2009年01月04日

まだまだこれから(だったらいいな。)

おととしのクリスマスイブに執事はその時の想いを綴りました。

あの時にここからはなにかが変わっていくという予感というか、
覚悟を持ったので。

事実、あれから1年、身体的な機能としては確実に低下してゆき、
数値という部分でも悪化してきました。
ですが、予想外に低下のバランスがとれて、心臓は逆に落ち着いて、昨年のように
発作に神経尖らすことなく過ごせたこの1年でした。
勿論、新薬ピモベンダンが非常に上手くちょびに作用してくれたことも大きい。
6月末の口腔内腫瘍の手術の鎮静の後遺症として斜頚が来ましたが、それでも
首が曲がっているというだけで、まぁ脳の著しい低下というのは免れたと
思える術後でした。
歩行もどんどん危なっかしくなってきましたが、それでもちょびの意思で歩けていたし。

それが痙攣発作後、なんとも突然崩れ始めています。

1年前のクリスマスに抱いた、執事なりのこうなるんだろうなという予測が
次々と今、ちょびに起こっています。

斜頚がきつくなり、小円運動が始まり、頭が下がり、視野が狭まり、視力もほぼ無くし・・・。

食器台もここ数年使用してきた高さでは視野に入らず、高さを半分ほどにしました。
コレまでの食器台の前で、お水の器がない!と器の下でぺろぺろしつづけたちょび。

また台が四角だったため、その角に引っかかっては転ぶように。
高さを低くするついでに台は丸いものに変えました。


夜間の照明も引越し以来2年同じようにしてきましたが、今のちょびには明るすぎるらしく、
電球に群がる虫のごとく、照明の前をぐるぐる深夜徘徊するようになりました。
部屋の片隅で。
照明の位置を代え、ちょびスペースの明かりを暗めにした所、深夜徘徊は顕著に
止まりました。


ドライブも段々、ちょびには愉快なものではなくなってきたようで、ケージに
入れられていると『なにしろ嫌です』とわぉん!と訴えるようになりました。

立てない時も、わぉん!と吠えるようになりました。
お留守番させ帰宅すると、吠え続けていたりもするように。

寝ていても、寝心地悪かったりするとわぉん!


脳はなにかが変わったらしく、劇的にスイッチが切り変わったりします。
一旦ONになってしまうと、自分の意思ではOFFできない状態。

また自分の行きたいところには行き着けないというのも顕著です。
なにせまっすぐ歩けないから。
今までも勿論回っていたけど、回りつつも目的地にたどり着くというのが
可能でした。意思があれば有る程度の距離はまっすぐ歩けたし。
今は自分の意思ではまっすぐ歩くということは出来ない状態。

本当に完全異次元で小円運動がキツイ時には2歩回ってはペタるというのを
何時間でも繰り返しています。助けてやらないと吠えつつ・・・。

お薬ボールも認識は出来ますが、執事のところに行くという一歩が踏み出せず、
その場で佇んだまま、ぱくぱくしています。
思い通りに歩けない、踏み出せないのがよく分かります。

とはいえ、それでもご飯台の位置やお薬ボールは執事の手のひらにあるという
習慣はちゃーんと覚えています。

トイレも寝起きは訳分からず、くるくると回ってその場で粗相をしがちですが、
普段はそれなりにトイレシートでできます。
最近またベッドの位置を変えて、ちょびスペースの半分がトイレシーツ敷き詰め、
半分はコルクマットという環境ですが、一応ちゃんとトイレシーツに行きます。
ですが、ちっこ!と思ってから、実際にするまでに時間はかなりかかります。
うろうろしてる内になぜかトイレシーツエリアから外れちゃったりするしね。
反面、寝ているとちっこ!を我慢しちゃうのか、ベッドから立ち上がれずに
あせって立ち上がろうと暴れつつも、間に合わず失敗ということも多いです。

ベッドは防水のおねしょシーツで包んでいます。

こういった行動は本当に波があって、1回も粗相もなく、穏やかに過ごしている日が
あるかと思えば、それこそ何時間もずーっとペタり続け、吠え続け、
排泄全て失敗し、体力の限界を超えても徘徊し続ける日もあります。
いくら寝かしつけても、四肢をばたつかせ、まったく寝られないという日もあります。
そんな日はただ、お付き合いして、マリオカートのコースアウトの時のように
(知ってる?)うぃんうぃん♪ってペタッたら持ち上げるというレスキューを
数秒おきに続けるしかない執事です。


脳の機能低下はお薬があるわけじゃないけど、老犬の定番のメイベットDC、
そして人間界ではメイベットDCの成分と相乗効果を期待されている大豆セリンの投与を
始めてみました。

勿論、食器台や照明のようにちょっとしたことで解消できることも諦めずに
続けていきます。出来る限り、お互い楽に過ごせるように。

漠然と思っていたこうなるだろうなが現実になってみて、愕然とする一方、
あの時の予感が現実になるまでに1年という時間を過ごせたことは本当に驚きです。
執事的予測ではもっと早いハズだったから。

また、今のちょびの様子は見ていると悲しくなることも勿論多いのだけど、
でもたまに何も考えずにぼへぇ〜と眺めていると、これはこれで定めというか
ちょびへの贈り物な時間なのかも?とも思います。

腹毛わふわふ.jpg

ちょびは抑制訓練を入れたコで、本当によくこちらを観察していたコでした。
一切吠えなかったコでした。
人がいる限りはあきらめのいいコでした。(人がいない時をちゃんと狙って
数々の悪行はしでかしたケド)

そのちょびがあるがままでいる様子はインテルのCMじゃないけど
『僕は自由に生きる〜のっ!』なのかな?とも思える。
あのCMの鳥のダンスは執事的LOVEだったりするので、ちょびが目一杯
『僕は自由に生きる〜のっ!!』しちゃってる時に、そんなちょびをチアすべく
踊ってみたりもしている、壊れ始めてる?!執事顔(イヒヒ)

低下って考えると、もう全てが低下で、かなーり悲惨でかなーり悲しい事態だけど、
ちょびの犬生って考えると、これは最後の段階で、ここまで犬生、生き倒せてることは
ビーグルとしては、かなーり稀でかなーり幸運だったりするわけで。

なにせ、ちょびが初めてのスパシニ執事犬だから、この先まだ進化?!するのかも?だけど、
1年前にはもっと早く訪れると覚悟していた事態が先送りできたことは
本当にラッキーだったし(つか執事がビビリすぎだったという説もある?!たらーっ(汗)
でも主治医もここまでやるとはねぇ@@って呆れてるしな。やっぱラッキーなんだろうな)
この1年という時間は本当に嬉しいことばっかりで、執事として、
ちょびに寄り添って、一緒に過ごせた時間だったもの。

自分的執事業を精一杯やりましたって言えるもの!

本当に幸せで笑顔で満足な時間だった。
(そりゃね、現実には泣きたくなる日もぶん投げたくなる日もあったけどね顔(イヒヒ)
これはちょびが頑張ってくれたからだもの。
ちょびが執事にくれたおっきなプレゼント。

そして今、執事のお膝でふにふにぴすぴす言っているちょびは執事に
『ちょびの執事でよかったのぉ』ってしみじみ心底思える時間をくれている。

なにかご用?.jpg

たとえ、そのほかの23時間が『おんどりゃーっ!!』だったとしても、
でもお膝の上のちょびは無二の存在だから、執事にとって。

老犬オタクの執事は探せる限りの老犬の情報を!とかなり膨大な老犬の推移を見てきた中で、
老犬って一度崩れ始めると、堰を切ったように転がる例を数限りなく見てきて
どんなに頑張ってもそれは止めることが出来ないってどこかで思っていた1年前だった。
だけど、しつこく果てしない執事としては、出来ることはする!ってこと
膿まずたゆまず諦めずに続けてきたつもり。

そして、何よりそれに応えてくれ続けたちょびだった。

そもそも寿命が短い犬の、18歳を超えた1日1日というのはかなり貴重な時間なのは
間違いない。

ペタッとペタッの間の2歩だったとしても、それでも立って歩いているということは
かなり貴重なのは間違いない。

だから、これからもめげずに、めげるけど、うぃんうぃん♪ってレスキューし続けようと思う。

23時間、おんどりゃーっ!でも残りの1時間、お膝に乗っけようと思う。

くるくる回るちょびの傍らで、やけくそでも
『せんとり〜の、せんとり〜のせんとり〜の〜♪』って鳥ダンス踊ろうと思う。

やっと脳がOFFして、穏やかに眠るちょびの寝顔を可愛いのぉ〜〜〜と思える限り。

お膝で寝んね.jpg



『さぁ、いよいよです!』第二幕の幕開けです。

いつかこれを読み返し、また新たな想いを記せる日がきっとくるはずです。
1年前には知らなかった、分からなかったたくさんのことを
この1年で知ったし、分かったから。

その日まで、精一杯、執事をこれからも続けようと思います。
ちょびの傍らで。

1年前と変わらず、さぁ行こう!っていう気概は持っていたいと思います。


大きく変わってしまったけれど、でもそれでも、今のちょびは今のちょびなりに
“俺もやるぜ!!”なビーグルちょび(ただし18歳5ヶ月)です。
なんたってしっかりがっつり毎食完食だもん顔(イヒヒ)

この先もその時その時なりの“俺もやるぜ!!”なビーグルちょびであれますように。。。

pawライン.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
脊椎の反り返りやらお口の腫瘍の進行やら、まぁ、イロイロとあるけれど、
ご飯はしっかり喰ってます。そして、まだまだ歩いてます。
御の字です。
「い・ま・る」に食欲旺盛+歩行可能のオプション付きだもんグッド(上向き矢印)
歩行可能には各種“祭り”オプションももれなく付いてくるケド、まぁいっか顔(イヒヒ)
そこは目を瞑ろう、うん顔(ペロッ)
ニックネーム 執事 at 03:12| Comment(6) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする