2008年12月29日

果たせた約束、叶わなかった願い

るる、旅立ちました。

クリスマス前にほぼまる2日、呼吸困難を起こし虚脱。
もう数日と告げられていましたが、
2日目の明け方にむくっと起き上がって、おもむろにジャーキーを
咥えたつわものるる。


昨夜日付が変わった頃から、また呼吸困難に陥り虚脱。
今回も乗り切って欲しいと願い、
きっと乗り切ると信じていましたが、
叶いませんでした。


凄いコでした。

執事の手を振り切るかのように、すくっと立ち上がり、数歩歩いて
そのまま旅立って行きました。

“あたちは逝きます”って執事に宣言するかのように、
執事の手の中から、膝の上から、自らの脚でしっかと地に立って
逝きました。

小さな体に不釣り合いな、あふれるガッツの持ち主でした。




5月30日にコンパニオンアニマルクラブ市川代表の金子ボンさまの手によって
千葉県愛護センターから救われたるる。


救い出された日のるる

センターから救われた23匹目だったるる


7月6日から執事家に仲間入り。
半年弱の執事犬でした。



できることならば、ちょび以上に、あなたには生きてほしかった。
なんとしても苦痛を1つでも少しでも減らしたかった。
のほほぉんと生きてほしかった。
たとえ、限られた時間でも。

そもそも限られていた時間だったから。

そもそも限られていた時間だったけど。



その願いはあなたが執事犬になった時からずっとずっと変わらず持ち続けてきたけれど、
最後まで傍らで見守るという、たったそれだけしか果たせなかった。



るる、ありがとう。

あなたの不屈のガッツ、執事、むっちゃ愛してる。
そんなあなたは執事自慢の執事犬。


るるいいお顔.jpg



最後まで生き抜いたあなたを見せてもらった。

壮絶で、荘厳で、驚愕で、まっすぐで、単純で、お茶目で、必死で、
そんなあなたの姿、見せてもらった。

いってらっしゃい、るる。
あまりにも多くのものを負い過ぎた体からやっと自由になれるのだから。

そしてもし執事家の居心地そんなに悪くなかったよって思うなら、
そして虹の橋ってのがあるんなら、
執事が迎えに行くまで、やかと一緒に待ってなさい、るる。


執事、かならず迎えに行くから。
約束する。


だから、のほほぉん待ってなさい。






これまでるるを見守り、エールを送り続けて下さった皆様、
本当にありがとうございました。

皆様が寄せて下さった祈りでここまで過ごせたと執事、心から思っております。

小さき命は皆から愛されていてほしいという執事の願い、
皆様に叶えて戴きました。
ありがとうございます。


非常に失礼で、そして我儘なのですが、るるに形あるものをお送り下さることは
謹んでご辞退させて戴きます。

そのお気持ち、既に十分頂戴しているるると執事です。




蛆虫と膿だらけの包帯だけを身につけて即日処分されるはずだったるるが
ボン様のお陰でその生を繋ぎ、縁あって執事犬に。
暖かい寝床とお洋服を身につけて、お腹もちゃんといっぱいで
お花に囲まれて、旅立たせてやれました。

るるは執事犬として送ってやれました。


ですから、もしできますならば、るると同様に、あるいはるる以上に
助けを必要としている命に、形あるものは繋げて戴けたらと思います。

執事の失礼を、我儘をどうぞお許し下さい。





最後に、
コンパニオンアニマルクラブ市川代表金子様に心から感謝を。

るるはボン様が救って下さった命です。
執事は縁を頂戴したに過ぎません。


執事はるると過ごせた時間、とても幸せでした。
たくさんの笑顔と喜びをるるから貰いました。

るると過ごせた時間はこれまでも、これからも
執事にとって大事なものです。

ボン様のお陰です。
託して下さったからこそ戴いた時間で、幸せで、笑顔で、喜びです。
執事犬るるはボン様があの日、あの時、思わず抱き上げて下さらなかったら
執事が送ってやることは叶わなかった命ですから。

るると執事から、言い尽くせぬありがとうをボン様に。
ニックネーム 執事 at 18:43| Comment(19) | TrackBack(0) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
虹お疲れ様犬(笑)るるちゃん虹
年を越せなかったのは。。ちと?残念だけど。。
もう?痛くない、辛くないからね?グッド(上向き矢印)

執事どのが言うように虹
>だから、のほほぉん待ってなさい。

はち?って、頑固なばあさんワンコもいますよ?ヨロシクね?虹

執事どの、ご苦労様でした。Clap
貴方の精神力、行動力。。脱帽です。
飼い主孝行だねぇ。。るるしゃん。。
ゆっくりお雑煮食べなさいexclamation&questionって、ね?

ちょび君と犬(笑)ゆるゆる年越しして下さい!

本当にお疲れさまでした。

Posted by はちまま at 2008年12月29日 20:00
るるちゃん 本当によく頑張りましたね!!
息をのむ思いで読んでおりました。
執事さん 虹の橋で絶対に待っていますよ!!
私も また会えると信じています。
Posted by 内山 晶子 at 2008年12月29日 20:16
何をどう書いて良いのか?上手く書けませんが、るるちゃんは、最後の半年間を今までの犬生の中で一番るるちゃんらしく過ごせたのではないでしょうか? 鼻のチューブも可愛かったです。
自分の足で数歩歩き、そのまま旅立ったるるちゃん、貴女らしいですね。
虹の橋の袂でるるちゃんらしく、好きなものにはがっつき、歩きたい時に歩き、走りたい時に走り・・ るるちゃんらしく楽しむ事でしょう。
るるちゃん、お疲れ様も、ご冥福を・・も言いません。これからも貴女らしく虹の橋の袂で過ごして下さい。

執事様、あなたと出会えて、私は最高に幸せ者です。
沢山の事を学ばせて頂きました。そして、これからも学ばせて頂きます。
ありがとうございました。
Posted by ももこ at 2008年12月29日 20:37
あっぱれ!るるちゃん
あっぱれ!執事さん

ありがとうボンさん・・
ありがとうちょびくん。。

虹の橋でブイブイいわせてるるるちゃんが
目に浮かぶよ。
「執事はどこ?執事が居ない!」って
言ってる気がする。

るるちゃんは紛れもない執事家の一員。
幸せだったね。
Posted by ぷー at 2008年12月29日 21:53
るるちゃん、ありがとう
執事さん、ありがとう
るるちゃんにたくさんの勇気と幸せをもらいましたよ
るるちゃんはたくさんのたくさんの人に愛されていたんだよ
執事さんと暮らした期間は短かったけれど、とてもとても幸せな時間でしたね
本当はもっともっとたくさん伝えたいことがあるんだけど、今は胸がいっぱいで・・・
いってらっしゃい、るるちゃん
Posted by ポチ子 at 2008年12月29日 22:34
るるちゃん、
本当に、本当に、がんばったね。
お疲れ様でした。

最後の最後、るるちゃんは
幸せだったと思います。

それにしても、ワンコには教えられる事が
いっぱいです。
執事殿にも・・・。

いつも思うけれど。
自分ではほんとに何にもできないけれど。
不幸なワンコが、少しでも減りますように。
祈らずにはいられません。

るるちゃんのご冥福、お祈りしています。
Posted by 佳 at 2008年12月29日 22:57
るるさん、頑張りました。
執事さん、頑張りました。
神様がいるのなら、静かに輝くメダルみたいなのを、くださるような気がする。るるさんにも。執事さんにも。

ジャーキーをくわえたのは、「生きるわよ」というるるさんの気持ちの表れだったのだろうと思います。執事さんはいつも、そんなるるさんの気持ちに、そっと手を添えて応援してこられたのです。最後まで自分にそっと寄り添ってくれている存在を、るるさんの命そのものが、きっと感じ取っていたのではないかと、私は思います。
今度は私が、るるさんに「行ってらっしゃい」と申し上げたいと思います。

我が家にも、金子ボン様が救ってくださった命、ビートがおります。時に泣きそうなお気持ちになりながら、それでもセンターに行ってくださるボン様のおかげです。るるさん、ボン様と執事さんに会えて、よかったね。

Posted by でん吉・ビートママ at 2008年12月30日 01:36
るるさん 最期の最期まで立派だったのね
不謹慎かもしれないけど 良かったと思います
るるさんの意志で 自らの力で旅立てたんだから
執事様 考えられる限り・可能な限り 最大限の応援を 
るるさんにしてあげていらっしゃいました
るるさん それを受けて最期まで応えてくれた
本当ならチューブなんて嫌だったかもしれないけど
それでも執事様の愛と解って頑張ったるるさん
立派でしたね
るるさんも執事様も お疲れ様でした
出来れば新年をと祈っておりましたが こればかりは神のみぞ知るところでしょう
しかし執事様 ゆっくり感傷に浸っている暇はないですね お疲れ様です 
引き続き ちょびさんのお世話 お願い致しますね
読み逃げばかりで お役には立てませんが いつも感心し応援させて頂いております
最期まで立派だったるるさん 後に続く後輩達への最大のエール 受け取りました
執事様 どうかご自愛下さいませね
まだまだ ゆっくりさせて貰うワケにはいかないでしょうが
それが幸せだと思っていらっしゃる事でしょう
避けられない別れのために 勉強させて頂きます
最期に るるさん お疲れ様でした 本当に貴方は最期まで立派に犬生を全うされましたよね
執事様の元で 幸せだったことでしょう
様々な苦痛から開放されホッとしてますか?
一つだけお願いします 寂しいからとちょびさんを迎えに来たりしないで下さいね
どうか ゆっくりと休んでください
心よりご冥福をお祈り致します 合掌
Posted by ジョジョボ at 2008年12月30日 06:27
ホントにご苦労さまでした。

るるはすべてを分かって旅立ったと思います。執事どのに笑われないように、頑張ろうってね。

ラブ・アンリミテッドをちょびに!
Posted by IKEGAMI at 2008年12月30日 08:41
るるちゃんいってらっしゃい。
あなたが執事さんのお家にきてから、
楽しませてもらったり、頑張りに驚いてみたり。
本当の愛情を知ることが出来て、濃い〜〜数ヶ月を過ごせたもんね。
素晴らしい旅立ちだったと思います。
るるちゃん、あなたの笑顔を見せてくれて今までありがとう。
執事さんのお家でのあなたは、私には笑顔に見えましたよ。
Posted by カカオ at 2008年12月30日 17:11
るるちゃん、本当に良く頑張りましたね。
るるちゃんのご冥福をお祈りします。
きっとるるちゃんは、執事さんの所で
幸せな晩年をすごせて、すごく嬉しかったんじゃ
ないでしょうか。
るるちゃん、本当に素晴らしい子でしたね。
生きるってどんな事かいっぱい教えてくれましたね。
執事さんも本当にお疲れ様でした。
今は悲しみでいっぱいでしょうが
どうか、お体に気をつけて
ちょびちゃんのために頑張ってくださいね。
Posted by ローリーばあや at 2008年12月30日 21:45
るるちゃん、頑張ってから旅立っていったんですね。
最後が暖かい場所であったことが何よりでしたよね。
私にも縁があったかもしれないるるちゃんにさようならと言います。
執事さんには私の胸の中だけでありがとうを言います。
Posted by ランディのメイド at 2008年12月30日 22:02
はじめてコメントします。
去年からちょびちゃんのブログ拝見していました。
執事さんの介護には頭が下がります。
るるちゃんの経緯もホントにひどい飼い主で信じられませんね!
でも、るるちゃんは天国できっと執事さんのこと見守ってますよ。
そして感謝してますよ。
るるちゃんは幸せだったね。
一杯愛されて!
るるちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。
執事さんのお気持ち痛いほどわかります。
私も我が家のコロちゃんも2年の介護、痴呆、癌、心臓と悪いところが沢山ありました。でもコロには本当楽しませてもらいました。いくら手がかかっても可愛くていつも抱っこしてました。
3月に18歳8ヶ月と20日で天国に旅立ちました。
今は捨てられて殺処分されるところをレスキューされたバイスの里親になりました。
コロちゃんにそっくりなんです。
Posted by コロリン at 2008年12月30日 23:37
るるしゃん、
執事さんを通して、
あなたの強さに
こころうたれていたものとして、
ひとこと、

そのうち、
みんな、ぼちぼち、そっちにいくから、
待っていてくださいね
って、ことです。

あなたの
ちいさな体に
こころにあった痛みが、
執事さんの献身で
すこしづつ癒されていく様子
ずっとみさせていただいて、
なんども胸をいっぱいにしました。

るるしゃん、
無力で、
涙をためるとか、流すとかしか、
いまのわたしはできないけど、
お願いがあります。

そっちにいったら、
そっと抱かせてくださいね。

がんばったるるしゃんを、
抱きしめたいです。

るるしゃんありがとう。
執事さん、ありがとう。

Posted by ゆた。 at 2008年12月31日 13:08
るるちゃん、お疲れさま。
執事さま、お疲れさま。
最期が幸せなことが、人間も犬も幸せなことだと思います。
看取った執事さんを本当に尊敬します。
ちょびくんもきっとるるちゃんからパワーもらいましたね。
執事さんのブログ見ると、いつも元気もらいます。
Posted by もじ子 at 2008年12月31日 18:52
皆様へ

本来でしたら、それぞれにお礼を申し上げたいのですが、
ここで申し上げます失礼をお許し下さい。
たくさんのメッセージありがとうございます。心から感謝を。


執事はるるを看取るために預かったのではありませんでした。
るるが生きる限り、支えたいと思って預かったコです。
もちろん、18歳という年齢も大きな腫瘍もありましたが、
そんなことぁ、ちょびだって大して変わらんもん!と。
どちらの18歳も精一杯、彼らが生きるという限り、
その意思を見せる限り、私は隣で人としてできることを
してゆくだけだと思ってきたつもりです。

ですが、るるは目に見える形で腫瘍が進行し、
どうしてやることも出来ない悔しさで
思わず立ち止まってしまう時も多々ありました。

執事の手を怖がることなく、やっと身を寄せてくれるように
なったとはいえ、執事の手からなら最後の最後まで
モノを食べてくれたとはいえ、るるは心底安心して
執事に抱かれることがなかった気がします。
仕方ないから付き合ったげるっていう態度だったるる(苦笑)

たった1度だけ、るるをボン様の所から預かった夜、
熟睡していたるるは完全に執事の腕に身を委ねて
ぐっすりと眠っていました。
「この命、預かった」と文字通り思った、暖かな重さでした。

精一杯預かったつもりですが、最後の最後、
るるはすっくと立ち上がって執事の手を離れて逝ったことが
るるらしいと思えるとともに、どこかで悔しさが残ります。

もう少し、もう少し、時間があったなら、
安心してるるに身を預けてもらえる日が訪れたかもしれないと。
思い切り抱きしめてやれる日が来たのかもしれないと。

執事として老犬介護士としては認めてもらえたかな?と
思いますが、相棒として認めてもらえたのだろうか?と
思えます。

それだけが、心残りです。

ボン様の教え“雪解けを待つよう”に、
るるを見守ったつもりですが、
雪が溶ける前に旅立たれてしまった気がします。

いるのかいないのかというほど、じっと存在を消していたるるが
みぃーと鳴くようになり、ぎゃぉんぎゃぉん鳴くようになり(笑)
るるなりの自己主張を始め、アイコンタクトが取れるようになり、
そんなひとつひとつが何より嬉しかった執事でした。
“看取る”という意味では精一杯執事のできることを
してきたと思えますが、
るるの相棒には間に合わなかったと思えてしまうことが心残りです。
Posted by 執事 at 2008年12月31日 23:02
るるちゃんの宝の時間、深く刻まれたことでしょうね。。。
るるちゃん!執事さんやちょびちゃんと出会って幸せだったね!!

尊い命と懸命に向き合っておられる記事、拝見しました。

るるちゃんのお顔が執事さんの深い深い愛情で穏やかになった。。
それは、るるちゃんが幸せな時間を過ごせた証なんだと感じました。

執事さんの心意気に!!るるちゃんのガッツに!!

又、命を繋いだ皆様に敬意を…

るるちゃんの命の耀きから多くを学びました。
ありがとう!るるちゃん!!
有難う!!執事さん。

るるちゃんの執事さんへの想い、その安らぎを得た表情と魂の懸命な様子から伝わってきました。

るるちゃん!虹の橋で思い切り走れるね。
お友達に再会したら痛みや苦しみのない身体で
いっぱいイッパイ遊べるね。。。
これからは、執事さんとちょびちゃんを見守ってね☆
心から手を合わせて、ご冥福をお祈り致します。
るるちゃん!安らかに…
Posted by sora at 2008年12月31日 23:06
年の初めに、執事さんに・・。

うそでしょ?
こんな大変な子を預かるなんて・・
あの時、そう思いました。

でも、毎日のように電話、そして
画像を送りアドバイスをいただきましたね。
いてもたってもいられなくなった執事さん
とうとう我が家まで、消毒薬、薬持参で
来てくれました。
どんなに心強かったか。
心から感謝しています。

旅立ったときのお話を伺い
るるちゃんらしい・・そう思いましたよ。
あっぱれ!です。
るるちゃんのことで悩み、考え
そして、精一杯の愛で最後まで
お世話してくださり本当にありがとう。
私は、ただ連れてきただけ。
命を生かしてくれたのは、執事さん
あなたです。
本当にありがとうございました。

そして、応援くださいました皆さま
本当にありがとうございました。

るるちゃん、お茶目な子だったね。
Posted by ボン at 2009年01月01日 00:46
執事様
るるちゃんを、看取って頂いたて本当に
よかったです。シーズーの子が、どんな18年を
過ごして来たか?胸が痛みます。
でも、執事さんとの最晩年のひと時は、るるちゃんが頑張って来たから、神様からのプレゼントだったのでしょう。
Posted by 詩帆 at 2010年04月28日 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1613932
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック