2012年10月14日

思い出に逢いに

ビーグル追っかけカメラマンの湯山さん

ご自身の愛犬、ビーちゃんを介護なさっていた奥様のブログがきっかけで
ちょびを撮影して戴き、その後も雑誌の取材やお誕生会でちょびの姿を
写真に残して下さいました。


最初にお会いした時にした約束。→http://letsgochobi.a-thera.jp/article/1064106.html


果たして参りました。

“今日のビーグル”展

10月一杯開催中です!!





宣言通り、ちょびのオモイデと共に、5年前のちょびと再会して参りました。

飾られていたのは、図らずも、撮影して戴いた中で、最も幸せそうと執事が思えた
ちょびの遺影にしている写真。

湯山さんがその1枚を選んでくださったことが何よりうれしく
ちょびが本当に幸せそうで、それもまたうれしく。

18歳のお誕生日にいらして下さった皆さんとの集合写真も。

みんなの腕の中にはそれぞれの相棒三毛犬達が抱かれ、
みんなの満面の笑顔が弾けていた瞬間。


あの時の嬉しさが甦って、またまたうれしくなった執事。



改めて、また、ちょびから貰った幸せの、笑顔の、なんと多かったことか!!と
気付かされました。


約束をしたときには、もしちょびが旅立った後だったら、
見に行けないかも・・・と思いつつ、
だからこそ、先に宣言しちゃって、立ち直るきっかけにしなきゃとまで
思っていたほど、ちょびを失うことを恐れて、怯えていた執事。




ちょびがお空部隊になって以降、どこかでやはり穴を埋めることは出来ず、
その穴を少しづつ少しづつ拡げていた気がします。

自分が守らねばならぬ命が無くなったことで、我が身を守る必然性が無くなったものですから(苦笑)

自分はどうでもよくなってしまったんです。
生きてる張り合い失くしたって感じで。

昨夏はとうとう普通に生活する事すら難しい状態になって、
ちょびのお誕生日にひまわり供えてやることも出来ませんでした。

そこから、いろいろな方の助けを借りて、やっと少しずつ生活を立て直せてきた
今日この頃。



本当に久しぶりに
都内に外出、人と逢う、お花を活ける、都内ドライブという
以前の当たり前を再チャレンジのきっかけになりました。
小さな混乱はあったけど、すべてこなせて、
“あぁ、大丈夫!”と自分に自信と安心を取り戻せました。

どうにもこうにもならなかった時、思っていたことはただただ
“ちょびに逢いたい”ってことでした。


湯山さんのお蔭でちょびに逢えました。

ちょびが残してくれたご縁に感謝。


そして、お空部隊、確実にいるなと思っております。。。。
奴らの差配としか思えない数々のお蔭で、生かされてると思えます。

虹の橋で大声で叫びながら、ちょびを探す日はまだ先のようです。
その日まで、のたのたと、出来ることならば笑顔で
お空を見上げながらその日まで過ごしていけたらと思います。


やっと少しそうやって生きて行こうと思えた1夜でした。



ありがとう
ちょび

お空に行っても面倒掛けて、スマン

支えて貰っていたのは執事の方だったって事、あなたがお空に行って以降
思い知らされた

気付いてなかった自分の傲慢を


あなたが残してくれたご縁にいっぱいいっぱい助けられた
ありがとう

いっぱい いっぱい ありがとう



虹の橋でまた逢える時には、スイカとか林檎とかたくさん持って行く
食べさせてやれなんだ分、これでもかっ!!ってほど持って行くから

遺言しとくから、ちゃんと
執事がお空に行く時にはスイカとリンゴを山盛り一緒に詰めて下さいって(笑)

その日までどうかこれからも見守っていて



ね、ちょび

これまでもこれからも私の最愛の相棒でいて
またあなたをこの腕で抱きしめられるその日まで

で、久々のちょび毛にやられて、くしゃみ連発、鼻水ずるずるになるんだな 苦笑。それが執事とちょびの1人と1匹生活だものね 爆。

ティッシュも山盛り詰めてもらわにゃ(汗)
ニックネーム 執事 at 08:52| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする