2008年02月28日

バトンです

バニ母さんから戴きましたです!
結構過去に書いた事柄も多いのでもうご存知な方はスルーで(苦笑)

犬(足)犬を飼うように(わんこと暮らすように)なったキッカケは?犬(足)

先代のビーグル“やか”を、ほんの数日でしかも執事の不在中に亡くしてしまい
もう二度と生き物は飼わないと決意していた執事だったのですが、
兄弟が“やか”との数日を忘れられず、いつの間にかブリーダーを探して
予約してきた結果、半年後にちょびがやってきました。
兄弟は海外に行っちゃったり、独立しちゃったり、結婚しちゃったりで
いつのまにか見て見ぬふりだった私が執事となり、
ついには実家から拉致られちゃったちょびです。


犬(足)うちのワンコの変なクセは?犬(足)

う〜ん。なんにもないのよねぇ・・・。  
ぎょっとするような老化現象は日々新たに発生してるけど顔(汗)
しかも17年以上も一緒にいると“コレがちょび”って慣れちゃって
“変なの!”っていう感覚すらなくなりつつあるし顔(イヒヒ)

うーん、思いついたものとしてはファスナー付きの小分け袋。
ちょびは何故かコレには美味しいもんが入っていると昔から信じています。
仕事柄、こまごましたビーズやらボタンなどの仕分けにこのファスナー付きの小分け袋を
多用している執事家ですが、なにしろちょびはコレを見ると
嗅ぐとか舐めるとかいうチェックもせずにカプッと即喰い付きますあせあせ(飛び散る汗)
他のものはビニール袋なんかでもチェックするのにあせあせ(飛び散る汗)
ちなみにちょびのお薬はこの小分け袋に入れられて病院から貰ってきます。
病院でナン袋も(なにせ今は9種類のお薬なので)貰うとちょびは大騒ぎで
くれ〜〜っ!!と。
以前、先生がこのちょびの信じ込みを知らずに“はいっお薬ね!”と
鼻先にかざしたら、
案の定パクッ!とおやりになりました。超ご用心な執事です。
 
  
犬(足)ワンコの名前の由来は?犬(足)

コミックの“動物のお医者さん”の主人公、公輝(ハムテル)の飼い犬
ハスキーのちょびの名づけ親、親友の二階堂君の法則、
『小さきものはちょび』に従って
『小さきビーグル』だったのでちょびと名づけました。  


犬(足)寝るときはどうしてますか?犬(足)

低反発マット3枚重ねのスペシャルバージョンの“タンカーカドラーLサイズ”か
これも低反発マット4枚重ねの酸素ハウスにて、寝ております。
しかし、ラティス1枚隔てたところに執事が寝ているので、なにかあれば
即、救出に向かう執事です。
毛布やフリースをかけてちょびも散々寝ていたのですが、最近は
立ち上がる際に被っていた布類が脚に絡んで倒れてしまうので、掛け物は封印。
同時に壁のあるタイプのベッドは跨いで出入りが出来なくなっちゃったので、
ソファータイプのベッドを使用していましたが、それすら転ぶようになってしまった為、
カドラーのみになってしまいました。
まっ平らタイプよりもフチが盛り上がってるのが好きらしいちょびです。

      カドラーふち.jpg

自分で居心地の良い寝姿勢をとれないことも多いので、執事が抱っこでヘルプすることも
多い今日この頃です。伴って添い寝も増えて、執事はアレルギー持ちなので
鼻炎が悪化して副鼻腔炎になってます顔(汗) 
なので日常的に一緒に寝るのは執事の鼻が持たないので、別ベッドなんです。
  
      添い寝.jpg
             

犬(足)次にバトンを渡す人へのあなたからの質問は?犬(足)
バニ母さんから『 “ コレをやってて良かった♪ ” ということは? 』
というご質問。

やっときゃよかったバッド(下向き矢印)ってことだらけで、やってて良かったグッド(上向き矢印)ってことはないんだよねぇ顔(汗)

ただもう耳にタコかとは思いますが、今のちょびの主治医と会えて、9年ずっと
ちょびを診て貰ってきたことはホントに良かったと思ってます。
まだ元気一杯たっだ8歳から徐々に衰えてくるシニア期をリアルタイムで見守ってもらえた事は
なにより今、頼りになってます。生活面(環境や食事なども)まで細かく相談して
支えてもらってます。どんな細かい事でも疑問を相談しては教えてもらえますし、
時には愚痴をこぼして励まされたりも顔(ペロッ)なにより執事としては信頼できる主治医が
ちょびについていてくれるというのは本当に心強いし、執事以上にちょびの生命力を
信じてくれていることは大きな励みです。ちょっと見にはとっつきにくい感じの先生ですが
9年付き合って来て、その印象は大きく変わりました。
執事とちょびとの相性の良い、技術力も信頼できる主治医を
9年持てたことはホントに良かったと8歳までを考えても、他の方のお話を聞いても
心から思います。主治医に望むものは人それぞれかと思うし、
一般的には望むものが全て満たされた主治医と会うのは難しいのかも。
優先順位をハッキリさせてココが満たされていればまぁよし!
という妥協も必要な場合もあるのかなと思います。
専門医や大学病院といった専門機関が必要なことももちろんありますが、
一番身近な主治医がもっとも頻繁にお付き合いするわけですし、
そういう意味で、執事的には不満はなしの主治医を持てたのは超ラッキーだと思います。
最後までちょびと寄り添うのは執事と先生だと今は断言できますから。


犬(足)バトンをくれた人にあなたからのメッセージは?犬(足)

レスキューというきっかけで出会ったバーニーちゃんをご家族に迎えたバニ母さん。
バーニーちゃんがどんどん馴染んで、家族の大事な一員になっていく様子を
ブログで拝見できてとっても温かな気持ちにしてもらっています。
ちょびが実家での先代犬ちぃーちゃんと同い年というご縁で
いつもちょびの事を気にかけて戴いてホントに感謝!
成長してゆくバーニーちゃんを見られてホントに嬉しい執事です。
今後はぜひイギリス話もゆっくりできたらいいなぁと思っています。
お犬様方がなかなかじっとはしていて下さらないのがネックですが顔(イヒヒ)


さて、ろくに更新もしていないこのブログ。いつもコメント寄せて下さっている方は
既にお答えになってますしたらーっ(汗)
毎度毎度で申し訳ないのですが、はちまま殿よかったらお持ち帰りをよろしく顔(イヒヒ)

inubisline.gif

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ鼻血連発な執事。歯の治療も同時進行でちょっとボロってますたらーっ(汗)
ちょびとお揃いの蜂窩織炎顔(泣)1人と1匹、免疫力UPせねばGood
ニックネーム 執事 at 03:50| Comment(5) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする