2010年03月21日

待ちわびる

まーた、懲りもせず、今年もやらかしてる執事


今年もまた.jpg



これね、ホントはいけないのよね。
だから、車検や点検の際にディーラーに毎回、“申し訳ございませんが、こちらは
外して戴けますようお願いいたします・・・”としつこく言われるも、
懲りずに季節ごとにぺたぺたしているのだ。

このGEL Gems、日本に入ってくる大分前に、既に海外ではイベントの際などに結構
出回っていて、もう10年以上、ちびちびと買っては、ぺたぺたし続けてるのだが、
ココ数年は100円均一でぱちモノが手に入るようになり、一気に加速して
季節ごとにお家と車に入れ替わりでぺたぺたしてきた。

梅雨には滴、夏には入道雲や金魚、秋には落ち葉、冬には雪の結晶、
ハロウィンやクリスマス、お正月とイベント用もバッチリ。

少し先取りで、早く来ないかなぁっていう期待感とともに季節ごとに、
ぺたぺたするのが習慣だった。



なんだけど、
実はこの1年、車のぺたぺたを止めてしまった執事。
執事家のぺたぺたもしなかった執事。



ちょびが旅立った時に、ぺたぺたしてあった桜を外す気にならず、
そのまま執事家はこの1年、ずっとずっと、桜が咲くのを待ち望んできた。

相変わらず.jpg

1年間、ずっとずっと、早く来ないかなと。

車は車検があったので、致し方なく外したが・・・。


で、やっとやっと、この季節がめぐって来たので、いそいそと1年ぶりに
車にもぺたぺたしてみた執事。



膨らむ蕾.jpg




昨年と同じ場所で。
去年も撮ったなって思いながら。
あの時はちょびが助手席にいたなと思いながら。
後部座席にはじゅりあがいたなと思いながら。


この1年、毎日、毎日、花が咲くのを待っているのだ。



やっとやっとそのつぼみが膨らみ始めた桜。



満開の花の下、執事は笑顔で空を見上げられるだろうか。

1年前のあの日、見上げた桜を。

あの時の、どうしようもなく、どうしようもなかった感情は
あいかわらず、執事のなかにうっすらと漂っており、完全に昇華しきれてはいない。

あいかわらず、何で逝ってしまったのかという想いはとめどなく溢れているし、
あいかわらず、どうにもこうにも泣けてくる瞬間もあるのだ。


笑って見上げたい。


そう思って1年過ごしてきたけれど、
やっぱり、目の前に迫ってきた花咲く時を前に、
自信がなかったりする執事・・・・。






春の嵐に手折られた一枝を執事母がちょびにと。

咲いたよ.jpg


咲いたんだね・・・・。



あなたのものだったお庭に咲いた水仙も。。。

いい香り.jpg



ちょび実家時代.JPG


あなたがいた頃は(誰かさんが)やたらと
踏みつけーの、掘り返しーの、ちぎりーのしてたせいで、
ろくに花なんか咲きゃーしなかったのにね顔(イヒヒ)




ニックネーム 執事 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする