2007年09月05日

激写されたちょび

どこにも行けずに終わってしまいそうな1人と1匹のこの夏。

お互い、つまんないよねって事で、執事は前々から暖めていた
ある計画を実行しました。ある計画とは「ちょび撮影会」。

この計画、心配はたくさんありました。
ちょびが果たして疲れないだろうか?
初対面の人が来て、しかもキライなカメラ向けられてなんて大丈夫だろうか?
シャッター音にもフラッシュにもビビリまくるちょびを撮影可能なんだろうか?
なにより先日の誕生日じゃないですが、執事が力いれると
ちょびが崩れるってパターンを恐れてたし。
なにかあれば即、中止覚悟の計画でした。

先生に相談して、「いいじゃない!!ちょびさんは人好きだし、撮って貰いなよ!」
とのお言葉に勇気を得て、実現したこの日。

カメラマンさんがいらした途端、もう喜びまくって、夢中で腕舐め続けるちょびあせあせ(飛び散る汗) 
大きな荷物はビビるかもとまずは1つだけバッグをと気を使ってくださったのですが、
そんな心配いらんし。。。
撮影前にフラッシュのチェックもしてくださったのですが、全く気にしないやる気なちょび。
ついこの間、ビビリまくって逃走したのはなんだった訳?!
なにしろずっとカメラマンさんに張り付いてるし。おまえなぁ顔(汗)


執事の目一杯わがままな希望で、ご飯を待つちょび、ご飯を食べるちょび、寝てるちょび、
そして車に乗るちょび、病院へ行くちょび、先生にクッキー貰うちょび、散歩に行くちょび、
散歩仲間と戯れるちょび、要は日常普段の今のちょびを全部撮って下さいと御願いしました。
で、全部撮ってもらいました手(チョキ)
もぅハイテンションなちょびに先生もびっくりで、
看護士さんにも「眼力(めじから)違うし目」と突っ込まれ。
さすがにちょっと心配になり、途中お昼寝もさせ、日が沈む寸前にお散歩へ。
偶然にも2日前に知り合ったビーグル仲間のゴンタ君・ラブちゃんとも会えて、
その上、春以来ご無沙汰してたジャックラッセル・カノンちゃんとも再会。
飼い主さんは「夏を越えられなかったのかも?」とずっと心配して下さってたそうで。
ありがたいです。遠くから赤いカートを見かけて飛んで来てくださいました。
一緒に撮影しようとしたんですが、まだ1歳のカノンちゃん、
秒速で動いてたんで、ちゃんと撮れてるかは???

2日前に知り合ったばかりのゴンタ君とラブちゃん、そして執事の顔に
パンチ食らわせて、はじけてくれたカノンちゃんとの嬉しいこの日の
再会は偶然ではなくプレゼントだね。天気にも恵まれたし。
ほかのわんちゃんと一緒の写真までは予定してなかったもの、執事。


日が沈み、撮影は終了。

もう、執事もちょびも目一杯楽しんだ1日でした。

遺影撮影くらいの覚悟だった執事だけど、こんなにちょびが喜んでくれるなら、
また機会があれば実施しちゃおうかなと思ってます。
執事もめちゃめちゃ楽しかったし。

とはいえ、夏に溜めてた体力・気力は使い果たした1日だったので、
しばらくはおとなしく過ごす予定のちょび。

さすがに疲れたらしい。
疲れた.jpg
でも満足そうでしょ?

カメラマンさんの紹介はまた後日。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ きっと今後の写真はしばらくピントがあったものになると思われます。はい。
ニックネーム 執事 at 04:42| Comment(18) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする