2009年12月22日

執事家でのじゅりあの軌跡

アセラは複数カテゴリーの同時設定が出来ない為、
執事家でのじゅりあの様子がちょびの記録と混じっています。

ここに2009年2月〜6月に執事家にご滞在したじゅりあの軌跡をまとめておきます。

2月3日
2月9日
2月11日
2月12日(じゅりあカテゴリー『今のじゅりあ』)
2月13日(じゅりあカテゴリー『昨日のじゅりあ』
2月13日(じゅりあカテゴリー『じゅりあ1週目 覚書』
2月14日
3月4日
3月13日
3月23日
3月24日
3月30日
5月9日
5月25日
7月2日
12月22日(じゅりあカテゴリー『安らかに』



じゅりあは疾患での緊急預かりで入院先から即時執事家に加入。
その後、体調が落ち着くまで約4カ月執事家にご滞在しました。


ニックネーム 執事 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | じゅりあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安らかに

じゅりあ

じゅりあ.jpg




赤が似合うむっちゃ可愛いキャラなじゅりあ

じゅりあ2.jpg




ちょびと一緒に寒桜見たね。

3たびの桜 一足早く.jpg




初の2匹連れの長距離ドライブ。フリマの後には成田空港まで行ったんだよね。

ちょびとじゅりあ.jpg




カートなちょびとお散歩したね。

ちょびとじゅりあと散歩.jpg




天蓋ベッドはすんなり気にいって

じゅりあ ねんね.jpg



樸(あらき)とも一緒にお散歩したね。

いざ出陣!.jpg






安らかに。

じゅりちゃん♪って呼ぶと、こ首かしげるアナタの
あの姿、執事、忘れない。




ボン様、ありがとうございました。
本当にありがとう。






ジュリア.jpg



執事が数多くの種類の中で最も大好きな薔薇、
ミルクティー色の「ジュリア」。

寒くなるに従って、どんどんミルクティー色に染まるこの薔薇。


あなたの具合が良くないと聞いた日に、
執事家地方じゃあんまり見かけない
あなたと同じ名前の、
執事が大好きなこの薔薇を見かけて
つい思わず、
願掛けの如く、
手に入れて来たんだよ。


願いは届かなかった。。。


お空のあなたに捧げます。




じゅりあ、ゴメン。
ちょびを送った後に、どうしてもどうしても命の期限を
ある意味区切られていたあなたを執事犬として看取るという
腹が括れなかった執事のふがいなさ。

迷って迷って迷って、でも、括れなかった。
あの時の執事はそこまでだったんだ。

許せとは言えない。
言わない。

じゅりあは執事犬にしてあげられなかったケド、
ボン家で金子じゅりあとしてその生を全うできたのだから。

今、執事の中にあるささくれのような、
自分のふがいなさに対する悔いを
いつかなにかに昇華させられる時まで
ずっとずっと執事は忘れないでいようと思う。

ニックネーム 執事 at 17:43| Comment(4) | TrackBack(0) | じゅりあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

見上げてみたら

ちょびと数え切れない位、通った公園。


今はぴくと通っています。






ぴくはロングリードでばびゅんっばびゅんっ走ってます顔(イヒヒ)

ちょびととぼとぼ、よたよたと数十メートルを歩いていた同じ場所で。









先日初めて、気がついた。






こんな赤い実がいっぱいつく木があったことを。


クロガネモチ.jpg


クロガネモチかな?






そして、毎年秋にたくさんのまんまるを落とすモミジバフウが
今年はその実を落とさずに



モミジバフウ.jpg


オーナメントを吊るしたツリーみたい。







ちょびとの散歩は執事の視線はつねにちょび。
カートであっても、自力歩行であっても。

上を見上げることがなかった。


ちょびだけを見ていたんだ。



お散歩.jpg

PHOTO by Shigeru Yuyama on 2008/9/03


執事の後ろに写っている木が↑の写真のクリスマスツリーの夏バージョン




それはそれで、得難い時間だったなと思う。
あんなに地面ばっかり見ることはそうそうないもの顔(イヒヒ)



でも、こうやって、景色を見上げる散歩もいいもんだなとも思う今日この頃。




ぴく相手でも視線を外すことがなかなかできなかった執事だけど、
やっと見上げる余裕が出来て来たのかなと思いながら。




ちょびの瞳にはなにが写っていたのだろうね。


視線の先に写るものは.jpg
PHOTO by Shigeru Yuyama on 2008/9/03


ニックネーム 執事 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする