2007年10月18日

吊るされるちょび その2

今日は、いかにちょびが普段吊るされているかをご紹介。

まずは散歩。
以前にご紹介した生犬バッグはモチロンなのですが、
愛情胴輪(初代バージョン)でも吊るされてます。

            愛情胴輪 つるし.jpg
                     PHOTO by Shigeru Yuyama

お分かりになりますでしょうか?
リードは常に、基本垂直顔(汗)
ちょびは地上数mm浮いてる?!



そしてドライブ中も

      車内つるし.jpg
     PHOTO by Shigeru Yuyama


ドライブ中は最初は立ったまま、お外を眺めているちょびなので
この間は吊るします。道交法違反の片手運転の執事。
10分もすれば、いくら吊るされてはいても体力限界につき、お座りします。
とはいえお座りは背中が痛いちょびはすぐに伏せ。そして熟睡。
ルームミラーに下がってる鈴の固まりはちょびを後部座席に積んでた頃、
執事が声をかけても聞こえないちょびはパニックになることがありました。
それを防ぐ為、聞こえる音である鈴を鳴らしていた名残。
今でも必死に執事の居所を探している時には鈴を鳴らすと聞こえるようなので
家にも備えてあります。助手席搭載にしてからは、パニックはなくなりました。
以前はもっと大きな折り畳みソフトケージに入れていたので、助手席搭載がスペース的に
不可能だったのですが、発作以来カートのバスケットで寝んねが出来るようになったので、
カートのバスケットを外しての助手席搭載に変更。


そして待望のお散歩バッグ(だっこバッグ改良バージョン)が完成!!

だっこバッグ(生犬バッグ)を見本に後足が食い込まないようにもう一個新たに作ってみた!

散歩バッグnew.jpg

だっこバッグがあまりに赤かったので、今回は紺にしてみました。
執事母、GOOD JOBGood
でもやっぱり、後足はぐずっちゃう顔(泣)
執事の夢は今回も叶いませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
こうなったら、後ろ足部分は取ってしまって、胴輪+前脚補助に更なる改良をします。
っつかするのは執事母だけど顔(ペロッ)
とりあえず足の負担が軽い土の上での散歩をメインにして
情報収集目的のみ(土の公園は情報が少なく刺激がないのだ)ちょこっと
アスファルトを散歩するようにしてます。
既にウールのコート着用のちょびだったりしますあせあせ(飛び散る汗)だって咳が出始めたんですもんパンチ


最後は

         ガチャピンとムック.jpg
                       PHOTO by Shigeru Yuyama

なぜか吊るされるガチャピンとムック顔(イヒヒ)
動くものや影があると気配が感じられて、犬が寂しくないと聞き、モビールを
買ってきた執事。でも無反応なちょび。小さすぎたかとしつこくビーチボールを
吊るしてみた。
ちょびは全く反応してないたらーっ(汗) 大きさの問題ではないらしい。むぅ。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 昨日から左後足の調子が非常に悪いちょび犬(泣) 
明日は久々のレーザーか?!執事は冬に向けて鍼治療も検討中。しつこいですからGood


ニックネーム 執事 at 17:27| Comment(15) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする