2009年03月24日

執事犬 ステロイド減薬中

現在、ちょび・じゅりあともどもステロイドのお世話になってる執事家。

じゅりあは潰瘍性大腸炎を抑える為の服薬。
ちょびはここのところの気圧変動の影響か、あるいは急激なご飯の変化か、
お脳か、原因ははっきりしない下痢を抑える為の服薬。


で、お二方ともに症状が回復し、落ち着いたので、ステロイドを漸減しとります。


いきなり止めてしまうとぶり返し、よくいう『リバウンド』がくるのは有名なステロイド。
ホルモン剤ですから、一気に体内濃度下がれば、そりゃ当然です。
一気に消炎作用なくなるわけですから。

まずは、ステロイドではない、それぞれの症状の治療薬に置き替えしつつ、
ステロイドを25%ほど減らして様子見。
そのまま症状でなければ、さらに25%減らして、半分に。
それでも症状でなければ、隔日に。
こんな感じで減らしてゆきます。
服薬期間が長ければ長いほど、漸減期間も長く慎重に。

もし症状がぶり返すようであれば、元の量に戻して、また1から再度始めます。


じゅりあは既に2回、逆戻りしてますが、現在は半分量まで減薬成功中。

ちょびは3日目ですが、症状は落ち着いています。

深夜のキ事調剤薬局.jpg
ちょびのお薬、カプセル詰め作業10日分を深夜、黙々と決行中顔(イヒヒ)
執事にとっては日常だけど、改めて見ると引くね、この量顔(汗)

ちなみにじゅりあさん分もカプセル詰めしとります顔(汗)
執事家は薬局かたらーっ(汗)



ステロイドは早朝服薬が特に効果的。(1日1回朝というのが一般的な指示だと思う)

これはるるの最後の頃、顕著に表れてたなぁ。。。
なにしろるるさんはホルモン濃度があがる早朝、日が昇る頃になると
お腹すくし、動くし、だった。
もうそりゃ、はっきりしてた。


じゅりあは既に1か月以上に渡る長期使用ですが、なにせ潰瘍性大腸炎、手ごわい@@
良くなったかと思うとぶり返す。
血便はなくなったとはいえ、なかなか気は抜けません。
とはいえ、嬉しいことには、腸内環境が大分整って来た証拠に、
体重も増えていますし、調子のよい匂いの少ないブツを製造なさる日も
かなり増えてきています。

じゅりあは肝臓機能低下を持っていますし、少し調子を崩すと機能不全にまで陥るので、
出来ることならば、確実に肝臓にダメージが来るステロイドの使用は避けたいのですが、
他の治療法で反応しない現実なので、今後もまたお世話になる可能性は高いけれど、
こればっかりは仕方がないと思っています。

超長生きはできないかもしれないけれど、日々を苦痛なく、元気にモリモリご飯を食べて
過ごせることを目標に維持をしてゆきます。
体力を付けることで、当然自己免疫も上がりますから!

休薬期間をできるだけ長く出来るように維持して行きます。




ちょびは出来ることなら、継続使用はできるだけ避けて、単発使用で行けたらなぁと
目論んでいます。
これから益々、ステロイドのお世話にならねばならない場面は増えてくるハズですから。
ちょびも肝臓は機能低下なので、不全に陥らない程度に副作用とのバランスを
維持してゆけたらいいなぁと思っとります。
単発使用ならば、慎重な漸減は必要なしですし。


ずるずると使用してしまうと、結構あとあとが厄介なのがステロイド。
強力な消炎作用は同時に免疫抑制作用を持つ諸刃の刃がステロイド。

いたしかたなく長期使用する場合には定期的な肝臓チェックは不可欠です。
また抵抗力が落ちますので、感染症、特にビーグルさんなんかの場合には
皮膚疾患は要注意です。
真菌にやられたり、アカラス発症なんていう笑えない話もよく耳にします。
そのリスク承知で、それでもステロイドじゃなきゃっていう場合には長期使用するっていう
覚悟も必要でしょう。
いっくら注意してたって、来るときゃ来るし顔(汗)
でも注意してれば、もし来ても早期治療可能ですから。


アトピーの皮膚炎治療でステロイド使って、実はマラセチアでもっとひどくなりました
なんていう例が典型。皮膚炎の治療してるからと安心していたのに、どんどん
ひどくなっちゃったっていうパターン。

こういう話が広がって、きっと『ステロイドは怖い薬』神話が
出来あがっちゃったんだろうなぁ@@


病院でも『ステロイドは嫌です』って言ってる患者さん見た事あるし@@


様々な玉石混交な情報があふれている現在。

出来ることなら、正確な情報をきちんと得られたらと思います。
簡単な医学書なども手に入れやすくなっていますし、お勉強もしやすくなっているのも
事実だと思うから。ぱっと見た、聞いた情報を鵜呑みにせず、自分なりにきちんと
多方面から調べてみる作業が必要な時代なのかも知れません。

そうそう、執事が言ってることも、もちろん、鵜呑みになさらぬように顔(イヒヒ)
所詮、玉石混交の1つでございますから。


pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ結局、自己決定権なんだよね、うん。
責任重大なり。お犬2匹の命、しかとお預かりせねばGood
ニックネーム 執事 at 06:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする