2007年07月31日

獣医を探せ! 〜レーザー治療〜

ハーネス.jpg
    介護用ハーネスを付けられたちょび ご立腹です犬(怒)
      介助でいくらかでも負担を減らす作戦。

四肢の治療で、このところレーザー治療に通っているちょびと執事。

このレーザー治療、ちょびの背中にコードの付いたペンライトみたいな装置で、
赤い光を押し当てていく(指圧みたいなかんじ)。脊椎に沿ってその左右に
首上から尻尾の付け根まで20分かけて、ちょっとずつずらしながら当てていく。
施術する際には先生は黒サングラスを着用。(赤い光が目に悪いんだって。結構笑える姿顔(イヒヒ))。
暖まって、血流がよくなるそうです。人間の肩こり治療などでも使われているらしい。
痛みがひどい時や症状が急激に出た時、天候が悪い(よく言う節々が痛む日)時は
毎日とか1日おきに。症状が落ち着いてきたら徐々に間隔をあけて、最終的には中断。
そうやって、耐性つけないようにしながらの対症療法。
寒くなったらまたお世話になるのは確実だからね。
人間のご老人のマッサージみたいなものか?!

急に崩れて、で同時に急に天気が思わしくないので、ちょびはしばらく基本的には毎日通うことに。

20分の治療の為に、往復1時間、暑い日などは先に車を冷やしとかなきゃ
いけないし、準備やらなんやら含めたら相当時間がかかる・・・。
しかも執事は1人暮らし。事情を知ってる先生は近所で出来る病院を探してみてもいいですよと
言って下さった。早速、電話してみると、ない!がく〜(落胆した顔)近い順に6軒。
レーザー治療の機械を持っている病院がないのだ。
これにはちょっとびっくりな執事。ちょびのかかりつけの病院はけっして
豪華?!じゃないどっちかというとショボイ(M先生、ゴメンなさいあせあせ(飛び散る汗))目立たない病院だ。
先生だって1人だし、(研修中?!って感じの先生が1人いるが治療は先生のみ)
待合室だって3組も入ればギューギューだ。
そこにあったから、執事はどこでもあると勝手に思い込んでいたのだ。


機械が高いのかなぁ・・・。ちなみに治療費は1分¥100!
温泉のマッサージチェアか?!ってお値段だ。
儲けが少ない割に機械が高いってやつかもね。 
あと、執事が病院を既に選んでるからっていうのもあるかも。。。
立派なビルで何人も先生がいるような病院
ーいわゆる「最先端医療をあなたの可愛いペットに!!」な感じの病院は
最初から電話していないから、執事。
そういうスタイルは執事の求めているものじゃないし、基本信用してない。
ビル建つってことは当然、儲かってるってことじゃない?ダッシュ(走り出すさま)

ちらっと医療事務の知識がある執事は動物病院の会計表見る度に儲け少ないよなぁと思う。
と同時に払う飼い主としては財布に痛いぜとも思う顔(汗) 
ちょびの通常の薬は10日分で¥4900。月約¥15000だ。
これに肛門腺しぼりや爪切り、耳掃除などのお手入れで月¥3000位。
ご老体ゆえになんかしらあるので、追加医療費(検査とか短期の投薬とか)が
内容にもよるが¥2000〜¥10000。
レントゲン撮ったり、精密な血液検査しようものなら¥10000は軽く超えるたらーっ(汗)
フィラリア¥1300もあるし。ちょび家計簿をつけている執事だが、
ペットシーツや餌代、サプリ代を含めると月¥30000はかかる。
住環境整備代は除いてもね。これは執事の貢ぎ物ってことで基本的には
ちょびのかかりから除いて考えている執事なので(っつか含めて考えたら
費用効率のみでいうと、ちょびの存在理由に???が付きそうで怖い顔(汗)
 人間の医療費は支払額が3割負担なので、あまり実感ないかもしれないが、
実際は自分が支払った金額の3倍強の金額がかかっているのだ。
そう、考えるとやっぱり高額じゃないですか?!
風邪ひいて1週間分の薬もらったら、多分¥3500位は払うはず。
ってことは実際は¥11660ですよ!!薬価なんて人間用も動物用も
たいして変わりませんから(なかには全く同じ薬もある)いかに
動物病院がもらってないかがお分かりになるんじゃないでしょうか?

とちょっと脱線しましたが、その後比較的最近できた病院に
ちょっと古い型らしいがレーザー治療器があることが判明。偶然にもまた女医さんです犬(笑)
かかりつけの先生に報告すると、「大丈夫とは思うけど、古い型だと
ちょびさんの背中、黒だから、ヤケドの危険があるからちょっと気にしてて!」とのアドバイス。
なんですと??? 黒は熱を吸収しやすいんですな。でも相手もプロだろうにあせあせ(飛び散る汗)
まぁ、レーザーは看護士さんがしたりもするしな。ふむふむ。

今日、早速行ってみようと思います。ちょびの背中から煙が出てないか
執事もしっかりグラサン着用してチェックしてきます顔(イヒヒ)
不安がないと言ったら、嘘ですが、心臓発作などの緊急時に近所の病院を
知っておくのも必要と思ってますので。駄目ならM先生がいるしね、ちょびと執事にはさ!!手(チョキ)

この記事をUPした直後にちょび、嘔吐ふらふら
即、M先生に電話したら、連れてきて!。あちゃぁ。
昨夜はこまめに温度管理してたし、Tシャツも着せてたから冷えではなく、
気圧の変化でしょうと。気圧の変化で吐くんかよむかっ(怒り) 恐るべし、気圧。 
絶水・絶食なので、脱水防止の皮下補液に吐き気止め入れてもらって、
背中ぱんぱんなちょび。おやつも貰えないし、バテちゃって涙目でごろんっでした。
朝イチのちょびの後、患者さんが来なかったので、こりゃ、幸いと経過観察しながら、
レーザー治療もしてもらい、爪も切って手毛?もバリカンしてもらっちゃった顔(イヒヒ) 
で執事はいろいろこの所知ったみなさんの話を先生に聞いてみたりして。
↓のコメントレスに書きましたが、近所の先生の所に行くメリットがあまりないかも
とちょっと考え中な執事でした。折角、探したんだけどね。
今、2回目の“ちょっとだけお水”を無事飲んで、熟睡中。
そうそう、今日始めて帰宅時にちょび愛車のカートのケージのまま車に積んでみた。
いいです、コレ。シートベルトでしっかり固定できて安全だ!!
狭いからケージ内でちょびが転がることもないし。
(実はたまにカーブで転がってるあせあせ(飛び散る汗)っつか転がしてる)
でもめったに使えないけどね、ちょびが寝てないから。
寝てくれないと蓋が閉まらんのですよもうやだ〜(悲しい顔)


もういっこ追加。吐き気止めは心臓が悪い子には負担がかかるそうです。
覚えておいてとしっかり念を押されました。
当然ながら、自己判断での投薬は絶対に避けるべきでしょう。
執事は薬を保管してますが(過去記事「ちょびの薬」参照)
自己判断で与えたことは1度もありません。
保管していたお陰で今回も薬代はかからずには済みましたケド。手(チョキ)



追記:みなさんのアドバイスもあり、ちょびの嫌がらないマッサージを
これまで通り効果は期待せず続けていた所、ちょっとならついでに
リハビリもさせてくれるようになりましたもうやだ〜(悲しい顔) 
この調子でゆっくりリハビリも続けていくつもりです。
********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ ちょびが“かちかち山”にならないよう祈ってて下さる
今晩、ちょびっとながらも無事ご飯にありつけることを願って下さる方、
ぜひぽちっとお願いします。現在、王冠戴いてますが、3日後に
剥奪必至なので。。。ほくとくんととおこさんパワーの賜物の一時の幻なのよん。

ニックネーム 執事 at 08:30| Comment(9) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

椎間板ヘルニア対策 〜腹を巻け!〜

猛暑が続いたここ数日。
執事家は終日、ドライエアコン、フル稼働。
『チームマイナス6%』からの除名覚悟。国民的省エネ運動らしいけど。
“非国民”でも、仕方ないっす顔(汗)
連続運転で壊れたらヤバイので、深夜数時間のみエアコンも休憩。
お疲れっす。

獣医さんからこのところのちょびの脚の悪化は
背中の冷えによるものもあるだろうとの指摘。
暖めてあげて下さいねと笑顔で仰る。
で如何に???  
→腹巻が良いですよ!

はぁ。
冬に咳対策でしてた、フリースネックウォーマーなら
あるんですが・・・。  
→フリースはさすがにちょっと蒸れますねたらーっ(汗)

はぁあせあせ(飛び散る汗)
じゃ綿のお風呂上り用ターバンでは?
→いいんじゃないでしょうか!

            で装着!
腹巻.jpg
   ブレてますバッド(下向き矢印)
完璧に“風呂上りなおやじ”だよたらーっ(汗) でも見た目はこの際、目を瞑る。

        でもちょっと経ってみると
       来る?.jpg
             だよっexclamation×2

もう、ご承知の通り、売られた喧嘩はきっちり買う執事は
新兵器を購入してきました!
       
          
          
          じゃんっ!! 
キャミ1.jpg

ちょびより一回り小さいわん用のキャミソール。
おしゃれ洋服のはずが、サイズオーバーなじいさんの腹巻に・・・たらーっ(汗)
紐付きって所が、完璧っぽい。我ながら今回は
早い決着だぜ!と悦に入っておりました。


キャミ2.jpg
     



やっぱりな。。。もう、慣れてるぜ。ふっ。

各なる上はマントの裾2箇所にゴムつけて
後ろ脚に引っ掛ける方式(ムササビなイメージ)しか
方法はないかと思っております。
近いうちに100均に行き材料物色してきます。


執事、負けたんじゃあないぜ。
あくまで一時休戦だぜ、ちょび。
待ってろよ!!!!


ちなみに先生に却下されたネックウォーマー、
冬の咳対策装備はこんな感じ。
100均の人間用です。これはイケてました。少なくとも昨冬は。
胸(気管)を暖めると咳が出ないのよ。
これ執事の喘息経験からの知恵。
えっ来年?!  鬼が笑うぜっ!
ネックウォーマー.jpg

追記:通常の冷え対策は袖なしTシャツでOKだと思います。
ちょびは袖なしTシャツですと前脚の付け根が繊維刺激で
痒くなるのでこのような事になっとります。

キャミソール装着で不思議なマットにおやすみのちょびですが、
オレンジのが先日あやぽんさんからご紹介戴いたタンカーカドラー。
慣らし中なので、もともと使ってた茶色を乗せているので
???な状態。
これ、レーザー治療受けるのに使えそうなので、小さいサイズも
買っちゃうかも。今半額セールやってるし。


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ ムササビマント完成の折には
『執事のリベンジ 〜腹を巻いたったぜ!〜』というタイトル予定してます。
待ってるぜっ!って思ってくださった方ぜひぽちっと応援よろしく
ニックネーム 執事 at 03:50| Comment(9) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

やる気なちょび(いつもね)ビビリの執事(ほんとはね)

このブログを始めて約半月。
お陰さまで、いろんな方たちに見ていただき、
たくさんのコメントを頂戴した。
そして、その中のお一人であるとうこさんとは
実際にお会いすることまでできた執事。

ありがたいなぁ・・・と心底思う。

1人と1匹暮らし、しかも動きの鈍い、反応悪しな老犬。
多くの犬ブロガーさんのわんちゃん達みたいに日々のネタになるような事は
何一つない、繰り返しの毎日顔(汗)
べったり張り付くちょびをホントに愛おしく思う一方、
変化は衰えしかないちょびとの生活はやはり執事の心に
閉塞感を生じさせた。

そんな中で始めたこのブログ。
面倒くさがりの執事だが、思いのほか楽しく続けることが出来た。
いつもと変わらぬちょびの仕草もカメラを通すことで新鮮だったり、
『いつものアレ、やってくれよぉ!』と何故かカメラを構えると
やってはくれないちょびを追い回したり。
これもあれもと書きたいことリストはどんどん膨らみ、おもわず
先にカテゴリーだけ作っちゃったりして顔(イヒヒ)
記事0表示のカテゴリーにお気づきの方、いらっしゃるかもしれません。
いずれ書こうと思ってますので、その時はよろしく手(チョキ)

コメントを通じ、何人かの方とやり取りをさせて戴き、記事では
伝え切れなかった
執事なりの意見を伝えさせていただいたりもした。

老犬の老化は仕方ない。飼い主が出来るだけのことをして、ある意味
こんなもんだとかしょうがないとおおらかに、ちょっとでもそんな老犬との
楽しかったり、幸せだったりする時間を飼い主も味わおうよるんるんと。

これは本当に執事の本心だ。

でもいやがらせチッチにブチキレたり、立てないちょびに涙したり、
どこまでもいつまでも果てしなく付いて回るちょびにいい加減にしてくれと
疲れ果てたり、深夜歩き回るちょびに寝かせてくれぃと頼み込だり・・・もまた現実だ。
寝たきりな訳でもなく、まだ歩ける、見る限り元気なちょびだが(だから?)、
実際一緒にいる執事の生活は少なからず、ちょびに振り回されている。
外出中はずっと徘徊しているらしく、帰宅すると呼吸は荒く、
へたするとチアノーゼが出てるし、足なんかヘロヘロ。
しかも緊張や不安からか留守番中は水を飲まないことも分かった。

この状態、非常に心臓発作を起こす危険性が高い。
発作が起こった時には直ぐにニトロを与え、酸素吸入させながら、
即刻病院に行かねば、ちょびの心臓の状態ではほぼ命は助からない。
しかも執事家から病院までは30分。ギリギリの時間なのだ。
だから先生からは発作が起こったら即電話するように指示を受けている。
ちょびを運ぶ30分の間に、準備万端整えて待機するからと。
“お風呂とトイレ以外の時間なら繋がるから”と笑って先生は緊急連絡先を教えて下さった。
通常、先生は時間外は留守電対応の折り返し連絡しか受けていらっしゃらない。
その御厚意は心底ありがたかった。しかし、それだけ時間との勝負なのだと認識させられた。

そんな状況が分かっていても、ずっとちょびに付いててやるわけにはいかない現実。
ある程度自宅で仕事ができる自営業とはいえ、どうしたって外に出なければいけない時もある。
長時間の外出を要する仕事は諦めるか、先生に預かってもらってやりくりするしかない。
預かりは時間の制限から、朝イチや夕方の仕事は送迎が間に合わない。
必然的に昼前から午後半ばの限られた時間での外出となる。
それでも時間が足りない時には、可能であれば先方に無理を言い、
出来るだけ執事の移動時間が短い場所での打ち合わせをお願いしたり。

日常生活の買い物などは、24時間営業スーパーで、
深夜ちょびが熟睡してから済ませている。

そうやってやりくりして、2時間程度の外出はちょびを置いて行くのだ。
なにもありませんようにと祈るような気持ちで、でも帰った時に最悪の事態もありうると
ちゃんとお別れをしてから出掛けるのだ。
自分の身支度の時間が足りずとも、これだけはちゃんとする。執事が後悔したくないから。
でその執事の行動がおもいっきりちょびの『分離不安』を増長させる原因になっている。
最悪である。。。

分かっちゃいるけどやめられないっるんるん てやつだ。

ただ幸いなことに、ちょびの病気の治療に関しては、今の執事に迷いはない。

*麻酔が必要な治療はたとえなにがあろうともしないこと
*ちょびの負担が大きい処置は基本的にしないこと
*ちょびのQOL(クオリティーオブライフ・生活の質)を最優先させること
*安楽死という選択は執事にはないこと   
等の方針は8歳以降の9年間の先生と執事とちょびとの関係の中で
徐々に確固たるものになったから。
 
よく聞くQOL。実は執事は学生時代にこのQOLについて学んでいた。
人の医療現場でのQOLを考える『生命倫理』という分野。
QOLは人それぞれであり、『自己決定権』を持って選択・行使すべきである
という考え方の学問。
そんな基礎もあったので、ちょびの治療方針にぶれや迷いはほとんどなくこれまでやって来た。

だが治療に関しては迷いはなくとも、やっぱり老犬との生活は不安や迷いだらけだ。
ちょびはしゃべれない分『自己決定権』は多分に執事の意思に拠るものとなる。
(もちろん、先日の低反発マット拒否のような行動による自己決定権は
バッチリ行使してるちょびだけど顔(汗)
だからちょびのQOLはちょび自身の選択というより、
執事が“ちょびの犬生こうあって欲しい!”というエゴだ。
それがわかってるからこそ、不安で、迷うのだ。
執事の選択をちょびがどう思うかは永遠に分からないから。

答えは見つからない。きっとずっと見つからない気がする。
8歳までのちょびに対する後悔はこれまでもこれからもずっと消えない、と思う。
でも、そんな中で少なくとも、ちょびと別れるその時に
“執事、精一杯やりました”と言い切りたい。




ただそれだけだ。



桜.jpg

今年の春に桜咲く近くの公園でいちごを召し上がるちょびと給仕する執事。
幸せな時間の思い出の一コマ。
ちなみにいちごはちょびが自分で背中のリュックに入れて
背負って行ったんですわーい(嬉しい顔)


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 今日はお願いする元気も出ない執事です。
でもバナーは貼っておいたりする顔(ペロッ)
ニックネーム 執事 at 09:42| Comment(7) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

伸ばすんです!曲げるんです!

昨日、薬だけ貰いに執事単身で病院へ。
ちょっと気になってることがあったので、相談に。


寝方が変わってきたんです。


タオル縮小.jpg

伏せ寝.jpg

差がお分かりになりますでしょうか?
太ももの位置と後脚の曲がりに顕著に違いが。

下の写真は太ももは前に出てしまい、お尻が落ちた格好に。
また後脚が伸びたまま前に投げ出されています。
見た目にゃ、可愛い揺れるハート 


この寝方が増えてきた。
立ち上がる時には前脚を数歩前進させその勢いで
後ろ脚をがむしゃらに立ち上げる感じ。

この変化の意味するものはなんなのか?
ちょっと気になる、執事。

軽い気持ちで先生に説明したら、先生の顔が深刻な感じに変化。
『まずいね』と。
後足の関節の硬直とのこと。
リハビリをすぐ開始すれば、まだ間に合って軟らかくなるかもとの言葉に、早速講習会。
ちょび本人は気温32度ゆえにお留守番だったので、
急遽、先生お引取り子犬のテリアのウェンディー君(ちょびとも仲良し、でサイズがほぼ同じ、
でやる気なのはちょび以上)で練習させてもらいました。
とても写真を取る物理的・精神的余裕はなく、画像なしなのですが、
早速、昨日からちょびのリハビリを始めたので、後日詳細UPします。
今は、まだお互い慣れないので、余裕が全くない。
ちょびは大暴れなので、深夜の熟睡中を狙って秘かにやってるし。
それでも暖まるまで5分間続けるのは不可能・・・。

マッサージはずっと続けていたのに、それでも来るんですか・・・。

執事、やっぱり納得いきませんよ、コレ。
こればっかりは今の執事にはしょうがないか、とは言えません。
だって、ちょびはまだまだやる気なんですもの。
今朝だって相変わらずご飯催促運動で跳んでるんです。
ここで歩けなくする訳には・・・いかないです。
執事的にも、ちょび的にも。


このまま引き下がるつもりは毛頭ございません。
伸ばしていただきましょう!曲げていただきましょう!
何度でも執事は寝込みを襲わせていただきます!

結果はどうなるか分かりません。

でも執事、断固伸ばします!曲げます!
今は嫌がってるけど、ずっと続ければ慣れてくるはず。
いや、この先ずっと続けるんだから、慣れていただきます!


結果は後からついてくると信じたい。

 
今夜は地元の花火大会。
涼しければ、ちょびと行こうと思っていたのですが、無理そうです。
せめて音だけでも楽しみましょう、ね?、ちょび。


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 昨日のお願いが効いたのか?! またまた上昇中。
これって益々、急降下の際のダメージが大きいっすよ・・・顔(汗)
お願いします! ぽちっとひと手間 




ニックネーム 執事 at 11:09| Comment(5) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

レシピ公開?! 〜ちょび式、薬の『食べ方』〜

タイトルおかしくね?って思った方、合ってます。
ちょびは薬を飲むんじゃなくて『食べる』んです。

以前に書いた通り、今までなんやかやといろんな薬を『食べてる』ちょびですが、
4年前からは心臓肥大のくすりを1日2回欠かさず『食べて』います。

もう立派なちょびと執事の習慣です。
ちょびの日常生活の欠かせない1コマなのでご説明を。

ご飯を完食後、デザートまだ?なちょび
完食.jpg

先日のおやつのミニトマト以上の釘付けぶりなちょび
お薬ボール.jpg



手のひらにのっている白い玉、これがちょび'Sデザート、通称“お薬ボール”

えぇ、レシピは
まず食パンを1cmほどのスティック状にカットし、白い部分を出来るだけ薄〜く剥がす顔(イヒヒ) 
日本語的に微妙におかしいですがあせあせ(飛び散る汗) でも剥がす。

剥がした薄い食パンで薬を包む。

ちょびは朝6錠、夜5錠の薬を服用。
錠と言っても体重による投与量調節のため、半錠や1/8錠なんてのも。
症状の進行に合わせ投与量が増えた薬は当初は1/4錠だったのが、今や3/4錠に。
どういう形よ?3/4錠って?!と思われます?
簡単です。半錠と1/4錠の2粒服用するのさっ!
だから実質は5種類の薬を服用。下

お薬ボール作成.jpg

基本3錠を一緒に包む。
薬は割られて尖ってますので、角が出ない様に!
そういたしますと、パチンコ玉ほどの“お薬ボール”が2個出来ます。
このサイズがポイントです!皆さん、メモの用意はいいですかぁ???

るんるんちゃかちゃん、ちゃ、ちゃん、ちゃん、ちゃんるんるん
(メロディーは3分間クッキングでお願いします。)

大きすぎても、小さすぎても、ちょびは『食べ』ません。
食欲だけで脳みそいっぱいなちょびもさすがに薬の味は嫌らしく・・・。

大きいとクチャクチャ噛んでしまい、薬の味が分かる。
小さいと被い切れないのでこれまた分かる。

このサイズですとぱくっ!といったら即ゴクっといけるんですね。
まさに犬食い。味わう隙を与えちゃいけませんHello
その為にはせいぜい焦らして、貴重なものだと思わせねばなりません。
お薬ボール作成はかならず目の前で行います。視覚は食欲をそそる大事な要素ですからね
4年間1日2度もこれを繰り返しますと、薬の袋を見ただけで涎が出てくるようになります。

じゃ、薬だけでも食べるんじゃね?って思われるでしょうが、
ちょびでもそこまでおバカではないようです犬(怒)



ペット通販カタログのPEP○Yの裏表紙、ご覧になったことありますか?
犬・猫の薬の飲ませ方が写真付きで詳しく各種載っております。
ちなみに犬編のモデルはビーグル! ぷぷっ。
↑今日、最新号貰ったら、ハスキーになってたあせあせ(飛び散る汗)

これを見る度に執事は思うんです。
こんなことする位なら演技力磨くぜって。
だって、ちょびは執事が出し惜しみするものは全てオイシイと信じてるんですから。

ただし、サイズには気をつけないとね。パチンコ玉です。はい。

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 昨日、ほくと君ととうこさんのお力で、過去最高をマークexclamation×2
一気に転落はちょびの心臓に悪いので(おいおいっ)
何卒ぽちっとよろしくお願いいたします。
ニックネーム 執事 at 10:46| Comment(11) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

ほくと君からのバトン 〜ブレスエアマット〜

昨日、『まるごとほくと』のメイドこととうこさんが執事とちょび家にいらして下さいました黒ハート

執事は舞い上がってしまいオロオロするばかりあせあせ(飛び散る汗)
でも、さすがとうこさんはしっかり携帯を片手にパシャパシャ!!
執事とメイドにかしずかれ、ご満悦な様子のちょび。
そりゃねぇ、“メイド喫茶”も“執事カフェ”も巷じゃ人気らしいけど
両方味わえるってのは(しかも貸切)そうそう、ナイ顔(イヒヒ)

更に、↓こんな素敵な記事も書いてくださいました。

   http://maruhoku.a-thera.jp/article/965180.html
 
『まるごとほくと』にちょびが登場していいのか・・・。執事、恐縮ふらふら


わざわざお持ちいただいたブレスエアマット、ちょびのお気に召すか?!と
この日ばかりは執事がちょびをストーカーしておりました所、
深夜になり、乗って初めて寝たexclamation×2
これはとうこさんにお知らせせねばと即mail to おいっおいっ2時だっちゅうの眠い(睡眠)


で今朝は下
エアマット@.jpg
熟睡でございますClap  はみだしてますがたらーっ(汗)

その後も
エアマットA.jpg
お気に召したようで。  またもやはみだしてますがたらーっ(汗)たらーっ(汗)


でね、
エアマットB.jpg

手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)もうはみだしてませんから!!手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)

あぁ、執事嬉しいもうやだ〜(悲しい顔)
拒否られたら、執事、正直とうこさんにもほくと君にも会わせる顔がございません。

でかしたっ!ちょび!! 今日(だけ)は褒めてつかわすexclamation×2

でもうひとつ嬉しい事がございました。
昨日、とうこさんの魅力ぴかぴか(新しい)にうっとり顔(メロメロ)なちょびはいきなり
嬉ションあせあせ(飛び散る汗)  って言ってもちょび式なんだけどね。
嬉しくて興奮するとダッシュでトイレに行ってちぴっとチッチするんです、ちょび。
この前にいつしたか覚えてない程、久しくなかったこの行動。
よっぽどとうこさんの登場が嬉しかったんだと思う。
あと、マットのほくと君の残り香をふんふんっ嗅いでいたのも驚きでした。
最近はお散歩中でも、人にも犬にも猫にも無関心だったちょびなのに・・・。
失ってしまったと思っていたモノに再び出会えました。

執事は時間が戻ったかのような幸せな錯覚を味わうことができました。

執事の嘆きから始まった今回の出来事。
あり得ないような偶然の連続に導かれ、
執事の傍らでほくと君の形見にちょびが穏やかに寝ています。

昨日はほくと君の初七日。
『あり得ないような偶然』はほくと君の粋な計らいぴかぴか(新しい)な気がします。
ほくと君、本当にありがとうね。
ほくと君の最後の7ヶ月の思い出が詰まったマット、大事に使わせてもらうね。

これまでも『まるごとほくと』を通じて、ほくと君ととうこさんからたくさんのものを戴いてきたけど、
今回の出会い、大きな手で背中を押された気がします。

執事、確かにバトンを受け取りました。
これからもぐずぐずでしょうが顔(汗)
大事にちょびと生きていきます。
誰かにこのバトンを渡せる日まで。

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ もう、幸せ爆発な執事なのですが、ランキング上がったらもっと嬉しいかも。
『贅沢すぎやっ!!』そうですよねあせあせ(飛び散る汗)。OUTポイントの急上昇で十分。でもね、でもね・・・。
ぽちっと戴けちゃったりしちゃったら、天にも昇る心地でございます。
ニックネーム 執事 at 13:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

ちょびの薬

薬縮小.jpg

これは全部ちょびの薬たらーっ(汗)

酸素缶(老犬の当たり前Aコメント参照)の左側が毎日飲む分。
で右側が過去に飲んだ薬。
胃薬・吐き気止め・くしゃみ止め・腎臓の薬・抗生剤・下痢止め・鎮痛剤に消炎剤、
目薬だって3種類・・・。ふぅ。
そんなに病気がちじゃないんですけどね、ちょび。
でもなんやかやと、改めて並べてみるとよくもまぁあるもんだ。


よく“症状治まったらやめていいですよ”と言われたお薬、
余ってませんか?
(先生の指示なしに自己判断でやめるのは危険です。
知ってるわんちゃんはそれで目を失明してしまいました。)
そういったお薬、執事、日付を書いて、保管しておきます。
で、具合が悪くなって病院にいく時に持参します。(右側の籠に
1まとめにしておき、ぶら下げて行く)
そうすると残っている薬で使えるものがあれば、使えます。
で薬代減ります顔(イヒヒ) エコだしね。
古くなってるものはその時先生に見てもらい処分。

でも1番の利点は急に具合悪くなった時。
執事はまず獣医さんに電話します。いきなり連れていくことは
ほぼ皆無。でお伺いをたてます。
結構な割合で、緊急性はないから様子をみましょうという
返事が返ってきます。
これは執事が超ビビリだからってこともあるかも・・・あせあせ(飛び散る汗)
そんな時に、先生は執事の手持ちの薬を見ているので
“○○の薬あればあげて見てください”とアドバイスを下さいます。
1日様子をみていると大抵は治まります。
これでまた節約顔(イヒヒ)

でもこれはちょびだから通用する部分があると思います。
ちょびは月に3〜4回通院しています。
通常の心臓薬は10日に1度。で、薬貰うだけって時でも
天気がいい限りはちょびも連れて行きます。
で先生や看護士さんに撫でて貰っておやつを貰ってご機嫌犬(笑)
ちょびは遊びに行く感覚だと思います。
また先生とはちょびが8歳の時からもう9年のお付き合いです。
 ちょびの健康状態に関して先生はカルテを見ずとも覚えていて下さる
位、頻繁に会っています。
だからこそ、出来ることかもしれません。

病院通いはわんこにとっても飼い主にとっても結構大変です。
混んでることも多いですし顔(泣)
ちょびも待ち時間が長いとぐったりしてしまうので、空いている時間を
狙って行きます。
混んでいそうな時は事前に電話して確認もします。
朝イチで電話して薬の準備を依頼しておいて午後取りに行ったりも。
すごーく面倒に思えますよね?
でも、執事的にはこの方が結局は楽なんです。病院までは車で30分。
面倒なんです、執事。
ちょびが疲れれば、調子崩すし、かといって通院しないっていう
選択肢は老犬のちょびにはナイもうやだ〜(悲しい顔)
だったら、ちょびの“本日のお出かけ”イベントとしてせいぜい
楽しんでいただきましょうってことで。
頻繁に行くことで、いろんな飼い主さんと会えますし、
先生や看護士さんとのコミュニケーションは密になるし、
預ける際も安心できる。
正直、獣医さんや看護士さんだって同じお客といえども、
常連?!さんと1年1度の患者さんでは違うと思うし。
ちょびの慣れも違ってくる。今や、先生好きっ好きっ!!の
ちょびだって、最初は震えてましたから。

もちろん、ちゃんと向き合ってくださる先生を探すことが最も大事ですけどね。

ちょびも8歳までは年に数回しか獣医さんなんて行きませんでした。
アレルギーで治療拒否されて
(注射によるアナフィラキシーショックを起こしたから)
ワクチンすら打ってもらえなかったしもうやだ〜(悲しい顔)
せいぜいフィラリアの薬貰いに行く位で。
そんな8歳の時、仕事でどうしても預けなければならなくて、
でもワクチンしてない、しかも8歳のシニア犬を預かってくれる所はどこにもなくて、
執事はタウンページ片手に片っ端から電話しまくりました。
思えば、あの時に初めて8歳のちょびがシニア犬なんだと
認識した気がします。
『慣れない環境はシニア犬にはリスク高いですから』という
同じ返事を何回聞いたことか・・・。
で今の先生と出会い、アレルギーの原因も分かり、
ワクチンも出来るようになったし、麻酔も可能になり出血しつづけて
いた歯槽膿漏の手術も出来ました。
歯をほとんど抜かなければならない程悪化させてしまったけれど、
もしあのままだったらここまで生きられなかったはず。
 
そんな経験があるからこそ、やっぱり獣医さん選びは大事!と
執事はしみじみ思います。今はほんとに安心わーい(嬉しい顔)
よく言われる老犬のQOL(クオリティーオブライフ)。
先生との出会いでちょびのそれは確実に上がりました。

ちょびも執事もM先生大好きですハートたち(複数ハート)


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 
ランキング1桁が一瞬の幻だった執事に愛の手を
 
それを励みに張り切って書きますから、すんごく長いのを顔(笑)




ニックネーム 執事 at 00:00| Comment(11) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

室内ハウス “ちょびを囲え!!”

ブログ用ハウス 002.jpg

これがちょびの室内ハウス、いわば犬小屋です。

どっかで見たことあるって方も多いかと。
観葉植物の越冬用のミニビニールハウス?!です。
プラスティックの3段のひな壇になっている観葉植物棚あるのを
ご存知でしょうか。それをすっぽり覆えるものです。
秋口になるとホームセンターの園芸売り場に登場します。
執事はセールで¥1680で購入しました。

12歳からちょびは暑い時期には獣医さんのアドバイスで
除湿冷房がある小部屋に入れていました。
当然ながら閉切りです。始めの頃はおとなしく入っていたのですが、ここ2年ほどは
閉じ込められるのが嫌らしく、断固入らなくなってしまいました。
本当に先日の低反発マットレスといい、ちょびの頑固一徹!は執事泣かせたらーっ(汗)
執事も“思い込んだら〜っ試練の道を〜るんるん”(って若い方はご存じない?
お父さんがちゃぶ台ひっくり返すのよ顔(イヒヒ))なタイプなので、負けじと
食卓に敷く透明ビニールシート(食堂とかに敷いてあるやつです)の最も薄いものを
買って来て、冷蔵庫の内部につける省エネカーテンの要領で開けたドアの上に
2枚を一部重なるように下げて、“ドアは開けっ放しだけど、省エネ”
しかも透明だから見える即席ビニールカーテンを作成。
これでひと夏をしのぎました。が昨夏、それすらも断固拒否。
家族のいる茶の間の見える暑い場所に張り付くようになってしまいました。
そこで組み合わせたすのこのやぐらを透明ゴミ袋を張り合わせたシートで覆い、
即席室内テントを作成しその中に除湿冷風扇の風を送るようにしました。
(除湿冷風扇風機本体ごと中に入れてしまうと、排気が暖かい為、温室になりますので
排気口はかならず外に出すようにしないと駄目です。)
しかし除湿した排水をためるタンクが数時間で満タンになって停止してしまう為、
長時間留守番や夜間など、ちょびが煮えてしまうがく〜(落胆した顔)危険が。
執事はタンクを外して、排水管を外側に出し、タライで排水を
受けるようにしました。
排水管が固定されてる場合はホースを付ければ、
タライ(じゃなくてもいいんですが、排水管より低いものでないと流れない)に
排水可能ではないでしょうか?
また執事はゴミ袋をせっせと張り合わせましたが、その後ホームセンターの
農具売り場で本物のビニールハウス用のビニールシートが安価で
販売されている事を知りました。ちぇっ、無駄な苦労しちゃったわふらふら

寒くなったら、除湿冷風扇のかわりにホットカーペットと加湿器を入れて
そのまま室内テント暮らしをしていたちょび。
そんな時にこのミニビニールハウスを発見した執事。
人様に見せられたもんじゃなかった室内テントより断然見た目が
いいじゃん!と飛びつきました。
使ってみると、ちょびの背の高さだと不必要な高さであることに気付き、
暖房効率を上げるべく、100均でやわらかいアルミポール4本と
金ノコを調達し、短くカット。元々の半分ほどの高さに改良しました。

引っ越した現在、エアコンの除湿をかけているので、
夏場はこの室内ハウスは不要なのですが、
しまってしまうと、寒くなった時に断固拒否されかねないのであせあせ(飛び散る汗)
ちょびの性格を学んだ執事はそのまま室内ハウスということで設置続行。 
ちなみに入口はファスナーで開け閉め可能。
上部に温・湿度計を下げてチェックしています。
意外に室内温度は犬の高さと人の高さでは違うので犬の高さの温度の
チェックが必要かと思いここに取り付け。

ちょびは4歳までお外で、それ以降は庭と出入り自由なサンルーム
(というか物干し場)で過ごし、2年前から室内犬と環境を変えて暮らして来ました。
実家リビングは茶の間の床生活で、しかも掘りごたつだったため、危険が多く
ちょびを入れてあげられませんでした。
園芸用ラティス30cm幅をL字に100均の万力で固定し、重しを置き、
進入を防いでいました。それでも力ずくで進入して掘りごたつに落ちたことも。
帰宅したらちょびがおらず、どこを探しても見つからず、最後にまさか?!と
コタツ布団をめくったら真っ暗な中にちょびがいたんです。
電源入ってなくてよかったよぉ顔(泣)
この事件は“ちょびのイリュージョン”として執事家では語り継がれていますたらーっ(汗)
進入防止ラティスは市販のペットガードより安くすむので、これは引越し後も愛用。

このように執事は不屈の精神と最小限の野口英世で顔(イヒヒ)
ちょびの心変わりに対抗して参りました手(チョキ)
ペット専用なもの買ってたら諭吉がいくらあっても足りないから・・・。
でも1番いいのは仔犬の時からちゃんと一緒に暮らしていけるように
しつけをすることなんでしょうね、きっと。
ちょびはお外犬として飼ったはずが、シニア期を迎え突然室内犬にせざるを得なかったから
お互いなんとか折り合いをつけるしかありませんでした。
犬にエアコン必要だなんてこれっぽっちも思わなかったし、
寒さ対策で洋服着せるのもマジ?!って驚きだったし。
ちょびもきっと同じだったはず。執事が無知だった為に、いらぬ苦労をさせました。

ドン引きされそうな、執事とちょびの交戦、みなさんの感想はいかに???

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 今日もありがとうございます。お疲れ様でした。最後のもうひと頑張りでぽちっとお願いできますでしょうか、ぜひ。




ニックネーム 執事 at 00:01| Comment(10) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

ペットベッドの使い方 byちょび

寝るベッド縮小.JPG

だるだるなちょび
やる気ゼロ。
しかもペットベッドの使い方がおかしいんじゃないですか???


『じゃ、これでどうよ?!』
寝るベッド3.jpg


いやいや、もっとおかしいですからあせあせ(飛び散る汗)


『あっそうっ!!!』
寝るベッド2.jpg


『これでいいんでしょ!!むかっ(怒り)


ってこれも違います、多分。
でもいいです。ちょびがそうしたいなら執事、
ウルサイことは申しません。ご自由に楽しんで下さいまし。

実はこれは少し前の写真。なので低反発マットレスの上に乗ってます。
昨夜からペットベッドを床にじか置きしてみました。


で現在は
『ちゃんと寝てますよ!!』
寝るベッド 4.jpg


やっぱりはみ出してますからっ!


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ あらっ?今日は短いじゃんって思った方はぽちっお願いできたら  

『予想外犬』の執事としては毎日同じじゃイカンかなぁと思った次第。
お陰様で、ランキング一桁にUPしている事に気付きました。
ありがとうございます犬(足)
これを励みにまた次回からは長〜いやつをUPして参りますっるんるん
『じゃぁぽちっと止める』なんてイケズは言わないでふらふら
ニックネーム 執事 at 00:17| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

緊急追加告知!! 〜低反発マットレス〜

cyobi7月15日 032.jpg

先日ご紹介した低反発マットレスでくつろぐちょび
お気に入りのわふわふバスタオルもしっかり堪能。
執事は色が気に入らないんですが、肌触りがちょび的にうっとり顔(メロメロ)らしく手放さないちょびたらーっ(汗)

執事、この低反発マットレスをオススメとつい数日前に書きました。
で、もしこりゃいいっ!と思った方いたら、ちょ〜っと待ったぁ手(パー)

足の調子が悪化した先週以来、ちょびがこのマットレスに乗りませんあせあせ(飛び散る汗) 
(この写真は15日撮影)
マットレスの上に置いてあるペットベッド(左に一部写っている)で
毎日夜は寝ていたちょびなのですが、
ここ数日、数歩マットレスに踏み入れては戻って来るを繰り返す。
執事、じっくり観察してみました。で、ひらめき

沈むんです。足がむにゅっと。

人間用な事もあり、厚さが5cm程あるこのマットレス。
上をちょびが歩くと、むにゅっと沈んで、足元が不安定になる。
どうやらこれが怖くなったようなんです、ちょび。
もう1年近くご愛用していた間は平気だったんですが、
(この半年程は足も弱っていました)
足の弱り具合と恐怖心のバランスがここに来て変化したようです。

確かに、白内障も症状でた頃はなんでもなかったのですが、
脳圧の変化あるいは眼球裏の毛細血管の詰まりによるものらしい
眼球の陥没(目玉が微妙に引っ込んじゃうんです。
老犬には多く見られるようで、他のブログの老犬ちゃん達の写真を見ていても、よくある。)
以降、視力はどうやら相当落ちたようで、この頃から頭の上の方から
手や物を下ろすと『びくっ』と首をすくめる様に。
その後、右側を正面にするようにして見ているのに気付き、
物を振ったりして検証した所、左目は見えてないらしいことが
分かりました。

また、いつからか、呼んでも無視するちょび(これは昔から顔(汗))の様子が
ちょっと違うことに気付いた執事。
呼んでも来ないことはあっても、視線はちゃんと呼んだ人を捕らえていたのに、
全く気付いていないのです。完全シカト状態。
耳が遠くなっていたんですね。でまた検証。
すると拍手やベル、鈴などの音には反応することが分かりました。

そして、視力・聴力ともが衰えるに従って、動きに反応している事も分かってきました。
きっと空気の振動?が伝わるんではないかと。
もちろん静止してるものより動いている方が視力的にも捕らえやすいというのもあるハズ。

この頃から、お散歩中に車が通ると体をすくめて小さくなって脅える事が増えました。

こうやって老化は徐々に、またある時は突然に進みます。
いくら執事が鼻息荒くして、止めちゃるぅむかっ(怒り)と暴れてみた所で
こればっかりはどうにもならない。
分かってます、分かってますケド。
でも抗いたい想いはやはり執事の中にあったりします。
だから傍から見たら『どんだけぇ〜??』て程、ちょびの執事をしてしまうのだと思います。

と、ちょっとしんみりしてしまったのですが
タイトルに戻って緊急追加告知!!!

3つ折低反発マットレス、まだ足はそんなに弱ってないが寝てる時間が増えた
若葉マーク老犬および立てなくなっちゃったという紅葉マーク老犬(補足有り!下記参照)
にはオススメかと。
注意書きとして、足は弱ってるけどまだまだ歩くという
アクティブシニア犬は嫌がる可能性があります。
もちろん若葉マークや紅葉マークの子達でもお気に召さない場合もあるかと思います。

執事もしばらく様子を見て、このまま嫌がるようなら、
ちょびが紅葉マークになる時まで、しばらくしまっておくつもりです。
その日ができるだけ先であることを祈りながら。


と書いた執事でしたが、先輩メイドのとうこさんから新たな情報戴きました!!(7/23日)
ということで緊急再追加告知!原文のままご紹介させていただきます。

『低反発マットは、冬場に限り、完全に寝たきりの子にもオススメできます。(^-^)
夏は、寝返りうてない子は熱がこもるので…(軽いワンコでエアコンフル稼働なら、
夏場でも大丈夫かもしれないけど…判断が微妙)』
とのこと。
執事の知識不足を補って下さったとうこさん、ありがとうございます。本当に頼れる先輩です。
で、もしこれを見て買っちゃったよって方、いらしたら本当にゴメンなさい。
これまでもそしてこれからも同じような知識不足があるかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
そんな時にはどうかぜひ教えていただけたらと思います。


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 分かってます、毎日長いんですねって方はぽちっと →恐縮ですが
これからも長いと思います by執事




ニックネーム 執事 at 00:17| Comment(7) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

執事の告白 〜ちょびとお揃い?!〜

タオル縮小.jpg
前回のコメントで紹介したちょびがLOVEなタオル(のひとつ)ムード

執事、発熱中です顔(泣)
ここ数日、ちょびが足の悪化で夜中徘徊中に横倒れて
立ち上がれないことが続き、
(ちょびは行き倒れても、吠えません。自力でなんとか
しようと頑張り続けます。
→で興奮→で呼吸が速くなる→発作起こすのパターン)
迅速な救助の必要があり、“どさっ!”が聞こえる
リビングで座布団やら座椅子やらで
寝ていたのですが、どうやら風邪ひいた模様。
腰も痛ぇしよバッド(下向き矢印)

普段の徘徊中のペタリならなんとか自力で復活可能なので、
執事は寝室で熟睡しちゃったりしてますが、
今回はさすがにヤバイかもと甘やかしたら
執事、寄る年波には勝てず・・・。
こっちがダウンバッド(下向き矢印)したら、ちょびは復活グッド(上向き矢印)してるし。
でもちょびは執事におかゆ作ってはくれないしーもうやだ〜(悲しい顔)
舐めてはくれますケド。お気持ちは大変嬉しいんですが
執事、実はアレルギーです。はいっ?!がく〜(落胆した顔)ってか。

なんと“動物”アレルギーなんですふらふら

飼ってから分かったんです。舐められたり触ったりすると、
痒くなるんです。すぐ洗えばOKですが、そのままにしておくと
蕁麻疹状態に。あと毛でくしゃみ連発、鼻水ずるずる。
花粉症みたいな症状。ブラッシングは見かねた獣医さんが
下さったウイルスも通さない医療用マスクを装着して。
どんだけぇ〜です。
だからちょびは執事の顔は舐めてはイケナイと仕込まれてます。
さすがに顔蕁麻疹は困るので。
その分、腕をもぅ皮めくれますからって位の、情熱と集中力で
舐めてくれます。執事、ウレシイっ顔(泣)

写真では伝わらないので動画に挑戦!





でも速攻、洗わざるを得ないのでちょびは心外っ!!!て顔します。
ごめんよ、ちょび。


そうそう、執事、喘息でもあります顔(ぷんっ)
でもなんとかなってますです、はい。
どちらも抗体ができたのか?!慣れました。17年ですから。
でも、くれぐれも良い子のみんなは真似しないでね。

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 短い日はないんですねって思った方はぽちっと






ニックネーム 執事 at 14:33| Comment(8) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

執事が出来ること 〜老犬の住環境〜

住環境 縮小.jpg
そっぽを向くちょび
 基本的に、写真撮られるのが嫌い。
俺もやるぜっ!とカメラに超接近してチェック済んだら
即、無視ですたらーっ(汗)
マクロ付いてますけどね、執事のカメラ、
でも鼻の接写は結構ですから・・・。

で、本題。ちょびが暮らすこの部屋は執事のLDK。

 足が弱り、滑ってぺたんとなって身動き取れなくなってしまうことが
起こり始めた昨秋。
 執事はちょびと引越しをしました。
16歳での引越しはリスクが高い事は重々承知でしたが
実家は諸事情でマットなどの滑り止め対策が取れなかったし、
吹き抜け空間で、老犬に必要な温度・湿度対策がもう限界
だったから・・・。
獣医さんからはちゃんと温度管理をして頑張って年越そうね!と
励まされたけど、それって温度管理しなかったら駄目って事?!。
もともと執事は実家を出ようかなと思ってはいましたが、
ちょびを連れていくのは無理だろうしとぐずぐずしていたのですが、
ちょびの待ったなしの老化に覚悟を決めました。

 で引っ越すにあたってまず必要だったちょび対策がフローリング。
ペット通販カタログでコルクマットがあるのは知っていましたが、
たっ高いがく〜(落胆した顔)
1部屋全部となったら目玉飛び出る金額。無理です。
でも諦め切れなかった執事はネットやホームセンター
(幸い車で行ける範囲に10軒以上ある)を片っ端からあたりました。
で最安値1枚たしか¥100ほどのものを関東最大級のビバホームにて
発見exclamation6畳敷き詰めて100枚強、1万ちょっとでした。

もちろん、カタログに載ってたものよりコルク層はばっちり薄いふらふら
っていうかほとんどない位。
でも実際使ってみて十分です手(チョキ)
組み合わせに予想以上に頭が必要で、(最小枚数で済ますためには、
上手にカットしてフルに使わねばダッシュ(走り出すさま)
で敷き詰めには2日かかりましたがあせあせ(飛び散る汗)
お陰でちょびは滑ることなく、歩くことが出来るようになりました。
 1枚が30cm角なので、汚れたら部分的に交換できるし。
結構クッション性があるので、倒れた時も安心。

一緒に写っている、白いマット、これも執事のオススメ。
寝てる時間の増える老犬の床ずれ対策に欠かせない低反発マット。
って白いのに寝てませんけどあせあせ(飛び散る汗)茶色のも低反発ですから、はい。
これもペット用は高い顔(汗)  特に中型犬以上サイズはね。
で人間用の手頃なものを探した結果、ニトリで三つ折マットレスを発見。¥9990。
3つに分かれてますので、カバーを切ってちょっと縫えば、3個になります。
中型犬・大型犬にもOKサイズ。
↑のリンクからでも購入できます。

この低反発マットレスについては追記があります!
7/22を必ず併せてお読み下さい!!


追記:現在販売中のニトリの低反発三つ折りマットレスは
ちょびが使用しているものとは異なります。
商品リニューアルがあったようで、価格もお安くなってます。
この商品は動物用の低反発と比べると柔らかく沈み込みがあります。
執事が各種商品を見てみたところ、人間用の方が動物用より全般的に柔らかいです。
人間用を購入する際には固めという表示の低反発を購入されるといいかも知れません。 
                                   2009.02


住環境 トイレ縮小.jpg
でこちらがトイレ(デカッ)と食卓?!。
えぇ、家はなんでもデカイんです、ちょび用は。
足の老化で止まってのチッチができないちょび。
歩きながらチッチします。
また、小回りがきかないので、方向転換にはそれなりの
スペースが必要なのです。
ワイドサイズペットシーツ4枚使用たらーっ(汗)
方向転換の誘導用に100均のガーデンラティスで囲ってます。
壁の汚れ防止も兼ねて。


でもうひとつ、100均グッズを。
壁縮小.jpg
何故か冷蔵庫の脇に微妙に邪魔な壁があり、
視力が片方のみでしかも白内障のちょびは
おもいっきりぶつかります。振り返りざまにゴンっ!
でもココは恒例“ご飯くれっ!!運動”の際の定番ポジションで
こればっかりはちょびにどけ!と言っても無駄なので
子供の怪我防止用のウレタンを貼って予防してます。
色が違うのは気にしないで下さいふらふら
ちょうどなかったんです、同じ色が。
この“ぶつかり”、眼球に傷作る最大の原因。
ドアの開け閉めの際も注意が必要です。
駄目執事はトイレのドアを思いっきり開けて
ちょびを吹っ飛ばした経験がございます。
壁に激突しとりましたがく〜(落胆した顔)

これらはみんなちょびの老化の進行に応じて
徐々にして来た事です。
で今も進行中。部屋の模様替えみたいなもん。
やってみると上手くいかない事も多いので、
“出来るだけ安く、手軽に”が執事のモットー。
100均やホームセンター大好き執事なので
行くたびに、いろいろ物色しております。
最近はいっぱいお犬様介護用品も出始めていますが、
やっぱり高いと思う。
それしかないものは買わざる得ないとは思うけど、
意外に代用できるものはあると思います。
高いからと諦めずに、ちょっと探してみてはいかがでしょう?

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 学び始めました、いつも長いって事をという方はぽちっと
ニックネーム 執事 at 16:09| Comment(9) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

老犬の当たり前A 〜“食べられる”工夫〜

前回の続き、ちょびが“食べられる”ようなご飯とは

じゃ〜んっ

筌で野菜縮小.jpg


茹で野菜!!本日は基本のキャベツと人参に大根・まいたけなぞも

これで、2週間分くらいかな?ジップロックに小分けして冷凍。
ずぼらな執事はどど〜んとまとめて作っちゃいます。鍋デカッ。

本当は栄養素を壊さない為にレンジでチンしたいのですが、
茹でるよりは硬いので、最近は蒸し煮にして煮汁も一緒に
フードプロセッサーへ。
最初はざく切りだったのが、みじん切りになり、最近はペーストに。
みじん切りでも食べられますが、ぽろぽろこぼしてしまうし、
消化器の負担を減らせるかなと思い、変更。
煮汁も一緒なので水分補給にもなるし。
老犬は自発的な水分摂取を怠りがちなので、
工夫して取らせないと慢性脱水状態になりがち。
ちょびも毎回血液検査でひっかかる犬(泣)
満腹感のための量増やしの目的が大きいですが、
(最初はダイエットの為に与え始めました。
でも、いも・かぼちゃなどはダイエットには不向きです)
ビタミンなどの栄養素も摂取できるので続けています。

 もうひとつはささみ。これも一気に2kg袋で購入して、茹でて冷凍。
ほわほわのフレーク状に刻む工夫が必要。1日1本っ!
たんぱく質摂取とやはり“肉”フレーバーはちょびの心をくすぐるので。

お陰で我が家の冷凍庫はちょびご飯に占領されてますがたらーっ(汗)
市販のレトルトよりちょっと手間はかかるけど、何より安上がりで
保存料の心配はなしです。
しかも作っているあいだ、ちょびがふんふんっと匂いを存分に楽しめる、貴重なイベント。
某CMじゃないですけど、ビーグルは“本日最大の○○”がないと
これまた某CMのように“聞いてませんでした”の無関心犬になりがちな犬種な気がする。
“俺もやるぜっ!”なちょびをもってしても、老化は否応なく感情を
奪っていきます。

以上2点にシニア用チキン小粒ドライフードを90gと
ヒルズのb/dドライ(痴呆防止用処方食)を10g、
ヌクレオエンジェル(サプリ)7粒と豆乳をたっぷりかけて出来上がりです。
相当ドロドロなご飯。
朝晩2回に分けて与えています。約520kcal。現在体重は9.3kg。

 ここで1つ。ドライフード、お湯でふやかしたことありますか?
体調崩した時に、簡単にペーストが作れて便利なこの方法。
ご存知の方も多いでしょう。しか〜し、種類によってはふやけません顔(汗) 
ちょびが初めて下痢をした時、駄目執事はフードのふやかしを獣医さんから
初めて教えてもらったのですが、家に来たばかりの仔犬の時やってたわ、
執事も老化?!ですっかり忘れてたケドあせあせ(飛び散る汗)
その当時ちょびが食べてたフードは熱湯だろうが、何時間置こうが全くふやけなかったたらーっ(汗) 
 ただでさえ調子悪いのにいきなりのフード変更などできるはずもなく、
ハンマーでガンガンに砕いて、粉にしてお湯で溶いて与えましたが
砕くのも相当苦労しました。
っつかそんな消化に悪いものやんなよって(反省)
でも、そんなに安物でもなく、大手メーカーのすごーくメジャーなフードっすよ←言い訳
いざという時のために、やったことない方、ふやかしにトライ!です。

 本当は与える直前の完成形の写真撮りたかったんですが、
跳んで暴れて催促しているちょび犬(怒)を跳ばしたまま
写真撮る勇気は執事にはありませんでした・・・。
横倒れしてる足で何故に跳ぶかなぁ、おいっ顔(汗)
発作起こしかねませんバッド(下向き矢印)
 
********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 長いのは知ってます、読みましたからっ!って方、苛立ちついでにぽちっと
ニックネーム 執事 at 05:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

老犬の『当たり前』@ 〜“食べていいもの”心臓肥大のちょび〜

縮小トマト.JPG

最近の定番おやつ『冷やしミニトマト』に釘づけ揺れるハートなちょび。

歯がほとんどない&飲み込む力も弱っている為、
ミニを更に4つ切りたらーっ(汗)
昔の私ならまちがいなく『過保護っ!!』と思う光景あせあせ(飛び散る汗)
でもこれが老犬です・・・。
出来るだろうと当たり前に思える事が出来ないのです。

『ご飯をあげる』のは当たり前ですよね。(あげなきゃ虐待だよ顔(汗)
老犬に『ご飯をあげる』には“食べていいもの”を“食べられる”ようにあげる必要があります。
さらには“食べてくれるもの”を必死で模索している
飼い主さんも多いかと。

ちょびの場合、脳内は食欲ではち切れんばかりなので(笑)
“食べてくれるもの”を探す苦労はこれまで皆無ですが、
“食べていいもの”→“食べてはいけないもの”は存在します。

まずビーフ。アレルギーがあり、食べると全身真っ赤になり
痒みで血が出るまで掻き続けます。
市販のドッグフードの多くはなんらかの“牛”成分が含まれていることが多いので要注意です。
『チキン』味なのにビーフエキス入りだったりとかダッシュ(走り出すさま)
多くのわんこのよだれを誘うジャーキーももちろん厳禁。
お散歩中のお友達ママからのおすそ分けも涙目になりながら
ガマンです。(そんな時用にフリーズドライ豆腐を持参)
あとはNa(ナトリウム)が含まれるもの
老化による心臓肥大を抱えているので、Naを摂取すると
肺水腫を起こす可能性が高まります。
日常的なミネラルウォーターや牛乳の摂取は駄目です。

 この心臓病。抱えてる高齢犬は多いのではないでしょうか?
私がすごーく役に立ったのはりんのすけさんのブログ。http://angel.ap.teacup.com/petite_suzuko/293.html
数日に渡って詳しく書かれています。
獣医さんから心臓病とは聞いていたけど、
まさにちょびそのもの、『その通り!』でよくわかりました。
ちょびは8歳から定期的に獣医さんに通っていたので初期に見つかり
今は第3期終盤?第4期に足突っ込んでる状態。
発作も経験済みですし、一時的にチアノーゼを起こします。起きがけにはえづくし。
もう、4年毎日服薬を続けています。
その間、お薬は徐々に強いものになり、さらに種類・量も増えて、
今飲んでいる薬が最終薬(これ以上強い薬はない)。
服薬していても症状は進み、薬が追いつかなくなって来ています。
発作の兆候があったらニトロの貼り薬で対応しています。
老化現象ですから歳とともに悪化していくのは当然ですね。

だからこそ、出来るだけ悪化のスピードを遅くできるように、
そして悪化しても乗り切る体力・気力をつける為の執事の工夫が必要。

長くなっちゃったので“食べられる”工夫は次回に続くHello

********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ また長ぇよっ!と思った方はぽちっと(汗)




ニックネーム 執事 at 03:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

ちょびの愛車

cyobi6月 009.jpg

愛車に乗るちょび
ちなみに車種(?!)はカルソニックのセーフティーカートと
いうもの。

昨夏に獣医さんの薦めで購入しましたGood
執事は買い物にはこだわるので、各種いろいろ調べたんですが
そもそもちょびサイズのわんこが伏せ姿勢で乗れるものがほとんどなかった顔(汗)
(現在は数種ある模様)
ちょびがこんなものにおとなしく乗っているのか??という根本的な疑問もあったのであせあせ(飛び散る汗)
実物展示のあるホームセンターに行き、試乗をしてみました。
案の定、前足を掛けて脱出を図ってましたので、
入口がちょっと小さくなっているコレはいいかもと執事。
ケージ部分を取り外して洗える点もGOOD。
車に積む際に折りたためるのもポイント高し。
でネットで最安値の所から購入。
それでも2万弱でしたバッド(下向き矢印)お犬用品はなにしろ高いっ!
執事、自分の買い物だったら2万なんてようしません!顔(え〜ん)

散歩の際にはちょびが自力歩行で、執事はカートをずるずるしつつ出発して、
ちょびが疲れてきたらカートに乗車というスタイルになりました。
マンション内は抱っこというルールなので、
ちょび本人+いろいろ持参しなければいけなかった散歩道具を
収納できる利点もあり、相当便利☆
(写ってませんがカート下部に収納トレー?が付いてます)
執事は100均のベビーカー用のフックをハンドルに取り付けて
更に機能性UPしてます。

混雑している獣医さんの所で点滴しなくちゃならなかった時には、
待合室で乗車のまま処置をしてもらったことも。
点滴や皮下補液するとどうしてもチッチしがちですが、
ペットシーツを敷いてあるので万全。
漏れても洗えますし。

しかーし、お座り姿勢では飛び出し防止になる入口、
これが伏せ姿勢するにはネックにたらーっ(汗) 
いちいち首を縮めないと伏せ出来ない。
で伏せから立つにもまたも首が・・・。
前面が開くのですが、伏せしてるちょびを前から出すには小さすぎるし。 
いいことずくめとはいきませんバッド(下向き矢印)

なので、カートからケージを取り外して安全に車に乗せられる
というこのカート最大の利点をちょびは享受してません。
ずっとお座りドライブできる程の体力はちょびにはない・・・。
ので車に乗る際には別の折りたたみケージを使っています。

思いがけなかった利点?!は埼玉の田舎ではカートに乗ってる
わんこは皆無なので、通り過ぎた自転車がわざわざ戻って来て“犬?!”と
確認されることもしばしばふらふら 
ご近所でも有名らしく知らない人から
“ベビーカーに乗ってるわんちゃんってこの子?”とか
(ベビーカーじゃないんですけどねたらーっ(汗)
子供に“赤い車のわんこだ!”とか声を掛けられることが多いです。
目撃情報が広まっている模様。

実際に使ってみて、ちょびが慣れるまでにはそれなりに
時間がかかりました。
価格も高いし、ついつい先延ばしになりがちですが、
早めに買って慣らすのは必要かもって思います。
身動き取れなくなってからの購入だと比較検討もままならないですし。
お値段がお値段だけに駄目なら他のを買うってのもね。
相当こだわって買った執事でもやっぱり満点とはいかなかったですから。

脚が弱ってきたら早めの準備がおススメですGood


********************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ 長ぇよっと思った方はポチっとお願いしますあせあせ(飛び散る汗)


ニックネーム 執事 at 12:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

はじめまして

cyobi6月 011.jpg

ちょびです。

犬種:13インチビーグル
年齢:16歳と11ヶ月
性別:雄(12歳の時に去勢)
脳内メーカー:欲100%手(チョキ) 食欲と散歩欲と思われる
同居人:執事
健康状態:ちょび的には“元気ばりばりっ!”
     獣医診断では老化による心臓肥大・四肢麻痺・白内障・難聴
     と一通りしっかり老いてます。


ちょびの日常は“日記に書くことがないっ!!”と焦せる8月31日の小学生以上たらーっ(汗)
また執事は日記なんてコレまでも1度たりとも書いたことナシあせあせ(飛び散る汗)

ですが、執事が他の方のブログのお陰で情報を得られたように、
このブログが誰かの情報源になったらいいなと思いました。

だから日記は無理だけど、“老ビーグルのお宅訪問”なカンジで
こんなもの食べてますとかこんなものが便利ですとか
情報をお伝えできたらなぁと思ってます。

写真撮るのは苦手だし、まめじゃないし、の
駄目執事ですのでどうなるか???


*****************************************************************
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ ランキング参加してみちゃったりしてます。
ニックネーム 執事 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする