2009年02月11日

やる気でてきた執事

思いっきり凹んで、やさぐれて、開き直って、立ち上がった執事。

さて、とりあえず、制限内容の手作りご飯いってみますか!ってことで
早速いろいろまずは喰いつきチェックしつつの単品盛りで与えてみました。

すべーて、即、すごい勢いで完食したちょび犬(笑)

しかーしあいかわらず、フードは食べない顔(汗)



食べないフードを無理やり食べさせるべくトッピング増やして制限越えちゃうくらいなら、
もう最初っから制限した内容の手作りご飯で喜んで食べてもらったほうがいいと
やっとスッキリ割り切った執事。
ドライフードを止めりゃ、いいだけじゃん!と。

で、おじや作って、がっつり与えちゃいました顔(イヒヒ)
しつこく、ふやかしフードも量は減らしたものの、密かにおじやの下に忍ばせて顔(ペロッ)



思いっきり、気持ちよーく、完食Clap



喰いつきもためらいなし。
ここ数か月、散々、費やした時間はなんだったのか・・・・顔(汗)
つか、なんでもっと早く気付かなかったんだろう、執事たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

にしても、フードの拒否加減と手作りご飯のがっつき加減のあまりの落差に
やっぱり前回異常値叩き出したBUNや肝臓の悪化の疑惑がむくむくと湧き上がり、
本日、朝一、じゅりあの様子見を兼ねて、がっつり血抜きに行ったちょび。
割安とはいえ、結果出るのが遅い外注ではなく、その場で結果わかる院内検査で
多項目いっちゃって下さい!とやけくそな大盤振る舞いして参りましたバッド(下向き矢印)

執事の疑惑はどんぴしゃりで、案の定、肝臓値は犬生初の4桁をたたき出しておりたらーっ(汗)
輸液で数値回復してきたじゅりあより悪い数値あるってどうよ?あせあせ(飛び散る汗)
BUNも前回と変わらず、下がってねーしもうやだ〜(悲しい顔)
唯一、ここ1年以上ずっと“ちょび正常値”な異常値キープだったCreが
なーんとギチギチ正常値だったるんるんるんるん
活性炭毎食盛りの効果出た模様手(チョキ)


やっぱり、BUN上昇に更なる肝臓悪化で、気持ち悪くて食べられなかったんだね・・・。


じゅりあと異なり、ちょびは(手造りご飯なら)食欲もあるし、そもそもの
体力も著しく違うので、週2回ほど、BUNを強制的に落とす為に皮下補液+利尿剤注射に通い、
肝臓はご飯とサプリとお薬を少々増量で維持してゆくことに。

早速3日分の水分入れられて、なんだか子豚のようにまるまるしたちょび顔(イヒヒ)
皮膚が爺様なので、ぴゅーっと漏れちゃうくらい、入れられてきましたですふらふら

かなり重いみたいで顔(汗)相当よろよろしてますですよあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、相変わらず150g落ちた体重が1か月戻らないままなので、差し引き350g増あせあせ(飛び散る汗)
そりゃ、一気にそんだけ重くなったら、よろけもするわなバッド(下向き矢印)
吸収すれば、軽くなるから、ちょっとの辛抱だ、ちょび犬(泣)

次回はもうちょっと減らしてもらおうね顔(汗)500gの水袋、背中に背負うのは
かなり辛そうだわあせあせ(飛び散る汗)

脂肪とタンパク質を制限した手作りご飯をこれから執事は五訂成分表
ご飯計算ソフトを酷使しつつ、せっせと製造に励みますGood

いやー、やっと食べさせてやれる。
最後は手作りご飯って数年前に決意したのが叶う。

かなり嬉しい。

自分のご飯はろくに作らないケド顔(イヒヒ) ちょびのご飯は作るよ、執事手(チョキ)

離乳食用の小分けパックがっつり買い込んで来ようっとるんるん

お魚もお肉もお野菜もみーんな食べさせてあげるからねグッド(上向き矢印)

どうしても手作りだとカロリー稼ぐには量が必要になってしまうので、
お野菜などは吸収も考え、お野菜パウダーなども利用して、かさを減らし、
腸の負担は少なく、かつ吸収のよいスパシニご飯を目標に。


実はこの日の為に、15歳以降、敢えてフードにライス使われているものは
チョイスから外して来た執事。

やっとちょびの好きな“銀シャリ”喰わせてやれます。
ちょびは12歳〜15歳の間は手作りご飯生活だったので、3年ぶりだーね。

待ってろよ!ちょび。

執事的感覚ではちょびがご飯を食べられないということは、
ちょび的QOL95%減って位に、避けたいことなのです。

なにしろ、ちょびのキーワードの“やる気”を支えているものは“喰う気”で、
ここだけはなんとしても、最後まで死守してやりたいものだから。
歩けなかろうと、寝たきりだろうと、食べられるなら、執事はちょびはちょびで
いられると思えるから。
他のなにを失くしても、ちょびが“喰う気”を失くすことはないと信じているから。
これを失くす時は、ホントのホントの最後って思い込んでる執事。
だからこそ、その“喰い気”を奪う多臓器不全はいやおうなく進むとはいえ、
出来る限りその進行を遅らせたいがゆえのこれまでの制限ご飯な日々だったし、
これからも日々なのだから。

最後まで“喰う気”を支えてやりたいと思いっきり願ってる執事。

極論言っちゃえば、食べてくれるなら、
祭ろうが、
毎晩徹夜で歩き倒そうが、
吠えまくろうが、
寝たきりだろうが、
垂れ流しだろうが、
それでもいいんだ、執事。
そんなこたー、(うきーっ!!だろうし、おんどりゃーっ!!だろうケド)付き合う覚悟は
持っているから。
ちょびが、食べてさえくれるなら、執事は付き合えるから。そう思ってる。
かなり極端だけどね、そのくらい、執事はこだわってる。ちょびに喰わせるってことに。



で、じゅりあ。
執事家ではかなりいいコでお過ごしでしたが、病院ではジャックラッセルやってますたらーっ(汗)

ご飯も毎回変えないと食べないそうであせあせ(飛び散る汗)←これは執事家でもそうだった。。。
なんとか、食べとくれ、じゅりあ・・・。

執事が病院にいる間にいいウンチもしてくれました。
よかったよぉ〜血便止まってもうやだ〜(悲しい顔)

全体的に数値は回復してきましたが、とはいえ、黄疸は進んでいます。
まだ、しばらくは退院は無理な状況です。
無理して退院させるより、暴れる体力あるうちにしっかり数値を落として
それから退院した方が予後はよいハズという主治医の意見に
執事的にも納得がいきましたので、お任せしてきました。

どっちみち、3日おきにちょびも通院だし、行ける限りは様子を見に通うつもりです。


希望がかなーり出てきた執事。
一気に“やるぜっ!!”モードに回復しました。

肝臓値悪化で復活?????

はい、復活です。
悪化はもう仕方ない。
多臓器機能低下がいつか多臓器機能不全に進むであろうことは想定内。
いつ来るか?と思うからこそ、毎月、多項目の血液検査をしつつ、見守っていたこの1年。
その日が来たら、“思いっきり好きなもの好きなだけ”って思っていました。

実際、その日が(ある意味やっと顔(イヒヒ))訪れて、
“好きなもの”を与えられる訳ですから、かなり嬉しい。
でもまーだしつこく、“好きなだけ”はもう少し先に取っておこうと思っています。
まだまだ進化(症状としては悪化なのだけど顔(イヒヒ))しつつも、
生き倒して次のステップに進んでくれることを願っているから。
まだ先があると信じていたいから。



執事が凹んでたらいかんのだよとわが身を反省。
座り込んでちゃ、執事じゃないんだよとわが身を反省。

“執事がいるから大丈夫”とちょびとじゅりあに言い続けられるような自分でいたい。

そう改めて思う執事です。


ご心配おかけしました。
また、気持ちをシャンと持って、ご飯を盛って行こうと思います。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ早速、食材を大量に買い込んで参りましたGood
明日はせっせと茹でこぼしーの、フードプロセッサーしーので、
ちょびご飯製造業に励みます顔(笑)
ニックネーム 執事 at 03:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食べてる食べてる しかも旨そうに
良かったですね
決して楽観視できる状態ではないけど
4桁って どんだけ〜って思うけど
生きる基本は食べることだから 素直に嬉しいです
ジョジョなら どうかなぁ・・と ふと考えてしまいました
きっと食べることより 散歩を選ぶだろうなぁって
川か海か?それも有り得るかも
救命胴衣の準備しとかなきゃですかね(苦笑)
最後の最後まで一番好きな事・やりたい事ができるといいですよね
苦労は付き物ですが 無理なさらず
執事様が寝込むような事になれば 取り返しつきませんから
くれぐれもご自愛くださいませね
そして じゅりあちゃんが出来るだけ良い状態で一日も早く帰ってこられますように
Posted by ジョジョボ at 2009年02月11日 07:11
おいしそうに食べてカンショクー!
良かったですね。
食べてくれると生きられるぞって感じがしますね。
将来のために勉強させてもらってます。
Posted by ランディ改めミッソーニのメイド at 2009年02月11日 09:29
おはようございます。
お久しぶりです犬(笑)
ちょびちゃんおじやの下のフードに騙されて食べちゃったんですね顔(笑)
素晴らしいわーい(嬉しい顔)
でも、いつ見てもちょびちゃんには癒されます顔(メロメロ)

だりあも心臓に雑音が聞こえ初めたので薬を飲みはじめましたくすり
まだ弱いので良いみたいなのですが。。。
背中にも脂腺が出来て 大きくなる度に針で抜いて貰ってるんですが 先生は思い切って取ってみたら?と。。。
取ってやりたいけど麻酔が...と思うと思い切れない今日この頃です顔(汗)

じゅりあちゃん、早くお家に帰ってきて欲しいですね四葉
Posted by ゆみ at 2009年02月11日 09:37
わわわわわ、わっかるーっ!
犬のご飯はいくらでも作るの。だけど人間のご飯は作らないの。作れないの。それどころじゃないの。
そういう風になってしまうのですよね。

でもね、時々は座り込んで一休み、というのもいいんじゃね?と思いますよん猫(足)
Posted by でん吉・ビートママ at 2009年02月11日 12:37
ちょびちゃん、がっついてるぅ〜、
食べれるって、やっぱり嬉しいよねグッド(上向き矢印)
ビーグルだもん犬(笑)
じゅりあちゃんも早く退院できると良いですねexclamation
いつも頑張っている執事さん、本当尊敬です。。。たまには、ちょっと一息休憩もありですよ揺れるハート
Posted by カールねぇ at 2009年02月11日 14:16
ちょびちゃん、おいしそうにごはん食べてる!
良かったねぇ、本当に良かった(*^_^*)
じゅりあちゃんも血便止まって良かったね
早く回復して執事さんのもとに帰れるといいね
執事さん、私もたまには凹んでもいいと思いますよ(凹んでられないかもしれないけど)(^^ゞ
ご自分のごはんもちゃんと食べてくださいね^^
執事さんあってのちょびちゃん、じゅりあちゃんなんだから(*^_^*)
簡単な長寿鍋、活用してくださいませ♪
Posted by ポチ子 at 2009年02月11日 19:08
ちょびちゃん、平らげてますね!!
ガッツイテくれると、本当に嬉しいね!
ちょびちゃん見てたら、ネムにも手作り食にするべか?! と、思いました。
病気になるまで、ずっと手作り食だったし・・・。

じゅりあちゃん、イイうんちが出てほんとに良かったです!

今日の日記を読ませて貰って、私も元気頂きました!
凹んでないで、がんばるぞぉ〜!!
Posted by ももこ at 2009年02月11日 20:11
執事様、ちょびちゃん、
おおお!!食べていらっしゃる〜〜〜!
やはりビーグルさんは食べているのが素敵!
やはり手作りか・・・、愛情もたっぷりですね。
満足そうなちょびちゃんが可愛いです。
じゅりあちゃんも少しずつで良いから回復して欲しいですね。
しかし、病院ではJKT丸出し??
面白い子ですね!!
執事さん、自分のご飯もしっかり食べて下さいよ〜。
Posted by たっぺねーさん at 2009年02月11日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1652231
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック