2007年09月16日

思い出の犬 〜くんのこと〜

執事が中学生の頃、○○さんのお宅に英語を習いに行っていました。
○○さんのおじさんは高校の英語の先生だったので。

○○さんのお宅にはコッカースパニエルのくんちゃんがいました。
フルネームが『○○くん』というなかなかのセンスのネーミングな
わんこでした。
当時、犬は嫌いではなかったけれど、得意でもなかった執事は
ちょっとくんとは距離を置いておりました。
自分から撫でるなんてこともなく・・・。

生徒は執事1人。お宅の一室の小さなちゃぶ台でおじさんと向き合っての授業?でした。
制服のプリーツスカートのヒダが皺にならないように、スカートを広げて正座していると
かならずくんがそのスカートの上に座りやがってました顔(汗)
でも犬が得意でない執事はどかすことも出来ず、いつも心の中でパンチなカンジでした。

『ちょっと休憩なさいな』と○○さんのおばさんがよく途中でジュースを差し入れて下さいました。
でも授業中。おじさんもなかなかマイペースな方でいつも執事は
口をつけるタイミングを逃していました。
するとそのジュースのコップにおもいっきり口をつっこむくんたらーっ(汗)
おじさんは『あぁ、あぁ』とくんの食器を取りにいき、食器にあたしの
ジュースを注いでやるのでした顔(汗)
挙句の果てには『早く飲まないから取られちゃったじゃない』とおっしゃるおじさんたらーっ(汗)
執事はまたもや心の中でパンチパンチなカンジでした。

ジュースだけではなくケーキやクッキーなども何度となく、くんに喰われた執事・・・。パンチパンチパンチ

その後、○○さんのおじさんとおばさんは執事にとって育ての親のような人達になりました。
執事もちょびを飼うようになり、犬が苦手でなくなったこともあり、
遊びにいっては、くんの耳をパタパタして、思いっきりくんにどつかれたりしていました。
おじさんはくんをワゴン車に乗っけて1人と1匹で半月かけていろんな所に寄り道しながら、
実家の九州に帰省するのが恒例でした。
先生を退職してからは九州だけでなく日本全国いろんな所に長い時は一月以上も
一緒に旅をしていました。どこに行くにもくんと一緒でした。
くんは晩年、後足が麻痺し歩けなくなってしまったけど、
おじさんとおばさんに可愛がられ、18歳でその生を全うしました。

おじさんは少し前にちょびを連れてお邪魔した執事に
くんの最後の日々の記録を印刷して下さいました。
『なにか参考になるかもしれないからね』と言ってちょびを撫でて下さいました。
おばさんは今もちょびを心配して数日おきに連絡を下さいます。
おばさんは執事に『ひっぱるのは駄目よ』と言います。
ちょびのやる気を支えるのはいい。でも執事がむりやり引っ張るのはおやめなさいと。
更に17歳という歳を考えて、別れる日が来る事を覚悟しなくちゃいけないのよとも言います。
執事は『そうだね』と答えながらも、やっぱりちゃんと分かってません。

今でもおじさんとおばさんの家にはくんのお骨とたくさんの写真が飾られています。

執事にはちょびがお骨になる日が来る事は想像できません。
執事の家にちょびのお骨とたくさんの写真が飾られる日が来る事は想像できません。

でも、先日10冊以上の老犬本を初めて読んでみて、そのどれもが
最後の章は「見取り」である事実に、不思議と納得している自分もいます。
仔犬の飼い方本の最後の章にはないであろう「見取り」。
もちろん命は全て限りあるものなのですが、
老犬の砂時計の残りの砂はやはりわずかなのですね。


ちょびと一緒に夜食を食べつつ、そんなことを思った執事。。。
満足、満足と1人と1匹は眠りにつく。。。

ご飯ぺろ.jpg
PHOTO by Shigeru Yuyama
***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
すんごく幸せそうな犬食洗機!と思った方はぜひ、ぽちっと。
かなり高性能Good 洗い残しナシ!!ですから。
ニックネーム 執事 at 02:35| Comment(13) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
湯山さんのページでカフェオレ色のチョビちゃんのことを知りました。チョビちゃんご飯美味しそうに食べてますね!

うちでも最近シニアの仲間入りをしたビーグルを飼ってます。一時は最後のことをいろいろ考えてしまったけど 最近は一日1日ブルースとの生活を大切にしたいな〜、と思う今日この頃です。
Posted by ブルース at 2007年09月16日 06:37
おもわず懐かしい昔のお稽古事思い出しました。
私はピアノでしたがこんな感じでした。
お稽古が終わるとジュースとおやつがでてきて、お稽古より長かったりして。
私の先生はお嫁に行かれ、そこでお稽古もおしまい。
いつの間にかご実家も引っ越されたので
今でもお付き合いされているchobimamaさんが羨ましいなと。
人との縁をとっても大切にされてるなあ、
と感じました。
とっても厳しい夏を越してくれたちょびち
ゃん、いろんな覚悟おありでしょうが
俺もやるぜっ!なビーグルちょび
あらためて素敵なサイト名だと思いました。Good
Posted by きな子ママ at 2007年09月16日 08:16
別れの覚悟…。
わたしも、たけが亡くなるその時を、全然想像できませんでした。
今も、さくらの最後を想像できません。
でも、それがけっこう普通かな〜とも思います。
…そういえば「さくらからの手紙」をやってみたら、『ミーは不老不死』だと言ってました。
想像できなくても、さすがにそこまでは思ってないけどね〜;

とりあえずは今を楽しみたいですし…ね。
Posted by かこまる at 2007年09月16日 12:04
先日、他の方のブログで、安楽死を選択された飼い主さんのお話を読みました。
そのワンちゃんは、重い病気にかかっていて、
これ以上苦しませたくないと、悩んで悩んで悩み抜いた末の、
辛くて、でも優しい決断をされたという事でした。
今の私には、そんな決断はできないと思ったのですが、
もしかしたらその飼い主さんは、できうる限りの全てを尽くしたから、
最終的にそのような決断ができたのかなと思いました。
以前実家にいたビーグルは、気になりながらもなかなか病院に連れて行かず、
結局手遅れでとても悔いの残る最期だったので、
いつまでも現実を受け止める事ができませんでした。
だから、バーニーを迎えた今、一日一日を本当に大切にしたいと思っています。
chobimamaさんの揺れる気持ち、くんちゃんのおじさん、おばさんも
痛いくらい感じていると思います。
ちょびちゃんが楽しく穏やかな気持ちで暮らせることを常に考えていらっしゃる
chobimamaさんなら、今のままできっと大丈夫ですよ!

Posted by バニ母 at 2007年09月16日 12:17
家の獣医さんは見た目「ヘンなおじさん」(志村けん)あせあせ(飛び散る汗)のよう..。(爆)
先生がむーの心臓が悪いと初めて分かった日。顔(なに〜)ドーンと落ちてる私に「生命って果敢ないんだよ?だから綺麗なんだよ!」とたらーっ(汗)良くわかんない事を言った。
まだ、はちも居て猫(足)介護&犬(泣)心臓病かよ?って顔(汗)分かろうともしなかった。
それから二年後にはちが虹の橋を渡ったHello
その時、ずーっとその時が来る事を拒絶していた私でも「納得」する気持ちが生まれているのに、自分が一番「驚いた」exclamation&question
前を見るでもない、後ろを振り向くでもない、「今」をhappyハートたち(複数ハート)に過ごす事の大切さ?みたいなものを知りましたひらめき
ゆやまさんのgood job写真ぴかぴか(新しい)素敵すぎグッド(上向き矢印)ちょび君黒ハート
Posted by はちまま at 2007年09月16日 12:32
執事さん、犬が得意じゃなかったなんて!
今のちょびちゃんとの愛情あふれる姿からは想像できない(>_<)
やっぱり、ちょびちゃんと暮らすようになったからなんですね(*^_^*)
ちょびちゃんの砂時計まだまだたくさんありますように・・・
犬食洗機の写真見ると、まだまだ食欲いっぱいですね、表情も仔犬のようです(*^_^*)
Posted by ポチ子 at 2007年09月16日 16:23
今まで犬を飼ったこともなければ、まわりにも犬がいない生活をずーっと続けてきて、犬についてこの3年間で急速に色々なことを学びました。でもやはり老犬のことは、『まだ先』という思いもあり、勿論、この場を通して、執事さんから大切なことを沢山教えて頂きましたが、心のずい分片隅に追いやられているのが本当のところです。出来れば別れの覚悟なんて、どの方もしないで済むにこした事はありませんが、今現在、ちょびちゃんが執事さんの隣にいるということが、どんなに大事かと思うと、私の力で砂時計を止められたらと真剣に考えてしまいます。
それにしても、元々かわいいけど、ゆやまさんの撮るちょびちゃんはなんてかわいいんでしょう。
Posted by カカオ at 2007年09月16日 17:38
*ブルースさま>
はじめまして!執事もちょびと17年いても、ろくに記憶はないんですよね顔(汗)
無意識で、「いた」ってだけで写真だってロクにない。あとは悪さの数々の記憶しかあせあせ(飛び散る汗)
だから、皆さんの日々の記録はきっと後でとってもいい思い出になると思いますよー。
ネタ探して、じっくり観察するようになりますしねるんるん

*きな子ママさま>
執事も恵まれてるなぁと感謝してます。
「俺もやるぜ!」、コレって執事一家用語なんですが、なんにでも鼻を突っ込んで、
参加したがるちょびの様子を「また、俺もやるぜ!だよぉー」といっつも言ってたんです。
もうひとつちょびの性格を現す用語として「レッツゴー俺!」というのも顔(イヒヒ)
ちょびの独立独歩なマイペースぶりをあらわす用語です。

*かこまるさま>
やっぱりそうですよね。。。
近々UPしたいと思ってるんですが、老い先短いから好きなようにさせてやりたいって思いと、
まだまだ行けるんじゃないかっていう思いの間で常に揺れます。そこから上手く出られる時は、楽しんじゃえって思えるんですがね。。。

*バニ母さま>
ちょびにとって何がいいのか。↑レスの通り、迷うことばかりです。
なかなか、方向性がピッと一点を向いてはくれませんふらふら

*はちまま殿>
「命は果敢である」へんなおじさんな獣医さん、名言だ!!
執事もちょびみてて、ホントにそう思う。なんて果敢なんだろうって。
自分より、ずっとちょびの方が悟ってるなぁって。
だからこそ、ビーグルの生きることに常に前向きな性格が大好きなんだなぁ。
ちょびは絶対、「執事がしっかりしてないから俺はもうちょっとやらんとイカンのだ」と頑張ってる気がしてるもん。

*ポチ子さま>
執事母は警察犬OBのシェパードと小さい頃から暮らしてた人なので、でかい犬好き。執事が幼い時にも大型犬がいると「遊んでいいですか?」と聞いては執事からすると熊のような大きい犬とガッシガッシ遊んでた人で、その様子は執事には悪夢で顔(泣)「お母さんが喰われるかもぉー」ってたらーっ(汗)「大丈夫だからいらっしゃい!」と言われても断固拒否してたトラウマが。。。実際、執事祖母が死ぬほど生き物嫌いな人で飼ったこともなかったし、予想できない未知の生き物でしかなかったんですよね、ずっと。噛まない・引っ掻かない生き物しか触れなかったの。(兎・ヤギが好きだった。毛が生えてない生き物はずっと苦手顔(汗)
今や、犬は全犬種、全然OKだけど。でも実は猫は全く無理(激しい猫アレルギーってのもあるけど)。触るのもビビるなぁ。

*カカオさま>
執事も↑レスの通り、ちょびが初めての生き物。初めてゆえに、後悔もあるけど、カカオさん達のような方はブログでいろんな情報交換をしてしっかり学んで飼っているから、絶対大丈夫ですよるんるん執事、うらやましいもの。
砂時計、執事も散々何とかして止めたろうとあがき続けました。過去ログにも散々書いた。
それをやっと最近、受け入れられるようになった、ちょっと心境の変化かな?
ちょびはすっごく真剣に必死でわき目もすらず一心不乱にゴハンを食べるのですが、こんな表情するなんて、17年飼ってて初めて知りました。ほんとに一瞬を切り取って下さったゆやまさんに改めて感謝なの。この1枚だけでも充分、御願いした甲斐があったなぁって。
Posted by chobimama at 2007年09月16日 21:04
おぉ♪輝かしいバナーがサイドに(*^m^*♪受賞おめでとうございますぴかぴか(新しい)

くんちゃんは素敵なご夫妻の元でその尊い犬生を過ごせて幸せでしたね^^きっと。
過去ログの会話じゃないですが、その子が本当に幸せだったかどうかなんてそれはその子にしか分からないという事実、でも18年もの間ずっとくんちゃんを見つめ続けて来ていた瞳の持ち主が、録り溜めた貴重な記録を何かの役に立つかもとchobimamaさんにコピって下さった方のものならばきっとくんちゃんは幸せだったハズと。今ふとそう思いました。

ところでchobimamaさんchobimamaさん(またかよv)
ちょびちゃんのマットに乗るときの足の具合はその後どう??
ミカわんのマットレスを今冬新調するのに散々聞きまわったトコロ、低反発を切り売りで工場から直送してくれる会社を発見しましたん(加工販売される前の段階でカットして発送)
連休中にて連絡がまだつかないんだけど、希望寸法が通れば注文後到着次第ブログで紹介しようと思ってたのだが〜その前にちょびちゃんの経過もずっと気になってたのでちょっとコメ残してみました(^^)
工場なのでもちろん低反発以外の素材も有りです。
Posted by あやぽん at 2007年09月17日 00:19
*あやぽんさま>
いやぁ、真似してみました顔(汗)このバナーをあやぽんさん所でみて速攻。

くんは執事も今でも幸せな犬だったなぁってしみじみ思います。今でも愛されてる。

ご注進、大歓迎っすよ顔(イヒヒ)
で低反発はアレ以来、お蔵入りしてる顔(汗)ほくと君のエアーブレスのお世話になりっぱなし。
低反発はしっかりお蔵に入ってるからだけど、他のウレタン素材とかは今後必要な場合もあるかと思うので、その情報、すんごいほすぃいーっ!!mail toしてもいいっすか?いつも感謝です。執事も秋冬用のペットベッド探し始めた所。早くしないとって焦ってるんだけど、近くの店はまだ一部入荷なのよん。ネットは既に売り切れでてるし。送料かけて買うか悩み中。ちょび&ミカわんご愛用pipiの秋冬まだ見てないんだけど、どうなんだろう・・・。夏はフェイクレザーでいただけなかったケド。昨年はpipiのベロアのソファベッド買ったのよね。頼むぞ、pipi!!カドラーもそろそろ新調したいし。

Posted by chobimama at 2007年09月17日 06:33
今しがたメルったよ〜〜♪
参考程度にでもなれば幸いです(*^ー^*)

pipi秋冬・・今出ないと今期はなんとなく怪しいっぽい気がしないでもなし;ん〜でも出来ればやっぱりアタシはちょびちゃんと同じのが欲しいところなんだけどな顔(チラッ)
Posted by あやぽん at 2007年09月17日 18:05
「追記」

先ほど返信あり。

EGR-6H低反発ウレタン
10mm定尺1000*2000mm @2,400円(送料税別)
20mm定尺1000*2000mm @4,800円(送料税別)
40mm定尺1000*2000mm @9,600円(送料税別)

コピペでごめんないさい;
Posted by あやぽん at 2007年09月18日 10:24
うおっ!! お忙しいのに、スミマセン。
ホントは執事が調べなきゃいけないのに。。。
この価格なら、10mmと20mm両方買っちゃうかも。やってみないとわからないし。うおー!!嬉しいっ。

後はベッドだな・・・・顔(汗)
まだまだ終わらぬ冬支度ですね。。。

ほんとに、ほんとにありがとうございます!!!
足向けて寝れません。
Posted by chobimama at 2007年09月18日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1022631
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック