2007年11月22日

ちょびと暮らすという事 〜執事的老犬との生活〜

執事はちょびとの種の違いは超えられません。

例をあげますと、“犬”という種は毛が生えていらっしゃるので、
執事の“人間”種のベッドには入って欲しくありません。
特にお風呂気持ちよくって逝っちゃう可能性有りでお風呂禁止令発令中で昨年末以降は
蒸しタオルのみのちょびにはましてや入っては戴きたくない執事あせあせ(飛び散る汗)
また衛生観念も“人間”種とは異なる“犬”種。なにせ、自分の排泄物を
自己リサイクルしかねないちょびと同じ食器やらましてや口移しなんて滅相もございません。
一緒にお風呂も勘弁だなぁ。

世の多くの愛犬家を敵に回す告白しちゃったか?!執事。

やっと最近“犬”種のベッドに寝てもいいかな?と思い始めて、結構便利にお昼寝などに
お借りしたりはしておりますが顔(イヒヒ)やっぱりそこまでかも。

出来る事なら、お互いの差を尊重?!して暮らしたい執事。
凄まじく血みどろなカンガルー生肉も、執事的にはおぞましいながら頑張って
洗ったり、茹でたりしちゃいたい欲求を堪えに堪えて、ちょびに与えてる。その程度だけど顔(汗)
(実はリードで包んで自然解凍して、ちょっと血は吸っちゃってるケド)

執事が最も感じた大きな種の違いはコミュニケーション。
だって“犬”種は言葉というコミュニケーション手段を持っていない。
特に言葉に頼って生きている執事はそこがとっても大変だった。
それまで、お互いそれぞれ気ままに暮らしていたし、家族もいたし、
引越しして急に距離が近くなった当初はちょびの気持ちが全く分らなくて、とっても悩んだ。
我ながら17年も飼ってて、情けないんだけどねたらーっ(汗)でも常にちょびが視界に入る生活
なんて初めてだったし、“人”種の相手は執事一人だから、
不安なちょびはやたらと付きまとうしあせあせ(飛び散る汗)
“どうして欲しいの?”とちょびを相手にいっつも途方に暮れてた執事。
ただただ切なくて不憫だった。
スキンシップも苦手だったちょびだったから、(今でも得意ではないが)
やれることがないじゃんって散々思った。

でも少しずつ少しずつ、注意深くちょびを観察していくうちに、段々分ることも
増えたし、触る時間も増えて、今では膝上でマッサージとか短時間なら出来るように。
脱力して、でれーんとしてるちょびの姿が非常に嬉しい執事。
昔の緊張感でピリピリしてたちょびからは想像できないもの。
違いはあるけど、理解は相当可能と今は思っている。でも自分に都合のいい解釈して
ちょびに迷惑かけたりしないようにと自戒はしているつもり。

ことほど左様に、執事にとってちょびはやっぱり同居犬であって、我がコにはならない。

そんなちょびと執事の同居生活ですが、ご飯の時間を含め、生活リズムは
できるだけ一定にするように心がけてます。痴呆防止の為に。
朝も必ず朝日を浴びて、夜は定時に暗くする。
定時のご飯は習慣になるから駄目という説もあるのは承知ですが、今更ねぇたらーっ(汗)
24時間くれって言い出すのも時間の問題だろうし顔(イヒヒ)
とはいえ、深夜徘徊張り切った翌朝などはぐっすり寝こけてるので、そこいらは臨機応変。
薬だけ定時に寝てるちょびを揺すって与えたりもします。
執事もちょびのペースで暮らしてますので、そんな日はさっさと2度寝だし。
なにせ室内は変化が無く、同じスペースに24時間いるちょびなので、
お外に出ることは唯一の変化。
とはいえ、お散歩は完全に天気とちょびの具合次第。無しだったり、1日に数回だったり。
だから雨でも気温が許せば、近くの大型電気屋の屋根付き駐車場に遠征したりもする。
これは高架下で雨の日は散歩してるっていう方を見かけて、戴いた知恵。
この駐車場は周りが植え込みで土だから散歩には最適。秘かに利用中顔(イヒヒ)
レインコート着せてもやっぱり脚や顔は濡れてしまうし、心臓考えたら、
濡らす訳にはいかないし。ガードマンさんがいない平日を狙ってのゲリラ散歩あせあせ(飛び散る汗)
ゲリラですから、せめてマナーはちゃんと守らねばで、うんうんバッグと
ちっち対策の無害な消臭剤スプレー持参で、「立つ犬跡を濁さず」を実践。
夜間は放っておいたら、全く動かないちょびなので、リハビリ兼ねての体位交換や
水分補給、ちっちの誘導・脈拍の計測などを2回は行います。昼間は寝ていても自分で
それなりに動いてくれるので、介助は足の調子が悪くて立てない時くらい。
足の具合さえよければ、勝手にちょびセコムしてますし、トイレもOK。
こういう時にさっさと外出。
ただ水はどうしても自分ではなかなか飲んでくれません。
なのでご飯にかけたり、ちょこちょこSPドリンクを給水しないと必要最低量を
クリアできないのが現実です。お留守番中もあいかわらず一切飲まないバッド(下向き矢印)
だから必然的に長時間お留守番は無理。ちょびの体調でなおかつ利尿剤服薬してて
長時間水飲まなかったら、即、脱水起こすから。脱水は心臓発作に直結する。
床ずれも体重的には出来ない可能性もある(体重の軽いコは出来ないという説がある)
のだけど、少なくとも執事はビーグルとダックスで床ずれできた例を見かけたので
作らない気で防止策をとってます。体位交換の時間も6時間おきから2時間おきまで
様々な説があるのですが、執事的にはちょびの関節が痺れて立てなくなる3時間を
目安にしています。

こういったことを把握する為に夏以降、執事は人生初の日誌をつけています。

日誌.jpg

水分量、排泄時間・回数、その他ちょびの観察日誌です。ある程度連続期間の比較データとして
利用したい為、半月で1枚に。余白には次回の通院の際に先生に相談すべき
気になった点などを思いついた時にメモしておき、通院時にチェックしつつしっかり確認。

これを付け始めて、把握が格段にしやすくなりました。病院にも持参。
先生もチェックして下さり、治療の資料にもなってます。

この雛形は自分で作って印刷したもの。きっかけはあやぽんさん
ミカわんの日誌の写真を拝見したこと。現在お休み中のあやぽんさんですが、
執事は本当にたくさんの具体的なケアの仕方をあやぽんさんから教えて頂きました。
この日誌のお陰でどれだけ、助かったことか。。。本当にありがたい経験豊かな先輩です。


記憶や感覚というのは日常であれば、あるほどあいまいです。
フードの量も測ってみると、大抵自分が思っているより多くて冷や汗かくし。
“犬”種の肥満の原因の最たるものは“人間”種の感覚のあいまいさかも?!
記憶だってそう。何気なく流してしまわずに、記録して把握していくことで
気付けることは多いとしみじみ実感している執事です。
面倒くさいって先送りにしちゃった自分を反省バッド(下向き矢印)
もっと早くに始めていれば、もっといろんなことを気付けたかもしれないと
今更ながら思うのです。

なかなかこえられない種の壁。←執事だけだろうなたらーっ(汗)
こんなことから老犬に近づけたりするかもですGood

**************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へコタツ導入でやっと“人間”種も電気の恩恵に与れた執事家Good
確実にちょびの方がいい環境で生活してると思う執事。
執事も“執事”が欲しいですぅたらーっ(汗)



ニックネーム 執事 at 11:37| Comment(13) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
記憶と言うのは曖昧ですよね、ここ数日は「今そこにある介護」に必死で書いてなかったです。こういう時ほど必要だってのに顔(汗)CHOchobi君一日20時間も寝るんですね。寝返りとかchobimamaさんが変えてあげるんですか?ウチのは、一定の方向でしか寝なくて、床ずれが心配で向き変えると鳴くのでどうしたらいいのだろexclamation&question
Posted by もじ子 at 2007年11月22日 12:28
お休み中のあやぽんです(爆)

ちょびちゃんのお役に立てた事がなによりも嬉しい顔(泣)
記事を拝見し心からそう思いました

助けられて来たのは私の方ですよchobimamaさん^^
優しく見守りつつある時にはとても温かい応援を下さり、貴重な情報も沢山沢山頂いてきました
いつも本当にどうも有難う御座いますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

お休みさせて頂いてる合間にもミカわんの方は緩やかなれどやはり少しずつあれやこれやと落ちて来ていまして、パっと見は変わりないんですが、やはり記録からはその状況が手に取るように分かるんですよね。
読み直しどこかで立て直してやりはしても、既に以前のように良好な反応はなくなってしまってはいますが私も最後までしっかりつけていきたいと思っています。
記録し続ける事でまた 触れ合い観察する時間が増しもしますものね(^ー^)

ゆーっくりですが、少しずつ更新させていきたいと思いますので
今後もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
Posted by あやぽん at 2007年11月22日 13:34
*もじ子さま>
執事もね、ついつい書き忘れるので、クリップボードにペン付けてちょびのハウスの上に置き、ナデナデついでにコチョコチョって書いたりしてます。寝返り、執事が無理やりすると、ウチもギャンッ!!って抗議されるので、極刻みリンゴ(5mm角顔(イヒヒ))とかで釣って目覚めさせて、立ち上がらせて、ちょっと歩かせたりしてます。お水もついでに飲ませてトイレ誘導したり、数時間に1回は起きてもらうようにしてます。外出すると、ずっと立って徘徊してるから、これも一種の運動顔(イヒヒ)最近留守番中に興奮からかうんをして踏みつけにして徘徊してたりするので、結構スリリングではあるあせあせ(飛び散る汗)帰宅するとコルクマットがホルスタイン柄になってたりするしたらーっ(汗)段々慣れて来て、玄関に掃除用具一式まとめておいて、それを片手に覚悟で入室しちゃってます顔(ペロッ)ちょびの爪やパッドの毛は頻繁に手入れして、うんを踏んでも後始末が楽なようにしてるし。無理に直ぐ拭かずに乾いてから顔(イヒヒ)ぽろって取ったりしちゃってるし。ちょびの家だから好きなだけやっちゃってってカンジ?!無事柄なしコルクマットだったりすると感動する、かえってわーい(嬉しい顔)
Posted by chobimama at 2007年11月22日 13:38
こんばんは!

>世の多くの愛犬家を敵に回す告白

愛犬家って色々ですよねぇ。
うちも、タローは可愛いけど一定の距離は置いて接してきましたから。
一緒の布団で寝るなんて考えられなかったなぁ。
極端にさびしがり屋になって一人で寝れなくなってからは、母の掛け布団の上にタロー専用の薄い毛布を敷いてそこに乗って寝ています。
母は毎日タローの重みに耐えながら、起こしちゃいけないと寝返りも遠慮しつつ寝ているようです(苦笑)。
タロー自身も母の布団の中には入ろうとしないから一緒に寝ていると言っても、いわゆる愛犬家の人たちがワンちゃんと一緒の布団で寝ているのとは違うんですよねぇ。

それにうちも口移しなんて無理だわ。
こちらの口中にいる虫歯菌が移るような気がするし・・・。

記録ってとても大切ですね!
うちの実家は日中数時間誰もいない状態なので、なかなか正確なタローの状態の把握はできないのですが、一緒にいる際は注意深く観察しようと思います。
Posted by みらい at 2007年11月22日 19:47
日誌というほどではないですが、ゴハンを食べた回数とうんPの時間(朝・昼・夜ぐらいのおおまかなの)を付けてます。
カレンダーにメモする程度の簡単なものです。
腎不全のさくらは、シッコの回数と状態も記録したほうがいいんだろうなぁ。シッコは回数が多いだけに、書き漏れしまくりそう。
犬の背中にメモ貼り付けるわけにもいかないだろうし。。。
Posted by かこまる at 2007年11月22日 20:28
私も愛犬家の端くれと思っていますが、口移しなんてノーサンキューですよ〜Hello
ペロペロも極力避けたいくらいなので顔(イヒヒ)
かろうじて同じベッドは許してますが、それも上掛けの上だけね!
もぐらせたりはしませんよ〜パンチ
chobimamaさんからいろいろと勉強させていただいている中で、気になる事があったら
私もバーニー手帳(動物病院でくれました)にメモするようになりました
でも今は、それも大事だけど
ヘンなもの食べるのを止めさせるほうが先だぁ〜って反省してます顔(泣)
Posted by バニ母 at 2007年11月22日 21:18
*あやぽんさま>
またもやシンクロ記事投稿顔(イヒヒ)失礼しました。“ゆっくり更新中の”あやぽんさんでした顔(笑)
立て直しの反応が鈍るのは本当に、ここ半月、身に染みてます。今まで未経験の執事にはとても大きな不安です。なにかが、ちょびの中で変わったのか?と思いつつ、大丈夫、大丈夫とあやぽんさんの言葉を思い出して勇気を出しているんです。ミカわんと一緒に、それぞれが一番穏やかなペースで、1日1日を過ごして行きましょうねるんるんあやぽんさん、どうかこのまま師走に突入で走りすぎて、バテないようにしてね。それが一番心配。。。ミカわん、頑張ろうね、ぼちぼち。ちょびも頑張ってるからね。一緒にね。

*みらいさま>
そうなの!一定の距離。執事の場合は“相当離れた距離”が一気にこの1年で物理的強制的に近づいた状態だったので、もうカルチャーショックの日々。しかも即、痴呆状態始まったし、どよーんっとしてました、1年前には。それが今や、“やっとけ”と言える開き直り(けっして余裕ではないけど)まで出来るようになった顔(イヒヒ)振り返るととても貴重な時間でした。この時間があったから、今、衰えが急速に進むちょびを支えられてると思う。この先もやろう!って思えたんだと思う。寒さが厳しい毎日。タロー君、みらいさん、どうか風邪などひかぬように、気をつけて下さいね。

*かこまるさま>
執事は正の字書いてます、日誌に。ちっちの回数。トイレシーツにマッキーで×印付けてたんだけど、その印の上に更にちっちされると、インクが滲むのあせあせ(飛び散る汗)で、断念。なにせ、今ワイドサイズ6枚の巨大トイレなので、取り替える時に(1日1回)ちっちを数えると、何故か記録より多かったりもしてるしたらーっ(汗)隠れちっちをされている模様。。。くーっ。1日を4分割して摂水量とちっちの回数&量を記録してます。ちょびは長期利尿剤使ってるからね、摂る量・出す量のバランス崩すとヤバイので。それでもまだ夜間2回、日中8回位だし、隠れちっち以外はなかなか自分でしないから結局執事が誘導してる状況だからこそ、把握できてる気もする・・・。

*バニ母さま>
バーニーちゃんの年齢なら、通院記録で充分じゃないでしょうか。将来、見返すときっととっても役に立ちます。執事は偶然、病院の会計表だけはずっと取ってあったので、これをめくってました。いつこの病気やったんだっけか?って17年もいると記憶に無くなるんですよ顔(汗)“やったことはある”けど“いつだか忘れた”っていうあせあせ(飛び散る汗)それにね、成長とともに、出来る事は増えるし、オーナーも分ってきますしね。ただ、老犬はもう未知数。できない事が日替わりだし、どんどん増えて行く日々。だから、執事とちょびには記録は必要なんです。バニ母さまには遠い未来に思い出してもらえたら充分。バーニーちゃん、執事からすると非常に羨ましいやんちゃぶり。いつかきっと、今の苦労を懐かしく思い出す日はきますから、困った経験も楽しかった過去になりますから。。。めいっぱい味わって下さいね。バーニーちゃん、とはいえ母さんが笑ってられる範囲でね!執事の知り合い、あまりのハイパーさにプチノイローゼになっちゃったらしいので、ビーグル飼って顔(汗)凄すぎる。。。
Posted by chobimama at 2007年11月22日 23:48
やっぱり、人も犬もそれぞれですよね^^
私もるくおと一緒に寝る事はないし、お風呂も無理だし、口移しも無理かな^m^
るくおは、大事な家族だけど私の「子」っていう感覚はないな〜どうしてもるくおの方が年上な気がするし(笑)
でも、その人それぞれのワンコとの接し方ですので、一緒にお風呂入られる方も一緒に寝られる方もたくさんいらっしゃると思うし、それを「エーッ」って思ったりは全然しません^^

この前まで、るくおの飲み水の量は測って記録してましたけど、それくらいです(~_~;)
確かに、記録をつけていれば以前との差もわかるし、病院で見せる事もできますね。
人間の記憶ってあてになりませんものね。
きな子ママさんにるくおのヘルニアのこともっと色々お伝えしたかったけど、あまり覚えていなくてお役に立てませんでした。
るくおだって、いつヘルニア再発するか分からないのできちんと記録しとくべきだったと反省しております(T_T)
Posted by ポチ子 at 2007年11月23日 11:04
*ポチ子さま>
心強いコメントだわぁ。執事、一緒にねんね派ばっかりなのかなぁって思ってたんだ。よかったよ、ほっ。自分はやっぱり犬好きじゃない派なのかしら??って。
記憶、執事もほとんどないの顔(汗)ポチ子さんなんかは毎日ブログだから、ブログがいい記録になるじゃない!!こういう記録としての側面もあるのね、ブログには!
確かに、病気のときだけでも、ちょこっとメモっとくと、後で役にたつかもね、若いコでも。執事もね、今の病院に移った時、前の病院でアナフィラキーショックになった注射がワクチンだったのかアトピーの痒み止めだったのかすら覚えてなかったのたらーっ(汗)注射ってだけで。。。それ以来、薬だけは病院でもらった手帳に書くようにして来たの。とはいえ、かかりつけならば、カルテあるしね!今は医療に関してはもう先生に、生活に関してのみ、やっぱり付いている執事しか分らないし、断片だけで先生に伝えるのでは足りない状況になりつつあるので、先生に先読みしてもらう為に、日々の記録を取ってます。水分量落ちてるから、利尿剤を減らそうとか、状況次第で治療もかわるんですよぉ。責任重大な執事だわ顔(汗)
Posted by chobimama at 2007年11月23日 13:11
chobimamaさん、ちょっとこの場をお借りして
ポチ子さん、ヘルニアの事心配していただいてそれ以上に安静にしていることなど
ちゃんとこちらに届いていますよ〜。
いうことで失礼しました。手(チョキ)
私も実はchobimamaさんの告白を見て安心した一人です。
自分のふとんに入れないし一番薄情かな?と思ってたのがペロペロです。
これきな子はもう理解していて私にはしてきません。
ある意味凄いなあと感心しています。
こうして公表していただくとホッとする事たくさんあるんでしょうねGood
Posted by きな子ママ at 2007年11月24日 19:17
*きな子ママさま>
ペロペロはこのブログ始めて最初の頃に、既に執事は勘弁!!と告白しちゃってますよ顔(イヒヒ)
まぁ、執事はアトピーなのもあるけど、なにせ、ちょびは根尖歯周炎で、骨まで溶けてるので、11歳で手術した後もまたちょっとずつ進んでるんです。13歳の時に最後の麻酔という事で、出来る限り抜歯して、再度手術したんですけどね。。。穴開いちゃってるから、歯茎にもうやだ〜(悲しい顔)執事的にはこの歯周炎の細菌が心臓回ったんじゃないかなぁ・・・と深く疑っていて(っていうかほぼ確信してる)もちろん後悔もとても深いのですが、やっぱりその細菌ウジャウジャな口は執事がヤバイだろう顔(汗)なので。だって、執事の手に傷がある時にちょびに舐められて油断してると化膿しますもんあせあせ(飛び散る汗)
きな子ちゃん、痛みが治まって、元気が出てくるの祈ってます。ママさまもきな子ちゃんが思わずつられて元気になっちゃうように、演技力つけて(ビーグルオーナーの必要能力よん顔(笑))ふぁいとー♪遠くから応援してます、執事。
Posted by chobimama at 2007年11月24日 21:44
本日、コメ残そうと思ったらコメ欄が無い事に気付いたのでポツンとこちらに。。

ツラかったねchobimamaさん
私も思い出す節が沢山沢山
でもそれがあったから今があるんだよねお互い

いつも有難う〜
chobimamaさんが支えるちょびちゃんの姿にはほんといつも沢山の元気を貰ってます
私もまだまだ頑張れる!!!って
Posted by あやぽん at 2007年11月27日 14:01
*あやぽんさま>
実はね、最初に勇気出してコメ(勇気出したにしちゃ、長々と愚痴ったケドあせあせ(飛び散る汗))書いたのがあやぽんさんの所だったの。それで、とっても暖かい励まし貰って、みんな一緒なんだなぁってとっても安心できて、とっても気が楽になったんだぁ。。。その後も“アタシはこんなには出来ないや”って卑屈になったり、落ち込んだりしながら、今がある。ちなみに次がとうこさま顔(ペロッ)とうこさまもね、お会いした時に、“そんなの当たり前だよぉ!!”って笑い飛ばしてくれてね顔(笑)アタシがピリピリすることはやめちゃえ!って顔(イヒヒ)のんびり楽しまなきゃ損じゃん!!って。経験者の言葉が何より響くんだよね。いっくら親友とはいえ、やったことの無い人達の言葉はとっても突き刺さったりするものだから。。。ホントにありがたかったし、今もそのことに変わりは無い。感謝してます。なにより心強いもの、あやぽんさんの存在は執事にとって。分ってもらえるっていう安心感。どうか、これからもよろしくです。
Posted by chobimama at 2007年11月27日 18:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1192823
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック