2011年11月04日

あるがままに

これからは“あるがまま生きて欲しい”という祈りをありったけ込めて、
名付けたコが逝きました。


ちょびを送って、ほんの数日、まだ心がふわふわと彷徨っていた執事のもとに
やってきた命。



わがままで、強気で、人をこき使いやがるのが大の得意で。
気に入らないことは断固気に入らず。



でも、本当に甘ったれな坊や。





執事家でのあなたの姿をここに。
まさにあなたな姿をここに。













里親募集用にとせっせと写した写真。
なのに、なのに、どれもこれも眠そうな顔で、使えないじゃんとお蔵入りした写真。



あらき 1.jpg


あらき 2.jpg

あらき 3.jpg






あなたには
あなたのことを愛おしんだ、
あなたに想いを寄せた、
人がいた。


何を幸せというのか、
何が幸せなのか、
それは様々だけど、
でも、あなたは人の隣で“あるがままに”生きたのだから。

ご縁がつくことが幸せというならば、
その“幸せ”は掴めなかったけれど、
でも、あなたにはあなたなりの“幸せ”があったのだから。
あなたを愛おしみ、慈しみ、想いを寄せた、心を寄せた人が
あなたにはたくさんいたのだから。

それは“幸せ”なこと。




看取って下さった、送って下さった、
ゆらまま様に心からありがとうを。






虹の橋で逢えたなら、意地悪執事とガチなおもちゃ取りっこ、またやろう。
ね、樸。

ニックネーム 執事 at 02:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 樸(あらき) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする