2015年04月23日

静かにざわめく

落ち着かない気候だったこの春。

少し前に諸事情で、ジョブチェンジせねばな事態になって、
その結果待ちの日々でした。

自覚以上にダメージだったようで、体調もいまひとつ。気力も超低空飛行。

時間の自由あるゆえ、どこかに桜見に行こうかというやる気もまったく出ず。

相棒の樹を見上げに行くのがやっとでした。
咲き誇る薄紅色に圧倒されて、お外に出るのを拒否したくなる春でした。

そんな中、ちょびを遠くから見守り、応援して下さっていた三毛犬君が
ちょびがほぼ同い年となった姿を画像で拝見しました。
ちょびを何度も撮影して下さったカメラマンの湯山さんが撮影した彼の画像。

そこに写る彼の姿は、まさに執事の手の中にいたちょびそのもので、
心が揺れに揺れました。


その時間は限られていることも知っている執事でしたから。
三毛犬の犬生、ちょびの隣で伴に過ごしたからこそ。


彼の穏やかな時間を心から祈り、願いつつ
たまらない愛おしさに限りない敬意を抱いていました。
改めて湧き上がる、
同じように、生き倒したちょびへのありがとうの想いとともに。
彼が繋いでくれた、残してくれた今も繋がる三毛犬のご縁を想いながら。


心落ち着かず待っていたジョブチェンジの結果が玉砕し、
ある意味、やっと、さて覚悟決めるか!と思えた先日。

勝手知ったる(よそ様の)心の執事犬と過ごしてきました。

すごいでしょ?.jpg


den.jpg



三毛と二毛顔(イヒヒ)

執事家にご滞在したこともある、執事的、なにかありゃー
いつでも拉致る気ありありな2しっぽ。

三毛はパピーの頃からの心の執事犬。
ちょびの最後のお誕生日を共に祝ってくれたしっぽです。

彼女が推定とはいえもう8歳。

いつのまにか、流れた月日を思わずにはいられません。
執事的にはずーっとパピパピだった彼女ですが、
このところの彼女の姿写す画像は彼女の落ち着きを映し出していて、
流れた月日の長さを否応なく執事に実感させるものでした。

久々に彼女たちと過ごした時間。

自分が三毛犬のリード握っていることの、
三毛犬が自分の隣にいることの、
なんとも当ったり前なことに結構圧倒された6度目の春。

三毛犬なしでの春、6度を数えたのに、
未だ変わらず、執事的には三毛犬との時間は
あまりにあまりに当たり前で、穏やかで。

どれほど自分には三毛犬沁み込んじゃってるのか?と自分で自分を笑ってしまう。
なんだかなぁ〜とふがいない自分に苦笑い。

こんなもんに心動かされてみたりしちゃう程。

後ろ.JPG


この後姿は結構ヤバい。

電池式な、三毛犬の気配する生活、
切望しちゃうほど、ちょっと心弱ってる。





そして今日。


ちょびと似た
マズル短めで、耳短めで、胴体ぶっとい彼。
お洋服着ると、首にドーナツ出来ちゃうがっしりしっかり体型な彼。

彼は犬生生き倒し、たくさんのたくさんの笑顔を与えてくれました。

あっぱれ、スパシニ。
ほんとにほんとに、あっぱれ。

あなたの日々がどれほどの人達の笑顔をもたらしたことか。
執事もその1人でした。
お正月に届いたあなたの姿、日々眺めては、願っていました。

fridge.jpg



あなたにあっぱれとお別れする日がいつかは来ること、
誰より知っていたはずの執事ですが、
来てしまったことがどうしようもなくどうしようもない。

だけど、だから。

お空を見上げて、お別れします。

ありがとう。ありがとう。
執事、あなたが大好きでした。

あっぱれな三毛犬と過ごせた限りない幸せは、
その姿なくなろうとも、何ら変わりなく存在する。

彼が与えてくれた、繋いでくれた、残してくれた幸せは 
たかが犬なれど、人なぞには太刀打ちできないものだから。

どうぞ安らかに。
ありがとう。

続きを読む
ニックネーム 執事 at 12:35| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月05日

お空へ

この季節、執事にとっては特別な季節。

桜は執事にとっていろんなコトや想いが重なる、おっそろしく思い入れが
溢れてしまう花。


静かに眺めることなぞ出来ない、感情が揺れに揺れちゃう花だったりします。


昨年、京都で、有無を言わせぬ圧倒的なこれでもかっ!!っつう桜を味わって
やっと少し心落ち着けて眺められるように。


ちょびへの想い、しっぽへの想い、震災への想い

執事のその時その時の過剰な程のやむにやまれぬ激情を
受け止めてくれ、共有してくれた友としっぽ達と
今年の桜を眺めてきました。


しっぽを通してご縁のあった、共通の友の旅立ち。
ちゃんと受け取ったから。
あなたからの符牒。

届いたんだね。

ちゃんと受け取った。

私達は知ってるから。
姿なくとも、何一つ変わらない想いがあることを。
これからもお空見上げるから。

2014.4.5.jpg



ありがとう。



VOCATUS ATQUE NON VOCATUS

あの時贈られた言葉を
贈ってくれた友と
貴方を送りながら

こういうことなんだなって沁みてきた


笑って、ちょっと泣けて、
美味しいもの(微妙にねだられつつも、がっつりシカトして)おなか一杯食べて
暖かな日差しの下、ふわりはらりと漂う花びらの中
ぜーぜー言いながらしっぽに曳かれて来た。


言葉なくとも、形なくとも



いい1日でした。


ありがとう。






そうそう、
ここんとこ、あぁ、コレは“ちょびプレゼンツ”だなっつう、出来事が。
見ず知らずのしっぽ達からのハカライ。

こりゃー、絶対、ちょびのお気遣いだわと。

あの目で、じぃ〜とおいこらっ!と訴えられ、言いたいこと分かるな?と。

こちらも受け取ったから。
はい。
“ちょびの執事”ですから(苦笑)


あの日から5年。

ニックネーム 執事 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月21日

あなたに


2014.3.21 1.jpg



2014.3.21 2.jpg




こちらは早咲きのさくら、咲いたのよ




見上げながら、あの時、あなたが贈って下さったさくらの画像を
思い出していたのよ



繊細で、豊かな、あなたの感受性が大好きでした
折々に触れ、あなたが贈って下さった画像達に、言葉達に、
どれほど助けられたでしょう


話すと豪快さも併せ持つハンサムなあなた




お目にかかれなかったことが悔しいです

宿はここよ!という声が蘇ります


月に祈ること 教えて貰いました




安らかに


ありがとうと今夜の月に伝えます




ニックネーム 執事 at 11:59 | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月17日

月に祈る

しっぽが傍らにいた頃、介護やら看護でまともな睡眠時間など取れないのが
当たり前でした。


汚れ物の洗濯が終わるのは大抵、日付が変わってから。



ですが、それが執事家の日常で、毎夜、ベランダに洗濯物を干しながら
頭上の月を見上げては、その時その時の願いを、月に向かって
祈っていました。


神様も仏様も、そんなもんいねーっと傲慢にも思っている執事ですが、
森羅万象、自然の摂理はまぎれもなく存在するのは事実であるとは思う故、
月に想いを託すかのように、何かしらを毎夜祈るのがあの頃の執事の習慣でした。


月を見上げること、しばらくしていませんでしたが、
満月に向かい、膨らんでゆく今夜の月に祈ります。



穏やかに、穏やかに、その生、最後までと。



彼が望む、そのままで最後までと。


彼が手にした限りない幸せを想いながら。



執事が最初に出会ったセターと同じ色のコートを持つ彼の時間が
穏やかであることを祈ります。


穏やかに、穏やかに。
ただそれだけを。




ニックネーム 執事 at 21:26| Comment(3) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

穏やかに 振り返る

1冊の本が手元に届きました。

51GHMgIblyL__SL500_AA300_.jpg





ちょびの撮影を何度かしていただいたビーグルおっかけカメラマン湯山さんとのご縁で
以前に雑誌の取材に応じたことがありました。→その時の記事はこちら


今回、某雑誌(愛犬の友ですがね顔(イヒヒ))の過去のシニア犬特集とともに、新たな取材を加えて、
1冊の本になり、ちょびと執事の生活も載せて頂きました。

雑誌の取材は2008年9月。
ちょびの18歳の誕生日を初の犬ケーキ&初のお誕生会でお祝いし、
体調的にも落ち着いていた夏の終わりでした。

もう5年も経ったのね。。。。。


ぐずるちょびを抱き、あやしつつ寝かし付ける自分の姿。
わが手に残るちょびの重さの記憶。
執事が毎日付けていたちょびの記録の画像。
半月で1枚の簡単な記録だったのだけど、執事の手元に今も残るその記録の厚さは
最終的には1cm程になった。


確かに1人と1匹暮らしてた時を想い起こしながら。



この本、すべて読ませて頂いたんですが、執事的にはとってもお薦めです!←自分が載ってるからじゃーなくね顔(イヒヒ)


心構えとしてもほんとに心底、その通り!って思える、共感できるスタンスですし、
ノウハウ本としても、役に立つ情報が多いです。

もし、シニアわんこの本のお薦めは?と執事が聞かれたら、
今後はコレ、お薦め致します顔(笑)




でね、読んでみて、かなりほっとした顔(ペロッ)

この本に載ってることは全部、執事、ちょびにしてたから手(チョキ)

ケアもそう、生活環境もそう、こんな風にするといいですよぉ〜♪と書いてあることは
100%実践し倒したったもんっ!!

いや〜、ちょびも果てしなくしつこいわんこだったけど、改めて、
執事も果てしなくしつこい飼い主だったのねぇ〜〜〜と我を想った次第ですたらーっ(汗)


シニアわんこが傍らにいらっしゃる方、
そしてシニア期が近づいているわんこが傍らにいる方、
一度手に取ってご覧になってはいかがでしょう?

準備本としてシニアっていっても実感湧かないわって時期に読んで欲しいなって
執事は個人的に思います。

この本とともに、老化という時間の流れを、相棒わんこと一緒に犬生最後まで
っていうお供になる本だと思うから。



この本には老犬介護仲間や、同じ時期に同じような最後の時間を過ごしたしっぽ達の姿も。


お空の彼らを想いながら、ちょびと過ごせた時間を振り返り、
なんと大事な贈り物だったことかと心底思う執事です。


しっぽの隣には笑顔な人が犬生最後までいて欲しい。
今も変わらぬ執事の願いです。

この本がシニア期を迎えたしっぽとともに暮らす誰かのお役にたつといいなぁと願います。




ニックネーム 執事 at 21:14| Comment(1) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

終いの桜

清水.jpg


岡崎公園 しだれ.jpg


岡崎疎水.jpg


丸山公園 しだれ.jpg


哲学の道.jpg


哲学の道2.jpg


平安神宮.jpg


出合柳 鴨川.jpg


平野神社.jpg


上賀茂神社.jpg


伏見運河.jpg



ちょびの命日に 京都へ。
見事な青空が広がり、記録的な夏日。


朝6時、清水寺から、まだ人もまばらな薄紅色に染まった街をてくてくと。

見事な桜が次々現れ、佇んでは見とれながら。

なんともなんとも夢見心地な、この世のものとは思えない景色でした。


風が吹くたびに、はらはらと音を立て、舞い散る無数の花。

時間を忘れて、ただただ歩き続けてしまいました。


気づけば、銀閣寺@@

五条から北大路まで徒歩で北上しちゃいました(笑)

それでも懲りずに、今度は鴨川を南下。
途中からは高瀬川に沿って。

三条大橋の袂のスタバで飲んだフラペチーノのおいしかったこと!!
これまでの人生の三本指に入るおいしさでした(爆)


翌日からは爆弾低気圧来襲の予報。

でもあきらめきれず、執事的念願な、執事的パワースポットに、
これまた早朝に出発。

今にも降り出しそうながっつり曇りまくった空の下。

まだちょびと暮らしていた頃、一人と一匹生活にどうにも煮詰まった早春、
ちょびを主治医に預かってもらって訪れた場所。
澄んだ空気と流れる水音が不思議と心をすかっとさせてくれる場所。

そこにあったしだれ桜の大木。

いつかこの木が満開の姿、見てみたい!と思いました。


念願叶いました。


ただ、見上げていると、るんるんと弾んだ足取りで、白い先っぽなしっぽを得意げにふりふりしながら
三毛犬が!

しかもしかも、モロに執事好みな“狸顔”三毛犬。
血縁あり?!ってくらいにちょびカテゴリーなマズルの短めな、で、足も短めな男の子。


ダダ泣き。


やってくれるよなぁ〜と。
さすがだわぁ〜と。

もうね、なんか、呆れて、笑えました。




毎年、桜への想いは薄れることなく、むしろ、あの日の感情だけが蘇って
咲き誇る花を見ることは苦しい時間でした。

そんな感情をリセットしたくて、これでもかっ!っていう圧倒的な桜が見たくて
訪れた京都でした。

ただ、無心に、美しさを愛でたくて。


前日に満喫し、夢見心地のまま、訪れた執事的パワースポットで、よりによって三毛犬。

しかもめったに遭遇しないちょびカテゴリーな三毛犬。


あっぱれ、お空部隊!
あんたたち、最強っ!!


笑えた途端、思いっきり雨が降り始めました。

恐るべし。。。。。



狙い通り、見事に吹っ切って参りました。
ここまでやられちゃ、引き摺ることも出来ません(苦笑)



あっぱれすぎる晴天と爆弾低気圧という両極端も見事過ぎ。

まさに“終いの桜”をこれ以上ないくらいに満喫し、桜三昧して参りました。


停電するほどの暴風雨でしたが、人がいないのをこれ幸いと、
無謀にも夜桜も見て参りましたし、
伏見のお山にも登って参りました。




お空部隊がいやがること、嫌ってほど実感して参りました。
だってね、初日、清水寺・岡崎公園・銀閣寺道で三毛犬と遭遇。
翌日はパワースポットでモロちょびカテゴリーな三毛犬に。
その後も行く先々で三毛犬出現だったんです。

いやー、湯山さん連れてくるべきだったって本気で思いましたもの(笑)

ほかの犬種のしっぽも勿論遭遇したんですが、三毛犬率が異常@@


もぅ、分かったからって。

執事は大丈夫。
いるんだって分かったから。

そう思いました。


これからはあっぱれっ!ってあなたを想いながら
空見上げられます。



岡崎公園 見上げる.jpg



あなたがいないことを実感する花になってしまい、
あなたとの最後の時間の、あの感情を呼び覚ます花になってしまっていた桜。


見事リセット。



ありがとう


お見事、ちょび


果てしなくしつこい(笑)




これでもかっ!つう あなたとの日々、笑って思い出した。



さすが、あたしの相棒。









ニックネーム 執事 at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

エールを

こちらは固定TOPです。
きまぐれ更新はこのエントリーの下↓↓になります。




ちょびが旅立ってからも、このブログを通じて、
まさに傍らの相棒の“執事業”に奮闘されているオーナーさんとの
交流が続いている執事。

情報提供など執事でお役にたつことあれば・・・・と。



そんな中で過去記事に情報載せている事に関して、つい最近お問い合わせがあって、
超久々に読み返してみたら、結構リンクが切れてしまっていることに気付きました。

とりあえず、お問い合わせあったものに関しては新たなリンクを張り直しましたが、
いかんせん膨大な数ですので、全て最新情報に更新はとても追いつきません。
また、リンク張り直し作業の際に、商品の廃番やら新商品の登場なども知った執事。


現在、執事家はわんこなしですが、相変わらず、ご相談を受けてますので、
それなりに情報は入っています。
まぁ、現役時代には及びませんが顔(汗)


また、ご相談を継続的に受けて来た件数がそれなりにあるゆえ、
(なんやかんやと既に3年以上だ@@)
各種ケースを見聞きしてきた経験値は一般の老犬介護をしている方よりは
あるかと。
(なんやかんやとそろそろ3ケタになるかもあせあせ(飛び散る汗)
ちょびが旅立った後は各所からのご紹介という形でのメールや電話での継続的な相談が増えました。
勿論、旅立ったコも多数。

執事の願いは小さき命、最後まで人の傍でということ。

ですから、介護や看護のノウハウを知りたいっていうオーナーさんがいらっしゃるなら
執事の知る限りの情報は喜んでお伝えしたいという執事の想いはずっと変わりません。
ちょびがいた時も、旅立ってからも、それは同じ。



また、リンク張り直し作業の際に、超久々にメンテ画面をいじっていて、
ふとアクセス解析を見てみると、
過去ログを遡って、ちょびブログを読んで下さっている方が相変わらずコンスタントに
いらっしゃることを知りました。

検索ワードでのご訪問もやはりコンスタントに。



いかんせん、情報が古くなっていますので、現在とは状況が違っているものも多くあります。

もし、最新の情報を知りたいとか、もう少し具体的に突っ込んで聞きたいなどという
ご希望がある方はどうぞ、コメント欄にメアドをご記入いただければ
(メアドは執事にしか分かりません)ご連絡させて戴きます。

リアルタイムでのご連絡はちょっと無理ですが、週に1度程度のチェックはするようにしています。
(さすがに大事なちょびの記録にエロコメントとかそのままってのは執事的に許せないんでねむかっ(怒り)


執事の手の中にはしっぽはいないのですが、でも、相変わらずしっぽに想いを寄せることは
止められない執事です。

お役に立てることがあるなら、どうぞ、声をかけて下さいまし。

手の中の執事犬はいないけれど、でもご縁のあった、ご縁のある、
そっと見守り続けている、逢ったことはないけれど、どれだけ頑張ったかを知っている
“心の中の執事犬”がたくさんいる。
多くは今はお空に旅立ちましたが・・・・。

執事の心の中には、執事犬お空部隊だけでなく、多くの“心の中の執事犬”が
いるんです。

なんとありがたいことかと思います。


彼らがオーナーに見守られながら、その生、最後まで過ごせたことは
どれほどの幸運で幸せかと、飼い主がいない多くの命達と関わる中で
つくづく感じます。


勿論、飼い主がいない命に執事なりにできることを続けることも執事的したいことなのですが、
やはり、執事は、全ての命の傍らに“このコがいてよかった”と
笑ってくれる人が犬生ずっといて欲しいというのが何よりの願いです。
ですから、相棒と寄り添う人になにか役に立てることは執事にとっては、よりしたいことですから。


執事自身もたくさんの先輩達の助けて戴いたお陰で“ちょびの執事”を
務めあげられましたから。


執事がお役にたてることがあるならば、どうぞ♪です。
コメント欄にご連絡下さいまし。

ただし、あくまで執事の情報でしかありませんので、
ご利用に関しては自己責任でお願いいたしますデス。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 介護へ
にほんブログ村


湯山さん撮影 030.jpg

何気に多分初公開な写真。
2008年9月に湯山さんに撮影して戴いた1枚。
“1人と1匹”空気感が伝わる、
シンクロな一瞬がいい感じに写っているなって思えて、
何度となく見てしまう、執事が好きな1枚です。
こうやって、どこに行くにも助手席にちょびを積んでの執事生活。
ちょびとのドライブ走行距離は別にどこかに遠出した訳じゃーないのに、
日常生活だけで、10000キロを超えました。


ニックネーム 執事 at 09:29| Comment(11) | TrackBack(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする