2007年09月03日

遅ればせながらまとめて読んでみた執事

あやぽんさんもUPしてた老犬時間。ずっとメイプルさんのバナーで気になっていた
執事はあやぽんさんが早速購入したと聞き、ちょっと焦って図書館へ。

借りてきました。老犬本をあるったけ。

老犬本.jpg


執事、お恥ずかしながら、ちょびを飼って17年、犬飼育本といった類のものを
一切読んだことがございません顔(汗)犬通販カタログのコラム程度しか・・・。

やっとこの1年ほど、ネットサーフィンでいろいろな情報は読んでいました。
多くの実際の老犬との生活や介護、闘病記録も。

で人生初の老犬本十数冊、まとめて読んでみました。
それぞれ、微妙に異なる部分はありました。情報が真反対ってのも。
それはあやぽんさんの記事にもあったチーズ。。。(牛乳もね。心臓疾患が
死亡原因No2にも関わらず、牛乳が禁忌と記載があったのは少数でした)
ただ飼育環境や心構えといった方向性はおおむね皆同じでした。
唯一「はいっ?!」だったのはボーとしてる老犬は穏やかに不安や緊張もなく
暮らしているのだから放っておくようにというある獣医さんの意見。
う〜ん、執事的には有り得ません。ぼーっとしてるちょび、放っておいたら
くるくる回りますしバッド(下向き矢印)尻尾下がりっぱなしになりますしバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
これね、きっとやたら干渉するなって言いたかったのだと思います。
おもちゃの様にいじくるな!と。ただちょっと言葉が足りない気がしました。

著者も獣医師や老犬(ビーグル!)と暮らすノンフィクションライターや
犬訓練師と様々で、立場によって視点が違うのを比べられてなかなか興味深かったです。

巻末にいろんな情報一覧が載っているものもあり、これはコピーを
しておくつもりです。実際の介護記録サイトを多々紹介している本も
あったのですが、全サイト既に読破済みでした。

今回、老犬本を多数読んでみて、ちょびの8歳以降のシニア期の飼い方が
大きく間違っていなかったらしいと再確認できました。
これはひとえにちょびが8歳で出会った今の先生のアドバイスのお陰です。
同時に8歳までの飼い方が大きく間違っていた事も再確認しましたが・・・。
(歯の手入れをしなかったことで、長年痛い思いをさせ続けたし、
前歯と犬歯3本しか残せなかったし、その歯周病のせいで心臓もここまで
悪化したのだと思います。避けた方が良いと書かれていた餌も与えていたし、
もう山盛りに間違ってたたらーっ(汗)

1つ幸運だった再確認は複数の本で紹介され、一部の著者は推奨しているサプリを
ちょびは偶然にも4年前から食べていたこと。
これは十年ぶりに再会した子供の時からずっと犬を代々飼い続けていた友人が
ちょびが13歳になったと知り、(その友人はパピーだったちょびと会っています)
絶対効果があるからやってみろ!!と薦められたのがきっかけです。
それまでサプリなど知らなかったし、やろうとも思っていませんでしたが、
友人の15歳になった愛犬(同じくこのコがパピーの頃に執事は会っています)が
一度は寝たきりになったが、コレで今は歩いてるんだから!!
という言葉にやってみるかと思ったのです。
紹介してもらった動物病院に問い合わせ、紹介なのでいくらか割引できますとは
言われたものの価格は正直すさまじく高かったですがく〜(落胆した顔)
ちょびの先生に黙って与えたくはなかったので、
「実は友人から薦められて与えようかと・・・」と先生に話すと、
「いいですよ、アレ。うちでも扱ってますよ。ただとっても高いから
治療のしようがない癌の末期のコなんかに聞かれれば紹介するだけなんですけど、
元気な今から与えられるならぜひ!!」とのこと。なんと友人の紹介してくれた
動物病院でちょびの先生は代診していた経験もあり、ちょびの病院は当時
そのサプリを扱っていた全国でたった数箇所の動物病院の1つだった
という奇遇もあり、「これは縁だな」と思った執事は早速ちょびに与え始めました。
その後途切れることなく今日まで毎日ずっと食べてるちょび。
正直、これを食べてるからどこかがよくなったという変化はないです(笑)
でも17歳でまがいなりにも歩いてるビーグルはそんなに多くはないらしいので、
生きてるってだけでも効果なのかもしれません。最近、調べてみたら
結構メジャーになっているようで、いろんなサイトで販売されてました。
ただ、他のサプリに比べても高価な部類に入ると思います。
ちょびの体重でも餌代より断然高いですから・・・。
執事は割安な大瓶を半年に1度、病院で一応いくらか割引してもらって購入して、
それでもあまりの高さのクラクラしつつカードで支払いポイント稼いでマス。
ささやかな節約顔(ペロッ)本気で高いですけど、今更止める気はないです。サプリはある意味、
「いわしの頭も信心」で顕著な効果が即出るとは思っていませんので、執事。
ただ、最近ふと気付いたら、ちょびは相当長寿な事が分かったし、8歳までの
過酷な飼育環境を考えると、唯一プラスと考えられるのが先生との出会いと
このサプリだったので。

もし、老犬本を読んでみようかなと思っている方がいらしたら、出来るだけ
多く読んでみた方がいいと思います。1冊だけで納得してしまうと、
ちょっと足りないかな?な本もなかには有ります。
また同じ情報でも、詳しさや書き方がみんな違います。獣医師が著者の場合、
先生によって価値観も相当違うと感じました。ですから、その差を確かめるためにも
複数読まれることをぜひお薦めいたします。執事の住む田舎の図書館でも
これだけ揃ってましたから、購入する前に図書館で借りてみることもぜひ
お薦めします。読んでみて手元に置きたいと思うものだけ購入すれば充分かと・・・。
老犬はなにかと出費がかさみますしね。

実は執事、老犬本だけでなく、見取り方本まで借りてきました顔(イヒヒ)(あと薬の本も)
一応知っておこうかと。dalmaniaさまの記事でも下調べは必要と読んでいたし、
同じ市内の貴重な先輩とうこ様からの情報もあり、既にめぼしをつけて
調査は済んでいます。縁起でもないと言われるかもしれませんが、執事は
必要なことだと思ってます。なにせちょびはいつなにがあってもおかしくない
心臓をお持ちですし。。。
でもその日が来ないことを実は必死で願っている矛盾した執事です。

せっかく十数冊も読んでお勉強したので、これからこれを生かさねばなりませんので。
もっと待遇よくなる(かもしれん)から、せいぜい長生きしとくれ、ちょび。


        撮れました!天まではいかず、横ですが・・・。

   へそ天.jpg

  早速、本に書いてあった通り、ドッグタグ付けてみた執事。オイオイ。
  学んだのはソコかよっあせあせ(飛び散る汗)
***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ お腹は見たくなかったですって方、すみません。




ニックネーム 執事 at 20:52| Comment(13) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする