2008年02月02日

厳しい現実、変わらぬ日常

過去最悪な年末の20項目精密血液検査結果で初期の膵炎とわかり、
ご飯や薬で様子を見てきたちょび。
そろそろ1ヶ月なので、またまた朝ご飯抜きで経過チェックの再度の
20項目精密血液検査を受けました。

結果、膵炎の値(リパーゼ)は無事、正常値にGood

ですが相変わらずの“ちょび正常値”という名の恒例の異常値の数々。
前にも書きましたが、BUNの値はずっと正常値の約2倍でキープ。
Creの値が正常値上限ギリなので、腎不全まではいかない低下という診断で
怪しいながらも踏みとどまっていました。
心臓でもBUNは上がるとのことでしたが、他の腎不全のコの数値などを拝見すると
ちょびの方が高いじゃんよぉ!!顔(泣)ということもしばしば。
“ちょびの正常値”とはいえ、執事は相当気になっていました。
そんな中、ここに来てずっと異常値なりにキープして来たGPTの値が更なる異常値に上昇。
服薬し続けているとはいえ、肝臓の悪化が進んだか?!
こうなると“ちょび正常値”で見ないフリという訳にはそろそろいかない値らしい。

これらの“ちょび正常値”の数々はもう1年以上に渡って、欠かすことなく顔(汗)
叩き出してきたもの。推測される異状箇所は肝臓・胆管・腎臓。

そして年末に判った膵臓。これらの影響もあり、腸の具合も低下しています。

腎臓が悪化すると今の心臓の治療薬が使えなくなることは前々から知っていました。
そして既に最終薬を服用しているちょびにはもう他の薬の選択肢がないことも。

いつ、この事実と向き合うことになるのか、ずっとドキドキしてきました。
今までも“まだ大丈夫ですか?”と何度確認したかしれません。
その度に“まだ大丈夫!ちょびさん正常値だもの。気にせず、でも注意深く見守りましょう!”
と励まされてきました。しかしついに今回の結果で、先生の口からこの話題が・・・。
“そろそろ腎臓がやられつつあるかなぁ”と。
“でも、腎臓のダメージの為に、心臓薬を止めるわけにはいかないから”と。
悪影響があるとわかっていても、あえて使わざるを得ないと。

これまでも、高齢ゆえの全身の機能低下を抱えるちょびの
“コッチがよければアッチが駄目”という凄まじく八方塞の中で、
精一杯の配慮と投与量など細心の注意を払って細かく調整して下さった
投薬でしたが、心臓薬の服薬を始めて4年。
とうとう治療が相反するという、来るところまで来ちゃったかと。

でも、反面よくココまで頑張ったなぁと先生とちょびに心から感謝。

そんな中で出来る事は腎臓の負担を最大限に軽減すること。
活性炭の導入もそろそろ視野に入れましょうと。
ただし1度始めたら、その後ずっと継続ですよと。
今のちょびの状態では直るということは正直何一つありません。
どこかが悪くなって治療を開始したら、ずーっと治療継続で
お薬を止めるということが出来ないのです。
なにせ一時的な症状ではない、老化ゆえの機能低下や機能不全ですからバッド(下向き矢印)
よく新聞の訃報などで“多臓器不全”という言葉を目にしますが、
今のちょびは“多臓器低下”と言えるかも。

かくして老犬医療費は雪だるま式に増大してゆく・・・たらーっ(汗)
決して高い病院ではないのに、恐るべし、老犬医療費がく〜(落胆した顔)
なにせちょびは保険が販売され始めた時には既に心臓病だったし、
年齢制限にも引っかかってたしもうやだ〜(悲しい顔)
最近はシニアでも入れる保険も出始めているし、慢性疾患が出てくる前に
入っておくと後で助かるってこともあるかと思うなぁ。
負担が大きいのはやっぱり一生付き合う慢性疾患の治療費だと思うから。
手術なども勿論大きいけど、手術しないと直らないと聞いたら少々無理しても支払おうって
気にもなるけど、直らないけど特に日常目に見える形で命の危険を感じない慢性疾患の場合
ずーっと通院し続けるのは気持ち的にも負担感が多い気がするから。
実際、ちょびの心臓病の治療費はこの4年分トータルすると、大学病院での手術代の
5回分位に既になっているハズもうやだ〜(悲しい顔)
正直、現在のちょびの費用は、執事家家賃に迫る勢いだから顔(泣)
執事は今、ちょびの必要なものは餌なども含め、出来るだけ安くと
最安値を調べまくって、節約しているけど、それでもやっぱり医療費と合わせたら
相当高額になっていて、実家からの医療費援助なしではやっていけない状態です。
ちょびは家族の犬だったから執事母も助けてくれるけど、もし自分で飼った犬だったら
金銭的な問題で今出来ているいろんな事を諦めざるを得なかっただろうなぁと思います。
病院代だけでも、外注検査が続いた12月などは1月で6万でしたから顔(泣)

もちろん、不安や悲観がないと言ったら嘘になるけれど、ちょびは17歳6ヶ月。
ここまで来れただけで充分シアワセだと心から思います。

今更ながら歯周病がなければ、心臓も腎臓も肝臓もココまで悪化することは
なかったのではないかという後悔は限りなく深く常に執事の胸に澱んでいるけれど、
でも、執事なりに精一杯ちょびと過ごしてきた“ちょびと執事”のコレが現実です。
精一杯出来る事をすると心に決めてシニア以降を過ごしてきて、
いつのまにか凄まじく膨らんだちょび費用も含めてねバッド(下向き矢印)


ちょびの散歩道の桜はまだ固い芽が姿を現したばかりだけれど、
待ちきれない執事はお家でお花見中。室温22度の執事家では桜が満開です桜
¥200の贅沢顔(笑)なぜかちょび野菜御用達八百屋には生花も売っているのだよ顔(イヒヒ)
花屋で1本買いはちょっと勇気がいるけど、八百屋ならねるんるん

          コ内お花見.jpg

             ちょびぃ、前脚の角度変だから顔(汗)

コ内お花見 寝姿.jpg

ついでにその姿勢も後脚も変だからたらーっ(汗)
酸素ハウスと化した室内ハウスに上半身だけ突っ込んどりますです。
執事的には“ちょびの開き”で行き倒れているのか、自ら進んでそうしているのか
非常に判断に迷う最近のちょび。
ゆた。さま、これが“17歳の開き”です顔(イヒヒ)茶々ちゃんとは一味(?!)違うっしょ?顔(イヒヒ)

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
花なんぞには見向きもせず、ちょびは超マイペースで“ちっち祭り”を派手に開催中犬(笑)
執事は致し方なく“洗濯祭り”を地道に開催中顔(汗)
出来たらもうちょっと違う祭りがいいなぁたらーっ(汗)
ニックネーム 執事 at 02:50| Comment(13) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
やっぱり高齢になればなるほど、治療費は無視できない金額になってきますね……。読んでいるだけで恐ろしくなってきます(しかも、うちは大型犬ですし)。

でもこれだけの治療をしてあげられるってのはホント凄いことだと思います。
がんばってくださいー。
Posted by Newf at 2008年02月02日 22:39
*Newfさま>
レウさんは体重ある分、なんでも一杯必要ですものねぇたらーっ(汗)うちも8歳まではレウさん数分の1の費用でした。ペットシーツも使ってなかったし、(お外でしてた)餌もささみ買っても¥4000程度。トリミングもしなかったし顔(イヒヒ)それが今やコレですから顔(汗)“8歳までかかってないから”と安心してたら、あっという間に8年分を上回る消費と相成りました。なにせシニア以降9年生きてるので当然か顔(ペロッ)それでも手術は歯の2回だけでしかも1桁台で済んだのでまだ安い方かと。内臓系の手術したらこの程度じゃ済みませんからたらーっ(汗)
今大きいのは酸素吸入機のレンタルとサプリかなぁもうやだ〜(悲しい顔)シンプルに生きる為だけの費用(餌・ペットシーツ)なら相変わらず1万以下です、今も。でも医療費は特別な治療を受けているわけではないけど、もし慢性疾患になった場合はどうしてもこの位はかかるという情報としてあえて書きました。薬代も大きいけど検査費用も大きいですね。慢性病はどうしても経過チェックで毎月必要だからもうやだ〜(悲しい顔)ご長寿だけど疾患持ちな犬はお金がかかるってことですなぁふらふら世知辛い、現実です。
Posted by 執事 at 2008年02月02日 23:12
はじめまして。
ちょびちゃん、頑張ってますね。
我が家のビーは、今三代目です。
二代目が白血病で11歳で亡くなったので執事さんの気持は痛いほど判ります。
あの時は余裕が無かったのでしょうか・・・隣りでワンコが寝ているのに、先の見えない治療費に看病疲れも伴って、家族間で揉めたこともありました。
後半は、言葉にしなくても医療費を心配しただけで胸中を見抜かれていたのでしょうか・・・見たことのない表情をする時がありました。
自分が家の負担になっていること、察しさせてしまったのね・・・ゴメンね。
お金もたくさん使ったけど、悔いは全然ありません。
ワンコは命、私の宝物ですから。
執事さんも不安は付きまとうでしょうけど、可愛いちょびちゃんの為に・・・ね。
Posted by フックママ at 2008年02月03日 14:15
*フックママさま>
幸い、実家の援助で最大限治療をするという合意は出来ているのですが、こんなにかけていいのだろうか?という想いはあったりします。先日、先生ともお話したのですが、実は私もちょびが察するかも?と案じて、ちょびにお金の話は聞かせたくないなぁと思って、ちょびはお留守番させました。悔いを残したくないからという気持ちが今一番執事の中で大きいので、最後までどうあれ精一杯と思っています。いろんな考えのオーナーさんがいらっしゃるし、今のちょびの状態を“薬漬けで可哀想”と感じる方もいらっしゃるだろうなぁとも思ったりもするのですが、ちょびは執事の同居犬。一番分っているのは執事だと信じてやって行けたらなぁと思ってます。同じような事を思っていらした方がいることとても心強くありがたいです。3代目ビーちゃんが元気で過ごせますようにるんるん
Posted by 執事 at 2008年02月03日 21:06
初めまして。
ちょびちゃん、17歳とはスゴイですね。
我が家の犬はもうすぐ14歳です犬
昨日、前足を怪我してしまって、父親が抱っこして、散歩してます。私も今朝少し行きましたが、重くて腰が痛くなりました・・
きっと足の怪我は関節が弱くなっているんでしょうね。直ると良いですがバッド(下向き矢印)

昔は室内では絶対オシッコはしませんでしたが、最近は漏らしてしまうことが多いです顔(泣)当初は、みんな叱っていましたが、最近は歳のせいだと諦めています。
治療費は高いみたいですね。両親は、子どもにお金がかかるのに、犬にはそこまでお金はかけれないと言ってます・・

平日の昼間は誰も家にいないので、近所の人が毎日面倒をみてくれて感謝のみです。

お互い、大変ですが頑張りましょう手(グー)
Posted by なほ at 2008年02月03日 23:49
いつもアドバイスありがとうね〜。
確かにご指摘のこと、ワタシも考え迷っていたの。
結局、思うには柔らかいa/dをたくさん食べると軟便になるのかも?と。
よく煮込んだおじやでは軟便にはならないんだけどね。
かといってa/dをやめるわけにはいかないので。今の時点ではカリカリを食べてくれる状態が続く限り食べさせて、補助的にa/dをたべさせようかなと思います。

前足ね、ルナも変な方向に向くの!
左手の裏が外を向いてて痛くないのか心配になるし、そのまま手が戻らないから立ち上がれないこともあって。
支えて起こしてやると左肩の関節がぽこって音がするよ〜。
Posted by みどりん at 2008年02月04日 00:19
*なほさま>
頼もしいご近所さんがいて羨ましいです!年を取るといろんな事が出来なくなるし、刺激も少なくなっちゃうのに、抱っこしてお散歩してもらえて、ご近所さんにも可愛がってもらるなんてシアワセだなぁ。粗相は老いのせいだとしたら怒っても駄目だよねぇ顔(汗)むしろ怒ると腹いせに更にやられてましたもんもうやだ〜(悲しい顔)トイレの場所を増やすとか大きさを大きくするとかで失敗しなくなる場合もあるので試す価値はあるかと思います。ウチは大きさをどんどん拡げてます顔(汗)そういったシニアの心構えと実践法は老犬本に一杯でてますよぉ。つい先日読んだ小学館の“愛犬の介護と飼い方”永岡 勝好 著はなかなか実践的で役に立つな!と思いました。どんどん困ったちゃんになるシニアですが、その分可愛さも増したりもするので、ぼちぼち一緒に参りましょうね顔(イヒヒ)脚が早く治りますように。。。

*みどりんさま>
止まってよかったよぉ顔(笑)もじ子さんにも書いたんだけど、a/dって脂肪分が高い。高カロリー食はほとんどが脂肪分が高いの。胃腸が弱ると脂肪に負けて下痢っていうパターンも結構あるのね。もしかしたらその可能性もあるかもと思います。普通の缶詰は脂肪はカリカリより低いから缶詰が全部駄目なんじゃなく、高脂肪の缶詰は要注意ってことかも?各種高カロリー食の中ではa/dが一番下痢しにくいとは言われているんだけどね。でもユカヌバもヒルズもカリカリとしては相当脂肪高めな餌だからルナたんは脂肪、大丈夫なコなのかなって思ってたんだけどなぁ。難しいよねぇもうやだ〜(悲しい顔)ウォルサムの消化器サポート(缶詰)が脂肪負けの下痢の際にはいいって聞いてます。ウチも一応お守り代わりに、1缶持ってるんだけどね顔(ペロッ)手探りで大変だけど、お互い頑張ろうねるんるん
Posted by 執事 at 2008年02月04日 02:16
初めまして。我が家の愛娘なな(12歳)が心肥大で投薬くすりスタート。一生止める事は出来ないと初めて聞いた時は戸惑いました。
その後情報求めてネット検索した時に穏やかなお顔のちょびちゃんを発見exclamation勉強させて頂いています。
ヘルニア含め種々の病気を併発する愛娘が少しでも快適に、一緒の時間を過ごせるように、思考錯誤の日々。これ以上可愛いものはないと思っていたのに、年々穏やかになる顔やら、ぽてぽてとした動きに、更に可愛さは増すばかり黒ハート黒ハート黒ハート不思議なもんですね。
トイレを覚えるのに1年以上かかったけれど、7歳超えてからフセ、マテが出来るようになったのんびりしたコなので、これからものんびりぼちぼち行きたいと思ってます。
ちょびちゃんの可愛いお顔をこれからも沢山見せてください猫(足)
Posted by ななまま at 2008年02月04日 18:51
*ななままさま>
ななちゃんも心弱仲間なんですね。のんびりやさんのマイペースが一番この病気と戦うには向いてると執事は秘かに思っています。ちょびもほんとに呆れる位のマイペースなコですから顔(笑)ビーグルゆえに『やる気』が先に立って、無理をするのを本当にハラハラと見守って来ましたが、最近やっとしんどさが『やる気』に勝ってきたようです。本当に穏やかに過ごしています。進行する病で制限も多いゆえ、見守るコチラは心が痛むことも多いのですが、引き伸ばしは充分可能な病ですもの!負けずにボチボチとですよねるんるん最近検索で『心臓病』で訪れて下さる方が多いので、今後は少しずつ、具体的なちょびの闘病生活のアレコレを書こうと思っています。良かったらまた覗いて下さいね。ななちゃん、ななままさま、一緒に頑張りましょうねexclamation
Posted by 執事 at 2008年02月05日 01:55
「ちょび君の開き」しっかり拝見しました。
血液データの推移からすれば、ちょび君は、
あの絵にした犬ハリー(シェルティ)と同じような経過です。
それは、まさに老化で、
心臓病を調整してやってきたゆえの、
腎機能の低下なんだな〜って、
つまり多臓器(機能)不全なのだと思う・・・・。
執事さんは、ひとりじゃなく、
今は別に暮らしているけど、ご家族の支えがあっての介護だよね。
ハリーを看ていた叔母は、すごくお金もちだから、
お金のかかる治療は、病院にやりつくしてもらっていたけど、
叔父の介護や家業とトップしての役割をはたしていたから、
衰えの激しいハリーとは、四六時中一緒にはいられなかった。
歯茎や、鼻血、下血と、出血が次から次へと来る段階では、
特製ダンボールハウスにはいってもらっていたんだよ。
叔母が、「ただいまっ」て、帰ってくると、
「僕、こんなになってごめん。」っていいたげな目をして、
「ありがとう。」って、じっと叔母を見あげるんだって、
ハリーにまだ命のあるということが、逆にせつなかったって。
「お留守番、いいこだったね。」って、いいながら、心では大泣きして、
ダンボールの中のタオルなど取り替えてあげたり、
血の匂いしかしない、ほっそりしたからだを抱いてあげたり、
とにかく、ただできるかぎり看ていたそうです。
「ごはんをちゃんと食べてくれる」こと以外は、
きっと辛いことばかりだったろうって思うの。

叔母はそうしていた、同じように、執事さんも覚悟きめてやってることなんだ。
ちょび君が、こんなにがんばってるかぎり、やるしかないよね。
ぼちぼちでいい、できるペースでいい、ただ看ててあげたいよ。ね。

Posted by ゆた。 at 2008年02月05日 10:24
*ゆた。さま>
ハリー君、壮絶だったんだね。頑張ったんだね。
執事は今、ほぼちょびに付いていてやれる幸運があるお陰で、ちょびは『執事がいるからお家は安全』って学び始めた。お外で張り切って弾けて帰ってくると『ふぅ、我家が一番♪』ってカンジでちっちしてシュタッとハウスして寝ちゃう。最近、衰えは激しいけれど、執事は悲しみよりむしろ荘厳さを感じます。生きるって大変なことだけど凄いことだなぁって。たかが犬なのに、お前は偉いね!って。老犬本なんかでは脚の衰えを防ぐ為に散歩やら室内遊びやら努力を続けろって書いてあるし、執事も実践してきたけど、最近ちょび自身が『もういいです』って体で表し始めたのね。それを見ていたら、執事も『それでいいね!』って自然に思えたの。ちょびの今の心臓では動くのだって寝るのだってある程度の苦痛はあるはずなんだ。好きなようにしていいよって気持ちになったら、ちょびはソレまで入らなかった酸素ハウスに籠るようになったの。で、お腹が空くと『なんか下さい』って執事サークルを覗きに来てじぃっと訴えるようになったの。ご飯を食べてしばし遊ぶとまた自分から酸素ハウスに帰るんだ。寝るのも辛い時には一緒に寝ようって誘いに来るしね。疾患は進むし、きっとこれからもっと増えていく。でもその中で出来る事は精一杯してく。ちょびの負担を軽く出来る事は医療も生活も含めて執事が出来る限り。切羽詰らず、ぼちぼちとね♪正直、今が一番辛くないかも?むしろ昨夏の発作連発の時のほうが辛かったなぁ。他が元気でやる気もあるのに、散歩もいけず、ちょびはイライラ、執事はハラハラで。今思うと執事の覚悟が足りなかった、執着に凝り固まって、意固地になってたからだなって思います。現実は厳しかろうと、日常は変わらずに今のペースでいけたらいいなと願ってます。悲壮な覚悟ではなく穏やかにありのままのちょびを受け入れていけたらと思います。そして叶うことならば、その延長で最後を看取れたらいいなと今は心から願います。
Posted by 執事 at 2008年02月05日 13:58
はじめまして、 もじ子さんのところから、こちらへ。 ちょび君、がんばっているんですね。 ひとつひとつの動作がなんともいえずにかわいいです。  私もうさぎの介護をほんの少しの間しましたが、言葉が十分ではなく、うさぎは、うんもすんも言わないので、何をして欲しいのか、なにがいらないのか、なかなか難しいものでした。 あせらず、ゆっくりと ちょび君と付き合ってあげていってください。 
Posted by なびこ at 2008年02月06日 09:49
*なびこさま>
実はちょびもうんともすんとも言いません顔(汗)唯一、散歩に行こうとカートに乗って行く気満々の時に、執事がお会いした誰かとおしゃべりに夢中になって止まっていると『行くんじゃいっ!!』と吠えるけど、それ以外は全く吠えないし、鼻も鳴らさないのです。だからもう表情と目線しか判断がつかないんですふらふら表情もシニアはなかなか表れないし、目線も白内障ゆえ彷徨ってる時も多いしあせあせ(飛び散る汗)喋れたらいいのにぃ!!ってホント思いますよね顔(ペロッ)ありがとうございます。ぼちぼちのほほぉんと参ります。なびこさまもねねちゃんと楽しい毎日をるんるん
Posted by 執事 at 2008年02月06日 18:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1276966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック