2008年01月15日

執事的ちょびのQOLの向上とは

『体に負担をかけない』とか『体に優しい自然の』とか
老犬(だけじゃなく)を飼っているとついつい目に付く言葉の数々。
皆さん同じかと思います。

そんな中でも執事は一応、最終学歴での専門分野が生命倫理で、人間の基礎医療の勉強を
一通り受けていました。また生命倫理の中でも終末期医療は大きな割合を占めている為、
特にその分野の知識は持っていました。そして周りに未だ現役の医療関係者がいる、
その上、専門的な質問にも(たとえそれがちょびの罹患した病気でなくとも)
答えてもらえる獣医がいるという非常に恵まれた状況があります。
また専門書や論文などの入手方法や調べ方の知識と技術も一応持ってはいました。

ですから、一般平均よりはあくまで人間がベースですが、
医療の知識は持っているかとは思います。

目の前で老化の進む犬を見て、なにか出来ないかと必死で試行錯誤している飼い主さんは
執事同様、とても多いはずです。
そんな時、やっぱりオイシイ言葉についコロっと行きたくなるのは執事も一緒。
もう山ほど、ほかのブログで拝見したものや自分で検索したものなどを検討しました。
勿論、最初からこれはオカシイだろうよ!と思わず突っ込んでしまいたくなる様な
有りえないシロモノも多々ありましたが顔(汗)(成分が限りなく薄い奴とかね)

証明(エビデンス)と症例(ケース)は全く別物です。健康食品やサプリなどは特に
ごく一部の少数の症例(しかもその商品の効果かどうかすら疑わしい)をまるで証明のように
宣伝しているものが多く、中には薬事法に確実に違反だろう、コレったらーっ(汗)ていうのも多いのです。
実際に警告を受けた例もあるようです。(何を隠そうちょびが食べてるフードメーカーじゃ顔(汗)
もちろん症例が1例でもあるなら、という選択もありでしょう。
しかし執事的には症例だとしてもその症例数が専門家による判断で、
(飼い主の主観ではなく)最低3桁はないと踏み切れません。
ですから他のコが効いたという記事をたとえ複数拝見しても、商品の詳細をメーカーに
問い合わせというのがいつものパターンです。データを送りますと言いつつ、
“飼い主様感想”といういくらでも誰かが書けちゃうものを大量に送りつけ、なおかつ成分表は
ありませんっていう商品もありましたんで顔(汗)なんのデータじゃいっ!!黒執事は怒るよパンチ

そんな執事基準をクリアした中でも、さらに最も問題となったのが、塩分でした。
ちょびは心臓病の末期ですので、電解質が狂うと即発作につながります。
また利尿剤を常時服薬している為、水分管理をしていても、ちょっと体調を崩すと
即脱水を起こします。脱水時には当然電解質も大きく狂います。
経口での塩分の摂取は命取りです。もちろん塩分も生命の維持に欠かせないのですが、
あえてナトリウムを与えるのは過剰となるのです。

例をとってみますと、最もメジャーであろう、消化関係。
消化によい、自然の成分100%、副作用はなし、そんな言葉が並ぶ『健康食品』でも
成分表を取り寄せて見ると、(なかには成分分析をしていないというシロモノも多い!!)
ナトリウム量でOUTというパターンは数知れず。
一番手軽で、身近なプロバイオティクス(生きた菌を腸に届けるってやつね)としては
トクホのヨーグルトがあるかと思います。塩分はOKなのですが、ヨーグルト、
なかなかリンが多いのです。リンは腎臓に負担をかけます。
ちょびは今、腎不全までは行っていませんが、やはり腎臓機能を測る数値は
しっかり異常値です。消化を助ける為に腎臓に負担をかけるという選択は出来ません。
元気なコなら気にする必要なしの些細な事なのに、17歳の心臓病末期で
全体的にも機能低下しまくりなちょびには影響しちゃうたらーっ(汗)

こんな具合にこっちがよければあっちが駄目というパターンがほぼ100%なのです。
じゃあどうすればいいのよ!!ってことです。

そこで、執事が使っているのは酪酸菌(生きて腸に届く)であるミヤリサン。
もう執事の祖母の時代から愛用されている御馴染みのものです。
乳糖が含まれるので、乳糖アレルギーのコ(牛乳で下痢するコ)は無理な場合も有りえます。

消化酵素もいろいろなものがありますよね。植物性の発酵酵素エキスなどは
人間用・ペット用など様々な種類のものが出ています。

これも、原材料やデータを見ると、執事的には微妙です。海草や食塩そのものが
原料の場合もありますし、体に良いに思える野菜でも塩分が多いものは多々あります。
成分問い合わせをした中でも、“ナトリウムは50mg程なので安全です!”と言い切った
メーカーもありましたが、フードにも当然含まれていますので、
サプリで50mgはなかなか厳しい数値です。
またサプリも1種類だけならば、まぁいけますが、既にちょびは
ヌクレオエンジェルとアースリスージゴールドを与えていて、さらにスゴイダイズも
与えているので、これ以上のナトリウムを含むサプリは無理な状態。
老化による心肥大は多かれ少なかれ起こりますし、腎臓・肝臓のリスクも高い高齢犬に
多種のサプリはちょっと注意が必要かと思います。
また得てして人間用サプリの方がナトリウム含有量は多いので、
人間用のサプリを安易に多種というのは更に注意が必要でしょう。
そんな理由から塩分制限の必要のないコなら効果は期待できますが、
ちょびに選択するのは執事的にはためらわれます。
人間と犬では消化機能に関しては大きく異なるという事も知っておかねばならない
大事な基礎要素ですし。
人間に良いもの=犬にも良いは成り立たない場合もあるのです。

ですから、野菜に関しては消化を補う酵素ではなく、酵素を補わずとも消化できる
ベジタブルサポートドクタープラスを導入して、腸自体をサポートする為にはミヤリサンという
選択なのです。

良かれと思って与えたもの(食材・サプリ・薬品など)が、他の疾患を招くコト、
全身の機能低下をおこしつつある老衰期にある生き物では多々ある事例です。
そんな中で、なにを優先してゆくのかというシビアな選択眼を持つ、
また常に選択眼を向上させる知識・情報を得る努力を続けるしかないというのが
今の執事の状況です。

ではそこまでして選択したから、寿命が延びるか?といえば、『NO』かと思います。
これはもう、そのコのもつ生命力次第かと。ちょびなぞは既に17年という
一般的なビーグルの平均寿命を大きく上回ってますし、執事のにわか勉強位で
寿命が延びるなら、獣医はいらんよって顔(イヒヒ) こんなもんです、はい。
長生きさせる為ではなく、ちょびのQOLの向上という視点でしか執事は考えていません。
QOLが向上させることによってちょびの生命力をサポートできたらとしか思っていません。

良かれと思ったモノ、コトでQOLを下げることだけはしたくないというビビリからの
発想でしかありません。
生きようとしているちょびの邪魔だけはしたくないというのが執事の素直な想い。

なにもせず、そのままという選択も勿論あると思います。
しかし執事は、何かしたいという思いが強すぎて、なにもしないという選択は出来ませんでした。
自分が出来る限りのコトをはてしなくという選択以外、執事には出来ませんでした。
あまりにやる気なちょびに執事も何かせにゃと思わず思ってしまう訳で顔(汗)

そんな執事を見て、亡くしたコを持つ多くの方が、『早く知っていれば出来たのに・・・』と
ため息をつかれるのを幾度となく拝見していて、ならば、その情報を
あくまで『執事とちょび』式でしかないけれど、発信しようと始めたのがこのブログ。

そのコの疾患、体力、嗜好性、みんなそれぞれ“百犬百色”かと思います。
そんな中で、自分の犬にあった方法を探しあてるのは本当に本当に至難の業です。
執事自身も執事的選択が果たしてちょびにとってのベストなのか?と問われれば、
無言になりますもの。。。なにがベストかは分りません。でもバッドなものだけは
せめて避けたい、ただこれだけなのです。
そしてベストと思ったモノ・コトが自分の知識不足で実はバッドだったという事態だけは
避けねば!という思いだけなのです。

世の中にはよさげなモノやらコトやらが溢れかえっている今。
その中からの選択は本当に難しいです。


そんなちょびの今日この頃は正に『喰っちゃ寝』。
そして合間にちょっと徘徊なちょびでございます。
たまの気晴らしはカフェにおでかけ。

なんとか参加しようとギリギリで頑張っているちょび
限界なちょびカート編.jpg

でも頑張りが限界になったちょび
カート寝んねカフェ編お目目.jpg

既にどうでもよくなったちょび
カートねんねカフェ編.jpg
************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ折角の3連休でしたが、あまりの寒さに室内軟禁なちょび。
頼むからもう少し暖かくなっとくれぇ!!ちょびが呆けるぅ顔(汗)
ニックネーム 執事 at 02:48| Comment(16) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮入散仲間がここにもv(因みに我家はベビちゃん用粉末)
宮入散を備えたのはつい4年ほど前、愛兎の休日夜間に発症する不良に瞬時対応すべく検討しまくった結果 製薬会社(動物医療回り)に勤めるウサ友様にペットに使用可である類似の薬剤や体重うんぬん他からの最適投与量含詳細データを送ってもらい買い求めたのが始まりでした。
手を出すのなら最低限、効能効果に併せ飼い主様達の感想評価といったものだけに期待や希望を見出すのではなく、現状を把握した上で自ら納得のデータを追求抽出してみる。これ、とても大切な事かと思っています。
「なんでそうなるかなぁ〜」的内容のものも確かに飛び交う情報化社会だけど、逆手にとればそこからも何か学びがあるわけなんだよね。
ただ、本当に良いものと出逢えても一番下でそれを最大限にまで持ち上げてやる事が出来るのはやはり飼い主様自身。
経過を見守る目は厳しくとも、気持ち穏やかに 常に心豊かなサポートをと心がけてきたあやぽんだったりします(それが出来てるかどうかは定かでありませんが;)
介護も看護も目下未だ修行と学びの毎日。ならば笑顔でいこうじゃないか♪
ってなわけで刻々と迫っている感がひしひしなミカわんではありますがchobimamaさんと一緒にまだまだ私も頑張るよんグッド(上向き矢印)

Posted by あやぽん at 2008年01月15日 10:21
確かに『知っていれば』的内容ですが、コレは正直何かあってからでないと想像のつかない世界ですぞ。予防サプリとして何か与えるにしても、無駄なものをあげそうなカカオでございます。ちゃーんと、繰り返し読んでおかないと、忘れんぼの私は間に合わないかも!でも頑張って、いつかの時まで頭に入れておきますから。
↓ところであーた、何も全削しなくても(笑)
Posted by カカオ at 2008年01月15日 11:41
*あやぽんさま>
執事は人間のQOLの勉強をしておきながら、ちょびに当てはめて考えるってことをしてこなかったアホ飼い主でした。あやぽんさんとの出会いで本当に目からウロコ落ちましたモン。そっかぁって。そうなんですよね。なんとかするのはサプリじゃなくって飼い主自身。効くって聞いたからあげてみたってだけじゃ、もうどうにもならない17歳だったりしてます顔(汗)ミカわんを22歳まで支えてきたあやぽんさん、充分執事からしたら驚愕なのに、今なお『修行と学びの日々』と仰るその姿勢、本当に尊敬してます。笑いながら、ちょびがのほほぉんと過ごせるようにサポートしつつ、ミカわんと一緒に今日という日を1日1日積み重ねて行きたいと思ってます。グズグズと崩れてゆく犬を目の前に、穏やかな気持ちを持ち続けるのはとっても大変な事だったりするけれど、でもあやぽんさんの記事を拝見して『よっしゃ!』と実は秘かに気合を入れてる執事です。感謝。ミカわん、ミカわんなりのペースでゆっくりいこうねるんるん遠いお空の向こうのミカわんに力一杯エールを送ってます。

*カカオさま>
黒軍団最強のお方からお知らせを頂戴し、ありゃ!ととりあえず非公開にしといた手抜き執事顔(汗)あはは。本名だと昔の拙い論文なぞ見れちゃったりするもんでたらーっ(汗)お知らせ感謝です。つっこみに答えて削除して再投稿しました顔(イヒヒ)
そうなの、いざなにかがあった時にあわててとりあえず手当たり次第よさげなモノを試したくなるのよ!それが当たれば万々歳なんだけど、ハズレが怖いたらーっ(汗)だからその時が来た時に、そういえば黒執事がなにやら叫んでたぞと思い出して戴けたらって思います。手を出す前にちょっと調べてみようって。なんかね、身近でもいろんな実例あるのよ。豆乳がいいと聞いて加糖豆乳一杯与えて肥っちゃったコとか関節サプリを大量に(効き目が出ると思ったらしい)あげて腎臓やられたコとかねもうやだ〜(悲しい顔)気持ちは分るだけにね。。。選択をちゃんとしないとってこと知っているだけでも違うかなぁって思ったおせっかい執事の遠吠えでございますたらーっ(汗)
Posted by 執事 at 2008年01月15日 15:35
あまりに情報が溢れかえっていて、何を選択すべきか本当に迷いますね
今の腎臓ケアフードを選ぶ時もそれぞれの成分表をみたり説明書きを見て迷いながら一応今のフードを選びました
それが正しかったのかどうかはわかりませんが(~_~;)
ヨーグルトに含まれるリンは腎臓に負担をかけるのですね(>_<)
スプーン1杯程度ですが、あげてました〜ヨーグルトは封印することにします
QOLを大切にしつつ、元気に過ごして欲しいですがなかなか難しいことかもしれませんね
でも、そのための努力は続けますよ(*^_^*)
ちょびちゃん、カートにアゴ乗せ姿可愛いです♪
ほっぺを指でツンツンしたくなります^m^
Posted by ポチ子 at 2008年01月15日 21:58
またまた〜、つくづく、
自分のしてることで、今後はたぶんNGをいっぱい発見してます。
ナトリウムといえば、「ガム」の与えすぎかな〜とか、
ヨーグルトは来る日も来る日も食べさせちゃってるな〜とか、
知らないでいるより、知ってるおくべきことを、ここで得ることに意義あり!ね。
いまわたしがベストを尽くそうとおもってるのは、
「歯磨き」と「体重管理」。

ちょび君のカフェでねむくなりつつある〜が、
とってもかわいいです。
こんなに大事にされて、ますますやる気だよ〜!
Posted by ゆた。 at 2008年01月16日 14:46
医療関係はサッパリだし、生物・科学系は大の苦手なので、
読んでも読んでも頭に入らない顔(え〜ん)
そんな私なので、今日は、そろそろ大人のゴハンに切り替えないと、って思って
お店に見に行ってきたけれど、結局どれがいいんじゃ?な感じでたらーっ(汗)
いつものパピー用と、前に1キロだけ食べた事あるヤツの大人用になっちゃいましたエサ
表面的なことですら、良いも悪いも今ひとつ判断できてないので
『それが意味するところ』的な裏読みは、まだムリですがふらふら
そういえば…って、執事どのの記事を思い出せるようにだけはしなくっちゃと思ってます
Posted by バニ母 at 2008年01月16日 20:32
そうそう、写真、絶好調じゃないですかぁグッド(上向き矢印)
やっぱりカメラひらめきだとかわいいぴかぴか(新しい)ですよねるんるん
Posted by バニ母 at 2008年01月16日 20:35
*ポチ子さま>
そうなのよねぇ。説明書きみてるとみんな良さそうなのよぉふらふら成分表はいい感じでも原材料みると穀物ばっかりとかの餌もあるしたらーっ(汗)さすがに犬を穀物オンリーで育てるのはヤバイのでは???と執事は相当頭がグルグルしました顔(汗)難しいです。マジで。なので最近は全て先生に具体的にデータを持参してこれはどうなんでしょう??って聞いてます。そんな中で少しずつ小動物の栄養学や手作りご飯の本とかいろいろな情報と合わせてちょびを一番よく知ってる先生の意見と合わせて選択してます。ちょっとなら問題なしっていう意見もあるんですけど、毎日の積み重ねが大きいのも現実かなと執事はビビッてます顔(汗)
http://www.glico.co.jp/navi/index.htm
ここで重量だけを入力すると成分でるので、チェックには便利ですよぉ。

*ゆた。さま>
正直、8歳までは何食べてても基礎体力でカバー可能って意見が大多数顔(汗)でも、その後、8歳までの蓄積が出てくるって。
それってそうかもってしみじみ思います。シニアをスタートする時点で、元気なコと既にハンディありではやっぱり大きくその後は異なるものね。実際、疾患バリバリのちょびを17歳まで引っ張ってきてる執事としては今、ホントに歯軋りしちゃう位、後悔というか悔しいのが現実です顔(泣)
そう歯磨きと体重管理、大事だよね!
これがしっかり出来てること、簡単なようで実はとっても難しいもの。どっちも駄目駄目で、その後の必死のカバーでなんとかここまで来ている執事としては、ゆた。さんと茶々ちゃんのこれからにいっぱいいいことありますように!!と笑顔いっぱいで思ってます。

*バニ母さま>
わかんないよね、マジ顔(汗)できることとして、1つの銘柄を長期間与えず、いろいろローテーションすることでリスクを減らすと同時にバーニーちゃんの好みや相性を把握するってことができるかと思います。あとね、食べ終わった後に空袋の成分表と原材料の部分を切り取って保管しておくとその後の比較の際に便利です。お店で何個も並べて悩みまくるのはちょっと挙動不審だからね顔(イヒヒ)執事は散々やってますが顔(汗)床に何個も並べて座り込んで『う〜ん????』ってやってました、実は。まぁ今はネットでも表示があるお店も多いので、PCあればお家でできちゃうけど顔(ペロッ)便利な時代だ。うん。シニアになって初めて知った銘柄も多かったしなぁ。今食べているものと他の比較にはネットは本当に便利かも。サンプルも買える店もあるしね!
やっぱりカメラの性能はあるよね?執事の腕はとりあえず置いておくとしても。あはは。
Posted by 執事 at 2008年01月16日 21:31
帰ってきました、例の場所から♪
ニッポンは寒いです。あっちは最高が毎日14,5度くらいあったから。

執事さんは医療系なのですね。私は大学農学部ですけど、今はお薬関係です。(医療ではないですが)
よく新聞とかで「ガンに効く!アガリクス」とか「メシマコブ」とかあるけど、あれですよね。
Posted by 秋カボチャ at 2008年01月17日 21:47
*秋カボチャさま>
お帰りなさいましるんるん暑いよりは寒いのほうがいいよなと思う執事ですが、ちょっとメゲルほどに既に寒いっす顔(汗)
アガリスクやメシマコブ、ケース的には沢山事例もあるのですが、科学的には全否定のいい例かとふらふらこれらはメジャーな分、成分の濃いのから薄いのまで星の数ほどありますし、商品名は同じでも内容が大きく異なる場合も多いですねぇ。どうせサプリは補う効果な訳で、だったら同じ飲むでも出来るだけ効果的なモン飲まないと更に効果は下がっちゃうし顔(汗)ここらがケースを参考に使用する際のポイントかも。ちょびにはモロこの『ガンに効く!』っつう核酸サプリのヌクレオエンジェル与えていたりする執事ですが、執事はガン予防の目的ではなく新陳代謝UP目的で続けてます。でもこの核酸も科学的には実は非常にグレーなんですよねぇたらーっ(汗)専門家によるケース例の多さから選択してますが、効果は実は???だったりします。願掛け程度ですな顔(イヒヒ)高い願掛けだよもうやだ〜(悲しい顔)
Posted by 執事 at 2008年01月17日 22:49
マッコイ君のもじ子さんの紹介できました
はじめまして
柴犬15歳りきです

「根尖歯周炎」で、大変な目にあったことを伺いました
今、リキは、頭に膿がたまり、皮膚を突き破って、膿が出てくる症状になりました
「歯」からかも・・と言われ、検査をしましたが原因がはっきりしません
免疫力が弱ってきて、感染しやすい体になってしまったのでしょうが・・今日も新たなところが吹き出てしまいました
「床ずれのような状態」とも言われましたが
チョビくんはどのような状態になったのですか?
今はすっかりきれいになられていますね

Posted by tenko at 2008年01月27日 00:27
*tenkoさま>
もじ子さんのコメで拝見してリキ君の頑張り秘かに応援しておりました。お嬢さまの頑張りも。ちょびはもじ子さんのコメでご紹介したリンクの写真とほぼ同じ状態で目の下に2cm程穴が開いて出血排膿していました。腫れは顔の片側と鼻筋がバンバンに腫れて瘤取り爺さんの如くでした。上の犬歯から来た炎症だったので。とはいえ、ほとんどの歯がやられていて、既に上あごの骨も一部溶けている状態だったので、犬歯3本と前歯上下のみ残して他の歯は全て抜歯しました。手術の際には溶けた骨の穴からは大量の食べかすや毛(舐めていたようです)が出てきました。歯茎全て穴だらけで手術後は穴を縫った糸だらけでした。一番ひどかった犬歯の穴は大きすぎて縫うことも出来なかったほど。4年近く経った今ではそれなりに歯茎も盛り上がってますが、犬歯の穴は今でも塞がってません。出血排膿していた穴は毛も生えてぱっと見には分からなくなりましたが、今でも毛を掻き分けると跡が残ってます。菌が出ないということは抗生物質の選択もできないってことですよね?原因菌が確定しないと有効な抗生剤が選べないですものね・・・。とはいえ、炎症が起こっているのは確実なのに、もどかしくて涙が出ます。排膿の際の痛みの酷さは身にしみて知っていますし。あの時のちょび以上にリキ君は辛い思いしているかと思うと本当に辛いです。実は頬からの例は多数見たことがあるのですが、頭部からの症例は初めて見ました。稀な例なのでしょうね。お役に立てなくて・・・。
お尻洗いなど部分洗いの際に洗浄ビンというものを使うと結構便利です。人間用のフラットオムツ(吸水力が抜群なので)を敷いて、ちゅーっとお湯で洗います。http://www.monotaro.com/p/0729/3982/
塗装用などに使うようでDIYショップで購入可能です。これならば傷口の洗浄も可能かもしれません。ご参考までに。
お嬢さまもtenkoさまもどうかお体に気をつけて下さいね。お嬢様の頑張りがリキ君の生きる力なのだと思います。心からお嬢様にエールを送ります。
Posted by 執事 at 2008年01月27日 05:37
*tenkoさまA>
大学病院勤務経験有り(重症症例の経験豊富)の獣医にリキ君の症状を聞いてみました。
蜂巣織炎 ほうかしきえん( Cellulites )であろうとのこと。原発は根尖歯周炎あるいは腫瘍による可能性が高いだろうと。どちらの場合でも
@頭部まで炎症が広がっている場合、張っている頭部からの排膿ではなく、弛みのある頬部分にパンチング(穴を開ける)しての排膿の方が効率が良い。
A菌の特定は相当細かく専門検査をしないと出ない場合が多い。カビの場合もある。
B排膿している裂傷部分は開放してどんどん排膿させること。目に入らないようにガードをしてオキシドールなどを注射器で流し込み洗浄消毒する。また生理食塩水・または精製水、手に入らない場合は30分ほどグラグラに沸かしたお湯を冷ましたもの(熱湯殺菌した水)を洗浄ビンで大量に(ジャブジャブと)用いて傷口を中までしっかり洗浄する。
C傷口の皮膚再生が見られたら初めてドレッシング剤を用いて傷口を覆う。排膿がある限りは開口部の密閉は避けるべき
との意見でした。一般の開業医ではあまり目にしない可能性が高いとのこと。(頭部まで広がるのは相当抵抗力が落ちないと起こらないため)一応情報として書き添えます。
Posted by 執事 at 2008年01月28日 19:16
*tenkoさまB>
↑のドレッシング剤は湿潤療法の被膜剤のことです。床ずれ治療ややけど治療で用います。人間の市販品ではバンドエイドタイプの小さいものが市販されています。検索で床ずれ・ドレッシング剤で検索すると多数出てくると思います。りき君の場合は床ずれではありませんが傷の再生の方法は床ずれの場合と同様なので。↓のページに具体的に詳しく出ています。http://homepage3.nifty.com/elfaro/wound.html
この治療法の精通している獣医師リストも↑のHPに出ています。メール相談なども受け付けているようです。
Posted by 執事 at 2008年01月29日 01:53
執事様
リキのために、色々と細かく調べてくださりありがとうございます《蜂巣織炎》と言う名前もはじめて知り、色々調べました。治療方法も色々あるんですね。腫れているときはすごい痛みが伴っていると書いてあり、そういえば、絞り出すような声で鳴いていたこと、本当にぐったり寝たままになっていた時しんどかったんでしょうね
とりあえず、膿はできるだけ出すということで、家でも病院でも出してきました
病院ではお茶碗にいっぱいほどの膿がドバーっと出てきたときは、気分が悪くなりました。とにかく水で洗って、薬を塗って、傷口は乾かさないように。と言うことでやってきました。教えていただいたHPにもいきました。ドレッシング剤のことも書いてありましたが、一応、傷口を乾かさないようにと言うことは、今の病院で正しかったと一安心・・・毎日手当てをしている娘も、もう膿は出なくなり、皮膚も少しだがふさがってきたようだ。と言っていました。見るも無残なほど、あっちこっちとガーゼを当てていますが・・・
昨日は、少し元気があり、自分で水を飲んだりえさを食べたり・・少しですがしていましたが、今日は昨日の疲れ?からかちょっと元気がない様子です。
本当に一進一退です・・

そしてまた、我が家を色々見ていただきありがとうございました
よくぞお越しくださいました。そして色々な偶然が重なったようで、私もうれしく思いました
アレンジの話で執事さんが、たぶん女性だ・・と言うことがやっとわかりました。ずっと男性の方かと思っていたので
ちょび君と一緒に寒さを乗り切ってくださいね!!
Posted by tenko at 2008年01月31日 23:28
*tenkoさま>
リキ君、よい兆しが見れて本当に良かったですね♪すごい生命力!!頑張ったね、リキ君。ホントにエライわんこだ、リキ君は!!
執事、男性説、大爆笑です!なにがそう思わせたのか??あっ、でも結構男っぽい思考形態かもしれません、私。感情は超ウェットで性格は激情型ですが顔(汗)なにしろ勝手に一人で熱くなっちゃうタイプです。よく友人にも何をそんなに1人で必死になってるんだ?!と呆れられますふらふら
そうそう、山の上でのきなこ餅美味しいですよね♪我家の登山の際もいつも持参でした。我家の定番お昼はそうめんるんるん山の冷たい水で戴くと美味しいんです。執事個人装備はカルピス顔(イヒヒ)これも水が美味しい山だからこその味わいなのです。執事が忘れられない星空は立山の雷鳥平のテン場でみた夜空。夕日を背負った前剣も(ほろ酔いだったのもあり顔(汗))ホントにうっとりする景色でした。立山ならばケーブルカーで高度稼げるし、剣へ空荷のピストンも可能だから、いつかまた行けたらいいなぁと思っています。背骨のせいでもう縦走は出来ないけれど、小屋泊まりを上手く利用してまた再開できたらと写真を拝見しておもわずその気になってしまいました。その前に、カビだらけでガチガチであろう山靴を実家から救出しなくちゃがく〜(落胆した顔)捨てられていない事を祈る執事あせあせ(飛び散る汗)
Posted by 執事 at 2008年02月01日 02:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1241742
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック