2007年08月06日

ホントのちょび ホントの執事

ここ数日、色々な方からメッセージを頂戴し、
そのお陰で、新たなわんちゃんの生活を覗かせて戴けた執事。
やっぱり、ビー飼いとしてはビーグルブログが最も共感できたり
する訳で。。。なんてったって、ちょびの昔を思い出す数々の悪さを
リアルタイムで引き起こしてる様子は格別顔(イヒヒ)
ほぼ、全て『ちょびもやってたよ!!』と肯けることばかり。
とはいえ、執事がランキング登録しているブログ村のビーグルサイト
だけで、142個という膨大な数。
なかなかチェックできずにいました。それが、飼い主さんから直接コメント戴けたことで、
その方のブログにお邪魔できて、ホントにラッキー黒ハート
多くの方が、日々の出来事を写真バッチリでUPしておられる・・・。

執事、びっくりです。皆さん凄い目

執事のこのブログ、初日にお断りしてある通り、日記ではありません。
ですから、ちょびの本日じゃない出来事をUPしている日もあります。
また、執事が『ほぉ!』と思ったことや、『もっと早く知ってればなぁ』と思った情報を
お伝えするというのが、このブログの一応目標・目的なので、出来るだけ詳細に書きたいという
思いからついつい、長っーい記事になってしまったりしてます。
情報を伝えたい場合には、『短く、要点のみ、的確に』と教わった執事ですが、
仕事じゃないし、あくまで執事の余暇のひとつのこのブログ、『いいんだもんっ!』ってなもんで、
好きなだけ書いちゃってますあせあせ(飛び散る汗)
『誰かが見てくれるかな?』だった半月前と比べ、『この方が見てくださってる』という
関係が出来始めたこの頃。
ちょっと不安も出てきたので、ここらでお断りをしておこうと思った執事です。

日々の出来事日記ではないとお断りした通り、記事には立っているちょびの写真が
UPされていても、現実にはその日、立てないで寝ていたりなんて日もあります。

また、執事が心血注いでちょびの面倒見てると思ってくださっている方、ゴメンなさいあせあせ(飛び散る汗) 
そんなぁ事ぁ 全くないです。←きっぱり。

今朝だって、ちょびが起きてうろついてるのは気付いてましたが、
『眠いんです、まだ』と睡眠強行続行していた執事。
昨夜は週末なこともあり、久々に友人と日付変わってから電話を始めて
明るくなるまで喋っちゃった執事あせあせ(飛び散る汗)
ついでに、記事もUPして、ちょっとみなさんの所を覗いてと結局寝たのは早朝。
ちょびのご飯は9時頃なのでそれまで寝るつもりでした。
9時に鳴る目覚ましが鳴らないからと安心して睡眠続行していたのですが、
ちょびが逆くしゃみをはじめ、ちょっと咳こんでいる音に気付き飛び起きました。
冷たいお水を飲ませて収まったちょび。ふと時計をみると8:00。
ご飯の前にちょっとブログ覗いて見ちゃおうかなっるんるんとPCを立ち上げると『12:40』の表示exclamation
なんですと?! アナログ時計の短針・長針見間違ってたんですわ、執事。
どうやら目覚ましはかけ忘れたか、止めたかしたらしく・・・。
焦って、ご飯をやって、ちょびに平謝りですバッド(下向き矢印)
強心剤は朝のみ投与なので、時間があくと薬が切れて、危ないのです。
ちょびがうろうろしてたのも、当たり前です、お腹すいたんだよね。
逆くしゃみに続く咳も、薬が切れたから出た可能性が高いし。

ここ2日程、軽く咳が出ていたので、先生に電話して経過観察の指示を戴いてましたが、
あさって先生が終日不在と聞いたので、今日、連れて行きます。
ちょびは心臓の機能が低下するとそれを補おうとして肺に水が溜まる
肺水腫を起こします。
起こしてしまうと自然回復は無理なので、手当てが必要です。その目安となるのが『咳』。
とはいえ『咳』をしたら、即、肺水腫というわけではないのでそこらの見分けは難しいですが、
総合的に判断して、要因がある場合や他のちょっとした異状が思い当たる場合は病院へ。
今回は咳が出始める前日に水をほとんど自力で取らなかった事と
今朝の投薬間隔をあけてしまった異状があるので。

完璧になんかしてませんし、出来ません。だからこそ、反省もあって、フォローをするんです。

老犬ですから、ちょっとの事が響くこともあるのでね。
分かってます、ほんとは完璧に出来れば1番いいってことは。
でもね、執事も人間。友達と長電話もしたいし、寝坊もしたい。
なので、こんなことになってるわけです。
長電話しつつも、ちょびをマッサージしてたりする愛情は一応持ってはいるのですが、
その数時間後に寝坊ですからバッド(下向き矢印)
マッサージはしなくても、命に関わらないけど、薬は関わる。
違うだろ、執事!!! と自分に突っ込みたらーっ(汗)
こんな矛盾をはらんだ執事がホントのところです。

ですから、間違ったこともたくさんしてるし、間違った情報を書いてる
場合だってある。
それを読んで、皆さんなりに活用していただければ・・・と思います。
『執事がこう言ってたから、実行したらこんな事になっちゃったパンチ
と言われても、執事、どうしょうもありません。
皆様、執事はいい加減な素人飼い主です。
どうか、充分疑ってかかって下さいまし。

以上、執事からのお願いでした。


勘弁.jpg
   俺としてはご飯が貰えないのだけは勘弁して欲しいです犬(泣)

仰る通りでございますたらーっ(汗) 吠えて要求は一切しないちょびの
我慢強さを不憫に思う執事。今後、気をつけます、ホントです。


とココまで書いて保存していた執事。この後ちょびは心不全(徐脈・頻脈発作)をおこしました。
日中に病院へ行き脱水が過去最悪の状態と分かり、
利尿剤をかけての皮下補液の処置で帰宅。
深夜2時近くになり、心拍が60前後まで急激に落ちたため(通常120前後)即病院へ。
心臓は薬が効きすぎてる位効いてるのですが、
脳からの心臓への伝達機能が働いていないらしく、生あくびをしていて、
急激な心拍低下と上昇を繰り返している状態なのが分かりました。
この状態では薬で心拍を抑えたら心臓が止まるし、
同様に薬で心拍を上げたらまた心臓が止まるという、心臓自体の治療は出来ない
との診断でした。そこで血液検査の結果、昼間の処置で脱水は
充分改善できているのが確認できたので、あえて再度強制的に脱水状態にして、
体内循環水分を減らし、心臓の負担を減らす処置をして頂きました。
リスクは高いです。
でもちょびの頑張りを知っている先生と執事の選択です。その後、何度か呼吸が乱れ、
一瞬止まる状態を心臓にショックを与えながらなんとか朝を迎えました。
朝イチの診察で、心臓の山は越えたとのこと。ただし、強制脱水させているので、
今後、肝臓に影響がでる可能性はあります。しばらくは慎重に経過観察を続け
数日後にまた血液検査で確認をします。
昨夜は最悪を覚悟して脈拍と呼吸の確認をし続けていました。
夜が明けるのがこんなに待ち遠しかった事はありませんでした。
そして明けた陽の光にこんなに感謝したことも。

ちょびは朝ご飯も普段通りに完食し、知らせを聞いて飛んできた
執事母をがっかり?!させました。
ちっちもちゃんとしていますし、お水も飲みすぎに注意な程飲めています。
とりあえず、今の所はまた『やる気』に助けられたようです。

8/3の熱射病対策の記事がサーバー不具合で飛んでしまったようです。なぜかブログ村からは見られます。訂正があるのですが、今は無理ですので、おいおい直します。少々、お待ち下さいまし。
上直しました。っつうか貼りなおしました。ふぅ。
********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ ありがとう、神様。。。頑張ったね、ちょび。。。 泣けてきたよ、執事。。。

ニックネーム 執事 at 12:01| Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする