2008年02月24日

くじける執事

ちょびさん、現在目の傷の治療中。
先日書いた通り、なにせ顔を擦り付けて歩くので傷だらけな眼球。
普段は眼軟膏を塗って対処。

しかし、先日、バーニーちゃんとむーちゃんとの3世代デートの最中に
どうやらカートのファスナーで大きな傷を作ったようで、みるみる目が腫れたもうやだ〜(悲しい顔)
執事、デートを切り上げ病院直行顔(汗)見えている左目の中央に傷がはっきり見えたし、
もうヤバヤバじゃ〜〜!!と。
実はあまり見えていない右目も傷が原因で白濁してしまっているちょびの目。
見えている左目も同じ事になったらと気が気ではなかったんです。
幸い傷は浅いとのこと。
でも眼軟膏は細胞の回復を妨げるから目薬を注してとの指示。
しかも保湿剤と抗生剤の2つともねと。

絶望的です顔(泣)

ちょびは目薬大っ嫌いなんです犬(怒)死ぬほど嫌いなんです犬(泣)
熟睡狙って注しても2回に1回は阻止される位。
1回成功しても、次のチャレンジは数時間後まで無理。なにせ警戒激しいしあせあせ(飛び散る汗)
日に日にその警戒は高まるし。若い頃は家族4人総出で全力で頑張っても無理だった程たらーっ(汗)
高い場所に乗せれば固まるのでは?と食卓に乗せてみたり、片目を塞いでおけば
見えないからいいのではと塞いでみたり、アトマイザーに詰め替えて抜き打ちで
シュッシュッ!!と襲ってみたり、アノ手コノ手で対抗してまいりました。
でもまともに注せるのは数回に1回がせいぜいであせあせ(飛び散る汗)

サスガに今回は見えなくなったらという不安が大きく、無理やりでも致し方なしの覚悟で
執事は臨みました。数日はなんとかまぁ1日7・8回のチャレンジで3回ほどの成功。
しかーし、ちょびの警戒度が上がり、ソレに伴い執事の無理やり度も上がり、
とうとうちょびさん、めったに鳴かないのにぎゃんっ!!とお鳴きになりました顔(汗)
散歩中の進め!催促以外鳴かないちょびが鳴くっつうのは相当相当嫌なんだなぁって。

サスガの執事もこれ以上の無理やりはもう出来ないかなと。
目が見えなくなるのは困るし、絶対避けたいんだけど、でも鳴いて嫌がるちょびを
1日なんども押さえつけてってのももう無理かなぁって。

幸い、傷も大分よくなっているとの診断ですし、執事無理やりは止めにします。
出来るときに出来るだけってスタンスで。
命に関わる治療であれば、鳴こうが喚こうが執事はします。
でも、既に老化による白内障も進んでいるし、視力の低下は傷が原因でなくとも
進んでゆくし・・・。数時間おきに執事と真剣勝負ってのは精神的にもキツイだろうし。
なにより、執事がキツイっす顔(泣)

あぁ、こんなことなら触り倒しておくんだったと真面目に後悔だらけ・・・。

目と口を触られるのは絶対に嫌っ!!なちょび。

どっちもシニアには多発する疾患部位。特に目。白内障は治療方法はないけど
進行を遅らせる目薬はあります。老化現象ですから多かれ少なかれシニアになれば
出てくる疾患。進行遅らせる目薬はずっと注さねばいけない訳で・・・。
ちなみにちょびはろくに注せませんでしたがたらーっ(汗)
目が見えないっていうのはやっぱり日常生活の支障は大きいです。

性格なのかそれともしつけの失敗なのか・・・。
今更ながら過去を悔やみつつ、くじける執事でございます。

“自然治癒力に期待!”と呟いた執事に“このお年でそれは・・・たらーっ(汗)”と
突っ込む先生。とほほ。分ってます、はいバッド(下向き矢印)
でも調子いい時は目やにも出ないし、メンタルも大きいと信じている執事ですので、
せいぜいイチゴを差し上げてお散歩行って、せめてちょびの日常の快適度を
出来る限り上げていこうかと思っております。

目アップ.jpg

右目の中央の白濁は傷が原因のもの。白目の充血は乾燥によるもの。
白内障の白濁は写ってませんが黒目全体に油膜のように広がってます。
アップにしたら顔が鳥っぽいあせあせ(飛び散る汗)コヤツ、ほんとにビーグル?!

ちなみに目に入らなかった保湿剤(ヒアレイン)は最近新陳代謝が悪くがさがさに
ささくれ立ってしまったお鼻のてっぺんに塗り塗りして有効活用顔(イヒヒ)
お鼻のがさがさを相談したら先生が使えます!と教えてくれましたるんるん
ぺろっと舐めても舌の動きも老化したのかてっぺんには届かないのよねぇ顔(汗)とほほ。
inubisline.gif
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 白血球とかキラー細胞とかマクロファージとかなんでもいいんで、
 頼むっ!!頑張ってくれっ!!  ←相当ヤケクソぎみな執事バッド(下向き矢印)
ニックネーム 執事 at 04:30| Comment(10) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする