2009年01月11日

心が揺れること

最近、ついつい立ち止まって見守ってしまう光景がある。

何気なく散歩してるわんこと飼い主さんたち。
運転してると、夕方などはもうわらわらと・・・。

ちょびはもうああやって顔をあげて、尻尾を振って、まっすぐ歩くことはできない。
執事が立ったままリードを握って、自力でがんがんちょびが歩くっていう
当ったり前な散歩はもう執事はちょびとすることはない。


その事実に執事の心は結構ゆれる。

悲しいとも違うし、
切ないとも違うし、
しみじみとも違う。
うらやましいとも違うし、
辛いとも違う。

いろんな感傷が混じった気持ち。


散々、散歩した時間、あったのにね。
散々、拾い食いやられてキレまくったりちっ(怒った顔)
散々、もぅいい加減帰りましょうぜ顔(汗)と毒づいたりしてたんだがね。

もう2度とすることはないっていう事実はそれなりに執事を凹ませてたりする。

散歩するわんこを見る度に、その事実を思わずにはいられなかったりする。

執事は結構欲深い顔(ペロッ)
そう思う。

『い・ま・る』『い・ま・る』と言いながら、
18歳のちょびにぴんぴんしてて欲しいとどっかで思ってる訳だから(苦笑)

そりゃー、無理ってもんだ。ははは。


執事的には長生きしてほしいって欲は一応解脱したつもりで、
いつまでとかじゃなく、ちょびが生きたいだけ生き倒せ!って思ってるんだけど、
(主治医は春を迎えようねっていっつも言うけどもういいっすから顔(イヒヒ)って答えてるし、執事)
そういう想いとは全く別次元で、散歩してぇなぁ〜〜〜とか思っちゃう訳だ。


散歩せにゃならんかった頃には、散々さぼりてーなぁと思ったくせに。



欲深い。執事は欲深い。




そんな執事を尻目にちょびは自主室内散歩なのか
(いや違うな顔(イヒヒ)脳萎縮による徘徊だ顔(ペロッ)
せっせせっせと回ってペタッておりますですよるんるん
ついでに、次々目に穴開けてますですよバッド(下向き矢印)
良くなったと思うとおニューを開けやがるパンチ

とうとう、目玉の中身(なのか?)の水分、ボトボトって出てきちゃったよ顔(泣)
焦って病院行ってきましたです。
両目ともにアロンアルファでくっつけてみたよ、どーせ時間の問題で剥がすだろうケド。
つか、既に剥がしてるケド。頼むから、腐らないでくれ、目玉もうやだ〜(悲しい顔)
麻酔はできないからな、もう絶対たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
聞いてるか!目玉っ。頼んだぞいっ!!!!←おいおいっあせあせ(飛び散る汗)

両目くっつけました.jpg

もう、この穴、この先ずっとの懸案事項になるの間違いなしかともうやだ〜(悲しい顔)
視力なくすとどうしてもやるらしい・・・バッド(下向き矢印)
ちょびスペースすべーてマットで覆って、巨大エンドレスサークル状態なのに
何故に何故に穴が開くのか?????
転んで擦るからだよね、ばっちり。
できる限り眼洗浄して、抗生剤入れて、角膜保護剤入れて、人工涙液入れて
あとはちょびの再生能力次第。
18歳超の再生能力はかなり怪しいケド顔(汗)

若いコなら数日で何とかなることがなんとかならんのよ、スパシニもうやだ〜(悲しい顔)
むむぅ。

でもね、亀の甲より年の功、意外にしぶとかったりもするしね、スパシニ顔(イヒヒ)

だって、ろくに寝ないで徹夜で朝まで歩けるんだからがく〜(落胆した顔)
かなりしぶといGood



これ以上、望むものではない。
そう知りながら、それでも執事は欲深い。

1人と1匹.jpg

yukiline縮小.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
ニックネーム 執事 at 01:49| Comment(8) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。16才のラブラドールの介助(まだ介護まではいってません)をしています。
執事さんがおっしゃる、若いころのような散歩ができないことへの感想、すごくよくわかりますよ。今のままの老犬がかわいくて、延命措置までする気はなくて、ただなるべく楽に快適に過ごして、行けるところまで行けばいい、と私もずっと思ってきました。でも、若いラブの散歩風景とか見ると、羨ましいのではないけれど、過ぎ去った昔が懐かしいというか、もう二度と、今の犬とではこれはないんだ、という惜しむ気持というか、浮かんできます。ラブですから、若い頃はほんと、殺したくなるくらい大変だったんですけどね。あの頃に戻りたいというのとも違うんだけど。
あまりによくわかってしまって、コメントさせていただきましたが、るるちゃんのときには貰い泣きしてしまいました。お互い、自分の体調に気をつけつつ、がんばりましょうね。
Posted by みにもか at 2009年01月11日 21:34
初めまして。我が家には7歳のメスのビーグルがいます。過去に大きな手術をしましたが、今はとっても元気です。チョビちゃんを見て、執事の看護を見て私に果たしてできるかなといつも関心させてもらっています。その時が来たら、もちろんできる限りのことをしたいと思っていますが。若い犬を見たり、近所の老犬を見たり、執事が思うことと同様の気持ちになりますが、私は人も犬も植物も生きているものは全て順送りだと思っています。今見ている若い犬も数年後は老犬になり、きれいな花も種を落として枯れていき、中年の私はいずれ両親のように小さな背中になって行くものだと。だから今を、しっかり進んで行こうと思っています。後悔も失敗も必ず次の何かにつながるものだと思います。チョビちゃんも執事に次につながる何かを必ず残してくれているのではないでしょうか。安心しきった顔のチョビちゃんを見れば一目瞭然!長くなりましたが、体調に気をつけてがんばってください。
Posted by pasta at 2009年01月12日 00:18
猫(足)執事さま猫(足)

初めまして。
よるさんのブログからお邪魔させていただきました。
うちの二匹はまだまだ介護にはほど遠いと思われますが、やはり先のことは考えます。トイレは室内で癖付けとけば将来苦痛が減るかな、今はクレートで寝るけど体位変換とか二時間おき?同じ部屋じゃないとな、とか・・。

執事さんの心内おききして涙が出ちゃいました。私も同じように感じる日々がくるんだろうなぁ。ちょび君の眼、ご心配ですね。どうぞご自愛なされて、ちょび君との日々過ごされてください。
Posted by なごみ at 2009年01月12日 11:59
こんにちは。
以前室内用のコルクマット等について教えて
いただきました。
その節はありがとうございました。
今の所増改築の予定もありフロア-マットに
なっております。

私も昨年17歳5ヶ月で愛犬を亡くしましたが
まだボチボチ家の回りを歩いていた頃
そのうち家の前に出てオチッコのみになり。。。。
そんな時元気に走り回るワンコを見て
複雑な心境になったものです。
どんなワンコも確実に老いて行く事はわかっているけど
自分の子だけのような。。。孤独感?
いずれまた数年後に来るであろう介護。
前向きでいたいな〜と思う今日この頃です。
ちょびちゃんと執事さんの今後も陰ながら応援させてください。


Posted by かるこ at 2009年01月12日 13:32
お久しぶりです。
そうですよね〜、カールがシニアになって散歩もヨタヨタで・・・しっぽピーィンってなっている犬を見ると・・・私はちょっとその頃に戻りたい気分になったものです。
元気ありすぎの時は、「もぉ〜」なんてキレ気味だったし、寒い冬は散歩せがまれても行きたくないなぁ〜て思うことも多々。
今は、「雨の日、散歩に慣れてなくて目つぶってしまうカールだったなぁ」とか「病院キライで病院への道は方向転換するカールだったなぁ」etc懐かしい&ちょっとせつない思い出です。

今は今でシニアが可愛い!なんて超親バカでした(笑)

ちょびちゃん、目治るよう祈ってます!

Posted by カールねぇ at 2009年01月12日 19:07
*みにもかさま>
 はじめまして。
デカわんちゃんがミニーちゃんとは顔(笑)
実はかなり笑わせて戴いた執事です。
みにもか様のミニーちゃんへのスタンス、かなり執事も
うんうんと頷いてしまう親近感です。
老犬をかわいがりつつ、でもなんやかんやとスパルタなのが顔(イヒヒ)
執事、かなり誤解されてる方、多いのですが
実は未だに放任主義だったりするし顔(イヒヒ)
ちやほやってダメなんですよね顔(ペロッ)
つい先日も知り合いに“スパシニちょびにゴーグルさせる
なんて、おいおいあせあせ(飛び散る汗)”と呆れられた顔(ペロッ)
いや、いけるんじゃね?って結構無茶しますしねぇ顔(イヒヒ)
かなーり老犬に優しくない。健康管理は飼い主の責任として
しますが、ちょびの犬生だからねと。
あたしは変わってはやれんですから、君が生きたいように
生き倒したまえと思っております。
隣にいるからのって。
いやぁ、ミニーちゃん、大きさ考えたら、
ちょび以上のスパシニ@@
いけいけー!!執事とちょびも参りまするんるん

*pastaさま>
 そうですね。本来、命は順送り。
それに逆らう逆縁の多さを知っているだけに、
順送り出来る幸運に感謝せねばいけませんよね。
後悔や失敗、次に繋げようとせねばならぬものですね。
終わって気づくものなのかも?ですが。。。
まぁ、ちょびはただ単、のほほぉんと生きてますんで、
なーんも考えず、淡々と顔(イヒヒ)
そこがわんこの凄いところだとしみじみこの頃思います。
ただ事実として、想像でしかなかった老いの日々を
こうやって日々経験できている今は執事にとって
とても大きな経験です。
それをさせてくれたちょびには感謝です。

*なごみさま>
 想像でしかない若いころ、執事もいろいろ考えて
どうしましょ?って思ったことあります。
でも、実際、やってみたら、なんとかなったって感じで顔(イヒヒ)
ただ、執事とちょびにはかなり細かくアドバイスを
貰える主治医がいたので、先に先にいろんな対策が
できたんです。トイレも8歳からアドバイスあって
ちょびは室内のトレーニングしましたし。
ケージでなくクレートなら上部分を外せるから
これからトレーニングするならクレートの方がいいとかね。

そういう知恵はいくらでもいまや学べる!
先を想像する際のヒントになれば、いいなって
思います。
まりもちゃん、再出発、うまくゆくといいですねるんるん

*かるこさま>
執事的にはあまり悲壮感はないのですが、
こう自然にふぅ〜っと見てしまったりします。
るるに逝かれて、ちょっとばかし、弱っているのかも?
いかんですね、執事。
シニアだってシニアなりに楽しく生きられますもんるんるん
老いを少しでも快適に過ごせるように、人が出来ることは
して、一緒に最後まで過ごせたらそれが一番ですよね!

*カールねぇさま>
 こちらこそ、ご無沙汰しております。
シニアはやっぱり、シニア特有のかわいさありますよ!
↑親ばかがココにも顔(イヒヒ)

眼は治ることはなさそうっす顔(汗)
とりあえず、打つ手なしの腐らなきゃ、万々歳です。
あまりに悪族すると目玉腐るそうでもうやだ〜(悲しい顔)
そうなると全身麻酔必要なので、必然的にちょびには
無理バッド(下向き矢印)
なにしろ、腐らなきゃよしで参ります。
もう、多くを望まずに顔(ペロッ)
Posted by 執事 at 2009年01月22日 05:24
執事様、

私も今日、豆さんの病院の帰り
元気に散歩してるワンちゃんを見て、
あ〜豆さんも、よく私をグイグイ引っ張り
元気よく飛び跳ねて、散歩に行ったなぁ〜っと
思いふけってしまいました。。。

やはり、寒い日など、散歩〜?自分が外でたくないよ〜って
思った事もあります。
今は、どんなに一緒に走りまわりたい事かもうやだ〜(悲しい顔)
でも、今も頑張ってる豆さんに、
今してあげられる事をしようと思います。
いつでも、どんな時でも愛情は変わらないのですから。。。
Posted by まめ姉さん at 2009年02月17日 18:08
*まめ姉さま>
 浮世離れ的にみとれちゃうことありますよね。
今はじゅりあが参入した執事家なので、
もうじゅりあのすばしっこさに仰天です@@
ってじゅりあも11歳としっかりシニアなのですが、
ちょびのよぼよぼに慣れ切っている執事には
あまりに久々のはっちゃけにうぉー@@って顔(イヒヒ)
走ったり、後脚立ちなんてもう何年もご無沙汰で顔(ペロッ)
かなーり新鮮です黒ハート
散歩してー欲求もじゅりあで叶っちゃいましたしね顔(笑)
ちょびをカートに乗っけて、じゅりあのリードは
念のためカラビナで執事の腰に繋いで、
2わんとお散歩しておりますGood
Posted by 執事 at 2009年02月26日 03:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1595494
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック