2007年11月29日

ちょびがやってくるまで

プロフィールにはちょび以外メダカくらいしか飼った経験がないと書いてた執事。
でも本当は数日だけ犬を飼ったことがあります。
名前は『やかちゃん』。雌のビーグル犬でした。

当時、家に出入りしていたあるおじさんが息子が海外留学してしまった寂しさから
犬を飼い始めたと。ビーグル犬の雄で、
『毎朝散歩の催促されて、健康にいい』とか『犬と一緒に暮らすとこんだけ楽しい』とか
もう、山ほど犬自慢を聞かされました。で、実にうらやましくなった執事と家族は
おじさんの家に見に行くことに。妙にスリムなビーグルの仔犬がおりました。
遊び倒して帰って来ました顔(笑)
(でも帰り道、『仔犬は丸々しているほうがよい』という意見の一致をみましたあせあせ(飛び散る汗)

私達が可愛がっている様子を見たおじさんはちょうど受験生だった執事に
『合格したらビーグルをプレゼントするよ!』と。
執事は話半分に聞いていました。可愛かったけど、飼いたいまでは正直思ってなかったし顔(汗)

で無事合格した3月。いきなりおじさんから電話が。
『かわいいビーグルをブリーダーさんから手に入れた。初めてで慣れないだろうから
ある程度家で慣らしたら連れていくから。
あと雄はやんちゃだから雌にしたから安心して可愛がれるよ!』と。
えぇ〜???マジですか?!

執事父は真剣に動物が嫌い。でその母である執事祖母はもう目の敵って位、
動物が嫌いでした。なので、執事家では長らく動物は飼えなかったのです。
でもその前年、執事祖母は亡くなったので、まぁ、確かに執事父を説得すれば
やっと動物を飼えるチャンスではありました。
そんな事情も知っていたおじさんはプレゼントなら執事父も『駄目』とは言わないと
踏んでいたと思います。
突然で、しかも事後承諾で、びっくり!!ではありましたががく〜(落胆した顔)
結構嬉しかったりしておりました。
執事弟は動物大好きだし、執事母は小さい頃から犬や猫と暮らしていたので、
家族的にはそんなに不安はなかったのです。
みんなでやいのやいのと名前を『やか』に決め、来る日を楽しみにしていました。
この『やか』という名前は『番ねずみのやかちゃん』というイギリスの昔話から
立派な番犬になるようにと名づけたものです。

しばらく経ったある日、また突然おじさんから電話で
『週末に届けます。あまり大きくなっちゃうと可愛いのが楽しめないから』と。
でいきなり餌1袋と一緒に『やか』は我が家にやって来ました。
毎日ぎゃんぎゃん吠えていたのだけを覚えています。

執事は旅行にいく予定が前々から入っていた為、『やか』を残して数日後から出かけました。
そして、旅行先で『やか』が下痢をしていること、ご飯も食べないこと、
病院で寄生虫によるもので駄目かもと言われたことを知りました。
急いで予定を切り上げて帰宅しましたが、帰って来た時には
『やか』は冷たくなって、硬くなって、お花に囲まれて箱に入れられていました。
執事は『自分が戴いた犬なのになんて無責任なことを
してしまったのだろう』と本気で後悔しました。
徹夜で看病した妹と母の『ホントに苦しそうでかわいそうだった』
という言葉に何も言えませんでした。
『何もしてやれなかった』とぽそっと呟いた妹の姿を今でも思い出します。
知らせを聞いたおじさんは『家の責任だからこちらで引き取る』と
その日のうちに『やか』を連れて帰りました。
だから執事は『やか』をどうやって送って下さったのか知りません。
後で、『ちゃんとおくりましたから』と聞いただけです。

その後、あまりにも短かった『やか』との生活が忘れられなかった妹と弟は、
『もう一度飼いたい!』と。2人は『もう、こりごりだ』という父を説得して、
『やか』と同じビーグルを探し始めました。
偶然母が友人の近所のブリーダーさんの所で夏に出産予定があると聞きつけ、
3人はそれは楽しみにしていました。
でも執事は『やか』の事があり、飼いたいとも言えなかったし、
いまひとつ一緒に盛り上がれませんでした。
生まれたとの知らせに見に行こうと張り切っている3人に『私はいいや』と言ったほど。
執事の犬は『やか』で、その『やか』をほって置いて死なせてしまった執事は
生き物を飼う資格はないと思っていました。

そして『やか』が逝ってから約半年後、道中、
妹の手をガジガジ噛み続けながら『ちょび』が我が家にやって来ました。


本当に1週間にも満たない時間だったので『やか』の写真はありません。
顔もぼんやりとしか浮かばない・・・。

下これはちょび。
親父.JPG
現在に至るまで全くちょびに無関心な執事父の意外な1コマ発見!!
モザイクかけるのもったいないほどのデレデレ顔してるしあせあせ(飛び散る汗)
こんな時もあったんだね。。。しみじみ。
ちょびの耳も黒いしね。。。しみじみ。しみじみ。

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 『ぶっとい脚は大きくなる証』by公輝(通称ハムテル)
大きくはならなかったけど、丈夫に育ったね、ちょび。
なんやかやと病院にすっ飛んでってた執事ダケド、先日先生にしみじみ
『おおきな病気もせずによくここまで来たねぇ』と言われて『そうなんだ』と
始めて知った次第です。それなりに(ヘルニアやら根尖歯周炎やら熱射病やら)
病気はしたケド、ちゃんと見事あっさり回復したもんね♪丈夫だわ、やっぱり。
ニックネーム 執事 at 14:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする