2007年10月28日

いろいろあるよね、この頃は・・・

お犬界でもこのところ、話題ですよね。ホリスティックやらロハスやら。。。

ナチュラルな生活っていうんですか?!

執事は、幼稚園の頃にポプリを作ろうと、犬ふぐり
(春に咲くちいさな青い雑草の花。当然匂いはない。)をちまちまと大量に摘んで、
乾燥させてみたりしていたチビでしたので顔(汗)、その後も、
アロマやらリフレクソロジーやら気功やら重曹生活やら電解水やらと
相当早い時期から次々手を出してきました。。。
執事母も「地球に優しい」にめっぽう弱い人だしたらーっ(汗)

でも熱しやすく飽き易い執事。なかなか続かず、いつも一時のブーム。
その中ではお掃除に関しては、ちょびを室内飼いして以降はできるだけ洗剤は
使わない掃除を心がけてきました。仔犬の頃、ちょびのケージが臭うので、
消臭剤をかけまくったら、ちょびが真っ赤になったことがあり(当たり前だあせあせ(飛び散る汗)
気をつけるようになったのです。

数年前に仕事で知り合ったアメリカ人の義弟がカリフォルニアで
ホリスティック獣医をしていると聞き、それって何??といろいろ教えてもらいました。
それ以降、犬のホリスティックに興味を持ち始めました。

気付けば、友人の紹介で始めたサプリを販売している先生はホリスティック医療では
有名だったし、ちょびの主治医もソチラで勤めていたこともあるという環境が
あったちょびと執事。主治医はご自身の病院では日常的には取り入れてはいませんが、
その効果を否定なさらず、必要なコには情報として与えて下さる知識をお持ちでした。

そんな中でちょびに取り入れてきたものはまずはマッサージ。
これは足が弱ってきたこの4年ほどずっと続けています。
関節のこわばりが出てきた夏以降はリハビリも追加しています。
マッサージはあくまで血行をよくしてリラックスが目的ですが、リハビリは
固まった関節を限界まで力ずくで伸ばすので、ちょびはあまり愉快ではない様子。
どちらも先生に指導してもらって実施しています。
ちょびは寝ているときくらいしか体の力を抜いてはくれないので、必然的に
熟睡している時を狙って行います。さらに鍼治療も追加する予定。

もう1つはレメディ。手っ取り早く、レスキューのクリームと液体を使っていますが、
ちょび用にホリーやロックウォーターを薦められ、追加を考えています。
クリームは耳裏に塗ったり、マッサージに使ったり、
液体はトリートメントボトルを作って、飲み水に入れたり、ドライブ中などにはスプレーしたりも。
トリートメントボトルをスプレー式の瓶で作っておくと便利。

どちらも、目に見えての劇的な変化は正直ないです。
でも、継続は力なりなのかなぁと思う執事は続けていきます。

心臓のお薬も最終薬(これ以上強い薬はない)ですし、発作時も、今までのように
頻脈発作であれば、処置の仕様もまだあるとはいえ、徐脈も出始めているちょび。
いざという時に、何とかできるのはもう薬ではなく、ちょびの体力なのだと痛感しています。
ですから、薬はあくまで、機能を維持する為のサポートとしての役割と考えています。
その考え方から、発作の予防目的のステロイドの長期投与は見送りました。
予防の為に、高確率で起こる副作用を受け入れるのは納得いかなかったので。
今現在、副作用のある薬は基本的にちょびには服用させていません。
人間の情報を含め、情報を集めて、その結果からもっともちょびに負担が
少ないであろうと推測される薬を服薬しています。
ひとくちに心臓の薬といっても、種類は様々。
同じ効用でも数種の薬が存在しています。
ですから、その中で、さらに選択が必要だと執事は思っています。
その選択も主治医任せにせず、執事なりに情報を集め、先生と相談しつつ、
選択しています。先生も何故この薬を選択したかをキチンと執事に説明して下さいますし、
執事が調べた他の薬などとの差もキチンと教えて下さいます。こうやって執事の
知識は増えていくわけです。

よく、薬が合わないから止めたという話を聞きますが、執事的にはちょっと待った!と思います。
その薬が合わなかったのか、量があわなかったのか、その検証もせずに
止めてしまうのは治療のチャンスをみすみす逃しているように執事には思えます。
もちろん、不必要な薬を飲むことは無用ですが、必要な治療の場合、
たった1回の合わなかったという飼い主の判断で、治療のチャンスを奪ってしまうことは
尚早ではないかと・・・。本当に薬が合わなかったのかどうかすら分らないケースも
多々あると執事は感じますし。
ご飯や環境、体調といったトータルをキチンと把握して判断しないと、
実は他の原因だったという可能性もあるのではないかと思います。

執事も体調の悪い時にヘアカラーするとかぶれますが、
元気な時には全く平気だったりしますし、生き物の体というのは不思議だらけですから。

少なくともちょびは今、服薬している薬で副作用と思われるものはありませんし、
この服薬なしでは心臓は維持できません。残るはもう体力を落とさない、
できれば更に体力をつけることしかありません。

と言っても筋トレさせる訳にはいかないので、残るはご飯の内容の見直しと、
上記のマッサージやリハビリ、レメディなどのメンタルを含むサポートになるわけです。

マッサージやリハビリは人間で既に確立されている分野ですし、レメディも
イギリス滞在中にごく身近にあった執事にはごく自然に取り入れられました。
しかし、お水系(いろいろでてますよね・・・)やらエセ科学と批判の多い波動系
やら拝み系(これもいろいろあるようですね)などは手を出すつもりは
これっぽっちもない執事。
「効きそうな物はなんでも」という気持ちはあるけれど、でも自分が信じていない
信じられないものをちょびに与える気は毛頭ございません。
また安易に飛びつくことも、避けるようにしています。かならず、先生に相談の上
取り入れています。なにしろちょびの主治医は先生ですから、お任せした以上
先生の治療の邪魔になるような事は、いくら良いと聞いても、執事の独断で
勝手に取り入れることは出来ません。ただ、これはちょびの主治医が
ホリスティックの効用を認めているスタンスの先生だから可能なことであり、
すべての獣医でこの方法が取れるか?といったら、むしろちょびのケースは
非常に稀な例と言わざるを得ないかと思います。
せっかく恵まれた環境にいるちょびと執事。これまで以上に出来る事は精一杯して、
ちょびがちょびらしく最後まですごしてくれるように、サポートしてゆくつもりです。


      リハビリ.jpg
                          PHOTO by Sgigeru Yuyama
        リハビリするちょびと執事


***********************************にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 台風一過の暖かだった本日。それっ今だ!!とばかりに、お外に繰り出した1人と1匹。日が暮れるまで、徘徊して参りました。ちょびのお陰で少しスリムになった執事。
犬(笑)の恩返しか?!


ニックネーム 執事 at 21:58| Comment(13) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょびちゃん、足の調子はどうですか?
お外に繰り出したとあったので、歩けたのかな〜。
うちの獣医さん、基本、経験上効果を実感できたモノしか勧めない人ですが、東洋医学はもちろん、その波動系とやらでも否定なさいませんねー。
ついでに積極医療も勧めないですが。。。
(うちが高齢&薬嫌いのビビリだからと思われます)
そういうお医者さんですけど、「針は良いよ〜」と言っておられました。
ちょびちゃん、針治療の効果が上がればいいね。
Posted by かこまる at 2007年10月28日 23:41
*かこまるさま>
ちょびはお外では絶対に座らないワンなので、一度立たせてやれば、歩くんです。ただ、自分では限界を見極められないので、へたるまで歩いてしまうという結果に顔(汗) でも、もう、お外に出せるのもせいぜい半月なので(気温が下がると心臓が無理なので)呼吸が上がらない限り、好きなだけ土の上を歩かせて(っていってもせいぜい十数分ですが)、その後はカートに乗せてひたすら執事が歩いております。自力歩行の短時間ではちょび的に満足しないのであせあせ(飛び散る汗)なにせ元気な頃には2時間散歩してたビーグルゆえ気分だけは味わいたいらしいふらふら
歩かせて針治療って矛盾してない?って意見もあるかとたらーっ(汗)QOLから言うと、歩くことはちょびにとっては凄く大きな喜びで生きてるって事に不可欠なんですよね。それを少しでも楽に、長く維持するための鍼なんです、執事的には顔(汗)家で徘徊してる位なら外で歩こうって腹くくっちゃいました顔(イヒヒ)お陰で、家ではぐっすりオヤスミです。立てないからってのもあるけどたらーっ(汗)
Posted by chobimama at 2007年10月29日 01:04
ちょびちゃん、台風一過のお散歩よかったね〜(*^_^*)
あまり、私はロハスなこと詳しくないのでよくわかりませんが、執事さんのおっしゃる事はよくわかります^^
毎度のことながらなるほど〜と感心しながら読ませていただいています。
ちょびちゃんは、本当に良い環境に恵まれていますね。
これからもちょびちゃんがちょびちゃんらしくいられますように(^_-)-☆
Posted by ポチ子 at 2007年10月29日 09:48
家で徘徊してる位なら外で歩こう...そうですよねぇ。。うちのワンは歩行がおぼつかなくなってからレントゲンを撮ったら背骨が富士山みたいに湾曲してて、「歩くのが痛いんでしょう」と言われ、以来ほとんど散歩行かなくなってしまいました。
でもちょび君みたいに、広場に連れて行って放つだけでも+なのかも...
これからそうしてみようかなぁ。とchobimamaさんの記事読んで思いました。
よーし、川原へgo〜犬(怒)
Posted by もじ子 at 2007年10月29日 12:21
*ポチ子さま>
ほんとにワン(ビーグルは特にかな?)ってお外好きだよねぇ。目の輝きが違うもの。家ではぼへぇ〜ってしている時でも、外出した途端シャンとする顔(イヒヒ)こぅ、背筋伸びるカンジ?!じと〜っとした目で、ベランダ眺められてるより顔(汗)出しちゃえって。寒くなっても、陽が出ている時間など可能な限り、グルグルむくむくに巻いて着せて、たとえ短時間だったとしてもカートだったとしても出してやろうと思ってます。フリーOKのお犬カフェも車で30分の所に見つけたので、そこに行くのも有りだなって思ってます顔(笑)るくお君は元気にパトロール楽しんでね♪

*もじ子さま>
実はちょびも遊具など何もなく、しかもボール遊び禁止という??な土の広場がご近所にあるので、そこですたたた歩いております。同じ距離歩くのならば、家でストレスの塊って顔でのたのた無駄に歩くより、どうせ同じ体力、楽しいらしい外で歩いた方がいいかなと。問題は気温ですね・・・。車で行ける範囲のホームセンターに室内ドッグランがあるらしいのですが、ちょびは今年はワクチンを見合わせているので、今の調子で落ち着いているなら、いっそワクチン打ってしまおうかとまで考えています顔(汗)だって、それ位楽しいみたいなんですもん・・・。マッコイ君もお外行ったら気分が変わるかも?です。ちょびも昨冬、昼夜逆転して排泄のコントロールすら出来ず、夜鳴きが続いた時には、ほんの数分、お外に出すと(深夜なので怪しいんですがね。ベビーカーと間違ってる人多いし)すっと寝てくれたりしたこともありましたし。

Posted by chobimama at 2007年10月29日 12:47
たとえば、「いたいよ」、「だるいんだ」とか、
「くるしいから・・・」とか言葉にできないけど、
「大丈夫かい〜」、「きもちいいかい?」と、
ゆるく、からだをなでられていると、
きっと、癒されているとおもいます。
逆に、なでている自分たちもいやされます。
毎日、いたいやくるしいばかりではない。
今日はとっても気分がいいんだっていう日だって、
なでられていたい。なでてあげたいですよね。
おんなじことのくりかえしでないのが「介護」ですから、
お互いさまでいたいですよね。
Posted by ゆた。 at 2007年10月29日 14:04
あら、chobimamaさんのまとめ髪が素敵、といらぬことを。るんるん
我が家の近くに犬専用エステティクサロンと言うのがありまして、
犬を飼う以前ははっきりいってばかにしておりました。
そんなん商売成り立つの?って。
マッサージ、へ?という感じでした。
でもそれからもう何年も経ちますが回りの飲食店や美容院が
入れ替わろうともそこにエステサロンは未だ健在です。
アロマとマッサージにプラストリムという感じです。
今は笑いませんよ。
実際私も時間のあるときは自己流ですがいつのまにか
マッサージしています。
人はいかに自分の知らない事にたいしては心を閉ざしているか?ですね。
ちょびちゃんの為にいろんな事にチャレンジされているのをお聞きして、
感心しながら自己反省もしております。犬(泣)

Posted by きな子ママ at 2007年10月29日 16:58
はじめて コメントしますわーい(嬉しい顔)
レンママの所で何度も拝見していたのですが
こちらには 初めてです。
レンママさんとは 何度かお会いしました。
チョビちゃんの写真や動画 たしか17歳でしたよね?驚きですぴかぴか(新しい)
うちには15歳のシェルティがいます。10月の初旬に4日間点滴入院しましたが なんとか 復活してくれました。
この事を機会に ラッキーの日々を記録しようと ど素人ながら ブログ始めました。
よかったら お付き合いお願いします。
 「はぴはぴ ラッキー」
です。
Posted by ラッキーまま at 2007年10月29日 18:27
*ゆた。さま>
そうですね。言葉としては発しませんが、ちゃんと言いたいことは発していると最近感じるんですよね。撫でていると、多くのコトが分ります。痛いところも。最近はね、正座したモモに腹ばいに乗せてマッサージしてると寝ちゃうこともあるんです。こんな日がちょびと自分に訪れようとは思ってもみなかったから(ちょびは寄るな触るな犬だった)いい思いさせてもらってます、執事。年を重ねてくれてありがとう!!と思うんです。

*きな子ママさま>
執事とちょびのマッサージは血行が悪くなったシニア以降、どちらかというと治療目的で始めたのですが、今は執事の癒し目的の方が大きいかも?!小さい頃からコミュニケーションとしてマッサージは薦められていますが、なにせちょびは洗えない臭い油ギッシュなワンだったので、「触れません!!」で執事は来ました。その間も執事弟はいっつも一緒に並んで寝転がって、撫でていました。そのお陰で今があるのかなぁって思っています。大事なことかも、スキンシップってと今更ながらに思いますたらーっ(汗)まとめ髪、簡単なんですよ!前と横の髪を少し残しておいて、残りを夜会巻きにしてその上に残した髪をピンで留めるだけ。普段の着物の時に重宝します。もうしばらくは着物でお出かけも無理なので、髪は切ってしまいました顔(ペロッ)今はわかめちゃんです顔(汗)

*ラッキーままさま>
はじめまして!ラッキーちゃん、頑張ったんですね!よかったぁ。執事のこのブログにコメを寄せてくださっているみらいさんのとこのタロー君(13歳)もシェルティーですよぉ。頑張って闘病中。伺わせて戴きますね。執事はトリオラブなので揺れるハートちっち君も頑張ってますものね!
精一杯応援したいと思ってます。
Posted by chobimama at 2007年10月29日 21:14
今日届きましたよ〜。
思ったより可愛くて早速飾っておりますよ。
どうもありがとう!
いずれビーグッズで可愛いの見付けたら送るからね。というか注意力がないので、いつ見つけられるかが問題。
それはそうと、お灸がいいみたいですよ〜
ここのブログで、お灸の記事を書かれているので、ご存知かもしれないけど見てみて。
ワタシもお灸やってみようかと思う。
http://shibapara.moe-nifty.com/coro/
Posted by みどりん at 2007年10月29日 23:35
*みどりんさま>
お灸ね、匂いに敏感なコはくしゃみ連続で余計腰に来るのよ顔(汗)ちょびは既に経験済みなの。それで、レーザー受けてたのよ。お灸が平気なコは指導してもらえば、自宅でも出来るし、安くすむんだけどね・・・。レーザーも昨冬から受けてるから、耐性が付いて来てるので、サプリを始めて、更にもう最後の手段で鍼なのです。鍼はじっとしていられないと出来ないから、最後にとって置いたんだ。家ではユタポンで温シップして、マッサージとリハビリ続ける。これでも立ち上がりが出来なくなるようなら、介助車椅子をオーダーする。今、作ってくれる所を数箇所見つけたんで。最後までちょびのやる気がある限り、立って歩かせてやりたいから。
Posted by chobimama at 2007年10月30日 14:31
犬(笑)台風が無事に過ぎて〜良かったハートたち(複数ハート)
中々痩せないむーさま失恋
ちょび君を見習いGoodむーもお散歩だな??
Posted by はちまま at 2007年10月30日 16:07
*はちまま殿>
そんなに簡単には減らないよぉ。アタシらもそうじゃない?顔(イヒヒ) 短時間のお散歩を回数増やす作戦だねるんるんちょぴちょぴ行くっきゃないっしょ。ふぁいとーっ!!むーちゃん犬(笑) あっ、ちょびの体重はしっかり戻りましたですGood喰えば喰っただけ身に付けるビーって顔(汗)
Posted by chobimama at 2007年10月30日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1179902
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック