2007年07月22日

緊急追加告知!! 〜低反発マットレス〜

cyobi7月15日 032.jpg

先日ご紹介した低反発マットレスでくつろぐちょび
お気に入りのわふわふバスタオルもしっかり堪能。
執事は色が気に入らないんですが、肌触りがちょび的にうっとり顔(メロメロ)らしく手放さないちょびたらーっ(汗)

執事、この低反発マットレスをオススメとつい数日前に書きました。
で、もしこりゃいいっ!と思った方いたら、ちょ〜っと待ったぁ手(パー)

足の調子が悪化した先週以来、ちょびがこのマットレスに乗りませんあせあせ(飛び散る汗) 
(この写真は15日撮影)
マットレスの上に置いてあるペットベッド(左に一部写っている)で
毎日夜は寝ていたちょびなのですが、
ここ数日、数歩マットレスに踏み入れては戻って来るを繰り返す。
執事、じっくり観察してみました。で、ひらめき

沈むんです。足がむにゅっと。

人間用な事もあり、厚さが5cm程あるこのマットレス。
上をちょびが歩くと、むにゅっと沈んで、足元が不安定になる。
どうやらこれが怖くなったようなんです、ちょび。
もう1年近くご愛用していた間は平気だったんですが、
(この半年程は足も弱っていました)
足の弱り具合と恐怖心のバランスがここに来て変化したようです。

確かに、白内障も症状でた頃はなんでもなかったのですが、
脳圧の変化あるいは眼球裏の毛細血管の詰まりによるものらしい
眼球の陥没(目玉が微妙に引っ込んじゃうんです。
老犬には多く見られるようで、他のブログの老犬ちゃん達の写真を見ていても、よくある。)
以降、視力はどうやら相当落ちたようで、この頃から頭の上の方から
手や物を下ろすと『びくっ』と首をすくめる様に。
その後、右側を正面にするようにして見ているのに気付き、
物を振ったりして検証した所、左目は見えてないらしいことが
分かりました。

また、いつからか、呼んでも無視するちょび(これは昔から顔(汗))の様子が
ちょっと違うことに気付いた執事。
呼んでも来ないことはあっても、視線はちゃんと呼んだ人を捕らえていたのに、
全く気付いていないのです。完全シカト状態。
耳が遠くなっていたんですね。でまた検証。
すると拍手やベル、鈴などの音には反応することが分かりました。

そして、視力・聴力ともが衰えるに従って、動きに反応している事も分かってきました。
きっと空気の振動?が伝わるんではないかと。
もちろん静止してるものより動いている方が視力的にも捕らえやすいというのもあるハズ。

この頃から、お散歩中に車が通ると体をすくめて小さくなって脅える事が増えました。

こうやって老化は徐々に、またある時は突然に進みます。
いくら執事が鼻息荒くして、止めちゃるぅむかっ(怒り)と暴れてみた所で
こればっかりはどうにもならない。
分かってます、分かってますケド。
でも抗いたい想いはやはり執事の中にあったりします。
だから傍から見たら『どんだけぇ〜??』て程、ちょびの執事をしてしまうのだと思います。

と、ちょっとしんみりしてしまったのですが
タイトルに戻って緊急追加告知!!!

3つ折低反発マットレス、まだ足はそんなに弱ってないが寝てる時間が増えた
若葉マーク老犬および立てなくなっちゃったという紅葉マーク老犬(補足有り!下記参照)
にはオススメかと。
注意書きとして、足は弱ってるけどまだまだ歩くという
アクティブシニア犬は嫌がる可能性があります。
もちろん若葉マークや紅葉マークの子達でもお気に召さない場合もあるかと思います。

執事もしばらく様子を見て、このまま嫌がるようなら、
ちょびが紅葉マークになる時まで、しばらくしまっておくつもりです。
その日ができるだけ先であることを祈りながら。


と書いた執事でしたが、先輩メイドのとうこさんから新たな情報戴きました!!(7/23日)
ということで緊急再追加告知!原文のままご紹介させていただきます。

『低反発マットは、冬場に限り、完全に寝たきりの子にもオススメできます。(^-^)
夏は、寝返りうてない子は熱がこもるので…(軽いワンコでエアコンフル稼働なら、
夏場でも大丈夫かもしれないけど…判断が微妙)』
とのこと。
執事の知識不足を補って下さったとうこさん、ありがとうございます。本当に頼れる先輩です。
で、もしこれを見て買っちゃったよって方、いらしたら本当にゴメンなさい。
これまでもそしてこれからも同じような知識不足があるかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
そんな時にはどうかぜひ教えていただけたらと思います。


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 分かってます、毎日長いんですねって方はぽちっと →恐縮ですが
これからも長いと思います by執事




ニックネーム 執事 at 00:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする