2007年08月02日

「覚悟して下さい」だったちょび@ 熱射病発症

病み上がり.jpg
やっと少なめながらもご飯が貰えたちょび。 まだやる気はでないらしいたらーっ(汗)



ほぼ17年、駄目執事(および昨秋までは駄目執事一家)と生きてるちょび。

これまでに何度か先生から『覚悟して下さい』のお言葉を頂戴した経験がある。
全て、執事(および執事一家)の怠慢によるもの。

そうなのだ。犬の命を最も脅かしてるのは、実は飼い主だったりする。
直接なんかしちゃう訳じゃなくても。(許せないことだが、やってる奴もいるね、世間にはむかっ(怒り)
犬の体調の変化を見逃さず、適切な治療を適切な時期に受けさせれば、
脅かさずに、あるいは失わずに済む命は多いはずだ。
よくしゃべらないからって言うけど人間だって赤ちゃんは喋らんよね
ってことは喋らないことは免罪符にはならないよね。

それを頭では分かっているのに、してやれなかっただけに書くことは気が重い。
しかも、これから書こうとしてる事はこの時期、わんこ関係の情報として
もぅ、うるさいっ!ってくらい、皆さん目にしてるはずだ。
執事も『知って』はいた。でもやってしまった。
だから、どうか、どうぞこれを見た方が、もう一度『うちは気をつけよう』と
自分に引き寄せて思ってくだされば、と切に思う。

3年前の4月。晴れた、爽やかな週末。執事実家には1歳の誕生日を目前に
歩き始めた執事家初孫がご来訪。もぅ、皆メロメロでヨチヨチ歩きに夢中になっていた。
その間、わずか数十分。
当時、リビング脇のガラスサッシの向こうのサンルーム(っていうか物干し)
&そこから出入り自由な庭で生活していたちょび。
義妹が『お姉さん、ちょびが“はぁはぁ”言ってますけど。。。』とガラス越しのちょびを見て言う。
『いつものことだけど』と覗くと、『いつもの』ではない、“はぁはぁ”だ。
なんていうのか、肩で息するって感じ。ヤバっと思った執事は水を飲まそうと食器を見ると、空。
どういうこと?! 即、氷水に粉末ポカリを溶かしちょびに与えた。
食器半分ほど(250ccくらいかな)を一気飲みしたちょびを、
保冷剤を首や内股にあてて冷やした。いくらか呼吸が収まったかと思った数分後、
執事の膝から猛ダッシュで逃げ出すと、家中を全速力で走り出した。
もう1年近く登らなくなっていた階段も1段抜かしの勢いで
そのままのスピードで駆け上がり、そのまま今度は降りてきた、
というより半分転がり落ちてきた。一瞬たりとも止まらずにである。
しかもなにしろコレまで1度たりとも見たことのない尋常じゃないスピードなのだ。
執事母が『あぁ〜っ!ちょびぃ!』と悲鳴混じりの声をあげているので、
『興奮してるから黙って!』と怒鳴り、(自分も怒鳴ってたと思う)執事は
必死でなんとか体で止めようとしたがどうやっても捕まらない。
完全に“いっちゃってる”状態なのだ。その後数回失敗した後にやっと捕獲。  
この間、およそ5分程だと思う。(もっと長く感じたけど)即、病院へ。
病院までの30分も保冷を続けていた所、着く頃には落ち着き、ちょっと安堵した執事。
事情を説明すると、数人の先客がいたにも関わらず、先生は
“緊急なのでゴメンなさいっ!”と先にちょびを看て下さろうとする。
『だいぶ落ち着いたんで大丈夫です』という執事に、
先生は『血液検査してみないとだけれど、危ないですっ!』と。
???どういうこと???一気に頭ん中はパニックに。
血液検査の結果は腎臓の値が非常に高いこと、
細胞が死んだ証の数値も高いことを告げられた。
訳わかんない顔をしていたであろう執事に続けて、
『腎臓の値が165(仮)って出てますよね、これは160(仮)超えると
過半数以上は確実に腎不全を起こしてます。
で170(仮)になったらまず助かりません。細胞の壊死を表すこの数値も
ここまで高いと確実に脳がダメージを受けています。』と説明してくれた。
スミマセン、数値をはっきり覚えてないんです。たしか6と7の間で3桁だった気が
するって程度なので、仮とします。で多分BUNの値だったと思う。なにしろ
正常値の5倍位あったと思う。これは大ごとだと貧血起こしそうになったから。
で細胞うんぬんってのがGOTだったと思う。これは正常値の確か数倍あった
。)
その後確認した所、CPKが774(正常値49〜166)もうひとつはLDHだったそうです。
クラッと来た。点滴くらいは必要かもと思っていたが、
目の前でちょっとはぁはぁいってるだけのちょびが死にかかってるとは
全く、ぜんぜん、思えなかったから。
そんな間にも先生は助手の先生に矢継ぎ早に指示を飛ばし、後脚に留置を挿入され
即点滴開始。
沈静をかけて腎臓の治療を出来る限り行うこと、但し急変はありうること、
腎臓が治療できても、脳のダメージは避けられないことを言われた。
脳がダメージ受けるとどうなるのか?と訪ねた執事に先生は沈静を解いてみないと
分からないけれど、後遺症として痴呆の症状や四肢の障害が出る可能性は
高いでしょう、ただしそれも助かればの話ですっ!!と語気を強められた。
重ねてコレだけ腎臓の値が悪いんじゃ、どうなるかは分かりません。
あとはちょびちゃんの頑張り次第です。なにしろお預かりします。と。
この時の執事、何にも考えられない状態だった。どうしよう、どうしよう・・・と
ただそれだけがぐるぐる頭の中を回ってた。
その後2日、興奮を避けるため面会禁止を言い渡されて、電話のみだったが、
毎日の血液検査の結果、腎不全は免れたらしいことがわかった。
しかし、脳は・・・。命は助かりそうだとの知らせに、
たとえ垂れ流しだろうが、寝たきりだろうが、面倒を見る!、
自分が招いた結果なのだと自分に言い聞かせていた。
3日目、迎えに行くといつもと変わらず走り寄ってくるちょび。
先生に異常なかったんですね?と訪ねると、とりあえず現在見える形では
出ていませんが脳のどこかがダメージを受けているのは事実です。
あれだけの数値が出てましたからね。今後どういう形で出てくるか、
あるいは出ないままかはわかりません。と告げられました。 
ただただ命が助かったのが嬉しくて、後のことなんかどうでもいいのが
本音でした。


あまりに長くなっちゃったので明日に続く。


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へここまで長いとついてけませんな方、ごめんなさいたらーっ(汗) 
もう1日だけお付き合い下さいませんでしょうか。ついでにぽちっもお願い。恐縮です顔(汗) 




ニックネーム 執事 at 09:16| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする