2008年02月18日

心臓発作 〜ちょびの場合〜

何度も書いていますが、ちょびは4年前、13歳の時に心肥大の初期と定期検診の際に
診断されて今に至ります。ですから、初期から薬を服用して、執事も注意しながら
過ごしてきました。

勿論、症状の進行に合わせて、先生の指示で運動量を減らしつつ、
温度管理などの環境も整えつつ。

この心臓病、いろんなタイプがありますが、特に小型犬には多い病気のようです。

初期の症状はなんだか動きが鈍いとか『かっかっ!!』となにかが
喉に詰まったような咳をする、はぁはぁと呼吸が荒くなるなど。
咳ときくと『ごほごほっ』という人間の咳を想像しがちですが、
犬の場合、『ごほごほっ』という咳は相当症状が進まないと出てきません。

なかには気がつかず、散歩の途中などでいきなり失神して倒れて『てんかんか?!』と
病院に行って初めて気付くということも少なくないようです。

実はこの失神、ちょびは起こしたことはありません。初期から分っていたので、
呼吸が荒くなったら即、ニトロの貼付薬を耳の裏に張って、安静にして、
発作を大きくしないようにしてきたからです。はぁはぁと呼吸が荒い時は心拍が180前後で、
呼吸が速い時点で既に心臓が負担に耐えている小発作状態と言えるからです。
そのまま放置していると負担に耐えられず、脳に酸素がいかない状態になって
失神するわけです。失神は心臓発作の結果起こる症状であり、呼吸が荒い時点で既に
発作を起こしているのです。失神しないから心臓発作ではないという判断は危険かと思います。
発作が起きても心臓の弱り具合次第で自力で回復することも勿論あるのですが、
心臓は筋肉。もしも負担に耐えられず限界値を超えた場合にはそのまま心臓は
停止します。回復したとしても、発作を起こせば起こすだけ疲労します。
直ることがなく、徐々に進行することを思えば、できるだけ温存したい訳で。

心臓に負担をかけないように注意して注意して過ごしてきても、
心臓は当然ずっと動いているので(当たり前だ)否応なく症状は進んだし。
薬には限りがあるので、寿命との兼ね合いまで考えて、本当はもっと強い薬を使いたいけど、
今から使ったら、後がなくなるからと先生の配慮のもと、薬も温存しつつ4年過ごしてきました。
そして、今、服薬している薬が最終薬。もうこれ以上強い薬はないし、日常的に量を増やすことも
出来ない最後の薬です。この最終薬で約1年頑張っています。
今服薬しているのはニトロ(血管拡張剤)・ジキタリス(強心剤)・
ネオフィリン(強心剤・気管拡張剤)・ラシックス(利尿剤)の4種。
既に耐性出てきているので利尿剤の服薬量も基準より多いです。調子が悪い時には更に
一時的に回数や量を増やして凌いでいます。正直、予想以上に頑張っているちょびなのでGood

この1年、心不全も加わり、不整脈も出てきて、呼吸が止まることも増え、
安静時にもチアノーゼを起こすようになり・・・と症状は進行しました。
現在、不整脈(5秒ほど脈が止まる)や呼吸の停止(これも5秒ほど)チアノーゼ、
動作時の咳はほぼ毎日ですし、昨年は3回大きな発作を起こしています。

発作はなにかの原因で心臓に過負荷がかかると起こります。
過負荷の例としては運動や温度変化、興奮や体調不良など。絶妙なバランスで弱った心臓で
生きているので、そのバランスがちょっと崩れると発作を起こす訳です。

最も驚いたのは興奮。最後の 初秋の発作は何らかの原因でちょびは痛い思いをして
その痛みでパニックになって興奮して走り回ったのが引き金でした。
発見後、執事が全力で抑え続けましたが、ちょびはずっと走っているのと変わりない興奮状態で
酸素吸入しつつ、ニトロを貼りつつ暴れ続けること3時間顔(泣)
執事のたった5分とはいえ不在中に起こした発作で(9月21日記事のコメント欄に記載)
現場を見ていない執事は先生の痛みによる回避行動の興奮が原因という診断に
当時は納得し切れませんでした。

しかも、同い年のビーグルオーナーさん複数から同じように原因不明で気が狂ったカンジで
長時間興奮した事があるというお話を聞いて、やっぱり痛みではないのではないか?と
ずっと疑っていました。

しかし、その後、執事の目の前で壁際でくしゃみをして、おもわずマズルを壁にぶつけた
ちょびがいきなりパニックを起こしてだーっ!!と走りだしたという経験をしました。
ちょびは根尖歯周炎でマズルの骨が溶けて薄く成ってしまっている為、
マズルは非常に敏感です。『コレだっ!!』と執事は初めてやっと納得しました。
『痛いっ!痛いっ!痛ーいっっ!!!!』とソレしか考えられずパニックになるみたいあせあせ(飛び散る汗)
とっさにおやつをあげて、そっちに気をとられるようにしたら、ケロっと治まりました。

突発の痛みなどでこのようなパニックになることがあるという話は
読んだことも聞いたこともなかったけれど、目の前で見て初めて納得できた執事でした。

心臓が悪くないコならば、興奮も運動も問題ないのですが、心臓の悪いコには正に命取り。

こんなことにも注意しなくちゃいけないんだなぁと身をもって知りました。
それ以降、壁には今はお蔵入りしている厚手の低反発マットレスを立てかけて
ぶつかっても痛くないようにガードしています。

壁ガード.jpg

ちょびは方向転換は反時計周りで、その際に左側にぶつかるのが多いので
そちらを重点的にガード。痛みのカバーは可能なんですが、顔を擦り付けながら回転するので
右目が傷だらけに顔(泣)毎日の眼軟膏が欠かせません。
どうやら今は右目がほとんど見えてない様子です。

膝上でろん.jpg

そして今日のちょび。
執事の膝の上ででろーんと肩もみをご堪能中。なんだか不機嫌顔なのは何故????
さすがにこの所、体がちょっとキツイみたいです。酸素ハウスにお籠りが定番です。

***************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ膝上は結構気に入っている様子だったのに、
写真を撮って初めて知ったちょびの表情顔(汗)実は執事サービスで嫌々なのか?!
複雑な執事ふらふら
ニックネーム 執事 at 15:07| Comment(17) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この写真どうやって撮ったんですか?セルフタイマー?
たまたまシャッターが下りる瞬間に瞬きしかけたとかたらーっ(汗)
ずっとこんなお顔だったら執事さんショックだわ〜ふらふら
バーニーは、散歩から戻って家に入る瞬間に何かを踏んづけた事があり
それこそパニックおこしてあせあせ(飛び散る汗)舐めれば痛くてビックリして
その勢いで家中駆けずり回るものだから
痛くてまた舐めて…の繰り返しをしてました
患部を見せようとしないし、こちらもビックリしたので
急いで病院に連れて行ったのですが、ついた頃にはケロッとしてるの
こっちは昼休みで時間外割り増し料金払ってんだぞパンチって
それと、イタズラしてるうちに、蟻さんが豆毛(パット)の中に入り込んでしまったときも
パニくってました顔(汗)
Posted by バニ母 at 2008年02月18日 17:27
歩いているところのビデオを見たときには、目の悪さなどないように見えましたが、そんなに視力が落ちていたんですか?たくさんのお薬飲みながら、毎日、頑張っているんですね。
いろいろと病気のこと、調べられていて、毎回、お邪魔するたびに、執事さんに脱帽です。
Posted by なびこ at 2008年02月18日 23:50
ちょび君?怒っとるわぁ。。。(汗)
商売と同じで。。2月8月は心弱にはキツイのだそうです。。(泣)
早くグッド(上向き矢印)ポカポカした日が来ればグッド(上向き矢印)良いのに〜〜!!グッド(上向き矢印)
むーも、ずーっと軟禁状態の毎日デス。。あせあせ(飛び散る汗)
Posted by はちまま at 2008年02月19日 01:14
*バニ母さま>
セルフタイマーなぞという機能を使いこなせる知識は執事にはございません顔(汗)右手を目一杯伸ばして“この辺り??”って所をバシャバシャ撮ったのでございます顔(イヒヒ)数打ちゃ当たるんでございますGoodあるんだ、パニック(驚)ちょびは17年半飼ってて初めて見たのがつい数ヶ月前。う〜ん、今までは知らない所で1匹で孤独にパニクってたのかしらん??でも過去にはゴンッ!ってぶつかっても、“けっ!”ってカンジで大丈夫だったのよね。年で気弱になったのかな?パピーとお年寄り特有だったりするのか??

*なびこさま>
右目は光位しか見えてないみたいです。なので目薬差しても気にしないんです。左目はまだ画像として動くものを認識できる位の視力はあります。でも手のひらに載せた小さなおやつなどは見えません。室内は家具の配置を全く変えずに1年以上なので、カンで歩いてますね。たまにカンがくるって激突しますケドたらーっ(汗)切ないのは陽射しの強い午前中に車に乗せると、日陰と日向が頻繁に入れ替わるのが分るらしく、陽射しにビビッて、パクッパクッ!!と空中を攻撃し続けるんです。ナニカが飛んでくるような気がするみたいで・・・顔(泣)なので陽射しの強い時は窓にサンシェードを付けて後部座席に乗せてます。そうでないと疲労困憊しちゃうので。ずっと見えない敵と闘うのは気の毒すぎますですもうやだ〜(悲しい顔)

*はちままどの>
今日、薬貰いに行って来ましたです。
“水曜日から暖かくなるから頑張るのよ!!”“でも今日・明日は気圧変わるから要注意よ!!”と励まされ、注意されて参りました。今年の夏は猛暑とか?!恐ろしすぎて先のコトは考えられませんです顔(汗)先週末は3ヶ月ぶりのニトロ必要な発作だったしもうやだ〜(悲しい顔)まぁ担ぎ込まずに済んだから良しるんるん酸素サマサマです。頼むから早く暖かくなって欲しい。でも暑くなるのは出来るだけ先にして欲しい・・・。ちょびは冬より夏がキツイのよね。頻脈の心臓病だから。真面目に今年の夏は相当自信ない執事です。怖いです、はい顔(泣)北国に避暑に行っちゃいたいです。
なにに怒ってるんだと思う?“抱っこぉ!”ってスリスリしておきながらこの顔ってどうなのよ?!納得いかんわぁ。
Posted by 執事 at 2008年02月19日 01:36
ちょびちゃんのイカリは“ブレずに撮れよ”だったのではないですか? ウソウソ

現場を見てもいないのに痛みとわかる獣医さんに脱帽。ちょびちゃんの歯周炎て、そんなに深刻な事態なんですね。そしておそるべしおやつの効果。
方向転換とは定期的にするのですか?普通に歩いてて?寝返りではなく?

Posted by カカオ at 2008年02月19日 08:12
拍動が弱ると肥大化して気管を圧迫しだすのよね;咳き込む前とは言えやっぱり小さなカラダを震わせての呼吸促拍はきっと「これ貼ってあれやって・・」って次なる処置が頭では分かっていてもchobimamaさん・・実際ツライよね顔(泣)不安でいっぱいになっちゃうよね

マイナス続きが続いていたこちらも明日からはまずまずな気温で安定してきそうな予想です
ちょびちゃんの住む地域も早く穏やかな気候で安定してきますように.*:・

あ!
そういえばクローンのニュース観たっ!!??死んだ介助犬のクローン!
考えさせられることいっぱいょもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)
Posted by あやぽん at 2008年02月19日 13:04
病後じゃなくても、マズルを壁にぶつけたら痛そうだから、敏感になってるちょびちゃんはさぞかし痛かったのでしょうねもうやだ〜(悲しい顔)
でも、おやつでパニックから抜け出せるところが、さすがちょびちゃんGood

さくらも、安静時の呼吸困難やチアノーゼの経験はありますが、失神はないです。
わりと病気解説を読んでいたら、失神=心臓発作みたいに感じますよね。
今は咳も滅多に出ないし、心臓病の症状はほとんどみられないです。状態の悪かった一時期を経て、また心臓が大きくなって頑張っているから落ち着いているのかなぁ?

上のほうのレスにある、
光や影の動きに反応してパクパク、たけがやってました。
表情はいつもの「ぼ〜〜」っとしたままだったから、攻撃には見えなかったんですけど、怖いのかな?って思ってました。
見えない聞こえない、鼻も衰えているのでは、さぞかし怖かったんだろうなぁ。。。

ちょびちゃんの不機嫌顔は、きっと眠いからだと思いま〜す!
Posted by かこまる at 2008年02月19日 20:33
今回の心臓発作についての詳細な説明もすごく勉強になりました
やっぱり、身近な高齢のワンコは心臓疾患のこが結構多いです
やっぱり、知り合いのワンコの話とかを聞いていて心臓病=失神すると思っていました
初期症状も知ってると知らないでは全然違いますよね
詳しい情報ほんとうに感謝ですm(__)m

ちょびちゃん、執事さんのお膝の上でまったりしてますね^m^
私には不機嫌というより、「フム、くるしゅうないぞ」って感じに見えますよ^^
私もセルフタイマーで撮ったのかと思ったら手を伸ばしてたんですね(笑)
Posted by ポチ子 at 2008年02月19日 21:55
*カカオさま>
トボトボ歩きのちょびは1方向しか基本歩けないの顔(汗)写真の廊下は幅が狭いので、戻るには幅を一杯に使ってぐるっと回転するしかない。ぐるっと回るのも大回りだからふらふらいっつも幅が足りなくて壁ガードに顔を擦っちゃうみたい顔(汗)よく尻餅ついて方向転換している高齢犬を見るけど、ちょびは絶対にこの尻餅方式は嫌みたいで、バックしようとして尻餅ついても必ず立ち上がってからいつもの大回りをチャレンジします。ちょびのこだわり顔(イヒヒ)もしかして、“どーせまたブレ写真だろっ犬(怒)”って思ってるのか?ふらふら

*あやぽんさま>
最初はもうアワアワしちゃってこっちの心臓が縮む想いでしたが、最近は“おっ!きたっ!!”ってちょび専属レスキュー隊員の心構えです顔(ペロッ)実際、大小数多くの発作に付き添ってきていて、今までは救えてきた経験は大きいから、不安はとりあえず置いておいて“大丈夫!”っていう気持ちをちょびに伝えることに集中しようって最中は必死です。でもその度に“今度こそかも?”っていう恐怖は大きくなります。ニトロと秒針のある時計は常に手元に備えてます。最近は弱ってるからちょびを抱きかかえながらの作業が可能なので、昔と比べたら楽。昔は暴れるのを抑えるのに精一杯だったもん・・・。それだけ進んだってことだけどね。でも日々は穏やかです。ミカわんもどうかぼちぼちと穏やかに過ごして欲しいって願ってるねGood

*かこまるさま>
失神出るようになったらそれは既に中期から末期にかかってる。その前に気付けば、延命は相当長期間可能なんですよね。実際、ちょびなんか13歳で分って4年。平均寿命なんかとっくに越してるんだもん!しかも症状進んでも、発作を出来るだけ起こさずにキープも可能。
たけちゃんもやってたんだ!最初に見た時には“なにしてるん????”って。真面目にビビッてるし顔(汗)飛んでる虫を捕まえようとしているのかしら?!って。予想外なこと、やるよね・・・たらーっ(汗)

*ポチ子さま>
執事の周りでもこの誤解とっても多いんです。失神するってのは心臓発作の結果。執事の知り合いのご近所さんはニトロを失神の薬と思ってて、ノーリードでランさせては失神した心臓の悪い飼い犬にニトロを与えてたという大きな勘違いをしてたという顔(汗)ニトロ飲めば直るし、失神は問題ないものと思ってたそうでもうやだ〜(悲しい顔)執事からちょびの話を聞いた知り合いが“違うみたいだよ”と伝えたら、焦って病院行って誤解に初めて気付いたということです。通院しててニトロも貰ってても誤解あるんだなぁってビックリしましたです。
ぐーたら執事はアナログなことしか出来ないのです顔(イヒヒ)言われて見るとふてぶてしい顔にも見えますね顔(笑)
Posted by 執事 at 2008年02月20日 00:19
私もちょび氏が不機嫌そうにみえちゃった犬(笑)
けど、痛き気持ちいいにも見えるね
今ね(空腹MAXなの)
上の写真の手前のマット(ブレスエア)から「かるかん(饅頭)」連想しちゃった顔(ペロッ)
この発想はありえない??
Posted by りの at 2008年02月20日 14:08
*りのさま>
やっぱり不機嫌顔よねぇ・・・顔(汗)
マッサージせずに結構長時間パシャパシャしてたので、それが気に入らなかった可能性高し顔(イヒヒ)“揉んでくれないのに、なんで膝に乗せられるねんっ!!”ってことかも。
かるかんねぇ・・・。丸くないけど、質感的にはあり?!富山のお菓子でこんなカンジの角の奴あったよねるんるん
オーちゃんワフワフがいいようなら、いつでも奥の厚手のマット取りに来てねるんるんもう1枚あるからさっ顔(イヒヒ)
Posted by 執事 at 2008年02月21日 00:38
お願いなのですが、ただいま、ブログのリンクを作成中です。 ちょびちゃんの写真をいただけますでしょうか?
 きちんとできるか、不安なのですが。
 よろしくお願いいたします!
Posted by なびこ at 2008年02月23日 00:15
*なびこさま>
メールいたしました。よろしくお願いいたします。
Posted by 執事 at 2008年02月23日 00:40
ありがとうございます。
Posted by なびこ at 2008年02月23日 00:56
ありがとうございます。
オーツーフォレスト検討してみます!
これから色々出費が重なるんでしょうね・・うちもきっと親を頼ることになりそうです(汗)

ちょびくん・・心配ですね。。
興奮は負担が大きいでしょうし、執事さんもなだめながらもやりきれない思いでしょうし・・。
人でいうパニック症候群的な症状なんですかね?

心臓はうちも咳の発作で胸をさする時に、心拍がすごい事になるので、負担のお話すごく参考になりました。

失神ぎりぎりになると先生に言っても緊急回避の薬だけで(緊急には実際飲ませる事不可能)負担はどうなんだろって思っていたので。
 病院やお薬や生活の関係も含めて全てやっぱりバランスなんですね。
うちの子もいろいろ出てきて一番いい方法を選択できるか不安です。
執事さんのブログ本当に心強いです。



Posted by モジャママ at 2008年02月23日 01:24
*モジャママさま>
緊急回避の薬がニトロの場合、飲ませる薬だけでなく、舌下錠(口の中で溶かすとか犬の場合は肛門に挿入するとかもOK)やクリーム(耳の裏に貼る)なんかが発作時には有効です。ちょびはクリームを常に準備してます。この舌下錠とかクリームは病院によっては扱ってない所も実際には多いようです(心臓病のペット持つ知り合い数人が手に入れられなかったんです顔(汗))心臓病など蘇生術に長けた先生がいる病院では扱いがあるので、いざって時の蘇生術の技術力を含めて、獣医師選びは必要かもです。疾患に詳しい獣医師だとより多くのサポート手段を持っている可能性はある!というのが執事の感想です。
でも一番は安心できる環境かなって思います。リラックスしたストレスの少ない環境が一番発作を防止する気がしてますもんるんるん飼い主が出来る事(ケア)が大きいって。もちろん適切な治療(キュア)も大きな味方ではありますが顔(ペロッ)
Posted by 執事 at 2008年02月23日 21:51
はじめまして。

突然のメール、大変失礼致します。
緑書房「月刊Wan」編集部の久保田と申します。
ホームページを拝見し、ご連絡させていただきました。
この度、幣誌5月号(4/14発売予定)では「長寿犬を目指う!」という企画を予定しており、現在編集作業にあたっております。

それにともない、できるだけ多くの長寿犬(8歳以上)オーナー様から生の声をお伺いしたくアンケートを企画いたしました。

大変不躾なお願いで申し訳ございませんが、お時間がございましたらご協力をお願いできませんでしょうか。

また、お写真なども御一緒に、『kubota@mgp.co.jp』までお送りいただけると幸いです。

頂いたアンケート及びお写真は幣誌5月号のアンケートページなどに掲載させていただく場合がございますのでご了承ください。

また、もしお友達に長寿犬のオーナー様がいらっしゃいましたら、
こちらのメールを転送いただけるとさらに幸甚です。
突然な上に色々お願いばかりで申し訳ございませんが、御一考いただけませんでしょうか。尚、こちらのアンケート実施期間は3/17(月)までとなっております。どうぞよろしくお願い致します。

何かご不明な点等ございましたら編集部までご連絡くださいませ。
(03-5281-8222・月刊Wan編集部)
■■■■■■■■■■以下アンケート■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Wan5月号 長寿犬 アンケート
内容について詳しくお聞きしたい場合にご連絡をとらせていただきたいので、ご住所とお電話番号は可能であればご記入いただけると幸いです。ご返信いただいたアンケートの個人情報は弊社月刊Wan編集部にて管理し、今回のアンケート紹介ページと今後の取材候補として使用させて頂く場合もございますが、それ以外の目的で使用することはございません。

<飼い主さんについて>
○ご氏名
○性別
○ご住所
○お電話番号

<愛犬について>
・名前
・犬種
・年齢  歳

Q1 愛犬が若い時とシニア世代になってきた時とで変わったと思う点は何ですか?


Q2 肉体的な面で「衰えてきたな」と思ったことはありますか? また、それはどんな時ですか?








Q3 シニア世代になって、飼育面で変えたことはありますか?
・ 食事について変えたことがあれば教えてください。


・運動のさせ方で変えたことがあれば教えてください。


・ライフサイクルで変えたことがあれば教えてください。


Q4 愛犬の体調管理で特に気を付けていることはありますか?


Q5 これまでかかった病気について教えてください(複数回答可)。また、その中で一番大変だった病気は何ですか?


Q6 愛犬は家でどのように過ごしていますか?


Q7 愛犬の「こんな行動に驚いた」というエピソードを教えて下さい。


Q8 しつけはどのようにしていますか?


Q9 普段から行なっている愛犬のための健康法はありますか?


Q10 「室内飼い」ですか? 「室外飼い」ですか?


Q11 長寿犬のほかにも同居している犬はいますか? いる場合、飼育上その犬と変えている点はありますか?


Q12 長寿の秘訣は何だと思いますか?



※ 愛犬のお写真がございましたら、数枚お送りいただけると幸いです。ただし、全員のお写真が掲載できるかはお約束できませんので予めご了承ください。デジタルカメラのデータでもプリントしたものでもかまいませんが、データの場合はサイズの大きい画質のよいもの(1MGほどあれば幸いです)でお願い致します。

ご協力いただき、本当にありがとうございました。

以上 
Posted by 月刊Wan編集部久保田 at 2008年03月06日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1282549
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック