2007年09月23日

まだやる気らしいちょび

皆様、暖かい励ましを頂戴致しましたこと、心から感謝です。

ちょびと一緒に帰ってまいりました。
あっ「動いてるちょび」とでございます。

先生の診断は脳発作ではなく、なにか強い痛みかショックからの
回避行動なのではないか?というもの。

直接見ていただいたわけではないので、なんともいえないのですが、
執事的にはストンと納得できないカンジです。

実は昨日は先生が終日不在で留守番の助手の先生(とはいえ、
治療は先生の指示なしには一切出来ない)にお世話になったのですが、
やりとりの中で、執事はいろいろと???が残り、もんもんとした一夜を明かしました。

本日も満員御礼な病院で、ろくにお話できずに退院したので、
後日改めて、しっかりお話してきます。

ちょびはといえば、昨夜も今朝もしっかり通常飯を完食したそうな。
恐るべしちょび。脈拍200で飯を喰う犬・・・。

メンタルなのか脳なのかは不明ですが、執事以外の人には怯えて?
吠え掛かります。執事母にも執事妹にも執事姪にも。
姪は生まれて初めてちょびに吠えられたのでビビッてしまい、涙目で早々に退散しました。
折角、心配して会いに来てくれたのに・・・。
人には吠えるのですが、執事には頭を摺りつけて「ほぁんほぁん」鳴いています。
この鳴き方は今迄にはないものです。

たった1晩なのですが、なんだか小汚くなって目やにの塊を一杯つけて
帰ってきました。
耳にもなんだかベタベタなもんを付けてますしバッド(下向き矢印)ニトロ?!

よっぽど人手がなかったのだろうと推測されます。過去には1度もなかった事なので・・・。

ホントにめったにない病院が非常事態な時に、よりによって具合が悪くなるなんて・・・です。

でも、昨日も書きましたが、どうであれちょびが生きたいと頑張った事には果てしなく感謝します。
「生きたい」ってよりは「腹減った」ってだけな気もしますが、
「食欲」は「生きる」のには不可欠ですから、良しとします。
「執事」の存在はちょびの「生きる」目的にあまり関与してない気は益々しますが顔(汗)

取り急ぎ、ご心配をおかけしている皆様にご報告です。
本当にありがとうございました。心強くて何回もコメント欄を見ながらの1晩でした。

いつまで「ほぁんほぁん」鳴き続ける気なのか、非常に不安ですが、鳴いてるってことは
生きてるってことなので、まぁいいや、と思う執事でございます。
段々、太っ腹になってきた気がします。。。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ こう何回も乗り切られると執事「狼少年」疑惑を生みそうなので、
今後は内緒にしようかと思いますたらーっ(汗)
ニックネーム 執事 at 14:49| Comment(20) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おかえり〜!待ってた〜!!

良かったです!!

やっぱり、まだまだやるぜ〜犬(足)ぴかぴか(新しい)
Posted by バニ母 at 2007年09月23日 14:54
ちょびちゃん〜!!良かったですー(;;
chobimamaさんも、さぞ御心配だったことでしょう。
体の異変からショックを受けて怯える…って、さくらも同じですからねー。甘えてくれないけど…
犬にとっては何がどうなったかなんてわからないし、いつもの獣医さんじゃないってことも、ちょびちゃんにとっては不安だったかもですね。
ともあれ、お大事になさってください。

そういえば獣医師学会シーズンなんですよねぇ。うちの獣医さんも今日明日おられません。老犬を抱える身としては、どきどきしますよね…。
Posted by かこまる at 2007年09月23日 15:23
待ってましたexclamationるんるん

まだまだ”やる気!”なちょびちゃんと、

”太っ腹!”なchobimamaさんに、

拍手喝さい送りますClapわーい(嬉しい顔)犬(笑)犬(笑)犬(笑)
Posted by レンママ at 2007年09月23日 15:40
よかった、本当によかった顔(泣)昨日はコメントできなくてごめんなさい。正直勇気がなくて出来ませんでした。
ちょびちゃん、『動いて』くれてありがとう、もっともっと動いてね。ただしみんな心配しちゃうので爆走はだめですよ。『やる気』なら大歓迎です。
Posted by カカオ at 2007年09月23日 16:42
良かった・・・実は昨晩コメントを入れようとして、chobimamaさんの追加書き込みに気づいたので控えてたんです。とんちんかんなこと書いたら、とっても悪い気がして。

ちょびちゃん、まだまだよ。涼しくなってきたし、日本の美しい季節(秋)をまだ楽しみましょう♪
Posted by 秋カボチャ at 2007年09月23日 16:47
よかった〜\(^o^)/本当に良かった(T_T)
ごはん、完食したんだね(*^_^*)
それでこそ、ビーグル!
ちょびちゃん、まだまだやるぜってことだよね^^
執事さんにだけ甘えて「ほぁん、ほぁん」って鳴いてるちょびちゃん、執事さんはちょびちゃんの「生きる」に絶対不可欠ですよ!
Posted by ポチ子 at 2007年09月23日 18:57
あ〜よかったです!!chobimamaさんやみんなの思いが伝わってくれたかなわーい(嬉しい顔)ちょびちゃん、ご飯もしっかり食べてよかったです!食べないとエネルギーでないですからね!さすが、ビーグルの鏡ですClap
Posted by オレオ姉 at 2007年09月23日 19:56
*バニ母さま>
本当に何度もありがとうございます。
「やるぜ!」じゃなく「喰うぜ!」に変えるべきかもしれません顔(汗)

*かこまるさま>
命日だったのですね。重ねて、ご心配戴いたこと、ホントに感謝してます。今までは、先生の診断に疑問を持ったことは一度としてないのですが、今回はちょっと納得できていない執事です。以前の熱射病の時と全く同じ症状とはいえ、気温・湿度の管理&水分補給は完全だったので、本当に訳が分かりません。しかも前回は10分ほどで収まったのですが、今回はなにせ3時間顔(汗)その間、全身の力で抑え続けたので、執事は筋肉痛&蹴られて頭突きされてで口の中が切れまくり顔(泣)布で巻いて捕定していても、たった9kgでも、1人では身動きとれず、執事母に応援頼みました。電話すらかけるのに非常に苦労したので、今後の再度起こった時の対処を考えねば・・・。いろいろシュミレーションして準備はしており、内心「万全!!」な勢いでしたが、酸素缶もなくなるし、こっちもパニックで家の鍵は閉めてないしあせあせ(飛び散る汗)再度、搬送手順の見直しせねばです。

*レンママさま>
トリオな絵文字がなにより嬉しいですわーい(嬉しい顔) ありがとうございます。落ち着いて寝たので、休ませてから、実は再度、執事母・妹・姪に来てもらったのです。チェックしたかったので。再訪問の際には吠えなかったので、ちょっとほっとしています。でも異状に執事を追います。やる気のチェックもと夕方散歩にも出かけたのですが、いつもどおりにふんふんもしてます。ただ、呼吸が平常時も荒いのが気になります。寝てる時の呼吸も明らかに違うし。なんらかのダメージがあるのは確実なので、明日以降、納得いくまで先生とお話します。執事はいまだ「都会に行って、トリオに会う!」気満々ですんで、もう少し待っててね、レンちゃん・ポッポ君・チッチ君るんるん

*カカオさま>
ご心配かけてごめんなさい。お気遣い戴いて、ありがとうございます。爆走、凄いんです顔(汗)家ん中、破壊しまくりで走る、走る。ギャロップですから・・・。吠えるんだってノンストップですから。捕定しても、暴れ続ける。完全に異次元に行ってる・・・。チアノーゼで歯茎まで真っ白&手足も冷たい、心臓が追いついてません状態3時間、よく心臓が持ったとただただ驚いています。正直、コレはもぅ無理だなと思った執事だったので。心臓も筋肉なので、今回はさすがにダメージ大きいはずなので、しっかり検査をして状態把握だけは原因がわからずともしたいと思っています。昨日は気圧の変化も大きかった1日なので、(そしてまた顔が変わってるちょびなので)致し方ないのかもしれませんが・・・。

*秋カボチャさま>
お気遣い、ありがとうございます。文部科学大臣、就任直後に死去を免れて、正直ほっとしてます。とはいえ、もう第一線での活躍は無理な年のようです。でも、3時間頑張れるのなら、この夏の執事のひやひやはなんだった訳?!と微妙に納得いきませんダッシュ(走り出すさま)ワクチン打って、ランにいって走るかい?な勢いたらーっ(汗)根っからのビーグルゆえなのでしょうか???

*ポチ子さま>
ありがとうございます。甘えているのか毛を付けたいだけなのかが大いに疑問です顔(汗)執事の服はポチ子さま宅のドアそのものです顔(泣)換毛始まったトコなんでもうやだ〜(悲しい顔)
病院、混んでたので3部屋貸切は叶わず(ちょびは空いていれば、ケージ3部屋使っているたらーっ(汗))2部屋だったので、ちっちの上に寝ていたようで、たった1晩でばっちぃ犬になって帰ってきました。昼寝して落ち着いたので、蒸しタオル量産してなんとか凌いでますが、勘弁してほしい・・・。数年ぶりの入院だったのですが、もう入院はさせないかも、執事。今回の原因も先生が言う通り、なにかのショックだとしたら、唯一考えられるのは執事の姿が見えないという不安しかないから・・・。この辺りも今後どうするか考えねばです。う〜んたらーっ(汗)
Posted by chobimama at 2007年09月23日 20:50
よかったよかった犬(笑)ダッシュ(走り出すさま)
「喰うぜっ!」なちょびちゃんなら、まだまだ安心だね。
でも何が原因なのか・・。
最初、読んだときはchobimamaさんがいなくなったから、不安で発作が起きたのかと思ったの。
でも留守にするときもあるのよねぇ?だから違うのかと思ったんだけど。
だけど「ほぁんほぁん」甘えてるってことは、そうなのかもよ。
いつもいつも側にいてほしいのねぇ。。
そうなるとある意味大変になってくるね。
昨夜は不安で眠れなかったでしょ。
今夜はとにかくゆっくり休んでね。
あんまり不安がるとちょびちゃんに伝染するし。
一緒にいられる幸せをかみしめながら、眠るのよ〜!
ホント、側にいてくれるだけで幸せなんよねぇ。
Posted by みどりん at 2007年09月23日 21:34
3,4日こちらのブログを開いてなかったら、大変なことになってたんですね。そんな時なのにぼくのところにコメントをありがとうございました。
chobimamaさんとブログ仲間のパートナーに対する愛情とケアには頭の下がる思いです。どうか、その「愛」が報いられますように!
ぼくはMAXと暮らし出した頃、犬の行動心理もフードのこともまったくのド素人でした。ですから、さまざまなフードを与え、注意深く観察していました。この5年間、犬の食べ物に関しては相当神経を使ってきたと言えるでしょう。
そんな時にアメリカの友人から聞いたのがH社のS.D.という最もポピュラーなフードに対する訴訟の多さでした。訴訟されているからといって単純に「悪いフード」とはいえません。かの国は利殖のために訴訟を起こすのが当たり前の国ですからね。でも「暮らしの手帖」がかなり前に特集した特集を見て以来、S.D.は食べさせていません。療法食については、これまた様々な説が飛び交っていますが、こちらのほうはよく分かりません。信頼できる主治医の処方しかないでしょうね。
ともあれ、犬の野性の「生きることへの執念」は人間の考える常識をはるかに超えています。うちの近くにもこの夏は越せないだろうと考えていた犬が、復活しています。もちろん、限りのある命でしょうが、その日が来るまで毎日を楽しく暮らしてねと祈るばかりです。

chobi、頑張ってママに笑ってもらうんだよ!
Posted by IKEGAMI at 2007年09月23日 22:28
*オレオ姉さま>
遠い海の向こうからわざわざありがとうございます顔(汗)国境をこえてご心配をおかけしました。秘かに覗いてるビーブログで座右の銘が「死ぬか喰うか」というビーグルちゃんがいるのですが、まさにちょびもそうかもあせあせ(飛び散る汗)この食欲と消化力(なにせ下痢も便秘も17年で片手で足りるほど)のお陰で体力維持が出来てるのだと思います。今回も補液しつつとはいえ、3回利尿剤を点滴したそうですが、しっかり補液も吸収なさってましたので。。。そしてしっかりチッチ。体力落ちるとなかなか吸収しないんですけどね。執事の予想をはるかに上回るちょびの潜在体力に、改めて驚愕しています。

*みどりんさま>
2時間程度の外出はほぼ毎日だし、日によっては4時間までは留守番させてる。起きてる時にも出かけるし。ずっと立ちっぱなしで待ってるけどね、水も飲まずに顔(汗)とはいえ昨日までOKだったことが今日は出来ないのが老犬だったりするのかも?なので、なんとも言えないね。でも24時間付きっ切りは無理な訳だし。昨夜は不安ってより、電話来るなって確信してたから緊張ってカンジ。今回はどう考えても無理だなって思ってたから。先生不在で3時間酸素補給しか出来なかったからさ。発作が治まったのも、治療でじゃなく、体力使い果たしてグッタリって感じだったし。昨日・今日とステロイドの鎮痛剤使ってるから、今後の方が不安だわ。ずっと継続服用はさせたくないし。先生も同意見なんだけど、場合によっては量を減らして飲み続けもあり得る感じの口ぶりだった。少なくとも持っていて下さいって多めに渡されたし。でも今いるだけラッキー手(チョキ)単純に喜んどく、今は。やっぱ老犬抱えてる同士って切実感が理解できるって所で力強いよ、すごく。ありがとう。
Posted by chobimama at 2007年09月23日 22:48
マジ!驚きました。チョビちゃんに異変があったのですね…。
でも、無事お家に帰ってきたとの由。
ホッとさせてもらいました。
『食欲』生きるエネルギー+『執事さま』生きるチカラ
=チョビちゃんの生命力!!偉大です!
チョビちゃん&執事さまぁ!!ガンバ〜!!∪^▼^∪
B君とsoraも応援していまぁ〜す☆
チョビちゃん!お大事にぃ!!!
Posted by sora at 2007年09月23日 22:49
*IKEGAMIさま>
ありがとうございます。IKEGAMIさまがイニシャルトークでお気遣いなさっているのに、しっかり書いちゃいましたから、ワタクシ顔(イヒヒ) ちょびがこれまでに食べてる処方食メーカーH社の市販フードはS.Dしかございませんので。訴訟の話も先生からお聞きして、目の前真っ暗になりましたから。様々な種類を与えてはいましたが、メインフードであったのは事実でしたので。しかし、何を与えるかは飼い主次第。飼い主が先生なり本なり噂なりで自分なりに学んで選択するしか無いわけですしね。H社のS.Dだって薦めている先生もいるかと思いますし。。。少なくとも、今思うとワタクシはちょびのアトピーの原因としてコイツが非常に怪しいという確信に近い懸念を抱いているのは事実です。処方食も、矛盾しているものが存在していると個人的には感じます。ただ、使い方次第では便利だったりもします。下手なプレミアムフードより使いやすかったりも。特にちょびのような高たんぱく・超低脂肪なフードなどいくらプレミアムフードでもそうないので。処方食オンリーではなく、補充的に与える際には便利かなぁと思います。あくまで何かを制限したフードですから、安易な「処方」だから「いい餌」という神話はヤバイと思いますが。。。使ってみた手ごたえとして、決して「いい餌」ではないと思いますし顔(汗)一概に体にいいわけでもないかと。なにしろ総合栄養食ではないですから、処方食は。専門家の処方なしでネットなどでの購入は注意が必要でしょうね。

「執念」、まさに予想をはるかに超えてました。尊敬しますもの、ちょび。私の考えは甘かったです。この執念続く限りはとことん付き合う所存です。今後は「やれるとこまで、とことんやれ〜っ!!」と応援してやるつもりです顔(ペロッ)
Posted by chobimama at 2007年09月23日 23:19
*soraさま>
ありがとうございます。aoraさまの「B君の脊椎が痛まないように抱える」という記事に同じだ!!と非常に共感した執事。常に背中が曲がらないように抱くことを意識せざるを得ないですよね。思いあまって生犬バッグ作っちゃいましたから、執事。過去記事にあるのでよかったら。コレはヘルニア持ちのコを運ぶには非常に楽かと思います。ちょびも2歳の時に歩けない、動けないレベルの急性のヘルニアをやってますが、その後、跳躍やらローリングやらを相当制限して、その後は酷く出ることなく来たのですが、ここ1年ほどはやっぱり、痛むようです。今回もヘルニアの痛みが発作の原因の可能性もありうると考えています。原因究明ではなく、状態の把握はしたいので、出来る限りの検査を来週受けさせます。数少ない、17歳ビー仲間においていかれないように、頑張りまするんるん
Posted by chobimama at 2007年09月23日 23:29
大変なことがあったんですね・・・。
でも、ちょびちゃん無事で本当によかったぁ♪
た〜っくさんの人が応援していますよ〜♪
とことん、頑張れ〜!

狼少女?少年?も良いじゃないですか(笑)。
そのたんびに、ほっとしている人が沢山いますよ〜!
↑私、その一人です。
Posted by みらい at 2007年09月23日 23:34
あっ「動いてるちょび」とでございます。
ここを見てほっとしました。
正直、chobimamaさんとこを開くのがこわかった。
よかったですね。
ちょびちゃん、まだまだやってくださいね。
chobimamaさん、自分の身体のことも気をつけてくださいね。
ちょびちゃんのためにも。

Posted by きな子ママ at 2007年09月24日 00:08
とりあえず、持ち直してよかったです。
自らごはんを食べるのなら大丈夫でしょう。
ちょびちゃんの突然の不調の原因ですが、私も「脳」に一票入れときます。
それによって精神的にイライラしてる&不安で寂しいでは?
一度脳疾患を起こすと何度も起こすと獣医さんには言われました。
起こすたびに体の機能が失われていくとも・・・。

若犬と違い老犬の場合は自力での体力の回復は難しくなるので温存タイプ
へと移行していくようです。
老衰によって歩けなくなるのも「歩かないことによって無駄な体力を使わず
生命維持を図ろうとするから」だそうですよ。
老犬の本能らしいです。
食事も食べないからと無理やり与えると臓器を無理に動かすことになるので
老犬にはあまりよくないようです。
あくまでも老犬に限ってですけどね。

ちょびちゃんに食欲があるうちは大丈夫だと思うので静かに見守ってあげて
くださいね。
Posted by りょうすけの姉 at 2007年09月24日 01:15
*みらいさま>
「大変なこと」を起こさないように、真綿に包んできたつもりなのですが、それでも起きる。8月頭、今回と立て続け。調子が悪いとか下降気味ってわけでもないのにね・・・。でも乗り切りますから♪きっと。ただね、今後も起こるんだろうなぁとは思う。なので、今後は「いや、また乗り切るぜ、きっと」なスタンスで執事も参ります。ご心配、おかけしました。

*きな子ママさま>
自分で書いて「あっ、この書き方じゃヤバイ?!」って顔(イヒヒ)とはいえ「元気に」とはいえないし、事実として「動いてる」というご報告と相成りました。執事は本当に今、悲壮感はないので、かえって申し訳ないです顔(汗)調子を崩すことを含め、17歳の現実だとようやく分かってきたので。ビーグルはどこまでやる気なのか?どこまで喰い続けるのか?の記録ウォッチングです。最後まで見届けます。執事の心配までしていただいて顔(泣)感謝です。コチラもしっかり食べてますので手(チョキ)恐るべしビーグルに付いて行くには体力1番ですものねるんるん

*りょうすけのお姉さま>
昨日、お姉様のお言葉を記事中でも紹介させて戴いた執事。本当にそうだなぁと思います。ビーグルは犬種的な性格として、賢さはあまりない、己をわきまえず果てしなく進むタイプ。ちょびはその性格をとても強く持ったコです。ですから、無理をさせないようにとしてきたのですが、それでもこうやって起こる。おっしゃる通り、起こすたびにガクッガクッと落ちます。落ちた後は回復はなく、共存を図る強さはあるとはいえ、こうやって落ちてゆくのだなぁと実感しています。こうなったら、どこまで乗り切るかのサバイバル戦です。ちょびが行くなら執事も付いて行きます!一番近くで、彼の背中を、引っ張ることも押すこともせずに、見守ろうと思います。
「脳」説に貴重な1票、ありがとうございます。先生の判断に納得いっていないので、再度しっかり話を聞いてきます。とはいえこの3連休は病院が野戦病院化してるので顔(汗)落ち着いたらにします。昨日の病院も凄かった・・・あふれてましたからたらーっ(汗)
Posted by chobimama at 2007年09月24日 08:58
本当に良かったです。ホッとしました。
食事の事、フードを選ぶのも大変です。おからはナトリウムが入っていることがあるそうなんです。それとりんが食べないということもあり止めました。小豆と納豆がいいそうなんで、今度はこれですね。ちょびさん、まだまだ気を抜けないと思いますが生きる力を信じています。
Posted by りんみる at 2007年09月24日 09:58
おから、ナトリウム入りってどこの情報でしょうか?豆乳にはナトリウム多いですが(承知で他の栄養を加味して塩分計算の上で執事は与えていますが)もしよかったら教えていただけますか?執事がよく利用する栄養成分ガイドはココです。http://www.glico.co.jp/navi/index.htm
グラム単位で成分調べられること、追加できていろんなものの合計が表示できるので、手作りの際にも便利なんです。材料の重さを入力して次々調べるとその日のご飯の栄養が合計で出てくるので。お豆腐やさんでも食塩は入れてないと聞いたのですが・・・。ものにもよるのかしら??匂いで嫌がるというのはよく聞きますね、おから。なんでもそうですが、もう知恵比べの努力しかないんですかね。。。うんち、柔らかくするのに、小豆と納豆というのは初耳です。
Posted by chobimama at 2007年09月24日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1106885
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック