな幸せないとね、執事にも顔(ペロッ)

pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へちょびは絶好調で歩き倒し2時間半経過中顔(イヒヒ)
こりゃー朝7時就寝コースだな顔(笑)
そうそう、歩行器はなにやら画期的な感じのものを銀父さまが考案して下さってます手(チョキ)
すんごい楽しみな執事です。ちょびぃ、頼むぜ!やらかすんじゃないよふらふら
挫折の歴史に終止符は打たれるのか?!乞う、ご期待るんるん
ニックネーム 執事 at 04:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テクスチュアが大事だぜGood byちょび猫(足)
って感じでしょうか〜
舌触りがお気に召さない・・・なんか人間のようです顔(イヒヒ)
見れば見るほど、聞けば聞くほど繊細なちょびちゃんあせあせ(飛び散る汗)
バーニーもやがてそうなるのか!?おそろしや〜ふらふら
だいたい、食べる事にそれほど執着しない仔だからなぁ。。。

うんうん、小さな幸せを積み重ねていきましょうぞかわいい
チリも積もれば、ですよねぴかぴか(新しい)
Posted by バニ母 at 2009年03月19日 10:12
執事様〜大丈夫ですか?
ご自分のお身体も気をつけてくださいね。

ちょびくん、食べさせるのも大変ですね。
でも、執事様だからそこまで色々試みて
できるんだなぁ〜と感心させられます。

ちょびくん、おなかいっぱい食べれる
と本当いいのですが・・・
せめて、好きなものだけでも
量を摂取できるよう、願ってます。

歩行器ちょびくんに合うのが
出来て、歩くのが少しでも楽になると
いいですね!
そして、ちょびくんの体調も
のんびりでも、上向きになってくれる事
祈ってます。
Posted by まめ姉さん at 2009年03月19日 11:50
読み始めた最初の頃はちょびちゃんをよくここまでお世話をしてるなあって心底感心してましたけど
最近はちょびちゃんと執事さんは一緒に生きてるんだって私は思っているのでございます。
Posted by ランディとチャンプのメイド at 2009年03月19日 22:19
執事様、ちょびちゃん、
うんうん、頑張っているちょびちゃん!!
そのグルメさが君の生きる力だね〜〜。
で、執事さんはマックなんだ・・・。
なんか・・、すご〜〜くバランスが取れている・・・・。
やっぱり良いコンビですね!!絶妙!!
Posted by たっぺねーさん at 2009年03月20日 01:04

茶こしじゃなきゃ・・・・・ときたか〜。

はてしないな、やっぱり(笑)

茶こしだったら?って、
「茶こし」をつかってみたりした執事さんだし。

エッグマックマフィンって「やみつく」味だよね〜!
Posted by ゆた。 at 2009年03月20日 11:24
最近っつーか、去年末から
アンナ姐さんの周りの同胞がぞくぞくとお隠れになり遊ばしておって・・。

アンナ姐さんはクラッシャーっつーか
デストロイヤーっつか、糞尿地獄絵図で
バトラーとチーコに迷惑掛け捲りなんだけど
とにかく食欲だけはあるんよ。
口、腐ってんのに。

オイラはドコに集点あてればいいかわかんない。

だって、バトラーは我が子で、チーコとアンナ姐さんは里子で。

我が子に我慢させて里子優先?
チーコは若いから、プレ我が子になってるけど
15歳以上超えてからウチに来たアンナ姐さんは
我が子にはなってくれないんよ(-公- ;)ウーン

いじわる婆さんの酷い奴になってて
バトラーとチーコのカドラーやらなにやら
糞尿まみれにしちゃうんだよね。

やっぱ難しいよ (-公- ;)ウーン

オイラはいつまでたっても
きっとジレンマと戦って生きるんだろうなって思う。

人間の子供を引き取る前に修行(社会)に出て良かったかも。
甘いもんじゃね〜って現実知ったら
やっぱ島が欲しくなったヾ(▽≦)ギャハハハ
Posted by かかもっちー at 2009年03月20日 22:33
こんばんは
ちょびちゃんが神経質だったとは!
でも確かにそうだと思います。
水が少し掛かっただけでとか、リズムが狂うと食べないとか、凄くわかります。
ちょびちゃんほどでなないけど、金太郎も同じです。
下痢気味は大丈夫でしたか??
持病が多いと原因を特定するのも大変ですよね。。
金太郎にアドバイスを頂いてありがとうございます。
私もネフガードとコバルジンを使おうと思います〜。
今日もご飯は食べてくれず、とっておきの缶詰を出しても食べてくれず、無理やり口の脇に一度だけ練りこんだのですが、
その後大量に水を飲んだせいもあり、嘔吐、嘔吐を繰り返しました〜〜><
食べてない時でも身体の中には毒素は生まれるんですね。
ネフガードも点滴もしてないのに、食べたら余計気持ち悪いですね〜TT
今から執事さんの過去の日記を読み直して勉強したいと思います!
Posted by こみちぃ at 2009年03月22日 19:09
*バデ(バニ)母さま>
 まさに!!
すげーこだわってるのよぉ@@
しかーし、昨日から、実はなんと自力で食べ始めました!!!!
もうドライフードは食べないだろう、食器もいらないだろうと
思ってた執事だったのだけど、やってくれるよねぇ@@
ちょびに不可能の文字はないのか???

もうこれはダメだなってどれだけ凹んだかしれないのに、
損したよ顔(汗)
さすがに今回は1か月以上。体重は相変わらず、
7.97kgですが、また諦めずに8kg台戻せたらいいな。

小さなしあわせ、大事だよね、うん。
キツイ時ほどね。


*まめ姉さま>
 いやぁ〜〜駄目でしたよぉ顔(イヒヒ)
もぉーギブって感じで顔(笑)

やっと復活しました。
今は首が痛えーっす顔(汗)
軽い分、楽させてもらっているのですが、
ちびな分、床に這いつくばってのお世話なので首やられたもうやだ〜(悲しい顔)

鎮痛剤塗って、乗り切りますGood

歩行器、今日、仮合わせなんです。
どんなものが出来てくるのか、楽しみです。
まぁ、うまくいかないのも覚悟ですが、
もしうまく行ったらいいんだけどなぁ・・・。
歩行器うまくいけば、心臓をいくらかでも助けてやれるので
BUN下がるんじゃ?って期待してるんです、うん。


*ランディとチャンプのメイドさま>
 お世話してるって感覚はあんまりない執事です、実は。
同居犬なので、なにかあれば、同居人の執事が
なんとかせにゃいかんというだけでして顔(イヒヒ)
そのなんとかし方が執事はかなり極端で、
ちょびもちょびではてしなくやらかす犬なんですわ@@

そこまでするか?ってやつなんです顔(汗)
でも、その性格のお陰でここまで生きてるのかも?と
最近やっと分かった気がします。


*たっぺねーさま>
 いやー、散々ずっと粗食で育ててきたので、
仕返しだと思います顔(汗)
最後くらい、旨いもんよこせっ!!っつう。。。

しかーし、昨日から自力で食べ出したので、まーたきっちり粗食に戻しましたですよ顔(イヒヒ)
そうそう甘くないんじゃいっ!!

きっとまた、旨いもん喰いたくなったら、
お口麻痺するんじゃないかと思いますたらーっ(汗)


*ゆた。さま>
 きたのよ〜(苦笑)

はてしないのよ、やっぱり。

最初にね、裏ごし器かけたら、いい感じにゆる〜んって
ゲルになって、こりゃいいぞい!と執事的には
思ったのだが、ぜーんぶでろ〜〜〜っとお出しにもうやだ〜(悲しい顔)

ってことは固まりゼリーとゆる〜んの間だわね!ってことで
とりあえず家にあった茶こしでね顔(イヒヒ)
なんかもう実験・検証・再実験顔(笑)
見事成功でいぇい!!って。
アホでしょ〜〜〜執事。
『駄目と言われて引っ込まない』性格なんで顔(イヒヒ)


*かかもっちー殿>
 やっぱりさ、時間の長い短いとか、家族にするきっかけとか
全く違うじゃない?
そういうところで、現実には我が子と里子って
違いはあるのかもしれない。

しかもさ、スパシニってやっぱ、かなり壮絶に生きてるしね。
そうそう綺麗事で長生きってできやしねーしさ。

ただ、我が子であろうと里子であろうと、人も犬も
ともに生活する中で、お互いやりくりって
あるじゃん?

今のアンナ姐さんのご様子だとしたら、やっぱ
バトちゃんとチーコちゃんに負担大きいのも事実だろうし。

だとしたら、なんとか一緒に過ごす為にはアンナ姐さんに
なんらかの制限かけるのは、我が子だからとか里子だからではなく
一緒に生活する者として必要なのかな?って
執事は思います。

実際、じゅりあもマーキング大王だし、超甘えたなので、
ちょびに嫉妬してかかっていくので、
2匹を隔離しないとじゅりあはフリーに出来ないんだ、執事家も。

その分、じゅりあだけでお散歩とか、お出かけの際には
スリングに入れて連れ歩くとかでカバーしてる感じ。

経歴にもよるけど、保護犬ってどうしても衛生感覚は
ヤバ目なコが多いのは事実だと思うしな。
悲しいことには、不快なことに慣れてしまっていて
避けないよね、自分から・・・。
糞尿まみれでも寝ちゃうしさ@@

いっくらきれいな環境、与えても、即満喫して
綺麗好きとはいかんし、年とると、そこいらはもう
どんどん崩れるしね。ちょびだってそうだもん。

年と経歴の両方からだから、余計に大変だよね・・・。
難しいのぉ。。。


執事もね、余裕ない今、預かりっこのじゅりあと
相棒のちょびとのバランスにはかなり悩んだ。
で、自分に出来る範囲でって割り切ったところっす。
じゅりあの保護主、ボン様にもそれしかできないっすと
正直に申し上げて、預からせてもらってます。
その範囲で出来るところまで預かりますって。
るるやちょびのようにしてやらないジレンマはやっぱ
あるケドね・・・。


*こみちぃさま>
 過去ログすべて良く読ませて戴き、既に腎性貧血も
あったことを知りました。主治医の先生なりの
ご判断で、活性炭の提案がなかったのかもしれないなと
思い、余計なおせっかいを後悔しています。
通常、Cre2以上継続が活性炭適応基準なので、
範疇だと思ったものですから、つい差し出口を
してしまいました。

ご冥福を心からお祈り申し上げます。
Posted by 執事 at 2009年03月27日 08:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック