2007年12月20日

お気持ちは嬉しい執事

少し前にちょびと散歩をしていた執事。

以前からニアミスしていたご近所ビーさんとやっと対面。
飼い主さん、ガッシガッシとちょびを撫でて下さり(視力の落ちたちょびにはちょっと恐怖な感じたらーっ(汗)
執事と話をしつつ、なにやらポケットからいきなり投げた。
ちょびはそれを取ろうと飛びつき(っていっても所詮17歳)もともと短く持ってたリードが
さらにぴーんっ!
よくよく投げられたモノを見ると、ビーフジャーキーもうやだ〜(悲しい顔)
『ウチのの大好物なんじゃ!ほれっ!喰え!』と飼い主さん顔(汗)
『ごめんなさいたらーっ(汗)ちょびはアトピーで牛が食べられないんです。お気持ちだけ
ありがたく戴きます』と言った執事に、ちょっと飼い主さんむっとした様子で
『何でも食べないと長生きせんっ!!』と顔(汗)
ちなみにその飼い主さんのビーは10歳。ちょびはご存知の通り17歳。
たしかにちょびは何でも食べます。勿論、牛だってあげれば食べるよ。
食べさせないのは執事が与えないってだけで。。。
でも先生の指示だし、実際にカイカイが牛止めてから直ったのも事実だしね。

先日、病院の待合室でご一緒したMIXちゃん。腎不全だそうです。
お庭で繋いで飼っているそうなのですが、通りすがりの方がおやつを投げ込んで下さるそうで、
厳しい食事制限のある病気なので、とても困っているとのお話。
前にもアトピーのコの飼い主さんが同じことを嘆いているのを聞いたことがある執事。

見た目は元気に見えるちょびも、実はその裏で相当執事は塩分やら脂肪やらを
いかに減らすかアセアセしていますあせあせ(飛び散る汗) 
きっと今後痩せてきたりなんかしたら、傍目にはご飯貰ってない可愛そうな見た目に
なることでしょう。おもわず何か上げたくなっちゃうような。。。
ちょびはお家飼いだし、お外に行く時は常に執事が目を光らせているけど
(ちょびが自力で獲物をゲットすることも多いのでね顔(汗)
そうでないお外飼いのコ達をずっと見張るのは実際不可能ですよね。
『餌をやらないで下さい』って張り紙するのも、痩せてたりなんかした日にゃ、
変な誤解招きかねないしがく〜(落胆した顔)ご近所とのお付き合いだって一軒家の場合、いろいろ
あるだろうし。気になるのは当然ですよね、ご近所の評判だって。。。
面と向かって言えない気持ちもよく分かる。
内臓疾患の食事制限って過保護とか神経質過ぎとか思われがちだしね。

実際、↑のジャーキー投げられるまで、いきなり何かをちょびが貰った経験がなかった
執事だったので、話には聞いていましたが、実感があまりなかったのですが、
経験して初めてむむぅと思いました。
お気持ちはとっても嬉しいんです。ホントにホントにありがたいんです。
でも戴けない事情がある場合もあるんです。

以前はおやつを持ち歩いたことなどなかった執事でしたが、最近は常に持ち歩いています。
お出かけの際など、やはり下さろうとなさる方が多いので、そんな時に、
目の前で見ちゃった貰える気満々なちょびから取り上げるのはやはり可愛そうすぎるから、
『コレをやって下さい』とお願いするためです。
大抵の方は気持ちよく分かって下さいます。まぁ、見た目でも年がいってるのが
はっきりわかるちょびゆえにかもしれませんが。。。

またいきなり頭を撫でる方も非常に多いです。これ、視力が落ちて視野が
とても狭いちょびはとってもビビリます。全身をビクッとさせるほど。

よく犬の本などでも手の平や手の甲を鼻先に持っていって、匂いを確認させてから
触るようにっていうのを目にしますが、老犬と接する時には絶対に必要です。コレ。
執事でも、先生でも、いきなり手を出すとマジでビビるちょびなので犬(泣)

わざわざ声をかけて下さる方の多くはやはり老犬を飼っていらっしゃるあるいは
飼っていらした方が多いのです。そんな方は『触っても大丈夫?』とか
『目は見えてますか?』と最初に訪ねて下さる事がほとんど。
飼ってみないと分らないのだなぁとしみじみ自分を振り返っても思います。
若いコならなんともないことが、駄目だったりする老犬。

もちろん老犬だけじゃなく、性格だってあると思います。
他の犬が駄目なコもいるでしょうし、他の人が駄目なコもいるでしょう。
好きだからこそ、おもわず触りたくなる気持ち、執事も同じです。
だからこそ、おもわず手を出すその前にちょっとだけ思い出してもらえたら・・・と
思う執事でございます。

ご飯下さい.jpg
           『ところで、ご飯はまだですかいのぉ???』な本日のちょび。

yukiline縮小.gif

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へここに来て一気にまた筋肉が落ちてしまったちょび。
本日、とうとうダイエット命令が下りました。少し体重を軽くして、
足の負担を減らす作戦です。体力との兼ね合いですので、それこそ100g単位で
慎重に行きます!ここ数年、着実にキープして来たベスト体重がとうとう
ベストではなくなってしまった現実はちょっと悲しいけれど、凹んでいる暇はなし!
さぁ、カロリー計算だぁ!!執事の腕の見せ所Good
ニックネーム 執事 at 00:34| Comment(12) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ちょと前から、読ませていただいています。ちょびちゃん、17歳はすごいですね。執事さんの、努力が伺えます。
本当に、おやつ等は、あげる側が配慮しなければ、いけませんよね。いろいろ事情が、ある子いますものね。自分もいろいろ、勉強して、よい飼い主にならなくては(犬にとっての)いけませんね(^^ゞ
これから、ますます寒くなるので、ちょびちゃん、執事さん、体に気をつけてください。
Posted by かんちゃん at 2007年12月20日 10:01
おやつ持参はナイス犬(笑)
下さる人の気持ちを損ねず、ちょび君の安全を考えたらGood

執事様は食材探しの旅にでてるのかな?
ご自身も楽しめそうなもの探せるといいね
Posted by りの at 2007年12月20日 11:41
*かんちゃんさま>
はじめましてかわいい応援ありがとうございます顔(笑)
きっと犬にとってはどんな飼い主でもそのコにとっては1番なんだと思うんです犬(笑)だからこそ、飼い主がもっともっと成長すれば、犬はもっともっとハッピーでラッキーになれるんじゃないかな?って思います。執事の場合は成長というより妄想の拡張なので顔(汗)ちょびはどう思っているのか?!まぁ、奴は嫌なものは嫌というハッキリした犬なので、シカトされて終るんですけどね、大抵もうやだ〜(悲しい顔)かんちゃんさまもよい年の暮れをお過ごしくださいねるんるん

*りのさま>
ご推察通り、執事は旅に出たのですが、先生に全て却下をくらいましたふらふら
フードのローテも。弱った腸にはリスクが高いので、今まで試した多々あるフードから最も消化吸収のよかったものだけを継続してゆくことに。先生には沢山候補を準備しておいたから、即、切り替えられたのだから、努力は無駄ではない!と励まされました顔(ペロッ)しかし『バラエティのあるご飯を老犬に』キャンペーンは強制終了と相成りました顔(泣)今後は『バラエティのある果物を老犬に』キャンペーンに移らせて戴きます。それでもしつこくキャンペーンは続くのです。はい顔(イヒヒ)執事が飼い主である限りGood
Posted by chobimama at 2007年12月20日 13:44
執事さまのお気持ち、すご〜くよくわかります。おやつの事も撫で撫での事も経験済みですから。でも、私も犬を飼うまでは、全然知らなかったことですけどね。
おやつは、オバサマが多くて頭バンはオジサマが多いような気がします。私も野菜ボーロ持参してます。フードは臭いし脂っぽいし、その点ボーロならバッチリ。なんとボーロに限り刻みなしであげています(爆)実際ボーロ刻んだらカスだけですからね。でも執事さん!あなたなら刻むでしょう!?(大爆)
頭バンバンするオジサマは声もデカイので、人見知りをしないはるでも自分から近づいては行くものの、デカ声とバンバンが怖くて首を引っ込めて逃げ出します。こちらから近づいた手前、ばつが悪いですが、しょうがないです。
Posted by カカオ at 2007年12月20日 14:18
オヤツの件も 接し方の件も
元気いっぱいワンコをつれている人って自分の犬が大丈夫だからみんな大丈夫!
って思ってる気がします。
老犬ゆえの食事制限をしなくてはいけないなんて思いつかないんでしょうね。
特に「おじさん」は 今の犬に対する考え方じゃ無い人が多いなぁと思います。
昔の常識と今の常識と違うのにね。
ちょびちゃん ダイエットなんですね。
執事さん 神経質になり過ぎないで
頑張ってくださいね〜 
Posted by ラッキーまま at 2007年12月20日 17:57
頭バンバンおじさん、要注意だけどきっと
おやつくれる位だから
悪気はないんでしょうね。顔(汗)
こうしてお話を聞くとなるほどと思うし注意もするけど
そうでないと経験してないことはなかなか
難しい。
これとよく似たお話。
アトピーの子供さんを
持つお母さんが嘆いておられたのを思い出しました。顔(泣)
人間も犬ももっとみんなが情報を共有できるようになってほしいですね。
ちょびちゃんのやる気画像、うれしいです。るんるん

Posted by きな子ママ at 2007年12月20日 18:17
*カカオさま>
カカオさんの説、その通りだわ!オジサマはガッシガッシが確かに多い。しかもビーグル飼ってたなんていうオジサマは容赦ない顔(汗)昔のちょびなら別になんてことはないんだけど、今はなにせストレスで発作を起こしかねないご老体なんでねあせあせ(飛び散る汗)そっかぁ、はるちゃんも怖いことがあるんだね。。。執事も気をつけなくちゃ。ちょびの感覚で他のコいじるのはいけないね。
ボーロ、勿論、執事は刻みましたよGood顔(イヒヒ)上下半分にね!しかーし持ち歩く間に粉になってしまうのだたらーっ(汗)なので、さすがの執事もボーロは刻みを断念しました顔(笑)刻んだ各種おやつを入れたピルケースを持ち歩いているんだけど、見た人は結構目を丸くしてます顔(イヒヒ)ははは。はるちゃんは早々にダイエット大成功おめでとう!ダンスのキレよくなったでしょ?顔(イヒヒ)

*ラッキーままさま>
どうしても今の自分の犬が基準になるのはみんな同じですよね。執事なんか最近、椅子に飛び乗る元気なコを見るとハラハラしちゃうもの顔(イヒヒ)昔は散々ちょびもやってたんだけどね。だからこそ、自分も気をつけないといけないなぁって思います。
ダイエット、既に9年、執事のカロリー&栄養計算で内容を大きく変えてもフードを6種類ローテしても同じ体重を維持してきた年月があるので今回もあっさりいけると踏んでます。初めてダイエットした時はもうそりゃ大変でしたが、今では了解しました!って感じで、朝飯前です顔(イヒヒ)太ってはいない老犬にダイエットってビックリでしょ?しかも冬に。でもこのままのご飯でも早々に痩せてくるのが確実になったので、ならば無駄な量を食べさせて消化器に負担をかける前に、早めに減らそうという先手です。多分200g〜300g減らせば相当足は楽になると思うので、1ヶ月でちゃっちゃと減量しまーす!

*きな子ままさま>
きな子ちゃん、お薬減量期にはいったのね!このままうまくいってくれることを願ってますね。
そうなの。みなさん悪気は全く無いの。それが分るだけに、どうやって分って戴くかが難しいのよね。お子さんも同じ、おっしゃる通りなんですよ。執事の甥・姪もアトピー持ちですし、まったく同じことを言っていました。学校なんかでもとっても大変なんですってね。お誕生会とかも呼ばれてもケーキが食べられない子もいるとか・・・。切ないよね。子供も犬もちゃんとは理解できないんだものね、どうして食べられないのかは・・・。神経質になりすぎるのもマズイし、放任しすぎもマズイし、程々がなかなか難しい問題ですね。
Posted by chobimama at 2007年12月20日 22:59
頭ガシガシは、びっくりしますよね。お散歩中のおじさんに、花音は一度だけカラーに指を入れられて、グェっとなった事があります。多分、引き寄せて撫でたかったんだろうなぁ〜と。一瞬、ビビリました顔(汗)私も、飼い主としてのマナーを見直さないといけませんね。お会いする機会がないので、「本日のちょび君」を見られて、うれしいです。足の負担が減るよう、ダイエットの成功を祈っています。
Posted by 花音 at 2007年12月21日 00:27
*花音さま>
最近、通院が頻繁でお散歩はそのついでって感じなので、なかなか会えないのよぉもうやだ〜(悲しい顔)体力温存中でね顔(イヒヒ)
やっぱりオジサマかいたらーっ(汗)むむぅ。。。遊歩道が要注意!ふらふらちょびも何回か容赦なくガッシガッシやられてるのよぉ犬(泣)カート乗車だと逃げ場ないしねあせあせ(飛び散る汗)
ちょっと軽くなったちょびを花音ちゃんに見て頂けるように頑張りまするんるん
初詣の看板も立ったことだし顔(笑)グルグル巻きにして繰り出そうかしらん顔(ペロッ)無謀か?執事顔(ペロッ)
Posted by chobimama at 2007年12月21日 01:59
オヤツを下さったりする方って、良かれと思ってくださってるのがわかるだけに言いにくいですよね(^_^;)
なるほど、いいことを聞きましたこちらの持参したオヤツをあげてもらえばいいんですね(>_<)
るくおも腎臓が少し悪くなってるから、一切魚系はあげなくなりましたが、るくおにあげてね、と知人から人間用の小アジ(出汁用)頂いたりしますが、ゴメンナサイと思いながら私の味噌汁の出汁にしています(@_@;)
るくお、他人に触られるのも嫌いだし、噛み付いたらどうしようと冷や冷やします(^_^;)
ちょびちゃん、ダイエットがんばって!
はるちゃんみたいにダイエット成功すると良いですね^^
Posted by ポチ子 at 2007年12月21日 10:43
老犬になってからは人様に犬おやつを頂いた経験がないのですけど、わんこたちが若かりし頃、兄嫁さまが犬用クッキーをいつも持参で来てくれました。
…でもなぜかいつも吠えまくる、たけ…。
黙るのはクッキー食べているときと、兄嫁さまの姿が見えなくなったときだけ。。。
滅多に人に吠えない犬なのに、兄嫁にだけ吠える犬…。なんか気まずくて、飼い主あせりまくりでした。
うさぎ大好きなうさ飼いさんだったから、うさぎのニオイでもしたのかなぁ。
Posted by かこまる at 2007年12月21日 21:25
*ポチ子さま>
いいじゃん!るくお君に戴いたものを飼い主が食ってなにが悪い顔(イヒヒ)その分、リンゴなりいちごなりおすそ分けしてるんだし、イーブンでしょう顔(笑)るくお君も人に触られるのキライなのね!執事はてっきりビーさんってみんなフレンドリーなのかとずっと思ってました目ちょびが愛想はないケド、触る分にはご自由にってカンジで嫌になれば勝手にさっさといなくなる犬だったので顔(汗)マジで今後気をつけなくちゃ!

*かこまるさま>
気まずいのぉ顔(汗)それは非常に気まずいのぉふらふら
ウチは姪・甥ともに赤ちゃんの時からちょびには慣れているのですが、(なにせ生き物はみんな『わんわん』でその後犬は全て『ちょび』と言ってた位)夏の発作の日に心配して駆けつけた姪にマジ吠えしたので、本人は相当ショックを受けて涙目になっちゃってあせあせ(飛び散る汗)そのままでは犬が怖くなってしまうのでは?と本気で心配したのですが、先日久々にやって来て無事和解したので一安心。甥はむちゃくちゃ犬が好きで容赦なくぎゅうっ!!と抱きしめるので一時期ちょびは逃げ回ってましたが、成長と共に加減が分ってきたらしく、最近は問題なしですGood甥は自分の口の中からミルキーを出してちょびにあげちゃったこともある顔(汗)本人は大喜びしてたが、ちょびは口が開かなくなった犬(泣)お子様もなかなか手ごわいです顔(イヒヒ)
Posted by chobimama at 2007年12月21日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1237085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック