2009年02月27日

執事的介護の現実

ちょびがいきなり口からの摂取が出来なくなって、
“すわっ!!おいでなすったっ!!”と思った執事。

強制給餌の準備は実はもう2年近く前からしてあって、シリンジも流動食も
準備万端整え、予行練習も怠らず、いつでも来いっ!!なつもりだった執事。


しかーし、実際に訪れた現実は予行練習通りにはいかず、
どうしたらいいんじゃい???という事実の連続。
思うようになることなど、ひとつもなく、もうこのままちょびのあるがままに
任せようか・・・とまで思った。だって、もう、大往生に間違いなしな御年だし、
それはそれで・・・って顔(ペロッ)ここで、食べられなくなってぐずぐずっとってのも
まぁ納得だし、自他共に。

老化っちゃ老化なんだけど、いわゆる老衰の流れの中の口から摂取不可能とは
ちょびの場合には違い、顔面片面&舌の麻痺が来ていること、
そして飲み込むという喉の嚥下機能も麻痺している為、
ただ、口に入れただけではでろでろでろ〜〜〜と全部出てきちゃう有様顔(泣)
どうしろっちゅうねん!!!とただ泣けてくる毎日だった。

それでも諦めきれず、しつこくしつこく、あの手この手でなんとか一口でもと
やり続けていた。
文字通り、寝る間も惜しんで。


脳の影響ゆえ、同時に超パワフルな徘徊も来ており、しっかり寝てくれるのは
2時間がせいぜいでそれが1日2回か3回。
それ以外の時間はせっせ、せっせと命削る勢いで歩き倒すちょびたらーっ(汗)

当然、ぺたりまくって、吠えては“今すぐ、立たせろやいっ!!”と要求。
ぺたる際にちっちが付いてきちゃったりするので、まぁ自己制作の池にも浮かびまくり顔(汗)

寝る間を惜しむ努力した訳じゃなく、寝かせちゃ貰えなかったというのが現実。

1軒屋なら、いくらかは吠えてもまぁいいかとも思えるが、なにせ、執事家はマンション。
さすがに夜中やら早朝やらに、1発吠えとはいえ、数分おきに吠え声ってのはマズ過ぎあせあせ(飛び散る汗)

とはいえ、天気が悪いのが続いて、超パワフル徘徊も治まる気配も見えず、
お詫びのお品片手に、上下左右の方にはご挨拶に回った執事。
引っ越しの時もだし、その後も顔を合わせるとご挨拶とお詫びを伝えて来た積み重ねもあり、
皆さん“気にならないから大丈夫よ!”と頑張ってねの励ましの言葉を頂戴し、ひと安心。
でもねぇ、もし、実家だったら、執事はきっと耳栓して放置して寝るね顔(イヒヒ)
マンションだから、お付き合いしてるケド。



ちょびをどうこうの前に、自分の体調すらぐずぐずで、そこに追い打ち状態で
手を怪我して、あまりの痛さにきーっ!!と叫びつつのお世話だった。



やってもやってもどうにもならない現実にかなーりノックアウトされていた執事。


これはね、まぁ、いつものこと。今度こそ、どうにもならない!と思えてしまうのだよ。
どうにもならない日が来ること、分かっているから、だから、その恐怖ゆえのパラドクス。

それを克服すべく、せっせと準備やら予行練習を重ねて、来ても大丈夫!
乗り越えられる!と自分を支える日々。



なにかちょびの進化が来るたび、初めての事態に慣れるまではかならず
陥るパラドクス。

慣れれば、お互いペースが出来て、なんとかなったじゃん!!と復活する。

この繰り返し。

でもね、回を重ねるごとに進化は深く、大きく、一気に来る。

今回こそは超えられないと思えるほどに。


いい加減、学べや、執事たらーっ(汗)こればっかりはどうやっても、学ばないねぇ@@


毎回、全力でパラドクスにハマってるのぉあせあせ(飛び散る汗)



懲りない、困ったチャンだけど、でも、その混乱と怒涛のなかでも、
執事はやるべきことをするっていう1点だけは揺るがずに来たつもり。

そこだけは!って思って来たし、そう思い続け、やり続けることしか執事には出来ず、
執事なりの執事たる役目で、支えで、プライドだから。

今回初めて、このまま、時の流れに身を任せぇ〜〜〜るんるんてみようか?という
甘ーい誘惑にかなーり魅かれた執事だけど、主治医にガツンと強硬反対されて、
しぶしぶながら、鬼執事続行した結果、波はあるものの、で、
自力で口からは無理だけど、執事がお口のここならイケるぜ!ポイントにヒットさせて
強制給餌してあげれば、自力と同じくらいのカロリーも量も
数mlずつという気の遠くなる努力をしつつも嚥下可能になったちょび。
ちょび的にはかなーり疲れる作業だけど、でも、頑張ってる。
1回だいたい250mlの各種流動食を1時間かかって飲み込んでる。
見ていて偉すぎ!と思える頑張りで。

やりきったちょび.jpg


ちょびは生きるらしい。
自分の意思で、自力では口から食べられなくても、生きるらしい。
だってまだ頑張れば、飲み込めるから。
そうやって生きるらしい。


だから、執事もせっせとバーミックス、がーがーっかけて、せいぜい美味しい
飲み込みやすい濃度の流動食を多種類用意してやれたらと思う。


ご飯終了.jpg


向かい合って強制給餌出来るように、食卓も用意してみた顔(イヒヒ)

センターアイランド.jpg

いや、超パワフル徘徊の助け用に設置したセンターアイランドにただ単
乗っけただけ顔(笑)

でも、高さあると、こっちの体も楽だし、なによりちょびの表情をみながら
ご飯をやれるのは貴重。これはヒットだ顔(ペロッ)


ちょびが生きるかぎり、まだまだ新たな進化が来るんだろう。
そしてまた、執事はハマるんだろう、もれなく顔(汗)

これからも、今までと同じように、お互いに復活できるように。
超えられるように。

そうありたい。


どん底に絶望しては復活な執事とちょびの歴史がこれからも積み重ねられますように。

まだまだやれる。“執事”だもの。
意地でも、やってやる。

ちょびが生きる限り。

そう、今は思っている執事。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へどーせ、またハマるんだけどね顔(汗)
しょーもないあせあせ(飛び散る汗)
で、どーせ、またちょびはやらかすんだろうけどね顔(汗)
最後まで。
ニックネーム 執事 at 16:02| Comment(13) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

避寒旅行に行くべきか?!

昨夜もかなーりお歩きになり、しっかり寝付いたのは明るくなった5時だったちょびたらーっ(汗)

ロクに喰わずによぉ歩くもんじゃい@@


皮下補液はもう自宅でと、まとめてパックを戴いて来ちゃおうと思い、
天気が崩れる予報の前にと熟睡こいてるちょびを持参で病院へ。


もぉ、喰いませんぜ顔(汗)とご報告。


実は主治医にはここ1週間、ずっと鼻カテーテルの提案受けていました。
しかし、執事としては、食べる意思がかなり明確にないとそこまで踏み切るつもりは
ないとお断り続けていました。

実際、るるの場合には、るるはご飯を目の前に食べたいのに食べられず、
ぎゃぉんっぎゃぉん!!と吠え続けました。
強制給餌を試みましたが、るるは断固、命がけで拒否でした。
その結果、そこまで食べたい!と要求しているるるをそのままには出来ず、
鼻カテーテルを挿入した次第です。
結果としては、非常に有効で、るる的にもカテーテルから流動食を入れてやり、
お腹一杯になると、自らお座りをして、ちょっと上をむいて「けぷっ」とげっぷをするように顔(笑)
るる式「ごちそうさま」の合図でした。


主治医はこのところの気圧の変化による脳の障害であり、回復の可能性あること。
事実、飲み込めなくなった2日前にはちょびは5時間以上、かなり深い睡眠に陥り、
(昏睡か?!っちゅう勢いだった)その後、顕著に飲み込みが不可能になったし。
昨年7月の口腔内腫瘍切除の際にも沈静かけて眠らせたところ、熟睡しすぎて
斜頸がきたちょびたらーっ(汗)
しかし、その斜頸も一時はかなり良くなった経緯があります。
刺激が必要だ!というご意見あせあせ(飛び散る汗)
刺激して、機能回復のためのリハビリ(そのまま衰えないように無理にでも使う)じゃ!!!と@@

確かにね、斜頸来た直後には避暑に犬生初の旅行に強引にまともにまだ食べられない
ちょびを連れて行って、見事、喰い気回復して帰って参りましたしね顔(イヒヒ)

「ゆきまつり」は終わっちまいましたが・・・と呟く執事に、主治医曰く
「千葉とかどうよ?暖かいんじゃないの?!」と。

先生・・・。本気で行けと仰っていらっしゃる????
冗談じゃなく、本気だそうであせあせ(飛び散る汗)


マジぃ?????


そして、1日でもいいから、執事がどうしても嫌なら1日で外すから、
鼻カテーテル入れようよと。
ちゃんと以前通りの栄養を取れば、一気に戻ってくる可能性絶対あるから!と。

体はちっとも衰弱なんかしてないと。
食べられないようなレベルの衰弱は見られないと。
単なる、嚥下困難。しかも局所的なものだと思うと。

そこまで仰る主治医の言葉に、やってみっかと、変化なければ、
自分で抜管しますからね!ということで、鼻カテーテルを挿入しました。

ちょび、かなーり怒ってます。目に力戻ってきたもん顔(イヒヒ)
いいのかなぁ?! こういう方向性でやる気出すって・・・たらーっ(汗)

鼻息でガンガン管出そうとふんふんっ!!頑張ってます犬(怒)
で、出してます顔(汗)

帰宅後、ご飯をやってみたら、昨日の1日量をあっさり、食べちゃいましたグッド(上向き矢印)
あっ、口から自力は相変わらず無理ですが、強制給餌での飲み込みはかなりスムーズに。
なんだか、どういうことなのか、よく執事にはわかりません・・・。
1日必要摂取カロリー550kcalなちょびですが、150kcalあっさり1回で稼ぎましたです。
この調子なら、鼻カテーテルは本来の機能のカテーテルとしての使用はいらん勢いあせあせ(飛び散る汗)
ちょびのやる気出しの目的でアクセサリーとして入れとく?

まぁ、まだ1回なので、1日様子をみます。
カテーテル自体は2週間挿入したまま可能ですから。

やっぱり歴代執事犬はそろってチューブわんこになっちゃったよ顔(汗)
じゅりあ、おまえは喰っとくれよぉ、今の調子でもうやだ〜(悲しい顔)

マジで嫌だぜ、執事。。。
執事家の犬はもれなくチューブわんこって定説になるのはよぉーバッド(下向き矢印)



執事が甘やかし過ぎて、ちょびの気力がたるんだということなのでしょうか???

ってことは最後の最後まで、執事はちょびにもういいよって言っちゃいかん!と
いうことなのだろうか?!

って、執事がおりゃっおりゃっ!!って言ってないと、ぐずぐずなちょびって一体・・・たらーっ(汗)たらーっ(汗)

執事もいい加減、ちょびを甘やかしてやりたいのですが・・・。
今回も阻止された執事です。

いやはや、にしても主治医、よーくちょびを知ってらっしゃる顔(汗)
今回はさすがに、ちょびのことはアタシの方が知っとる!!と思った執事でしたが、
主治医の方が知っている可能性高しふらふら

うぅ〜〜〜顔(泣) 情けなさすぎ。


なにはともあれ、夜食も食べてくれることを願って、まぐろやらイチゴを
裏ごしして、とろみ剤とせっせと混ぜている執事でございます。。。

執事がおりゃっ!おりゃっ!と言い続ければ、なんとかなるんなら、
執事、精一杯、鬼執事やるしかないかと、とほほ・・・と思いつつ。


ご心配いただいた皆様、とりあえず、ひとつ、上向きなことができました。
このまま一気に“やらかして”くれることを願っている執事です。
ニックネーム 執事 at 19:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

著しい進化を遂げたちょび

14日以降のこの1週間でちょび、
どどーんと
ばばーんと
進化しました。


口からはほぼ何も食べられなくなりました。
柔らかいプリンなどを小さじ半分が限度。

カテーテルシリンジ(普通のシリンジより口が長く、大きめなもの)で
強制給餌を始めましたが、量を食べることは叶わず。


舌の麻痺が急激に来て、送りこむという動作が出来なくなりました。
また、顎自体を動かして、口を開けたり閉めたりという動作もかなりおかしな感じに。
嚥下機能自体も低下しており、飲みこむこともかなり困難です。
どれだけなめらかなウェットフードでもさらにバーミックスかけて、
水分を加えてのばさないと、飲みこむことができません。



なのですが、なぜか、気にいらないご飯を強制給餌すると、
ぶっぺっペっぺっーーーっっ!!!と吐き出されます顔(汗)
飲み込めないケド、吐き出すのはできるのだよ顔(イヒヒ)

今日、新たに気に入らないご飯にランクインしたのは、
数日前まで大喜びで食べていた“ささちー”(dbfの「ささみ&チーズ」)バッド(下向き矢印)

で、気に入ったご飯だと、舌の動きが軽やかにリズミカルになるんだな顔(笑)
かなりはっきり違いがわかる犬(笑)
どうやらちょびにも味覚はあったらしい顔(イヒヒ)ずっと味覚のオカシイ犬だと
思ってたんだけどね、執事顔(ペロッ)



今現在、気に入ってるご飯は(明日には気に入らない可能性大かもだがたらーっ(汗)
キューピーの瓶詰め離乳食の小さい瓶のシリーズ。
確かにこの瓶詰め、おかしいだろうよ?!っちゅう位、匂いがするんだな@@

しかも甘いデザート系多いしね顔(イヒヒ)10種類近くをくるくる回してます。

とりあえず拒否らない範疇のdbfの丸ごとひな鶏ミンチとか豚ちー(豚肉&チーズ)
メインで、キューピーはご褒美なデザートな感じで。

ですが、なにせ、1回に飲み込める量が1ml程度なので、強制給餌でも
かなり疲れてしまって量はそんなには食べられません。
1日かけて、ウェットフードが130gほど、離乳食1瓶がせいぜい。
ウェットフードに秘かにドライフードの粉を混ぜて、やっと1日300kcalを稼いでます。

いまだにかなり歩いている為、全然カロリーは足りず、昨夜からは吠えることが
出来なくなってます。
うんも出せない状態。

そろそろ、砂糖水飲ませてでも、カロリー稼がせないとかも。

お水は自力で飲んでますGood
ちっこも歩きながらとか、寝んねから立とうとした時とか、回数は減ったものの、
排尿量は変わらずで。
まぁ皮下輸液しつつ、利尿剤かけてるのでね、これで出なくなったらオオゴトじゃいあせあせ(飛び散る汗)


進化は半日単位で刻々と進んでいます。

今朝出来たことが夕方には出来ず、一時的なものかな?と見守ると、
翌日も出来ずといった具合。
回復したものはこの7日で一つもありません。

波があるのだろうと思いたいのだけど、上下はなく、下る一方です。


執事的にもあまりのスピードについて行けておらず、すべてが後手後手に回っています。


寝る間も食べる間も惜しんで、なんとかしようと思っているのだけど、
どうにもなりません。




気に入らないご飯を吐き出したり、気に入ったご飯は軽やかにぺちゃぺちゃと
食べているちょびは、それはそれで「俺もやるぜ!」なちょびなのでしょう。
→確かにしっかり「やってる」し顔(イヒヒ)

ここからは、もう命を繋ぐ努力ではなく、ちょびと笑える努力をしたいと思っています。

たとえ、ひと口でも、ちょびの好きなものを、食べる意思の見えるものを食べさせて、
たとえ、1秒でも、ちょびを抱いていてやりたいと思います。
歩きたいだけ、歩かせてやろうと思います。
歩きづらいシーツ敷き詰めは取っ払っちまいました顔(イヒヒ)
ちっこは拭きゃーいい。
歩く際に寄りかかれる壁が多い方が楽そうなので、円柱形に先日紹介した
ニトリのジョイントバスマット7枚繋いで、中には2Lペットボトル6本入りの箱を
3個、三角形に重しに設置して、動かないようにして、センターアイランド出現な
ちょびスペースとなっております顔(笑)


そういった余裕がこれっぽっちもないくらい追いまくられた1週間でしたが、
ここからはそうありたいと思います。

笑える時間、ちょびと過ごせる時間を大事にしないと、お世話に追われて
すべてを見失うことに気づいた執事です。


さて、この先、どうなるのか、執事にも未知でございますが、
どうあれ、まぁ、ちょびですんで顔(ペロッ) 「そうくるかいっ!!」っつう
未来が来るんじゃね?と思っております。


追われるのではなく、愛しんで、大事に過ぎせてゆけたらと願っています。



コメントのお返事が出来ない状態です。
御免なさい。
ニックネーム 執事 at 04:44| Comment(4) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

旅立った片割れ

ないんてぃ〜んでぅおの片割れ、オーちゃん(18歳9か月11日)が
旅立ちました。


先を行く、もっとも身近で大事な先輩、そして同士を失いました。


オーちゃん、ありがとう。
いっぱいいっぱい、ありがとう。



     やる気の18才2匹.JPG


ちょびが最初に“せぶんてぃ〜んとりお”卒業と信じてた執事。

ちょびが図らずも“えいてぃ〜んでぅお”になれたことは、オーちゃん、
あなたがちょびの先を余裕綽綽とマイペースに歩いていてくれたからこそ。

ちょびもよぼよぼと付いてゆこうねって思えた執事だったんだ。


命の限り、生き倒したけど、超長寿だけど
やっぱり、悲しくて、悲しくて、ただ悲しいよ、執事。

でも、あなたの背中を少し後から追ってきたちょびの傍らで、
もうすこし、あなたのように、ちょびにも生き倒してもらえるように
執事はちょびを見守らねばだよね。

行ってらっしゃい。

そう遠くない未来にお空で“ないんてぃ〜んでぅお”再結成するその日まで
ちょびを見守ってやってもらえるかな?
龍之介君と“元せぶんてぃ〜んとりお”の2匹で見守ってもらえるかな?

僕を見習って、太らなきゃ駄目だよ!ってわんこ通信、ちょびに飛ばしてやってくれる?


最後の1匹、
旅立った仲間同様、立派に生き倒して、旅立せなきゃだね、執事。

“せぶんてぃ〜んとりお”&“えいてぃ〜んでぅお”のトリ、
しっかり務めてもらわなきゃだね、ちょびに。

ゆるゆる、のほほぉん、ちびちびと食べながら、生き倒そうね、ちょび。



オーちゃん、その日まで見守って下さい。


いってらっしゃい、オーちゃん。
本当に良く頑張ったよね。
そのこと、執事、心から心から拍手するよ。
どれだけ、オーちゃんが頑張ったか、執事、痛いほど、知ってるからさ。
そうそう、できるこっちゃないって、執事、痛いほど、知ってるからさ。


偉かったね、オーちゃん。
本当に、本当に、偉かったよ、
さすが、オーちゃんだ。
たくさんの後を追うビーグルさん達の目標で
希望の星だったオーちゃん。

オーちゃん、お別れに行けない執事を許してね。
ここから、そっと、ちょびとお見送りするね。

いってらっしゃい。

安らかにあらんことを、心の限り、祈ってる。
ニックネーム 執事 at 20:14| つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

すんげぇ嬉しいんだけど、かなり微妙

じゅりあ、退院しました。

ステロイドが効いて、まぁ、恐ろしいほどにジャックラッセルにおなりになっての
御帰還あせあせ(飛び散る汗)

飛び跳ねてます顔(イヒヒ)
あんだけベッドに籠ってたのに、ベッドになんか寄り付きもせず、
かぶりつきで執事見張って、飛んでます顔(笑)

今、血液検査をしたところで、ステロイドの影響で肝臓はがっつり数値が
上がっているのは間違いないので、臨床状態異常に良し!!な現状で様子を見ます。

にしても、食べまくってます顔(笑)

病院でなーんと豚耳1枚丸ごと貰って、超喜んで、がじってます顔(汗)
これってありなの??????
2日前にもう駄目かもって言ってたのは幻?!


動き過ぎて、ぱたっていくんじゃね?
反動でまた吐き戻しやら血便来るんじゃね?!とちょっと戦々恐々な執事です。



で、ちょび。
手作りご飯も拒否り始めました顔(泣)

もうなんだったら食べるんじゃい????状態。
同じものでも、1日の中でも食べる時と食べない時があるしたらーっ(汗)
1食分食べさせるのに、各種5食は用意してちょっとずつでやっと1食分食べたぜ顔(汗)状態。
るる以上の残飯製造率を誇っておりますふらふら


ドライフードをそのままならかなり高確率で食べますが、粉にしちゃうと食べませんたらーっ(汗)
ふやかすと、粉でも丸ごとでも食べませんたらーっ(汗)たらーっ(汗)

単体でおさつちっぷ、玄米フレーク、さつまいも、カボチャ、マッシュポテト、
ささみは速攻食べます。
たぶん、いくらでもこれらなら喰うと思うあせあせ(飛び散る汗)
でもね、栄養考えると、これだけで生きてくのは難しいぞい、ちょびバッド(下向き矢印)

気が向くと、イノーバシニア缶も食べます。


いたしかたなく、ドライフードをニッパーでカットして(非常に地道な作業バッド(下向き矢印)
超小粒なフードを自家製造中。
みじん切り製造のチョッパーとやらを調達してみるケド、果たして固いドライフードが
粗みじんになるのか非常に疑問ながら、淡い期待で買ってみようバッド(下向き矢印)
ちょっとウンが緑色っぽい気がするんだよねぇ〜〜〜顔(汗)
出血きたか?!
なにせ、10年ぶりくらいのふやかしてないフードあせあせ(飛び散る汗)
来てもおかしくはないよな顔(汗)


ここ2日、ずっと鼻を鳴らして、ぐずっており、ロクに寝ませんたらーっ(汗)
歩行も排泄もかなーりぶっ飛んでますもうやだ〜(悲しい顔)
従って、執事もロクに寝られませんたらーっ(汗)たらーっ(汗)


さすがに執事は視界に星が飛び始めました顔(ペロッ)


明日もちょび輸液の通院ありですし、なんとか今晩は寝ておくれ、ちょびぃ〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)

そして、(とりあえず今はちょび緊急事態ゆえ)控え目なジャックラッセルで
頼むよぉ、じゅりあ〜〜あせあせ(飛び散る汗)←そんなこたぁ、じゅりあはわからんって顔(イヒヒ)
もぅ、お家帰って来られて、弾けちゃってるからね顔(ペロッ)


しばらく、とんずらいたします。
崩壊しないように、ギリで参ります顔(イヒヒ)

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へじゅりあ、帰宅した途端、50cmのサークルから
見事脱出がく〜(落胆した顔)速攻、90cmに高さ上げましたもうやだ〜(悲しい顔)
極端すぎるぜ、じゅりああせあせ(飛び散る汗) あんたもやるよねぇグッド(上向き矢印)
ある意味、執事犬条件、合格Good 
ニックネーム 執事 at 21:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もらったちょび

むーちゃんから戴いたのよんるんるん

バレンタイン.jpg

さっ。
冥土の土産の大盤振る舞い、行ってみましょうGoodってことでまるごと1個あげてみた顔(イヒヒ)
動画も撮ってみた。


しかーし、飲みこめず、ちょっとヤバい事態になって、カメラ放棄で掻き出す羽目に顔(汗)

やけくそはいかんわねあせあせ(飛び散る汗)


はちまま殿、今度お会いした時に動画はお見せしまーす顔(イヒヒ)
かなーり必死でがっついてました顔(イヒヒ)
詰まらせたくらいね顔(笑)


はちまま殿、むーちゃん、ありがとう。
ニックネーム 執事 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

じゅりあ 1週目 −覚書ー

入院直前に書いて、保存していたもの。
この直後に血便をだし、即時入院となりました。

でもこの時を忘れない為に覚書としてあげておきます。

コレを書いて、早速注文したご飯やハーネス・迷子札などは今、すべて手元に。

これらを生かせる日を願いつつ。

雪ライン

老犬グループホームにまだ若いのに拉致られたじゅりあ顔(ペロッ)

今日現在、老犬範疇ではないというのが執事的判断ですが顔(イヒヒ)
療養必要なのは間違いないもうやだ〜(悲しい顔)

肝臓がやられてるのは叩き出してる血液検査の異常値で明らかだし、
なにしろ消化吸収がかなーり低下中。
食欲もムラがあり、控え目な量でも喰っては吐き戻したり顔(汗)
かとおもえば、拒否ったり顔(泣)

いくらか執事家にも慣れて来たので、病院へGOグッド(上向き矢印)

肝臓は数値的にはキテルとはいえ、そっちの治療もさることながら
まずは消化吸収を回復させないと、どんどん体力低下しちゃうという診断もうやだ〜(悲しい顔)

ちょびもご愛用のメトロニダゾールでとりあえず下痢気味な排便を安定させて、
摂取もいろいろ工夫しつつで。
まずは緊急事態なので、(かなり栄養不足状態なのだあせあせ(飛び散る汗))療法食を使うことに。
まぁ、もちろん盛りますけどね、各種、いろいろ顔(イヒヒ)

とはいえ、各種いろいろをことごとく上手にお口から出しなさったり、拒否なさるじゅりあ顔(汗)

るる並じゃふらふら


っつかなんでも喰うちょびがおかしいのかも?!とやっとこの頃気付き始めた執事@@
ちょびが普通と思っていた執事の常識が間違ってる気がしてきた・・・たらーっ(汗)

少なくとも現在 ちょび1:るる&じゅりあ2でなんでも食べない犬の方が
執事家では優勢顔(汗)


肝臓は食餌療法かなり有効というのが執事的手ごたえなんだけど、
いかんせん、じゅりあ選り好みなさるもうやだ〜(悲しい顔)
しかもじゅりあ的、得意不得意把握できてないので、じゅりあ的鉄板、模索中。
今はとりあえず、食べてくれることを優先しつつ、その中でも、なんとか徐々に
じゅりあ向きな食べられるもの探しを続けようね。
ま、しばらくは「コレ、あたし好きぃグッド(上向き矢印)」と大喜びしてる療法食喰っとけ顔(イヒヒ)
徐々に盛ったるから手(チョキ)

焦って何とかしようとすることは犬にとっては負担とるるから学んだ(つもりな)執事なので、
ぼちぼちと1個ずつ。

どこかのタイミングで最低エコーかけて、肝臓の様子は見たいケド、できるだけ早く顔(チラッ)
↑ってまた焦ってるし、執事あせあせ(飛び散る汗)

麻酔可能ならCT撮ってちゃんと調べたいし、
透明化している左目も痛覚の自覚ある様子だし、
将来考えると人工眼球なども必要かも?だし。

観察してるに、どうやら歯関連もありそうな予感。
甲状腺機能低下もかなり怪しい。


うぅ〜〜〜〜あせあせ(飛び散る汗)
調べたい、知りたいことはてんこ盛りですが、焦らずに、焦らずに。



お互い、少しずつ、ね。



まずはなにしろ、食べて・栄養とって・出すというサイクルをしっかり確立しないとGood
喰っても吸収してない状態だからもうやだ〜(悲しい顔)

とりあえず、ちょびと一緒にベジタブルサポートDrプラス・豆乳(これはギリギリしぶしぶOK)盛って。
エビオス・ミヤリサン(拒否)は粉にしてカプセルじゃ。

ちょびも現在メイベットDC拒否中なので、毎日せっせと大量の自家製カプセル製造中な執事顔(汗)
どどーんと1000個発注しちゃったぜ顔(イヒヒ)
カプセルサイズもちょびは1号で食べられるけど、じゅりあはNG.
2号もちょっと微妙たらーっ(汗)
さらに小さいサイズをお取り寄せ中バッド(下向き矢印)
つか、カプセルですら、技使わないと、上手にお出しになるしふらふら
ちょびなんぞ、小さじ1杯のウェットフードであっさり10個はいけるのに顔(イヒヒ)

ちょびはご飯&消化器に関しては限りなーくハードル低い犬なのね顔(イヒヒ)
「たまごん」並。(知ってる?“なんでも食べちゃうたまごんっるんるん”って主題歌だった。
たしか池に浮かんだ小島に住んでた気がする顔(イヒヒ)
思えば、楽させてもらったもんだ、うん。
その分、他でチャラだけど顔(イヒヒ)

るる、いた時は外傷処置室と化してた執事家ですが、調剤薬局になりつつある老犬ホーム顔(笑)

お腹が落ち着いたら、今度は栄養士だな顔(イヒヒ)
じゅりあ的好物な療法食は出来ることなら卒業させたい
相変わらずな執事顔(ペロッ)
さてさて、手作りご飯、食べるのか?じゅりあ顔(汗)
ジャックラッセルってはっちゃけはビーグル以上だけど、喰い気はどうなんだろ?!


お散歩は全く問題なしGood 
ぶつかることだけ注意すれば、引きもなく、普通にとことこ、てくてく行けまするんるん
ハーネス買おうっとるんるん
ぶつかり防止(じゅりあは視力がほとんどありません)でとっさの制御は必要なので、
ハーネスの方が執事的に楽っす。首輪で制御は実は執事は気分的に苦手。
ちょびで散々首輪での訓練してきたのですが、シニア以降は止めた経緯があるのでね。。。
それ以外は充分リードたるませて余裕な楽しい散歩っす。
散歩してぇ〜願望叶ってるしるんるんるんるん

お膝で抱っこは最初は固まりますが、声をかけながら、撫でていると、
すっと力を抜いて、寝んねします。
また、視力を補うために、嗅覚・聴覚はかなり敏感で人の気配にも瞬時に反応して
しっぽぷんぷんるんるんですり寄ってきます。体を密着させることで存在を
確認している感じ。

シャンプーはしばらく自粛で、蒸しタオルで拭き拭きしてブラッシングしていますが、
全く問題なしのいいコです。お洋服の着替えなども全然問題なしGood

性格は何しろ花丸ハートたち(複数ハート)

かまって!かまって!で後ろ脚立ちしてばたばたする時に、水の器をひっくり返すのが
唯一のあらま@@
とはいえ、ボトル式は飲水量が落ちるので、執事家では使用禁止なので顔(イヒヒ)
厚手のトイレシート敷いて対応。お水飲むのもちょっとへたくそで顔(ペロッ)
毎度、“水も滴るいい女”なじゅりあなので、一石二鳥。


老犬介護士、さらに精進しつつ、楽しんで参りまするんるん

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ吹けば飛ぶよな薄い体でお家サークルやら車ケージから
出ようと後ろ脚立ちなさるじゅりあ顔(イヒヒ)
まずは迷子札が一番必要だ顔(汗)
ニックネーム 執事 at 06:07| Comment(3) | TrackBack(0) | じゅりあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日のじゅりあ

昨日、腸炎の炎症反応が限界で、肝臓は無視で
ステロイド投与したじゅりあ。

朝はいくらか動いて、ご飯も口にし、いくらかいい傾向。

夕方、ちょびが寝付いたタイミングで単身、病院に行き、
ケージから出して、抱っこでゆっくり過ごしてきました。

お膝の上でへそ天で腕枕、満喫のじゅりあ。。。


病院でじゅりあのケージのお向かいさんは先生が引き取ったテリア君。
彼は先天性の重度の心臓疾患で、先生が引き取って、もう2年近く、
心臓の治療をしつつ、日々元気に弾けています。

ちょびとも仲良しで、通院の際に一緒にお散歩したりもする仲。
聞かなきゃ、心臓悪いなんてちーっとも分からないはっちゃけぶり。

でもお咳もでますし、チアノーゼも。
それでも彼なりに生きることを満喫しているのはこの2年、執事も見てきました。


じゅりあは症状としては重症です。
いつ悪化するのかもわからない。
今回、山を超えられるかも、正直まだわからない。

また、今回乗り越えたとしても、予後、自宅で服薬で維持できるかも
かなり怪しい。
それこそ、調子良い時に一時退院って形で長期入院も覚悟です。

ですから、病院での生活の楽しみを増やし、じゅりあのQOLを上げることを
第一に治療を続けようと先生とお話しました。
先生はテリア君の例もあり、直せずとも、QOLを維持しつつ、楽しい時間を
過ごさせることを優先という治療を選択して下さいました。


今日はテリアちゃんのおやつ、おすそわけでもらったそうで、
かなりテンションあげて満喫してたそうです。
その後ご飯も食べたそう。

執事が帰宅する際にもお腹すいた様子を見せ、早速またご飯貰いました。


一昨日の虚脱して、何をやっても口にせずの状態からしたら、目覚ましい変化です。



じゅりあの症状と予後を慎重に見極めつつ、何がじゅりあにとって一番いいのか
考えながら過ごしてゆきます。

この山を超えられるまでは、少なくとも、できる限り、通って、じゅりあを
抱っこしたいと思います。

明日は、何をお土産にしようかな?って思いつつ、今日はどうかな?って
じゅりあと笑える時間を大事にしたいと思います。


死ぬかもしれないとおびえながら怖々とではなく、今日も逢いに来ましたよっ!!って
じゅりあのもとに通いたいと思います。


帰り際、フリーにしてもらってたテリア君を撫でていると、しっかり覗いてたじゅりあは
得意の後ろ脚立ちではふはふと猛抗議犬(怒)
浮気目撃されてしまった執事顔(ペロッ)

元気が出てきたのは、たとえ数値は下がらずともいいことだと思っています。


少なくとも今退院させたら、またご飯は食べられず、症状も悪化の状態に逆戻りは確実。
ですから、ケージ生活は負担になるとは思うけど、できるだけ楽しい時間を
ケージでも過ごせるように、先生にご協力戴きながら、過ごさせてやりたいと
思っています。

しばらくは別居生活ですが、お膝に乗せる時間は同居生活と変わらないくらい
乗っけてやりたいと思っています。

1人と2匹の別居生活、開始です。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へちょびは手作りご飯の量の多さについてゆけず、
けぷって残してます顔(汗)
なんとかかさを減らしたご飯にすべく、試行錯誤しますです。
とりあえず、カロリー足りない分の炭水化物は赤ちゃんおやつの
「おさつちっぷ」(サツマイモ・じゃがいもでんぷんのみのパフ。キューピー)喰っておけ!
タンパク質・脂肪は手作りご飯で稼げてますし、ビタミン系もお野菜パウダーで
クリアGoodなんとも怪しいご飯ですが、もう執事&ちょび式でいっとこう顔(イヒヒ)
玄米フレーク(ムソー)もそのまま喰っとけ犬(笑)おじやにするとかさ増えるんだもんたらーっ(汗)
ニックネーム 執事 at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | じゅりあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

今のじゅりあ

昨日、主治医から電話が入りました。

じゅりあ、緑色便を出して、虚脱したとの連絡。
急変ありうるので、逢いに来た方がいいと。

即、行ってきました。

一昨日ははふはふ言って、得意の後ろ脚立ちでお出迎えしてくれたのに、
昨日は声には反応して顔は上げたものの、動くこともできないじゅりあでした。
体を小刻みに震わせている姿は最後のるるの姿を執事に思い出させるものでした。

今までの血便は鮮血でしたので、大腸などの下部消化器からの出血。
今回の緑色便は十二指腸、中部消化器からの出血。
膵炎はすでに血液検査で白だったので、考えられる疾患は潰瘍性大腸炎。
しかも繰り返していることを考えると、難治性。
原因は不明の難病です。

有効な治療はステロイド。
しかし、ステロイドは肝疾患の重度のコには使えません。
じゅりあは肝臓値は低下傾向なので、ステロイド適応範囲に入れば、
即、ステロイド投与の予定ですが、
そこまで肝臓値が落ちるのが先か、
体力の限界が来るのが先か・・・。

執事としては病院で旅立たせたくはないということだけを強く伝えて
執事家で満喫してたベッドにじゅりあを動かすタイミング(排泄の処理など)で
入れてやって欲しいと伝えて託して来ました。
わざわざ、うずくまるじゅりあを動かしてまでベッドに入れることは
執事にはためらわれるじゅりあの姿でした。
ヒーターを入れてもらっており、そのヒーターにぺたっとうずくまっているじゅりあでした。

もしステロイドが間に合わない予測立つようなら、即刻引き取ります。
もう引き取ってしまうべきかと心底迷いましたが、最後の希望がまだある今、
その選択肢を捨てることは執事にはできませんでした。

現在も電話待ちをしています。
夜中であろうと、早朝であろうと、引き取りに行くと伝えてあるので。


なんとか、最後の希望のステロイドが投与できますように。

まだ、送りたくない。
あんないいコをこんなに早く逝かせてしまうのは、納得いかない。

これまでの分、しっかり取り戻してから逝きなさい、じゅりあ。
まだ、早いよ、じゅりあ。。。

ご飯もいっぱい届いたし、明日にはお散歩用のハーネスも迷子札も届くんだから。

まだ、逝かないで、じゅりあ。
頼むよ・・・・。

ニックネーム 執事 at 04:06| じゅりあ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

やる気でてきた執事

思いっきり凹んで、やさぐれて、開き直って、立ち上がった執事。

さて、とりあえず、制限内容の手作りご飯いってみますか!ってことで
早速いろいろまずは喰いつきチェックしつつの単品盛りで与えてみました。

すべーて、即、すごい勢いで完食したちょび犬(笑)

しかーしあいかわらず、フードは食べない顔(汗)



食べないフードを無理やり食べさせるべくトッピング増やして制限越えちゃうくらいなら、
もう最初っから制限した内容の手作りご飯で喜んで食べてもらったほうがいいと
やっとスッキリ割り切った執事。
ドライフードを止めりゃ、いいだけじゃん!と。

で、おじや作って、がっつり与えちゃいました顔(イヒヒ)
しつこく、ふやかしフードも量は減らしたものの、密かにおじやの下に忍ばせて顔(ペロッ)



思いっきり、気持ちよーく、完食Clap



喰いつきもためらいなし。
ここ数か月、散々、費やした時間はなんだったのか・・・・顔(汗)
つか、なんでもっと早く気付かなかったんだろう、執事たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

にしても、フードの拒否加減と手作りご飯のがっつき加減のあまりの落差に
やっぱり前回異常値叩き出したBUNや肝臓の悪化の疑惑がむくむくと湧き上がり、
本日、朝一、じゅりあの様子見を兼ねて、がっつり血抜きに行ったちょび。
割安とはいえ、結果出るのが遅い外注ではなく、その場で結果わかる院内検査で
多項目いっちゃって下さい!とやけくそな大盤振る舞いして参りましたバッド(下向き矢印)

執事の疑惑はどんぴしゃりで、案の定、肝臓値は犬生初の4桁をたたき出しておりたらーっ(汗)
輸液で数値回復してきたじゅりあより悪い数値あるってどうよ?あせあせ(飛び散る汗)
BUNも前回と変わらず、下がってねーしもうやだ〜(悲しい顔)
唯一、ここ1年以上ずっと“ちょび正常値”な異常値キープだったCreが
なーんとギチギチ正常値だったるんるんるんるん
活性炭毎食盛りの効果出た模様手(チョキ)


やっぱり、BUN上昇に更なる肝臓悪化で、気持ち悪くて食べられなかったんだね・・・。


じゅりあと異なり、ちょびは(手造りご飯なら)食欲もあるし、そもそもの
体力も著しく違うので、週2回ほど、BUNを強制的に落とす為に皮下補液+利尿剤注射に通い、
肝臓はご飯とサプリとお薬を少々増量で維持してゆくことに。

早速3日分の水分入れられて、なんだか子豚のようにまるまるしたちょび顔(イヒヒ)
皮膚が爺様なので、ぴゅーっと漏れちゃうくらい、入れられてきましたですふらふら

かなり重いみたいで顔(汗)相当よろよろしてますですよあせあせ(飛び散る汗)

まぁ、相変わらず150g落ちた体重が1か月戻らないままなので、差し引き350g増あせあせ(飛び散る汗)
そりゃ、一気にそんだけ重くなったら、よろけもするわなバッド(下向き矢印)
吸収すれば、軽くなるから、ちょっとの辛抱だ、ちょび犬(泣)

次回はもうちょっと減らしてもらおうね顔(汗)500gの水袋、背中に背負うのは
かなり辛そうだわあせあせ(飛び散る汗)

脂肪とタンパク質を制限した手作りご飯をこれから執事は五訂成分表
ご飯計算ソフトを酷使しつつ、せっせと製造に励みますGood

いやー、やっと食べさせてやれる。
最後は手作りご飯って数年前に決意したのが叶う。

かなり嬉しい。

自分のご飯はろくに作らないケド顔(イヒヒ) ちょびのご飯は作るよ、執事手(チョキ)

離乳食用の小分けパックがっつり買い込んで来ようっとるんるん

お魚もお肉もお野菜もみーんな食べさせてあげるからねグッド(上向き矢印)

どうしても手作りだとカロリー稼ぐには量が必要になってしまうので、
お野菜などは吸収も考え、お野菜パウダーなども利用して、かさを減らし、
腸の負担は少なく、かつ吸収のよいスパシニご飯を目標に。


実はこの日の為に、15歳以降、敢えてフードにライス使われているものは
チョイスから外して来た執事。

やっとちょびの好きな“銀シャリ”喰わせてやれます。
ちょびは12歳〜15歳の間は手作りご飯生活だったので、3年ぶりだーね。

待ってろよ!ちょび。

執事的感覚ではちょびがご飯を食べられないということは、
ちょび的QOL95%減って位に、避けたいことなのです。

なにしろ、ちょびのキーワードの“やる気”を支えているものは“喰う気”で、
ここだけはなんとしても、最後まで死守してやりたいものだから。
歩けなかろうと、寝たきりだろうと、食べられるなら、執事はちょびはちょびで
いられると思えるから。
他のなにを失くしても、ちょびが“喰う気”を失くすことはないと信じているから。
これを失くす時は、ホントのホントの最後って思い込んでる執事。
だからこそ、その“喰い気”を奪う多臓器不全はいやおうなく進むとはいえ、
出来る限りその進行を遅らせたいがゆえのこれまでの制限ご飯な日々だったし、
これからも日々なのだから。

最後まで“喰う気”を支えてやりたいと思いっきり願ってる執事。

極論言っちゃえば、食べてくれるなら、
祭ろうが、
毎晩徹夜で歩き倒そうが、
吠えまくろうが、
寝たきりだろうが、
垂れ流しだろうが、
それでもいいんだ、執事。
そんなこたー、(うきーっ!!だろうし、おんどりゃーっ!!だろうケド)付き合う覚悟は
持っているから。
ちょびが、食べてさえくれるなら、執事は付き合えるから。そう思ってる。
かなり極端だけどね、そのくらい、執事はこだわってる。ちょびに喰わせるってことに。



で、じゅりあ。
執事家ではかなりいいコでお過ごしでしたが、病院ではジャックラッセルやってますたらーっ(汗)

ご飯も毎回変えないと食べないそうであせあせ(飛び散る汗)←これは執事家でもそうだった。。。
なんとか、食べとくれ、じゅりあ・・・。

執事が病院にいる間にいいウンチもしてくれました。
よかったよぉ〜血便止まってもうやだ〜(悲しい顔)

全体的に数値は回復してきましたが、とはいえ、黄疸は進んでいます。
まだ、しばらくは退院は無理な状況です。
無理して退院させるより、暴れる体力あるうちにしっかり数値を落として
それから退院した方が予後はよいハズという主治医の意見に
執事的にも納得がいきましたので、お任せしてきました。

どっちみち、3日おきにちょびも通院だし、行ける限りは様子を見に通うつもりです。


希望がかなーり出てきた執事。
一気に“やるぜっ!!”モードに回復しました。

肝臓値悪化で復活?????

はい、復活です。
悪化はもう仕方ない。
多臓器機能低下がいつか多臓器機能不全に進むであろうことは想定内。
いつ来るか?と思うからこそ、毎月、多項目の血液検査をしつつ、見守っていたこの1年。
その日が来たら、“思いっきり好きなもの好きなだけ”って思っていました。

実際、その日が(ある意味やっと顔(イヒヒ))訪れて、
“好きなもの”を与えられる訳ですから、かなり嬉しい。
でもまーだしつこく、“好きなだけ”はもう少し先に取っておこうと思っています。
まだまだ進化(症状としては悪化なのだけど顔(イヒヒ))しつつも、
生き倒して次のステップに進んでくれることを願っているから。
まだ先があると信じていたいから。



執事が凹んでたらいかんのだよとわが身を反省。
座り込んでちゃ、執事じゃないんだよとわが身を反省。

“執事がいるから大丈夫”とちょびとじゅりあに言い続けられるような自分でいたい。

そう改めて思う執事です。


ご心配おかけしました。
また、気持ちをシャンと持って、ご飯を盛って行こうと思います。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ早速、食材を大量に買い込んで参りましたGood
明日はせっせと茹でこぼしーの、フードプロセッサーしーので、
ちょびご飯製造業に励みます顔(笑)
ニックネーム 執事 at 03:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

座り込みたい執事

じゅりあ、入院しました。

血便が再発。肝臓の悪化も顕著で、黄疸出始め、アンモニア値が上がってしまいました。
電解質がかなり狂っているので、静脈点滴(留置点滴)必要という診断での入院です。
食べられるならば、自力回復も見込めるものの、なにしろ必要カロリーの3割ほどしか
稼げないじゅりあ。自力で食べるには弱りすぎている状態。
今日・明日は変化をみつつの継続点滴なので、自宅治療は無理と言い渡されていますが、
この山を超えてくれたなら、そして、定量点滴で維持可能になったなら、
機械ごと即時退院させます。今のじゅりあに入院は厳しすぎると執事には思えるので。
お家で、執事のお膝で過ごさせてやりたいと願ってます。
今のじゅりあが望むこと、たった1週間ですが、明らかなのは、人のそばにいたい!という
ただそれだけは明確に、確実に言い切れるから。

これからなんだから、じゅりあ。
乗り越えて!
執事、待ってるから。


ちょびですが、喰いつきの悪さは駄々崩れで、昨日はご飯喰いつくまでに4時間かかりましたもうやだ〜(悲しい顔)
ご存じの通り、空腹時服用の心臓の新薬&吸着材の活性炭の服用があるので
実際には1回のご飯完了までに6時間費やしましたです顔(泣)

もぉー無理たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
1日は24時間しかないんだから顔(汗)
シャレにならんわ@@


しかも、今までは喰いつきは悪いものの、一旦食べ始めちゃえば、
“ウマイっす犬(笑)”とばかりにぱっくぱっく一気食いだったのに、
なんだか、非常に、著しく、嫌々食べてるちょび顔(泣)

嗅覚は激しく衰え、疾患ゆえの制限されたほんのちょっとのトッピンングでは
もうわからないみたい。
ここまで、ふやかしフードをメインで維持してきたけど、もう限界。

とはいえ、腸も弱っているちょびはカロリー低いウェットフードだけで必要カロリー
稼ぐのは量が多すぎて無理。高カロリーのフードなら量は問題ないのだけれど、
高カロリーフードは膵炎のあるちょびは1発で下痢するのは既に経験済み。


各種ご飯の資料を持参で、主治医と話し合いをしました。
主治医は少しならトッピングを増やしてもいい、とはいえ、冬の気圧の変化激しい今ゆえ、
脳が反応してない可能性がかなり高いから、なんとか暖かくなるまで、
できるだけ制限食で頑張って乗り切ろう!という意見。

執事はもう好きなものを好きなだけ、ウマい!ウマい!と1人と1匹笑いながら
過ごしたい。
暖かくなるまでの時間、どれほど先かと思うと、もうそんなの待ってられないと思える。


今までは主治医の指示をすべてきっちり守って、その中でもマズイ療法食に逃げずに
精一杯工夫しながら、なんとかちょびの“ウマい!”を死守してきたつもりの執事。
制限食でもちょび的には満足で食べられるなら、それは疾患持ちの定めと自分を
納得させてきた。

もちろん、周りのシニアちゃん達が思う存分、食べたい物を食べている様を見聞きする度に
「あたしは鬼だな」と秘かに思いっきり凹みながら・・・。
そんな心揺れる時間をちょびの傍らで、もう既に2年以上過ごしてきた。

そんな凹み執事を尻目に、制限ご飯をがっついてくれたちょびだった。
そんなちょびの姿があったから、ここまでやり通せた。


でも、もう無理。もう、勘弁。

“コレは食べたくない犬(怒)”と首を振って、ご飯から顔を背けるちょびを
毎日ご飯の度に見続けるのは、流石の鬼の執事でも心が持たない。

ただ、もう、座り込んでしまいたくなる。


確かに、内臓疾患持ちのちょびがここまで来れたのは、主治医の指示のお陰だと
心底感謝している。
だけど、このところのちょびはもう、ホントにホントに、生き倒しの最後の時間を
過ごしているように執事には思える。

自分では座れない・寝られない・寝返りも出来ないちょび。

でもともすると自分でえっちらと立ち上がってみたり、
立たせてやれば、ぽたぽたとまだまだ歩くし、
時にはでべっと、時には派手にひっくり返っても、うぉん!と一声、
“執事!立たせろやいっ!!”としっかり、ちゃっかり、執事をお呼びになるし、
寝心地悪くても、なんだか気に食わなくても、何しろ、なにか不都合が生じたら
“わぉん!”でなんとかしろやいっ!なちょび。
なんとかしてやると、“それでいいのだっ!”だし顔(ペロッ)

歩けるから、まだいける?!
意志もはっきり、“やる気”も満々だから、まだいける?!


そういう問題じゃーない。


執事は別になんでもいいから、がむしゃら生かしたいんじゃない。
無理やりなにかは、本気でしたくないと思っている。
そう見えるかもだけど、そんなこと思ってない。

そんなこと思って、必死に汗汗、してるわけじゃない。


ちょびが笑えることを一つでも多く、
ちょびがのほほぉおんとしていられる時間を1秒でも長く、
ちょびが我生きん!と生きる限りは、その“やる気”を支えたいと
ただ、それだけを願っている。
そのためになら、しつこく果てしなく、その努力は続ける。
いつも、ずっと、ちょびの傍らでそう思っている。

既に3時間、しつこく、しつこく、歩いてはペタッて、わぉん!と吠えるちょびを
しつこく、しつこく、立たせ続けながら、コレを書いている。

抱っこを拒否して、今夜は寝ませんから!と言い張っているちょびの傍らで。
じゅりあがどうしているのかと思いながら、コレを書いている。


ちょびに穏やかに、ゆるやかに時を過ごして欲しいからこその執事業。

穏やかに、ゆるやかに時を過ごしているちょびなんだから、まだまだいける!と
言われるならば、執事は無言になるしかない。
心の中で「そう言うなら、あんたがやれや」と呟きながら・・・。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ思いっきりやさぐれてるけど、
よくよく考えれば、ちょびは執事犬なわけで、
どこまで行っても最終判断を下すのは執事なわけで・・・。
さっ、なんとか制限の範疇から大きく外れない、
で、ちょびが喜んで食べるもの探しをしよう!!
立てっ!立つんだ!!あたし顔(イヒヒ)
ちょび、あんたはいい加減、寝なさいたらーっ(汗)
じゅりあ、なんとか、乗り越えて。。。





既にすっかり朝なんだが(現在8時)、まーだ寝ない奴がいる・・・・顔(汗)
しかーも助け出さずに動画撮ってたら、自力で立ち上がってるし@@
もう笑うっきゃないのぉ顔(イヒヒ)あっぱれ!ちょびClap
さすがだよ、こやつGood
ニックネーム 執事 at 05:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

床ずれ予防マット(ブレスエアー)のお得情報

やたら寝ているスパシニちょび。
床ずれ起こすなよぉー顔(汗)な執事。

シニア以降、特にこの2年はいろいろ試行錯誤してきたちょびのベッド。
現在は・・・。

エアブレス.jpg

ブレスエアー2つ折りベッド&執事母お手製低反発枕でかなーり快適に
お過ごしなちょび。


老犬の必需品、床ずれ予防マットですが、ここん所、タフィーがメジャーになりつつありますね。


<2010年11月追記>
タフィーが2月にメーカー販売中止となり、一部販売店のみの流通となったことを知りました。
一部販売店も売り切れ出ていますので、在庫のみで製造中止になるのかも

なった模様。製造メーカーHP削除されてます。(2011.5.15追記)



ブレスエアー使用のペット用ベッドではこちらが出てます!
ペットケアマット
↓でご紹介している赤字の切り売り販売店で、商品としてカバー付きでの販売です。
PEPPYよりお安いです♪ 
カバーなしの素材販売もこちらが最も安いです。洗い替え用に中身だけ購入も可能!(2011.5.15追記)


同時にペット通販の大手、PEPPYでブレスエアーがペット用として
販売になったことも知った執事。商品名は「フィーヌエアーマット」となってます。
価格的にはカバー2枚付きですが、素材よりは高い。また小型犬などの場合には↓のリンクの
切り売り販売店の規格サイズ購入の方が断然安いです。
で、市販の座布団カバーにでも入れちゃう方がね。

お粗相が頻繁なコに、洗い替え用に中身だけ購入したいって時にも切り売りは便利なハズ。


また現在最もメジャーであろう某大手ペットメーカーの“ベージュ”の“老犬介護”シリーズの
「床ずれ予防」のマットですが、
執事も実物を持っていますが、体圧分散は可能ですが、
通気性はブレスエアーと比べるとかなり落ちます。
寝たきり&体重のあるコ(5kg以上だとかなり沈みますので)の場合には
このマットのみでは厳しいかと思われます。
ハニカムパッドを上に敷くなどしないと、夏場は特に蒸れの解消は難しいと思います。
感触としては低反発マットとほぼ同等と執事は感じます。


やっぱり現役退くと、最新情報について行ってないわ
顔(汗)




ちょびは5年前から低反発マットを使い始め、現在に至ります。


ブレスエアー(東洋紡)ほくと君から戴いたもの。
戴いた時点ではタフィーは素材(帝人・エアクィーン)としては開発されていたものの、
まだ人間用のみの製品化で、とてもじゃないけど、手が出ない価格でした。
同じような素材としては旭化成のフュージョン(キープクリーンパッド)もありますが
これも人用で価格はやはり高価でした。

その後、動物用にサイズの小さいタフィーが発売されたとはいえ、やっぱり高額。
楽天でも相変わらず2社しか扱いないし。アイバロさんのみになってました顔(泣)しかも1サイズだけだしバッド(下向き矢印)2010.11
安く買うって言っても、タフィーは定価販売ゆえ、せいぜい楽天購入でポイント稼ぐくらいしかない。
薄さと硬さで、立ちあがりしやすいという感想を多く聞きます。
お洗濯が洗濯機で可能なのもポイント高いですよね。



ブレスエアーは人間用の商品が介護用のみならず、一般用にも各種販売されています。

そして、現在、期間限定ですが、人間用のマットレスがかなり安くセール販売されています。

販売終了しましたが実物の写真が非常に分かりやすいので、リンクはそのままにしておきます。2010年11月追記


人用の低反発マットレスより安い@@
これをカットすれば大型犬サイズでも3枚取れます。断ちハサミで十分カットできますし。

かなーりお得。



素材としてはこちらこちら切り売り可能なので、小さいサイズで購入も可能。
サイズ小さい分、価格も安くなる♪
小型犬なら素材で購入し、市販の座布団カバーにでも入れちゃえばOK.
最近はニトリなどで、インテリア系のカバーも各種サイズ揃っており、お安いですし。

執事がブレスエアーを知った2008年当時より、
2011年現在では大分、お値段もこなれて来ています。
ペット用サイズならば、市販のベッドにちょっとプラス程度のお値段で購入可能。
どうせ、買うなら、効果の高いものを、ぜひ♪ 2011年5月15日追記


厚さがあるので、立ちあがりはタフィーよりはしにくいかも。
(厚さや硬さも選べるようになってますので、ご相談を)
硬さも大きめなラーメン構造なので、タフィーよりは安定感が悪いと思います。
お洗濯はシャワーで洗い流し。洗濯機は無理ですがラーメン構造なので乾きは非常に早い。
お風呂場からベランダまでの運搬はくるくる巻いて、たらいに立ててとちょっと
面倒だけど。軽いので、まぁなんということはなしです。

立ち上がりはしにくいものの、反面、クッション性があるので、シビレは
少ないようです。自分で寝姿勢を変えにくいスパシニや寝たきりのコには
ある程度、クッション性も必要じゃないかな?とちょびを見ている限りは思います。

タフィー単体でどの程度クッション性があるのか、執事はわからないのですが、
画像で見る限り、タフィーは執事的には今のちょびなら低反発マットに
重ねて使ってみたい感触。


シニア初期の自力立ち上がり、100%OKな時期には手頃な低反発ウレタンマット。

シニア中後期の立ち上がりが滑るまたは介助必要な時期には低反発+タフィー。

こんな使い方がいいのかも。


寝たきりになった場合や1日の大半を寝ているスパシニには低反発は
かなり熱がこもるので、低反発+タフィーよりやはりブレスエアーの方が向いている気がします。


ちょび使用の低反発マットに関してはコチラ


タフィーは価格を考えると、洗い替えを複数というのはかなり厳しいですし。

ブレスエアーならタフィー1枚の価格で2枚購入可能ですし、2枚重ねの間に
防水シーツ挟んでおけば、お粗相しても洗濯は1枚で済みます。洗濯している間も1枚は使用可能。
(一番上に防水シーツを敷いてしまうと、折角の通気性が無くなってしまうので、
意味なしで宝の持ち腐れふらふら
タフィーやブレスエアーのカバーは通気性のある素材を使用して下さいね。)



ちなみに執事母はちょびがブレスエアーで気持ちよさそうに寝ているのを見て、
なんと自分用に購入しやがりました。夏場はかなり快適だそうで愛用中。


使い分けのポイントは立ち上がりかなと。
お布団なんかでも立ちあがれるコならブレスエアーでもいけると思います。

低反発を導入考えている方には価格的にも↑のセールはかなり使えるんじゃないかな?
また、タフィーを導入したけど、洗い替えなどに複数欲しいという方用のサブマットとしても
使えるんでは?

セール終了しています。
安価なものとしては通気性の確保には人用のハニカムの敷きパッドが有効です。
折りたたんで、低反発の上に置けば、体圧分散と通気性の確保は可能だと思われます。

価格的にここまでかけられないという場合には、普通のマットレスやベッドなどに
ハニカム構造マットを敷いてカバーをかけるだけでも、かなり蒸れは解消可能です。
動物用ではミルキーマットなどがありますが、赤ちゃん用や人間用の
蒸れ防止ハニカム素材でも安価で使えるものはいろいろあります。
ベビーカー用やドライブ用の座布団サイズなど、蒸れやすい部分のポイント使用でも
効果はあるはずです。
通年通して、一番簡単に入手可能なのは人用のハニカム敷きパッド。
楽天などで「ハニカム パッド」で検索すれば、シングルサイズや赤ちゃん用の手頃な価格のモノが¥1000代からあります。



床ずれは寝たきりでなくとも、動けるコでも寝ている時間が増え、
栄養状態が悪い場合には起こりえます。
また、立ちあがれずに、ズリズリをするコの場合、痩せているとかなりの確率で
骨が当たっている部分で擦過傷的に発生します。
毛があるため、発見が遅れるケースも多いです。
初期はなんだか皮膚が赤い?とか毛が絡んでる?って程度なので非常に気付きにくい。
ハゲて来た?!なーんて油断しているとたった1日で皮膚が破れます。

ちょびが旅立った後、執事犬として預かったアルトはまさに
典型的な若いのに床ずれしちゃったケース。
アルトの記録はコチラ。2010年11月追記
 



知識としてはシニアになると床ずれに注意!というのは当たり前になってきました。
ですが、実際に注意していたのに、出来てしまうケースも。

床ずれ予防マットを使っていれば大丈夫とは言い切れません。

また、床ずれの治療はいまだに獣医師によってかなり差もあり、なかなか
積極的に治療できる病院は限られているのも現実です。
栄養状態もかなり関わってきますので、治療しても完治が出来ない場合も多々。
維持療法が相変わらず主流です。

人間の介護界では亜鉛の積極摂取が欠かせないなど様々な情報がありますが、
人間でさえ、完治は困難なケースが多いのも現実です。



出来てしまうと本犬のQOLも下がりますし、感染症による影響も少なからず
起こります。
また、日々、手当てをする飼い主の負担も大きい。

出来ることなら、作りたくない床ずれ。

執事はるるで床ずれではないものの、開放創の維持を半年やってみて、
できることなら、ちょびには最後まで作りたくない!と思っています。
ですから、いつできてもおかしくはない現在のちょびゆえ、毎日、毛をかき分けての
チェックが欠かせない今日この頃です。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
ニックネーム 執事 at 02:26| Comment(10) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

五捨六入

いよいよ、
なんとか、
とうとう、

“アラないんてぃ〜ん”突入顔(イヒヒ)


ビーグルさんの18歳後半生存記録はなかなか数少なく、
しかも複数疾患抑え抱えなんていうのもなかなかなく、
参考にできる例も段々となくなり、
もう未知の領域に入ってますが顔(イヒヒ)
ちょび&執事方式で生き延びということで。


変化や進行はあるものの、本犬的には、日々変わらず、のほほぉんと
お過ごしなのがなにより。


ィなし寝んねUP.jpg

ィ付き寝んねUP.jpg


痙攣発作をその後、起こさずに過ごしてくれているのが執事的には
最もありがたい。


変化や進行は日々更新で、どこまで行くのか、文字通り、“未知”なので、
この先どうなるんかいな?!というそこはかとない不安は漂いますが、
まぁ、生きてるんだから、それでいいんじゃね?とおおらかに顔(笑)

なにしろ、執事の“湯たんぽ”ならぬ“犬んぽ”としての役目は
ばっちりこなしてますからGood
“犬んぽ”抱えてると、いくらでも寝られる顔(イヒヒ)
かなり癒し効果高し。エコだし。
ただしアトピー(長時間密着はさすがに抗体アリのちょびでもやられる)
&よだれのおまけは付くが顔(イヒヒ)

(ちょびよりは)長毛なじゅりあに反応して、くしゃみ・鼻水エンドレスだから
これ幸いとおもいっきり“犬んぽ”堪能中顔(笑)


ちょび、“犬んぽ”なしでは執事凍えるからさ、
あったかくなるまで役目、果たしてくれたら、助かります、はい。

できたら、何とぞよろしく頼みます。

雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へご飯は完食ながら、なにせ著しーく喰いつかない顔(汗)
あの手この手駆使している今日この頃もうやだ〜(悲しい顔)喰いつきという点で老犬界で
かなり評判の良いS先生の“栄養スープの素”ってやつ調べてみたら、
人間用の自然食品じゃん!!
人間用のは知ってたが名前変えてペット用になっているとは@@
油断ならねぇな、お犬業界むかっ(怒り)
執事はしっかりお値段お安い人間用を調達しますですGood
“海のペプチド”とか“おいしいだし”って名前のが人間用っす。
自然食・療養食として結構メジャーです。
人間用はちゃんと成分もカロリーもわかるしねるんるん
よさげでも成分不明なものは手を出さないから、小うるさい執事は顔(イヒヒ)
ニックネーム 執事 at 05:06| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

懲りない執事

じゅりあまったり.jpg

???????????????
ちょび、耳小さくなった?!



新ユニット.jpg

違います顔(イヒヒ)

増えました顔(ペロッ)


ビーグルと同じくらい、執事、偏愛なジャックラッセルのじゅりあです黒ハート

11歳の女の子。
るるに続いて、またお嬢ちゃまっす。
るるに続いて、またボン様ん所から拉致って来ました顔(笑)

るるにお正月に着せてやろうと水通しして用意していた、
で、着せてやること叶わなかった執事お気に入りの赤いワンピース。
赤のワンピをどうしても着せたくって、散々探して、やっと見つけたもの。
るるに持たせようかと心底迷って、結局執事の手元にこれだけは残したもの。
他のるる用品はすべて役立てていただける所にお届けしたんだけど、
コレだけはなんとなく、離しがたく、るるにお供えしてたもの。

着てくれるコが来たよ。



現在、ボン様のところでは千葉県愛護センターに収容された猟犬を皆引き取っており、
保護場所がもう一杯状態もうやだ〜(悲しい顔)

執事家では諸事情でさすがにセター・ポインターは預かれず、
(さすがによぼちょびは獲物になっちゃう顔(イヒヒ)。)
ちょびで慣れてる、ほぼ盲目&ちょっと体調崩して注意が必要なミニサイズなわんこ、
じゅりあならいけるんじゃね?と急遽、拉致って参りました。

やっと、るるサークルなどるるの使っていたものを片付け終わったところでしたが顔(イヒヒ)

まだ11歳と若く
(微妙におかしいか?執事的には11歳はかなり若いんだな顔(笑)
だって、ジャンプとかできるし顔(イヒヒ)耳も鼻もまだしっかりしてるし顔(イヒヒ)
果たして、ちょびと一緒に飼えるか?!、老犬ホーム入居範囲か?!と考えると、
少々躊躇もあり、とりあえず、ホームステイから。

予想通り、ちょびとはペースも運動能力も激しく違うし、
ちょびは訳わからん奴がいるっ!!と鼻鳴らしてますので、
しばらくはじゅりあは「るるサークル」で。
執事がちょびガード出来る時はちょびスペースでという形で同居です。
じゅりあ的にはちょびにちょっかい出したくって、出したくって仕方ない模様顔(笑)
じゅりあのお相手にはちょっとよぼ過ぎっす、ちょびふらふら


じゅりあ 天蓋ベッド.jpg

執事家名物、天蓋ベッドに初日から格納されてる、かなり優秀なじゅりあ。

まぁ、ジャックラッセルですし顔(イヒヒ)
初日ですし顔(イヒヒ)
慣れたら、弾けるでしょうが顔(イヒヒ)

なんといっても、小型・中型サイズなはっちゃけ犬としては1・2を争う
ビーグルとジャックラッセル揃っちゃったし顔(イヒヒ)

体重5kg弱。じゅりあは中だな顔(笑)
あと500gくらいは肥やしたほうがよさげるんるん
うーん、楽しみぃグッド(上向き矢印)
まずはお腹の調子を整えて、それから、執事ご飯盛りましょうGood



執事もね、決して余裕シャクシャクなわけじゃない。

でも、なんとかなるかなって。


多頭はもう難しいと既に数年前に言われてたちょびだけど、暮らし方工夫したら
実際、るると半年一緒に暮らせたしね顔(イヒヒ)

なんとかなるかなって。


るると暮らして、なんとかしようと思えば、なんとかなるって分かったからさるんるん
ちょびが下っているし、先は未知だけど、なんとかなるかなって。



だってぇ、じゅりあ、名前呼ぶと、ちゃーんと反応するしぃ、
超あまちゃんで抱っこだって初日からOKだしぃグッド(上向き矢印)
↑初日だからOKなのかもしれんが顔(イヒヒ)
かなーり新鮮Clap

既にノックOUTされてる執事顔(メロメロ)

まだ日本で見かけなかった15年前、イギリスで出会ってしまって以来、
ずーっと、憧れてたジャックラッセルハートたち(複数ハート)
だけど、ビーグルの上いく、はっちゃけぶりを知っていたから、  
既にちょびでへたれてた執事には夢のまた夢だった。

その夢、今になって叶うなんてねぴかぴか(新しい)
ちょっとるんるんるんるん
いや、かなりるんるんるんるんるんるん

まっ、いろいろやらかして下さるでしょうが、それもまた楽しみなり顔(ペロッ)


再び、1人と2匹生活が始まった執事家をどーぞよろしく。


雪ライン
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へやっぱ、女の子って可愛いわ黒ハート
犬アレルギーな執事はじゅりあ抗体できるまでは鼻たれじゃ顔(イヒヒ)
ニックネーム 執事 at 23:47| Comment(15) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする