2013年05月06日

終いの桜

清水.jpg


岡崎公園 しだれ.jpg


岡崎疎水.jpg


丸山公園 しだれ.jpg


哲学の道.jpg


哲学の道2.jpg


平安神宮.jpg


出合柳 鴨川.jpg


平野神社.jpg


上賀茂神社.jpg


伏見運河.jpg



ちょびの命日に 京都へ。
見事な青空が広がり、記録的な夏日。


朝6時、清水寺から、まだ人もまばらな薄紅色に染まった街をてくてくと。

見事な桜が次々現れ、佇んでは見とれながら。

なんともなんとも夢見心地な、この世のものとは思えない景色でした。


風が吹くたびに、はらはらと音を立て、舞い散る無数の花。

時間を忘れて、ただただ歩き続けてしまいました。


気づけば、銀閣寺@@

五条から北大路まで徒歩で北上しちゃいました(笑)

それでも懲りずに、今度は鴨川を南下。
途中からは高瀬川に沿って。

三条大橋の袂のスタバで飲んだフラペチーノのおいしかったこと!!
これまでの人生の三本指に入るおいしさでした(爆)


翌日からは爆弾低気圧来襲の予報。

でもあきらめきれず、執事的念願な、執事的パワースポットに、
これまた早朝に出発。

今にも降り出しそうながっつり曇りまくった空の下。

まだちょびと暮らしていた頃、一人と一匹生活にどうにも煮詰まった早春、
ちょびを主治医に預かってもらって訪れた場所。
澄んだ空気と流れる水音が不思議と心をすかっとさせてくれる場所。

そこにあったしだれ桜の大木。

いつかこの木が満開の姿、見てみたい!と思いました。


念願叶いました。


ただ、見上げていると、るんるんと弾んだ足取りで、白い先っぽなしっぽを得意げにふりふりしながら
三毛犬が!

しかもしかも、モロに執事好みな“狸顔”三毛犬。
血縁あり?!ってくらいにちょびカテゴリーなマズルの短めな、で、足も短めな男の子。


ダダ泣き。


やってくれるよなぁ〜と。
さすがだわぁ〜と。

もうね、なんか、呆れて、笑えました。




毎年、桜への想いは薄れることなく、むしろ、あの日の感情だけが蘇って
咲き誇る花を見ることは苦しい時間でした。

そんな感情をリセットしたくて、これでもかっ!っていう圧倒的な桜が見たくて
訪れた京都でした。

ただ、無心に、美しさを愛でたくて。


前日に満喫し、夢見心地のまま、訪れた執事的パワースポットで、よりによって三毛犬。

しかもめったに遭遇しないちょびカテゴリーな三毛犬。


あっぱれ、お空部隊!
あんたたち、最強っ!!


笑えた途端、思いっきり雨が降り始めました。

恐るべし。。。。。



狙い通り、見事に吹っ切って参りました。
ここまでやられちゃ、引き摺ることも出来ません(苦笑)



あっぱれすぎる晴天と爆弾低気圧という両極端も見事過ぎ。

まさに“終いの桜”をこれ以上ないくらいに満喫し、桜三昧して参りました。


停電するほどの暴風雨でしたが、人がいないのをこれ幸いと、
無謀にも夜桜も見て参りましたし、
伏見のお山にも登って参りました。




お空部隊がいやがること、嫌ってほど実感して参りました。
だってね、初日、清水寺・岡崎公園・銀閣寺道で三毛犬と遭遇。
翌日はパワースポットでモロちょびカテゴリーな三毛犬に。
その後も行く先々で三毛犬出現だったんです。

いやー、湯山さん連れてくるべきだったって本気で思いましたもの(笑)

ほかの犬種のしっぽも勿論遭遇したんですが、三毛犬率が異常@@


もぅ、分かったからって。

執事は大丈夫。
いるんだって分かったから。

そう思いました。


これからはあっぱれっ!ってあなたを想いながら
空見上げられます。



岡崎公園 見上げる.jpg



あなたがいないことを実感する花になってしまい、
あなたとの最後の時間の、あの感情を呼び覚ます花になってしまっていた桜。


見事リセット。



ありがとう


お見事、ちょび


果てしなくしつこい(笑)




これでもかっ!つう あなたとの日々、笑って思い出した。



さすが、あたしの相棒。









ニックネーム 執事 at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする