2009年02月13日

昨日のじゅりあ

昨日、腸炎の炎症反応が限界で、肝臓は無視で
ステロイド投与したじゅりあ。

朝はいくらか動いて、ご飯も口にし、いくらかいい傾向。

夕方、ちょびが寝付いたタイミングで単身、病院に行き、
ケージから出して、抱っこでゆっくり過ごしてきました。

お膝の上でへそ天で腕枕、満喫のじゅりあ。。。


病院でじゅりあのケージのお向かいさんは先生が引き取ったテリア君。
彼は先天性の重度の心臓疾患で、先生が引き取って、もう2年近く、
心臓の治療をしつつ、日々元気に弾けています。

ちょびとも仲良しで、通院の際に一緒にお散歩したりもする仲。
聞かなきゃ、心臓悪いなんてちーっとも分からないはっちゃけぶり。

でもお咳もでますし、チアノーゼも。
それでも彼なりに生きることを満喫しているのはこの2年、執事も見てきました。


じゅりあは症状としては重症です。
いつ悪化するのかもわからない。
今回、山を超えられるかも、正直まだわからない。

また、今回乗り越えたとしても、予後、自宅で服薬で維持できるかも
かなり怪しい。
それこそ、調子良い時に一時退院って形で長期入院も覚悟です。

ですから、病院での生活の楽しみを増やし、じゅりあのQOLを上げることを
第一に治療を続けようと先生とお話しました。
先生はテリア君の例もあり、直せずとも、QOLを維持しつつ、楽しい時間を
過ごさせることを優先という治療を選択して下さいました。


今日はテリアちゃんのおやつ、おすそわけでもらったそうで、
かなりテンションあげて満喫してたそうです。
その後ご飯も食べたそう。

執事が帰宅する際にもお腹すいた様子を見せ、早速またご飯貰いました。


一昨日の虚脱して、何をやっても口にせずの状態からしたら、目覚ましい変化です。



じゅりあの症状と予後を慎重に見極めつつ、何がじゅりあにとって一番いいのか
考えながら過ごしてゆきます。

この山を超えられるまでは、少なくとも、できる限り、通って、じゅりあを
抱っこしたいと思います。

明日は、何をお土産にしようかな?って思いつつ、今日はどうかな?って
じゅりあと笑える時間を大事にしたいと思います。


死ぬかもしれないとおびえながら怖々とではなく、今日も逢いに来ましたよっ!!って
じゅりあのもとに通いたいと思います。


帰り際、フリーにしてもらってたテリア君を撫でていると、しっかり覗いてたじゅりあは
得意の後ろ脚立ちではふはふと猛抗議犬(怒)
浮気目撃されてしまった執事顔(ペロッ)

元気が出てきたのは、たとえ数値は下がらずともいいことだと思っています。


少なくとも今退院させたら、またご飯は食べられず、症状も悪化の状態に逆戻りは確実。
ですから、ケージ生活は負担になるとは思うけど、できるだけ楽しい時間を
ケージでも過ごせるように、先生にご協力戴きながら、過ごさせてやりたいと
思っています。

しばらくは別居生活ですが、お膝に乗せる時間は同居生活と変わらないくらい
乗っけてやりたいと思っています。

1人と2匹の別居生活、開始です。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へちょびは手作りご飯の量の多さについてゆけず、
けぷって残してます顔(汗)
なんとかかさを減らしたご飯にすべく、試行錯誤しますです。
とりあえず、カロリー足りない分の炭水化物は赤ちゃんおやつの
「おさつちっぷ」(サツマイモ・じゃがいもでんぷんのみのパフ。キューピー)喰っておけ!
タンパク質・脂肪は手作りご飯で稼げてますし、ビタミン系もお野菜パウダーで
クリアGoodなんとも怪しいご飯ですが、もう執事&ちょび式でいっとこう顔(イヒヒ)
玄米フレーク(ムソー)もそのまま喰っとけ犬(笑)おじやにするとかさ増えるんだもんたらーっ(汗)
ニックネーム 執事 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | じゅりあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1654542
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック