2007年08月30日

わくわくな執事

この所、またいろんな介護情報を求めてネットを彷徨ってた執事。
特に欲しかった情報は散歩用の介助ハーネス。

今の散歩用ハーネスでは後脚のカバーが全く出来ない。

愛情胴輪.jpg

だいぶ以前、まだ足が弱る前に購入し、愛用中の愛情胴輪というもの。最近は見かけない。
デザインがリニューアルされた愛情胴輪2なる商品をみかける。
そちらの方が幅は狭い。で持ち手が背中に付いてる。素材も違う。
実物はコチラ右http://tiptop.shop-pro.jp/ 興味ある方は愛情胴輪で検索してみて。
ココは他より安かった。この商品は結構ホームセンターなんかでも見かける。

介護用ハニカムアシストバンドも同様。しかも持ち手の長さが散歩には短すぎ。
執事の腰痛が悪化するのは経験済み。
実物はコチラ右http://www.retriever.org/shop/kaigo/assistantband.html
こちらのサイトでは複数の商品の比較表があり、参考になると思います。
ちょびが実際着用してる写真は7/31にあります。
3・4年前に前脚を捻挫してぴょこぴょこ歩きになった時に焦って購入した非常にお高い商品。
その頃はこれしか介助ハーネスはなかったたらーっ(汗)
ちょびは持ち手1つタイプの最小サイズを着てますがぶかぶかです。
これはネットや通販でしか見かけないですね。

最もメジャーな某大手ペット企業の介護シリーズの後脚用は試着した所、バランスが取り辛く、
しかも今の散歩ハーネスとの併用はカートも引きずらねばならないし、
手が2本しかない執事には無理バッド(下向き矢印)
どちらかだけ弱ってるコのことを考えてあえて前足用と後足用を作ったのだとは
思うのですが、両方弱ってるちょびの様なコはどうしろと???
ベストを着ろと?ベストの持ち手は短すぎますが・・・。

どの商品も散歩させる前提で作られていない気がするのは執事だけでしょうか??
弱って来たからこそ、介助して1日でも長く自力で散歩させたいという
執事の願いは特殊なんでしょうか???
それとも、飼い主の腰痛までは面倒見切れんってこと????
調べれば、調べるほど、相当、黒くなってきた執事。


全身用の散歩介助ハーネスが必要!!と自力で歩ける残り時間を考えると
結構切羽詰っていた執事。

先日タンカーカドラーを購入したメーカー(PomPreece)からケアーハーネス
という名称で販売されているものがよさそうなんだけど
サイズ展開がこのメーカーサイズで5号まで。

追記:2009.1現在、6号サイズが展開されてます。

以前同メーカーから購入したちょびのトレーナーを見てみると6号だよたらーっ(汗)
小せえよ顔(泣)  コチラ右http://www.pompo-tokyo.com/product_info.php?cPath=47&products_id=2192&osCsid=0cf50f6d20f27d508b0e82709a135758

ちなみに、このメーカーのオリジナルのスーパー胴輪は自分で引っ張って、
圧迫で咳こんだり、グェッってなっちゃう子にはなかなかよいのでは?と思う。
首輪やテープタイプのハーネスが不安な方には
いいのではないかしら?MA−1デザインは大きいサイズもあり。
右http://www.pompo-tokyo.com/product_info.php?cPath=40&products_id=2124&osCsid=0cf50f6d20f27d508b0e82709a135758
ビーちゃんだとコメントもお寄せ戴いたこともあるま〜やさんの
『ビーグル侍』のチョビ君(同じ名前なの揺れるハートうちのはちょび。ま〜やさん家はチョビ)
が着用してます。
お気に入りリンクからどーぞ。過去ログでMA−1タイプと
ストライプのヒッコリータイプを着用したチョビ君が見られます。


その後数種を見つけ、実物がある店を訪ね歩いた執事。でも全滅。
大きすぎたり、機能的に使えなかったり。
輸入物はナイロン製が多く、今後を考えると擦れの心配もあったし、
テープの食い込みが非常に気になる商品が多かった。

いまや、脚の弱った中型シニア犬はいっぱいいるだろうにどうしてだよ!!パンチ
もはや、真っ黒黒な執事ちっ(怒った顔)

そんな中、ある情報が。
大型犬の介助用の全身用胴輪のオーダーができるらしい。
しかし、ちょびはどう肥えたところで大型犬にはなれない。
肥やしてどうするよあせあせ(飛び散る汗)益々歩けなくなるよたらーっ(汗)
しかも現在お休み中。

最後の望みで熱い思いをしたため、ちょびの写真もくっつけて
駄目もとで送ってみた。

その返事が来た。

手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ) 作ってくださるそうです 手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)
ただ、今迄作った最小の子でも12kg。
ビーグルはモデルになる子も近くにいないから、手探りで作成しますと。
試作して手直しをするという条件でその分、時間かかってもよければと。
執事、不覚にも涙出そうになりました。

ありがとうございます!
早速ちょびの細かい寸法を測り、横向きや上からの写真を添えて送りました。
出来上がるのが待ち遠しいです。
執事の首が伸びそうです。

出来上がってきたら、ちょびを全身ごと吊って、散歩するんだもん。
きっと執事の腕は筋肉痛でしょうが、一向にかまいません。
カモン、筋肉痛です。
ちょびの負担を少なくしていかにいっぱい歩かせてあげるかが大事なんで。

届いたら、散歩姿のちょびをご紹介します!
執事は今、非常にハイテンションで幸せな気分でございます。
涼しい秋、散歩日和な秋が非常に待ち遠しいです。
腕立てでもして、準備万端待ちたいと思います。←きっとしないケド

なんだかアフィリシエイトショッピングサイトのような本日の記事あせあせ(飛び散る汗)
買え!って言ってる訳では決して決してございません。
もし買って戴いても、執事にはなんの見返りもございませんので顔(汗)
ちょびと同じようなコを飼う誰かが、執事が膨大な時間を費やして探した手間をかけずに
済んだらいいなと思うだけでございます。
あるいはまだ元気なコを飼う誰かが、心のどこかでこの記事覚えていて何年かして、
そういえばひらめきって思い出してもらえたらと。

足が弱っても散歩は出来る。でももう1歩突っ込んで自分もわんも楽に散歩が出来ないか?と
思う方にちょびっとでも(ちょびゆえに顔(イヒヒ))助けになったらいいなぁと思うばかりです。


***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ なんでもいいけど秋は待ち遠しいねぇって方はぽちっと。

ニックネーム 執事 at 03:10| Comment(17) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

思い出の犬 〜ナカムラケン〜

執事が前に勤めていたお店は道路に面して、一面ガラス張り。
暇な午後などはぼーっとお外を眺めて過ごしたものです眠い(睡眠)

そのお店のお隣がナカムラさんというお宅でした。
でそのお宅では柴犬を番犬としてお外で飼われていました。
なかなか立派な番犬で、よく(不必要に?!)吠えておりました。
お店のスタッフは店の前の鉢植えの水遣りをするたびに吠えられ
お客様をお見送りするたびに吠えられ・・・。
いつのまにか、『ナカムラケン』(中村犬)と勝手に名づけて
“うるさいっちゅうのBad!!”とつっこんでおりました。

そんなある日、外から“ぎゃんっぎゃんっぎゃんっ!!”という尋常でない吠え声が。
執事、外にすっとんで参りました。店は幹線道路に面しており、
てっきり車に犬が轢かれたと思ったのです。
するとお隣から『おかぁさ〜んっ!!おとーさんが○○轢いたぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)』という子供の声・・・。
すかさず、『ひいてないからっあせあせ(飛び散る汗)』というあせった男性の声が。
なんとナカムラ旦那さん、車をバックで車庫に入れる際に
ナカムラケンをお轢きになったらしい顔(汗)・・・。
家族の問題に首を突っ込むのは・・・と執事はそそくさと店に戻りました。

このナカムラケン、毎日ナカムラおじいちゃんが散歩させていました。
このおじいちゃん、文字通り、雨の日も、風の日も毎日ナカムラケンを散歩させてました。
ナカムラケンはあまり散歩がお好きでないらしく、
いつもおじいちゃんの後ろをやる気なさげにひっぱられておりました。
台風の日などはおじいちゃんは上下合羽を着込み、装備もバッチリ手(チョキ)
でもナカムラケンはそのままで。
真夏の炎天下の日にはおじいちゃんは麦わら帽子にタオルで、装備もバッチリ手(チョキ)
でもやっぱりナカムラケンはそのままで。
ナカムラおじいちゃんはなかなか達者な方のようで、なかなか早足でズンズン歩く。
ナカムラケンは一直線に歩くナカムラおじいちゃんにひっぱられるような形での散歩でした犬(泣)

春・夏・秋・冬、毎日、毎日、執事の働く店の前を午後になるとおじいちゃんとナカムラケンが
右から左へ横切り、しばらくすると左から右へ横切って行くのでした。
執事が働いていた5年以上の間、毎日この光景を見ていました。

3年前に店はなくなり、その後、執事はナカムラケンとは会えなくなりました。

つい先日、お店のあった場所を車で通りがかった執事。
信号待ちをしていると、なんと目の前にナカムラケンとおじいちゃんが目!!
相変わらずおじいちゃんは麦わら帽子にタオルの装備バッチリ手(チョキ)
とぼとぼ歩くナカムラケンを後ろに従えておりました。

執事が働いていた期間とお店がなくなってからの期間を考えると
ナカムラケンももう立派なシニア犬のはず。
記憶にあったナカムラケンより一回り小さくなったかの様に痩せていました顔(泣)
あいかわらずの散歩姿を懐かしく思うのと同時に、
ナカムラケンの心の声を聞いてみたいと思ってしまった執事。
でも毎日の散歩がナカムラケンのケン生なのか?!とも思った執事でした。

ナカムラケン、元気でね。執事、秘かに君の幸せ、祈ってるから。



   dog tag.jpg
            シツジケンは室温24度で爆睡中

そして執事は本日、人生初の車自損。ちょびのお野菜を買いに行き、駐車場のまっ黄色なポールにガーリガリと顔(泣)顔(泣)顔(泣) 人参6本¥99!!に浮かれてたら。。。
ドア二枚、黄色になってますたらーっ(汗)たらーっ(汗) 保険でカバーOKとはいえ、凹んでますバッド(下向き矢印)

************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 今日もナカムラおじいちゃんに引きずられているであろう
ナカムラケンとやっちゃった執事にぜひエールを!!
ニックネーム 執事 at 19:13| Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

進化するちょびと執事 〜17歳になって出来たこと〜

ずっとちょびはお腹を見せない犬でした。
唯一、慕っていた執事弟には嫌々ながらも、前脚を抑えられると
それなりの時間は我慢して見せてました。
それだって手を離した途端、くるっと隠しちゃう。

なので、他のわんちゃんと会っても一度もお腹を見せるなんてことはしたことないです。
そのかわり?ガウガウしたこともないです。おしり、くんくんはしますけど。
あとは1時期なぜか茶色のダックスちゃんを見ると前脚で踏んでましたたらーっ(汗) 
すたたたたって近づいて、いきなりぶにっ!てダックスちゃんの胴体を踏むがく〜(落胆した顔)
お手をするみたいにあせあせ(飛び散る汗)なぜか茶色のコだけを選んで100%踏む。
最近、病院で会った茶色ダックスちゃんにはしなかったので、マイブームは去ったようです顔(汗)

そんなちょびの四脚マッサージを1年以上続けている中で、熟睡モードの時なら
へそ天が出来るようになったちょびと執事!
最近では、寝てない時でも結構出来る!!スバラシイ進化でするんるん
     
     ちょびと執事にとっては

パピーの頃から教えなくても出来る子がたくさんいるのは存じておりますが、
うちらにとっては進化なんです!ちょっとだけどね。

これに気を良くした執事。更なる進化を目論みました。
食べるのが下手になったココ半年ほど、食後のベタベタになった顔をタオルで
拭いていました。そのついでに唇もちょっとずつ触るように心がけました。
また目やにとる際に使っているカット綿(脱脂綿)を濡らしたもので唇もついでに拭くようにして、
カット綿にも慣らし始めました。で最近、歯を拭けるようになりました。
磨くまではいかないけれど。
2人がかりでも、絶対口の中は触らせなかったちょびの歯を触れるなんて
これまたスバラシイ進化でするんるん
     
     ちょびと執事にとっては

パピーの頃からちゃんと歯ブラシで歯磨きしてる子がたくさんいるのは存じておりますが、
うちらにとってはこれまた進化なんです!これまたちょっとだけどね。

またまた更なる進化を目論み、歯ブラシと歯磨き粉を購入してまいりました。←この調子にのる所が執事。

            歯ブラシ.jpg

なにやらこの歯磨き粉は犬が好む味だと書いてある。
獣医さんも推奨と書いてあるが先生に薦められた訳ではないです。

まずはラバーブラシで唇の周りを触ってブラシ自体に慣らしました。
嫌がらなくなって来たので、ほんのちょっと歯磨き粉をつけてみたら
やる気に火がつき、ラバーブラシを喰おうとしましたダッシュ(走り出すさま)
相当うまいようです、この歯磨き粉たらーっ(汗)
その後何度かチャレンジしましたが、ますます喰おうとしますたらーっ(汗)たらーっ(汗)
・・・・・・・この歯磨き粉は断念しようと思いますバッド(下向き矢印)
カット綿にしてもラバーブラシにしても歯磨きと言えるレベルではまだまだありません。
ちょっと表面撫でてるだけで。『歯撫で』か『歯触り』です。
歯垢だってこんなんじゃ落ちちゃあいないのは重々承知。
もう3年歯石取ってない(麻酔が危険なので)ちょびの歯が
この程度でよくなるとかは全く思ってないです。
でも進化には違いないんです。

     ちょびと執事にとっては

今迄無理と諦めてやろうともしなかった執事がやってみたことも進化だし、
まがいなりにも受け入れてるちょびも進化。どっちもちょっとだけどね。

結果なんにもついてこなくて、充分です。自己満足ですから、コレ。

へそ天できるようになって、お腹のイボもじっくり観察できるようになったし、
口を触るのが怖くなくなった執事は拾い食いした時には躊躇せず口から
取り出せるようになりました。それだけでもウレシイです。そうとういっぱいね。

本当はパピーの頃にしなくちゃいけなかったことです。でもそれをパピーの頃には
知らなかった執事。その後、知った時には断固拒否され、あきらめちゃった執事。
17歳にしてもう一回やってみようかと思った訳です。
もちろん老化で衰えてきたから出来たんだと思います。
今更、遅すぎるとも思います。
でも、しないよりはいいかとも思うんです。
今だから、嫌がらない程度にムキにならずに、世話のついでで出来るようになったんだし。

傍からみたら、アホな1人と1匹。意味ないじゃん!な行動かもしれません。
でも執事はウレシイです。

ちょびは微妙に迷惑そうです・・・。
少なくとも喜んではいませんたらーっ(汗)

へそ天も「歯撫で」も執事の手がふさがっているので写真が撮れません。
でも近い内に助っ人が来る予定なので、そうしたらUPします。
っつうか自慢します顔(イヒヒ)
みなさん、今更17歳のいぼいぼなお腹見たかないでしょうがあせあせ(飛び散る汗)


追伸:ずっと気になってたりょうすけくんのデンタルリンス、あやぽんさん所のミカわんも
始めたと知り、執事は進化第4弾として導入する予定。とことん、調子に乗る執事。
***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 執事はともかく17歳犬の微々たる進化は認めてやる!って方はぜひぽちっと。



ニックネーム 執事 at 21:48| Comment(18) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

執事の嫌な予感

前にも書きましたが、ちょびのおやつ乾き物系のトップはフリーズドライの豆腐。
近くのディスカウントショップで餌を買うついでに購入してました。
ところが、ココ数ヶ月見かけない顔(汗)
買い置きもとうとう底をつき、思い余った執事、メーカーに問い合わせ。
取り扱い店舗を調べて折り返してくださることに。
返事は、なんと今、いつもの店で特売してるそうな。
早速、行ってまとめ買い。記憶ではそれなりのお値段だった気がするのだが
なぜか本日¥78目!! やったね手(チョキ)

でも、コレ嫌な予感がする・・・。

急に安売りされるおやつやフード、大抵廃盤予定商品だったりするんだよね。
運がよければリニューアルでまたパッケージだけ変わって販売される。
このパターンはトイレシーツでよくあるよね。
執事も以前メーカーで働いてたから、値崩れ起こすと新パッケージにして価格調整したり、
在庫過多なものを安売りに放出して新パッケージにするという手法は重々承知している。

ただ、本気で売れない場合は売り切りで廃盤になっちゃうんだな、これが。

ちょびが現在食べてるドライフード、シニアチキン小粒は小袋しかない。
ただ同じシリーズのシニアラム&ライスやらシニアチキンやらは大袋がある。
でこの大袋、最近普段は扱ってないような店でもセールしてるあせあせ(飛び散る汗)

コレまた非常に嫌な予感がする。

そもそも大袋がない時点でちょびのご愛用品は販売数が少ないはずだ。
そうなると、リニューアルの際に廃盤にされちゃう可能性が高い。

またかよ〜ふらふら!!!

過去3回ちょびのご愛用ドライフードは廃盤の憂き目にあっている。
ゲ○ンズのチキン、ア○ポのチキン、セン○ティブのチキン・・・。
アトピーゆえビーフが食べられないちょび。


ラム(の一部のフード)は大丈夫なんだけど、牛が駄目なちょびは
将来チキンも駄目になる可能性がある。
だから駄目になった時の選択肢としてラムは残しておきたいのだ。
ラムだって全部が大丈夫なわけじゃない。
チキンだって、下痢しまくって食べられなかったものもあった。
今からラム食べちゃって、そのラムもアトピー出たら、
(牛駄目なコはラムも早々に駄目になる場合も多い)
その先は高っいダチョウやら兎やらの処方食くらいしかなくなるんで。
そうなったら、更に食べられるものが減ってしまう。

なにかほかのメーカーでチキンはないかと探してみたが、
執事のちょび餌基準に合格するものがない顔(汗)

執事は自分自身もそんなに体にいいもの食べてないし、ジャンク大好きだし、
ちょびのご飯に関しても、害にならず、栄養があればよしと思っている。
金額も執事の食費以上の出費をするつもりは基本的にはない。
『栄養があるもの』の基準はシニアになって以降は
粗たんぱく質25%以上であること。
これは先生からの指示だ。この基準を満たすとなると、
市販品ではいわゆるプレミアムフードと分類されるちょっとお高めなものになる。
そのなかでも最もメジャー所は仔犬時代にちょっと痛い目にあったことがあるので
執事はちょびに2度と与える気はなく、そうなると結構チョイスは少ない。
執事の食費以上払えばいくらでもあるんだけどね。
あるいは手作りご飯にすればいいんだけどね。手作りご飯は腹持ちが悪い(=消化がいい)。
消化よすぎて常に腹減りちょびになるので、1日3回ないし4回ご飯にしないといけない。
過去に体調崩した時に経験済み。もう少し体力が落ちてきたら、どうせ回数増やす必要が
あるだろうから手作りにするつもりなんだけどね・・・。
もう少し先延ばしして、手抜きはできないかなぁともくろむ執事。

どうしようかね、もしホントに廃盤だったら・・・。
執事、得意のメーカー問い合わせしようかしら?『もしかして廃盤ですか?』って。
答えてくれるとは思えないたらーっ(汗) どなたか業界の人ご存知ないですかね?


さてさて執事の予感は当たるのか?!



ねんね.jpg
昨夜ちょっと凄いモノ発見して、朝イチで病院へすっ飛んでった執事。
凄まじく暑いなか、連れて行かれて、疲れて寝てるちょび。

結論。ちょっと凄いと執事が思ったモノは脂肪腫瘍。しかも4年前からあったらしい。。。
知らなかったのは執事だけらしい。。。
詳しい話は後日。


***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ こんな予感は当たらんでほしい執事にエールを御願い。
ニックネーム 執事 at 14:32| Comment(21) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

来たぜ!!ブロガーの証

カカオさんから回ってきました。「夏バトン」
このバトンって奴、実は執事、前々からいろんなブログで拝見してて
「なんかお友達いっぱいでブロガーってカンジ!!」と勝手に憧れておりました。
ポチ子さん所でカカオさんから回ってきたバトンに答えたポチ子さんが
「次、欲しい人募集」とあったのを見ておもわず「あたし、もらっちゃおうかしらん」と。
よくよく見たら「chobimamaさんには回ってるし」の文字。
おもわず「あたしのこと??」と書き込み。
あほ執事はカカオさんのご指名に気付いてなかったのであります。
あはは。スミマセン、カカオさん。
やっと出来ます。憧れのバトン。
でもオチがつかない、イマイチな出来にちょっと不満な執事ではございますが・・・。

         「夏バトン」 

1)夏はスキ??キライ??理由は??

大嫌いです。蕁麻疹でるし、腎臓悪いんで、汗かけないし・・・。

2)夏といえば?

キ・ラ・イ

3)夏になると食べたくなるものは??

そうめん。下手すると1日3食そうめんだったりしちゃう。あと冷奴。
どっちもねぎを大量に入れて食す。夏は白いものが食べたくなる執事。

4)夏になると飲みたくなるものは??

う〜ん。優雅に『ディアボロ』と言ってみた。
最近、キリンからジンジャーディアボロ発売されましたが、
執事はやっぱ真緑のミントディアボロが好きです。
簡単に言うとかき氷シロップをソーダで割ったもんです。
パリのカフェでは大の大人が真緑のコレを飲んでるんだなぁ。
口ん中緑にしてさ。正確には日本のかき氷シロップとはちょっと違う味だけど、
激甘なことには変わりない。
最近はこじゃれたカフェでは結構飲めますよね!
執事はもっぱらお家で飲んでるけどね。
ペリエとフレイバーシロップで簡単にできますよん。

ちなみに執事は下戸ですたらーっ(汗)

5)夏の曲といえば??

風に乗って流れてくる「はぁ〜おどりおどるなぁら、ちょいととーきょうおーんど、よいよいっるんるん
でしょうか。埼玉だけどね、ココたらーっ(汗)


6)夏の最大の敵は??

ゴキですね。特に飛んでる奴。
あとは日差し。日焼けが気になるってレベルでなく
命の危機に陥った経験があるので・・・。

7)夏に必ずすることは??

ひまわりのアレンジを活ける。あかすりをしに行く。
ってどっちも今年まだやっとらんがなあせあせ(飛び散る汗)
夏終わるがなたらーっ(汗)

8)夏オススメの涼み方は??

“あっぱっぱー”でしょ、やっぱ顔(イヒヒ) 知ってる?!
だぼっとした部屋着っつうか日本式ムームーだな。
風呂上りのあっぱっぱーはサイコーっexclamation

9)夏オススメの心霊スポット

無難にお墓か?全く、心霊系に鈍感な執事。
でも虫の知らせとか前世はあると思う。
あれだけ美輪明宏が自信満々なんだから、絶対あるはずだ。

10)夏オススメの花火(種類)

落下傘!(古) あとはビニール傘の骨の先に箱型花火を下向きに
ぶら下げまくっての罰ゲームは見ている分には盛り上がる。
傘差してる本人はどうだか知らないケド。

花火大会では茨城の土浦の花火大会は
10月第一土曜日なのでまだ間に合うよん。
若かりし頃には毎年、刈り取り後の田んぼでがま蛙に脅かされながら
見物したもんだ。

11)夏オススメのデートスポット

奥日光の湯滝。滝つぼから流れる小川で水遊びできるんです。
戦場ヶ原も涼しいし、光徳牧場でアイス食べて、日光駅そばで
酒饅頭と湯葉を買って帰りましょう!!
どっちも本当においしいお店は予約のみ。あるいは朝イチで
行かんと買えないけどね・・・。

12)夏オススメのアナタのファッションは??

だから、“あっぱっぱー”だってば顔(イヒヒ) 
人前には出られないけどあせあせ(飛び散る汗)

13)夏女性に求めるファッションは??

若いうちに後々後悔しないように露出しとけ!!
若い子なら“元気でいいわね顔(笑)”で済む。
執事が露出したら、捕まる顔(汗)。きっと。


14)夏男性に求めるファッションは??

暑苦しくなければ、それで充分です。
あと、臭くなければ、もっといいです。


15)夏の良い思い出は??

いろんな所でした川遊び。執事、海は苦手なの。
でも川は大好きなの。

16)夏の嫌な思い出は??

日差しで全身ヤケドして高熱出して病院に行ったこと。入院させられそうになったたらーっ(汗)
その翌年、お付き合いで海に行くことになり、用心して
長袖・日傘で浜辺にしゃがんで日差し浴びないようにしてたら
みんなに“トトロかよ?!”と散々突っ込まれ、
証拠写真をばらまかれたこと。
日焼け止めで汗腺つまって蕁麻疹でるから、
日焼け止めも塗れないんだもん顔(泣) 最悪。

17)夏祭りは誰と行く??

昨年までは豆絞り手ぬぐいを首に巻いたちょびと行ってました。
昔は・・・ムフ。

18)夏休みの予定は?

ちょびと室内軟禁です。
みなさんのお出かけ報告で行ったつもりを楽しんでます。

19)かき氷の好きな味は?

練乳だけたっぷりなのがいいな。
抹茶は嫌い。小豆もかき氷では苦手。

20)プールでやったことのあるおばかなこと

ほぼ、かなづちな執事が泳ぐと相当おばかな姿らしい。

あと↑のヤケドの原因になった巨大浮き輪に乗って半日、
水には一切入らず流れるプールに浮かんでた事。

21)夏行ってみたいと思う観光地

東北の奥入瀬渓谷。
小川が平地の森の中を流れる光景がなにより好きなので憧れです。
外国ではイギリスの湖水地方(ピーターラビットの舞台です)。
学生時代に貧乏旅行で行ったのですが、
奥入瀬渓谷と同様、森の中を流れる小川の風景をバスから眺めつつ、
「絶対、免許とってドライブに来よう!!」と決意するも、いまだ
叶わず。

22)お祭とか花火大会には浴衣を着ていきますか?

着付け教室を昨年卒業したんで、今年は夏着物を着る!!と
張り切ってたんですが・・・。
誰か着付けしましょうか?よかったら。


23)夏であいうえお作文を作って下さい

あ→暑いけど(←ホントは暑くないけど)
い→いっぱい食べて
う→ウンをして
え→えっちらおっちら
お→お散歩するちょび。
 
お粗末でしたあせあせ(飛び散る汗)

24)夏っぽい人5人にバトンを回してください

ってか執事、最も「夏」から遠い所にいる人間なんですが・・・。
実物執事を知る友人達は「日差しの最も似合わない女」と呼ぶ程あせあせ(飛び散る汗)
しかも、毎日室温24度だし顔(イヒヒ)

はちまま殿、修行からお帰りになったら是非頼むよ顔(イヒヒ)
みどりんさんもいかがかしらん?
あやぽんさまはこんな事やってる時間なさそうだし。

あのぅ、無理です。誰か『やるぜ!!』って方は手上げて下さい。

**********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 押さんでいいです。申し訳ないんであせあせ(飛び散る汗)

ニックネーム 執事 at 00:06| Comment(15) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

ちょびと執事の夏の夜遊び

昨夜、日付が変わる頃になって風が出て、急に涼しくなった執事家地方。
既にいびきかいて熟睡モードなちょびをたたき起こし、外へ。
とはいえ、土の公園は照明がないので、明るい照明がある近所のコンビニ近辺をウロウロと。

暗いと目があまり見えていないちょびは転びまくるし、鼻も利いてないはずなのに
なぜか拾い食いだけはしっかり現役なちょびなのであせあせ(飛び散る汗)

鼻息あらく、尻尾も普段より上がってるし、嬉しさ爆発どんっ(衝撃)
よかったねClapウレシイねGood いい加減歩いたので
そろそろ帰ろうと抱き上げると、バタバタ暴れて断固拒否。
ココしばらく暴れたことなどないちょびのこの行動に、執事も心を動かされ、
カート乗車は見送り、自力歩行で帰路に。
しかーし、家目前で左折なさろうとするちょび。あのぅ、家は10M先なのですが・・・。
そんなことお構いなしに、よろよろ脚を踏ん張って『こっちへ行くのっむかっ(怒り)
たしかにその道はこの春まで毎日散歩してた遊歩道。
でもね、そっちに行ったらお家はどんどん遠ざかる・・・。
涼しいとはいえ、興奮からか、息も荒くなってきてるし。

でもね、この意思表示、ホントに久しぶり。。。あぁ、もうしょうがない。
執事勝てません。行きましょう!お付き合いいたします。思う存分行っちゃって下さい。
でもあんなに頑張った割には、ほんの数十メーターでやはり止まっちゃったちょび。
今度はおとなしく抱っこされ、カートに乗って帰りました。

今朝はやっぱり昨夜の疲れからか立てなかったちょび。
ゆっくり休もうね、と日中はずっとお昼寝。
夕方、陽も沈み始めた頃、昨夜のあまりの喜びぶりに明日は雨予報だし
行っちゃおう!と心を決めた執事。
またまた散歩へ。今日は土の公園へカートで体力温存してGO!
やっぱり土の上だと楽みたい。ふんふんっと陽が沈むまで歩いたちょび。
暗くなっちゃったけど、風はさらに涼しくなってきてこのまま帰るのはもったいない。
執事は日頃の運動不足を解消すべく、ちょびを乗っけたカートを押して
テクテク犬(足)はるばる以前実家にいた頃よくちょびと散歩した川沿いの遊歩道まで遠征。
覚えてる?とちょびに声をかけながら。当然、そのコースをたどると実家に到着。
折角だからと執事父と母に顔を見せていこうと実家に。
カートのまま顔だけ見せるつもりが吠え出すちょびあせあせ(飛び散る汗)
どうやら家に上げろと。だから、あんたはこの家のフローリングで
立てないから引越ししたんだろうが顔(汗)・・・。
仕方なく、ハーネス着用のまま、ちょびは約1年ぶりの懐かしの実家を満喫。
帰り際にはしっかりこれも約1年ぶりの再会を果たした執事父のはげ頭を舐め、帰路へ。
それでも執事はせっかくのこの涼しさをもうちょっとちょびと楽しみたくて、
さらに遠回りして、ちょびの子供時代から青年期の1時間散歩コースへ。
ちょびも耳を風にパタパタしながら満更でもない様子。
とはいえ、さすがにちょびが疲れてきたようなので、執事、後ろ髪ひかれつつも帰宅。
ふと時計をみると3時間ほど散歩していた顔(汗)うわぁ、ご飯の時間過ぎちゃったよ。
2晩連ちゃんのちょびと執事の夏の夜遊び顔(イヒヒ)

自分の足で歩き、風に吹かれ、ニオイを嗅ぎ、音を聞く。
たったこれだけの事だけど、ちょびにとってはなにより大事な、大好きな時間。

どうか、これからも一緒に行けますように。
ホントに楽しかったね犬(笑)


散歩.jpg

もう満足です。なちょび。 拒否覚悟で夏物半額セールにて数百円で購入したクールマットを
ご使用中。明日になったらどかされてるかもだけどねバッド(下向き矢印)そしたら執事が使うもん!

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ むっちゃかわいいコギちゃんにあっさり王冠奪われたちょびにエールを。
ニックネーム 執事 at 01:09| Comment(11) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

執事、おこぼれに与かる

昔、たしかアニメの主題歌で『ジョリーと僕とで半分こっ!』るんるん
っていう歌があったんですが、
執事家の場合、ほとんどは執事が食べてちょびはちびっとしか貰えません。
でも執事的には100%『ちょびの為』に買ってます。
自分だけなら果物なんてよう買わないもん。
だから、量的にはちょびがおこぼれに与かるんですが、
気分的には執事がおこぼれに与かるわけです。

以前にご紹介したちょびの定番おやつのミニトマト。
常に執事家冷蔵庫に完備されています。しかしちょびが召し上げるのは1日1個。
なので、ちょびが消費するだけでは追いつきません。

本日はちょっと目先を変えて執事の朝御飯に登場。

イングリッシュBF.jpg
かなり正統派なイングリッシュブレックファーストです。
執事、かなりの英国ラバー。
ビーグルも原産国はイギリスだったりするんだな、これが。

トマトは焼きます。でこれに卵、ベーコンかソーセージを添えて。
トーストは本場では日本のサンドイッチ用の薄さの食パン(耳付き)
を写真のようになぜか三角に切って、トーストラックなるものに挿してサーブ。
写真のラックは本場の大抵の金物屋に売ってる一般的なモノ。
もちろんかの有名なHarrodsなどでは純銀製の豪華なものも買えます。
手が出ない執事はHarrodsの紅茶でガマンあせあせ(飛び散る汗)
もちろん紅茶はジャーに入ったたっぷりのミルクと。
これにグレープフルーツジュースか半切りのグレープフルーツが付けば
ほぼ満点のイングリッシュブレックファーストです。
ただし、量はもっと多いですが・・・。卵も2個が当たり前だし、
ベーコンだって大きなのが3切れは付く。ソーセージも日本のフランクフルト程の
太さで長さは半分位のものが3本が基本。焼きトマトも大きなトマト1個が普通です。

ちなみにお皿もイギリス製。バーレー社が出してるアジアンティックヘザンツという
パターンのものです。これはプリントなので手頃なお値段。
ポットもあちらで結構見かけるものです。

とっても優雅なカンジに写って、大満足な執事。
さっさと撮影用小物は撤去して、箸でアイスコーヒー片手に戴きました顔(イヒヒ)
こんだけ暑い日本で、朝からミルクティー飲むほどカブレちゃいない・・・。

以前にイングリッシュスタイルのティールームで働いていた執事。
今度暇があったら3段トレーのアフタヌーンティーやるかな?
でも今オーブンないんで、スコーンが焼けないたらーっ(汗)
ちょっと涼しくなったら実家で焼こうかいな。
イギリスに関してはかなりマニアックな執事。英国ラブハートたち(複数ハート)なコメントも大歓迎です顔(ペロッ)



執事の朝飯には興味ないっ!!のご批判を頂戴するといかんので

タオル被り.jpg
本日のちょび。ちょっと病人を演出してタオル被ってみたりして顔(イヒヒ)

**********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 昔の映画『ネバーエンディングストーリー』のファルコンに似てね?って思った方、ぽちっと。そんな昔の映画知らんわって方もよかったら。


ニックネーム 執事 at 01:14| Comment(12) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

備えあれば憂いなし か?!

先日、黒ひげ1本になったと書いたが、今日よく見てみたら
抜けた1本が無事生え変わった、赤ちゃん黒ひげ発見!!
よかったよぉ。また2本体制で執事、一安心。

やっぱり『備えあれば憂いなし』よね手(チョキ)

で、先ごろの不調で初めて使用して、将来の為に備えたものは
下これら

備え さじ.jpg

錠剤を粉にする為のミニすり鉢とミニ擂り粉木。from 100均。
普段は以前ご紹介したお薬ボールなちょびですが、
今回は初めて粉にしてあげて下さいとの指示で、急遽購入。
そして、利尿剤を大量投与したので副作用の低カリウム血症予防の
リンゴすりおろしを与えるためのスプーン。
普段はみじん切りしてあげてるけど、すりおろして、与えるよう
指導されたので、全部しっかりこぼさず食べさせたかったのです。
やる気だったのでお皿で舐めさせてもよかったのですが、将来に備えて
あえて実験してみました。

最初は普通の平らなデザートスプーンで与えたのですが、幅があるため、
犬歯にガチガチ当たり、しかも食いついて離さないあせあせ(飛び散る汗)
強制給餌の際には『薬さじ』を使うと以前にもご紹介したりんのすけさんの記事を思い出し、
記事はコチラ右http://angel.ap.teacup.com/petite_suzuko/583.html
似ている形状のマドラースプーンとやらをまたまた100均にて購入。
それでもガチガチは言っていたので、将来に備えて、姪・甥のお下がりの
シリコン離乳食スプーンを早々に実家から調達してきた。
油断してると捨てられるからね!
まだ使ってないけど、やる気な時に使ったら食いちぎるかも??
人間の介護用で曲がるスプーンってのがあると先日見かけた
犬介護ブログにあったので、これも近々探してみるつもり。

今回は使わなかったけど、昨秋の引越し直後、さすがに環境の変化に戸惑ったらしい
ちょびが一時期痴呆?な症状になった時に使用したのがオムツ。
そこらじゅうをトイレにして回ったちょびに音をあげた執事、先生に相談して教えてもらいました。

ちょびはパンツタイプはさっさと脱ぐだろうと予想。
またチッチの量が多いのでマナーベルトでは足りないだろうし、やはり脱ぐだろうと。
ウンチはコロコロなちょびなので、まぁなんとかなるだろう。
以上から導き出されたちょび式オムツ チッチ対策版は

@レギュラーサイズのトイレシート(ポリマーが厚く入っているタイプ)を折りたたみ、
外表にしてちんちんの前の部分の腹に巻く。
Tシャツを着せておき、背中側でガムテープでとめる。
オムツ1.jpg

A子供用オムツ(パンツタイプでないもの。ちょびはLサイズが最適)
を横向きに、@の上から腹に巻く。
この際漏れ防止ギャザーをしっかり外側に開く。
オムツ2.jpg

@は動く雄の場合、普通にオムツをしただけだとお腹がびちょびちょに
なるので、その予防の為。
中心に切り込みを入れてちんちんを出す形を薦められましたが、
切り込みを入れるとやたらとポリマーの粉が出てくるし、それを防ぐ為にガムテープを張ると
痛かろうと思い、執事は実行しませんでしたが、本格的にオムツが必要になったら、
伸縮素材の肌に優しいテープで切り込みをパイピングして使うつもりです。
伸縮テープが意外に高価なのを知った執事は昨秋は買わなかったですけど。

この方法でお留守番の時などはチッチ地獄を防止しました。
ちょびの場合、パンツタイプは試してみたら、後脚がもつれて
上手く歩けなくなることが判明したので、このやり方がちょびには合ってるみたい。
将来、ウンチもオムツとなった時にはまた試行錯誤ですケド。

その後、トイレを拡大した結果、ちゃんとできるようになり、オムツは不要に。
でも、捨てずにとってあります。
なにかの時に、役に立つかなと思うので。
また、なにかの時は突然来るのを悟り始めたので。

おまけの1ショット。
オムツ姿を上から見ると、
オムツ3.jpg
        『なに、たくらんでるの??』と不安げなちょび。

出来の悪い小包状態のガムテープべたべた。
送り状に『なまもの』って書いてクール便で送るかい?な感じ。
って何処に送ろうかしらん??

ひらめきひらめき あっ!同じビーグル飼い仲間のななさんが
ストーカー1匹送ってくれって言ってたケド。。。
(ちょびと同じ13インチビーグルの大吉くん11歳のママです。
大吉くんページはコチラ右 http://petst.jp/myroom/blog/3816/

ななさん、ホントにいりますぅ?準備万端ですが顔(イヒヒ)
ちょび的にも室内軟禁限界状態なんで、旅は大歓迎かと思いますグッド(上向き矢印)
結構、送料かさみそうですので、着払いで宜しければ顔(ペロッ)

**********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 家にも送って!という奇特な方、ぽちっとよろしく。
でも『なまもの』が『なま』じゃなくなると困るので、執事。。。

ニックネーム 執事 at 02:06| Comment(12) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

ビーグルだらけのカレンダー

どなたのページで拝見したのか、定かでないのですが、
同じ犬種同士で365匹集まったら、カレンダーを製作してくれるという
『365カレンダー』を発見した執事目
もう何年か前からあるらしい。。。全く知らんかった。

サイトはコチラ http://www.365calendar.net/about/about.html

自分の好きな日付を選んでその日に写真と紹介文や誕生日を載せられるというもの。
1日1ビーグルなカレンダー。
ビーグルは既に362匹(印刷の関係上、362匹で1年分)集合していて、PartTは印刷決定!
で現在はPartUを募集中。

ちょびは出遅れたのでPartTは締め切り後。PartUでも
誕生日はゲットできず、だったら出来るだけ早い日を確保して、
その日を一緒に迎えられたらなぁと思い、元旦は既に埋まっていたので、1月2日に登録しました。
調度、前の年賀状に使った目出度いちょび写真もあったし。

正月.jpg
     秘かに黒子な執事の腕が写ってるし顔(イヒヒ) 

で、そのPartU、あと182匹足りません。
もしまだ登録してないって方がいらっしゃいましたら、今すぐGO!!
いっしょにカレンダーに載りませんか?



362匹集合したら印刷したものを買うことが出来ます。
集合しないと、印刷はなし顔(泣)。。。

いろんな犬種があるので、もちろんビーグルじゃない子も登録できますよるんるん
犬種問わずなのもありますし。

日本全国、それどころか台湾からの登録も結構あって、
ワールドワイドなビーグルが集合してます。
なんか楽しくないですか?

執事は『この子、かわいい!』とか『このコスプレ、凄い』とか『プロが撮ったの?』とか
既に結構楽しんでおります。
先日はこのカレンダーを見た方が偶然このブログを発見してコメントくださったし黒ハート
よくコメントいただいてる方の顔見知り?なビーちゃんが
登録してらっしゃるのを発見できたりして『ウォーリーを探せ!』的な楽しみも。

登録は無料。印刷したものを1部買え(¥2000)って書いてあるけど、
購入を申し込まない限り、勝手に送り付けられる事はないようなので、
いらないって方はフェードアウトも可能じゃないかな、たぶん、わかんないけど。
ちょっと登録が面倒ですが、日々ブログで鍛えてらっしゃる皆様でしたら問題ナシのはず。

ちょびが印刷されたカレンダーがやっぱり欲しい、執事。

もしまだ登録してない方いらしたら、周り近所のビーさん達も誘いまくって
みんなで登録していただけたらあと182匹も夢じゃない?!
締め切りは9月21日

ぜひぜひ、お待ちしてます揺れるハート

**********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 登録済みですって方、ぜひ日付教えて下さい!
あまりの数の多さにさら〜っとしか見てないので。

ニックネーム 執事 at 04:21| Comment(22) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

乗り切れなかった夏 〜メイプルさん、ありがとう〜

いつも記事の最後に張っているバナー。これをクリックするとブログ村の
高齢犬ランキングページが表示されます。

この高齢犬ランキングに登録している多くのブログを執事は数ヶ月前から読み漁っていました。
目の前で段々出来ない事が増えてゆくちょびの未来がどうなるのか、
不安で堪らなかったので。

そんな中で、それぞれの方がいろいろな事をその記事の中から教えて下さいました。

執事が読み始めた頃、寝たきりのわんちゃんのブログは3つあり、
それぞれ過去ログを含め、じっくり読ませて戴きました。
毎日の様子を克明に、記されている飼い主さんを本当に凄いと思っていました。
介護だけでも大変であろうに、ブログまで続けるなんて・・・と。
また、文字にしたりや写真を撮る事は辛いだろうに・・・と。

しかし、みなさん、実に明るく、ひたむきに現実を受け止める様子に
ただただ圧倒されていた執事でした。

そんな中7月5日にりょうすけ君が虹の橋に旅立ち、
後を追うかのように7月18日にはほくと君が虹の橋へ旅立ちました。
そして昨日、メイプルさんが虹の橋へと旅立ちました。

飼い主であるdalmaniaさんはこのブログを始めて以降、お忙しい合間に覗いて下さり、
励ましのコメントを頂戴していました。

先を行く先輩達を次々見送り、最後の日々を見せて戴いて、
みなさんの毅然と見取る姿を拝見し、
どうか安らかに・・・と静かに想う一方、やはり限りある時間を生きるちょびを目の前に
心は揺れます。つい先ごろ、一度は覚悟した命とはいえ、
ここ数日のすっかり元気な様子を見ていると抗いたい、信じたくないのもまた現実です。
みんなこの夏を乗り切れると思っていたのに・・・。
乗り切って欲しいという思いでしかなかった現実。

その強い思いを積み重ねて、1日1日を刻むからこそ、
はかない現実を毅然と見取れるのかもしれません。
もちろん、その裏にはたくさんの涙と寂しさとがあるのだけれど。

心からご冥福をお祈りします。
メイプルさん、頑張ったね、どうか安らかに・・・。
dalmaniaさま、本当にありがとうございました。
お2人の記録、徹夜で読んだ日からずっと、圧倒されつづけていました。
キツイ現実を笑い飛ばして、進む姿は私もこうありたいと思う憧れです。

**********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
ニックネーム 執事 at 00:47| Comment(16) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

黒ひげ 危機一髪!

先日、『白髪が増えるぅ』と嘆いた執事。
実は『若白髪』ってやつで20歳から白髪染め暦。。。
今や『若』はどこかに捨ててきたようで。
ちょびもいつのまにか『白髪頭』になってました。

先日知ったちょびより3ヶ月先輩のビーグル、オースティン君のママ、
りのさんから“『白髪頭』じゃなくて『ミルクティー色』よ!”のご指摘が。
りのさんがオースティン君を愛していらっしゃる様が目に浮かぶお言葉。

でお顔はすっかり『ミルクティー』色なちょびですが、おひげはむかしから基本、白。
嘘です。黒でしたたらーっ(汗)
昔の写真が出てきて、見たら、真っ黒でやんの。無関心ぶりがバレた顔(汗)


基本ということは例外があって
おひげもめっきり白くなってしまったちょびですが、

ひげ.JPG
             
              上   黒が2本

この黒ひげ、ずっと1本だったのが、今年の春頃に2本に増えてるのに
気付きました。

執事、元気になった証拠か?と大事に愛でておりました。

“増殖したりして?!”なぞと思いながら。

ところが先日、1本無くなっているのを発見。
が〜んっ。執事、微妙にショックです。

“最後の一葉”じゃないですが、ちょびのこの黒ひげが黒いうちは
まだまだイケると勝手に思っている執事。

2本に増えててよかったよ。
ひげも生え変わるのかしらん?
また生えてくるかな、黒ひげ?!

出来れば、執事の心臓のためにも、スペアというか保険というか
2本体制の方がありがたいんですケド。

わかめ食べさせようかしらん。俗説っていうケド。



で、ひげやらお顔やらは白いちょびですが、
お鼻や目のふちは黒。
このアイラインはビーグルの大きな『売り』のひとつかと。

でも犬種や色によっては(ラブやセッターなど)お鼻や目のふちがピンクな子も。
執事、ピンクな子を見ると、違和感あるんですよね、どうしても。
なんていうか、すっぴん見てるような何かが足りないぞ!な感じ?

いつのまにか執事の『犬』基準はちょびが基本になっているんですね。


執事にとっては 犬=ちょび。

17年もいると仕方ないかな。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 黒ひげ危機一髪! 得意ですって方、ぜひぽちっと。海賊飛び出す?!
いいえ、ブログ村サイトが表示されます。
ニックネーム 執事 at 11:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

執事、恐怖のズンドコで学ぶ

今回、力入れてお祝いした誕生日の翌日に『執事を恐怖のズンドコに』(みもーっ!!顔(笑)
叩き落してくれたちょび。
やっぱり、し慣れない事するんじゃなかったかと軽く後悔する執事。
タダで起きるのは癪にさわるので、記事の1本も書かせて戴こうかと。

最初の異変は先週火曜日の昼に朝ご飯を少量嘔吐したことから始まりました。
(7/31の記事参照)この記事で書いたように、過去の薬を保管していたお陰で
(7/25参照)お薬代はかからず、保管している吐き気止め薬を与えるよう
指示されました。

しかーし、執事ヘマしました。
気付いたのは日曜日あせあせ(飛び散る汗)咳が気になったので病院に行こうと
過去の薬バスケットを覗き、咳止めはあったかしらん?などと見ていて
吐き気止め薬の袋が2つあるのを発見!!なにぃ?!

同じ薬だが、1つは1/2錠、もう1つが1/4錠で量が違うがく〜(落胆した顔)
このことに気付かず、しかも運悪いことに執事、
1/2錠の量の多い方を2日間与えてしまっていましたふらふら
7/31の記事に書いたように、心臓に影響がある吐き気止め。
1/4錠の袋があるってことは、既に最後に嘔吐した1年前には
心臓への影響を配慮して分量を減らされてたって事だよね・・・顔(汗)
ヤバイと思い、病院に着くなり先生に報告。
「まずいねぇ」のお言葉を頂戴。そりゃそうだよね。
わざわざ注意して下さったのにバッド(下向き矢印) 早速、皆さんにもなんて思って
UPまでしておいて、このザマじゃねもうやだ〜(悲しい顔)
7/25コメレスにも書いた通り、ホントに籠に突っ込んでおくだけだった執事の失敗。
こんなことなら、薬代ケチるんじゃなかったよあせあせ(飛び散る汗)

一方、幸いだったことは、「シニアライフを共に」のあやぽんさんの記事を
見てから、毎日観察日記をつけていたので、
嘔吐後、ちょびが水を自分では飲んでいないことが把握できた事。
あやぽんさん、いつも感謝です!
http://mikawan.a-thera.jp/article/940347.html 左記事はコチラ

気付いた執事はご飯を300ccの熱湯でふやかすようにして、
1日トータル600ccの強制水分補給をしてました。
しかし、心臓の保護の為、毎日利尿剤を服薬しているちょびには
最低でも700ccの水分が必要だったバッド(下向き矢印)。それを知らなかった執事。
なので日曜日に病院に行った時には過去最悪の脱水状態だったちょび。
で、その影響で心不全起こしてた。発作というよりは吐き気止め薬の
影響うけた上、脱水により心臓に負担が掛かっていた所に、
通院の興奮で負荷に耐えられずな状態だろうと。
咳がでたのが心配で病院に行ったのだけど、肺水腫の心配はなく、
思っても見なかった脱水と心不全を偶然とはいえ発見でき、治療できました。

その日曜日の深夜、日付が変わり月曜になって直ぐ、ちょびの心拍低下。
昨日詳しく書きましたが、日中に脱水に気付き、治療をしていたし、
予想以上に回復していたお陰で再度の強制脱水処置が出来ました。
で今がある。

思えば、ヘマを立て続けにやったけど、そのフォローが偶然とはいえ
出来ていたので、助かったなと。
8/5に書いた通り、「失敗するからフォローする」を
本当に実践しているなぁと自分で自分に実感。

でも相当、綱渡りバッド(下向き矢印)だった今回。運がよかっただけとも言える。

これを教訓に失敗をしないで、更に観察力を磨き、異状があれば些細な事でも
すぐ電話しないと。←書いてて自分で難しいぞと思うあせあせ(飛び散る汗)
う〜ん、完璧には無理だけど(もう思い知ってますんで)、
出来るだけは努力しようと思います。

恐怖のズンドコ、そう何回も落とされると執事白髪が増えますんでたらーっ(汗)
こんな『ちょびとお揃い』は結構ですから!!

     かわいい今回新たに知ったことかわいい
ホネ心肺機能が落ちるとチアノーゼを起こし、舌が白や青白になるのは
知っていた執事。口を無理やりこじ開けて舌のチェックをしてました。
しかし、もっと簡単に分かるのが四肢の冷え。
肘下、膝下の四肢末端が冷たくなるんです。
日曜日の心不全の際にちょびがなってました。気付いてなかったケド。
先生に教えて頂きました。この状態になったら病院へ。
運ぶ間、冷えた部分をマッサージするだけでも効果はあるそうです。

ホネ心拍は太もも内側の付け根の血管で測ると先生に教わり実践していた執事。
今までこれを動くちょびに行うのは相当大変でした。
昨日書きましたが、偶然深夜の徐脈・頻脈発作後の観察中に
耳の血管で計測出来る事を発見しました。
看護士さんに確認した所、確かに太い血管があるそうです。
ちょびは垂れ耳だから特に測りやすい!しかも耳を指で挟めるので分かりやすい。
場所はちょびの場合は耳の中心に縦に血管が伸びてます。
垂れ耳わんこならイケるんじゃないかな?
興味ある方はいじくり倒して探してみて下さいまし顔(イヒヒ)
(ホントは耳写真撮って、画像の上に線引いて『ココ』って説明したい執事。
でも画像の上に字を書いたり、線や矢印書く方法を知りませんたらーっ(汗)
ご存知の方で、場所知りたいっていう熱心な方いらしたらどうか教えて下さい。)

ホネ深夜の徐脈・頻脈発作後の観察中の2時間、ちょびはずっと半眼を開けていました。
執事は苦しくて寝られないのだと本当にハラハラしていました。
翌朝、執事の徹夜をねぎらって下さった先生に「ちょびも寝てませんから」と言うと、
あっさり「いや。寝てたでしょう」とがく〜(落胆した顔)
眼圧の変化で半眼になってたと知り、微妙に納得いかない執事。
ちょびはこれまでしっかり眼を瞑って寝る子だったので、
思いもよりませんでしたが、結構半眼開けて寝る子はいるそうで・・・。
ただこの状態、眼球が乾燥で感染起こす危険があるそうです。
その為、現在ちょびは人工涙液成分の眼軟膏を塗っています。輸入物の薬。
これを塗っておけば半日は保護してくれるそうなので、目薬より長時間持つとのこと。
点眼は本気のバトルと大量の目薬が必要なちょびなのでありがたいです。
でもやっぱりそれなりのバトルと技は必要ダッシュ(走り出すさま)

     眼玉 001.jpg
      微妙なのですが、目玉が以前より飛び出てる『今日のちょび』


**********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 昨日のテンション低はどこへいったの?って方、執事極端なんですあせあせ(飛び散る汗)
ニックネーム 執事 at 11:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月07日

ビビリの執事、覚悟を決める

昨日、脱水の処置、皮下補液&利尿剤をして頂いた後、またまた
偶然ちょびの後の患者さんが来なかった為、(いつもは混んでるんですよ、マジであせあせ(飛び散る汗)
ちょびの分厚いボロボロな9年間のカルテをめくりつつ、
先生とこれまでのちょびの数々の『覚悟してください』な思い出話を
しました。

無事(なのか?!過去最悪値の脱水だぞあせあせ(飛び散る汗))17歳を迎えられた事を
本当に先生のお陰と感謝を伝えつつ、結論は2人とも
“『やる気』に尽きるよねぇ”でした。
もぅ、呆れるほど『やる気』なちょびに散々てこずって来たけど、
その『やる気』のお陰で今もちょびは生きてるよねと。
これから、年齢ゆえの症状は益々頻繁に起こるでしょう、
でもこの『やる気』を信じてこれからも頑張りましょうね!と再確認して、
脱水も回復してきたちょびと執事は笑顔の先生に見送って戴いて帰宅しました。
熱射病の時よりも悪かった脱水数値に、油断は禁物と1時間おきに脈拍・呼吸数の
確認をし、観察メモを取っていた執事。深夜1時を過ぎて、
脈拍が急激に落ちていることに気付きました。10分間、計り続けたのですが、
何回計っても毎分60回代。通常の半分です。ぐったりして立てないし。
即、先生に電話をしました。先生は考えにくいと再度脈拍の確認を!と
仰いましたが執事相当きっぱり『10分間計ったんですっ!』と。
とにかく連れて来て。運転は気をつけて!とのお言葉に助けられ、
いつもは後部座席に積むちょびを助手席に置き、ずっと片手で支えながら、
深夜の空いた道をぶっ飛ばして病院へ。
心電図を取ると、波形はしっかりしているのに、急激な
徐脈(脈が遅くなる=心拍数が下がる)と頻脈(脈が速くなる=心拍数が上がる)を
繰り返していることが分かりました。ここで先生『困ったな』とつぶやき。
この状態では心臓の処置は出来ませんと。下がりっぱなしなら上げる処置はできる、
その逆もしかり。でもこう、頻繁に繰り返しでは手の打ち様がない・・・と。
何をしても心臓が止まっちゃう・・・と。
執事、分かりました、もうここで結構ですと。ただ、いつのまにか涙がぽたぽたと。
先生はたしなめも、なぐさめもせず、黙っていつもちょびに下さるクッキーの箱を
取りに行かれました。そしていつもの様にクッキーを小さく砕き、ちょびに与え始めました。
ちょびは横向きに寝ながらも、夢中でぱくぱくっクッキーを平らげるあせあせ(飛び散る汗)
その様子を見ながら、
“『やる気』だねぇ、ちょびさん!ねぇ、執事さん、夕方にも話したけど
ちょびさんのこの『やる気』を信じるしかないよね”と。
その後、しばらくクッキーを平らげるちょびを前に無言な2人。
突然先生思いついた様に、『ちょびさん、ちょっと血貰える?』。
助手さんも看護士さんいない深夜、執事が保定して後足をぎゅぅっと握り血管確保、で採血。
無言のまま検査を始めました。検査結果に『いいじゃないっ!!』とやる気な先生。
なんですか?!執事、ウルウルなんですが。。。
『利尿剤かけましょう!!』って夕方治療したばっかりですが??
予想以上のスピードで脱水が回復している事、むしろ水分が多すぎる事、
補液なしの利尿剤のみで強制的にキツイ脱水状態にさせる事、
腎臓・肝臓にダメージは出るかもしれないけれど、これは後から治療は可能な事、
水分量を減らせば心臓の負担は減る事を矢継ぎ早に説明してくださいました。
もうなんでもいいです、執事。先生にお任せします。
ステロイドと利尿剤の注射をして頂き、呼吸が止まった時には背中の脇を
叩いて刺激するように、また脈拍が落ちたら立たせて歩かせて刺激して脈拍を上げるよう
なんだか矛盾だらけに思える恐ろしい指示を頂戴して、
ぐったりな(でもクッキー貰って満足な)ちょびをマットに包み
執事は帰宅しました。時刻は4時。ちょびの隣に横になり、
左手はちょびの胸に当て呼吸の確認を、右手は太もも内側に当て脈拍の
確認をしたいのですが、体がねじくれて上手く脈が取れない!!
同時進行を諦めて、片手は耳を撫でていたら、『はい?!』
耳に血管あるんです!で充分脈拍取れるんです!!
大発見です、執事。お手柄です!!お陰で同時確認可能です。
6時までの間に3回呼吸が止まりましたが、叩いたら復活。
この2時間、本当に長かった。
このまま止まるかもな呼吸と脈を自分の両手で確認し続ける作業。
ホントにホントに恐怖です。
最初は『大丈夫、大丈夫』と優しく声をかけてましたが、
徐々に『しっかりしなさいっ!』『がんばりなさいっ!!』の怒声まじりにたらーっ(汗)
もう耐えられなくなって6時にカーテンを開け、無理やりちょびを立たせてしまいました。
『とにかく朝だ!夜は越した。9時の診察までなんとかすれば、なんとかなる!』と
訳わかんないことを念仏のように唱えてました。
軽く?!パニックでおもわず執事母に連絡。
執事母、吹っ飛んで参りましたあせあせ(飛び散る汗)
通常通りの朝御飯をやると、控えめながらもくれっくれっ!運動もし、しっかり完食。
お薬ボールも完食。こぼれたご飯もしっかり拾って完食。
いつものままの、いつものちょび。。。
執事、この時思いました。『あぁ、これでいい』って。
もし今呼吸が止まったとしても、ちょびがちょびのまま逝くのなら
それでいいって。執事、笑ってそう思いました。
執事母もちょびの、いつものちょびっぷりに半分呆れながらも
『呼吸止まってもこの元気ならそれでいいね』と。
2人で『すごいねぇ、ちょび。さすがだね!』と撫でまくり。
だからもう腹くくって朝イチの病院へ。
心臓は落ちついた事。呼吸が止まったということは逆にちょびは
熟睡できていて休息できたという事。とりあえずここから水分を
充分補給して脱水を回復させる為の細かい指示を戴き、
ナチュラルハイなテンショングッド(上向き矢印)で帰って参りました。

今頃になって、段々安堵が広がり、と同時にバクバクして来ています。
既に30時間以上寝てないのですが眼がさえてしまって寝られない。
いつものビビリ。

でも、一度は覚悟を決められた事、決して無駄にはならないと思っています。
この事はもうこの先揺るがないと思います。勿論、心は揺れると思います。
でもきっとここに戻ってくる。結論は1つ。

『やる気』

これだけを、これだけは、最後まで信じて、信じぬいて。
それが裏切られる時は、来るべくして来た時間なのだと。

心臓に産毛の1本でも増やして。
でも寝坊はしないようにあせあせ(飛び散る汗)

脱水.jpg
脳圧が変化したようで、半眼開けてしか寝られなくなっているちょび
これでも熟睡中。ドライアイ防止の眼軟膏を必死で付けてる執事。


今回の発作は『徐脈・頻脈発作』で心臓自体は薬でコントロールされて
いる(波形は安定していた)のに、脳からの心臓の動きをコントロールする機能が
働かなくなった状態。脳の機能は熱中症の時に、ダメージを
受けているのは確実ですし、ここで影響が出たのかもしれません。
ただ老化でも脳の機能は確実に低下するそうですし、気圧による脳圧の
変化で血流に影響が出て、血管が詰まったり、流れが悪くなるという事も
大いにあるとのお話でした。現在、脳圧の変化によるものらしい、
眼圧の上昇(目玉が飛び出してくる)が見られます。
ただ、ちょびは元々非常に眼圧が低い状態で目玉が引っ込んでいたので、
見た目は普通ですが。脳は根本治療の方法がなく、対症療法しかないことから、
これからの治療の難しさを思います。。。
今回は予想以上にちょびの脱水の状態の回復が早かった
(それだけ体力があると判断した)、これまで腎臓・肝臓は全く問題がない
健康状態であることから、再度の強制脱水に踏み切りましたが、
この処置は通常ですと(特に心臓の悪い高齢犬には)なかなか選択は
出来ない常識外の方法のようでした。
脱水による心臓自体の発作を起こす、腎臓・肝臓に致命的なダメージを
与える可能性があるからです。
熱射病で記した通り、やってはならない脱水に急激に強制的に
させるのですから当然ですね。
先生も直ぐには考え付かない手段だったからこそ、一度は治療を諦めて
治療以外でできる最善のこと→いつも通りにクッキーを与えるをなさったのだと思います。
そこで諦めず、執事以上にちょびのやる気を信じて下さった先生に心から感謝を。
執事、あの場のあの空気の中でクッキーを持っていらした先生を本当に凄いと思います。
自分の生活を犠牲になさってまで、命を日々救い続け、
それでも救えない命もたくさん見続けていらした先生のお気持ちが
心底ありがたかったです。

*********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 『やる気』出して、ぽちっと行っとくぅ?グッド(上向き矢印)
ニックネーム 執事 at 08:00| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

ホントのちょび ホントの執事

ここ数日、色々な方からメッセージを頂戴し、
そのお陰で、新たなわんちゃんの生活を覗かせて戴けた執事。
やっぱり、ビー飼いとしてはビーグルブログが最も共感できたり
する訳で。。。なんてったって、ちょびの昔を思い出す数々の悪さを
リアルタイムで引き起こしてる様子は格別顔(イヒヒ)
ほぼ、全て『ちょびもやってたよ!!』と肯けることばかり。
とはいえ、執事がランキング登録しているブログ村のビーグルサイト
だけで、142個という膨大な数。
なかなかチェックできずにいました。それが、飼い主さんから直接コメント戴けたことで、
その方のブログにお邪魔できて、ホントにラッキー黒ハート
多くの方が、日々の出来事を写真バッチリでUPしておられる・・・。

執事、びっくりです。皆さん凄い目

執事のこのブログ、初日にお断りしてある通り、日記ではありません。
ですから、ちょびの本日じゃない出来事をUPしている日もあります。
また、執事が『ほぉ!』と思ったことや、『もっと早く知ってればなぁ』と思った情報を
お伝えするというのが、このブログの一応目標・目的なので、出来るだけ詳細に書きたいという
思いからついつい、長っーい記事になってしまったりしてます。
情報を伝えたい場合には、『短く、要点のみ、的確に』と教わった執事ですが、
仕事じゃないし、あくまで執事の余暇のひとつのこのブログ、『いいんだもんっ!』ってなもんで、
好きなだけ書いちゃってますあせあせ(飛び散る汗)
『誰かが見てくれるかな?』だった半月前と比べ、『この方が見てくださってる』という
関係が出来始めたこの頃。
ちょっと不安も出てきたので、ここらでお断りをしておこうと思った執事です。

日々の出来事日記ではないとお断りした通り、記事には立っているちょびの写真が
UPされていても、現実にはその日、立てないで寝ていたりなんて日もあります。

また、執事が心血注いでちょびの面倒見てると思ってくださっている方、ゴメンなさいあせあせ(飛び散る汗) 
そんなぁ事ぁ 全くないです。←きっぱり。

今朝だって、ちょびが起きてうろついてるのは気付いてましたが、
『眠いんです、まだ』と睡眠強行続行していた執事。
昨夜は週末なこともあり、久々に友人と日付変わってから電話を始めて
明るくなるまで喋っちゃった執事あせあせ(飛び散る汗)
ついでに、記事もUPして、ちょっとみなさんの所を覗いてと結局寝たのは早朝。
ちょびのご飯は9時頃なのでそれまで寝るつもりでした。
9時に鳴る目覚ましが鳴らないからと安心して睡眠続行していたのですが、
ちょびが逆くしゃみをはじめ、ちょっと咳こんでいる音に気付き飛び起きました。
冷たいお水を飲ませて収まったちょび。ふと時計をみると8:00。
ご飯の前にちょっとブログ覗いて見ちゃおうかなっるんるんとPCを立ち上げると『12:40』の表示exclamation
なんですと?! アナログ時計の短針・長針見間違ってたんですわ、執事。
どうやら目覚ましはかけ忘れたか、止めたかしたらしく・・・。
焦って、ご飯をやって、ちょびに平謝りですバッド(下向き矢印)
強心剤は朝のみ投与なので、時間があくと薬が切れて、危ないのです。
ちょびがうろうろしてたのも、当たり前です、お腹すいたんだよね。
逆くしゃみに続く咳も、薬が切れたから出た可能性が高いし。

ここ2日程、軽く咳が出ていたので、先生に電話して経過観察の指示を戴いてましたが、
あさって先生が終日不在と聞いたので、今日、連れて行きます。
ちょびは心臓の機能が低下するとそれを補おうとして肺に水が溜まる
肺水腫を起こします。
起こしてしまうと自然回復は無理なので、手当てが必要です。その目安となるのが『咳』。
とはいえ『咳』をしたら、即、肺水腫というわけではないのでそこらの見分けは難しいですが、
総合的に判断して、要因がある場合や他のちょっとした異状が思い当たる場合は病院へ。
今回は咳が出始める前日に水をほとんど自力で取らなかった事と
今朝の投薬間隔をあけてしまった異状があるので。

完璧になんかしてませんし、出来ません。だからこそ、反省もあって、フォローをするんです。

老犬ですから、ちょっとの事が響くこともあるのでね。
分かってます、ほんとは完璧に出来れば1番いいってことは。
でもね、執事も人間。友達と長電話もしたいし、寝坊もしたい。
なので、こんなことになってるわけです。
長電話しつつも、ちょびをマッサージしてたりする愛情は一応持ってはいるのですが、
その数時間後に寝坊ですからバッド(下向き矢印)
マッサージはしなくても、命に関わらないけど、薬は関わる。
違うだろ、執事!!! と自分に突っ込みたらーっ(汗)
こんな矛盾をはらんだ執事がホントのところです。

ですから、間違ったこともたくさんしてるし、間違った情報を書いてる
場合だってある。
それを読んで、皆さんなりに活用していただければ・・・と思います。
『執事がこう言ってたから、実行したらこんな事になっちゃったパンチ
と言われても、執事、どうしょうもありません。
皆様、執事はいい加減な素人飼い主です。
どうか、充分疑ってかかって下さいまし。

以上、執事からのお願いでした。


勘弁.jpg
   俺としてはご飯が貰えないのだけは勘弁して欲しいです犬(泣)

仰る通りでございますたらーっ(汗) 吠えて要求は一切しないちょびの
我慢強さを不憫に思う執事。今後、気をつけます、ホントです。


とココまで書いて保存していた執事。この後ちょびは心不全(徐脈・頻脈発作)をおこしました。
日中に病院へ行き脱水が過去最悪の状態と分かり、
利尿剤をかけての皮下補液の処置で帰宅。
深夜2時近くになり、心拍が60前後まで急激に落ちたため(通常120前後)即病院へ。
心臓は薬が効きすぎてる位効いてるのですが、
脳からの心臓への伝達機能が働いていないらしく、生あくびをしていて、
急激な心拍低下と上昇を繰り返している状態なのが分かりました。
この状態では薬で心拍を抑えたら心臓が止まるし、
同様に薬で心拍を上げたらまた心臓が止まるという、心臓自体の治療は出来ない
との診断でした。そこで血液検査の結果、昼間の処置で脱水は
充分改善できているのが確認できたので、あえて再度強制的に脱水状態にして、
体内循環水分を減らし、心臓の負担を減らす処置をして頂きました。
リスクは高いです。
でもちょびの頑張りを知っている先生と執事の選択です。その後、何度か呼吸が乱れ、
一瞬止まる状態を心臓にショックを与えながらなんとか朝を迎えました。
朝イチの診察で、心臓の山は越えたとのこと。ただし、強制脱水させているので、
今後、肝臓に影響がでる可能性はあります。しばらくは慎重に経過観察を続け
数日後にまた血液検査で確認をします。
昨夜は最悪を覚悟して脈拍と呼吸の確認をし続けていました。
夜が明けるのがこんなに待ち遠しかった事はありませんでした。
そして明けた陽の光にこんなに感謝したことも。

ちょびは朝ご飯も普段通りに完食し、知らせを聞いて飛んできた
執事母をがっかり?!させました。
ちっちもちゃんとしていますし、お水も飲みすぎに注意な程飲めています。
とりあえず、今の所はまた『やる気』に助けられたようです。

8/3の熱射病対策の記事がサーバー不具合で飛んでしまったようです。なぜかブログ村からは見られます。訂正があるのですが、今は無理ですので、おいおい直します。少々、お待ち下さいまし。
上直しました。っつうか貼りなおしました。ふぅ。
********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ ありがとう、神様。。。頑張ったね、ちょび。。。 泣けてきたよ、執事。。。

ニックネーム 執事 at 12:01| Comment(5) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

17歳になりましたのちょび

誕生日があやふやないい加減執事のせいで、2日に渡ってたくさんの
お祝いメッセージを頂戴いたしましたプレゼント
本当にありがとうございまするんるん

実はちょびはこれまでの16回の誕生日を1度たりとも祝ってもらったことがありませんでしたたらーっ(汗)
当たり前にスルー。
昨今はお犬様ケーキなどというものも、めずらしくはなく、
でも都会に行かなきゃ売ってませんから・・・と言い訳していたのですが、
とうとうこんな田舎にもお犬様ケーキを販売する店が出来た今年春。
執事、今年は買ってやるかなぁと思っておりました。
しか〜し、誕生日3日前に嘔吐をしてやっと通常食に戻ったとはいえ、
経過観察中のちょびに犬生初のケーキはヤバかろうとの執事判断により、
あっさり却下となりました。
でも、執事的にはやっぱりなにか『特別』をしてあげたくて、こんなもん作ってみましたexclamation

ク.jpg

執事特製、豪華フルーツゼリー犬バージョン手(チョキ) どうだっexclamation×2

お砂糖はなし。ゼラチンは原料が“牛”だったような気がするので寒天使用。
で中身は

ゼリー材料.jpg

こんだけ入ってます。メロン・すいか・桃・ぶどう・キウィ・梨 全6種類exclamation×2
刻むの疲れたよあせあせ(飛び散る汗) 全部ちょびが大好きな果物。
これでもか!と入れてみました。

本当は飾りつけもしてあげたかったのだけど、(材料いっぱいあまってるしあせあせ(飛び散る汗)
いくらなんでも食べすぎなので、断念。
飾りなしでも一気食いは危険な量なので、カットしてあげました。



ご満足いただけたようでClap。執事も嬉しゅうございますもうやだ〜(悲しい顔)



これまでは、誕生日を何気なく過ごしても、また次の誕生日が
当たり前に巡って来ると思っていました。
だからこそ、スルーできた訳です。
気付くの遅すぎなんですが、今年は初めて、なにか形に残したいと切に思った執事。
もし、叶うならば、これからもこの日を祝えたら。。。と思います。

皆さんの暖かいお気持ちをちょびと満喫した幸せな1日でした。

本当にありがとうございました。

ちょびはこのあとしばらくおやつには不自由しない
極楽生活を楽しみます犬(笑)
なにせ執事家冷蔵庫、果物だらけなんでねあせあせ(飛び散る汗)

*********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 2日続けてのショートネタ、拍子抜けな方もいらっしゃる?! 
執事、明日からまた張り切って参りますよぉ!!請う、ご期待exclamation



ニックネーム 執事 at 03:48| Comment(10) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

ストーカー  被害者:執事

朝、視線を感じて目を覚ますと

ストーカー1.jpg
いた。
毎朝律儀にもれなくおりますたらーっ(汗) 自分で立てる日はねあせあせ(飛び散る汗)


で、もうちょっと寝ようとふすまを閉めると

ストーカー2.jpg

今度はこっちかよっむかっ(怒り)


で洗面所に参りますと
ストーカー3.jpg


ストーカー4.jpg
間違い探し?してみてねるんるん
顔が怖くなってるよ犬(怒)



そしてやっぱり
ストーカー5.jpg

覗く。。。
そう、ここはトイレたらーっ(汗)たらーっ(汗)


誰かこんなちょびに禁止命令出してくれませんかね?もうやだ〜(悲しい顔)

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へこの数日、相当、頑張って読んでいただいた皆様に箸休めです。
お気に召して戴けたらぽちっとね。


ニックネーム 執事 at 00:00| Comment(15) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

「覚悟して下さい」だったちょび@ 熱射病対策

撮影拒否.jpg
ちょっと“やる気”が出てきて、しっかり撮影拒否なさるちょび

昨日の続き。

そう、熱射病です。

本当に幸いなことにちょびは命は取り留めました。
覚悟していた脳の後遺症もその後顕著に現れる事無くここまで来ました。
でも、今でも先生が危なかったねぇとおっしゃる位、ヤバかった(ようです)
原因は毎朝、ご飯の時に入れ替えるハズのちょびの飲み水を、
まだ入っているからいいかと量が減っていたにもかかわらず放置したこと。
さらに、それを飲みきってしまっていたのに気付かなかったこと。
そして、まだいいかと、クーラーのある隣の物干し(夏ハウス)
に移動させてなかったこと。
なにより、日差しがあったのに、執事が姪にかまけてちょびをほったらかしにしたこと。

用心をしていれば、簡単に防げたことなんです。
暑い日は注意が必要ということは重々知っていました。
でも、まさか4月の爽やかな陽気でなるとは思ってもみませんでした。
炎天下の中散歩させたり、放置しとかなきゃ、ならんだろうと勝手に理解していたんです。
後々、いろんな情報を読むと低気温でも室内でも起こす危険があると
ちゃんと書いてありました。
その部分をいつのまにかすっぽかして、知ってるつもりでいた執事がまねいた結果です。

熱中症・熱射病は簡単に起こします。でも、飼い主の簡単な処置で防げます。
問題なのはその簡単な処置をつい油断したり、面倒がったり、過信したりして
怠る飼い主です。自分がやっておいて偉そうに聞こえると思いますが、
これは執事の自戒です。

しつこいけれど、しつこくあえて書きます。
普段からも暑さで“はぁはぁ”いっている時には、ケーキなどを買うと
付いてくる小さな保冷剤を数個、バンタナで包み首の頭側(のど元ではなく)に
巻いてあげる。
25度以上の屋外では市販の冷え冷えマフラーなどでは冷却機能が足りません。
お散歩帰宅直後など急いで冷やしたい場合は、太ももの内側、
内股の部分に保冷剤を当てる。この部分に太い血管があるので、効果的です。
人間と同じでわきの下を冷やすのも○。脊椎を痛めている場合は首を冷やすと悪化するので、
首は避けて、わきの下や内股を。濡らしたタオルで体ごと包むのもよし。
冷たい水、あるいはポカリを10倍ほどに薄めたもの飲ませる。
脱水症状の場合、電解質が非常に狂っていますので、
原液のまま与えるのは止めたほうがいいと思います。
人間の乳幼児の発熱の際にもポカリは推奨されていますが、かならず薄めて
あたえるようにというのが常識のようですので、わんこの場合も当然でしょう。
氷を口に入れてあげるのもよい。だたし意識のない場合は窒息の可能性があるので、
強制給水は危険かと思います。
心臓が悪い子は一気に水分を大量を飲ませると発作を誘発する可能性も
あります。

そして、それでも呼吸が落ち着かない、体温が下がらない、意識がないなどの
緊急時は即、病院に連絡を取り、指示を仰いで、1秒でも早く病院へ!
病院に運ぶ間も冷やし続けるようにすると、予後が違うと思います。

執事もあの時、もしちょびが走り回るショック状態に
ならなかったら、様子を見てしまい、手遅れになっただろうと思います。
腎不全まで行ってしまうと、腎機能の回復は望めません。
いつも“はぁはぁ”してるしとか、暑いから当たり前とか、確かにその通りなんですが、
本当に紙一重の所で熱中症や熱射病は起こります。
その紙一重を予防できるのは飼い主だけです。
そして、その紙一重を判断できるのは血液検査だけです。


現在、執事家の冷凍庫は保冷剤が常に入っています。小さいものは6個大きいものは4個。
ちょびは首に2個巻いているので、通院などの外出時はアルミの保冷バッグに
替えの小さいものと内股冷やし用の大きいものを2個、そして薄めたDAKARA
(ちょびは心臓悪いからNa禁忌だからね。味&匂いがあるといっぱい飲んでくれるので)
の入った300mlペットボトルを詰めて持ち歩いています。

二度とあんな思いはしたくない、させたくない執事は今は必死です。
出来ることならばこんな経験はしないで欲しい。

もしも、こんな事とっくに知ってますな方はごめんなさい。
でもね、現実にたくさんいるんです。真昼間の炎天下の中
引っ張られてるわんこ達がね・・・。
みなさんの周りにもいるでしょう?だからこそどうか皆さんのわんちゃんは
執事の失敗を教訓にして、皆さんが守って、ね。
そして出来たらはぁはぁいってる他のわんこのママさん達にも
知識を広めて下さい。

「世界に広げよう!保冷剤の輪!!」(古っ)

追記:保冷剤の中身を食べてしまい、中毒を起こした例があるそうです。目の届く範囲での使用でないと危険ですね。情報を得たブログはコチラ下
http://blog.livedoor.jp/ladymam/archives/51022961.html?1188207226
非常に役に立つグッズですが、注意は必要という事ですね。(8/27追記)

今日は執事母が記憶しているちょびの誕生日。
(ちなみに執事の記憶では明日なんだけどね。血統書なんてとっくにどこかに
失くしちゃったので永遠に謎。他の家族に聞いたらもっと他の誕生日が出てくるかも?!)
何回かあった「覚悟して下さい」を幸いにも乗り越えて
ちょびは17歳になりました。
乗り越えられたのは、ひとえにちょび自身の“やる気”であったと執事は確信しています。
今、ここにいてくれることを手放しで感謝します。
ありがとう。
そしてお誕生日(あるいはお誕生日イブ?!)おめでとう、ちょび。

どうかすこしでも長く、この時間が続きますように。。。

***********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 保冷剤巻きます同盟に参加して下さる方、ぜひぽちっとお願いいたしますぅ。

この記事は使用しているアセラブログのサーバーメンテナンスの際に消去された為むかっ(怒り) 
バックアップを再度UPしたものです。
その際に一部訂正を致しました。また戴いたコメントも再度バックアップを再投稿いたしましたので、投稿時間は実際の投稿時間ではなく、再投稿の時間となっています。
よりによってこの日を消さんでも良かろうよ、アセラのサーバーパンチ

ニックネーム 執事 at 10:03| Comment(12) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

「覚悟して下さい」だったちょび@ 熱射病発症

病み上がり.jpg
やっと少なめながらもご飯が貰えたちょび。 まだやる気はでないらしいたらーっ(汗)



ほぼ17年、駄目執事(および昨秋までは駄目執事一家)と生きてるちょび。

これまでに何度か先生から『覚悟して下さい』のお言葉を頂戴した経験がある。
全て、執事(および執事一家)の怠慢によるもの。

そうなのだ。犬の命を最も脅かしてるのは、実は飼い主だったりする。
直接なんかしちゃう訳じゃなくても。(許せないことだが、やってる奴もいるね、世間にはむかっ(怒り)
犬の体調の変化を見逃さず、適切な治療を適切な時期に受けさせれば、
脅かさずに、あるいは失わずに済む命は多いはずだ。
よくしゃべらないからって言うけど人間だって赤ちゃんは喋らんよね
ってことは喋らないことは免罪符にはならないよね。

それを頭では分かっているのに、してやれなかっただけに書くことは気が重い。
しかも、これから書こうとしてる事はこの時期、わんこ関係の情報として
もぅ、うるさいっ!ってくらい、皆さん目にしてるはずだ。
執事も『知って』はいた。でもやってしまった。
だから、どうか、どうぞこれを見た方が、もう一度『うちは気をつけよう』と
自分に引き寄せて思ってくだされば、と切に思う。

3年前の4月。晴れた、爽やかな週末。執事実家には1歳の誕生日を目前に
歩き始めた執事家初孫がご来訪。もぅ、皆メロメロでヨチヨチ歩きに夢中になっていた。
その間、わずか数十分。
当時、リビング脇のガラスサッシの向こうのサンルーム(っていうか物干し)
&そこから出入り自由な庭で生活していたちょび。
義妹が『お姉さん、ちょびが“はぁはぁ”言ってますけど。。。』とガラス越しのちょびを見て言う。
『いつものことだけど』と覗くと、『いつもの』ではない、“はぁはぁ”だ。
なんていうのか、肩で息するって感じ。ヤバっと思った執事は水を飲まそうと食器を見ると、空。
どういうこと?! 即、氷水に粉末ポカリを溶かしちょびに与えた。
食器半分ほど(250ccくらいかな)を一気飲みしたちょびを、
保冷剤を首や内股にあてて冷やした。いくらか呼吸が収まったかと思った数分後、
執事の膝から猛ダッシュで逃げ出すと、家中を全速力で走り出した。
もう1年近く登らなくなっていた階段も1段抜かしの勢いで
そのままのスピードで駆け上がり、そのまま今度は降りてきた、
というより半分転がり落ちてきた。一瞬たりとも止まらずにである。
しかもなにしろコレまで1度たりとも見たことのない尋常じゃないスピードなのだ。
執事母が『あぁ〜っ!ちょびぃ!』と悲鳴混じりの声をあげているので、
『興奮してるから黙って!』と怒鳴り、(自分も怒鳴ってたと思う)執事は
必死でなんとか体で止めようとしたがどうやっても捕まらない。
完全に“いっちゃってる”状態なのだ。その後数回失敗した後にやっと捕獲。  
この間、およそ5分程だと思う。(もっと長く感じたけど)即、病院へ。
病院までの30分も保冷を続けていた所、着く頃には落ち着き、ちょっと安堵した執事。
事情を説明すると、数人の先客がいたにも関わらず、先生は
“緊急なのでゴメンなさいっ!”と先にちょびを看て下さろうとする。
『だいぶ落ち着いたんで大丈夫です』という執事に、
先生は『血液検査してみないとだけれど、危ないですっ!』と。
???どういうこと???一気に頭ん中はパニックに。
血液検査の結果は腎臓の値が非常に高いこと、
細胞が死んだ証の数値も高いことを告げられた。
訳わかんない顔をしていたであろう執事に続けて、
『腎臓の値が165(仮)って出てますよね、これは160(仮)超えると
過半数以上は確実に腎不全を起こしてます。
で170(仮)になったらまず助かりません。細胞の壊死を表すこの数値も
ここまで高いと確実に脳がダメージを受けています。』と説明してくれた。
スミマセン、数値をはっきり覚えてないんです。たしか6と7の間で3桁だった気が
するって程度なので、仮とします。で多分BUNの値だったと思う。なにしろ
正常値の5倍位あったと思う。これは大ごとだと貧血起こしそうになったから。
で細胞うんぬんってのがGOTだったと思う。これは正常値の確か数倍あった
。)
その後確認した所、CPKが774(正常値49〜166)もうひとつはLDHだったそうです。
クラッと来た。点滴くらいは必要かもと思っていたが、
目の前でちょっとはぁはぁいってるだけのちょびが死にかかってるとは
全く、ぜんぜん、思えなかったから。
そんな間にも先生は助手の先生に矢継ぎ早に指示を飛ばし、後脚に留置を挿入され
即点滴開始。
沈静をかけて腎臓の治療を出来る限り行うこと、但し急変はありうること、
腎臓が治療できても、脳のダメージは避けられないことを言われた。
脳がダメージ受けるとどうなるのか?と訪ねた執事に先生は沈静を解いてみないと
分からないけれど、後遺症として痴呆の症状や四肢の障害が出る可能性は
高いでしょう、ただしそれも助かればの話ですっ!!と語気を強められた。
重ねてコレだけ腎臓の値が悪いんじゃ、どうなるかは分かりません。
あとはちょびちゃんの頑張り次第です。なにしろお預かりします。と。
この時の執事、何にも考えられない状態だった。どうしよう、どうしよう・・・と
ただそれだけがぐるぐる頭の中を回ってた。
その後2日、興奮を避けるため面会禁止を言い渡されて、電話のみだったが、
毎日の血液検査の結果、腎不全は免れたらしいことがわかった。
しかし、脳は・・・。命は助かりそうだとの知らせに、
たとえ垂れ流しだろうが、寝たきりだろうが、面倒を見る!、
自分が招いた結果なのだと自分に言い聞かせていた。
3日目、迎えに行くといつもと変わらず走り寄ってくるちょび。
先生に異常なかったんですね?と訪ねると、とりあえず現在見える形では
出ていませんが脳のどこかがダメージを受けているのは事実です。
あれだけの数値が出てましたからね。今後どういう形で出てくるか、
あるいは出ないままかはわかりません。と告げられました。 
ただただ命が助かったのが嬉しくて、後のことなんかどうでもいいのが
本音でした。


あまりに長くなっちゃったので明日に続く。


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へここまで長いとついてけませんな方、ごめんなさいたらーっ(汗) 
もう1日だけお付き合い下さいませんでしょうか。ついでにぽちっもお願い。恐縮です顔(汗) 




ニックネーム 執事 at 09:16| Comment(14) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

伸ばしません!曲げません!  〜執事の改心〜

先週末、ちょびはリハビリ開始翌日、ぐずぐずになりました。
後脚も今迄ここまではないって位、よたよたで斜めに崩れてしまうし、
それをカバーしようにも前脚が前に出ず、
まともに歩けないし、静止して立っていられない。
何より、非常にナーバスになり、執事がちょっと体を触ろうとしただけで
そのぐずぐず状態で必死に逃げるもうやだ〜(悲しい顔) 出来るだけ、威圧感をなくそうと
床に寝転んで、撫でてやっていたのですが、ちょっと体を動かした途端、
思いっきり執事の顔を蹴り飛ばして逃げたもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔) 執事メガネ女子なんですが、
思いっきり曲がりましたから、メガネたらーっ(汗)
1人と1匹の間には見えない緊張感が高まり、お互い少しでも動くとピクッと
反応してしまうような事態に、とりあえず執事は曲がったメガネを直しに出かけました。
そのまま、ちょびと対峙してるのが居たたまれなくなったのもありますが、
メガネが曲がったままでは身動きとれないので。
ど近眼なんです。お風呂もメガネなきゃ入れない程の。
帰宅すると、ちょびはもう神経衰弱な感じでぴーぴーと鼻を鳴らし続けてる状態。
近寄ってくるので撫でようとすると逃げるたらーっ(汗)たらーっ(汗) おいっ!!
仕方なく離れてそっと見守っていると、ちょびは疲れ果てた様子で熟睡。
無理やり起こして病院へ。ちょびは先生にやたらとひゅんひゅんっ言っている。
先生も「そうかい。そうかい。」と付き合ってくださる。先生曰く、
「上手く歩けない、で背中も痛い、その上執事に無理やり嫌なことをされたーっ!!
もぅどうしたらいいかわかんないっーexclamation×2」なんでしょうと。
「ちょびさんは喋るよねぇ!」と。いやぁ、ちょびの言葉を理解してくださって感謝です。
でも今日の執事は、ちょびがなに言ってるのか、分かりませんからっむかっ(怒り) 
しかも最近、執事には喋りませんから、ちょび。
執事は甘える対象じゃないってことですかい顔(汗)?!
執事、聞いてみました。
先生が言うには「執事は、いて当たり前」ってことなんでしょうと。だから「分離不安」も起こすと。

そりゃね、執事ですから、お仕えするのが務めですがね。。。
ちょっとあんまりじゃございませんかね?!

先生の治療の提案はもうこの歳だし、ここまで嫌がるリハビリを無理にするより、
痛みを一時的でも抑えられるレーザー治療をしながら、様子をみましょうと。
ただ、ちょびのやる気はそうそう簡単には衰えないから、この先悪化した時に
歩けないって事を受け入れるのは難しいでしょうと。
だからこそ、痛みは出来るだけ抑えて出来るだけ長期間
ちょびが歩きたい様に歩かせてあげませんか?と。
介護ハーネスを使ったり(怒ってるけどね)、腹巻をしたり(しないけどね)、
負担を軽くしながら、ね?って。
 
→よーく分かりました。そうします。
こんな緊張感のなかで生きていかれませんからバッド(下向き矢印)、執事もちょびも。
リハビリ宣言、あっさり撤回させていただきます。早っあせあせ(飛び散る汗)

で、出来るだけちょびの気持ちを尊重して、慰めたり、マッサージしたり
寄り添うことを心がけていたこの3日間。
その挙句の昨日の嘔吐もうやだ〜(悲しい顔)。 あぁ。。。これってもしかしてストレス!?
先生は気圧の関係でしょうとおっしゃって下さいましたが、執事、やっぱり、
メンタルもあると思ってますたらーっ(汗)
実際、執事は散々世話は焼いて来たけど、おぉよしよし!
って感じはこれまでほとんどなかったし。
それだけちょびが独立独歩な構わんとって!犬だったというのもありますが、
この半年程は撫でれ!と甘えてたのに。 はいはい、撫でたよ!ダッシュ(走り出すさま)
これで満足かぃ?って程度だったし。

いかんよのぉ。これじゃ。  老犬、絶望しとるがな犬(泣)
絶望.jpg

これからは、ちょびの目を見て、ちょびの気持ちを考えて声を掛けながら
コミュニケーションをはからねばと思っておりますグッド(上向き矢印)

これまでの1人と1匹がある意味、お互い勝手に暮らしてたやり方
(まさに同居生活でした)はそろそろ通用しなくなってきたようです。

今後は1匹とサポーター1名体制でちょびのペースで暮らしてゆくつもりです犬(足)
マッサージついでのリハビリもちょっとだけど出来るようになったしねるんるん

まだまだ、手探りなので、急にやさしくなった執事に不安になって、
またちょびが具合悪くなるかもしれませんがふらふら

お互い慣れていきましょうや。

“執事もやる”からさ!


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 絶望と空腹のあまり、目がうつろなちょびにぽちっと
出来たらお願いします。きっと水もご飯もちょびっとしかくれない執事を
恨んでるんだろうなぁたらーっ(汗)
ニックネーム 執事 at 07:04| Comment(10) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする