2009年01月24日

叩き出しやがったちょび

何を叩き出したか?って。

うひょー@@という数値。
そもそも「ちょび正常値」という立派な異常値の数々を毎回叩き出してるちょびですがあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、スパシニですし、複数疾患あって、投薬量だって半端じゃねーし、
それは当然と見て見ぬふりをして参りましたが・・・。


コレはまずいっしょもうやだ〜(悲しい顔)
「ちょび正常値」の許容範囲、一気に大きく超えやがった顔(汗)

BUNしっかりがっちり上がって、過去最悪数値を叩き出されましたですバッド(下向き矢印)
ついでに肝臓関係も一気に「ちょび正常値」から逸脱。


なんだか、ほかの方の数値を見てると、若いコなどではかなりオオゴトらしい数値っすケドふらふら
点滴・入院とかしてるんですががく〜(落胆した顔)

スパシニちょびは喰いつき悪しって感じです。

もうここ1年近くは嗅覚も衰えてますし、麻痺やら腫瘍やらで食べにくいですし、
お脳もあって、なかなかすぱっとは喰いつかないちょびですので、
匂いを立てたり、テンションあげたりと各種工夫は必要とはいえ、
喰い始めりゃ、お皿もきちっと舐め上げる犬食洗機なちょびですが、
毎食完食とはいえ、数口食べて、止めちゃったりとか、
犬食洗機は故障中だったりとちょっとヤバいかも?!な予感で
血液検査してみたら、案の定だよたらーっ(汗)

主治医曰く、「この数値でも喰ってるか@@」
はぁ・・・・。


お顔拭き.jpg
しっかり喰って、満足げですが顔(イヒヒ)


ホントに、相変わらず、症状の表れにくいちょび。

Creは相変わらず、「ちょび正常値」内なので、腎不全つうより、心不全だねぇ@@


まぁ、活性炭継続するも下がってこなかったから、来るだろうなとは予測済み。


てっとり早く、低タンパクな処方食に走るという手も考えはしましたが、
これまでもあえて疾患対策としては処方食を用いずに維持してきたちょびなのに、
最後の最後、ココにきて、マズイ処方食に駆け込むっちゅうのもあまりに
あまりかな?と頑固な執事は思うので、
で、そんな執事をよーくご存じな主治医なので、敢えて処方食の処方はなく顔(ペロッ)
低タンパク食で数日やって、再検査ということに。
これで下がるなら、それでよし。下がらぬなら、利尿剤の増量、それでも駄目なら
輸液治療と相変わらずしつこく粘ってみるつもりのちょび医療チーム顔(イヒヒ)

既に調査済み、ブックマークリストをほじくり返して、人間の腎不全対策食品をチェック。

まぁ、行って行けない距離ではない場所に専門店があるので、食材買い込んできまするんるん

現在のご飯を減らして、低タンパク米のお粥やフレークなどに置き換えします。
これで現在のタンパク質18%から13%くらいに下げる予定。
タンパク質減らした分のカロリーは炭水化物に置き換えて、摂取カロリーは維持。

匂いがないと食べちゃくれないちょびなので、お粥の出汁なども工夫しないとね。

腎臓も弱っているのは事実なので、リンも少し用心で、果物はストップして、
その分、リン制限済みのフルーツジュースやゼリーを仕入れて来ようと目論んでます。

で、そっちで制限したリンをアミノ酸スコアの高いヨーグルトなどに回すと。


これまでも愛用ごはんは「セミベジタリアン」だったちょびですが、
限りなーく「ベジタリアン」に近い犬になるの。

極限制限の低タンパク食ゆえ、タンパク質の質にこだわっていかないと、
体力落とすなぁと既に汗・汗な執事ですが、まぁね、最悪、(おいおいっ。悪ってあせあせ(飛び散る汗)
処方食に逃げるっちゅうのもありだしぃ。←逃げる気は今のところはさらさらないケド顔(イヒヒ)

ちょびはのほほぉん、執事は汗汗で参りまっしょいGood

熟睡時の無呼吸はかなり顕著ですし、お脳も自分ではスイッチ全く切れなくなって
2時間は歩き続けないと、いくら執事が羽交い絞めしても寝付けないちょびです。
無理やり止めても、エア歩行でぱたぱたずっと歩いてるつもり続行だし、
わぉんわぉん!猛抗議だしねもうやだ〜(悲しい顔)
いたしかたなく、マラソンの給水ならぬ、「給酸素」な小休止で凌いでます。

そりゃー毎日毎晩最低でも2時間歩き倒してりゃ、心臓も弱るっちゅうねんパンチ




現在、ちょびの1日は、熟睡(お脳休止)・歩き倒し(お脳全開)の2択で
寝そべって安静とかいう優雅な感じな時間はほぼございませんバッド(下向き矢印)

アクティブスパシニちょび顔(汗)

yukiline縮小.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へやっと恒例の深夜室内散歩終了して熟睡して無呼吸やってるちょび顔(汗)
寝ても覚めても危険犬あせあせ(飛び散る汗)これがちょび的のほほぉんなりぃるんるん
ニックネーム 執事 at 03:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん、叩き出してるね。

で、まだまだ、やる気まんまんだ!
そうやって、
おいこら、周りをおどろかせてるあたりが、
いかにも、ちょび君だ。がんばってる!

かの長生きだったシェルティのハリーも、ちょびくんのような腎機能の数字で、
執事さんのような低タンパク食なんかぜんぜんやっていなかったよ。
そこんちは、ハリーの大好物の
「野菜のはいったみそ汁ぶっかけササミ肉いりごはん」
(高塩分・高たんぱく質。やるよね〜)、
食事は、最後になる日にもしていたんだ。
ハリーはね、ちょびくんのように、
がんばってる!っていう風情じゃなく、
寝そべって安静が日常で、
ご飯のときは、
「なんか、まだ食べられちゃうんだ、ぼく〜」って感じだったそう。

Posted by ゆた。 at 2009年01月24日 21:00
*ゆた。さま>
なんでこんなにせっせと歩かにゃいかんのか???
頭の中にちっちゃい人がいっぱい詰まってて
「歩けぇ〜〜〜!!!!」って叫んでるんだとしか
思えない執事顔(汗)

いやさぁ、好物だけおもいっきり喰え!ってのも
アリかな?って常に思うんだけど、よくよく考えると
ちょびの場合、なんでも喰うという姿勢で
主食としての好物って特にないんだよねぇ顔(イヒヒ)
果物くらいでさ。食べ慣れてるものは普通だが、
それ以外はすべて大喜びなのよ顔(笑)
ドッグフードも好物っちゃ、好物だし。
処方食もたぶん食べるのは食べると思うんだ。
ただ、もう余生だしさ、積極的に食べたいって思える
モチベーション高いご飯あげたいじゃん。
「普通に食べます」じゃなく「喜んで食べます」なのをね。
だったら、ちょびの御馳走のお粥を低タンパク米で
作って、その分のタンパク質をお肉なんかに
回してあげようかなって。
そもそも雑穀&野菜お粥は凄い好きだし、ちょび的には
Wで嬉しいかな?って。
栄養的には低タンパクにして、ちょび的には御馳走るんるん
ってのが執事のもくろみです顔(イヒヒ)
ハリー君みたいに最後まで食べられるコは
かなーりレアケースみたいだし。執事はるる同様、
腹いっぱい食って、逝かせてやりたいからさ、ちょびにも。
で、低タンパク食が進行を抑えるのは事実だから、
やっぱりビビりな執事は低タンパク食は守りつつ、
でも、タダじゃ起きないってのを目指しちゃろう!と
思っとります顔(イヒヒ)5訂片手なり顔(ペロッ)
プロフェッショナルなゆた。さま、ぜひご指導よろしくです。
Posted by 執事 at 2009年01月25日 03:52
叩き出すって言ったら、でんちゃんでしたよ。ありえねー数値を、次々と顔(泣)
でもね、腎臓だったら、輸液始まってからが本番、みたいなもんですから。輸液で、だいぶ維持できます。実証済み!

BUNはかなりの幅で上下するし、Creは炎症とか、他のファクターでもアップするからね。活性炭は欠かさぬようにしてあげてくださいね。

執事さん同様、私もちょびさんのことは、しつこくしつこく、もひとつおまけにしつっこく、応援し続けます。低たんぱく食で、数値が改善されますように。
Posted by でん吉・ビートママ at 2009年01月26日 23:28
執事さん、ちょびちゃん

こんばんは。
いつも、アドバイスありがとう御座います。
ちょびちゃん、如何でしょうか?
食は進んでおりますでしょうか・・・
低タンパク米ですか〜始めて知りました!

私も、発芽玄米おかゆをよるが食べなくなるたびに
好きな物あげようかな・・・と思い悩みます。
結局、今は白米半分と発芽玄米半分おかゆ
ですが・・・
だけど、ちょびちゃんの事を知り尽くした執事さん
またまた、ちょびちゃんの好きそうな低タンパク食を
編み出すんだろうなあと思いますexclamation

ちょびちゃんの、歩くたびに大きな耳が揺れているのが
「俺もまだまだやるぜ!付いて来い!」
と体全体で言っているように感じますexclamation
Posted by よるまま at 2009年01月26日 23:37
*でん吉・ビートママさま>
 ですよね!でんちゃんっていう生き倒した先輩いるんだもん!

Creはギチちょび正常値セーフ(っていっても
ばっちり活性炭適応ですけど顔(イヒヒ))。
これ以上進むと、輸液に突入とはいえ、心不全アリは
輸液治療難しい面もあるので、輸液突入をできるだけ
先延ばししたいと思ってます。
段々と相反して参りますのぉ〜〜〜。
輸液したらその分、利尿剤増量だし・・・。
既に日常的に利尿剤服薬3年。腎臓も弱るっちゅうのふらふら
腎臓守るために輸液して、心臓守るために利尿剤いれて
結果、また腎臓弱るってねぇもうやだ〜(悲しい顔)
やばーいループっす。うまーくバランスとって
ばっちりいい数字じゃなく、生き延びられる数値って
ところで低空飛行せねばです。
ちょび正常値の基準もそろそろ改定時期なのかも?顔(イヒヒ)
活性炭はもう死ぬまで盛りますGood

*よるのままさま>
ちょびはお粥大好きなんですが、これまでは
筋肉落とさぬように、腎臓大丈夫な間は動物性タンパク質を
控え目ながら、与えるという選択をしていました。
ですが、とうとう、ちょっと負担になり始めたようなので、
炭水化物なご飯にシフトです。

この上下動激しい歩き方は2時間歩き倒しの最後。
元気な時はもうちょっとスムーズに歩くのですが、
へとへとになるとこーんな感じでぎっくしゃっくと
歩いてます顔(汗)

人間用の疾患対策食材や離乳食、介護食など
結構老犬に使えるものはありますよぉるんるん
介護食のとろみ剤なんかも便利ですし、お野菜系の
離乳食はパウダー状のものなどもあり、ふりかけ
替わりにも使えますし。
ただ、栄養成分はチェックしないと塩分おおかったり
などもあるので、主治医の先生と相談しつつですが。。。
おかず系の調理済みの離乳食などは、離乳食とはいえ、
結構塩分高かったりしますので(汗)
素材系が狙い目です。
1人暮らしだとなかなかいろんな野菜を毎日って
難しかったりするので、こういったものをうまく使って
手抜きしてます顔(イヒヒ)
Posted by 執事 at 2009年01月27日 03:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1637132
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック