2009年03月25日

密かに撮ってもらってたちょび

保存したまま、UP忘れてた記事、発見@@
1月時点での内容ですが、そのまんまUP。←手抜き。
ですので、ご飯事情などは1月時点での食べられなくなる前のものです。

************************************

昨年の9月に密かに某雑誌の取材でちょびの愛するカメラマンさん、
もうここではお馴染みの湯山さんにまた撮影して頂いたちょび。

自分じゃ撮れない写真なので、公開しまーす。


昨年9月のちょびご飯はですね・・・

野菜ペーストやら無調整豆乳やらサプリに
(この野菜ペーストはお粥になったり、お芋ペーストになったり、その時々の
ちょびの体調次第でチェンジします)

マッシャー.JPG

たっぷりのお水でふやかしたドライフードを人肌に温めて、
ポテトマッシャーで潰して投入。
ふやかしドライフード潰しにマッシャーはマジで便利!
超おススメです顔(イヒヒ)お馴染み100均で調達。

ふやかし.JPG

で、最後にちょびの好きなウェットフードをトッピング

缶詰.JPG


ちょびはこの量を1日3回。かなり量は食べてます。
なにせ、腹減り犬なのであせあせ(飛び散る汗)
老犬ご飯としては体積的にはかなり多めだと思います。

現在は1日量は変わらずに4回にしてます。
この量食べてりゃ、この先、食べられる量減っても、高カロリー食にすりゃ、
なんとかなるんじゃね?と顔(イヒヒ)
消化機能がまだなんとかなっている間はあまり量は減らさず、スパルタな執事。
何せ、高脂肪な高カロリー食は膵炎のあるちょびは長期間は無理なので、
どうしても量を食べないと、必要カロリー摂取が難しい犬なので。
とはいえ、消化落ちた際などにはカロリー高めのフードの比重を多くしたり、
野菜ペーストを野菜パウダーにすることで、量を減らして、
消化器の負担を軽くしたりもしつつな現在です。
ドライフードも各種MIXで、体調やら検査結果次第で微妙に比重を変えつつ。


で、

レッツイート.JPG

こーんな感じで食べてましたです。

この日は調子が良く、自立してたちょびですが、
現在は途中でへたばってしまう時も多いので、執事が座る位置を手前に45度回転した状態、
食事台の角に座る感じにして、正座の脚を開いて、左太ももにちょびを
またがらせて、ちょびの胴に左手を周して支えながら、右手でスプーン給餌という
スタイルです。
油断して支えなしでいると、いきなり、スコーンッ!!と足が外れて、顎を
食器にしたたかに打ち付けるという笑えない事態が発生するので顔(汗)


いろいろやって、ちょび&執事はこのパターンに落ち着きました。

スプーンは口当たりのやわらかなシリコンスプーン。
これもまたまた100均で調達。劣化するので、買占めましたです顔(イヒヒ)




で、抱っこで寝かしつけて

抱っこ.JPG


そーっとベッドに移動して酸素マスク装着。

酸素マスク.JPG

酸素マスクと書いちゃってますが顔(イヒヒ)、コレ、マスクではなーい。
これまた100均の大き目な“じょうご”です顔(笑)
酸素ハウス拒否なちょびなので、苦肉の策顔(ペロッ)
本当はもっと小さいマズルぴったりな感じのサイズがいいのですが、
それですと、動いた際に眼球を傷つけてしまうちょびなので、大き目なものを
使ってます。
ネットで拝見した他の方はカップヌードルの空き容器使ってた顔(イヒヒ)
匂いも付いてるし、わんこ的にはじょうごより嬉しいかも顔(笑)


こんな感じな1人と1匹の日々。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へでも、痙攣発作前だったから、まだ、巨大エンドレスサークルじゃないし、
通路も狭くても通れてたんだなぁ、ちょび。
半年前ってかなーり昔な気がします・・・。たった半年、されど半年。
ニックネーム 執事 at 08:12| Comment(9) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする