2007年11月08日

ちょびが愛する人

ちょびはかかりつけの獣医さんが大好きです。

先生.jpg

最近はなんやかやで、週に一度は先生に「会いに行く」ちょび。

その出会いは9年前、ちょびが8歳の時でした。

詳しい経緯は改めて書こうと思いますが、先生に出会うまでちょびは本当に
獣医に恵まれず、不遇のちょびでした。ちょびなりに獣医に不信感を持っていたはずです犬(泣)

また、ちょびは決していい子ではありませんでした。診察台から飛び降りて逃走も
何度もしたし、先生にも散々キックやら頭突きやら鼻水をお見舞いしてきた過去もありますあせあせ(飛び散る汗)

トリミング台から逃走を図って、首を吊ったこともあります。
入院した時には出せ!出せ!と1晩中吠え続けたことも何度もありますし、
嫌がらせに水の器をなんどもひっくり返して水浸しにした挙句、その
ステンレスの器をケージにガンガンぶつけたこともあります。
先生はちょびを入院させたら、徹夜というのが恒例でした。
まさにビーグルの王道を行く、行いの数々を余すところなく披露して来ました顔(汗)

そんなちょびですが、9年という年月かかって今では
先生になら爪切りも毛刈りもほとんど暴れずにさせます。
執事がやろうとすると未だに猛烈に暴れますケドバッド(下向き矢印)
治療も先生になら注射もさせます。採血もOK。ほぼ無反応。
でも助手の先生だとしっかり暴れますケド犬(怒)
執事が抱っこで保定して、先生が処置するパターンならほぼ全ての治療が可能。
本日は執事抱っこで局所麻酔&手術台で前脚のイボをレーザーで焼いたし。
そして先日の入院の際には水もひっくり返さず(っていうか執事も
学んで、家から一式全部運ぶからね。入院の際は。お引越し状態)
吠えもせずお過ごしになったそう。

今でも、口の中や目を触られるのは先生でも嫌がりはしますが、それでも
先生になら口の中もまがいなりにも見せますし、目薬も差させます。
執事には絶対、断固拒否なのにもうやだ〜(悲しい顔)

勿論、年ゆえのパワーダウンもあります。
でも、それだけでなく、ちょびなりに先生ならよし!という信頼?!があるようです。
なにをされても、怯えたりといったことは一切ないですし、よく聞く「病院ストレス」とは
全く無縁なちょびです。フリーにしたら、自分から診察室入りますもん犬(笑)

ちょびは先生が大好きです黒ハート先生の声が聞こえるとひゅんひゅんと鳴きます。
先生がちょびの目の前で他のコを撫でていると、焼餅を焼きます。
診察の待ち時間が長く、声だけが聞こえている状態が続くと、ピーピー鳴き出します。

そんなちょびを理解して下さる先生は他のコの診察中でも、ちょびが鳴くと
ちょこっと撫でに来てくれたり、声をかけて下さいます。待ち時間が長い時には
疲れないように慣れている車で待機させて下さいます。夏には待合室の
一番温度が低い場所をちょびに空けて下さる配慮もしていただきましたし、
今でも、体調を見つつ、咳が出ればヒーターを、呼吸が荒ければ温度を下げてと
いつも気遣って下さいます。これは、9年のちょびの老化を全てリアルタイムで
主治医として見守って下さった先生だから出来ることだと執事は思っています。

いきなりシニアになって、久々だったり、初めてだったりの病院でここまでの
配慮はそれは無理ってものでしょうし、わんだってちょびのように我が物顔で
病院でくつろぐことはできないでしょう。ちょびだって最初は震えてました。
でも9年の経験で今や第二の我家状態にまで、なったんです。

シニアになれば、当然、多かれ少なかれ病気になります。病気でなくとも
機能低下は全身で起こるのです。ちょっとしたことで直ぐ体調を崩すのはもう日常茶飯事です。

そうなった時に、あせって病院に行っても、慣れない環境はメンタルも弱っている
シニアには大きなストレスになりかねません。かえって体調が悪化するコだって
いるくらいなんですもの。どんなにいい病院、先生だったとしてもそのストレスを
軽減することは難しいでしょう。また飼い主も長年の信頼関係のない獣医に
弱った我がコの命を預けるのは不安以外の何者でもないはず。

ですから、どうか元気なうちに、信頼できるかかりつけの先生を探す努力を始めて下さい。
元気だから、治療はいらない!ってお思いでしょうが、どのコも確実に年は取るのです。
爪きりだけでもいいのです。犬が先生に慣れる時間を作ってあげて下さい。
その様子から飼い主は信頼できる先生なのかを判断するチャンスが出来ます。
元気であれば、駄目なら他の先生を探せばいいんですもの。
もちろん、わんと先生の相性や飼い主と先生の相性だって重要。
また、待合室の様子から「高齢犬が多いな」とか「手術が多いな」とかいろんな情報が
手に入ります。高齢犬が多いということは最後まで治療をしてくれる可能性を
示唆していますし、手術が多いならば、外科の腕がいいのかも?とかね。
もちろん、よく聞くボッタクリかどうかも待合室の会話から分ったりもしますしね顔(イヒヒ)
シニアになるまでに時間があればあるほど、チャンスはあるのです。
元気だから行かないのではなく、元気なうちに行って、探して下さい。
いざ、病気になってからでは、もう遅いのです。シニアになってからの
獣医ジプシーは出来ません。8歳までにこの先生に最後までと思える先生を
探すことをぜひおススメします。ちょびにとってはこれこそが長生きの秘訣だったと
心から信じている執事いちおしのおススメです。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ昨夜、ちょびは久々に見事なジャンプをかましました!!
しかーし、案の定、着地に失敗して、右前脚を捻挫いたしましたたらーっ(汗)全治数ヶ月。
あっぱれ、ちょび。病院でもスタスタクッキー一目散だし、
レーザーして痛みが減ったらダッシュで帰宅だし犬(笑)
もぅ、こうなったら行け行けっ!ちょび!!です。
いざとなったら執事が歩行器買ってやるから、大丈夫だよ、ちょび。
安心して行けるトコまで行っとけ!!執事が付いてるからさGood


ニックネーム 執事 at 00:55| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする